∀ガンダム ターンエーガンダム 第9話 コレン、ガンダムと叫ぶ

ここでは、「∀ガンダム ターンエーガンダム 第9話 コレン、ガンダムと叫ぶ」 に関する記事を紹介しています。
あらすじ:「どこかでこうなると思っていたけど、見るまでわからないというのが人間なのかもしれない。月から降りてきた人々と地元の人達との諍い、それは、力だけで収められるようなものではないと思う。だから僕くらいは、嘘をつかないでいたいと思ったんだ」

タイトル:「コレン、ガンダムと叫ぶ」


補給部員A:「うわあっ!」
DC士官A:「総員で荷物降ろしにかかるんだよ。チェックリストとブツの照合は忘れるな!」
補給部員B:「そのコンテナで最後です」
アナン:「よし」
補給部員達:「うわあーっ!」
アナン:「モビルスーツ3機?」
補給部員B:「そんなの送り状にありませんよ、あっ」
コレン:「・・・うおーっ!ぬ、ぬおーっ!」
アナン:「あっ、あの男性」
補給部員B:「ご存知なのですか?」
アナン:「今回送られてきた火薬の総量より危険な奴だ」
補給部員B:「火薬より?」
アナン:「あそこに立っているという事は!」
コレン:「よっ、へへへへ、とりゃっ、トウ、セブン、スリー、シックス!」
アナン:「軍刑務所から恩赦で出てきたんだわ」
補給部員B:「軍刑務所から?」
アナン:「それも冬眠刑に服役していた男、あっ?」
ブルーノ:「コレン・ナンダー独立部隊のブルーノ」
ヤコップ:「ヤコップ、見知りおいてもらう」
コレン:「緑の地球とはよく言ったもんだ。ほんとにけばけばしい色がくっついてやがる」
アナン:「至急、ソレイユのハリー中尉にこの事を伝えてくれ」
補給部員C:「はっ」
コレン:「よう、ゼノアってどいつだ?」
アナン:「ゼノア大尉なら現在発掘作業の任務に就いている」
コレン:「なんだここにはいねえのか。今日からここで寝床を借りることになったんだ、挨拶しようと思ったのに。ま、今後ともよろしくな」
全員:「あ、ああーっ!」
コレン:「おっ、あっおおおおっ」
ブルーノ:「軍曹殿!」
ヤコップ:「軍曹殿!」
コレン:「何?あっ、えっ?」
補給部員D:「馬鹿だよ」
補給部員E:「そうだな」
コレン:「おかしいか?」
補給部員D:「は、はい?」
補給部員E:「は、はい?」
コレン:「おかしいか?」
補給部員E:「い、いいえ」
コレン:「笑ったろ、え?」
補給部員D:「い、いえ」
コレン:「んーっ?」
補給部員E:「はっ、はははい」
コレン:「そうか、んーっ!」
補給部員D:「うわっ!」
補給部員E:「うわっ!」
コレン:「地球の重力ってやつもなかなかややっこしいもんだな」
補給部員B:「誰が送ってよこしたんです?あんな荷物を」
アナン:「地球帰還作戦の恩赦ったってねえ」
補給部員B:「上の幹部達は知ってんでしょう?」
アナン:「どうかな」
補給部員B:「は?」
アナン:「送り状に載っていない密輸品だったのだから、ここのお偉いさん達は知らないはずだ」

キエル:「新聞をお読みになりましたか?」
グエン:「同じ所を何度もね。地球人とムーンレィスの友好の掛け橋を目指すホワイトドールの機械人形。パイロットはムーンレィスだった」
キエル:「わからないものですね」
グエン:「何がでしょう?」
キエル:「山の中から出てきた朴訥な子のような顔をして、こんなことができてしまうんですよ」
グエン:「そのパイロットが、ローラといいます」
キエル:「でも、ローラとロランが同じ人だって事は、誰だってわかることでしょ?」
グエン:「君の言っていることは正確ではありませんね」
キエル:「どうしてでしょう?」
グエン:「同一人物だと知っているのはごく限られた者です。私と私の側近、そして君と妹さんのソシエさんぐらいです」
キエル:「そう言われれば確かに」
グエン:「ディアナ側が新聞に出たローラの名前を実在の人物と思い込んでくれれば、悪いニュースではありませんね」
キエル:「何かの時に利用できることだとお考えなのですか?」
グエン:「ああ・・・」

ロラン:「出かけたんですか?」
ベルレーヌ:「ええ、どこへ行くとも何時に戻るとも言ってなかったけど」
ロラン:「そうですか」
ベルレーヌ:「ごめんなさいね」
ロラン:「いえ、僕のほうが勝手に来たんですから。あっ、僕ロランといいます」
ベルレーヌ:「知ってるわ」
ロラン:「それじゃあ戻ったら、頑張れよって伝えておいてください」
ベルレーヌ:「伝えておくわ」
ロラン:「キース、お前はお前、地球人でずっと通していけよ」
「・・・」

親衛隊A:「ロラン・セアックだな?」
ロラン:「はい、そうですけど」
親衛隊A:「一緒に来てもらう」
ロラン:「どこへです?」
親衛隊A:「すぐにわかる」

グエン:「そうか、ロランからはなんの連絡もないのか」
側近:「はい」
ソシエ:「お姉さま、あたし達はだまされてたのよ」
キエル:「グエン様の前ですよ」
グエン:「新聞を読んだのかね?」
ソシエ:「あそこには私もいました。私達ずっとだまされてたんです、ロランに。ですから、おもいっきりひっぱたいてやったんです!」
グエン:「それは元気なことで」
ソシエ:「だってそうでしょう、最大に許しがたい事ですもの。それに・・・」
グエン:「なんだね?」
ソシエ:「私達が戦っている敵の星の人間に、頼ったり守ってもらったりしたんですよ。屈辱だわ!」
「お姉さまはよくも平気でいられるのね!」

キエル:「いい気持ちはしないけど」
グエン:「・・・ならソシエ君、君がホワイトドールに乗ってみてはどうだ?」
ソシエ:「グエン様、本当ですか?」
グエン:「ムーンレィスのローラに動かされるのが嫌なら、そうすべきだろう」
ソシエ:「は、はい、運転してみせます!」
グエン:「結構だ」
キエル:「ソシエ」
ソシエ:「人様に言われなくてもあたしはホワイトドールで、お父さまの仇を討ちます!」
キエル:「・・・あなた、そう、仇討ちを」

ロラン:「・・・」
ハリー:「よっ、ひさしぶりだな、ロラン・セアック君」
ロラン:「は、はい?」
ハリー:「違っているかな?」
ロラン:「い、いえ」
ハリー:「我々より先にこの地球へ送り込まれた君を、私に紹介してくれたのはポゥ少尉だ」
ロラン:「はい、あの何を?」
ハリー:「これは読んだな?」
ロラン:「はい」
ハリー:「ヒゲのモビルスーツが地球と我々の掛け橋になって動いているというが、パイロットはムーンレィスだという」
ロラン:「はい」
ハリー:「パイロットの名前はローラというらしいが」
ロラン:「そう書いてありましたね」
ハリー:「だが、データにはそういう名前の女性パイロットは存在しない」
ロラン:「そうなんですか?」
ハリー:「ローラというパイロットの居所はわからないか?どうせミリシャの一員だろ?」
ロラン:「ミリシャといったって、大きな組織なんですよ」
ハリー:「なら、ヒゲのモビルスーツを隠している場所は?」
ロラン:「はい?」
ハリー:「君も我々と同じムーンレィスなら、知りたいはずだ」
ロラン:「それはそうです。あれ、本当に地球で開発された物かどうか、それは知りたいですよ」
ハリー:「戦いを回避するには、ああいう物は排除するしかないのだ。ディアナ様の為にもな」
ロラン:「あ、ハリー中尉、中尉!中尉どうして!?」
ハリー:「後は頼む」
親衛隊B:「はっ」
ハリー:(ローラにロランか)
ロラン:「中尉、出してくださいよ!」

発掘部員A:「私達は見てません!」
発掘部員B:「目を離すなと言っただろ!」
ゼノア:「地図ではこの山になってんだが、モビルスーツの足1本出てこないな」
発掘部員B:「ゼノア大尉、こちらに挨拶に来るはずのコレン軍曹、来てませんよね?」
ゼノア:「コレン・ナンダーだろ。来てないぞ」

発掘員A:「ぼやぼやすんなよ」
発掘員B:「手の遅い奴がいるんだよ」
ジョゼフ:「手引き書の10ページ分ぐらいは暗記してくれただろうな?」
カプル隊達:「おう」
カプル隊A:「飛行機に乗ってたんだから、同じようなもんさ」
ジョゼフ:「横移動は難しいぞ。12ページ目の操作だ、いいな?」
メシェー:「まず手本を見せるわ、いいわね?」
「まず準備運動!」
コレン:「いねえじゃねえか白いモビルスーツなんて。・・・」
ブルーノ:「軍曹、戻りましょう。ゼノア大尉に知れたら軍規違反で・・・」
コレン:「隠れてんのならおびき出すしかねえな」
メシェー:「回避ーっ!」
ジョゼフ:「敵の攻撃か?」
メシェー:「ええ、逃げるのも訓練のうち」
コレン:「ヒゲのかわりにおめえと遊んでやるぜ。ひははははっ!」
「出てこーい、白ヒゲの野郎!ん?」

メシェー:「宇宙人の機械人形なんか」
「ああーっ!」
ジョゼフ:「メシェーまでが。くそっ!」
「しっかりするんだ!」
メシェー:「くっ、だ、大丈夫だって」
ジョゼフ:「あ?何!?そんなことよりこっちは敵の攻撃を受けているんだ!」
コレン:「出てきやがれ白ヒゲよう、コレン・ナンダー様が相手になってやる。貴様がガンダムだってことはわかってんだよっ!」

ロラン:(中尉はローラなんていうパイロットがほんとにいると思っているんだろうか?ホワイトドールのモビルスーツのこと、知りたいだけなんだろうな。だめだ、それだけは教えられない。事態がどうなるかわからないんだし。ディアナ様に献上したりすれば?いや、力のバランスが崩れたらディアナ・カウンター側は一気に武力で地球人を抑えつけるだろうな。それだけは、ディアナ様にだってさせるわけにはいかない。ねっ、メリーさん)
親衛隊C:「おい、中尉殿からの差し入れだ」
ロラン:「あの」
親衛隊C:「すぐ出してもらえるさ。ここは独房じゃないんだから」
ロラン:「キース?」
「・・・、ディアナ様に会わせてください!」
親衛隊C:「そんな事できるわけないだろ!」

ミリシャ士官A:「よう!」
キース:「これに乗っていれば、ミハエル大佐に間違いなく会えるんですね?」
ミリシャ士官A:「同じ事を何度も聞くな!」
キース:「すんません」

アイキャッチ

ソシエ:「ロランが書いてくれた手引き書があるんですから!」
グエン:「ああ、心配はしていない!」
キエル:「でも、機械人形なのでしょう?」
グエン:「妹さんの身を案ずるのはわかりますが、一途な気持ちというものは、時として人の能力を5倍、10倍に引き出すものです。運も味方につけてね」
キエル:「はい」
側近:「グエン様!」
ソシエ:「ふん!ホワイトドールは地球のもの。ムーンレィスのロランになんか渡すもんですか!」
グエン:「敵の奇襲を受けた?」
側近:「機械人形の訓練中だったそうです」
グエン:「その事は、ミハエル大佐の耳にも入っているのだろうな?」
側近:「はい」
グエン:「とうとうディアナ側から動き出したか」

ミハエル:「敵の斥候は動いているようだな」
ミリシャ士官B:「しかし、まだ部隊としては控えているようです」
ミハエル:「敵にとっても、ここ一帯は重要な食料庫になる」
ミリシャ士官B:「自分の隊以外にも増援がいります、布陣は任せてください」
ミハエル:「頼む!」
ミリシャ士官B:「はっ!」
ミハエル:「なんだ?」
キース:「あの、ミハエル大佐閣下でいらっしゃいますか?」
ミハエル:「君は?」
キース:「パン職人のキース・レジェと申します。機械人形を買ってもらいたいんです」
ミハエル:「機械人形を買ってくれ?どういうことだね?」
キース:「いえね、見たんですよ、敵の兵士が山の中に隠している所。場所はヴィシニティのはずれです」
ミハエル:「んん?」
キース:「嘘じゃありません。僕、お金が欲しいんで、この話を買って欲しいんです」
ミハエル:「金か」
キース:「ミリシャの為に一度にたくさんのパンを焼ける工場を欲しいんです」
ミハエル:「ああならいいだろう」

ミリシャ兵A:「うわあっ!」
ミリシャ士官C:「大佐に知らせろ!」
ミリシャ兵B:「伝えます!」
コレン:「おおーい、ミリシャを攻めてんだぁ!畑を占領してんだぁ!ヒゲのガンダムよう!出てこいってよう!」

グエン:「わかった、初めて見るタイプの機械人形だな?」
「ロランからの連絡は?」

側近:「ありません」
キエル:「そんなに次々となのですか?」
グエン:「ディアナ・カウンターは戦力を増強している証拠です」
ソシエ:「お尻が痛くなっちゃった。何?何があったの?」
グエン:「ソ・・・ソシエ・ハイム嬢」
ソシエ:「・・・なんでしょう?」
キエル:「グエン・ラインフォード様」
グエン:「すまない、キエルさん」
ソシエ:「・・・出撃ですか?」
グエン:「いや偵察だ。牽制したい、ということはあるが」
キエル:「機械人形を動かしたばかりのソシエにですよ?」
グエン:「そうなんだが」
ソシエ:「行きます。戦争なんてまだできませんけど」
グエン:「偵察でいいのだ。ホワイトドールが動いたとディアナ・カウンターに見せればいい」
ソシエ:「はい!」

ミラン:「コレン・ナンダーだというのか?」
ゼノア:「はっ、はい、収監時の番号もあっていました」
ハリー:「なんでそんな奴が地球に降りてきたんだ?」
ゼノア:「驚いたのは自分であります。お前の所へ配属されたと一方的だったのです」
ディアナ:「前線でのコレンの問題は何か?」
ミラン:「軍の統制を外れている軍人だということです」
ディアナ:「コレンは情の篤い男です。それからでた禁固刑でしたが」
ハリー:「恩赦をお与えにはなっていない?」
ディアナ:「それは」
ハリー:「内輪もめは内輪もめでしたが」
ミラン:「地球人相手では話は違います」
ハリー:「そうでしょうが、前線をなだめるにしても」
ミラン:「どうするかね?」
ハリー:「私に任せてください」
ミラン:「君に?」
ハリー:「私ではないが」
ディアナ:「よしなに」

ロラン:「でも、ローラの居場所はミリシャにでも聞きませんと」
ハリー:「だから君に頼んでいるのだ。我々のモビルスーツが動くのも問題がでる」
ロラン:「わかりました」
ハリー:「オートバイを使え」
ロラン:「はい」
ハリー:「頼む。ロラン・セアック君」

ロラン:「ソシエお嬢さんに何かあったら!」
グエン:「ローラ!」
ロラン:「グエンさんの責任ですよ!」
グエン:「ローラ!」
キエル:「ロラン!」
グエン:「ミリシャもカプルを出しているんだ、ローラ!」
キエル:「グエン様・・・」
グエン:「ミハエル大佐達には伝えてあります。ローラが思うほどソシエさんは前に出たりしませんよ」
キエル:「ミリシャの働きは信じています」
(私、グエン様の言いなりになりすぎているのじゃ?)


ロラン:(あの2人は、ソシエお嬢さんの気持ちを利用して兵隊にしようとしている大馬鹿者だ)

コレン:「でてこーい!ヒゲのガンダムやい!ザコを相手にしてもつまんねえぞー!」
ミリシャ士官D:「ガンダム?」
ミリシャ兵C:「なんのことだ?」
ミハエル:「手を休めるな、火を消せ!」
ミリシャ士官D:「敵の機械人形が」
ミハエル:「ホワイトドールが来てくれる。装甲車部隊だって」
コレン:「ガンダムちゃん出てきてよん!ガンダムー!ガンダ、うおっ!来たか!でっへへへっははははっ!思う存分遊んでやるぜ!」
キース:「ホワイトドールのモビルスーツ?」
ミリシャ士官D:「ガンダムって言ってましたよね?」
ミハエル:「敵はああいう物をそう呼ぶんだろ」
ソシエ:「まずい、前へ出すぎた。3人もいるなんて聞いてなかった」
コレン:「丸腰で来るとは珍しいじゃねえか!」
「ヤコップもブルーノも手ェ出したらただじゃおかねえぜ!」

ソシエ:「あっ、やっぱり!!」
「うわあっ!!」

コレン:「っらあーっ!」
ソシエ:「うわあああっ!!!」
「機関砲とかあるって!」

コレン:「弱えぜガンダム、おっ、あれ?」
ソシエ:「なんの取っ手?掴めるの?」
コレン:「そんなのにだまされるかいっ」
ソシエ:「武器を捨てないと撃ちます!」
コレン:「女?女が乗ってるのか、あはははっ!」
ミリシャ兵D:「こっちへ来るぞ!」
ミハエル:「なんで機関砲部隊を呼ばないんだ?」
キース:「あいつ、ロランじゃないか!」
ミハエル:「知ってるのか?」
キース:「知ってますよ!」
ロラン:「ソシエが戦っている?」
コレン:「ふっへへ、ぬっじゃくもーい!」
ソシエ:「あら?」
「なめるなーっ!」

コレン:「うおーっ!」
ソシエ:「うわっ!」
ロラン:「ソシエーッ!!」
コレン:「女だと思って油断しちまった、・・・眩暈がするぞ、あ」
ロラン:「・・・お嬢さん!」
ソシエ:「ロラン、さわらないで!!」
ロラン:「なんで断らなかったんです?」
ソシエ:「ムーンレィスのお前なんかに、ホワイトドールを任せるわけにはいかないでしょ」
ロラン:「お嬢さん、・・・」
コレン:「あらららら、世界中が回ってるわ」
ロラン:「そこに休んでてください!」
キース:「ロランが運転してんだよな?」
ロラン:「お嬢さんを頼みます!・・・来る!」
コレン:「しぶてえ女だな。こっちも本気になるぜ」
「勝負ーっ!!」
「うおっ、動きがよくなってる!」

ロラン:「はぁ・・・あ・・・」
ブルーノ:「軍曹、どうしたんです?引き下がるんですか?」

コレン:「てめえら、俺だって地球の重力に勝てるほどタフじゃねえんだ、今の俺には地球がメリーゴーランドのように回って見えてんだよ!!」
ヤコップ:「ブルーノ、ここは大将の体を大事にしましょうや」
ブルーノ:「了解!」
ヤコップ:「敵の性能を知ることが先だからな」
ロラン:「ビームサーベルか、それが肩の後ろに2つある。けど、こんな兵器、使っていい物じゃない。ディアナ・カウンターは戦乱を呼ぶと思うな」

次回予告:「それはほんのいたずら心で始まった。ディアナ様は御自分のうしろ姿を眺めてみたいと思っただけだし、キエルお嬢さんもいつもと違う自分を演じてみたかったんだと思う。でもそれがお二人を苦労の道に向かわせる事になった。次回、ターンAガンダム『墓参り』。風が、挽歌に聞こえた」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gundamserifu.blog.fc2.com/tb.php/65-d741cc1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック