∀ガンダム ターンエーガンダム 第13話 年上のひと

ここでは、「∀ガンダム ターンエーガンダム 第13話 年上のひと」 に関する記事を紹介しています。
タイトル:「年上のひと」

キエル:「あんな光景を見ると、お互いの恨みを忘れないといけないと思います。そうしなければ、人類は永遠に争うという宿命を背負います」
ミラン:「しかし、さまざまな相手がいるのです、同じように」
キエル:「同じように思ってもらう為には、ロミオとジュリエットのような悲劇が必要なのでしょうか?」
ミラン:「は?」
キエル:「地球の昔話です」
ミラン:「キエル嬢にお聞きになられたのでしょうか?」
キエル:「そうです。彼女とは連絡が取れないものでしょうか?」
ミラン:「ノックスがあの状態です。マウンテンサイクルも」
キエル:「見つけ出してください、ミラン執政官」
ミラン:「は、はい、必ず」

ロラン:「・・・」
ディアナ:「・・・、シドさん」
シド:「起きなさったか」
「起きろ、敵が来たぞ」
ロラン:「うぅ・・・」
シド:「ほれ」
ロラン:「シドじいさん、おはよう」
シド:「逃げ支度をするんだ」
ロラン:「えっ、また逃げるんですか?」

ウァッド隊A:「やっぱコレンについていた2機だ」
ポゥ:「撃破されているのか?」
ウァッド隊A:「いや、使えそうです」
ポゥ:「パイロットは?」
ウァッド隊A:「姿が見えません!」
ポゥ:「コレンの機体は?イーゲルとかいう奴」
ウァッド隊A:「気配がありません。やられたか、逃げたんじゃないんですか?」
ポゥ:「あいつが逃げ出すわけないだろう。やったかやられたかのどちらかしかない!」

シド:「あのトラックに引き上げさせた」
ロラン:「よくできましたね!」
シド:「一晩がかりだったわい」
発掘員A:「おーし、ホワイトドールが起きたからいいんじゃねえの?」
発掘員B:「ドリルはローラに任せて、俺達は逃げようぜ」
ロラン:「あれ、敵が使っていた武器?」
シド:「わしの仕事の役にも立つ。ホワイトドールに持たせろ」
「よいしょっと、おおっ」
ロラン:「シドじいさん。どこへ行くんです?」
シド:「この地下はまだ南へ続いてる。マウンテンサイクルらしい地質も見られるんじゃ」

ウァッド隊B:「イーゲル機の頭部のみ発見」
ウァッド隊C:「破片はいくつか確認」
ウァッド隊B:「南に続く足跡を発見」
ポゥ:「ということは、コレンは戦死したのだな?」
「ふふっ、あいつらしいよ」
「ウァッド隊はモビルスーツの移動した跡を追え!」

ロラン:「・・・、おいしいや、キエルお嬢さんのくださったベーコン」
ディアナ:「ほんと、ミリシャの保存食はおいしいものですね」
ロラン:「・・・ミリシャの、ですね。・・・」
シド:「ロラン、この手を下ろせ」
ロラン:「はい!」
シド:「またマウンテンサイクルみたいになってきたな」
ロラン:「このままだと、外に出ちゃいますよ?」
シド:「ああ、それならそれで構わんさ」

シド:「ちょびっとだけこの辺りを掘ってくれればいい」
「はははっ、武器というのは使いようで、便利な道具になる。なあお嬢さん」
ディアナ:「本当に。・・・」
シド:「何か見つかったのか?」
ロラン:「岩のむこう、スカスカです」
「今までの洞窟の続きと同じじゃないんですか?」

シド:「いや違う。あの砂が特徴だな。何かあるぞ」
ロラン:「そうですか?」
「あれ、キエルお嬢さんは?」

シド:「ここを珍しがってた」
ロラン:「キエルお嬢さんは田舎に慣れてないんですよ。やだなぁ」
「本当に、好奇心がお強くなって」


ディアナ:「・・・」
「あの・・・」
「あっ。無礼者!」

ウィル:「えっ、な、なんです?誰なんです、あんた?」
ディアナ:「あ・・・あなたは。あなた!」
ウィル:「えっ、な、何か、御用?」
ディアナ:「・・・あなた、ウィル・ゲイム・・・あなただったのね」
ウィル:「ど、どちらさん?」
ディアナ:「・・・ディアナ・ソレルです」
ウィル:「ディアナ?」
ディアナ:「ああ、ウィル・・・」
ウィル:「ディ、ディアナ・ソレル?ディアナ・ソレルって?」

ロラン:「あ、人だ」
「・・・、うわっ・・・」

テテス:「あんたどこの子?なんだってこんな所にいるんだい?」
ロラン:「い、いえ、お嬢さんを追いかけてきて、ここでつい」
テテス:「お嬢さん?」
ロラン:「・・・僕の主人でして」
テテス:「ふーん」
ロラン:「・・・あの、あなたはどなた様で?」
テテス:「どなた様?あたし?はははははっ!」

ディアナ:「まことに申し訳ない。失礼なことをいたしました。ご容赦くださいませ」
ウィル:「へへへっ、やめてくださいよ。俺が、初代のウィル・ゲイムにそっくりだなんて、なんであんたが知ってんだ?」
ディアナ:「それは、月から来たお嬢さんを引き取ったことのあるゲイム家の昔話を、小さい時から聞かされておりまして、あなた様がそのウィル様ではないかと」
ウィル:「だったにしても、こんな所で穴掘りをしている俺をさ」
テテス:「ディアナ・ソレル!」
ディアナ:「はっ!」
テテス:「こんな所に!」
ロラン:「人違いです!その方はキエルお嬢さんです。ディアナ様ではありません!」
ウィル:「テテス、どうした?」
ロラン:「・・・、うっ」
テテス:「人違いだって言ったの?」
ロラン:「格好を見ればわかるでしょう。ヴィシニティのハイム家のご長女の、キエルお嬢様です」
ディアナ:「申し訳ありません、ご主人がどのようなお仕事をなさっているか気になりまして」
テテス:「ご主人?ああ、そうだわね。・・・こんな所にディアナ・カウンターの大将がいるわけないか。ご免よ、取り乱しちゃって」
ロラン:「あ・・・」
ウィル:「へへへ、あんた敏捷だね。主人思いなんだ」
ロラン:「そりゃあ、大切なお嬢さんですから」
「僕、ロラン・セアックといいます。ハイム家に厄介になっている者です」

ウィル:「鉱山やってるハイムだよな?」
ロラン:「はい」
ウィル:「それでわかったよ。お嬢さんは、穴掘りをやっている俺に興味を持ってくれたんだ」
ディアナ:「はい」
「ウィル・ゲイムさんとおっしゃるのよ」

ロラン:「ウィル・ゲイムさん?」
テテス:「あんた、お弁当にするだろ?」
ウィル:「すまないな。ここんとこ面倒見させちゃって」
ロラン:「何を掘ってんです?」
ディアナ:「そんな事聞いている暇はありませんでした」
テテス:「そろそろ掘り当てた物の正体がわかるんだろ?」
ロラン:「正体?」

ウァッド隊D:「ヒゲのモビルスーツが入っていく」
ウァッド隊E:「ミリシャはどのくらい隠れてんのかなあ?」
「でもさ、この下の亀裂って今まで追っかけてきた洞窟とは違いますよね」
ウァッド隊D:「地球は月より広いからなあ」
ウァッド隊E:「ポゥ少尉に連絡します」
ウァッド隊D:「あいつの手柄になっちまうぜ」
ウァッド隊E:「しょうがないでしょ」

ディアナ:「急に大人数のランチの用意をさせて、申し訳ございません」
テテス:「サンドイッチなんか材料あわせるだけだからさ。はい」
ディアナ:「ありがとう。でも、お一人でここまで掘ったなんてご主人、すごい方なんですね」
テテス:「あたしも初めて見た時はあきれたよ。ご先祖様の残した古い日記をあてにして、こいつを掘り当てたんだってさ」
ディアナ:「トンネルなんですか?」
テテス:「さあねえ」
シド:「いやー奥さん、サンドイッチうまかったですよ」
ウィル:「ね、宇宙へ行く船でしょ?」
ロラン:「そうみたいですね。ホワイトドールと同じ時代の物かもしれません」
シド:「何でこんな物を掘り出す気になったんだね?」
ウィル:「理由ですか?そんなのは・・・」
テテス:「ご先祖様の恋を確かめに月まで行きたいんでしょ」
ウィル:「言うなよ、テテス」
ディアナ:「え?」
テテス:「時代が急転直下したから、ミリシャの為に掘り出してるなんて言ってるけど、恋の相手のディアナ・ソレルに会いたいんだってさ。笑っちゃうよね」
ウィル:「ロラン君のホワイトドールを見れば、これが宇宙を飛ぶ船かもしれないという僕の推測は当たっているよ。ディアナ・カウンターという人達だって月にいたとわかれば、ディアナ伝説は本当だったんだ」
ディアナ:(ウィル・ゲイム、あの人ではないけれど、その血を確かに受け継いでいる人だ。ここはキングスレーの空気の香りがある)

(ディアナ):「どうしても旅へお立ちで?」
(初代ウィル):「あなたは十数人の男性に条件を出したのです。ならば僕だって、東方の国の宝物を見つけてこなければならないでしょ。僕は帰って参りますから、その時は結婚をしてください」
(ディアナ):「勿論です。是非ご無事でお帰りのほどを」

アイキャッチ

シド:「ならここはモビルスーツとかの格納庫とでもいうのか?」
ロラン:「これ絶対、中に入れる入り口っていうのがあるはずですよ、ウィルさん」
テテス:「これが山の中から出てきた代物だってのかい?ほんとかねえ?」
「あ。まるで新型じゃないか」
ロラン:「失礼じゃないですか。他人の機械人形を」
テテス:「・・・ごめんなさい。なんか、さわったら開いちゃって」
ロラン:「え・・・ええ」
テテス:「こんな機械初めて見るのよ。珍しくてあたりまえでしょ?」
ロラン:「そりゃそうですけど・・・」
テテス:「ねえあなた、どうしてこんな機械人形をあやつれるようになったの?聞かせて欲しいな」
ロラン:「あぁ・・・」
テテス:「あんたムーンレィスだろ?」
ロラン:「なんで?」
テテス:「匂うもの」
ロラン:「ローラはムーンレィスですけど、ロランはヴィシニティの人間です」
テテス:「なんだいそりゃ?知ってるかい、この地球には月の人間を先祖にした連中だっているし・・・」
ロラン:「ああっと」
テテス:「ほら」
ロラン:「痛いですよ」
テテス:「あんな遺跡みたいな物は出てくるしで」
ロラン:「温泉だ」
テテス:「そうだよ」
ロラン:「・・・」
テテス:「あんたも入んなよ」
ロラン:「・・・」
テテス:「女を先に入らせて、恥をかかせる気かい?」
ロラン:「そんなことありません!」
テテス:「なら、あのお嬢さんに遠慮して、他の女とは一緒に温泉に入るのは悪いことだと思ってるんだろう?」
ロラン:「・・・そんなつもりも毛頭ありませんよ。・・・」
テテス:「ふふ、泳ぎは得意かい?」
ロラン:「いえ、苦手です」
テテス:「じゃ、こういう広い所で体を浮かした事はないだろう?」
ロラン:「はい」
テテス:「体を横にして浮いてごらん。気持ちいいよ」
ロラン:「横にして?」
テテス:「あおむけにさ」
ロラン:「こうですか?」
テテス:「そう」
ロラン:「ああっ、月にいるみたいだ」
テテス:「ムーンレィスのあんたが、なんでミリシャに手を貸してんだい?」
ロラン:「あなたもムーンレィスですね?」
テテス:「ご先祖がね」
ロラン:「あの宇宙船掘り出して、どうするつもりなんです?」
テテス:「どうするって?化石みたいな物、動くわけないじゃないか」
ロラン:「僕、あがります。・・・」
テテス:「・・・、お客さんが来た。あたし達は出ないとね」

シド:「つるはし借りるぞ」
ウィル:「どうぞ」
ディアナ:「教えていただきたい事があります」
ウィル:「なんです?」
ディアナ:「ウィルのご先祖様のウィル様は、東方の国へ旅に出られて、その後どうなったのでしょう?」
ウィル:「極楽鳥は持って帰ったけど、西海岸に上陸して、飛行船でここに帰るまでの間に遭難して。絵本なんかに書いてある通りだよ。疑ってんのか?」
ディアナ:「絵本?」
ウィル:「遭難した船から、初代ウィルの遺品は少しは出たらしいけど、俺は二代目のじいさんの聞き語り・・・」
ディアナ:(私は、ウィルが帰る前に出迎えの船に乗らなければならなかった為に、それを知らなかった)
ウィル:「女の人ってこういう話、好きなんだな?」
ディアナ:(月に帰るまでは政治向きの報告、留守にしていた間の問題の処理、落ち着くまもなく人工冬眠に入り、・・・これが、女王にできることなのか?)
ロラン:「・・・、お嬢さん?」
ディアナ:「・・・」
ロラン:「キエルお嬢さん!」
テテス:「はん、やっぱり女主人が気になるんじゃないか」
ロラン:「あ・・・、ウァッドだ。お嬢さん、敵が来ました!」
「テテスさん、お嬢さんを頼みます!」
テテス:「ディアナ・カウンターかい?」
ロラン:「そうです」
テテス:「正規軍が気付いたのかい」
ロラン:「ウィルさんは隠れてください!」
シド:「ディアナ・カウンターに見つかったか?」
ロラン:「さっき出てきた洞窟のほうへおびき出します」

ポゥ:「間違いないのだな?」
ウァッド隊F:「見ました!」
ポゥ:「出てこいよ、ローラ」
ウァッド隊F:「この谷です!」
ポゥ:「あそこか」
「よし、見つけた。ウァッド隊、ヒゲのモビルスーツを追い出せ。今日こそ捕らえてローラという奴の首をへし折ってやる!」
ロラン:「こうまでしつこいなら、見ていろ」
「動けなくすればいいんだ。諦めさせてやれ!」


ディアナ:「あっ、フィル大尉達はまだ・・・軍人達は地球に降りてから興奮しっぱなしに見える」
テテス:「あっ、大丈夫かい?」
ディアナ:「ええ、大丈夫です」
テテス:「怖いねえ、月の軍隊ってねえ」
ディアナ:「はい、肝が冷えます」
テテス:「そりゃあたしだってそうさ」
ディアナ:(この人は何者?)

ポゥ:「ウァッド隊どうした?」
「埋まった奴は自力で脱出しろ」
「ヒゲのモビルスーツはどこだ?洞窟をまた戻っているのか?」
「逃がした。ウァッド隊がいるなら外に出ろ、攻撃できない!」
ロラン:「信じられないけど、Iフィールドってのも使ってみるか」
ポゥ:「潰れろっ!!」
ロラン:「うあっ」
ポゥ:「ヒゲは?・・・」
「手に乗った!?」
ロラン:「・・・」
ポゥ:「頭部排除。ヒゲの奴!」
「私はなんて悲しい女なんだ。フィル大尉は中尉中尉って言ってくれてるけど、こんなんじゃ下士官以下のパイロットのクズだ!」

ウィル:「泊まってもいいが、何も出ないぜ」
シド:「なに、あんたのご先祖さんの日記を見せてくれりゃあいい」
ロラン:「入らないんですか?」
ディアナ:「どうぞ先に行って」
ロラン:「はい」
ディアナ:(確かにオーバニーのウィル・ゲイムのお屋敷だけど、水車小屋は残っている?でも水車はないし・・・あの木がウィル様の植えた木なのかしら?むこうの木も、とても大きくなっていて)
「・・・間違いない。私が1年間住まわせてもらっていた部屋。母屋も同じ所にある」

テテス:「キエルさんとやら、足ぐらい洗いなよ!」
ディアナ:「・・・はい!ありがとうございます!」
シド:「ウィルさんや、どこにいるんだ?」
ウィル:「ちょっと待ってください」
「あんたさ、ディアナとウィルの話が好きそうだから、いいものを見せてやるよ」
ディアナ:「えっ?」
「うっ・・・」

ウィル:「嘘か本当か知らないけどさ、この羽がね、初代ウィル・ゲイムが探し当てたって極楽鳥の羽なんだ」
ディアナ:「・・・」
ウィル:「遭難した飛行船の荷物の中にあったんだってさ」
ディアナ:「・・・ウィル・ゲイムの」
シド:「なんだ、こんな所にいたのか」
ウィル:「わかりましたよ」
「なんだったら、やるよ」
ディアナ:「・・・ウィル・・・ウィル・ゲイム様・・・」

次回予告:「ウィルさんはテテスさんにそそのかされて、ディアナ・カウンターに行ってしまった。月に行く為ならなんでもしかねない純粋さを、キエルお嬢さんは心配した。僕はホワイトドールであとを追ったのだけど、ハリー中尉の戦闘に巻き込まれてしまう。次回、ターンAガンダム『別離、再び』。風は去ってしまうのか」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gundamserifu.blog.fc2.com/tb.php/71-515080ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック