∀ガンダム ターンエーガンダム 第12話 地下回廊

ここでは、「∀ガンダム ターンエーガンダム 第12話 地下回廊」 に関する記事を紹介しています。
タイトル:「地下回廊」

ロラン:「天井、崩れてこないかな?」
ディアナ:「ああっ!」
ロラン:「すみません!お嬢さん、大丈夫ですか?」
ディアナ:「よく揺れますけど、大丈夫です。ロランは?」
ロラン:「待ってください。今、降ろしてさしあげます」
ディアナ:「ここは?」
ロラン:「シドさんが言っていた地下のようですね。今すぐ地上に戻るのは危険です。ここでしばらく様子を見ましょう」
ディアナ:「はい。ホワイトドールは大丈夫なのでしょうか?かなりやられたようですけれど」
ロラン:「うわーっ!」
ディアナ:「ロラン」
ロラン:「・・・ああっ」
ディアナ:「大丈夫でした?」
ロラン:「え、ええ、このぐらいのこと、大丈夫ですって」
ディアナ:「あら、大丈夫じゃないじゃないですか」
ロラン:「い、痛いです」
ディアナ:「ご免なさい」
ロラン:「・・・?」
ディアナ:「ちょっと待ってください」
ロラン:「はい」
ディアナ:「ハンカチがない」
ロラン:「ハンカチ?あ、あの?」
ディアナ:「・・・、手を出して」
ロラン:「いいですよ、こんなの」
ディアナ:「悪いばい菌でも入ったらどうするんです」
ロラン:「や、やめてくださいお嬢さん。もったいないですよ」
ディアナ:「なぜです?」
ロラン:「な、なんかキエルお嬢さん、突然とてもやさしくしてくださって、なんかばちが当たりそうで」
ディアナ:「ばち?・・・お嬢様と呼ばれている人が、ばちを与えるものですか。失礼ね」
ロラン:「・・・ごめんなさい。あ・・・下がって!」
ディアナ:「きゃっ」
「・・・、戦いは、まだ続いているのですね」

ロラン:「戦場が移動してるんです。ん?うわーっ!いてっ、・・・ああ!失礼しました!」
ディアナ:「ロランがたくましく育ってくれて、・・・いいんですよ」
ロラン:「あ、ありがとうございます、キエルお嬢さん。ん?」
ディアナ:「あれ?戦争は?」


発掘員A:「もう少し静かにできませんか?」
発掘員B:「何を言ってんだ。戦争が収まりかけてんだから・・・」
ロラン:「あっ、シドじいさん。・・・どうして?」
シド:「お前こそどうしてこんな所へ来た。大佐に聞いたか?」
ロラン:「違いますよ。ディアナ・カウンターのモビルスーツから逃げてきたんです」
シド:「なら、無事で結構」
ロラン:「何やってんです?」
シド:「この地下にも機械人形が埋まっているようなんでな、試し掘り。1機でも多くの機械人形が欲しいだろ?」
ロラン:「でも、近くまで敵が来てんですよ」
シド:「我々は戦闘部隊じゃない。お宝探しがまずは優先」
ロラン:「この先、地上への出口ありますか?」
シド:「奥は興味ないな」
ロラン:「調べましょう?逃げましょう!」

ゼノア:「やっぱり、いませんでしたね」
フィル:「この作戦でヒゲの奴を捕獲しなければ、意味がないんだぞ」
ゼノア:「自分の部隊に捜索させます」
フィル:「そりゃあいい。ゼノア部隊はこのマウンテンサイクルの遺跡の調査に集中しろ」
ゼノア:「はい」
フィル:「ヒゲのモビルスーツの捜索は、あいつにやらせる」

コレン:「だーははっは!!まっかせっなさーい!」
フィル:「ただし、ディアナ・カウンターとして割ける機体はない。ゴッゾー2機との行動になるが、いいか?」
コレン:「文句はねえよ、メシさえ補給してくれれば!」
「ブルーノ、ヤコップ、白ヒゲのガンダム追撃戦、出るぞ!」

ブルーノ:「はっ」
ヤコップ:「はっ」
コレン:「へっへーっ!ほっ!」

ヤーニ:「よいしょっ」
ソシエ:「軍曹が荷物なんだ」
ミハエル:「合流してくれたか」
ヤーニ:「やーれやれ。・・・」
ミハエル:「マウンテンサイクルはどうだった?」
ヤーニ:「だめでさ。ディアナ・カウンターの連中、好き放題です」
ソシエ:「ヴィシニティは?」
ヤーニ:「あっちは手をつけてない」
ミハエル:「シド達はやられたのかね?」
ヤーニ:「いいや、別の所に移動したって話があったりしましたけど、確かめようがありませんでした」
ミハエル:「ミリシャの機械化部隊の補給中を、叩かれてしまったという事か」
ソシエ:「ノックスもひどいやられ方なんでしょ?」
ヤーニ:「ん?」
ジョゼフ:「・・・グエン・ラインフォードがノックスを放棄したそうです」
ミハエル:「ラジオで言っていたのか?」
ジョゼフ:「は、はい」
ソシエ:「イングレッサの首都を、領主が放棄したの?」
ミハエル:「グエン氏が決断を下したとなれば、ミリシャは、ルジャーナ領のミリシャとの連合を急ごう」
ソシエ:「ミリシャの連合ですか?」
ミハエル:「そうだ。アメリア大陸のミリシャを統合することも考えなければならない」
「各隊の司令を集合させろ」
ミリシャ兵達:「おおーっ」
ミハエル:「情報によれば、ルジャーナ領にもマウンテンサイクルに似た山が発見されているともいう」
ソシエ:「ああいやだ。あたし達の機械化部隊を信用してないんだ。ロランはどこに行っちゃったの?」
ミハエル:「それは、すべての戦力を集中させなけりゃならんからだ」

リリ:「お久しぶりね、グエン様。お待ちになった?」
グエン:「待たされたというほど、待たされてはおりません」
リリ:「ふふ、家のほうへ直接おいでになればよかったのに。父もいることですし」
グエン:「今はお会いしたくない」
リリ:「あら、殿方はそういうこと気になさる?」
「父は、ついにグエン・サード・ラインフォードも落日を迎えたかなと言ってましたけど、そうですの?」
グエン:「ふっ、外れてはいません」
リリ:「大当たりでなければ、この素敵な飛行機に乗せてくださる為に、私を呼び出してくださったんでしょ?」
グエン:「君に、頼みがある」
リリ:「おっしゃって」
グエン:「これからの地球と月の交渉の場は、君の父上が領主を務めるルジャーナに移る」
リリ:「父もそう言ってましたわ。で?」
グエン:「表舞台に出られないとしても、敵味方の情報は絶えず欲しいのです」
リリ:「スパイですか。私に、そのパイプ役になってくれとおっしゃるのですね?おやすいことですわ。私退屈してましたの、スパイごっこなんて面白そう。中を拝見させてくださいましね」
グエン:(リリ・ボルジャーノ嬢、私はこのまま消えていく男ではありませんよ)

ディアナ:「ロラン、体は大丈夫ですか?休んだほうが・・・」
ロラン:「大丈夫です。お嬢さんにはもう少し安全な場所にいていただかないといけませんから」
ディアナ:「頼りにしています、ロラン!」
ロラン:「頼られている・・・」
「・・・お嬢さん大丈夫ですか?落ちちゃったんですか?」

ディアナ:「大丈夫でした」
ロラン:「はあっ、よかった!」
ディアナ:「ロラン、右のほうに横穴みたいなのがありますよ」
ロラン:「お嬢さんはここで待っていてください」
ディアナ:「敵がいるかもしれないんですよ!」
ブルーノ:「見つからねえじゃねえか」
ヤコップ:「見つからねえですよねえ」
コレン:「見つけるんじゃねえ、見つけられるようにすりゃいいんだ。おめえらのレールガンであぶりだせよ!」
ブルーノ:「了解軍曹」
「ヤコップ、やれよ」
ヤコップ:「へーい」
コレン:「そうそう、これぞ男の生きる道!」
「おっ、待ちやがれっ!」

ヤコップ:「ええっ?」
ブルーノ:「なんです?」
コレン:「地面が変だと気がつかんかい。あの土煙の上がった所、調べなさいって言ってんでしょ!」

発掘員C:「ありゃ、先がないぞ、左側より回り込め」
シド:「マウンテンサイクルの地質に似たポイントがありゃ、ともかく掘ってみろ。うわっ」
発掘員C:「じいさん、大丈夫かい?」
シド:「大丈夫なもんか。足を止めるな、とっとと調べんか」
発掘員C:「じいさんはおかんむりだぜ!」
発掘員D:「足場が見つからねえんだよ」
シド:「火山性地層の上に鍾乳洞もあり、各種の地層の間には、妙に砂っぽい層がウエハースのようにあるか。こんな地層はマウンテンサイクルタイプとしか言いようがないな」

ブルーノ:「よく見えねえなあ。いろんな物がごちゃごちゃ映っててなんもわかんねえ」
ヤコップ:「レールガン1発撃ってみりゃ、なんか出てくんだろ」
ブルーノ:「地熱反応が強いんだぜ、撃って大丈夫かなあ?」
ヤコップ:「へへへへっ、撃ったら火山が爆発するってのか?」
コレン:「何遊んでんだっ!!」
ヤコップ:「は、はい!」

ロラン:「キエルお嬢さんのいるほうに、回り込まれた!?」

発掘員E:「戦場が移動してますぜ」
シド:「ありゃあ地底から起こった音だ。地中からガスが噴き出す時には、ああいう音がする」

アイキャッチ

コレン:「フィルにしろゼノアにしろ嘘こきやがって。出てこーい!!」

ブルーノ:「大将、やる気をなくしてくれたのかなあ?」
ヤコップ:「このままとんずらできないものかねえ」
ブルーノ:「あーいやだいやだ、何の因縁であんな軍曹についちまったんだか!」
ヤコップ:「あーいやだいやだ、何の因縁であんな軍曹についちまったんだか!」
ロラン:「はあーっ」
ブルーノ:「あっ」
ヤコップ:「おっ?」
ロラン:「ふっ・・・」
ブルーノ:「があーっ!」
ヤコップ:「げえっ!」
ディアナ:「ロラン・セアックがやった。武器を使った様子がないけれど」
ロラン:「どういうタイプのモビルスーツなんだろう?月で開発したんだろうか?パイロットはいない・・・ゴッゾーとしか読めないなあ」
「キエルお嬢さん」

ディアナ:「ロラン、敵は多いのですか?」
ロラン:「外に最低1機はいます」
ディアナ:「1機なら私が説得してみましょうか?」
ロラン:「何言ってるんです。引き返して別の出口見つけます」
ディアナ:「あっ、ごめんなさい。私、敵の大将さんに似ているらしいって、そういう話を聞きましたから」
ロラン:「お嬢さんにそういうすっとんきょうなところがあるなんて、僕、存じ上げませんでした」
ディアナ:「他人になるって難しいこと。キエルさんは?」

コレン:「いいかげんに見つけたって報告してこねえのかよ、ブルーノヤコップ!」
発掘員F:「じいさん、これ、なんですかねえ?」
シド:「ん、お宝が出たか?」
発掘員G:「ほら、こんな所に」
シド:「こりゃあ、マウンテンサイクルの爆弾に似てるが」
「ありゃ、まずい」
「全員外に出ろ、離れろ!」
発掘員達:「うわああーっ!」
「だあっ!」
コレン:「なんだっ?」
「なんだ?この下にこんな横穴やらがあんのか。ガンダム野郎はここに逃げてきたってのか?あっ、人がいる」

シド:「おおおおっ」
発掘員H:「き、機械人形!」
発掘員達:「うわあーっ!」
シド:「逃げ道はないのか?」
発掘員I:「後退はできません」
ディアナ:「あれは発掘隊の皆さんでしょ?」
ロラン:「そうです。落盤にあったみたいですね」
シド:「ロランも逃げろ!」
ロラン:「そっちも駄目ですよ!」
シド:「ええっ」
発掘員J:「なんで?」
ロラン:「そっちにも敵の機械人形が2機、倒れてるんです」
シド:「じゃあ、どこから逃げればいいんじゃ?」
ロラン:「ここで食い止めますから、キエルお嬢さんを連れてなんとか逃げ道を探してください!」
ディアナ:「ロラン!」
ロラン:「大丈夫です。人が通り抜けられる裂け目ぐらいはありますって」
「シドさん、お嬢さんをよろしく」

シド:「おうよ」
「足の調子が悪いのか?」
ディアナ:「あの方ならば大丈夫です」
シド:「あの方?」
ディアナ:「ミリシャのパイロットになられたのなら」
シド:「ああ」

コレン:「白ヒゲのガンダム野郎が。いるのはわかってんだよ、出てこーい!」
ロラン:「やっぱりあの変なモビルスーツだ・・・」
コレン:「へへっ、みーっけ!」
「よっ」

ロラン:「ううっ、こいつ、白兵戦にこだわるパイロット?」

発掘員K:「えっ、こいつをですか?」
ディアナ:「貸してくださいまし」
発掘員K:「シドじいさん!」
シド:「どうした?」
発掘員K:「このお嬢さんが銃を貸せってんです」
シド:「おう」
ディアナ:「私だけでも戻ります」
シド:「抜け道は確保しろ」
発掘員L:「はっ」
シド:「お嬢さん」
「キエル・ハイム、そういうのはお嬢さんの冷や水って言うんですよ」
ディアナ:「お上手でないんですね」
シド:「クック、モーリス、一緒にこい!」
ディアナ:(ロラン、あなたは勇敢なムーンレィスです)

ロラン:「踏ん張れない」
「・・・何っ?あいつ」

コレン:「それでガンダムとは失礼じゃねえか姉ちゃんパイロットよう。ローラ・ローラってのか?おめえだけが白いモビルスーツ使おうってのが無礼なんだよっ!」
「そーでなくっちゃ!」


シド:「落盤の音だ」
「キエル・ハイム!」
ディアナ:「遠くで見ていても、戦況はわからないでしょう」
シド:「硫黄だけじゃない、においが強くなってます。だめですよ、お嬢さん!」

ロラン:「なんだ?モニターを仕切っていたナノスキンの帯か?すっきりしてくれたけど、性能が落ちるなんて事ないよな。システムは死んではいないけど・・・熱いなあ、うわあっ!」
「モニターは復活してくれた?あいつ」

コレン:「ローラの姉ちゃんよ、まさか死んじまってねえよな?これから面白くすんだからよ!」
ロラン:「ホワイトドールのご加護はないのか?動けーっ!!おいっ!」
コレン:「うわーっ!!思った通りだ!!ローラの姉ちゃんよう!!!」
「わかっているか姉ちゃん、どろどろマグマに溶けりゃあ、大事な地球とひとつになれるぜー!あんたにゃ恨みはねえんだけどよう、俺の脳みそのどっかにガンダムちゃんにコケにされた記憶があってよう、それを消しちまいてえんだよーっ!!!」

ロラン:「ガンダムへの恨みって言ってる?うわあっ!」
コレン:「ローラの姉ちゃん、おめえも潰れなっ、おっ?」
ディアナ:「コレン・ナンダー!」
コレン:「・・・女王陛下!?」
ロラン:「キエルお嬢さん」
ディアナ:「ご苦労さま。コレン・ナンダーの任務は終了しております。お下がりなさい!」
コレン:「えーっ、そりゃおかしいや女王陛下、ガンダム、いますこれがガンダム、ねえそうでしょ?」
ディアナ:「ガンダムにはお髭がありますか?ありません。時代は違ったのですから、お前の任務は終了しております。命令に従わないなら私が処刑します」
コレン:「うえええっ、女王陛下さまー・・・」
ディアナ:「ならお退きなさい。罪は十分に償ったのですから」
コレン:「あうう、うっ、うわああーん!!!」
ロラン:「だっ、駄目か!」
コレン:「落ちろっ、マグマに溶けて消えてなくなれっ!」
ディアナ:「コレンッ。命令に従わないのなら、ディアナ・ソレルの名において処刑します」
コレン:「ディアナ・ソレルーッ!?俺はみんな女王陛下の幸せの為に働いてきた!」
ディアナ:「勝手なことを!」
ロラン:「来た!」
コレン:「うわあああーっ!!」
ロラン:「落ちるもんかーっ!!」

ディアナ:「なんで知っているかって?それは、あの軍人さんの事は特別に面白いって、いろいろ教えてくださったんです」
ロラン:「そうだったんですか。それにしても、お嬢さんがあんなに勇敢だったなんて、本当に驚きました」
ディアナ:「グエン様の所で修行してましたもの。非常時なのですからね」
ロラン:「そうですよね。僕だってもっと勉強しないと、どっちつかずになっちゃうもんな」
ディアナ:「あなたはよくやってますよ。私こそ驚いています」
ロラン:「そうですか・・・」
ディアナ:「休んだほうがいいようで」
ロラン:「・・・」

次回予告:「ディアナ・カウンターの追撃を逃れてある谷に出た。そこでキエルお嬢さんは発掘家のウィルさんと、月の娘と青年のおとぎ話を確かめる。僕は、テテスさんという人と温泉に入ってしまう事件がおきた。次回、ターンAガンダム『年上のひと』。記憶の風に、震える心」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gundamserifu.blog.fc2.com/tb.php/70-3c002932
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック