∀ガンダム ターンエーガンダム 第23話 テテスの遺言

ここでは、「∀ガンダム ターンエーガンダム 第23話 テテスの遺言」 に関する記事を紹介しています。
あらすじ:「キングスレーの谷から発掘された宇宙船をディアナ・カウンターは潰しにきた。ブルーノヤコップコンビは、いつのまにか調達した機械人形で戦ってくれたので、ムーンレィスだとわかった。事態は緊迫してきたと感じるのだけれど、ディアナ様は僕の側にいらっしゃるし、ハリー中尉もそれを知ってしまった」

タイトル:「テテスの遺言」


フィル:「あのような敗戦になったのも、身内に敵と通じるような輩がいるからです」
ハリー:「裏切り者がいると言ったらどうだ?」
フィル:「親衛隊の隊長が、なぜ1人でミリシャの発掘現場にいたのか?」
キエル:「あれは私が命じたのです」
フィル:「ディアナ様が?」
キエル:「ミリシャが掘り出した宇宙船の調査の為です」
フィル:「その為にはゼノア隊があります」
キエル:「彼らには新しいマウンテンサイクルの調査に行かせています。貴下らにもミリシャを牽制する任務があれば、余裕のある親衛隊長に動いてもらうしかないでしょう」
ハリー:(お見事ですな、お嬢様)
フィル:「解散!」

子供A:「すごいのー!」
子供B:「何これ自動車じゃないよね?」
子供C:「ホワイトドールっていうんだって」
子供D:「動くのかな?」
子供E:「動かないみたい!」
ミリシャ兵A:「できたてのパンなんて久しぶりだぜ!」
ミリシャ兵B:「ギャロップについてきて良かったなあ!」
テテス:「・・・、はっ、なんだってこんな所にあいつが来るんだよ、まったくさあ」
「こんな事で作戦が駄目になっちまわないよね、ワーニャちゃん」

(テテス):「ワーニャ、地球だよ!」
(リンダ):「・・・、お帰り、テテス」
(テテス):「ねえママ」
(リンダ):「なあに?」
(テテス):「あんなきれいな地球に住んでいたママ、なんで野蛮人なの?」

トロイ:「へえ、テイトさんみたいな人でも人形、持ってんですね」
テテス:「あっ、違うのよ。ゴミの中に父にもらった物によく似たものがあったもんでさ」
トロイ:「おかしかないですよ、女の人なら」
ミドガルド:「トロイ、こんな所にいやがって。運ぶの手伝え!」
トロイ:「すんません!」
ミドガルド:「テイト、工場に入るなら今のうちだ」
テテス:「ああ、すみません!」
ミドガルド:「ミリシャもあんな物を使うようになっていたとはな」
テテス:「ヒゲのモビルスーツ、スモー以上です」
ミドガルド:「らしいな」

キース:「ははははっ、ロランが来てくれるとは思わなかったな!」
ブルーノ:「15、16、17」
ロラン:「フランは来る事はないの?」
キース:「俺がミリシャにもディアナ・カウンターにもパンを売るのが面白くないみたいなんだ」
ディアナ:「だからこそ、この辺りは戦いのない中立地帯になっているのでしょ?」
キース:「あ、ハイム家のお嬢さん?」
ロラン:「そ、そう」
キース:「キース・レジェです」
ディアナ:「キエル・ハイムです。キースさんはよく働いてらっしゃいます。フラン・ドールさんだって、いつかわかってくれますよ」
ロラン:「そうだよ、アメリア大陸中パン屋にしちゃえば、戦争なんてやれなくなるもんな」
キース:「ああ、そうだよな、ははははっ!」
ロラン:「・・・」
ディアナ:「・・・」

ミリシャ兵C:「だからさ、ミサイルとかいうんじゃなくて、爆弾入れておけばいいんだろ?」
ジョゼフ:「ここの噛み合わせを良くしてなにかに使えないか?」
マリガン:「改造するといっても、色を塗り変えるだけだと?」
ミリシャ士官A:「迂闊に機械をいじって、動かなくなったらまずいでしょ」
マリガン:「そりゃあそうだが」
ソシエ:「何やってんです?ギャバン隊長」
ギャバン:「見ればわかるだろう」
ソシエ:「あたしの帽子を繕うなんて」
ギャバン:「プロポーズをしているみたい、か?」
ソシエ:「えっ?はい。いきなりすぎますよ」
ギャバン:「今時はなんでもいきなりだよ。敵の出現も、恋愛も、命のお仕舞いもな。だから、俺は後悔はしたくない」
ソシエ:「でも、あたしは・・・」
ギャバン:「ほら、できた」
ソシエ:「・・・」
ギャバン:「俺はソシエ嬢ちゃんのことはみんな調べたんだけどな」
ソシエ:「ごめんなさい!」
マリガン:「おっ?」
「邪魔したようだな」
ギャバン:「・・・、あ、いえ」
マリガン:「ボルジャーノンとカプルのパイロットがいるのに、改造計画が思わしくないのでな」
ギャバン:「我々は、特攻する事しか考えてませんですから」

スエサイド隊A:「ドンキーのパンか」
ミリシャ兵D:「ここのはいけるよなあ」
ミリシャ兵E:「敵まで買いにくるって話だぜ」
フラン:(パンに罪はないけど)
(この犬も戦災孤児かねぇ。私の写真はこんなのばかり。新聞って、もっと楽しい事いっぱい載っていたよね)
「あの子」

ソシエ:「フラン・ドールさん、ロランはどこに行ったかご存知でしょ?」
フラン:「偵察しながらパンを取りに行ったって聞いたね」
ソシエ:「ギャロップで行ったのならお姉さまも一緒?」
フラン:「でしょ?」

コレン:「・・・」
子供F:「うわーい、うはははっ」
子供G:「行っちゃう」
ディアナ:「すぐに戻ってきますよ」
子供F:「待ってるよー!」
子供G:「ヒゲー!」
子供F:「ヒゲー!」
ミドガルド:「あれが地球に埋まっていたモビルスーツというのか?」
ディアナ:(あの男、脱走してきたディアナ・カウンターの士官?)
子供F:「地面に落ちたのを拾って食べてる!」
子供G:「キースの親方に言いつけるー!」
コレン:「麦の一粒命の元、麦の一粒、はぁーっ」

ミドガルド:「給食がすんだら晩飯用のパンの仕込みをやるから、はりきってくれよな」
工員A:「わかっているよ」
工員B:「大部隊の兵隊さんに食べてもらうんだろ」
ディアナ:「よろしいんですか?」
ベルレーヌ:「どうぞ。お嬢様はこちらでお食事をなさってください」
ディアナ:「あら」
ベルレーヌ:「すぐ帰りますから」
仲介:「ありていに申せば、隣町の薬問屋は大のムーンレィス嫌いなんですよ。まして裏切り者となりゃ、売る薬はないとまで言ってましてね」
キース:「酵母菌は、薬なんかじゃないでしょうに」
仲介:「なに言ってるんですよ。月の軍隊からはふんだくるって噂は、ちゃーんと聞いてますぜ」
キース:「だからって、今日から3倍の値段っていうのは呑めませんね」
仲介:「重曹だって必要なんでしょう?」
キース:「問屋に言ってくださいよ。ディアナ・カウンターに漢方薬納品して3倍儲けているんでしょうから、その分値引きして欲しいって!」
ベルレーヌ:「・・・」
仲介:「かなわねえなあ、キースの旦那には」
ディアナ:「・・・」
仲介:「じゃ、いつもの請求書」
キース:「正直者に福が来るってね」
仲介:「じゃあ奥さん、来月もよろしゅう」
ベルレーヌ:「いいえ、いつもご苦労さまです」
キース:「なんだ、新車買ったんじゃないですか」
仲介:「いやーはははっ」
ディアナ:「よくやってらっしゃる」
ベルレーヌ:「戦争のおかげっていうところが後ろめたいですけどね」
キース:「グエン・ラインフォードは結局、戦争を面白がっている。違いますか?」
ディアナ:「え?というよりも、新しい技術を知って有頂天になっていると感じます」
キース:「それが戦争を拡大させちまうんですよ。軍事技術って、大人の男のおもちゃなんですから。男はすぐにそういう物を使いたがるんです」
ディアナ:「男のおもちゃ。おもちゃを使いたがる。殿方ってそうなんでしょうね」

テテス:「ん?」
コレン:「天の乙女だなあ!」
テテス:「やっぱり!」
トロイ:「テイトさん、どうしたの?」
テテス:「お坊さんにお布施をやるの」
トロイ:「お布施?」
ミドガルド:「どこに行くんだ?」
テテス:「助っ人になりそうな人がいてくれたの」
ミドガルド:「ああ、キエル・ハイムという少女も利用価値あるんじゃないかな」
コレン:「天の乙女は始まりの木の、天の蓑虫にぶら下がり、・・・」
テテス:「どうぞお坊さん」
コレン:「こりゃご奇特な!・・・」
テテス:「ね、あんたさんさ、コレン・ナンダーさんだよね。軍曹さんだよね?」
コレン:「天の乙女さんはお美しい!」
テテス:「ねえ、ちょっと作戦に手を貸してくれないかねえ。そしたら名誉挽回できるしさ。あんただってディアナ・カウンターに、ああっ」
コレン:「ホワイトドールの神様」
テテス:「戻ってきやがった」
コレン:「・・・」

ブルーノ:「目的地に到着!」
ヤコップ:「エンジン絞れ!」
ロラン:「各計器チェック!」
ミリシャ兵F:「チェック、よろし」
工員C:「お帰りなさい。さっ、次の仕込みですよ」
工員D:「今度はディアナ・カウンター用なのかね?」
工員E:「ミハエル部隊ってのはミリシャだろ?」

テテス:「1人でヒゲを盗んだからって、それだけではねぇ」
トロイ:「お1人なんですね」
テテス:「あっ、・・・」
トロイ:「気持ちのいい夜なんで、ちょっと」
テテス:「月が出てないのが残念ね」
トロイ:「そうですね、月っていつも見ていたいですものね」
テテス:「そうよね」
(こんな時にヤコップかブルーノでもいれば、ん?)
トロイ:「ど、どうしたんです、テイトさん?」
テテス:「あんたも帰還民なんだろ?月にはあんまりいい思い出のない」
トロイ:「そ、そうですね」
ブルーノ:「ちぇっ、見せつけやがってよ」
トロイ:「あっ、引っ張らないでくださいよ。ち、地球に来てから、こっちも何もいい事なかったんですよね」
テテス:「・・・、あたしもそうさ」
トロイ:「やっぱりあんたもムーンレィスだったんだ」
テテス:「ふふっ、あんたみたいな人となら幸せになれそうだねえ」
トロイ:「そ、そうですよね」

ソシエ:「ふあーっ、ギャバン隊長か。・・・ロラン、とっとと帰っておいでよ」

アイキャッチ


フラン:「よしよし、ミリシャの整備を受けるフラットの図か」
「露出時間は20秒ってとこかな。でもなー色が変わっちゃうとフラットじゃないよなー」
「あれ?やだこの機体、あたし達が2年前に使った奴じゃない。という事はこの椅子、キースが座っていたのじゃないかな。あぁ・・・、あれから2年経っちゃったか。戦争が始まって、キースは戦争を利用する商売人になっちゃうし、ロランはミリシャのパイロットだし、あたしは出来高払いのアルバイトの新聞記者だもんな。・・・あ」

ジョゼフ:「人様のモビルスーツに座り込んで何してんだ?」
フラン:「ご、ごめんなさい」
ジョゼフ:「ソシエさんと話してたよな?」
フラン:「ええ、フラン・ドール。ジョゼフ・ヨットさんでしょ?ミリシャで初めて、この大型の機械人形の運転手になった」
ジョゼフ:「ロランの事をローラって書いた記者さんだよな?なぜローラにしたんだ?」
フラン:「どうしてって、ディアナ・カウンターには、ロランの名前出さないほうがいいと思ったのよ」
ジョゼフ:「なるほど。あんたもムーンレィスだったんだ」
フラン:「え?」
ジョゼフ:「ここに座っていた座りっぷりとか、ロランの友達だったりとかさ、話しあうじゃない。いいんだよ、帰還民なんだろ?」
フラン:「そのつもりなんだけどね」

ミドガルド:「・・・、動き出してくれたか。成果は起きてからのお楽しみか」

トロイ:「ホントにすいませんね、明日の朝でもよかったのに!」
ロラン:「明日は朝一番でパンをもらったら戻ってきませんから、いいんですよ」
トロイ:「あとは、あの穀物倉庫の一番上にある小麦粉をすくい取っておきたいんです」
「私を入り口に寄せてください!」
ロラン:「こうですか?」
トロイ:「ええ!」
テテス:「ご苦労さん」
ロラン:「ああっ」
テテス:「ロラン・セアック君」
トロイ:「す、すみませんロランさん。僕らにはヒゲの機械人形が必要なんで」
テテス:「あんた、あいつのカバンを取り上げるんだ」
「ロラン!ヒゲの手をコクピットへ寄せな!」
ロラン:「そんな事していい事ないですよ」
テテス:「このヒゲは、ガンダムの系譜のものなんだよ」
ロラン:「ガンダム?」
テテス:「額の刻印はAの文字の逆立ちしたのにも見える。ターンするAにも見えるけど」
ロラン:「バグかエラー表示ですよ!」
テテス:「形式コードだろ、ターンAガンダムとかさ!」
ロラン:「それがなんだってんです!」
テテス:「黒歴史を生んだ張本人、宇宙移民をいじめた張本人のガンダムなんだ!」
「あんた、カバンの中のパソコン、取り上げて!」
トロイ:「は、はい」
「すみません」
ロラン:「だからって、テテスさんがこんな事をして!」
テテス:「これをディアナ・カウンターに持っていけば、ディアナ暗殺以上の手柄になる」
ロラン:「あなた、やっぱりそんな事が目的で地球に?あっ」
トロイ:「これでしょ、高性能なパソコンだ」
テテス:「ご苦労さん」
「今度はロラン君に降りてもらうよ」
ロラン:「操縦できるんですか?」
テテス:「なんだい、その金魚?」
ロラン:「フリーマーケットで買ったんです、昔」
テテス:「子供なんだね」
「トロイさん、パソコンを」
トロイ:「「はい」
「でもさ、俺の知っているテイトさんはやさしいんだよ。今でもぬいぐるみを胸の間に持っているんだ」
テテス:「余計な事を言うんじゃない!」
ロラン:「あっ!」
トロイ:「ああっ!」
ロラン:「テテスさん、ムーンレィスとしての名誉って言いますけど、地球に住むなら、そんな事気にする事ないですよ!」
テテス:「・・・」
ロラン:「うわっ!」
トロイ:「あんたは」
ブルーノ:「あ、お嬢さん、銃声でしたよね」
ディアナ:「ロランの声、聞こえませんでした?」
ブルーノ:「パン工場の奴とヒゲを使うって言ってたんですよね?」
トロイ:「名誉が問題なんでしょ!」
ディアナ:「ブルーノさん、ギャロップを動かして」
ロラン:「ヒゲを盗んで名誉が戻りますか」
トロイ:「もともとはムーンレィスの差別が悪いんだ!」
ブルーノ:「えっ?」
ディアナ:「ヒゲさんは武器を取りに来ます!」
ロラン:「テテスさん!無駄ですよ!」
トロイ:「テテスさんの好きにさせろ!」
ディアナ:「コックピットが開いているなら」
テテス:「下から?・・・、撃たれた」
ディアナ:「ううっ!」
ブルーノ:「左へ切れ左!いつまで寝ぼけてんだ!」
ロラン:「テテスさん、やめてください!」
ディアナ:「・・・、このっ、こいつっ、うっ!」
ロラン:「卑怯でしょ、お嬢さんは返してください」
ディアナ:「うっ」
テテス:「潰れてないよね、お嬢さん」
ディアナ:「ゆるめてください!」
テテス:「ディアナに似た女は頂くよ。ん?」
ロラン:「弾がない。ヤコップさん!」
ミドガルド:「テテス、要領が悪いようだ」
コレン:「おうっ、人の安眠さまたげ・・・」
ミドガルド:「すまない」
コレン:「おお?」
ロラン:「僕を乗せてくれ!」
ディアナ:「おやめなさい!」
テテス:「逃がすか!」
ブルーノ:「うぎゃああっ!」
ヤコップ:「ひいぃっ!」
ロラン:「テテスさん」
テテス:「ハッチを開けて武器をよこせ!」
ブルーノ:「急速加速!」
ヤコップ:「急速減速!」
ブルーノ:「あいつを振り落とせ!」
ロラン:「・・・、う、うわあっ、・・・」
ディアナ:「・・・」
テテス:「ああだめだよお嬢さん」
トロイ:「テテスさん、機械人形を奪えたならいいじゃないですか!」
ミドガルド:「あれがたらしこんだ男か。皆さんご無事ですか?」
ベルレーヌ:「工場長さんもお怪我はありませんか?」
ミドガルド:「はい」
工員F:「旦那さん、みんなおりましたよ」
キース:「そうか、そりゃよかった!」
「工場長、何が起こったんだ!?」

コレン:「ふああーっ」

ロラン:「ホワイトドールから降りてください、テテスさん!」
ヤコップ:「あっ」
ブルーノ:「テテス姉さんっていうんですか?」
テテス:「ふざけてんじゃないよ。ヒゲのライフルとか、シールドを出しな!」
ヤコップ:(俺達を差し置いてヒゲを盗み出したのが)
ブルーノ:(あの姉さんだったの?)
「どうすんのヤコップ?」
ヤコップ:「手伝うしかないっしょ!」
ロラン:「きけませんよ!」
ヤコップ:「ひっ」
ロラン:「そのモビルスーツをディアナ・カウンターに渡してしまったら、地球はめちゃめちゃにされます!」
テテス:「この地球のおかげで、あたしの人生は間違っちまったんだ」
ディアナ:「・・・」
ロラン:「お嬢さんを・・・」
ヤコップ:「あんな汚い手を使う姉さんだった?」

トロイ:「それをやっちゃいけませんよ!あなたはそんなひどいことができるご婦人じゃない!!」
テテス:「何ふざけてんの。ムーンレィスのあのガキがこんなものを持ち出したんで、戦争は面倒になったんだ」
コレン:「あああ、ああっ!」
キース:「工場長!」
ミドガルド:「しゃ、社長!」
キース:「乗ってくれ!」
ミドガルド:「何するんで?」
キース:「穀物倉庫を使わせたいんだ。ロランに気付かせたいけど、どうすればいい?」
ミドガルド:「なるほど」
トロイ:「やめてください、テイトさんのままで結婚しましょう」
テテス:「地球に降りて2、3ヶ月ぐらいの苦労で何言ってるの?」
ディアナ:「あなたのやっている事は、自分に苦労を呼んでいる事なのですよ!月での恨みを持ってくるのではなく、地球の人々の考えを身につけてみませんか!」
テテス:「ムーンレィスになりきろうとしても、先代に地球人がいたおかげで母は苦労した」
ディアナ:「・・・」
テテス:「この恨みは地球人のあんたにはわかるものか!」

ブルーノ:「体当たり?」
ロラン:「ギャロップで体当たりをかけて・・・なんだ?」
ブルーノ:「あの光」
ロラン:「穀物倉庫?」
ブルーノ:「ヤコップ、あそこに近づけろ。姉さんには負けたって言うんだ」
ヤコップ:「だけどヒゲは俺達のもの」
ロラン:「そういう事です、ブルーノさん、ヤコップさん。・・・」

トロイ:「やめましょうよ!ああっ!」
テテス:「逃げるというのなら潰してやるぞ!」
ロラン:「キースのパン工場に迷惑をかけたくないんです。ライフルを出しました。シールドも持っていってください!そのかわり、お嬢さんはここに置いてください!」
「エンジンが調子悪いように見せかけて、倉庫にぶつけたら最大出力だ」


ブルーノ:「倉庫にぶつけたらホバー最大」
ヤコップ:「ホバー最大ね」

ミドガルド:「わかってくれたようです。社長は下がってください」
キース:「気をつけてな」
ロラン:「左手をシールドの内側に突っ込めばはまるでしょ」
ミドガルド:「何者だ?」
コレン:「・・・」
ロラン:「お嬢さんを離してくださいよ!」
テテス:「ライフルを取るときに離すよ」
ロラン:「お嬢さん、潰れてませんよね」
ディアナ:「少しきついんですよ」
ロラン:「お前な、自意識持てよ」
テテス:「お前の女主人は返してやるよ」
ディアナ:「・・・」
ロラン:「・・・」
「うわっ」
テテス:「煙幕?」
ロラン:「・・・」
テテス:「・・・小麦粉じゃないか」
ロラン:「・・・」
コレン:「うはははっ、あわてんなー!この天の乙女を拝んで心やすらかにあれば、始まりの大木に至り、成仏すんぞ!」
ミドガルド:「どうなった?テテスと少年」
トロイ:「テイトさん、降りられましたか?」
テテス:「うっ、邪魔するんじゃない!」
ロラン:「・・・」
テテス:「落ちろっ!・・・」
ロラン:「うわっ!」
テテス:「くっ」
ロラン:「うわっ!」
テテス:「地球降下作戦の先触れに選ばれたお前はっ!!」
ロラン:「うわっ!」
テテス:「下層階級とはいえエリートなんだ!」
ロラン:「・・・、だからって!うわあああっ!」
「テテスさん?テテスさんど、どうなさったんです?テテスさん!」

ディアナ:「ロラン、どうしたのです?ロラン」
ロラン:「あの、目は開いたままです、く、口も開いたままなんです、テテスさん」
ディアナ:「・・・、ひ、額に・・・」
ミドガルド:「・・・」
トロイ:「どうしました?テイトさん、気絶でもしたんですか?」
ミドガルド:「裏切り者のムーンレィスを狙っている狙撃手がいるようなんだな。あんたも気をつけたほうがいい」
トロイ:「そんなばかな!」
コレン:「天の蓑虫になり候。天の・・・」

トロイ:「ディアナ・ソレルが地球視察から帰ってくる時連れてきた地球人の中に、テイト・ハレさんのご先祖がいらっしゃったんですって。それだけの理由で月では迫害されつづけて、名誉市民の資格を得たかったって。そんなのってあるんですかね」
ディアナ:「ディアナ・ソレルが罪の源」
ロラン:「そういう事じゃないですよ、絶対違いますよ。ディアナ・ソレル様は、いつも希望をお示しくださっている方です」
キース:「遺体を車に乗せてやろうぜ」
ベルレーヌ:「キース」
キース:「地面は冷たいよ」
ベルレーヌ:「そ、そうね」
ディアナ:(ディアナ、私の、罪)

次回予告:「ソシエお嬢さんが婚約をなさったなんて、僕にはやけになったとしか思えない。そのうえホワイトドールの偽物まで現れたりすれば、戦いは芳しくない方向に進む。だからディアナ様はある決心をなさった。次回、ターンAガンダム『ローラの遠吠え』。風の出口はあるのだろうか?」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gundamserifu.blog.fc2.com/tb.php/81-a6e02149
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック