∀ガンダム ターンエーガンダム 第20話 アニス・パワー

ここでは、「∀ガンダム ターンエーガンダム 第20話 アニス・パワー」 に関する記事を紹介しています。
あらすじ:「ホバー走行のできるギャロップが手に入ったからといって、戦力が増強されたわけではなかった。ソシエお嬢さんはメシェー・クンとの対抗意識がありすぎて、戦いを急ぎすぎていた。それが助けられたからといって、事態が良くなるものではなかった」

タイトル:「アニス・パワー」

アニス:「バカ鳥め、静かにお飛びぃ!!」

ギャバン:「おかしいじゃないか。敵の機械人形の姿が見えんぞ」
エイムズ:「新型爆弾で、こなごなになったんじゃないんすか?」
ギャバン:「エイムズ、行け!」
エイムズ:「えっ!俺がですか?」
ギャバン:「ルジャーナ魂を見せてみろ」
エイムズ:「・・・もう、人使い荒いんだから」
ギャバン:「こなごなとはいわなくとも、戦う力は残ってないだろう」
エイムズ:「隊長、やはり姿が見えません。うっ、地面から竜巻が起こった!」
ギャバン:「撃て、エイムズ!目の前に機械人形が」
エイムズ:「ギャ、ギャバン隊長!」
ギャバン:「エイムズ!」
「ディアナ・カウンターのカエル頭が、地面の中から出て来ただと。くっ」
「な、はじかれた!?」
エイムズ:「まだまだっ!」
ギャバン:「くっ、後退しろ、こいつは・・・」

ディアナ:「はーい、よく来ましたね。あなたは風船が好きなの?そうではなく美しいものが好きなのかな?ふふっ、きれいな羽。いい子ね。ディアナ・ソレルでも慕ってくれるのね」
ロラン:「直ったんですね!」
ラダラム:「おお」
ロラン:「ルジャーナの援軍にカプルだけで出したのは、まずかったんじゃないですか?」
ホレス:「もう少し出撃を遅らせれば、ホワイトドールも出せたのですがね」
ラダラム:「大丈夫。ソシエちゃんにはメシェーもついてますって」
ロラン:「ラダラムさんは娘さんを信用しすぎで、無茶をさせすぎですよ」
ラダラム:「ま、これも親馬鹿ってやつでしょうな。ははははっ!」
ディアナ:「連絡が来ましたよ。補給は今日、早目に来られるそうです」
ホレス:「後方支援、どんどん良くなりますね」
ラダラム:「グエン氏が工場で増産をさせてんでしょう」
ロラン:「僕、ちょっと気になっている事があるんですけど」
ディアナ:「気になっている事?」
ロラン:「あれ、あの丘の上の一軒家だけ、まだ人が残っているみたいなんです」

アニス:「こら、芋を掘ったら今度は麦の刈り入れだよ!」
ブルーノ:「へへへーい!」
ヤコップ:「へーい!」
ブルーノ:「いつまでここにいる?ヤコップ」
ヤコップ:「あいつが見張ってっからな」
ブルーノ:「何様だと思ってるんだかね、あいつ」
ドンキー:「ヒイイ!」
ヤコップ:「ひいいい」
ブルーノ:「ひいい」
「こんな家で強盗しようとしなけりゃ良かったんだ。ディアナを襲った時に使ったゴッゾーは乗り捨てちまったし。どうすんだ?これから」
ヤコップ:「俺が知るかよ。隙を見て逃げるか」
「いっ」
ドンキー:「ヒイイ!」
ブルーノ:「勘のいい野郎だ!」
ヤコップ:「どうしよう」
ブルーノ:「ぐっ!」
ヤコップ:「おお?」
ブルーノ:「ヒ、ヒゲだっ!」
ヤコップ:「ヒ、ヒゲだっ!」
ブルーノ:「どうする?」
ヤコップ:「逃げるしかない」
ブルーノ:「賛成」
ヤコップ:「家の中に隠れるんだ」
ブルーノ:「ぎゃーっ!」
ヤコップ:「ぎゃーっ!」
ロラン:「あのーごめんください。お話があるんですけれど!お留守ですか?誰もいないならそれでいいんですけれど」
アニス:「誰が留守なもんかい!」
ロラン:「す、すみません!」
アニス:「性懲りもなくこのアニス・ベルを追い出しに来たのかい!」
ロラン:「ア、アニス・ベルさん、ですか?」
アニス:「出ておいきっ!」
「この、この機械人形がっ。畑を荒らす機械なんか出てけこのやろめ!」
ブルーノ:「恐えーよう!」
ヤコップ:「恐えーよう!」
アニス:「見たか、出てけ!オタンコナス!機械人形!空飛ぶ機械に歩く機械なんざ!・・・どうだい恐れ入ったろ・・・、わかったらさっさと尻尾巻いて帰れ!」
ロラン:「お気持ちはわかりますが、困ったな」
アニス:「来るなっ!!うっ、・・・」
ヤコップ:「大丈夫かい?」
ブルーノ:「ばあちゃん、あ、頭打ったか?」
ロラン:「すみません、飛び出してくるなんて思わなかったんですよ」
アニス:「かっ、機械の人形で畑荒らしに来たのか?」
ロラン:「僕はロランです」
アニス:「えっ?」
ロラン:「この辺りで残ってるのは、おばあさんのお家だけなんです」
アニス:「だからなんだっての?」
ロラン:「ここは危ないんです。月の軍隊が近づいてて、急いで逃げないと、・・・」
ブルーノ:「あ?」
アニス:「ん?」
ロラン:「だって、おんなじとこにコブが」
ブルーノ:「ひゃははははっ!」
ヤコップ:「なははは、コブコブ!」
アニス:「何がおかしいんだ。あいた、安っぽい連中だ」
ロラン:「立ち退かないと命危ないですよ!」
ヤコップ:「あ、お前ムーンレィスのローラだろ?」
ロラン:「あ、はい」
ヤコップ:「どうする?」
ブルーノ:「ああ」
アニス:「こいつらもそのなんとかレィスで家に押しこんだんで、手伝いさせて性根を入れ替えてやってんだよ」
ロラン:「手伝い?」
アニス:「見りゃわかるだろ。この畑をおっぽり出して逃げちまったら、ご先祖様のバチがあたるわさ」

ギャバン:「どうやったら奴らを止められるんだ?遅いぞ、イングレッサの嬢ちゃん達」
「ヒゲは来ないのか?」
ソシエ:「あたし達だって戦力の一部です!」
ギャバン:「新手の部隊だ。妙な兵器でバンバンはじかれる。逃げるの手伝え!」
ソシエ:「逃げる?」
ギャバン:「強いんだよ、あいつら」
ソシエ:「グエン様から秘密兵器を預かってきたのよ。やってみせるわ」
ギャバン:「なんだその粉?山師が使う土地を良くする粉みたいだな」
メシェー:「来たわよ、ソシエ」
ソシエ:「下がって!」
ギャバン:「がっ、き、木も燃え出した。あ、あちいぞ!」
ソシエ:「ムーンレィスの技術者の工場で作った爆薬。高熱を出すのよ」
メシェー:「な、なんなのあいつら?」
ソシエ:「あの機械人形、あんな事ができる物だったの?」

アニス:「まったく、ミリシャかムーンレィスか知らないけど、戦争するから場所をあけろなんてどの口で言うのかね?」
ロラン:「そうは思いますけど、あんな大きな機械人形がいっぱい来るんですよ」
アニス:「だーからって、はいって聞けるかい?」
ロラン:「でも、この丘の向こうの川が、今戦場になっているんです」
アニス:「ああ、刈り入れを済ませたらとりあえずどっか行くよ」
ロラン:「すみません、いくらでも手伝いますから。急ぎましょうね」
ブルーノ:「ほんとかな、ばあさん?」
ヤコップ:「うそだよ。あのばあさんロバと一緒で、相当の頑固もんだぜ」
ブルーノ:「ヒゲのパイロットって、俺達を捕まえに来たんじゃなかったんだ」
ヤコップ:「奴さ、あれ女が変装してんだよな?」
ブルーノ:「そのはずさ」

ミリシャ兵A:「オーライ、オーライ、オーライ、オーライ」
ラダラム:「これで当分、武器や食料も心配せんでいいな。キエルさん、ロランは帰ってきましたか?」
ディアナ:「いいえ、まだです」
ラダラム:「補給が終り次第、ギャロップも援護に向かったほうがいいかと考え直しましてね。艦長は呼び戻さないと」
ディアナ:「私が参りましょう」
ラダラム:「お嬢さんが?」
ディアナ:「車を使います」
ラダラム:「えっ、動かせるんですか?」
ディアナ:「ご存知ありませんでした?」

ブルーノ:「えっしょ、・・・あ?」
ヤコップ:「えっしょ、あ?」
ブルーノ:「ディ、ディアナ・ソレル!」
ヤコップ:「なわけないだろ」
ロラン:「キエルお嬢さん」
ディアナ:「ロラン、急ぎましょう」
ブルーノ:「お嬢さんだって」
ヤコップ:「にしても似てる」
ロラン:「ギャロップの援護は必要だと、ラダラムさんが?」
ディアナ:「ソシエ達も無茶な戦いはしないと思いますが、念の為」
ロラン:「わかりました。でも、あとほんの少しいけませんか?」
ディアナ:「えっ、あと少し?」

アイキャッチ

ディアナ:「そうです。私はロランの主人です。あの少年は本心からおばあさんの体を心配しているんですよ」
アニス:「ちょいとポーっと抜けてる気もするけどね。ほら、これがあんたが見たいって言ってたハーブさ」
ディアナ:「ソレル。この草をソレルというのですか?」
アニス:「草じゃない、ハーブだよ。サラダでも食べるけど、ガリアじゃソレルのスープは珍重されるらしいね」
ディアナ:(地球には私の名前の野草があったとは言うけれど)
アニス:「こっちはアニス。私の名前はこれから取ってんだよ。甘い香りがしてねえ、ケーキに使えるし私そっくりだろ」
ディアナ:「・・・ここの暮らしは素敵ですね。生きた土と水の香りがします」
アニス:「ソレルってさ、月の女王様の名前だね」
ディアナ:「えっ、はい」
アニス:「その女王がここに来たくなっちまったのは、この為かね?」
「月の世界ってきれいなお城みたいなもんなんだろうに、なんで降りる気になったのかね?」
ディアナ:「ムーンレィスはお嫌いですか?」
アニス:「一生懸命守ってきた土地を土足で踏みにじろうって奴は、みんな嫌いだよ」
ディアナ:「そうですよね」
アニス:「この土地だって1500年ぐらい前までは、なんにもとれないひどい土地だったんだよ。ご先祖さん達は山師達から黒い粉を買ったりして、それは苦労してこの土地を育てたんだよ。あたしの土地は殺せないよ。たとえ相手が月の女王様だってね」
ロラン:「・・・」
アニス:「ずいぶん遅かったね」
ロラン:「すみません、ちょっと手間取っちゃって」
アニス:「私は目が弱って読めなくなっちゃってさ。へっ、鳴ってるよ。壊れてたのに」
ロラン:「直しました」
アニス:「余計な事を」
「これ、読んどくれよ」
ディアナ:「はい」
アニス:「娘からの手紙でね。あ、あんた、読めんだろ?」

ブルーノ:「おめえはあのキエルっての、ディアナ様だと思わなかったか?」
ヤコップ:「俺達を捕まえに来たのかって思ったもんな」
ブルーノ:「で、俺いいこと考えついちゃったんだ」
ヤコップ:「わかってるって。あの白ヒゲが使ってるホバークラフトがこの近くにいる」
ブルーノ:「そ、それだよ。麦を手土産に」
ヤコップ:「ごっそりいただく」
ブルーノ:「あ?」
ドンキー:「ヒイイ!」
ヤコップ:「ぎゃああっ」
ブルーノ:「ぎゃああっ」
ロラン:「あ?」
ブルーノ:「また噛まれた」
ヤコップ:「やったなこのバカロバが」
ブルーノ:「ひゃーっ」
ヤコップ:「逃げろ逃げろ」
ロラン:「にぎやかな人達だなあ」

アニス:「なんたってひどい事になったもんだ・・・」
ディアナ:「そんなに心配なさらなくても、大丈夫ですよ」
ロラン:「ど、どうなさったんですか?」
アニス:「私の娘だよ。都会に働きに出て、そこでパン職人と一緒になって店持って、孫もできた」
ディアナ:「それで安心できるようになったんですけれど」
アニス:「旦那が怪我してすっかり元気なくしちまったっていうんだよ」
ロラン:「・・・」
ディアナ:「このままでは、使用人も入れて4人が路頭に迷うって」
アニス:「それもこれも月の軍隊が来たせいさ。ディアナ・ソレルって女のせいなんだよ。娘達はひどいありさまになっちまって、ノックスにいるんだからね」
ロラン:「僕の友達もいた所ですけど、無事だったんですよ。娘さん一家もとうに疎開して暮らしていますよ」
アニス:「そんな事どこにも書いてなかったろ」
ディアナ:「おばあさん、もう一通手紙があります。この消印は新しいですよ」
ロラン:「お母さんお元気ですか。この手紙は疎開先から書いています」
アニス:「ほんとの事なんだね?」
ロラン:「本当ですよ。ああっ、ベルレーヌと力を合わせてくれるキース・レジェには商売の才能があって、週ごとにきちんと仕送りをしてくれています」
アニス:「作り話を!」
ロラン:「書いてありますもの」
アニス:「ふん、使用人のくせに読めんだ」
ロラン:「お孫さんとキースは、サンベルトに出稼ぎに行ってますって」
アニス:「出稼ぎ、なんて可哀想に」
ロラン:「違うんですよ。2人の仲がいいんで、パン焼きの修行に出してやってんですよ」
アニス:「じゃあ、まだキースは商売できないんじゃないのか?」
ロラン:「パンを焼いて稼ぐには、人の多い所が一番です。商売が成功したら、お母さんもお祝いに来てくださいませって」
アニス:「馬鹿、大事な孫だよ。どこの馬の骨ともわからない奴にやるってのかい。私は認めないからね」
ロラン:「使用人は頼り甲斐もあり、気に入るでしょう。お母さんもお達者で」
アニス:「まったく悪い事ばかりじゃないのは良かったけど、婿ぐらいちゃんとした男にしてほしいね!」
ディアナ:「・・・」
ロラン:「・・・ミサイルの炸裂音?」
ディアナ:「ロラン」
ロラン:「ソシエお嬢さん達が押されているんです」
「おばあさん、ここは戦場になります」
アニス:「ここが?」

キャンサー:「ムロン、聞こえるね?」
ムロン:「はーい」
キャンサー:「ミリシャを追い払ったら、フィル少佐に収穫部隊を送ってもらえ」
ムロン:「火攻めにされた借りは返しておきたいんですが」
キャンサー:「畑は焼くんじゃないよ」
ムロン:「わかってるって。わあ、なかなかいい色じゃないの」
キャンサー:「地球に帰化したレット隊の力は、正規軍の連中にも見せておかないとね」
ムロン:「ディアナ・カウンターに戻る以上は手柄をたてる。わかってますぜ、キャンサー隊長」
ソシエ:「形が変わった?」
メシェー:「あいつ、攻めて来られるの?」
「ソシエ、退却したほうがいいわ!」
「うわあああーっ!!がっ!」
ソシエ:「メシェーがやられた!」
ギャバン:「ソシエ伏せい」
ソシエ:「メシェー!どうしたの?起きなさいメシェー!」
ギャバン:「ソシエ、後退しろ!」
ソシエ:「返事がないのよ!」
ロラン:「ソシエお嬢さん、下がってください!」
ソシエ:「メシェーがやられたの!近くにいるのならさっさといらっしゃい!」

ブルーノ:「あんなにミリシャがいるんじゃ、簡単には盗めっこないぜ」
ヤコップ:「マヌケ。連中は補給したんだよ、終わればいなくなる」
ブルーノ:「だったら荷物運びを手伝えばいいんじゃねえかよ!」
ヤコップ:「あ、そうか」

ディアナ:「後生ですから、ここから逃げてください」
アニス:「・・・」
ディアナ:「戦場にならなくても、砲弾が飛んできたら死ぬんですよ」
アニス:「いやだーっ、離さないよ。・・・」
ディアナ:「あっ、・・・」
アニス:「わたしゃ、小さな思い出の詰まった畑で死ねれば本望なんだよ!」
ディアナ:「ロバさんだって逃げようって言ってます、ああっ」
アニス:「うっ」
ロラン:「流れ弾なんか。来るなーっ!!」
アニス:「土地をつぶす奴は大馬鹿もんだ」
ディアナ:「おばあさん!」
アニス:「おまんまを誰から頂いてると思ってるんだ!この土っころがみんな作ってくれんだよ!・・・宇宙人の奴!宇宙人には土地の事がわかっちゃいない!お前らなんか出てけーっ!!」

ギャバン:「限界か」
ロラン:「まだです!」
ギャバン:「なに?」
ロラン:「戦争するんなら、場所を選びなさいよ!」
ムロン:「何をーっ!!」
ロラン:「撤退してください。でないとサーベルで刺します!」
ムロン:「ヒゲのモビルスーツ。なんでフラットの特性を知っているんだ?」
キャンサー:(ミリシャのエースモビルスーツが相撃ちの覚悟をしている)
「信じられるか。ムーンレィスの裏切り者のあやつるヒゲ。こちらが引いてみせればそのフラットを殺すんだろ!」
ロラン:「そこまで堕落するムーンレィスはいませんよ」
キャンサー:「足蹴りは余分だ、ヒゲめ。あたし達は先祖がムーンレィスだという事を忘れないできた。この事、きちんと落とし前はつけさせてもらう!」

ディアナ:「ロラン!」
アニス:「またハーブ畑に足を踏み入れやがって」
ロラン:「申し訳ありません。おばあさん、布と添え木になるものを貸してください」
ディアナ:「骨折しているのですか?」
ロラン:「わかりません」
ディアナ:「ソシエさんは大丈夫だったのですね?」
ソシエ:「メシェーを守れなかったのよ。出来の悪い妹で悪かったわね」
ディアナ:「何を言うのです。出血がひどいわ」
ソシエ:「お姉さま?」
ディアナ:「あのおばあさんの所へ行って!」
アニス:「まったく。血を止めるにはこの薬草を傷口に貼り付けるの!」
ロラン:「はい」
アニス:「すぐ行くの!」
ロラン:「はい!」
アニス:「そこの嬢や!」
ソシエ:「は、はい!」
アニス:「ほら添え木!」
ソシエ:「あっ!」
アニス:「まだ!」
ソシエ:「えっ?」
アニス:「添え木を押さえる布がいるだろ」
ロラン:「キエルお嬢さんにできるんですか?」
ディアナ:「馬鹿にして!」
ソシエ:「あ」
アニス:「ほらよ」
ソシエ:「ありがとうございます」
アニス:「機械人形かねえ」
ソシエ:「はい」
ロラン:「ありがとう」
「ありがとうございます」

アニス:「うん」
ディアナ:「馬鹿にしないでください、これくらい」
ギャバン:「すまなかったな。またヒゲに助けられるとはな。そのお嬢ちゃん大丈夫なのか?」
ソシエ:「ありがとうギャバン。メシェーは強い子よ!」
ギャバン:「もう飛行船のほうに戻っても大丈夫だ。敵は戻ってくる気配はないぜ」
ロラン:「ありがとうございます、ギャバン・グーニーさん!」
ギャバン:「うん、じゃあな、ローラさんよ」
ソシエ:「・・・」

メシェー:「情けないけど戦線から離れるよ」
ソシエ:「いいのよ」
ラダラム:「親馬鹿を笑ってくれていいぜ」
ソシエ:「笑いませんよ、あっ」
ドンキー:「ヒイイ!」
アニス:「ほら、乗って」
ディアナ:「この土地だけでなく、ほかにもおばあさんの助けを待っている土地はあるんですから。いつまでもお達者で」
ロラン:「そうですよ、アニスおばあさん」
アニス:「そのつもりさ」
「これ、とっととお入り」
ロラン:「さようなら」
ソシエ:「お元気で」
アニス:「この子の名前が付いてるパン屋を見つけとくれ。ドンキーだよ!」
ロラン:(おばあさん、そのお店は僕の友達がやっている店なんです。キースならきっといいお婿さんになりますよ)

次回予告:「いやしくも月の女王であらせられるディアナ様が、傷を負った兵士達の世話をしたり、汚れ物の洗濯をなさったりする。リリ様が紹介なさったらしいけど、手術にも立ち会われるディアナ様に僕は何ができるというのだろうか。次回、ターンAガンダム『ディアナ奮戦』。ご褒美はシャボン玉の風」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gundamserifu.blog.fc2.com/tb.php/78-d1518078
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック