∀ガンダム ターンエーガンダム 第1話 月に吠える

ここでは、「∀ガンダム ターンエーガンダム 第1話 月に吠える」 に関する記事を紹介しています。
クルーA:「対地進入角、速度共に良好」
クルーB:「各機の対地進入システム、確認」
調査員A:「フラット1異常なし」
キース:「フラット2異常なし」
調査員B:「フラット3異常なし」
調査員C:「フラット4異常なし」
調査員D:「フラット5異常なし」
調査員E:「フラット6異常なし」
ロラン:「メーリさんの羊、メーメー羊、メーリさんの羊、かわいいね。どーこでもついてく、メーメー羊、どーこでもついてく、かわいいね・・・」
キース:「フェイスガード、閉じろ」
「ワンリトル、ツーリトル、スリーリトルムーンレィス。フォーリトル、ファイブリトル、シックスリトルムーンレィス。セブンリトル、エイトリトル、ナインリトルムーンレィス。テンリトルムーンレィスガール・・・」

フラン:「ローンドブリッジフォーリンダウン、フォーリンダウン、フォーリンダウン。ローンドブリッジフォーリンダウン・・・。鉄棒で架けろ、架けろ、架けろ。鉄棒で・・・」

タイトル:「月に吠える」

フラン:「・・・熱いじゃない、ロラン」
ロラン:「面白いんだもの」
フラン:「大丈夫でしょ?」
キース:「ああ、誰にもわかりはしないさ」
フラン:「元気でね、キース、ロラン」
キース:「フラン・ドールもな!」
「ロランも無理すんなよ!」

ロラン:「ありがとう、キース!」

ロラン:「・・・」
「はぁはぁはぁ・・・、うっ、あっ、えっ?」

リリ:「さすがでらっしゃいますわ、グエン様」
少女A:「わざと逃がしておやりになったのね」
少女B:「コヨーテが逃げて行っちゃう」
少女C:「あの坊や大丈夫?」
リリ:「おやりになることがさすが私達のグエン様でらっしゃる」
少女A:「お元気でね、坊や!」
少女B:「ふふふっ」
ロラン:「ふぅ・・・」

ロラン:「ふぅん!・・・」
「・・・へえーっ」
「わぁー」
「メーリさんの羊、あっ」
「ああ・・・、ああっ・・・」
「はっ!・・・ぷはっ・・・はっ」

ソシエ:「姉さん!」
キエル:「あの子、溺れてる!」
ソシエ:「ジェシカー!!」
キエル:「ジェシカ、サムを下流から!」
ジェシカ:「サーム!」
サム:「おうよ!」
ロラン:「・・・」

ジェシカ:「顔色はよくなってるわね」
サム:「もう大丈夫でさあ」
キエル:「およしなさい!」
ソシエ:「これを追いかけて溺れたのよね、きっと」
キエル:「よそ者が流れてくるなんて珍しいことじゃないわ。ジェシカ!頼むわね」
ジェシカ:「はい、お嬢様」

ロラン:「は・・・、はぁーっ」
ジェシカ:「食いな」
ロラン:「あ、あちっ・・・」
ジェシカ:「このハイム家はね、溺れてなきゃお前みたいなよそ者には出入りできない所なんだよ」
「ソシエお嬢様、そんなのに関わらないほうがいいですよ!」
ロラン:「・・・」
ソシエ:「は・・・」
ロラン:「うっ、ぐっ・・・、はあーっ・・・」
「・・・恵んでもらうつもりはありません。お金は少しありますし」

ソシエ:「わかってるわ、ロラン・セアック君」
「高いわよ、うち」

ロラン:「なら、働いて返します。調べたんですか?」
ソシエ:「あなただってあたし達を見たじゃない」
ロラン:「溺れてたからちゃんと見られませんでした」
ソシエ:「残念ね」
ロラン:「・・・そうですか?」
ソシエ:「・・・あたし達よりこっちのほうに興味があったんだ?」
ロラン:「返してください、僕のですよ!」
ソシエ:「いやよ!」
ロラン:「そんなの!」
ソシエ:「今夜はどうするつもりだったの?」
ロラン:「・・・この町にはハイム鉱山があるから、そこに住み込ませてもらおうと思って」
ソシエ:「へー、考えてはいるんだ」
ロラン:「ハイム鉱山?あっ、ここハイムさんってうち?」
ソシエ:「そ!」
「キャハラン!」

ロラン:「いくらですか?」
ジェシカ:「いいんだよ!」

ソシエ:「これね、あっ」
ロラン:(本当にディアナ様に似ている・・・)
キエル:「成人式の為に体を清めていたのに、めちゃめちゃにしてくれたわね」
ロラン:「謝ります、あっ、ああーっ!」
ソシエ:「ふっ、ふふふふっ!」
キエル:「お父さまに、鉱山で働けるように頼んでおいてあげたわ」
ロラン:「ありがとうございます!本当に。川の流れがあんなに強いなんて、僕知らなかったんです。それで溺れてしまって。それを助けてくださってありがとうございます」
ソシエ:「すぐにね!」
キャハラン:「はい」

ソシエ:「あなたも行くでしょ?」
ロラン:「はい?どこへですか?」
ソシエ:「お祭りよ」

村人A:「自動車は行けないよ」
キエル:「マウンテンサイクルへ」
少年達:「マウンテンサイクルへー!!」
ロラン:「あ」
ソシエ:「行くわ!」
村人B:「出発だ!」
ソシエ:「行くわ」
ロラン:「あれ、お姉さんだろ?」
ソシエ:「そうよ」
「あたしは再来年」

サム:「お嬢さん達はここまでです。今夜はこれ以上上がっちゃいけません、宵越しの祭りがありますからね」
ロラン:「僕だって15歳ですよ」
サム:「よそ者は、おいっ!」
ソシエ:「ロラン!」
サム:「お嬢さん!」
ソシエ:「よそ者はこれ以上登れないのに」
ロラン:「・・・」
「へえーっ!」

ソシエ:「見つかったら叩き出されるわよ」
キエル:「これからは成人式の宵越しの祭りになります。大人の方々は下山してくださいませ」
ロラン:(ホワイトドールってこっちのことなのか?)
村人C:「大人は下山だ、下山!前のほうからさっさと降りろよ!」
ソシエ:「ロラン」
村人D:「さあ下山だ」
村人E:「下で飲みあかそうぜ」
村人F:「若いのはいいよな」
ソシエ:「ロランッ!」
村人C:「タブーを破るのか、こんガキャあ!」
ロラン:「・・・」
キエル:「パートナーを選びます!」
少年A:「おい、キエル、俺だぜ!」
少年B:「キエル、俺だって!」
少年C:「キエル、俺を選んでくれよ、俺だ俺だ!」
少年D:「キエルさん、今日は本当にきれいだ!」

アイキャッチ

メシェー:「パパの新型、すごい」
「競争しよ!どのくらい速いかさー!」
ラダラム:「よーし!見てろよ!新型機の性能を!さーっ!」

鉱員A:「せーのっ!」
鉱員B:「暑いから早くすまそうぜ!」
鉱山長:「ロランどこだ?」
鉱員C:「新しい縦穴のエレベーターのとこです」
鉱山長:「ん」
鉱員C:「いやこっちの話だ」
鉱山長:「ロラン、仕事を終えろ!」
ロラン:「はっ、はい!」
鉱山長:「ハイムの旦那がお呼びだ!」
ロラン:「旦那様がですか?」
鉱山長:「お前が機械に強いってのが旦那さんの耳に入ったんだよ!」
ロラン:「・・・」

ロラン:「はっはっはっ・・・」
ソシエ:「これがグエン様の最新式の車よ」
ロラン:「あの、ロラン・セアックです」
キエル:「乗用車だって、スポーツのように走らせたいとおっしゃってたのよ」
ソシエ:「すごーい、ここも座席になってる!」
キエル:「グエン様が作らせたのよ」
ソシエ:「うわっ、みーんなピカピカ。お姉さま、すごいわよ!」
キエル:「見たわよ」

ディラン:「戦闘機も必要なんでしょうかね?」
グエン:「海上での戦闘も考えています」
ディラン:「ガリア大陸が攻めてくるってんなら、そうなりましょうな」
グエン:「ですから、増産路線は続けます。これで結構です」
ソシエ:「・・・」
グエン:「他の領地の山へ進出することも考えてください」
ディラン:「承りましたが、本当に戦争は始まるので?」
グエン:「噂ですよ。しかしこれを利用して、工業化社会を作りたいというのが私の狙いです」
ディラン:「さすが御曹司。御領主の後継ぎながら、時代の産業を興そうとは」
グエン:「年寄りが政治と外交をやっていれば、そうするしかないでしょう」
ディラン:「ん?」
執事:「ロ、ロランの奴が」
ディラン:「来ていたのか」
「ロラン・セアック、君は今日からこっちで運転手の見習いをやってもらう」
ロラン:「自家用車のですか?」
ソシエ:「よかったわね、ロラン!」
ロラン:「あ・・・」
キエル:「お父さま」
ディラン:「空いている時間には勉強もして大学へ行け。ラインフォード様の創る新しい時代の担い手になるんだ」
グエン:「その髪の毛の色」
ロラン:「はい?」
グエン:「思い出したんだ。コヨーテに襲われていた少年と、同じ髪の色だって」
ロラン:「ああ!ありがとうございました!」
グエン:「撃ちもらしたので、心配もしたのだがね」
ロラン:「おかげさまで、ここのお嬢様方にも助けられて」
ディラン:「ははは、縁があるのなら、ますます勉強して御曹司に恩返しをしなければな」
ロラン:「はい!」
ソシエ:「よかったわね、ロラン」
キエル:「でも、新時代の学問というのは厳しいのよ」
ロラン:「はあ」
キエル:「そうでございましょ?グエン様」
グエン:「そうだが、ローラは君のお父様の目にかなったんだろ」
ディラン:「奴には今年、2年遅れの成人式に参加させますし、な?」
ロラン:「・・・お願いできるんですか?」
ソシエ:「あたしと一緒に?」
グエン:「外に新型を持ってきている。君の腕を試してみたいな、ローラ・セアック」
キエル:「グエン様」

キエル:「グエン様、あれでしょ?ミリシャの飛行機部隊」
グエン:「ミスター・クンは天才的な飛行機家だ。あの速いほうの機体で部隊を編成させている。アクセルをふかして。そうだ。温度計がセンターに来るまで待って」
「そうそう、キエルさんはこの夏のお城のパーティーに招待します」

キエル:「ボストニア城のですか?」
グエン:「勿論です。ご両親には不都合はございませんね?」
ディラン:「ええ、ええ、娘の社交界デビューがボストニア城とは誉れであります」

キエル:「ふふふ、ふふふっ」
「グエン様、ロランのこと、ローラって言ってたな」


メシェー:「へたー、あれでミリシャだってんだから」
ミハエル:「手の空いている奴は飛行船の下へ集合させろ!」
メシェー:「大佐、いいですよね?」
ミハエル:「御曹司の顔を見に行くのか?」
メシェー:「父ちゃんの飛行機を買ってくれた人だからね」
ミハエル:「バカ言え、私がメシェーの親父さんの飛行機を推薦したんだ。御曹司は金を出しただけだ」
メシェー:「へ」
「パパーっ!!」

グエン:「量産に入っているから数は心配するな。この車も使ってくれ」
ミハエル:「ありがとうございます!」
グエン:「いい腕だった。期待してるよ、ローラ」
ロラン:「はい!」
メシェー:「ばははーい」
「ロランだろ?」
ソシエ:「ロランよ」
ミリシャ兵A:「手が足らねーんじゃねえか!?」
ミリシャ兵B:「ふざけてる暇ねえだろうが!!」
飛行船クルーA:「モーター回せ!」
ミリシャ兵C:「おい、ぐずぐずするんじゃねえ!」
ミリシャ兵D:「そっちのブレンチを外せ!」
ソシエ:「ん?」
メシェー:「ふ」

キエル:「すぐ済ませるわ。ここで待っていてね」
ロラン:「はい」
ソシエ:「行かないの」
ロラン:「どうしてです?」
ソシエ:「姉さんのパーティーのアクセサリーの買い物なんか、誰がつきあうもんですか。ここは成金趣味のお店よ」
ロラン:「キエルお嬢様は、趣味いいですよ」
ソシエ:「ロランはすぐそれだ」
ロラン:「ん?」
キース:「ちゃんと暮らしてるようじゃないか」
ロラン:「キースこそ。パン屋かい?」
キース:「ああ。フランもこのノックスで働いてるぜ」
ロラン:「フランとも会ってんのか?」
キース:「行けよ」
ロラン:「僕はヴィシニティのハイム家に勤めている」
キエル:「ノックスの街に出稼ぎのお友達?」
ロラン:「田舎で、顔を知ってるって程度の人です。よろしいですか?」

ソシエ:「作文の宿題はすませたの?」
キエル:「勿論。ケイト先生に叱られるのは時間の無駄でしょ」

先生A:「ごめんなさいね。私の都合で早く切り上げちゃって」
ソシエ:「いいんです。また来週」
先生A:「ごきげんよう」
先生B:「ミス・キエル・ハイム」

ソシエ:「ぶーん!」
「ロラン?いないの?」
「・・・」

ロラン:「・・・お?」
キース:「ばぁ、よく来られたな」
ロラン:「ずっとそこにいたのかよ」
ソシエ:「あら?友達?」
キース:「元気なんだろ?」
ロラン:「勿論。キースも、パン屋やってるって?」
ソシエ:「何を話してんだろ?」
キース:「小麦粉のひんやりした感触ってのはいいぞ。いてっ!」
ロラン:「ぁ・・・、うまいじゃないか!」
キース:「な」
ロラン:「フラン・ドールは?」
キース:「来られるってさ」
「おう!」

ロラン:「フラン!」
ソシエ:「あっ、女の人じゃない!」
フラン:「・・・ロラン!」
ソシエ:「田舎物同士の集まりか」
フラン:「・・・会いたかったよ!」
ロラン:「僕だってさ!」
フラン:「キースのパン、おいしいでしょ」
ロラン:「うん。フランは新聞社の印刷所で働いてんだって?」
フラン:「そうなのよ。インクの匂いがまるで取れないの」
ロラン:「・・・いい匂いじゃないか」
ソシエ:「あの女、キスさせるの?」
フラン:「でもさ、これで地球でやっていけるって自信ついたよね」
キース:「よせよ、そういう話」
フラン:「でもさ、新聞社ならリアルタイムでニュースがわかると思ったんだけど、月のニュースって何もないんだよ」
キース:「ガリアの大陸が攻めてくるって噂がデマで、月の事じゃないか?」
ロラン:「ああ、そうなんだ」
キース:「ロラン、あれどうなってる?大丈夫なんだろ?」
ロラン:「忙しくって見に行ってないんだ」
フラン:「フラットは自分でちゃんと谷に潜ったわ。見つかるわけないじゃない」
ソシエ:「何見てんだろ?あの3人」
ロラン:「地震でもあれば心配だけどさ」
フラン:「車、使えるんでしょ?」
キース:「そうだよ、お前近いんだから見てこいよ」
ロラン:「えーっ、バカ言うなよ」

キエル:「はぁぁ・・・」
ソシエ:「キャハラン!山から持ってきたトラックの修理なんてさ」
「逆のほうじゃない」


ソシエ:「ライト、消したほうがいいんじゃない?」

ロラン:「・・・」
「・・・」

ソシエ:「はぁ・・・」
「あっ」

ロラン:「ふふふふっ!ふふふふっ!・・・」
ソシエ:「はぁ・・・」
ロラン:「みんな、地球ってとってもいいところだぞ。早く戻ってこい!」
ソシエ:「・・・!」
ロラン:「地球はとてもいいところだ、みんな、早く戻ってこーい!!!」
ソシエ:「・・・」

次回予告:「ヴィシニティが僕の故郷になる日、ミリシャの人々はディアナ・カウンターを見て過剰に反応してしまった。僕もホワイトドールの石像が崩れた時、息をのんでしまった。モビルスーツが現れたからだ。次回、ターンAガンダム『成人式』。風が吹いた」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gundamserifu.blog.fc2.com/tb.php/56-ac17d8b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック