機動戦士ガンダム 第43話 脱出 最終話

ここでは、「機動戦士ガンダム 第43話 脱出 最終話」 に関する記事を紹介しています。
タイトルコール:「脱出」

シャア:「ん?・・・ガンダムめ」
アムロ:「シャア!」
シャア:「・・・だ、誰だ?」

ブライト:「右舷の攻撃に集中させろ」
「フラウ・ボゥ、ガンキャノン、ガンタンクはどうだ?」

フラウ:「健在です。敵基地の入り口に接近中です」

カイ:「外からドンパチやったって埒あかないのよね」
ハヤト:「カイさんだけにいい思いはさせないぞ!」
カイ:「野郎!ここの一番乗りは俺だってのに」
「そらみろ」

ハヤト:「う、うわっ!」

シャア:「うっ」
「ガンダム・・・」

アムロ:「む・・・」
「こう近付けば四方からの攻撃は無理だな、シャア!」

シャア:「な、なんだ?」
アムロ:「なぜララァを巻き込んだんだ?ララァは戦いをする人ではなかった!」
シャア:「チィッ!」
アムロ:「シャア!!」

連邦兵A:「おい、しっかりしろ!死ぬんじゃないぞ!」
連邦兵B:「あとはモビルスーツ隊に任せろ!」

シャア:「ガンダムのパイロットはアムロといったな。どうする?あのニュータイプに打ち勝つ方法は?ん?・・・ララァ、教えてくれ。どうしたらいいのだ?」

マーカー:「うわあっ!」
オスカ:「うわあっ!」
ブライト:「うっ、エンジン急速閉鎖」
「エンジン切り離せ、ミライ」

ミライ:「はい」
「着底します」
ブライト:「任せる」
「全員に告げろ、白兵戦の用意をさせろ」

オスカ:「はい」
ミライ:「・・・コ、コントロールが」

カツ、レツ、キッカ:「わあっ!」

ミライ:「あっ」
ブライト:「周囲に気をつけろ。どこから敵兵が出てくるかわからんぞ」

カイ:「うあっ、ホワイトベースのエンジンが両方とも!」
ハヤト:「ああっ!乗組員のみんなは?」

ブライト:「カイとハヤトには援護を頼め」
フラウ:「はい」
ブライト:「フラウ・ボゥも拳銃を」
フラウ:「はい」

アムロ:「どこだ?シャア」
シャア:「は・・・」
「・・・?違うか!」

シャア:「ガンダム・・・」
アムロ:「ううっ!・・・シ、シャアめ!」
「まだだ、たかがメインカメラをやられただけだ」


ジオン兵A:「ジオング撃墜。識別信号解除!」
キシリア:「赤い彗星も地に落ちたものだな・・・」
ジオン兵B:「Nフィールド応答なし!」
ジオン兵C:「Sフィールド応答なし!」
ジオン兵D:「なに?ミサイルが?」
ジオン兵E:「Wフィールド24ブロックに弾丸を送れ!」
ジオン兵F:「スネイク、スネイク!」
キシリア:「しかし、ガンダムのパイロットがニュータイプとして異常発達したものならば、やむを得ぬというところか。そうだな?」
トワニング:「は、閣下」
キシリア:「私の脱出15分後にここを降伏させるがいい」
トワニング:「し、しかし」
キシリア:「グラナダの戦力と本国の戦力が残っているうちにな」
トワニング:「し、しかし、今となっては脱出こそ至難の業かと」
キシリア:「私が生き延びねばジオンが失われる」
トワニング:「降伏後、私の身柄は?」
キシリア:「捕虜交換の折に引き上げよう」
トワニング:「は」
キシリア:「船の用意を」
トワニング:「ただちに」

カイ:「まるでアリじゃねえか、あっちこっちと」

ブライト:「敵の陸戦隊が出てくるぞ。総員、バズーカ、ライフルで立ち向かえ!」

アムロ:「シャアだってわかっているはずだ。本当の倒すべき相手がザビ家だということを。それを邪魔するなど・・・」
「シャア、いるな!」
「うわあっ!!」
「・・・今の僕になら本当の敵を倒せるかもしれないはずだ」
「ザビ家の頭領がわかるんだ」

シャア:「その力、ララァが与えくれたかもしれんのだ、ありがたく思うのだな」
アムロ:「貴様がララァを戦いに引き込んだ!」
シャア:「それが許せんというのなら間違いだな、アムロ君」
アムロ:「な、なに?」
シャア:「戦争がなければ、ララァのニュータイプへの目覚めはなかった」
アムロ:「それは理屈だ!」
シャア:「しかし、正しいものの見方だ」
アムロ:「それ以上近付くと、撃つぞ」
シャア:「今、君のようなニュータイプは危険すぎる。私は君を殺す!」

ハヤト:「うわあっ!」
「うわーっ!」

カイ:「馬鹿野郎、あれじゃ援護にならないじゃねえか!」
「白兵戦かよ・・・」

セイラ:「みんなは?・・・あっ、兄さん」

ジオン兵G:「外には敵がうようよいるんだ」
ジオン兵H:「ドム中隊をまわせ。いくらなんでもザンジバル1隻じゃあ」
ジオン兵I:「冗談じゃないよ、死にに行く訳じゃないんだ。護衛機をまわせ。ザクでいいザクで!」
キシリア:「手間取るようか?」
ジオン士官A:「申し訳ありません」
キシリア:「急がせい、他の兵に気取られるな」

ジオン兵J:「24ブロックで中隊長殿が!」
ジオン兵K:「陸戦が始まっているって?」
セイラ:「あの向こう」
「あ・・・」

シャア:「貴様が最強の兵だからだ」
アムロ:「本当の敵はザビ家ではないのか?」
シャア:「私にとっては違うな!」
アムロ:「うっ・・・」
シャア:「・・・」
アムロ:「・・・」
シャア:「チィッ!」
「わかるか?ここに誘い込んだ訳を!」

アムロ:「ニュータイプでも体を使うことは普通の人と同じだと思ったからだ!」
シャア:「そう、体を使う技はニュータイプといえども訓練をしなければ!」
アムロ:「そんな理屈!」
セイラ:「やめなさいアムロ!やめなさい!兄さん!」
「2人が戦うことなんてないのよ!戦争だからって2人が戦うことは!」
シャア:「ヤアッ!!」
アムロ:「チィッ!!」 
セイラ:「あっ、あれ!」
アムロ:「い、今、ララァが言った・・・ニュータイプはこ、殺しあう道具ではないって」
シャア:「戦場では強力な武器になる。やむを得んことだ」
アムロ:「貴様だってニュータイプだろうに!!」
セイラ:「やめて、2人が、ああっ!!」
シャア:「うわあっ!!」
アムロ:「ううっ!!」
「ああっ!」

セイラ:「あっ!」
「あっ、アムロ、大丈夫?」
アムロ:「ぅ・・・」
シャア:「アルテイシア!」
セイラ:「兄さん、やめてください。アムロに恨みがある訳ではないでしょう!」
シャア:「しかし、敵にする訳にはいかん相手であれば、倒せる時に・・・」
セイラ:「兄さんの敵はザビ家ではなかったの?」
シャア:「ザビ家打倒なぞもうついでの事なのだ、アルテイシア。ジオン無きあとはニュータイプの時代だ。アムロ君がこの私の言うことがわかるのなら・・・私の同志になれ、ララァも喜ぶ」
アムロ:「・・・なに!?」
セイラ:「兄さん、なんてことを、あっ!」
アムロ:「あっ!」
シャア:「うわっ!」
セイラ:「兄さん、ひ、額の傷は?」
シャア:「ヘルメットがなければ即死だった」

アイキャッチ

アムロ:「・・・う・・・ううっ・・・ぐ・・・」

ジオン兵L:「キシリア閣下が脱出されるので護衛にと思いましたが、残念です。た、大佐なら」
シャア:「安心しろ。貴様に代わって閣下は必ずお守りしてみせる」
ジオン兵L:「あ、ありがとうございます。噂の火傷はございませんな・・・」
シャア:「ここもだいぶ空気が薄くなってきた。アルテイシアは脱出しろ」
セイラ:「兄さんはどうするのです?」
シャア:「ザビ家の人間はやはり許せぬとわかった。そのケリはつける」
セイラ:「兄さん!」
シャア:「お前ももう大人だろ。戦争も忘れろ、いい女になるのだな。アムロ君が、呼んでいる」
セイラ:「アムロが?」

シャア:「キシリア閣下は?」
ジオン兵M:「出港されるところであります」

ジオン兵N:「上空、サラミス接近中。急速発進!」
ジオン士官A:「座れん者は床に伏せさせろ」
ジオン兵O:「10!9!」

シャア:(ガルマ、私の手向けだ。姉上と仲良く暮らすがいい)

キシリア:「シャアか!」

アムロ:「・・・だ、駄目か」

セイラ:「み、みんなの所になんか、い、行けない。い、行ったって、生き延びたって兄さんが・・・」

アムロ:「うわっ!・・・うぅ・・・」
「ち、ちくしょう、こ、ここまでか・・・」
「・・・まだ助かる」
「・・・し、しかし、ホワイトベースのみんなは?セイラさんは?」
「う・・・うぅ・・・、・・・ララァの所へ行くのか」

(ララァ):(殺しあうのがニュータイプじゃないでしょ)
アムロ:「えっ?そ、そうだな。どうすればいい?」
(ララァ):(フフ、アムロとはいつでも遊べるから)
アムロ:「ララァ」
(ララァ):(決まってるでしょ)
アムロ:「あ、見えるよ、みんなが」
(ララァ):(ね、アムロなら見えるわ)
アムロ:「セ、セイラさん、た、立って、立つんだ!」

セイラ:「アムロ?アムロなの?でも、ここはどこだかわからないのよ・・・」
「・・・ここをまっすぐ?」

アムロ:(そうです、そして500メートル行ったら左へ90度曲がってください)

セイラ:「500メートル行って、あっ」

ブライト:「第16ハッチは封鎖だ」
ミライ:「はい!」
ブライト:「アムロ・・・」
「退艦命令を出さないと全滅する?」

ミライ:「ハッチを閉じて。もうむこうには味方はいないわ」
ジョブ:「は、はい」
ミライ:「アムロ?そ、そうね、ええ、ランチの発進準備をさせるわ」

フラウ:「アムロ?」
アムロ:(僕の好きなフラウ、次に銃撃がやんだら一気に走り抜けられるよ)
フラウ:「アムロなのね、どこにいるの?」
アムロ:(ランチの所へ行くんだ、いいね?)
フラウ:「あたしが走ったら走るのよ、いいわね?」
カツ、レツ、キッカ:「うん!」

カイ:「ええい、ホワイトベースだけを狙って」
ハヤト:「この船、目立ちますからね。おっ?」
「聞こえましたか?」

カイ:「あ、ああ、アムロだ」
ハヤト:「ここはもう撤退ですって」
カイ:「そう思うな」
ハヤト:「連邦軍は優勢らしいし・・・」
カイ:「勝つとなりゃ、ここを引き上げてもよかろう」
ハヤト:「じゃ!」

セイラ:「あっ、ホワイトベース」
「ああっ!」
カイ:「セイラさん、こっちよ!!」
ミライ:「セイラ!」
カイ:「おおっと!」
セイラ:「カイ!」
ブライト:「よーしいいぞ、やってくれ!」
オムル:「了解!」
カイ:「ホ、ホワイトベースが・・・」
ハヤト:「ホワイトベースが、沈む・・・」
ブライト:「アムロが呼んでくれなければ、我々はあの炎の中に焼かれていた・・・」
セイラ:「じ、じゃあ、このランチにアムロはいないの?ブライト!」
ブライト:「いない。セイラやミライの方が聞こえるんじゃないのか?」
セイラ:「えっ?」
ブライト:「ジオンの忘れ形見のセイラの方が我々よりよほどニュータイプに近いはずだ。捜してくれ!アムロを!」
セイラ:「で、でも、どうやって?・・・わからないわ」
ハヤト:「アムロだけいないんだ、わからないかって」
フラウ:「そ、そんなこと言ったって・・・」
レツ:「さっきアムロ兄ちゃんの声聞こえたろ?」
キッカ:「うん」
セイラ:「私がホワイトベースにたどり着くまではあれほどに・・・アムロ・・・」
「人がそんなに便利になれるわけ・・・ない・・・」

キッカ:「あ・・・うふふ・・・そう!ちょい右!」
フラウ:「キッカ!」
レツ:「そう右!」
カツ:「はい、そこでまっすぐ!」
フラウ:「どうしたの?三人とも」
レツ:「そう、こっちこっち、大丈夫だから!」
カツ:「そう、こっちこっち、大丈夫だから!」
キッカ:「すぐ外なんだから!」
セイラ:「アムロ!?」
ミライ:「わかるの!?ど、どこ!?」
キッカ:「いい!?」
カツ、レツ、キッカ:「4、3、2、1、0!」
セイラ:「・・・ああ」
ミライ:「・・・ああ」
カツ、レツ、キッカ:「わあーい!」
アムロ:「・・・」
フラウ:「アムロ!!」
アムロ:「み、みんなは?」
「あぁ・・・」
「ごめんよ、まだ僕には帰れる所があるんだ。こんな嬉しいことはない。わかってくれるよね?ララァにはいつでも会いに行けるから」


ナレーター:「宇宙世紀0080、この戦いのあと、地球連邦政府とジオン共和国の間に終戦協定が結ばれた」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gundamserifu.blog.fc2.com/tb.php/48-1f4af886
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック