∀ガンダム ターンエーガンダム 第38話 戦闘神ギンガナム

ここでは、「∀ガンダム ターンエーガンダム 第38話 戦闘神ギンガナム」 に関する記事を紹介しています。
タイトル:「戦闘神ギンガナム」

ハリー:「ミスルトゥでの戦闘行為は中止されたい!マヒロー隊なら、ギム・ギンガナム公にお伝え願いたい!私はハリー・オードだ。ディアナ様をミリシャの船から救出してきたところである!」
スエッソン:「親衛隊のハリーだと?ほんとかよ?」

ソシエ:「いきなりいっぱい機械人形が来ちゃって、どういうことなの?」
ロラン:「すいません」
ソシエ:「なんで謝るのよ!」
ロラン:「だって、ディアナ様を助ける為にこんな目にあわせてしまって」
ソシエ:「いいのよ。ディアナさんはお姉さんと瓜二つ。悔しいけど憎みきれないわ」

ギンガナム:「うおーっ、はははっ」

ムロン:「・・・おっと」
「へえっ」
ディアナ:「ここがミスルトゥのコントロールセンターです」
ムロン:「へえっ、こういうもんですか!」
キャンサー:「ディアナ様のご先祖様は、ここで宇宙で栽培できる穀物の改良をなさってたんですか」
ディアナ:「そうです。植物の為には昆虫も水も必要でしたので、大事業でしたと」
ムロン:「この木、まだ死んでいませんね」
キャンサー:「アグリッパもギンガナムも、女神の冠を護る鷲だったと聞いておりましたが」
ディアナ:「人にはそれぞれ役目があるのです。私はかつて、カフカの者を地上に残してきました。あなたの祖先には地球で根付いてほしかったからなのです」
キャンサー:「・・・その御言葉を聞きたかったのです、その唇から!」
ディアナ:「そのカフカ家の者を忘れていた私を許してほしい」
キャンサー:「ひ、姫様」
ムロン:「回復させるのですか?」
ディアナ:「万全とはいかないでしょう。そのスイッチを入れてもらえますか」
ムロン:「あ、はい!」
「つきましたぜ、マヒロー隊の野郎ですか」
キャンサー:「場所はわからないのかい?」
ムロン:「えっと、これが路面図ですけど」
ディアナ:「近いですね」
キャンサー:「はい」
シッキネン:「うっ、動くな」
キャンサー:「ふん、なに言ってんだい。あんた1人だってわかってんだよ」
シッキネン:「なめるな、俺はギンガナム隊に選ばれた男なんだ。お前ら地球の野蛮人どもなど問答無用で、うっ、あっ」
キャンサー:「うーい、いてまえ!」
ムロン:「ディアナ様」
ディアナ:「はい」

キャンサー:「あたし達のフラットがぶっ壊されていないかね?」
ディアナ:「あの者にはそういう用心深さはありません、大丈夫です」
キャンサー:「だといいんですけどね」
「いひゃーっ、追いかけてきた奴らのモビルスーツがあります!」
ムロン:「いただきじゃないっすか!」
ディアナ:「・・・お2人の働きが呼び込んでいるんです」
キャンサー:「なるほど。フラットより旧式かねえ、こいつは。へえ」
「ムロン、姫様を乗せたね?」
ムロン:「はーい。そのかわり、姉さんが露払いをしてくれなくっちゃいけないんですぜ。姫様になんかあっちゃいけないんですから」
キャンサー:「わかってるって!!」
「あいつらの目からは逃げないとね」
ディアナ:「ギンガナム隊と連絡取れませんか、ムロンさん?」
ムロン:「だめですよ。あいつらはディアナ様を狙ってんです、話し合いなんかできません!」
ディアナ:「あ、・・・」

ソシエ:「何よ、急に?」
ロラン:「近くで戦闘音がありました」
ソシエ:「えっ?あっ!」
「敵だ!」

ロラン:「待ってください、ハイヒールもいます」
キャンサー:「ヒゲがいた」
ディアナ:「ロランですか?」
「ロラン、よく来てくれました。ディアナ・ソレルです」

ロラン:「お怪我はございませんか?寒くはないですか?」
ムロン:「奴らを信じていいんですか、隊長?」
ディアナ:「おヒゲとボールさんは私に従ってくれる者達です。ムロン家とカフカ家と同じ者と考えてよい」
ムロン:「けどね、あれはホワイトドールってよりガンダムじゃないっすか!」
ディアナ:「ご存知なのですか?」
キャンサー:「あれはムーンレィス、いや、宇宙に住むスペースノイドにとっては呪うべきモビルスーツなんでしょう、姫様?」
ディアナ:「キャンサー・カフカ、モビルスーツはただの道具です。すべて、使う人の問題なのです。今あれを使っている少年は信じてください、あっ」
ソシエ:「さっさと逃げよ、ロラン!」
(これじゃ核爆弾とかっていうのが爆発して、みんな死んじゃうよ)


キエル:「わかりました。なら、私をディアナにしてミドガルドに預ければ、アグリッパ達と刺し違えればよろしいのでしょ」
ハリー:「ギム・ギンガナムが出てきたのです。まっすぐにアグリッパの所には行けそうもありません」
キエル:「ハリー大尉にとってキエル・ハイムは、ディアナ様の影武者にもならない女でしょうか?」
ハリー:「どういう意味でしょう?キエル嬢はご立派に」
キエル:「私は、ハリー殿が好きなのです」
ハリー:「ありがたいことです」
キエル:「そういうことではありません、ハリー・オード」
ハリー:「自分は親衛隊の隊長でありますから、ディアナ様以外に心を動かされることは・・・」
キエル:「ハリー殿!」
ハリー:「動かされることはござい・・・」
キエル:「ハリー!」
「好きだとおっしゃってくだされば、アグリッパを暗殺する事だってやってのけましょうに」

ハリー:「キエル・ハイム、いかように私をなぶっていただいてもよい」
キエル:「・・・」
ハリー:「あなたには、ディアナ様の盾になっていただきたい」
キエル:「・・・」
ハリー:「そのかわり愛するという愛では、それは貧しいでしょう」

ブルーノ:「回転軸合わせ、よーし!」
ヤコップ:「港の高度合わせは?」
リリ:「ああっ、もう。揺れがやんだら引力が出てきましたわ。月に着いたんですか?」
グエン:「いや、慣性重力です」
ヤコップ:「どうします?」
グエン:「機械人形を出して調べろ!」
ブルーノ:「マヒロー部隊につかまりたくなかったら、ミスルトゥに潜り込むしかないもんね」
ヤコップ:「ようし、固定した」
ブルーノ:「アルマジロ、正面の港口のハッチを調べてくれ」

フラン:「港の左右に必ずロックバーがあるのよ。それを動かせるかどうか調べるの」
ラダラム:「恐くなったらすぐ帰ってこい」
メシェー:「大丈夫だって。宇宙服だってこのアルマジロだって、カプルよりずっと使いやすいんだから!」
ラダラム:「よーし」
フラン:「アルマジロ、出ます!」

メシェー:「やだ、星が走ってる。あそこまで行くのか」
「キーロックみーっけ。・・・開いた」

フラン:「港口が開いたんですか?」
ヤコップ:「ああ。システムはまだ生きてんぞ」

アイキャッチ

スエッソン:「放せ!」
マヒロー隊A:「ハリーと会ってる間ぐらいは、アスピーテの周りで待機しろって命令なんです!」
スエッソン:「実戦訓練をしてたんだぞ!」
マヒロー隊A:「大将は親衛隊のハリー次第で、Eマイナーの作戦まで!」
スエッソン:「Eマイナー?・・・ならちと待つか」

ギンガナム隊A:「ディアナ・ソレル閣下へ、敬礼!」
ギンガナム:「あれは、ディアナではないというのか?」
ミドガルド:「はい。ミリシャには、キエルというディアナ様そっくりの娘がおります」
ギンガナム:「そやつがミスルトゥに逃げ込んでるか」
ミドガルド:「はい」
ギンガナム:「よう、地球は楽しんだかい?」
ハリー:「はっ。ディアナ・ソレル閣下の為に、船を1隻お借りしたい」
ギンガナム:「船を、でありますか?」
キエル:「ミリシャの船から脱出してきました!急ぎます!」
ギンガナム:「ミスルトゥに逃げ込んだミリシャがおります。それを排除するのが」
キエル:「今はミスルトゥは放置してもよい!貴公は地球帰還作戦には反対であったのですから、今日のような無様な私を笑うのは、構わぬ!」
ギンガナム:「笑いはしません。姫様の名前を騙る地球人は放置できますまい」
ハリー:「お言葉だが」
ギンガナム:「ん?」
ハリー:「そのような下賎な娘にかかわる暇はないのです」
ギンガナム:「我がマヒロー部隊が、娘1人捕らえるのに時間をとられると思うのか?」
「いいか、ハリー。豊饒の神の星ミスルトゥが穢されたのだ。その恥はそそがねばならん!」

ハリー:「ディアナ様」
キエル:「地球に行った者だけでなく、ここにも闘争本能に身をゆだねる者がいるというのが、私には悲しく思います!」
ギンガナム:「おたわむれを。我が武門の家は」
キエル:「戦争ごっこだけをしてきた家柄が、実際の戦争などできるものですか!」
ギンガナム:「うおーっ。それを言わせていただくなら、ディアナ・カウンターなどという市民軍にやらせるからです。小生なら地球侵略など1日でやって見せます」
キエル:「またそれを言う。私が発案したのは地球帰還作戦でありました!」

シッキネン:「くせーな。マヒローを奪われてどうやって、ん?」
メシェー:「この先は行き止まりで、テレビジョンはなんかわかんない光を映すしさ」
「どうなってんだか。わっ!」
シッキネン:「ミスルトゥのメンテ部隊か。俺はギンガナム隊の者だ。ミスルトゥで落ち着ける所があるなら連れて行ってくれないか」
メシェー:「了解!」
シッキネン:「ああああっ!がはっ」

フラン:「左舷はまっすぐ上がれます」
リリ:「時間稼ぎにはいい事なんでしょうけど、これ、出られますの?」
ヤコップ:「わかりません」
リリ:「ええっ!」
ブルーノ:「大型のハッチって、2つ出口あるんですけど」
リリ:「なかったらどうするんです?」
グエン:「その時は、メガ粒子砲で壁を壊して外に出ます」
リリ:「ああ。このお船、力ありますものね」
メシェー:「ウィルゲム、合流します!」
フラン:「アルマジロが戻りました!」

ハリー:「月に着くまでは、部屋を出ないほうがいいでしょう」
キエル:「わかっています」
ハリー:「では」
キエル:「ハリー様」
ハリー:「ん?」
キエル:「やりすぎたとわかっています。ですから、覚悟も決めましたから、ひとつだけ約束してください」
ハリー:「約束?」
キエル:「私が命を落とす時、あなたの腕の中に迎えていただきたい」
ハリー:「・・・、その約束はできません」
キエル:「大尉」
ハリー:「私が先に命を落とすこともありますから、約束できないのです」
キエル:「その時は、私が抱いて差し上げます。ディアナ様の所へも必ずお連れいたします。うんと言ってくだされば、私はさきほど以上にディアナ様の影武者をやりとおして見せます」
ハリー:「いえ、あれ以上あなたに危険な事態に直面させるつもりはありません」
「・・・」

ギンガナム:「ふん」
ハリー:「なんだ?」
ギンガナム:「マヒロー部隊の展開をこの目で見たくてな」
「・・・、お部屋は気に入っていただけましたかな?」

キエル:「・・・戦闘中の灯火管制が気に入りません。私は明るいほうが好きです」
ギンガナム:「すぐに終わらせます」
ハリー:「では」

ギンガナム:「スエッソン、待たせた。作戦はEマイナーだ」

スエッソン:「さんざん待たせて。うーん、いいか。マヒロ-部隊にはEマイナーを実施させてもらうぞ!」

ギンガナム:「おうよ。Eマイナーでギンガナム部隊の初陣の花火を上げる!」

キャンサー:「宇宙船なんかないじゃないか!」
ロラン:「近くにいます。外の様子わかりませんか?キャンサーさんの機体には、データあるんでしょう?」
キャンサー:「ミスルトゥの回路図はあるけど、作戦の展開図があるわけないだろ」
ロラン:「ムロンさん、ディアナ様はご無事ですか?」
ムロン:「つけたしで俺の名前呼ばなくたっていいってば!」
ディアナ:「ソシエさんまでいらしてくださって、ありがとう。助かりました」
ソシエ:「本当ですよ。あの動きじゃ絶対にやられてたわ!」
キャンサー:「嬢ちゃんだって似たり寄ったりじゃないか!」
ソシエ:「あたしは地球人です。あんた達ムーンレィスなんだから、もう少ししゃんとしたら?」
ムロン:「ウィルゲムにつながった!」
グエン:「聞こえるか、ローラ?ディアナ・ソレルとは会えたのか?」
ロラン:「勿論です」

ディアナ:「私のわがままから、ミリシャの皆様方に危険な目にあわせて申し訳ございません」
グエン:「なんの、海へ出たら助け合うものです。まして宇宙なら」
ミハエル:「グエン閣下、メシェーが捕えたパイロットです」
グエン:「うん」
「私達を敵だと思わず、命の恩人と思っていただけるとうれしいのだが。所属と名前は?」

シッキネン:「ギム・ギンガナム支隊マヒロー部隊パイロット、シッキネン、以上」
ヤーニ:「かわいくねえ奴だなあ。ぐあっ!」
シッキネン:「寄らないでくれ!」
ヤーニ:「野郎!」
シッキネン:「寄るな!」
ヤーニ:「うわっ!」
グエン:「1人で抵抗しても無駄だ!」
ミハエル:「武器は捨てろ!」
シッキネン:「マヒローを奪われ、あまつさえ敵の捕虜になるなど、もはや私は生きている資格はないのだ。ギンガナム様に死んでお詫びをする!」
ヤーニ:「・・・」
シッキネン:「おわっ!」
グエン:「・・・どうだ?」
ミハエル:「死んじゃいまい」
ヤーニ:「はあ、生きています、気を失ってるだけです」
グエン:「やれやれ、死んで詫びをするなどとは」
「なんだ?」

ブルーノ:「正面の港口は使えないみたいです」
メシェー:「違うのよ、外には機械人形が飛んでるんです!」

ロラン:「ハッチが動いている?どういう事なんでしょう、ディアナ様?」
ディアナ:「非常用のシャッターを閉じ始めています」
ムロン:「てことは、敵がやってる?」
ディアナ:「そうでしょうね。私達を閉じ込めるつもりでしょう」
ソシエ:「このまままっすぐに行ってウィルゲムに、ああっ」
「そういう物を使いたくないから慌てたんでしょ!」

ロラン:「すみません」

グエン:「総員、対機械人形戦に備えろ」

リリ:「ん、ん、ん」
グエン:「いいでしょう」
「ローラ、合流は外に出てからになりそうだな」

ロラン:「了解ですけど、脱出できますか?」
グエン:「いざとなったら、メガ粒子砲を使うさ」

ロラン:「大丈夫ですか?・・・通路がない?そちらは?」
キャンサー:「まずい所に出ちまった」
ムロン:「そんな岩ごとき」
ディアナ:「おやめ、ムロン。フラットのバイブを使うにしても、外に出られる所で使います」
ムロン:「ええっ?」
ディアナ:「ロラン、右上はどうです?」
ロラン:「はい」
ムロン:「姫様、外に出るとこをぶっ壊したらミスルトゥが崩れませんか?」
ディアナ:「最悪の場合の事ですよ」
ソシエ:「上がれますって!」

スエッソン:「はははははっ、いいか、Eマイナー作戦開始だ!遠慮するな!!」

ロラン:「これは?ただの爆発じゃありませんよ!」

メシェー:「なんて爆撃」

ハリー:「・・・」
ギンガナム:「まあな、マヒロー隊の初陣に華も添えたい。実戦の感触もわからせんとな、ハリー大尉殿」
ハリー:「まるでディアナ様に恨みでも」
ギンガナム:「ふふっ、ははははっ。地球人を潰し、地球侵略の花火だよ。ディアナ様は地球へ行かれてお強くなったと見た。となれば、この戦いようはわかってくださる」

ムロン:「フラットのバイブを使います!」
ディアナ:「駄目です。右のほうに港口があるはずです」
キャンサー:「大丈夫かい?」
ロラン:「はい!」

ソシエ:「・・・あの小型のロケット?」

ロラン:「・・・、ウィルゲムの無線、封鎖しているのか?」
ソシエ:「メシェー達、脱出できたの?」

ギンガナム:「ハリー大尉殿、せっかくの茶が冷めてしまうぞ。3000年待った夢がかなう、実戦の世がきたとな。・・・ははは、ふはははは、ははははっ」
ハリー:「ディアナ様に船を貸していただいて、礼を言います」

キエル:「ディアナ様は、・・・ディ、ディアナ様、私が強がりすぎなのでしょうか?」

次回予告:「壊れた小惑星の一部が月を直撃する。隠して持ってきた核弾頭を使う時だ。けれど、ホワイトドールと共振するモビルスーツが、鈴のような音を出しながらターンAと呼びかけてきた。次回、ターンAガンダム『小惑星爆裂』。風はまた、夜明けを生む」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gundamserifu.blog.fc2.com/tb.php/99-dbdf2681
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック