∀ガンダム ターンエーガンダム 第15話 思い出は消えて

ここでは、「∀ガンダム ターンエーガンダム 第15話 思い出は消えて」 に関する記事を紹介しています。
タイトル:「思い出は消えて」

ベルレーヌ:「なにも疎開するったって、サンベルトに近づくことないでしょう?」
キース:「人の集まりそうな所でなけりゃ、商売にならないだろう?」
ベルレーヌ:「そりゃあそうだけど・・・」
キース:「ん?」
ベルレーヌ:「やめたら?」
キース:「いや」
リリ:「しっ、しっ」
男A:「へっへへ」
リリ:「ご覧の通りなの。出していただけません?」
キース:「ミリシャのトラックは助けてくれないんですか?」
リリ:「みんなしらんぷり」
キース:「えっ、俺の車で出せるかな?」
リリ:「あたしもエンジンかけられますから、ちょっとだけ引っ張ればいいんです。病人もいるんで急いでるんです」
キース:「病人って?」
「あっ、グエン・ラインフォードじゃないですか」

グエン:「・・・」
ベルレーヌ:「今、動かします!」
「キース!」

ミリシャ兵A:「やっとこ来た」
メシェー:「ホワイトドールも帰ってきた?」
ミリシャ兵B:「ボルジャーノンだけがやられやがって」
マリガン:「ディアナ・カウンターのモビルスーツに出会ったのか?」
ミリシャ兵C:「ヒゲのローラのモビルスーツです」
メシェー:「ロラン、ソシエと会わなかったの?なんだ会ったのか」
ソシエ:「そうよ。1戦やったらビームサーベルの所とかベコベコでさ、預けられたの」
ミリシャ兵D:「あれ、銀髪のローラじゃねえのか、あんた」
ミリシャ兵E:「これ、美人なの?」
ソシエ:「カプルを運転してたソシエちゃんです」
ミリシャ兵達:「・・・」
メシェー:「ロランはどうしたの?」
ソシエ:「ん?あ、キングスレーの谷に戻ったわ。姉さんも忘れ物したって、ふわふわしちゃってロランについてったわ」
メシェー:「そういう仲か」

ミリシャ兵F:「カモフラージュ用の布は、あと5台分いるんだってよ」
ロラン:「カプルの爪で宇宙船を引っ掻いたりしないでください!」
発掘員A:「わかってるよ」
ロラン:「この宇宙船、生きてるんですからね!」
発掘員B:「宇宙を飛ぶったって、宇宙は空のもっと上なんだろう?」
発掘員C:「静かにやれってよ」
発掘員D:「生きてるってなら、爆発するんじゃないのか?」
発掘員E:「こっちにも人手がいるって言ってんだろ!」
発掘員F:「もっと掘るんだよ!」
シド:「船体が途切れる所まで掘りゃいいんだよ。何度言わせるんだ。下のほうも掘れ!」
ロラン:「シドさん、ジョゼフさんは来てないんですか?」
シド:「ルジャーナの陣地から動かんように言った」
ロラン:「どうしてです?」
シド:「ルジャーナの連中にこの宇宙船の事は知られたくない」
「その掘削機は奥へ運べ!」
「あ、お嬢さんはどうしたんだ?」
ロラン:「オーバニーの家に忘れ物ですって」
シド:「ああ、なら、あそこにあったトラックも持ってきてくれんか?」
ロラン:「いいですよ。・・・」

テテス:「あたしは怖いからここにいるよ。もう少し慣れたら行かせてもらうさ」
ハリー:「行くぞ!」
ウィル:「じゃあな」
テテス:「こんな所に不時着していたとはねえ。アルマイヤー級1隻にソレイユだけとはいえ、こりゃ正規軍だよ」

ハリー:「やさしそうないい女房だな」
ウィル:「えっ?へっへへ」
ハリー:「地球人のカップルというのは、妙なものだ」
ウィル:「え?月だって、100年眠れる魔法とかあるんでしょ?」
ハリー:「魔法ではない。技術力だ」
ウィル:「そうなんですか。それを見たかったんだ」

キエル:「そうですか。モビルスーツだけでなく、宇宙船も掘り出したのですか」
ウィル:「ええ。人形のほうは、女房と研究してここまで歩かせたんです」
キエル:「ミリシャとの関係は?」
ウィル:「あいつらと関係をつけたくないから、ここに来たんですよ」
キエル:「今後とも、我がディアナ・カウンターに協力してくれれば、月へ行くこともできましょう」
ウィル:「ところで、あんた様はほんとにディアナ・ソレル様で?」
キエル:(何?)
ハリー:「貴様、何を言うのか?」
ウィル:「何ったって、俺はご先祖の言い伝えに従ってある谷を掘って、機械人形や宇宙船を掘り出したんですぜ。ご先祖さんは月の娘ディアナ・ソレルってえのと恋をしたって、でも、同じ名前のあんたは知らないらしい」
キエル:「・・・」
ハリー:「・・・ウィル・ゲイム殿、いや、ご苦労でありました」
ウィル:「あ、キエルって嬢様は、俺のご先祖さんのことをよく知ってるようだったけど、ありゃなんなんですかね?」
キエル:「キエル・ハイムをご存知ですか?」
ウィル:「へへっ、夢見がちの女って言いますよね、でも、言っている事に」
キエル:「月から来た乙女と恋をする物語はいくつもありますよね?」
ウィル:「えっへへ、そういう娘ではありますがね」
ハリー:「その娘と会った場所が、モビルスーツを掘り出した谷なのだな。どこだ?」
ウィル:「そりゃあ言えません。月に行かれるとわかるまではね」
キエル:「ハリー中尉、その青年をフィル少佐に預け、働かせてください」
ハリー:「よろしいので?」
キエル:「そのうえで、ホワイトドールの動きなど、聞き出せばよい」
ハリー:「はい。所詮は下司な男で」

キース:「下手な交渉をなさったから、ノックスをやられちまったんですよ。おかげで僕らは1文なしになっちまったのに、御曹司はご婦人と逃避行なんですね」
ベルレーヌ:「キース、ご病人に失礼よ」
キース:「本当の事じゃないか」
グエン:「再起を賭けて、首都から逃げ出したんだ」
キース:「そうでしょうね。そうしてもらわなくちゃ」
グエン:「君がローラの友達なら、君だって手助けしてくれるスタッフになってくれると思っている」
キース:「はっ、何言ってんです。俺、パン屋ですよ」
グエン:「ルジャーナ領のミリシャも機械人形を持ち出してきたんだ。な、リリ・ボルジャーノ」
リリ:「グエン様はね、マウンテンサイクルの技術の再生産ができれば、ディアナ・カウンターの自由にはさせないって考えてらっしゃるの」
キース:「へえ。じゃあ、御曹司はまだ戦うつもりなんですね」
グエン:「・・・当たり前だろ」
ベルレーヌ:「失礼します」
キース:「なら、技術を再生させる為には、技術者だっているじゃないですか」
グエン:「パン屋君に、コネはないのかね?」
キース:「えっ、コネですか?」
ベルレーヌ:「出発でしょ?」
キース:「ああ」
「今度はリリ様が先に行ってください。道、わかりませんから」

リリ:「いいわよ」

フィル:「うむ」
ウィル:「では」
フィル:「ディアナ様もご覧になっているのだ。よくよく働くのだぞ」
ウィル:「はい」
フィル:「ミリシャを遠ざけてくれれば、我々が君の宇宙船を掘り出して動かしてやる」
ウィル:「ありがとうございます!」
フィル:「これでいいのだろ、ハリー中尉?」
ハリー:「すまないな」
フィル:「奴が掘り出している宇宙船の技術を、ミリシャに盗まれるわけにはいかんのだ」
ポゥ:「はい」
フィル:「ヒゲにやられた汚名を返上する気はあるのか?」
ポゥ:「勿論です。あんな山出しに1人勝ちなど、させたくありません」
フィル:「なら、ウァッドを使え」
ポゥ:「・・・、ありがとうございます!」
フィル:「行けよ」
ポゥ:「はい!」

ポゥ:(わかってんだろうね?ウィルとか。お前の乗っているモビルスーツはおもちゃじゃないんだぞ。浮かれていると、お前は死ぬよ)
ウィル:「ディアナ・カウンターってなんてすごいんだ。ずっと運転しやすくなってる。こ、これなら宇宙船を預けてもいいな」

執事:「ヒゲのある機械人形だろ?」
キース:「いつ見たんです?」
執事:「ああ、昨日の朝だったな」
グエン:「ローラの機械人形がここに来ているのか。どこなんだ?」
執事:「この湖を越えた平原の向こうの谷でね。ルジャーナの陣地のほうへ歩いてましたね」
グエン:「丸い機械人形は?」
執事:「元気に転がってましたね」
「イングレッサとルジャーナのミリシャは合流したっていいますぜ。ミリシャ、やるんじゃないんですか?これから」
グエン:「ミハエル大佐もルジャーナの傘下に入ったか」
キース:「・・・、大部隊になってんだ」

ベルレーヌ:「いきなりパン持ってって、売れると思うの?」
キース:「相手はミハエル大佐だぜ。紙切れになったお札の分は取り返させてもらうさ」
ベルレーヌ:「そうだわよね。ただでお金くれっていうんじゃないものね」

ロラン:「忘れ物があるって言っていたけど、こんな所に?」
「ハイム家の人達がこっちに来ることなんて、聞いたことないよな」

ディアナ:「・・・、ウィル・ゲイム様・・・」

コックA:「なんでこんな所でシャバの奴にパンを売らせるんだよ?」
コックB:「しかもスエサイド部隊のギャバン隊長が呼び込みをやってんだよなあ」
ギャバン:「この小隊分はあるのだから、ちゃんと整列して順番を待て。軍隊に入って規律を学ばんでどうするか」
キース:「ありがとござんした」
ベルレーヌ:「1人ひとつずつですみません」
リリ:「・・・」
「ギャバン、ご苦労さま」

ギャバン:「ああ、いえ」
リリ:「おかげさまで売り切れになります」
ギャバン:「ハハッ、造作のないことです」
リリ:「そうだギャバン、グエン様ご自慢の、ヒゲのホワイトドールはどこなの?」
ギャバン:「イングレッサの連中が整備してますけど」
リリ:「そう!」
ギャバン:「我がルジャーナには、ボルジャーノンがあるってのに」

リリ:「まあ、大きいのに不細工」
ラダラム:「おい、手でつかんじゃだめだ。そのシールドの取っ手は、この肘の所にはめ込むんだよ。そうしないと手が使えなくなる」
ソシエ:「あっ、そういうこと、わあっ!」
リリ:「あっ、ローラって運転手、下手なんだ?」
ラダラム:「うわあっ」
「体重をかけるな」
メシェー:「ソシエ、何やってんの。調整バランサー。右のほうへ引っ張らせればいいのよ!」
リリ:「なんだ、運転してるのはローラじゃないんだ」
ミリシャ兵G:「やあ、倒れるぞ」
リリ:「ソシエっていうの?」
ソシエ:「ホワイトドール、ヒゲの威力で立てーっ!!」
「バランス取れた、取れた。これがシールドか」

リリ:「お上手お上手、ソシエさんとか」
ラダラム:「ソシエ、シールドの裏と手引き書に書いてあることをよく見比べておけよ!」
ソシエ:「あたしの所には写真のコピーしかないんだから、全部はわからないわよ!」
リリ:「・・・なんで頭、壊れてるんです?」
ラダラム:「戦争をやったからですよ」
ミリシャ兵達:「うおーっ!!」
ミリシャ兵H:「かっこいい」

アイキャッチ

キース:「ミハエル大佐はいらっしゃいますか?」
ミリシャ兵I:「大佐、パン屋です!」
ミハエル:「また、機械人形を見つけたのか?」
キース:「違います。グエン・サード・ラインフォードさんのご提案を、お伝えにあがったんです」
ヤーニ:「ええっ?」
ミハエル:「どこで会ったんだ?」
キース:「冬の別荘です。でも、お会いした時から熱が高くて、それで、グエンさんはムーンレィスの技術者を雇ったらいいんじゃないかって言っています。それで大佐の協力を仰ぎたいと」
ヤーニ:「俺達はディアナ・カウンターと戦争している真っ最中なんだぞ!」
キース:「・・・、帰還民の中には、平和に暮らしたがってる人はいます。軍の技術者だって」
ヤーニ:「敵は敵だ!」
リリ:「利用できるものは使わないと、勝てるものも勝てなくなります」
ヤーニ:「ルジャーナ公のご息女が、ミリシャの実権を失った御曹司に手を貸すのでありますか?」
リリ:「沈んだ太陽がもう一度朝日になろうとあがく姿は、面白い見物でしょ?」
ミハエル:「ふん」
ヤーニ:「御曹司が沈んだ太陽?」
リリ:「・・・殿方はそういう時が一番素敵」
ミハエル:「ふん、見限ろうと思ったが、また起き上がろうとしている御曹司か」
ミリシャ兵J:「伝令、肩に大砲を乗せた機械人形が戻ってきてシド殿の発掘しているキングスレーの谷のほうへ向かっています」
ヤーニ:「もっと明瞭に報告せい!」
ミリシャ兵J:「・・・」
ギャバン:「スエサイド部隊が出るよ」
ヤーニ:「盗み聞きしてたなっ!」
ギャバン:「伝令が怒鳴りながら来れば聞こえる」
「大佐、リリ様はまだ我がスエサイド部隊の働きを御覧になっていない。我々がキングスレーの谷へ出る」
ミハエル:「モビルスーツのボルジャーノン。やられたままで全機出動できなくて残念だな、ギャバン隊長」
ヤーニ:「・・・」
ギャバン:「くっ!」
リリ:「ギャバンの機械人形部隊はミリシャ1よ」
ギャバン:「はっ、ありがとうございます」

ディアナ:「はぁ・・・」
「あれ、モビルスーツではないのかしら?」

ロラン:「えっ、モビルスーツですか?」
ディアナ:「でも、ディアナ・カウンターにあんな機械人形はなかったはずですよね?」
ロラン:「ウィルさんのモビルスーツじゃないですよね」
ディアナ:「少し形が違うと思います。キングスレーの谷のほうへ行くんじゃないのかしら?」
ロラン:「シドじいさんがどこかに知らせて・・・ルジャーナのミリシャはモビルスーツを持ち出したんですか?」
ディアナ:「そんな事聞いていませんよ。あっ」
ロラン:「すみません!」

カプル隊隊長:「よーし止まれー!」
「数は少ない、互角に戦えるぞ。後続は右翼にまわれ」
カプル隊A:「撃ち方よーし!」
カプル隊隊長:「よーし、照準は、高射砲の照準につけたテレビジョン写真で」
「いいかげんで固定しろっ!」
カプル隊A:「あっ、こうですか?」
カプル隊隊長:「ちょい右!」
「スプーンを持つほうだろ、右っ!」
「ちょい下!」
ウィル:「砲弾が飛んできた?・・・眼鏡っ、大砲を俺に向けてんのか?」
ポゥ:「ウィル・ゲイム。宇宙船に案内するというのは嘘で、あたし達をミリシャの罠にはめたな?」
ウィル:「ち、違います」
ウァッド隊A:「来ます!」
ウィル:「うわーっ。ち、違う!俺はほんとに、宇宙船を飛ばして月にまで行ってみたいんだ!」
ポゥ:「何やってんだ」
ウァッド隊B:「狙撃しなくちゃならないでしょ?」
ポゥ:「ディアナ・カウンターは先に手を出さない。素人に先に手を出させるんだろ?」
ウィル:「俺のロマンスを邪魔するなミリシャども。中尉さん見ていてくれ。その谷の宇宙船は、俺がディアナ・ソレルに会いに行く為の物なんだぞ!!」
「そのボールみたいな奴。キングスレーの谷の道をあけるんだ」
「左にも敵か。こいつら、俺の宇宙船を横取りにする気だな!?」
「そーら見ろ。人の物に手を出すから、そういう目にあうんだ」
ポゥ:「データによると、ハリー中尉が接触した部隊のモビルスーツだ」
ウァッド隊B:「狙撃は?」
ポゥ:「やれ!」
ギャバン:「立てる。シールドが守ってくれた」
「スモーではないなら」

ディアナ:「戦いが始まってしまいました。急げませんか?」
ロラン:「近くに行っては危険です」
ディアナ:「民間人が間に入れば、戦いをやめてくれるかもしれないでしょ。やめさせないと」
ロラン:「・・・お話はわかりますけど」
ディアナ:「戦場の前線だけで殺し合いをするのはよくありません」
ロラン:「そ、そうですけど・・・」
「・・・ソシエお嬢さん?ソシエさんでしょ?やめてください。戦いに行くのは!」

ソシエ:「ふん、見てなさい。ホワイトドールだって少しはまともになったんですからね!」

シド:「カプル部隊は阻止してくれそうか?」
ミリシャ兵K:「ルジャーナのボルなんとかも来てくれてますから」
シド:「ああ、こっちは谷から動けんのだ。守ってもらわんと」
ミリシャ士官A:「ローラのヒゲが来たっていうのか?」
ミリシャ兵L:「間違いありません、ゼットが見ました」

ウィル:「お前達はっ、わけのわからん戦いを!」
「ひあーっ、お前達っ!!」
ギャバン:「へっ」

ディアナ:「・・・」
ロラン:「ソシエお嬢さん、聞こえますか?戦場の中に入っちゃいけませんよ!」

ウィル:「弾が出ない!」

ディアナ:「ウィル!」
ロラン:「・・・モビルスーツがやられたようです」
ディアナ:「そう・・・」

ソシエ:「そこのちびーっ!!」
ポゥ:「ウィルからの応答は?」
ウァッド隊C:「ありません。生体反応がないんです」
ポゥ:「なんでこんな事ぐらいしかできないんだ!あたしは・・・どうした?」
ウァッド隊C:「またです!」
ポゥ:「また?」

ソシエ:「ぁ・・・」
「ロラン、手が見える」

ロラン:「えっ?」
ソシエ:「運転してる人、出たがってる」
ロラン:「ああ、出たがってますね」
ソシエ:「出してあげなくっちゃ」
ロラン:「でも、あれ、腕だけかもしれません、お嬢さん」
ソシエ:「そんな!」
ロラン:「ウィル・ゲイムさんの・・・」
ソシエ:「いやよそんなの!!」
ロラン:「僕だって嫌ですよ」
ディアナ:「ロラン、ロラン、ウィルさんは?ウィル・ゲイムさんは?あのウィル・ゲイムさんは?ロラン。ソシエ・・・」

次回予告:「地球の人々は、月に人が住んでいる事を知らなかった。そんな中に放りこまれた僕は、地球に隠されていたホワイトドールを操縦することになる。そして、月の女王ディアナ・ソレル様とご一緒してしまうロランとローラの物語。次回、ターンAガンダム、風の始まりを知る為に『∀のすべて』


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gundamserifu.blog.fc2.com/tb.php/73-f1a812f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック