∀ガンダム ターンエーガンダム 第37話 月世界の門

ここでは、「∀ガンダム ターンエーガンダム 第37話 月世界の門」 に関する記事を紹介しています。
あらすじ:「ミリシャの人達が反乱を起こしたからといっても、クーデターというほどの事ではない。けど、その騒ぎを収める為に、僕は命を懸けた戦いをした。それは間違いのない事だったのだけれど、僕は誰にも話さず、胸に収めた」

タイトル:「月世界の門」


キャンサー:「ハリーのスモーが攻撃してきたおかげで挟まったやつだね」

ムロン:「姉さん、はずせますか?」

キャンサー:「なんだ?あっ、ああーっ!」

ムロン:「隊長、ワイヤーのロックを!」

キャンサー:「わかってるって!」
「うわっ、・・・、何か聞こえるぞ」
ミドガルド:「じきじきにいらっしゃると申されるので?」
キャンサー:「接触回線が開いている?」
ミドガルド:「まさか、ディアナ様を殺すおつもりではないでしょうな?」
キャンサー:「ディアナ様を暗殺?ミドガルドはそういうことを考えているのか」

ギンガナム:「迂闊な事を口にするな。そういう処理もあるということだ。ソレル家がしでかした不名誉は、我がギンガナム家がそそがねばならん。それが、代々ムーンレィスの武を受け持ってきた我が家の役割である。私の艦隊は合流地点に向かうが、貴様も遅れるな」
ミドガルド:「それは構いませんが、ミリシャの宇宙船が迫っております」
ギンガナム:「私が女王を引き取ったあと、お前の船をおとりにした作戦を敢行する」
ミドガルド:「おとり、ですと?」
ギンガナム:「陽動だよ。むざと沈ませはせんよ」
ミドガルド:「は」
「名門には逆らえんか。スパイごとき事までやってしまった軍人にはな」

キャンサー:「ムロンやばい、この船はやばいよ!」
ムロン:「そんなに急がないでください、姉さん!あっ」
キャンサー:「ミドガルドの野郎はとんでもない不忠者だよ!けだもんさ!」
ムロン:「どうしたんです?」
キャンサー:「ディアナ様を売り渡そうと企んでるんだ!」
ムロン:「誰がです!?なんで!?」

ディアナ:「・・・」
DC兵A:「ああっ!」
ムロン:「姫様、我らと共にお逃げください」
ディアナ:「何が起こったのですか?」
ムロン:「御身のお命に危険があれば、お話し合いというわけには参りません!」

ヤコップ:「チャンネルは開けてあります」
ハリー:「すまないな」
ヤコップ:「いえ、周波数を教えてくださって」
リリ:「お気になります?」
グエン:「ん?」
リリ:「あの赤メガネ殿は何か企んでらっしゃいますよ」
グエン:「そりゃそうです。ものを考えられる御仁ですからね」
リリ:「まさかグエン様は、ディアナ様が悪者にさらわれたというハリー様の言葉を、信じていらっしゃるんじゃないでしょうね?」
グエン:「忠実な犬ほど、主人以外には手酷く噛みつくのは知っていますよ」
リリ:「私がスパイして差し上げましょうか?」
グエン:「参りましたな。リリ様は宇宙もご自分の庭になさってらっしゃいますな」
リリ:「無限の広がりの中にいると思えば、それだけで興奮しておりますのよ。私には宇宙酔いなさる方達のほうが不思議ですわ」

ミリシャ兵達:「上か下か決めてくれ」
「ワイヤーを使えって、どこにあるんだ?」
「少尉、胃袋が浮いた感じはなんとかならんですか」
ヤーニ:「肉弾戦で遅れをとる気か?気力で困難を克服しろ!」
ミハエル:「敵の本拠地が近くなったというのに、ふがいない!」
シド:「ロランの話だと、月へ行くと少しは重さが戻るそうだ」
ミハエル:「山師はお元気ですな」
シド:「ふわふわした生き方のほうが性にあってるんじゃよ」
ラダラム:「うらやましい」
ヤーニ:「飛行機屋なら飛ぶのは得意なはずだろ!」
ラダラム:「飛ぶのと浮くのじゃ勝手が違う。おおっ!まったく。ああ、風に当たりたいなあ」
ミリシャ兵A:「風は良いっすよね!」

ムロン:「空気も重さもない場所はもうごめんだ!」

ミドガルド:「レット隊が脱走した?」
DC兵B:「あれです」

キャンサー:「宇宙なんて真っ平さ!あたしは地球に帰らせてもらうよ!」
「来たな。ほれっ」
DC兵C:「うおっ」
DC兵D:「うおっ」
キャンサー:「宇宙船の中で銃を使う馬鹿がいるか!」
「ムロン、シャトルはいただきだ!」

DC兵E:「シャトルが」
ミドガルド:「シャトル?」
DC兵E:「シャトルを占拠されました」
ミドガルド:「脱出用シャトルのことか」
DC士官A:「やっぱり、地球生まれのムーンレィスです」
ミドガルド:「宇宙に出ておじけづいたか」
DC士官A:「モビルスーツを追撃にまわせ」
ミドガルド:「その必要はない」
DC士官A:「えっ?」
ミドガルド:「あのような者達だ。宇宙でミイラにでもなればよかろう」
DC兵F:「ミドガルド司令」
ミドガルド:「なんだ?」
DC兵F:「ギンガナム艦隊、定刻通り合流地点に到達、急げと言ってきました」
ミドガルド:「ディアナ様に準備していただくか」

ヤーニ:「そっちの分隊も、そっちも、もう一度回転運動」
フラン:「ウィルゲムがこれ以上進むと月に近くなりすぎるから、この辺りが捨て場所ね」
ソシエ:「爆弾1つ捨てるだけで、こんなに面倒だなんて思わなかったな」
ロラン:「核爆弾ですから、何もない所で爆発させたいんです」
メシェー:「黒歴史で出たものって、厄介なもんなんだね」
フラン:「何か理由をつけて、ホワイトドールを外に出さなくっちゃね」
ソシエ:「ムーンレィスのあなたが考えなさいよ」
ロラン:「お嬢さん、いつからそれわかってたんです?」
ソシエ:「宇宙に出てからの身のこなしを見ればわかるわよ。ロランとキースさんと博物館の前で落ちあったりしてたのも思い出しちゃいましたからね」
フラン:「・・・、そうなんだ」
メシェー:「じゃ、今度の航海はさ、里帰りになるんだ」
フラン:「そうね。でも今は、あたしはこの船で月に行くあなた達の記録を記事か本にしたいのよ」
ソシエ:「あたし達はどこで死ぬかわかんないけど、そういう記事の本をさ、地球でも出版してほしいな」
メシェー:「賛成、頼むわ!」
フラン:「そりゃそうしたいけど、あたしも軍艦に乗ってるんだから、あなた達より先に死ぬかもしれないんだよ」
ヤーニ:「何度言ったらわかるんだ!」
ロラン:「お2人とも変わられましたね」
ブルーノ:「あ、ロラン艦長、そんな所で油を売ってて」
ソシエ:「ギャロップの艦長は私です!」
メシェー:「そう」
ブルーノ:「あの時はあの時。・・・」
ロラン:「なんでしょう?」
ハリー:「ディアナ様からの通信が入った!」
ロラン:「ディアナ様からの通信って、どうやって入ったんです?」
ハリー:「ブリッジに上がってくれたまえ」
ロラン:「はい!」

キャンサー:「ひ、姫様。緊急事態ゆえの御無礼、なにとぞお許しください!」
ディアナ:「あのままミドガルドに連れ去られては、私は、私の試すべき事ができなくなるところでした。礼を申します」
キャンサー:「そんな、もったいない御言葉を」
ムロン:「姉さん」
キャンサー:「ん?」
ムロン:「ディアナ様にはお考えがあるそうですぜ、へへ」
ディアナ:「この近くの空域に、ミスルトゥという星があります。そこへ私を連れて行ってほしいのです」
キャンサー:「ミスルトゥ、ですか」
ムロン:「宿り木ですって」
ディアナ:「昔、実験農業をやっていたアステロイドコロニーです」
キャンサー:「あるんですか、そんなもの?」
ディアナ:「ありますとも。それと」
キャンサー:「は、はい」
ディアナ:「音楽を、ミリシャの宇宙船に通信してください」
ムロン:「・・・あ、は、はい」

リリ:「古典的なメロディーですこと」
キエル:「そうでしょうか?」
ハリー:「私の解読ピンでは無理なのか?」
ヤコップ:「いや、できました。映します」
ハリー:「ん、映してくれ」
リリ:「うわあ、すごい」
グエン:「なんの図面だ?」
フラン:「月と地球の間の地図です」
ロラン:「でも、ずっと月寄りです」
ソシエ:「これでも地図なの?」
ロラン:「そうですよ」
ヤコップ:「ええっと、点滅している所がですね、ACナンバーD、02の3」
ハリー:「ミスルトゥだ」
メシェー:「変なの」
グエン:「なんなんです?」
フラン:「廃棄されたアステロイド・コロニーといったものです」
ロラン:(核爆弾を捨てられる最終ラインの位置にあったやつだ)
ハリー:「ディアナ様はそのコロニーに逃げ込んだのだ」
ロラン:「ええっ?」
キエル:「確証がおありになるのですか?」
ハリー:「現在は使われていないコロニーです。普通は目をつけません」
ロラン:「宿り木っておっしゃいましたよね、大尉」
ハリー:「言った」
ロラン:「ディアナの森の宿り木、ですか」

キャンサー:「♪つーきの魂よー。宿れ、宿れ、宿れー。我らが魂へ宿れー。はははっ」
ムロン:「♪つーきの魂よー。宿れ、宿れ、宿れー。我らが魂へ宿れー。ははっ」
ディアナ:「ふふふ」
ムロン:「おっ?あはははっ、宿れ、宿れ、宿れー」
キャンサー:「宿れ、宿れ、宿れー、ははははっ、宿れ、宿れ、宿れー、宿れ、宿れー」
ムロン:「ほんとの月の王女様!」
キャンサー:「ディアナ様と御一緒に帰ってきたよ!お月さーん!はははっ」
ムロン:「あーははっ」

アイキャッチ

ムロン:「難しいですよ」
ディアナ:「電気が通っているのなら、ハッチは開きます」
「キャンサー殿の上へ左に、モビルスーツ用のキーロックがあるはずです」

キャンサー:「つかまえましたけど、動きません」
ディアナ:「そのままで。こちらで港をよみがえらせてみましょう」
「よかった、よみがえってくれました」

ムロン:「ひゃーっ、姫様はまるで魔法使いでらっしゃる」
キャンサー:「ははっ、港のエアーロックというやつですね!」
「外のハッチを閉じます」
「ああ」
(ムーンレィスの大浮遊の時代、空気と食料を再生する為に、ソレル家はここで農業を再生させる実験をされた)
「内壁を開けますか?」
ディアナ:「はい、空気は濃厚のようです」
キャンサー:「はい」
「こ、これ、森じゃないか」
ムロン:「うははっ、なんとまあ立派な」
ディアナ:「あなた達はこのシャトルで、本物の森と海がある地球へお帰りなさい」
キャンサー:「何をおっしゃるんです、姫様!」
ムロン:「そんなんじゃ、俺達ここまでついてきた意味ないじゃないですか!」
ディアナ:「あなた方の働きがあったからここまでこられましたが、月へ行けば危険な目に」
キャンサー:「ミリシャの連中を呼んだって、助けにはなりませんよ」
ディアナ:「あなた達のお子なら、完全に地球人と同化できるでしょう。そうなさい、キャンサー、ムロン」
キャンサー:「そんなつれない事をおっしゃらないでくださいませよ、姫様!」

ギンガナム:「・・・ははっ、ここまで来てディアナを逃がした、そう申すのか?」
ミドガルド:「はっ、黒歴史の封印をといた地球人どもの追撃、ハリー大尉の裏切り行為などに取り紛れて」
ギンガナム:「たく、はははははっ、はははははっ」
ミドガルド:「ギム・ギンガナム様」
ギンガナム:「ははははっ、仮にも月の女王と呼ばれた方だ。お前のような下賎の者が手玉に取られても不思議ではない」
ミドガルド:「もしや、ディアナ様はすでに月にお戻りでありましょうか?」
ギンガナム:「ふん」
ミドガルド:「どういう音楽で?」
ギンガナム:「ソレル家が暗号通信に使うものだな。ディアナ姫はこの廃棄コロニーにお隠れになられている」
ミドガルド:「なんと」
ギンガナム:「第1船隊は槍の構え、第2船隊は盾の構え。アステロイド・コロニー、ミスルトゥに進撃する!」
ギンガナム隊:「はあっ!」
ギンガナム:「2500年の演習を続けてきた武門の家柄が、市民どもの寄せ集めの軍とは違うことを見せてやる。ふん」
「メリーベルは動くな、そのまま固定」


ミドガルド:「な、なんの真似だ、マヒロー隊は?」

スエッソン:「ふははははっ、卑しいお庭番ごとき輩は、マヒローの近くにいられるだけでありがたく思え」

ミドガルド:「今の声はスエッソン・ステロのはずだ。・・・名家の威光をかさに着た水ぶくれめ」

ディアナ:「あなた達の技量なら、あのシャトルで地球の大気圏も突破できます。ですから」
キャンサー:「・・・、あたし達は、姫様のお役に立つ為に地球で生きてきたんです!」
ムロン:「いまさらさよならなんて、そんな話は聞けませんやい!」
ディアナ:「・・・、ムロン殿、キャンサー殿」
キャンサー:「そんな、呼び捨てになさってください」
ムロン:「同じ死ぬなら、心に決めた方と御一緒させてくださいよ!」
ディアナ:「ありがとう」

ロラン:「大尉が自分で迎えに行くつもりだと思ってたけど」

ヤーニ:「敵の女王を助ける必要があるなら、あの赤メガネ野郎にやらせときゃいいのにね」
ミハエル:「グエン殿は、ハリー大尉にそんなことをやらせたら、こちらが有利に交渉を進められなくなると思っているんだろう」
メシェー:「ねえソシエさ、うまくやれるの?」
フラン:「ロランはザックトレーガーでソシエを訓練したつもりなのよ」

キエル:「月は、アグリッパに制圧されているのでしょ?」
ハリー:「ですから、あなたのお力をお貸しいただきたいのです、キエル・ハイム嬢」
キエル:「私がディアナであれば、役に立つというのですね」
ハリー:「はい」
キエル:「そう、私はディアナその人」
グエン:「ふん、ハリー殿も策略かい」
リリ:「ふふっ」

ソシエ:「ねえロラン!核爆弾ここら辺に捨てたら?何もないじゃない」
ロラン:「だめです、ここは宇宙船のコースですから。ディアナ様をお助けしたあとでなんとかします」
ソシエ:「・・・見てよ」
ロラン:「ええっ?」
「あっはは、あれです、ミスルトゥです。ディアナ様のお星さま」

ソシエ:「なんであれがお星さまよ。お星さまって、きらきら光ってるものでしょ?」
ロラン:「これでも星ですよ」

キャンサー:「このブロックは凍ってますね」
ディアナ:「ナノマシンが死滅しています」
ムロン:「見つけました、ディアナ様」
「ほらね、ここでしょ?センターコントロール」
ディアナ:「そうです、そうです!行けますよね?」
キャンサー:「ここに行くんですか?」
ディアナ:「設備の回復を図りたいのです。光があって土があり、水も残っているのですから」

キエル:「ディアナ様が本来のお仕事に戻られれば、私は鉱山主の娘として、山の経営をいたします」
ハリー:「はい」
キエル:「それはうれしいことですけれど、さびしいことでもあります」
ハリー:「むなしい?」
キエル:「それは違います。私はディアナ様から」
ハリー:「どうぞ」
キエル:「私はディアナ様から、絶え間ない緊張と責任を感じながらも、そこからお逃げになろうとなさらないから、あのように美しいと学びました」
ハリー:「そのように語るあなたも、十分にお美しい」
キエル:「・・・」
ハリー:「そんなあなただからこそ、私はあなたを裏切らなければなりません」
キエル:「ハリー?」
「お気に召すままに」

グエン:「大尉、貴様っ!」
ハリー:「ご無礼!」
キエル:「うっ」
リリ:「大尉はやはり敵でらっしゃったのね」
ハリー:「ディアナ様をお助けするには、こうするよりほかに方法がないのだ!」
グエン:「見損なったぞハリー・オード!女王だけが大事な飼い犬め!」
ハリー:「悪いか!」
グエン:「うっ!」
リリ:「グエン様!」

メシェー:「大尉も月の女王を迎えに行くの?」
フラン:「キエルさんを連れてたんじゃない?」
ハリー:「寄るなっ!」
フラン:「ひっ」
メシェー:「うわあっ」
フラン:「どうしたんです、大尉?」
メシェー:「少尉、大佐、ハリーがキエルさんをさらうみたい、捕まえて!」
ヤーニ:「赤メガネ、やっぱり裏切りやがったか!」
ミハエル:「総員、かかれ!」
ミリシャ兵達:「・・・わああっ!」

ブルーノ:「格納庫を誰かが開けたぞ、またミリシャの連中が」
リリ:「白ヒゲさん達に知らせてください、ハリー大尉が」
ヤコップ:「あ」
ブルーノ:「どうした?」
ヤコップ:「出てくのスモーだぜ」
ブルーノ:「赤メガネも女王のお迎えに行くのかい?」
グエン:「そうじゃない」
ブルーノ:「え?」
グエン:「奴は、キエル嬢を利用しようと出て行ったんだ」

ロラン:「うわあっ!」
ソシエ:「なによこれ!」
ロラン:「ディアナ・カウンターのモビルスーツ?」
ソシエ:「あの通信、罠だったんじゃないの?」
ロラン:「そんなことありませんよ!」

スエッソン:「ミリシャが地球で持ち出してきたヒゲ付きとは、あれか」
マヒロー隊A:「あれは宇宙移民を苦しめた、悪魔のモビルスーツに似ております」
スエッソン:「うむ」
「これは演習ではない。繰り返す、これは演習ではない。この陣形で殲滅だ!」
マヒロー隊達:「ははっ!」
ソシエ:「どうするの、ロラン?」
ロラン:「このモビルスーツ、ディアナ・カウンターじゃないんです!」

次回予告:「キエルお嬢様がハリー大尉の盾にされてしまった。ギム・ギンガナムの野望を恐れての事だ。僕はギンガナムって人があんな艦隊を持ち、モビルスーツ部隊を動かしているのにびっくりしてしまった。次回、ターンAガンダム『戦闘神ギンガナム』。戦風、立つ」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gundamserifu.blog.fc2.com/tb.php/98-fc0e52fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック