∀ガンダム ターンエーガンダム 第34話 飛べ!成層圏

ここでは、「∀ガンダム ターンエーガンダム 第34話 飛べ!成層圏」 に関する記事を紹介しています。
あらすじ:「あれは、夢だったのだろうか?マヤリトという少女と、クワウトルという王様が目の前で爆死した光景は、焼きついてしまった。アデスの世界樹を語り継ぐ、アデスカでの事件だった」

タイトル:「飛べ!成層圏」

ハリー:「やはりな。自力で地球の引力を振り切れるのに、ザックトレーガーに寄るつもりか、ジャンダルムは」

ミドガルド:「マニューピチが落ちたのは確定的なのだな?」
DC兵A:「は、まったく応答がありません」
ミドガルド:「あてにならん連中だ。ブースターのセットを急がせろ、ミリシャより先に宇宙に上がらねばならん」
DC兵A:「はっ」

ディアナ:「地球で見る朝日も、これで見納めでしょうね」
「・・・無礼な!」

ミドガルド:「はっ、もう、お試しはいたしません」
ディアナ:「あ」
ミドガルド:「今の反応といいレット隊への物言いといい、ディアナ様でいらっしゃいます」
ディアナ:「・・・」
ミドガルド:「一睡もされていらっしゃらない?」
ディアナ:「あなた様と話す事はありません。早く月へでも太陽へでもお連れください、私は逃げも隠れもいたしません」
ミドガルド:「マニューピチが落ちましたので」
ディアナ:「・・・ウィルゲムがマニューピチに到着したのですか?」
ミドガルド:「はい。あなた様を、ミリシャの宇宙船より先に月にお連れいたします」
ディアナ:「・・・せいぜい、歓迎の準備をさせてください」
ミドガルド:「それは女王ディアナを?それともミリシャの宇宙船をですか?」
ディアナ:「あとで慌てることがないように、です」
ミドガルド:「伝えておきましょう」
ディアナ:「・・・」

ミリシャ兵A:「電流を流すぞ、強電圧だから気をつけろよ!」

タルカ:「マスドライバーのレールがある」
ロラン:「はい。太古から、巨人の戦争の時代の物が、あの竜の背骨の峰に埋められていたんです」
タルカ:「改めて礼を言う。貴殿達の働きがなければ、この町は開放されることはなかった」
ロラン:「僕はただ、クワウトル王に従っただけなんです」
タルカ:「いなくなって、先の王は素晴らしい方とわかった。私にあのあとを継ぐ事ができるのだろうか?」
ロラン:「古き王は殺されなければならない、そのアデスカの習わしにしたがって、今日まで栄えてきたんです」
タルカ:「そうだ。私はその王の仮面をかぶった」
ロラン:「クワウトルを受け継いだのですから、あなたにもできますよ」
タルカ:「できるか。次の王が現れるまでの間」
ロラン:「タルカ王はそれを望んでいらっしゃるのでしょう?」
タルカ:「アデスカの民の為にはな。クワウトルの国葬がすむまでこの地に留まってもらいたいのだが、無理なのだな?」
ロラン:「はい、王のお教えくださった神殿の秘密があります。それで僕らは神話をさかのぼることができますから」

ラダラム:「電磁気反応がある。右のほうの扉が開くな、じいさん」
シド:「ああはいはい・・・」
「あったぞ。すぐに動力をつないでデータの読み取りをさせよう」
ホレス:「はい」
ラダラム:「いいんですか?」
ホレス:「だってあれ、ニューアナログデジタルのパネルですもん」
ラダラム:「そうなのか?」
シド:「こっちはマスドライバーとザックトレーガーの周回タイミングさえわかればいいんだろ?」
ホレス:「そのデータがあるかどうか」
ラダラム:「一晩中走り回って、砲台をふっ飛ばして、そのあとは黒歴史集めとはねえ」
シド:「この年になると、夜明かしのほうがつらいわな、・・・」

グエン:「ディアナ・カウンターの艦艇の動きは、現在は消えていますが、再度襲来する事は間違いありません。その前に、マスドライバーのレールを整備して我々は宇宙へ上ります。各員、機密整備、宇宙服の点検、機械人形の修理を急いでください!」

ヤーニ:「こんなの着たら動けねえぞ!」
ミリシャ兵B:「もうちょっと合うサイズを着させてくださいよ!」
ジョゼフ:「まだ終わらないのか?」
メシェー:「ええ?」
「あらフラン、いつこっちに?」
フラン:「さっきの飛行船で。黒歴史の船が月へ行くっていうからさ」
メシェー:「そう、こっちもそれで大変なのよ。空気漏れしそうなとこ塞いでおかなきゃならないしさ!」
フラン:「そんなので大丈夫なの?」
メシェー:「さあ、どうなんだろう」
ジョゼフ:「なんなら、俺のフラットを持って行ってもいいぞ!」
メシェー:「月の機械人形だと足元を見られるから、地球で掘り出したのだけで行くんだってさ。ルジャーナのボルジャーノンも2、3機連れて行くって」
ジョゼフ:「ほんとに大丈夫なのかね」
フラン:「機械の事は」
メシェー:「ホワイトドール以外は、頭数がそろってればいいんじゃないの?」
「あっ、ロラン」
ソシエ:「・・・」
ロラン:「・・・」
ソシエ:「すぐ真似する」
ロラン:「うつるんですよ」
メシェー:「ロランどうした?その食べ物」
ロラン:「これは新しいアデスカの王様からの贈り物です」
メシェー:「へえ、そんなにもらえるんならもう1回ぐらいやってもいいね」
ロラン:「冗談じゃありませんよ、あんな事もう二度とごめんです」
ソシエ:「行きましょロラン、あたし一晩中走りまわったんで眠いの」
ジョゼフ:「お、おい、ソシエだってちょっとは働けよ」
ソシエ:「自分はなにさ、フランちゃんフランちゃんってさ!」
ロラン:「すいません」
ジョゼフ:「なんだ、あいつ?」

DC兵B:「後方にモビルスーツ1機。スモータイプです!」
ミドガルド:「親衛隊機か。構うな、上昇を始めてしまえば追いつけん」
「上がれるな?」
DC士官A:「はっ」
ミドガルド:「ハリー・オードめ、単独行動とは愚かだな」

ハリー:「ん?離陸するのか」
「はっ!」
「・・・気付かれたか!」
「離陸を阻止させるだけ!」
「ミドガルド!!ミラン!!ディアナ様を一瞬たりとも痛め!!泣かせるような事があったら!!我魂魄100万回生まれ変わっても、恨み晴らすからなっ!!!」


ディアナ:「私は必ず戻ってきます。この地上が私達のふるさとなのですから」

ホレス:「ディアナ・カウンターの戦艦ですね」
グエン:「今この時期に、宇宙に上がるものとは?」
キエル:「私も素性が気にかかります、追えませんか?」
ホレス:「すぐには無理です。ザックトレーガーには周期が存在しますから」
キエル:(まさか、ディアナ様が)
ホレス:「ザックトレーガーは、約3時間周期で周回します」
キエル:「それまでは、待つしかないと?」
グエン:「言い換えれば、3時間ほど待つだけでいいのだろ?」
ホレス:「下手に接触でもしたら、こちらが木っ端微塵になりますけど」
グエン:「あ、ああ、そうか」

メシェー:「うっふーん」
フラン:「ちょっと邪魔しないで!」
メシェー:「いいでしょ。どうせ、この船が宇宙に上がるとこも撮るんだろ?あたしの写真もセットで載せてよ!」
フラン:「失敗して墜落したって記事になるんだけど」
ジョゼフ:「ブン屋根性がしみついてきたな、お前」
メシェー:「そんな憎まれ口言ってるからあんた太るんだよ」
フラン:「えっ、嘘!ふとった!?私が!?」
ジョゼフ:「そういや、少しふっくらしたかな」

ミラン:「ミリシャの戦艦に追撃隊を出さないとはどういうことだ?」
フィル:「宇宙に行きたい者は行かせてやるがいい!」
ミラン:「しかし!」
フィル:「責任は月にいる奴らにとらせる!」
ミラン:「今問題なのは核のほうだ。あれがミリシャの手に渡っているんだとしたら!」
フィル:「そいつも宇宙に行くんだろ!」
ミラン:「ならますます最悪の事態も考えに入れる必要があるな、政治家としては!」
フィル:「私は政治屋ではない!」
ミラン:「月での最悪の事態を回避する為に、ミリシャの戦艦は押さえるんだ!ポゥ中尉の乗ったアルマイヤーが近くにいるはず」
フィル:「損傷したままで追撃戦をやらせるのか?」
ミラン:「軍人なんだろ、貴公らは?」

ポゥ:「作業班、発進するぞ!戻れ!」
DC兵C:「離陸急ぐぞ!」
ポゥ:「マニューピチから動いていないな?」
DC兵D:「動いていません。一気に接近してみせます」
ポゥ:「急げ!あの船を捕らえねば私の面目は丸つぶれだ。・・・なんとしても!」

アイキャッチ

子供A:「あぁ・・・白い巨人だ」
母親A:「ほんとだねえ。アデスの枝まで行くんだって」
「あっ、おはようございます」
ミリシャ兵C:「なんだよ?」
ロラン:「ん?」
母親:「これ、少ないんですけど、皆さんで食べてください」
子供A:「食べて」
ミリシャ兵C:「そりゃ悪いな、ありがとう」
ロラン:「・・・おい、白い悪魔、お供えがもらえたようだぞ。悪魔と言われるような爆弾を抱えているんだから仕方がないのに、よかったな!」

フラン:「えっ、ラダラムさんは月には行かないんですか?」
ラダラム:「この翼とプロペラで飛べないとこなんてぞっとしないからな」

ミハエル:「本気でありますのか?」
グエン:「チャンスは有効に使いたい」
リリ:「でも本当にお月様にまで行けるのですか、グエン様?」
グエン:「準備は万全です」
シド:「ミリシャの支援、ムーンレィスの技術者達の保証、ご覧になっているでしょ」
ミハエル:「機械人形の量産計画はいかがします?あれはホレス殿がいなければ先に進みませんぞ」
シド:「勿論、彼にはこっちに残ってもらう」
グエン:「ウィルゲムの操縦には優秀な人材がいるしね」
ブルーノ:「ははっ、そ、そりゃあお任せいただければ」
ヤコップ:「手足のように使ってみせます」
リリ:「よりによって、このお2人なんですか?」
ヤコップ:「お嬢さん!」
ブルーノ:「お嬢さん!」
ヤコップ:「ひょっとして、このファッションに惑わされてません?」
ブルーノ:「あたしは月軌道内の航空免許ってのを持ってんですよ」
ヤコップ:「俺は正規の。こいつ、闇ルートで買ったの、にせもん」
ブルーノ:「違う!」
グエン:「発進のカウントダウンは始まっている!」
ヤコップ:「わあっ!」
ブルーノ:「わあっ!」
リリ:「ああっ!」
シド:「おおっ!」
ミハエル:「おおっ!」
グエン:「なんだ?」
リリ:「バチが当たるんじゃないんですか?」
ブルーノ:「・・・、敵襲です。モビルスーツが3機!」
グエン:「方位を知らせ!迎撃させろ!」

ポゥ:「ミリシャの宇宙船は、ザックトレーガーには上げさせない!撃墜していいぞ!!」
タイラント:「了解」
バートン:「了解」

グエン:「ウィルゲムのメガ粒子砲は使うな。エネルギーは発進用にまわすんだ!どうなんだ!?」
ブルーノ:「ザックトレーガーの周回タイミングにあわせるにはまだ早いと言っています!」
グエン:「時間稼ぎをする!」
「ホワイトドールにも迎撃させろ!」

ミハエル:「動きました」

ロラン:「こんな時だからこそ来るのか」
ソシエ:「だめよロラン!ウィルゲムも発進はするのよ!」
ロラン:「そうですよ、発進させます!」
ソシエ:「だったら離れられないでしょう!」
ロラン:「防戦すればいいんです!」

ジョン:「ウィルゲムから離れちゃならねえぞ!」
ジョゼフ:「ウィルゲムを守れ。近づけさせるな!」

フラン:「こんな飛行機じゃ無理でしょう?」
ラダラム:「わしの勇ましい姿を、かっこよく撮ってくれ」
フラン:「ラダラムさん!きゃっ!」
バートン:「うおっ、センサーが!」
キエル:「こちら、ウィルゲムのディアナです。ウィルゲムに攻撃をかけている部隊に警告します!」

メシェー:「そのカプル、左に来ている奴を変形させない!」

キエル:「本艦はムーンレィスの技術によって月へ向かい、和平交渉をしようとするものです。これ以上の攻撃は、反逆罪とみなされて極刑に処します!」
グエン:「御苦労様です、ディアナ・ソレル」
キエル:「いえ」

ポゥ:「下がるな!ウィルゲムには、ディアナ・ソレルのそっくりさんがいるのだ!声に騙されるな!」
「またヒゲか!」
ロラン:「あのスモーのパイロット!」
「本当にウィルゲムは和平の使者なんです!」

ポゥ:「その武器、ただの鉄の玉じゃないぞ!」
バートン:「うおっ!落ちる!」
ポゥ:「このスモーはウォドムとは違う!」
「タイラント!しとめろ!」
タイラント:「了解!」
「な、なんだ、あのスラスターベーンの発熱は?うわあっ!!」
ポゥ:「ヒゲの力はアップしている?」

ミハエル:「なんで撃破しないんだ?」
グエン:「ローラだからですよ、まったく・・・」
リリ:「でも、すさまじい力じゃないですか」
キエル:「ロランがあんな戦い方ができる?」
ブルーノ:「時間来ました、全員シートへ。モビルスーツは戻してください!」
シド:「ミハエル大佐、ミリシャの兵達も体を固定させてくださいよ」
ミハエル:「あ、ああ」
グエン:「リリ嬢は補助椅子へ!」
キエル:「私は部屋へ戻ります」
グエン:「ご苦労でした、ディアナ・ソレル閣下」
キエル:「いえ」
ミリシャ兵D:「体を縛るのか?」
ヤーニ:「月に行って何があんだよ?」

キエル:「・・・ディアナ様に反目するアグリッパ・メンテナーがいるというけれど」

ロラン:「戻らないと置いてきぼりにする?」
リリ:「はい」
ロラン:「そんな!」
リリ:「泣き言なんて聞きたくありません。あなた、ホワイトドールの運転手なのでしょ」
ロラン:「運転はしてますけど、うわあっ!」
ポゥ:「ヒゲ、本気で戦え!!」

メシェー:「早く飛んでくださいよ!」
「ジョン、エイムズ、左舷に来てくださいよ!」
ジョン:「待ってろ!」
メシェー:「ウィルゲムに一発でも当たったら!」
ジョン:「わかってる!」

ロラン:「うわあああっ!!」
ハリー:「本気か?」
ロラン:「ハリーさん。助かりました、ありがとうご・・・」
ハリー:「ディアナ様を連れ去ったシャトルが月へ向かった!」
ロラン:「ええっ、ディアナ様って?じゃあ、今ウィルゲムにいるのは・・・」
ハリー:「来るぞ!」
ロラン:「・・・」

ホレス:「来たな。マスドライバー、作動!」
技術者A:「はい、ウィルゲムも点火します」

ポゥ:「なんだ?」
ブルーノ:「マスドライバー、ジョイント終了!」
ヤコップ:「エンジンに点火、総員!」
ブルーノ:「用意!」
ヤコップ:「用意!」
グエン:「どうぞ!」

ソシエ:「ロラン!!飛び乗って!!」
「ジョンさん!」

ジョン:「エイムズ、つかまれ」
ソシエ:「落ちるな!」
ロラン:「ありがとう。シルバースモーは?あ・・・」

ヤコップ:「ザックトレーガーとのベクトルは?」
ブルーノ:「修正可能!」
リリ:「飛びますよね?グエン様」
グエン:「リリ様がいらっしゃるなら」

フラン:「こんな飛行機じゃ無理です!」
ラダラム:「黙ってないと、舌噛むぞ!」
タイラント:「ええい、うっとうしい!」

アデスカ人達:「うわあっ!」
タルカ:「飛んだぞ、巨人達が、アデスの枝に向かって!」

ソシエ:「ロラン!」
ロラン:「ええっ?」
フラン:「きゃあああああっ!!」
ラダラム:「た、助かった!」
メシェー:「こんな飛行機で機械人形撃ち落すつもりだったんでしょ、パパは!!」
ラダラム:「そ、それほど俺はバカじゃないぞ・・・」

ポゥ:「ハリー!」
ハリー:「体調はいいようだな、ポゥ中尉」
ポゥ:「人の弱みにつけこんだ男が!」
ハリー:「善意でした事なのだがなあ」
ポゥ:「離せ!」
ハリー:「ポゥ、これだけは言っておく。お前はもっといい男を知るべきだ」
ポゥ:「余計なお世話!!」
ハリー:「そうすれば、もっといい女になる」

ハリー:「間に合ってくれ!」

ロラン:「ハリー・オード大尉が?」
ソシエ:「いいのね、ロラン?敵の機械!」
ロラン:「いいんです、ハリー大尉なんですから!」

ヤコップ:「高度取れっかな?重くなってる」
ブルーノ:「ちょい、出力不足なのかな?」
グエン:「ザックトレーガー、アデスの枝と言われた物だが。ん?」
リリ:「こんな高いお空に、木の枝があるのでしょうかね?」

キエル:「ソレイユのデータで読んだだけのザックトレーガー、・・・よほど大きな物のようですけれど」

ヤコップ:「ああっ、右に傾いてる。ロラン、取り付いたモビルスーツを」
ブルーノ:「ザックトレーガー、天頂に来ました!」
グエン:「いいのか?」
ヤコップ:「ロラン!」

ロラン:「は、はい」
ヤコップ:「ウィルゲムに推力を送れ!」
ロラン:「推力不足なんですか?」
ブルーノ:「ザックトレーガー、落下してくる」
ロラン:「・・・」

ブルーノ:「このままじゃ、前へ出られない!」
ヤコップ:「ロラン!」

ロラン:「やってみます!」
「大尉、聞こえていますね?」

ハリー:「おう!」

次回予告:「ザックトレーガーで僕らはジャンダルムと鉢合わせをしてしまった。ディアナ様とキエルお嬢様の共同戦線は、2隻の船を無事に月へ送り出した。僕は、宇宙に出た事よりドキドキした。次回、ターンAガンダム『ザックトレーガー』。風は月へ吹き上がる」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gundamserifu.blog.fc2.com/tb.php/95-7eea9d82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック