∀ガンダム ターンエーガンダム 第14話 別離、再び

ここでは、「∀ガンダム ターンエーガンダム 第14話 別離、再び」 に関する記事を紹介しています。
あらすじ:「僕は、ウォドムを大破させるようなモビルスーツ戦をやってしまったけれど、そのことより、乾いた河の谷で宇宙船らしい物を掘り出している夫婦もののほうが、余程気になってしまった。キエルお嬢さんの様子がおかしいのには、気付かなかった」

タイトル:「別離、再び」


シド:「よーしよし、なんて便利な武器なんだ」
ロラン:「これ、絶対宇宙船ですね。動く物だと思いませんか?」
シド:「そりゃあわしにはわからん。そういう事はロランのほうが詳しいんじゃないか?」

ディアナ:「・・・木の成長を考えれば、この辺りなんだけど。あっ」
「・・・やっぱり・・・間違いなかった」


(ディアナ):「ウィル・ゲイム様はなんでもお上手なのですね」
(初代ウィル):「ディアナ様がお力を授けてくださるからです」
(ディアナ):「ふふっ、ふふふっ・・・」

ディアナ:「・・・こんなものが残っていても、あの人のいないオーバニーの家など。あっ、ごめんなさい、そんなつもりじゃ」
テテス:「足元が危ないよ、お嬢さん」
ディアナ:「はい」
テテス:「そんな所に何があるの?」
ディアナ:「鳥の巣が見たくて」
テテス:「はっ、そんなの地球じゃ珍しくないんだろ?」
ディアナ:「土地によって違いがありますもの、いろいろ珍しいんですよ」
テテス:「ああそうだよね。同じ所なんてあるもんじゃない」
ディアナ:「ええ、そうなんですよ。テテス・ハレさん」

ロラン:「ここは?」
シド:「わかるか?」
ロラン:「わかりませんけど・・・」

ディアナ:「は・・・、私が使っていた机なら」
「・・・あの方との、記録」


ロラン:「メーリさんの羊、羊、羊。メーリさんの羊、かわいいな」
ウィル:「メーリさんの羊、羊、羊。メーリさんの羊、かわいいな」
ロラン:「あ?」
ウィル:「テテス!」
「おい、夢が夢でなくなってきたぜ!」
テテス:「そう、それはよかったねえ!」
シド:「・・・早いとこミリシャに連絡をつけんとな」
ロラン:「ウィルさん、こちらには電話はないんでしょうか?」
ウィル:「そんな物とっくの昔に売り払っちまった」
テテス:「西隣りの家にあるらしいけどね」
シド:「・・・」
ロラン:「隣?」
テテス:「10キロはないんだよ」
ディアナ:「お帰りなさい」
ウィル:「キエル・ハイムさんも聞いてくれ。今日は大収穫だったんだ」
ディアナ:「それはよございました」
ウィル:「あの宇宙船は使えるんですよ」
「今夜は前祝いに楽しくやるか!」
テテス:「そりゃいいねえ!」
ディアナ:「・・・」
ロラン:(キエルお嬢さん、お疲れなの?)
ディアナ:(オーバニーのこんな近くに宇宙船があったなんて。・・・あの時もあったんだわ。なら、無理をして月からの船で帰ることはなかった。なんという迂闊なことを、私はやってしまったのだろう)
ロラン:「大丈夫ですか?キエルお嬢様。立ちくらみでもなさったんじゃないんですか?」
ディアナ:「夕方の空ににじむように現れるお月様って、私は見とれてしまいますよ」
ロラン:「詩人なんですね、キエルお嬢さん」

ミハエル:「なんで我々が貴下の指揮を受けなければならんのだ?」
マリガン:「我々ルジャーナ・ミリシャの指揮下に入るのが、そんなに不服なのかね?」
ミハエル:「当たり前だ。イングレッサのミリシャはまだ軍隊として十分に機能している」
マリガン:「だがイングレッサがあの状態では、後方支援は難しいだろう?」
ソシエ:「でも、機械人形の部隊を持っているのはイングレッサだけです」
ジョゼフ:「俺達の機械化部隊がなければ、ディアナ・カウンターとは戦えないぜ」
マリガン:「ふん、それはどうかな?」
ミリシャ兵A:「敵じゃないのか?」
ジョゼフ:「・・・」
ミリシャ兵達:「うわーっ!」
ソシエ:「ジョゼフ」
ジョゼフ:「ま、待て」
マリガン:「あわてる必要はありませんよ」
ソシエ:「えっ?」
マリガン:「あれは我がルジャーナ領のスエサイド部隊ですからね」
ソシエ:「スエサイド部隊?」
ジョゼフ:「機械化部隊というんですか」
ミハエル:「スエサイド部隊」
マリガン:「左様」
ミリシャ兵B:「機械人形だ」
ソシエ:「これがルジャーナの?」
ジョゼフ:「ディアナ・カウンターの機械化部隊じゃないか」
マリガン:「我らが領土で発見された機械人形である。ボルジャーノンと命名した機械人形だ。まだ数は増える予定である。これならば、ディアナ・カウンターとも互角に戦えよう!」
ソシエ:「マウンテンサイクルが、イングレッサ以外にもあったんだ」
ギャバン:「ギャバン・グーニーだ、ジョゼフ・ヨット君」
ジョゼフ:「機械整備をやっています」
ギャバン:「よろしくな、ソシエ・ハイム嬢」
ソシエ:「あたしをご存じ?」
ギャバン:「カプルをあやつる勇敢な女性パイロットだろ?」
ソシエ:「そ、そうですけど。よろしく」

ロラン:「あの宇宙船を掘り出していいものなんですか?」
シド:「いいんじゃない?」
ロラン:「けど、戦争、ますます大きくなりません?よくありませんよ、それ」
シド:「大きくなるかもしれん。それとも誰かを助けることができるかもしれん。それは、わしらが考えることじゃない」
ロラン:「そうですね。きっとグエンさんがうまく考えてくれますよね」
シド:「電話も不通だったんだ。朝一番でミリシャに報告に行くぞ」
ロラン:「はい」

ウィル:「あんたかい?」
ディアナ:「あなたにお見せしたいものがあって。ほら」
ウィル:「乾板か?」
ディアナ:「どなたかおわかりですか?」
ウィル:「先々代のウィルみたいだな」
ディアナ:「月に住んでいた人達は地球に帰ってこようとしてるのに、なぜあなたは月へ?」
ウィル:「俺の先代のロマンスを確かめたいのさ。その為ならどんな事だってしてみせるつもりさ」
ディアナ:(ロマンス)

キエル:「建国宣言ですか?」
ミラン:「はい。そのうえでディアナ・カウンターの領土を決定してしまうのです」
フィル:「手間をかけすぎです、それでは」
ミラン:「いや、領土を決定しておく。そうしておけば、そこで戦いを仕掛けてくる者に対しては我々に大儀があると言える。今のままでは我々が侵略者になっているんです」
フィル:「ミラン執政官!」
ミラン:「戦争に大儀は必要です!」
キエル:「建国宣言をしたら、交渉はどうなりますか?」
ミラン:「優位に進められます」
キエル:「たとえば、ラインフォード卿などは積極的にこちらと和解を願っていましたね?」
フィル:「しかし!」
ミラン:「そうです」
キエル:「あのような方を交渉相手にすべきです」
ミラン:「はい。即刻すべての準備を始めます」
キエル:「その間、戦いはできるだけ避けるように!」
フィル:「は」

テテス:「いいかしら?」
ウィル:「こ、こんな格好で」
テテス:「・・・、いいのよ。ねえ、宇宙船さ、掘り出したって月には行けないよ、あんた」
ウィル:「な、なんでだ?」
テテス:「ミリシャが掘り出したら、あの宇宙船は戦争の道具にされるだけよ」
ウィル:「俺の宇宙船を戦いに使うってえのか?」
テテス:「今は戦争中だからね」
ウィル:「どうしろって言うんだ?」
テテス:「ディアナ・カウンターに持ちかけてみたら?」
ウィル:「月から来たって連中のことか?」
テテス:「月から来た人達なら、あの船の動かし方もすぐわかるんじゃない?」
ウィル:「そうだよなあ」
テテス:「そうしたら」
ウィル:「お前さ、何者なんだ?どうして俺にそんなことを?」
テテス:「ふふ、あたしはあんたの夢をかなえてあげたいだけ。月に行く為にあんたは何年も苦労してきたんでしょ?」
ウィル:「ああ」
テテス:「ミリシャという軍隊の人間は、月に行くことなんか考えてないんだよ」
ウィル:「そ、そうだよな」
テテス:「ディアナ・カウンターに声をかけなよ。あの機械人形で行けば信用してくれるよ」
ウィル:「う、運転は自信ないけど、あんた、やってくれるよな?」

アイキャッチ

ディアナ:「私なら、ウィルを月に連れて行くことができる。・・・でも、私の願いはここであの人と暮らすことだった。・・・ロラン達もう出かけるの?」

ディアナ:「おはよう」
ロラン:「あっ、うるさくして起こしてしまってごめんなさい」
ディアナ:「ホワイトドール動かしたんでしょ?」
ロラン:「いえ、僕もあの音、気になって」
ディアナ:「ウィル・ゲイムさん!」
ロラン:「ん?」
ディアナ:「お出かけなんですか?」
ウィル:「月に行く為の段取りをつけにね」
ディアナ:「月へ行く為の?どちらへ?」
ウィル:「ディアナ・カウンターへね」
ディアナ:「ディアナ・カウンターへ?」
ウィル:「シドっていうのもミリシャだろ?月へ行く為には、あっちのほうがいいと思うんだ」
ディアナ:「それで、あれがお出迎えというわけなんですか?」
ウィル:「まさか。あれは、宇宙船のトンネルの所にあった奴さ」
ディアナ:「ウィルさん、お待ちなさい」
ウィル:「あんたの物知りと、俺の人生の夢とは関係ない。俺は初代ウィルの夢の実現に賭けてきた男なんだからな」
ロラン:「機械人形です」
シド:「ディアナ・カウンターのじゃないな」
テテス:「行くんだろ?あんた!」
ウィル:「すぐ戻ってくる。いたけりゃ家は使ってもいいぜ」
ディアナ:「ウィル」
ロラン:「ディアナ・カウンターとか言ってましたけど?」
テテス:「坊や、あんたも来るかい?」
ロラン:「テテスさん?・・・」
テテス:「あんたのモビルスーツなら高く売れるのにね」
ウィル:「谷の宇宙船、掘り出してくれてていいんだぜ」
シド:「あの男、あんな機械人形を掘り出していながら黙っていたんだな」
「ロラン、あの女はムーンレィスかなんかじゃないのか?」
ロラン:「えっ、そうなんですか?」
「でも、あのモビルスーツの状態が良くって、手引き書があれば誰だって動かせるようになりますよ」

ディアナ:「あのご婦人に?」
シド:「ロラン、引きとめろ。あの宇宙船の事をディアナ・カウンターに知られるのは面白くない」
ロラン:「はい」
ディアナ:(ウィル・ゲイムの家系はいつもこうなのですか?私の意思に反して、ウィルは旅立っていく。少しだけ、気持ちがずれたままで)

ギャバン:「先導役を頼んだ覚えはない。お前達はうしろからついて来ればいい」
ソシエ:「実践の経験もないくせによく言うわね!」
ジョン:「隊長、イングレッサのできそこないのボールなんか放り出しちまいましょうや」
ギャバン:「何事も最初のしつけが肝心なんだ。子供達に我々の戦闘力を見せつけておかんとな」
ソシエ:「格好だけで機械人形の戦いができるもんですか。べーっ」

ディアナ:(あのウィルは、ディアナ・カウンターに、あっ、ディアナ・カウンターと接触させてしまうと、あっ、また人生を間違わせてしまう)

ウィル:「この谷を飛び越えなければ2、3日余分な時間がかかるぜ、テテスさん」
テテス:「古い機械だからね。ホバージャンプぐらいできればどうって事ないんだけど・・・あ?こいつっ」
「ふうん、あの坊や、どういうつもりで追いかけてくるんだか」
ウィル:「テテスさん、振り向かせてくれ」
テテス:「あいよ」
ウィル:「俺の人生に干渉しないでくれ。あの宇宙船を掘り出してくれるのはいいが、ミリシャに渡して戦争の道具になんかさせるつもりはないんだ」
ロラン:「テテスさんもディアナ・カウンターに行っちゃうんですか?」
テテス:「あたしはウィルについてくだけ。女は夢を持ってる男が好きなのよ」
ディアナ:「ウィル・ゲイムさん、ディアナ・カウンターに行くのだけは」
ウィル:「他人が口出しすることじゃないんだ。これ以上追いかけてくるんならこの大砲を使うぞ」
テテス:「モビルスーツでもいるのか?」
「ウィル、シートのうしろへ」
ウィル:「ああ」

ハリー:「反乱軍か?ヒゲのガンダムを捜しにきたらこれだ。どこの部隊だ?」
ギャバン:「あわてるな。訓練通りにやればあんな機械人形!」
ハリー:「妙だな?こんな攻撃聞いた事もない。火薬を使っている?」

テテス:「ディアナ・カウンターには恩を売っとくに限るよ」
ウィル:「お、俺達も戦うのか?」
テテス:「月に行く為にはなんでもするんでしょ?」
ウィル:「ああ」

ハリー:「まさか、あれもヒゲもどきというのか?」
ギャバン:「ちっ、機械人形ってこ、これか?うおーっ!」
ウィル:「ディアナ・カウンターさんですね?」
「自分は、ウィル・ゲイムと申し上げます」
ソシエ:「あっ、ホワイトドール?」
ロラン:「ウィルさん、聞こえますね?ディアナ・カウンターに行ってしまったら、そんな機械人形を持っていったら、戦力に組み込まれるだけです。だいたい彼らは地球に戻ってきた人々なんですよ。月へ帰るつもりなどはないんです!」
ウィル:「ディアナ・カウンターは月に戻らないのか?」
テテス:「補給やらなにやらあるし、だいたい本国を捨てる人間がいるかい?」
ハリー:「ローラのホワイトドールでわめく少年?」
ソシエ:「いきなり現れて偉そうなこと言っちゃって!」
ロラン:「うしろにいるモビルスーツがカプルといる。どこのミリシャなんだろう?ハリー中尉のスモーは1機?」

ディアナ:「ウィル!」
シド:「おっ」
ディアナ:「ディアナ・カウンターのモビルスーツと接触したらしいですよ」
シド:「落ちますよ、お嬢さん」
ディアナ:「谷に下りましょう、止めましょう!」
シド:「冗談言わんでください。この崖をどうやって下りるんです?」
ディアナ:「私がやってみます。何も知らない純朴な男性を戦いに巻き込ませることは」
シド:「やめてください、おわっ」
ディアナ:「・・・」
シド:「うわああっ。お嬢さんやめましょう、無茶です」
ディアナ:「やってみます。やってみせます!」

ソシエ:「指が合わないけど、持つには持てる」
ギャバン:「ホワイトドールが戦ってくれる隙を見つけて援護するんだぞ!」
ロラン:「ハリー中尉はこのモビルスーツの戦闘能力を確かめたがっている。親衛隊なら当たり前だけど」
ハリー:「全機がホワイトドールのような遺跡なら、ローラがパイロットでないのが残念ではあるが、仕掛けるっ!」
「かあーっ!」

ギャバン:「ヒゲのホワイトドールが」
ソシエ:「ロランが運転してるの?」
ロラン:「うわああっ!」
「や、やられる」

ソシエ:「ロランの意気地なし。立ちなさい!」
ロラン:「立ってくれ、ホワイトドール。ガンダムと呼ばれたんだろっ」
「・・・とどめを刺されるの?」

ハリー:「ローラ・ローラでないのが残念だが、後顧の憂いとなるものは絶っておく。何っ?」
ギャバン:「そこまでお前の好きにさせるかっ」
ハリー:「な、生身の人間がモビルスーツに立ち向かう?うおっ」
ソシエ:「う、撃たれてるーっ!」
ウィル:「何をしているんだ?」
テテス:「ウィル」
ウィル:「俺の邪魔をする連中など潰してやる!」
「あ、あの女まで」
ディアナ:「あなたは、こんな事をする為に機械人形を使うのですか?」
シド:「お嬢さんやめなさい」
ウィル:「俺は月に行くことを実現させたいんだ。あんたみたいな夢見る少女じゃない」
ディアナ:「あなたのご先祖様は夢を見ながらも、現実的な利発な方でした。あなたのように、猪突猛進する方ではなかったのです」
ウィル:「まだおとぎ話を本当のことだと思っていやがる」
テテス:「どきなさい、撃つよ」
シド:「うわあ!」
ディアナ:「ウィル・ゲイム」
ロラン:「やめろっ!」
ソシエ:「させるもんですか!」
スエサイド隊A:「そうか」
ディアナ:「ウィルさん、あなたはディアナ・カウンターには似合わないのです。おやめなさい」

ハリー:「君達の為に後退してみせた。どういう素性のモビルスーツか、答えよ」
ウィル:「アンタがディアナ・カウンターの者なら、俺のほうから話があるんだ。ディアナ・カウンターのもんか?」
テテス:(親衛隊のもんさ、ウィル・ゲイムさん)

シド:「あがる時はカプルにでも運んでもらうぞ」
ソシエ:「それはいいけど、姉さん、ほんとにあの上から運転して下りてきたの?」
ディアナ:「そうでしょうね、ここにいるんですから」
ロラン:「どうしたんです、キエルお嬢さん?」
ソシエ:「ありがと。自分で下りてきた高さに眩暈がするんだって」
ロラン:「そうでしょうね」
ディアナ:(もう私を見てくれるウィル・ゲイム、あなたはいないのですね。ハリーなら、あのウィルを導いてくれると信じましょう。あのウィルだって、あなたの一部なのですものね)

次回予告:「再起を図るグエン様はムーンレィスと手を結ぶことを考え、ミリシャも連合を強化させていた。ディアナ・カウンターにたどり着いたウィルさんは、そのミリシャのモビルスーツ部隊と戦って、キエルさんを悲しませてしまう。次回、ターンAガンダム『思い出は消えて』。風に儚い、夢の翼」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gundamserifu.blog.fc2.com/tb.php/72-ed9c2e5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック