∀ガンダム ターンエーガンダム 第24話 ローラの遠吠え

ここでは、「∀ガンダム ターンエーガンダム 第24話 ローラの遠吠え」 に関する記事を紹介しています。
あらすじ:「僕はテテス・ハレさんから、ホワイトドールがターンAガンダムという歴史的に価値のあるものだと教えられたのに、テテスさんを投げ飛ばしてしまって、彼女は、死んだ。その原因が御自分にあるとディアナ様はお嘆きになった」

タイトル:「ローラの遠吠え」


レット隊:「♪つーきのたまよー!」
「♪つきのーたまよーやどれーやどれ!やどれ!やどれ!」
モットケー:「♪我らーがたーまと!」
フレックル:「やどれー!」
レット隊A:「やどれー!」
キャンサー:「やどれー!」
ムロン:「やどれー!」
レット隊:「♪やどれ!やどれ!やどれ!、やどれ!やどれ!やどれ!あーはっは、あーはっは!つーきのたまよー!」
DC兵A:「まーだレット隊の連中は歌ってるぜ」
アナン:「ムーンレィスの末裔だからって、何やってんだか」
レット隊:「♪おーたまーよーきたれ!きたれ!きたれ!きたれ!・・・」

ギャバン:「またやられたか」
ムロン:「ばーかめ!あはっ、地球のモビルスーツなんかフラットにかなうわけないでしょ!」
ソシエ:「逃げるよ、ギャバン!」
ギャバン:「深追いはするな。火事を消して救助しなけりゃならん」
ソシエ:「なんて卑怯な人達なの。収穫が終ったところを狙うなんて」
ギャバン:「戦場で決着をつける力がなくなってきてるのかもしれんな、ディアナ・カウンターに」

ミラン:「ん?」
ハリー:「月からの補給が滞っている為に、地球人の村を襲う者が出始めているのです」
ミラン:「ディアナ様のお耳には入れられんな」
ハリー:「はい」
ミラン:「ミリシャは、前線で突出した我が軍を包囲する戦力を整え始めたようだ」
ハリー:「建国式典以来、交渉が途絶えたままでありますから」
ミラン:「私が怠けていると言いたいのか?」
ハリー:「いえ、地球側にも人物がいないのです、このアメリア大陸をまとめられる人物が」
ミラン:「グエン・ラインフォードも苦労しているようなのだ」

ロラン:「スエサイド部隊にソシエお嬢さんがいるの?」
ブルーノ:「キャッチしました、左のモニターです」
ロラン:「あらー、やっぱり」
「ひどいな」


ソシエ:「今度もまた見逃すなんて、いまいましくない?」
ギャバン:「何をおっしゃるやら。泥棒相手ではない戦いでよくやってらっしゃるじゃないですか」
ミリシャ兵A:「お疲れさまです」
ソシエ:「あたしのどこがいいんですか?」
ギャバン:「すぐ頭に血が昇る元気さは、戦場では役に立っている」
ソシエ:「言わせておけば!」
ギャバン:「ふふっ、父上の仇を取ろうと、涙を耐えて戦っているところに惚れたんだ」
ソシエ:「いつまでも涙なんか溜めてません!」
メシェー:「またケンカしてんの?へへへ」
ソシエ:「反射神経だけはよくってさ」
エイムズ:「隊長!」
ギャバン:「ん、・・・なんだ?」
エイムズ:「補給部隊の連中から聞いたんですがね、イングレッサ領のほうは被害にあっていないって噂ですよね」
ギャバン:「畑の焼き討ちは、我がルジャーナ領だけだってのか?」
エイムズ:「イングレッサ領がギブアップしちまったんで,ディアナ・カウンターの食料庫になっちまってんですかね?」
ギャバン:「いや、グエン・ラインフォードがディアナ・カウンターと手を組んでいるとも考えられるな。しかし、我が主ボルジャーノ公はミリシャの分裂は望んでおられん。ルジャーナ、イングレッサのみならず、大陸のミリシャ全てを結集して戦うおつもりである」
エイムズ:「それで、ハイムのお嬢さんをお嫁さんにしたいんですね」
ギャバン:「バカめ!それとこれとは話が別だ!」

キャンサー:「ソレイユの陣地に入れないというのはどういう事だ?話が違うぞ!」
ポゥ:「現在ソレイユの陣は収容能力いっぱいなのだ。レット隊達そとの部隊は、自力で整備をしろ」
キャンサー:「後方攪乱をさせておいて、いや、このマシンをくれたのに、整備もしてくれないのか?」
ポゥ:「補給物資は送ると言っているだろう!?整備は自分達で研究してやれ」
キャンサー:「それじゃいじめじゃないか!少佐はいないのか?」
フィル:「キャンサー殿」
キャンサー:「フィル少佐」
フィル:「ひがみすぎだぞ」
キャンサー:「くっ」
フィル:「地球に長年住んでいると、そういうものの考え方になるのだ」
キャンサー:「・・・、地球人の収穫を略奪させるような事をさせておいて!」
フィル:「本国は100年地球に住んでいたムーンレィスであっても、差別などはしない」
キャンサー:「・・・、積年の誓いを胸に、地球の空気を吸って生きてきた事がそれほど罪か!」

ロラン:「はあ?そんな」
ディアナ:「ありうる事でしょ」
ロラン:「ソシエお嬢様が結婚なさるって話なんです、おかしいですよ」
ディアナ:「そうでしょうか?」
ロラン:「あのね、ソシエお嬢様ってまだ子供なんです」
ディアナ:「成人式は済ませたのでしょ」
ロラン:「そういう事じゃないですよ」
ディアナ:「死を前にしたら、生き生きとしている人ほどいとおしくなるものです。ギャバン・グーニーは死を覚悟しているスエサイドの隊長さんでしょ」
ロラン:「え、ソシエお嬢様は死ぬ覚悟なんですか?」
ディアナ:「・・・ごめんなさい、言葉足らずで。覚悟の話をしました」
ロラン:「覚悟、ですか」
ディアナ:「そうです。ディアナ・カウンターは、命に溢れた地球の人々に敗れるかもしれませんね」
ロラン:「そんな」

ヤーニ:「ぶははははっ、けっ、結婚だって。ははははっ!」
ミハエル:「ルジャーナのギャバンと?」
ジョゼフ:「ラダラムさんから聞きました」
ヤーニ:「ソシエって、あんな顔してて年くってんのか?」
ジョゼフ:「ディアナ・カウンターが侵攻してきた日って、彼女の町の成人式の日でした」
ミハエル:「父親は戦死したんだっけな」
ヤーニ:「ルジャーナの奴と結婚するなんてけしからんじゃないか」
ジョゼフ:「人の好き好きって他人にわかるもんですか?」
ヤーニ:「くうっ、くっ、イングレッサの若い連中は何をしておったのだ?」
ジョゼフ:「ヤーニ軍曹は何をなさっていたので?」
ヤーニ:「じ、自分は戦争の事しか考えておらん!」

マリガン:「よろしいですかお姫様、相手はイングレッサの民間人の娘でしかないのでありますぞ。それがよりによって、ルジャーナ・ミリシャの中の精鋭を集めたスエサイド部隊の中のギャバン・グーニーと結婚するなど、許せるのでありましょうか?姫様!」
リリ:「いいじゃないの、機械人形の乗り手同士馬が合ったんでしょ」
「ね、グエン様」

グエン:「はい。幸せになりたい者の恋路を邪魔するのは、無粋というものです」
リリ:「父だって、私がグエン様のお手伝いをするのを大目に見てくださっています」
マリガン:「いや、その件に付きましてはお父上は」
リリ:「おだまり!」

ハリー:「ミラン執政官が個人的にグエン卿に接触して聞いたところでは、ルジャーナの領主を立てて、アメリア大陸を合衆させようとしているのです。ですから、アメリアの大統領を決めてからでないと、和平交渉はできないと言うのです」
キエル:「それでは遅いのです。グエン卿と連絡を取り合って急がせてください」
ハリー:「はい」
キエル:「ハリー殿!」
ハリー:「は」
キエル:「あなたは私の側にいてください」
「・・・私がこの船で頼りにできる者といえば、あなた以外にいないのですから」

ハリー:「連絡には部下を動かしましょう」
キエル:「私の思い違いですか、ディアナ様?キングスレーの谷へ行ったハリー中尉は、私と距離を置くように感じられます」

モットケー:「ムロン、やめろ。女1人潰したってなんの得もねえぞ」
ムロン:「うるせえ、もいっぺん言ってみろ!」
アナン:「言ってやるよ、クズの恥さらし!」
ムロン:「言ったな!」
アナン:「潰せるなら潰してみな!」
キャンサー:「ムロン、何やってんの!」
ムロン:「そいつら俺達を、地球に住み続けておかしくなったムーンレィスの恥さらしって言いやがったんだ!」
キャンサー:「そうなのか?」
アナン:「地球に2、3代いただけで、あたし達とは似ても似つかない人間になってるって事に気付いてないじゃないか!」
ムロン:「まだ言うのか?」
アナン:「あんたらレット隊は、月を見ちゃ吠えて踊って団子食って!」
キャンサー:「ディアナ様が帰還したと聞いて勇んで参上した我々を、正規軍はそのような目で見ていたのか!」
アナン:「ローラの事は聞いてるな?」
ムロン:「ヒゲのモビルスーツのパイロットがどうした?」
アナン:「地球の空気を吸った奴は信用できないんだよ。・・・あっ」
キャンサー:「証明してやる。あたし達がムーンレィスだって事をね!」

ロラン:「また、野戦病院へいらっしゃるんですか?」
ディアナ:「はい、私でもお手伝いできる事っていろいろありますから」

ディアナ:「やだ、もやが出てきた」
キャンサー:「そんなところを走るな!村へ帰れ、うちへ帰れ!」
ディアナ:「あっ」
「・・・、あのフラット、野戦病院のほうへ行く!」


キャンサー:「ミリシャのローラは手柄を立てた。その手柄にもう飽きた!だからムーンレィスに戻るぞ」
婦長:「ローラの機械人形だって?」
患者A:「なんだ?」
患者B:「機械人形?」
患者C:「ホワイトドールじゃないか」
キャンサー:「奪え。地球に住む者から月へ供える物を奪い取れ」
ムロン:「うおーっ」
モットケー:「うおーっ」
ムロン:「いやあーっ」
患者D:「この時計やるから」
レット隊A:「金じゃねえじゃねえか」
患者E:「盗っ人、盗っ人」
ムロン:「ローラ、ローラ、月へのお供え物だ、ローラ!」
キャンサー:「ディアナ様へ捧げるぞ。ルーナルナルナルナ、魂よー!きたれきたれきたれー!」

アイキャッチ

婦長:「患者さんはトラックへ乗ってください!」
「メシェーさん、大丈夫なのですか?」
ミリシャ兵B:「こっちへ乗れー!」
メシェー:「大丈夫です!あいつら!」
キャンサー:「我らのディアナよ!」
ムロン:「姉さんよ、次は村を襲え!」
キャンサー:「大地の恵みをディアナ様に捧げるぞー!」

ソシエ:「タオル」
ロラン:「・・・ヴィシニティにいらっしゃる奥様にだって、お伺い立てなくちゃいけませんよ」
ソシエ:「家に知らせないと困る事あるの?あたしがギャバンと結婚する事が」
ロラン:「だって、戦争やってんですよ。未亡人になっちゃうかもしれないじゃないですか」
ソシエ:「縁起でもないこと言わないで!」
ロラン:「うわっ!」
ソシエ:「んふふふ!」
ロラン:「なんですよ?」
ソシエ:「ふふふ、やきもち妬いてんだ」
ロラン:「そんな!」
ディアナ:「ここにいたの」
ロラン:「野戦病院へいらっしゃってたんじゃないんですか?」
「ボルジャーノンが」

ディアナ:「野戦病院が襲われたのです。私の見間違いかもしれないのですけれど、おヒゲを付けたモビルスーツのようで」
ロラン:「ヒゲのモビルスーツ、ですか?」
ソシエ:「ボルジャーノンが出撃する?」
ロラン:「お嬢さんはお休みの時間です」
ソシエ:「なんでさ!」
ロラン:「スエサイド部隊が出るんです。ギャバンさんに任せましょう」
ソシエ:「ロラン」
ロラン:「はい?」
ソシエ:「ギャバン・グーニーが死んだほうがいいと思ってんでしょ!」
ロラン:「お嬢さんはお肌の為に休んでいてください!では!」
ソシエ:「なにさ、使用人のくせして!」
ディアナ:「ソシエさん」
ソシエ:「なんですか、お姉さま?」
ディアナ:「いつまでも、そういう言い方は失礼でしょ」
ソシエ:「わかっているから私だってがんばって・・・」
ミリシャ士官A:「高射砲隊を布陣させる!」
ソシエ:「・・・ぶったのね」
ディアナ:「はい。そんな不純な動機でギャバンさんと結婚するというなら、今度はお父様のお叱りだと思いなさい!」
ソシエ:「いじわる!」
ディアナ:「・・・、はっ」

ロラン:「コントローラーを体に合わせると、VRヘッドは?入るか。ホレスさんすごいや。よし、急速ジャンプ!野戦病院は?左?」

グエン:「マリガン司令、こんなに高度を取ったら狙い撃ちされます。電気も消しなさい、姫様もいらっしゃるのですぞ!」
マリガン:「グエン殿にはあの火が見えんのか?」
グエン:「モーターも止めろ!」
飛行船船長:「はっ」
グエン:「4ヵ所か5ヵ所に同時攻撃ですか」
マリガン:「そのようです」
「イングレッサ・ミリシャのミハエル大佐は動いているのか?」
飛行船船長:「動いているようです」
グエン:「ジャラピィ部隊という機械人形の部隊がいるはずだ」
飛行船船長:「無線がよく聞こえんのです」
グエン:「そうか」
「ん?お目覚めか」

リリ:「お声が大きいんですもの。・・・」
グエン:「また焼かれた!」
マリガン:「奴ら!」

ジョゼフ:「逃げるな。俺のモビルスーツは貴様と同じ形なんだぞ。勝負をしろよっ!」
ミハエル:「ジョゼフ!」
ジョゼフ:「は、はい、ヤーニ少尉」
ミハエル:「貴様の使ってる高射砲な!」
ジョゼフ:「はい、大佐ですか?」
ミハエル:「今撃った以上に早く連射できないのか?」
ジョゼフ:「無理です。ミリシャのやつですから、弾送りだってすぐ引っかかるんです」
ミハエル:「考えておく!」
ヤーニ:「敵の奴、ローラがディアナにお供えするって言ってますぜ」
ミハエル:「お供え?」

ミリシャ兵C:「死にやしねえよ!」
メシェー:「生きている人がいたら返事してください!」
「今頃!」
「ロラン、ここの婦長さんに会ったら袋叩きにされるかもしんないよ!」
ロラン:「なんで?」
メシェー:「来る途中でさ、レーダーとかで敵の機械人形見つけられなかったの?」
ロラン:「・・・VRヘッド、本調子じゃないんだ」
メシェー:「そういうんだから疑われたりする、ん?」
婦長:「ヒゲを見たんです、あのヒゲです」
ミリシャ兵D:「せーの、・・・」
ラダラム:「ありゃ、ホワイトドールじゃないですか」
メシェー:「パパ、どうしたの?」
ラダラム:「おお!」
婦長:「じゃあ、ヒゲの機械人形はいっぱいあると言うんですか?」
メシェー:「だって婦長さん、ここを襲った奴があんなにボーっとした顔して戻ってきます?」
婦長:「でもあれだって機械人形でしょ?」
ラダラム:「そうなんですがね」
ソシエ:「メシェー、いいの?」
「ラダラムさん、どうしたんです?」
ラダラム:「イングレッサのミリシャを連れてきたんだろう」
「どうでした、そちらは?」
ソシエ:「・・・」
ホレス:「いくつかの村が、ヒゲのモビルスーツに食料を奪われているようです」
ロラン:「本当なんですか?」
ディアナ:「ほとんど同時みたいですね」
婦長:「キエルさん、遅れてきてよかったわ。あなたのろまだから、今夜来ていたら怪我していたわね」
ディアナ:「わ、私もヒゲさんとすれ違ったんでこられなかったんですよ」
婦長:「そうなの。でも怪我していないじゃない」
ディアナ:「はい」
ホレス:「これはミリシャの分裂を狙っている、子供じみた作戦ですけど、私達のような裏切り者を脅しているのかもしれませんね」
ソシエ:「ホレスさんって裏切り者なんだ」
ロラン:「お嬢さん!」
ホレス:「いやあ、私はマウンテンサイクルの遺跡を調べたいだけなんですよ」
メシェー:「それって、技術者バカにしてもひどすぎません?」
ソシエ:「そ、あたし達は助かってるけど」
ホレス:「裏切りね。困ったな・・・」

ラダラム:「ちゃんと食わねえと、治る傷も治らねえからな」
メシェー:「イングレッサ・ミリシャの補給なんだってさ!ならんで!」
「はい、おなかが弱っている人はこれを飲んで、胃を慣らしてくださいね!」
ソシエ:「どうぞ」
(・・・メシェー、お父さんといると元気だな)
「あっ、ごめんなさい!」

メシェー:「ジャガイモの皮は固いですよ!」
「ソシエ、ホントに結婚すんの?」
ソシエ:「いやだっていう理由が見つからないのよね」
メシェー:「そうか?」
ソシエ:「ん・・・」

ホレス:「出力は50パーセント以下でいいんじゃないかね」
ディアナ:「いいですか、ビームライフルというのは、本来一撃必殺の為の兵器です。ですから、それを使うのはよくよく・・・」
ロラン:「使い方には気をつけますけど、ディアナ様の名前を騙るなんて正規軍じゃありませんし・・・」
ディアナ:「でも、素人の民間人は、何をやるかわかりませんから恐いですよ」
ソシエ:「1人で出撃しようなんて、抜け駆けは許しませんからね!」
ディアナ:「あなた達は野戦病院の守備でしょ!」
ソシエ:「ルジャーナ・ミリシャの命令なんか聞けません!」
ロラン:「ここにも素人さんがいた」
ディアナ:「命令です。ヤコップさんとブルーノさんはギャロップでロランの援護をしてください!」
ヤコップ:「姉さんはミリシャの士官になったのか?」
ブルーノ:「なったのか?」
ソシエ:「聞いてない!」
ディアナ:「ヤコップ!!ブルーノ!!」
「ソシエさんは病院へ戻りなさい!」

ソシエ:「どうして?」
ディアナ:「ギャバンさん達スエサイド部隊が、ヒゲに変装した機械人形を追っています!」
ブルーノ:「じゃ、またね、お嬢さん」
ソシエ:「ん?あっ」

ロラン:「最大ジャンプを」
「VRヘッド。ボルジャーノンチェック、ジャラピィフラットチェック。ボルジャーノン?」


エイムズ:「いつまでもなめるなよカエル野郎!」
ギャバン:「エイムズ、下がれ!」
キャンサー:「おバカさん!」
エイムズ:「ライフルマガジンが自爆です!」
ギャバン:「ちっ、火力の差はどうしようもないか。ホワイトドール?」
キャンサー:「ローラのヒゲ」
ロラン:「聞こえますよね、そのフラットに乗っている方。村を焼き食料を盗むなんて、そんなことディアナ様は許していませんよ!」
キャンサー:「ムーンレィスのヒゲのローラが、そんなこと言えるのか?貴様は裏切って地球人の味方をやっている!」
ロラン:「ディアナ様は戦争は望んでいらっしゃらないんです!」
キャンサー:「わかってるわい!!今度の戦争はローラのヒゲのおかげで大きくなってたって事に、なんで気がつかない、バカ!」
ロラン:「あなた達、地球で暮らしていたムーンレィスなんですか?」
キャンサー:「あたし達は、ディアナ様がこの地球に作る楽園の為の尖兵だ!その誇りだけで生き延びてきた!」
「顔を見せなローラ・ローラ!お前が地球人に味方してる限り、あたし達は地球人を苦しめてやる!」
ロラン:「ミリシャのロランが、ターンAガンダムをあやつっています」
ムロン:「ローラじゃなかったのか?」
ロラン:「ローラであれロランあれ、戦いをお望みにならないディアナ様の心を受けて、あなた方のような方の!」
キャンサー:「黙れ、あたし達レット隊でない奴が、ディアナ様の名を口にすれば敵だ!」
ロラン:「地球に暮らしたなら、地球人になればよかったのに!」
キャンサー:「地球人との共存などありえない!」
ロラン:「ディアナ様が地球の人々を嫌っていたのなら、交渉なんてやらないはずです。もっとひどいやり方で侵攻していました!」
キャンサー:「貴様!」
ロラン:「ぐっ、あなたは、ディアナ様がこの戦争でどんなに苦しんでいるかわからないんだ!」
キャンサー:「ディアナ様が苦しんでいる?」
ロラン:「そうですよ。久しぶりに武器が使えてみんなはしゃいでいるんです。それで話し合いが少しも進まないんでディアナ様はお嘆きなんです!」
キャンサー:「誰が戦争を面白がってるか。ムーンレィスの素性を隠して地球で暮らしてきたあたし達は」
ムロン:「姉さん、援軍だ!」
キャンサー:「・・・」
ロラン:「・・・、お嬢さん?」
ソシエ:「ロラン、死んじゃったの?」
ムロン:「姉さん」
キャンサー:「ムロン、引けーっ!」
ソシエ:「何邪魔するの!?」
ロラン:「フラットはカプルでは無理です」
「メシェー、援護ありがと」

メシェー:「どういたしまして。あ、何、その右手に持っているの?」
ロラン:「ああ、これ、フラットのヒゲですよ」

ロラン:「地球には、もう2代も3代も前から住みついていたんです」
ディアナ:「レット隊、地球帰還者部隊といいましたね?」
ロラン:「はい」
ディアナ:「私が地球に残した部下の末裔。すべて、すべて私が作ってしまった罪」
ロラン:「そうでしょうか?たった2年でしたけど、僕は地球人になれると思っていますし、それでも、ディアナ様を敬う心も忘れられません」
ディアナ:「え?」
ロラン:「ですから、ですから、すべての罪の源が御自身にあるなどとおっしゃらないでください」
ディアナ:「私、戦争の暴走を止める為に一度、月に戻らなければならないと考えております」

次回予告:「ウィル・ゲイムさんの宇宙船が処女飛行をするなら、僕だってフィル少佐達の総攻撃は阻む。ヒゲのビームライフルが飾りでない事を見せてやる。でも、月へ戻る決心をなさったディアナ様はどうお感じになるのだろう。次回、ターンAガンダム『ウィルゲム離陸』。風は大地から離れた」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gundamserifu.blog.fc2.com/tb.php/82-37a9b468
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック