∀ガンダム ターンエーガンダム 第17話 建国のダストブロー

ここでは、「∀ガンダム ターンエーガンダム 第17話 建国のダストブロー」 に関する記事を紹介しています。
あらすじ:「キエルお嬢様はお優しい。それはソシエお嬢様だってそうで、ウィル・ゲイムさんの戦死に深くお嘆きになった。不思議なのは、あのテテス・ハレさんの姿が見えなくなっていた事で、僕にはそれがちょっぴり気になっていた」

タイトル:「建国のダストブロー」

技術者A:「あああっ、また光った」
キース:「雷ですって」
技術者A:「ミリシャの秘密兵器じゃないんですか?」
キース:「ミリシャがそんな物造れますか?」
技術者A:「よりによって、なんでこんな日を選んだんです?」
キース:「こんな日だからですよ」
技術者A:「ああっ、前!」
キース:「うわっ!」
「こういう嵐の日だから、ルジャーナ・ミリシャのムーンレィス狩りもお休みなんです」

技術者A:「そのルジャーナなんとかに見つかったら、どうなるんです?」
キース:「そりゃ、捕まって殺されるでしょ。あなた達、敵だから」
技術者A:「まま、前っ!」
キース:「えっ?」
技術者A:「火が!」
「・・・狙われてますよ!」
キース:「近くに落ちたんです。落雷」
技術者A:「ビーム兵器のビームが当たった時と同じじゃないですか」

ロラン:「あー、びっくりした。雷に撃たれても平気なんだ、こいつ」
「ん?キース、来てくれた」

技術者A:「ホワイトドール、湯気吹いてますよ」
キース:「はははっ、落雷にあったんだ」

ヤーニ:「誰の車だ?」
ミリシャ兵A:「ルジャーナのララ様じゃないの?」
ヤーニ:「ルジャーナの領主の娘?」
リリ:「ご苦労さま。イングレッサの兵隊さん」
ミリシャ兵A:「ははっ、どうも、・・・」
ミリシャ兵B:「ははっ、どうも、・・・」
ヤーニ:「ご苦労さんです、・・・」
ミリシャ兵A:「うっ」
ヤーニ:「リリ・ボルジャーノだろ」

ミハエル:「あなたのお望み通り、お力をお貸ししましたぞ」
ディアナ:「・・・」
リリ:「あたし、グエン様のお役に立てたってこと?」
グエン:「こちらに向かうムーンレィスの技術者の護衛に、ホワイトドールを出してくれたんだ」
リリ:「でも、あの機械人形はグエン様の物でしょ?」
グエン:「それは、ミリシャが私の指揮下にあった頃の事だ。な、ミハエル大佐」
ミハエル:「・・・」
グエン:「ここは攻めに転じましょう」
リリ:「・・・」
グエン:「新しく見つかったマウンテンサイクルも私に任せてくれれば、今までより早く戦力を整備することができると思うな」
ミハエル:「その自信はどこから来るのでしょうかな?グエン殿」
リリ:「大佐殿、そのおっしゃりようは失礼です」
グエン:「ははは、私を家柄だけの男だとお思いか?」
ミハエル:「実業家だとは存じております。だがしかし、機械の事は月の民にはかないません。手持ちの駒に裏切られぬようしっかりと手綱を握られたい」
グエン:「ご忠告はありがたく受け取るよ」
リリ:「・・・」
グエン:「な、何、か?」
リリ:「お父様の所へグエン様宛ての手紙が届いていたから、あたしが預かってきたのよ。お目通しになった方がよろしいんじゃないでしょうか?差出人は、ディアナ・ソレル」
ディアナ:「え?」
グエン:「見せてください」
リリ:「ならあたしを捕まえてちょうだい!」
グエン:「いたずらな方ですね」
リリ:「ほら、ここ」
ディアナ:「・・・」
グエン:「おたわむれを」
リリ:「何をおっしゃる。子供の頃のお返しですわ。・・・はいこちら、ほら、こっちです」
グエン:「いいかげんに」
リリ:「いいかげんではございません、あたしは本気!」
ミハエル:「おお、私もグエン殿にお渡しする手紙を預かっております」
グエン:「大佐も?」
リリ:「グエン様を必要とする方がまだまだいらっしゃる証拠ですわ」
ミハエル:「これもディアナ・ソレルからの物ですな」
ディアナ:(私の名前の手紙がそんなに多く出ているとは)
グエン:「建国宣言の式典だと?」
ディアナ:「建国宣言?」
ミハエル:「誰が?」
グエン:「ディアナ・カウンターがです」
リリ:「なんでそんな事ができるんです?」
「じゃあこれも?同じ封筒で同じような招待状ね」

ミハエル:「開封してよろしいでしょうか?」
グエン:「構わん。サンベルト一帯をディアナ・カウンターの統治下に置くなどと」
リリ:「こんなの燃やしちゃえ!」
グエン:「それはいけません、リリ・ボルジャーノ」
リリ:「なぜです?サンベルトはルジャーナ領には関係がないけど、これを認めたら次はあたし達の領地だってディアナ・カウンターの物になります」
ディアナ:(そう考えられても仕方のないこと。こんな事を地球人のキエルさんは認めたのでしょうか?ミラン達に認めさせられた?)

ブルーノ:「ヤコップ、手を貸せ。ウァッド隊の連中を呼んでこい。うわっ!」

ヤコップ:「ブルーノ、こんなのやってらんねえよ!」
ブルーノ:「まったくだ。誰も手伝ってくれねえしよ!」
テテス:「まったくさ、なんてアナクロなモビルスーツを働かせてんのかね。ああいうのに乗せられているパイロットは、かわいいもんさ」

ミラン:「建国宣言の式典の招待状はラインフォード卿と連絡が取れると思われる所にはすべてにお送りしました」
キエル:「ノックス崩壊後、どこにいらっしゃるのか。それでわかるとよろしいですね」
ミラン:「はい」
キエル:「ご苦労さまです」
DC兵A:「ディ、ディアナ様、ブリッジはまた恐ろしいです!」
ミラン:「なぜだ?」
DC兵A:「まるで、ビーム砲の射撃です!」
ハリー:「ビームキャノンだと?」
キエル:「地球でのダストブローの時の雷は、このようなものです。ソレイユには避雷針だってあるではないですか。地球の気象は月の人工的なもの以上の破壊力がありますが、これはたいしたものではありません」
DC兵B:「こ、これでですか?」
キエル:「はい」
DC兵C:「き、来ます、竜巻です!」
キエル:「あっ」
ハリー:「貴様、ディアナ様にぶつかって、ん?」
キエル:「テントはモビルスーツに押さえさせなさい!」
DC士官A:「ウォドム、ランチを支えてろ!」
DC兵D:「い、嫌だあ!こんなの!この嵐は地球人が呪いで起こした嵐なんだ!これではやられてしまう!」
ミラン:「くだらない事を言わせるな。医務室へ連れて行け!」
DC兵E:「は、はい、でも」
キエル:「呪いですか」
ハリー:「笑い事ではありません。月の自然現象といえば真空で、これは静寂の中で遭遇する危機です。このような騒乱を知らないのがムーンレィスです」
キエル:「私が出向いて言い聞かせましょう」
ハリー:「どちらへ?」
キエル:「船2隻のすべての部所へ。地球人が呪いで嵐を起こす事などありえないと教えるのです」
ハリー:「ディアナ様!
キエル:「竜巻はあと一息で行ってしまいます:」
ハリー:「しかし外に出るのは」
キエル:「迷信は解き放つ必要があります!」

ジョン:「ミハエル大佐の行く先を探れなんてなぁ」
エイムズ:「ほんとだぜ。こそこそ嗅ぎ回るなんて俺達の仕事じゃねえよな」
ギャバン:「後ろの2人、聞こえてるぞ!」
ジョン:「あっ、失礼しました」
ギャバン:「しかし、ほんとにマリガン中佐もいったい・・・」
スエサイド隊A:「ギャバン隊長、見てください」

キース:「絶対動くなよ、車ごと河に流されるのはごめんだからな」
ロラン:「摘み上げて右から左に運ぶほうが面倒なんだから、早く渡ってくださいよね!」
技術者B:「恐ろしいものですね。ダストブローはあんな橋でも落としてしまうんですね」
キース:「ありゃ、ディアナ・カウンターの爆撃でやられたんだよ」
技術者B:「そうなんですか?」
キース:「ん?ありゃ、ルジャーナのモビルスーツだ」
技術者B:「ルジャーナ?ムーンレィス狩りをやっているっていう人達でしょ?」
キース:「おかしいな、こんな日にもムーンレィス狩りか?」

ロラン:「僕はロラン・セアックですけど」
ギャバン:「わからん話だな。女だと思えばソシエというし、ローラだと思えば男で、ロランだという。ヒゲの機械人形のパイロットのローラ・ローラってどこにいるんだ?」
ロラン:「そんなの知りませんよ、新聞記者が勝手に書いてるんですから」
ギャバン:「ふん、まあいい。お前らトラック隊は何者なんだ?」
キース:「今度パン工場を作るんで、ノックスで募集した工員です。魚屋も肉屋もいるし、疎開ですよ、疎開」
ジョン:「ムーンレィスがいるんじゃねえか?」
キース:「馬鹿言わないでくださいよ!」
ギャバン:「君達が気がつかないだけじゃないのか?」
ロラン:「僕らがそんなぼんやり者に見えますか?」
スエサイド隊A:「結構数がいますね。駐屯地に連行して調べましょう」
キース:「オーナーとここで落ち合うことになっているんです。他に行っている時間なんてありません」
ギャバン:「よーし、こうしよう。私のボルジャーノンと力比べをして、君が勝ったらこの場を立ち去ろう」
ロラン:「ボルジャーノンって、その機械人形ですか?」
ジョン:「そいつはいい。どっちが強いか見てみたいな」
ロラン:「無思慮な事だと思いますけど」
ギャバン:「ふっ、かなり歩み寄っていると思うな」

ブルーノ:「待てーっ、晩飯になる奴!」
ヤコップ:「ブルーノはさ、腹たたねえのか?」
ブルーノ:「何が?」
ヤコップ:「コレン軍曹がいなくなって万々歳だと思ってたらよう、ディアナ・カウンターの連中の態度が冷たくなりやがってよ」
ブルーノ:「あいつらエリートだってんで、俺達のこと馬鹿にしてんだ!ちっ」
ヤコップ:「無駄に体力使うなよ、腹へんぞ」
ブルーノ:「もう減っちまったよ、あーあ」

ギャバン:「ではよろしいな、ロランだかローラだか知らんが!」
ロラン:「まったく。話のわからないお方だ」
技術者C:「地球人って喧嘩っぱやいんですね」
キース:「口のきき方には気をつけろ!」
技術者B:「ロランさんが勝ってくれなければ、我々はルジャーナ送りになるんだ」
スエサイド隊B:「ルジャーナの男、見せてやってください!」
ジョン:「ヒゲ野郎をやっちまえーっ!」
キース:「頼むぜ、ロラン!」
技術者D:「やれっ、ホワイトドール!」
ヤコップ:「騒々しいと思ったら」
ブルーノ:「ヒゲの奴が決闘か?」

アイキャッチ

技術者C:「これ負けたら捕まっちゃうんですか?」
キース:「大丈夫だったら。絶対勝つさ」
ヤコップ:「肉だぜ、ブルーノ」
ブルーノ:「ははっ、トラック一杯肉か?」
ロラン:「な、なんだ?ホワイトドールは反発力が弱い?ほうとては無理なのか?」
ギャバン:「見掛けほどの抵抗力はないと見た!」
ロラン:「ようし、やってみよう、ホワイトドール!」
ジョン:「隊長、足を使うんだ、足!」
キース:「大丈夫なのかよ?あっ?」
技術者B:「ト、トラックが!」
キース:「泥棒だ!」
技術者B:「肉を盗まれた!」
ロラン:「泥棒?」
ギャバン:「逃げるのか?男同士とは言わんが、機械人形同士の勝負を放り出して!」
ロラン:「わからない方ですね、生活がかかってるんです。トラック隊の人たちはスパイをする為に移動したりしてるんじゃないんですよ!」
ジョン:「じゃあトラック隊の連中は人質にするし、尋問もするぞ」
リリ:「人質とはどういうことかしら?」
ジョン:「うっ」
リリ:「スエサイド部隊は民間人をいじめる部隊なんですか?」
ジョン:「リリ・ボルジャーノ様。な、なんでこんな所に?」
リリ:「戦時中です。大人気ないことをするギャバン・グーニー、顔を見せ!」
ギャバン:「ひ、姫様がこんな前線にいらっしゃってるんですか?」
リリ:「お前達のようなはねっかえりがいないかどうか監視する。そんな仕事、あたしにまで押し付けられてるんですよ。そうでなければグエン様のお供ができたのにさ」

グエン:「ぼんくら領主どもめ。私が交渉の席から外れた途端に何もしていなかったとは。あきれ果ててものも言えん」
ディアナ:(キエルさんには、進んでいってしまう事態を止める力などは、ない。それはわかりますから)
グエン:「式典前に、なんとかしてミラン執政官か、ハリー中尉に会って・・・」
ディアナ:「いいえ、なんとしてでもディアナ・ソレルでなくてはいけません。彼女に会うべきです!」
グエン:「ん?しばらくお会いしない間に、キエルさんは変わりましたね」
ディアナ:「そうでしょうか?」
グエン:「はっきりものをおっしゃられる。その気勢は、私には心強い」

ブルーノ:「肉だい肉だい、ヤホーッ!」
ヤコップ:「やったぞ、ヒャハハハーイ!ヤホーッ!ややっ、ヒゲ野郎が追っかけてきた!」
ブルーノ:「ちっ、執念深い奴だ!」
ヤコップ:「森に飛び込むんだ!」
ブルーノ:「とりゃーっ!」
ロラン:「怒りはしません、叱りませんから荷物だけは返してください!」
「ごめんよ。ちょっと通してほしいんだ」
「だめだ、みんなを驚かしたり、木を倒してまで追いかけるわけにはいかない」


ヤコップ:「はははっ、撒いたぜ、ヒゲのモビルスーツを」
ブルーノ:「へへへへっ、な、なんだこりゃ、モビルスーツの部品じゃねえのか?」
ヤコップ:「こっちは記憶パネルだ」
ブルーノ:「しかもディアナ・カウンターの物だぞ」
ヤコップ:「じゃあ、このトラックの奴らは泥棒だったのか?」
ブルーノ:「いや、違うかもなー」
ヤコップ:「泥棒でなくてなんだってんだ」
ブルーノ:「ムーンレィスの技術者ってことも考えられる」
ヤコップ:「なにーっ!?」
ブルーノ:「腹の足しにもなりゃしねえ」
ヤコップ:「じゃ、これ持ってソレイユに戻るか?」
ブルーノ:「嫌だ!メシは食えるかもしれないけど、ソレイユのエリート連中の所へは戻らない!」
ヤコップ:「いいように使われて死にたかないもんな。うーん・・・」
テテス:「飯なら食わしてやるよ」
ヤコップ:「えっ、ぬあっ・・・」
テテス:「・・・」
ブルーノ:「テテス姉さん、姉さんだよね!」
テテス:「ブルーノかい?」
ヤコップ:「は?」
ブルーノ:「ははははっ、わーい!ははははっ!」
テテス:「はしゃぎすぎだよブルーノ!」
ブルーノ:「姉さん地球へ来てたなら言ってくれればよかったのに」
テテス:「あんた達がいるなんて知らなかったのさ。お食べよ」
ヤコップ:「く、食いもんなら喜んで」

ヤコップ:「ディアナ様を暗殺する?」
テテス:「そうさ。あんた達だって思わないかい?ディアナ様がいようがいまいが関係ないって」
ブルーノ:「どっちにしろ、俺らつまはじき者だもんな」
ヤコップ:「だからって、なんで姉さんがそんな役回りを受けたんです?」
テテス:「それが成功すれば、あたしは名誉市民になれるのさ。そしたらねえ、3人で一緒に地球で静かに暮らさないかい?楽しい暮らしがしたいんだよ、あたし」
ブルーノ:「その3人ってのは、あの、もしかして・・・」
テテス:「ふっ、他に誰がいるんだい」
ブルーノ:「そんなーっ!」
ヤコップ:「へへっ、俺はコレン軍曹なんかの為に命を捨てるのはまっぴらご免だったけど、姉さんの為ならこの命、賭けてもいいぜ!」
ブルーノ:「俺のほうをあてにしてくださいよ!」
ヤコップ:「嵐のせいで警備も混乱している。やるなら今だな!」

ロラン:「よーし、キース達は行ってくれた。スエサイド部隊も帰ってくれたなら、ん?敵機キャッチだって?質量とシルエットが同じならゴッゾー?コレンといた機体が2台?」
ブルーノ:「なあヤコップ」
ヤコップ:「なんだよブルーノ?」
ブルーノ:「テテス姉さんがいりゃあ、もう一度ガンダムって奴とも戦ってよう!」
ヤコップ:「今はソレイユに戻る方が先だろ?」
「姉さん、落ちないでくださいよ」
テテス:「行ってくれていいよ」
ロラン:「・・・、あいつら手に何を乗せてるんだ?・・・テテスさん?あのテテス・ハレさんがあいつらに捕まってるんだ!」
「あんなモビルスーツを使う奴は・・・跳躍力はホワイトドールの方が上だ。追いつける」
「テテスさん、今助けてさしあげます!」

ブルーノ:「あ?なんの音だ?あっ、ヒゲ野郎」
ヤコップ:「二手に分かれるぞ。俺は森の中を走る。ヒゲをソレイユの近くまで引きつけろ!」
ブルーノ:「その後どうすんの?」
ヤコップ:「また連絡する!」
テテス:「ディアナを巻き込むんだ!」
ヤコップ:「わかってます姉さん!」
ロラン:「あれ?1機だけになったぞ。もう1機とテテスさんは?」
「だめだ、あいつを追わなきゃ。ん?ソレイユがこんなに近くに?」


ハリー:「ディアナ様、まだ行かれるのですか!」
キエル:「アルマイヤーの将兵達もねぎらわなければなりません。急がねば、もう一荒れ来ますから!何?」
ミラン:「どこの部隊の者だ?」
ヤコップ:「うわーっ!!白ヒゲの奴が襲ってきた!」
キエル:(ロランが来てくれる!)
ミラン:「ハリー中尉、ディアナ様をお守りしろ」
ハリー:「言われるまでもありません!」
「私がディアナ様をソレイユにお送りする。奴の足を止めろ」

キエル:「ハリー中尉殿、大切な式典の前です。手荒な事はなりません!!」
ミラン:「ディアナ様は中へ!」
キエル:「戦いは避けるように!」
ミラン:「わかっております!」

ブルーノ:「お前の相手は親衛隊がしてくれるってよ!」
ロラン:「ううっ、親衛隊がいるってことは、ディアナ様も?」
ブルーノ:「エリートさん、任せたぜ」

グエン:「機械人形が空中戦をやっている?」
ディアナ:「スモーとホワイトドールが。グエン閣下、ロランと親衛隊を戦わせてはなりません」
グエン:「それはそうですが、どうやって止めます?」
ディアナ:「戦場で私達が姿を見せればいいのです!」

ミラン:「なんだあのモビルスーツは?」
ヤコップ:「テテス姉さん、ディアナがいたぜ!」
ハリー:「そのモビルスーツ!」
グエン:「あの機械人形」
ディアナ:「内輪揉めですか。皆は何をやっているのか」
ロラン:「うしろを見ろ!!」
ブルーノ:「う、後ろから狙い撃ちだ?」
ロラン:「ディアナ様が狙われてんですよ!」
ディアナ:「ロランが撃たせた?」
「争い事は止めてください、モビルスーツは双方とも退いてください!!」

ロラン:「あれは」
ディアナ:「退いてください!退いてっ!!」
ロラン:「親衛隊の方、ご婦人の前で戦えますか?」
親衛隊A:「ソレイユを攻撃するんじゃないのか?」
ロラン:「僕がそんな事するわけないじゃないですか。キエルお嬢様。グエン様もいらっしゃる」

テテス:「一瞬期待したんだけどね。やっぱり自分でやらなきゃだめかね。やれやれ」
ブルーノ:「姉さんに会わす顔ねえよなー」
ヤコップ:「俺たちゃこんなもんなのかな?」
ブルーノ:「そんなことはねえ。人生って予想不可能な事がいっぱいあるんだ」

ハリー:「本日はお引き取り願おう!グエン・ラインフォード閣下!」
グエン:「交渉再開の件で、ディアナ・ソレル閣下に!」
ハリー:「お引き取り願う!」
ディアナ:(ハリーは内輪もめを見られて恥じているのだ。だから)
グエン:「しかし、一方的に建国宣言をされては、我が方の立場が」
ハリー:「招待状を手にしたのなら、一方的宣言とは言えまい!ホワイトドール共々本日はお帰りいただく!」
ディアナ:「グエン様」
グエン:「やむを得ません」
ディアナ:「ディアナ暗殺とかがあったようですね」
グエン:「そうでしょう」

ロラン:「テテスさんがさらわれたと思って追いかけてきたのに」
テテス:「さらわれたんだよ。だけど、あんたにやられたらあいつらとっとと逃げてってしまって、置いてけぼりさ」
ロラン:「そんな所じゃ危ないですから、手の上に乗ってください!」
テテス:「ふっ、かわいいこと言ってくれるね」
ロラン:「温泉に一緒に入った仲じゃないですか」
グエン:「ローラ、行くぞ」
ロラン:「あ、はい!」
「あっ、テテスさん、どちらへ?どちらへいらっしゃったんです?テテスさん!」
「どうして?テテスさん・・・」


次回予告:「僕はひどいおっちょこちょいだ。キエルお嬢さんとディアナ様が入れ替わっていた事に気がつかなかったのだから。なのに、キエルお嬢さんはムーンレィスの建国式典で、混乱した糸をほぐすような演説をなさった。僕は感動した。次回、ターンAガンダム『キエルとディアナ』。風の行方を僕は知る」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gundamserifu.blog.fc2.com/tb.php/75-20d796f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック