機動戦士ガンダム 第38話 再会、シャアとセイラ

ここでは、「機動戦士ガンダム 第38話 再会、シャアとセイラ」 に関する記事を紹介しています。
ナレーター:「今、ホワイトベースとマ・クベ艦隊はテキサスゾーンの漂流物に身を隠し、互いの位置を確認できないまま対峙していた」

タイトルコール:「再会、シャアとセイラ」


アムロ:「誰だ?誰が僕を見ているんだ?」

ララァ:「大佐、ありがとう」
シャア:「なにを言うのだ、ララァはただの戦士ではない」
「運が良かった。空気の流出が弱まってきたぞ。急いでザンジバルへ戻れ」

ララァ:「はい、大佐」
シャア:「私はガンダムを食い止める」
ララァ:「はい。でも大佐は?」
シャア:「ララァ、私の心配なら無用だといつも言ってるはずだ。さあ、早く行くがいい」
ララァ:「赤い彗星のシャア、信じています」

ブライト:「アムロも気がかりだが、さて、この状態では先に動いた方が不利になるしな・・・」
「ミライ、どう思う?」

ミライ:「そうね。アムロは大丈夫、生きているわ」
フラウ:「なぜそんな事が言えるんですか?」
ミライ:「そうね、なんとなくわかるのよ」
フラウ:「アムロ・・・」

ウラガン:「デラミン艦長、戦力ではこちらの方が圧倒的に有利であります、攻撃を!」
デラミン:「いかん。敵は1隻とはいえ大型戦艦だ。こちらがのこのこ出て行けば・・・」
ウラガン:「しかしこちらはバロメルが攻撃を受けて」
デラミン:「ウラガン中尉!」
ウラガン:「艦長」
デラミン:「君はマ・クベ大佐の下に長年いて何を学んだのだ?あ!?まもなくバロム司令の艦がここに着く。それまで待つ」
ウラガン:「は・・・」

アムロ:「妙だ。もう1機のモビルスーツが、見えない。迂闊だったな、あれは赤いモビルスーツだった、シャアかもしれないんだ。ん?」
「車だ!あの車、ララ?」

シャア:「見つけたぞ、ガンダム」
アムロ:「ララァだ、ま、間違いない」
「・・・シャアがう、うしろから仕掛けたのか?それとも別の敵か?」

シャア:「厄介なことになりそうだ。ガンダムのパイロットもニュータイプだとはな。もう一度試してみるか」
アムロ:「わあーっ」
シャア:「チィッ」
アムロ:「あああっ!!」
「ああ!」

シャア:「間違いなさそうだな。私の射撃は正確なはずだ、それをことごとくはずすとは」
アムロ:「あっ、よ、横からか!」
「クッ、今度は前からか。さ、さすがだなシャア!」
「どこだ?シャア。どっから?ようし、見てろ!」
「シャア、読めたよ」

シャア:「なんだと?」
アムロ:「くあっ!」
シャア:「しまった!」
アムロ:「ああっ!も、もう少し早く反応してくれ!!」
「ぐ・・・シャア」

シャア:「あっ?」
「ええい、慣らし運転もしないで使うと・・・」

アムロ:「逃がすか!!」
「ああっ!!」
「・・・だいぶ消耗して。・・・もう一息だったのに。あっ」
「や、やったのか?でも、あのシャアが・・・」

シャア:「だいぶやられたな。偽の爆発であのパイロットを騙せたとも思えんが」

ワッケイン:「ホワイトベースとはまだ接触できんのか?」
連邦兵A:「は、この付近はミノフスキー粒子の濃度が高い上に、こう漂流物が多くては」
ワッケイン:「わかっている。それを承知で」
連邦兵A:「いえ、待ってください」
ワッケイン:「ホワイトベースか?」
連邦兵A:「ジオンの高速重巡です。方位08の32、相対速度0078」
ワッケイン:「ようし、艦首を敵艦に向けろ。砲撃戦用意!」

ジオン兵A:「本艦に接近する艦があります」
バロム:「なに?」
ジオン兵A:「連邦軍戦艦・マゼランタイプです」
バロム:「よし、戦闘用意。主砲回せ。うわっ!」

ジオン兵B:「ポイントA17、B33付近で戦闘光らしきもの確認。バロム司令の予定コース上です」
ウラガン:「艦長、まさかバロム司令の」
デラミン:「ああ、やむを得んな。全艦、現地点を急速離脱。該当地点に向かう」

マーカー:「敵艦隊探知しました。未確認戦闘域に向かっています」
ブライト:「痺れを切らしたな。セイラ、Gファイター発進だ。ジョブ・ジョン、ガンキャノンもスタンバっておけ。ホワイトベース前進!」
ミライ:「はい」
ブライト:「艦隊砲撃戦に入る」
セイラ:「Gファイター発進します」

ジオン兵B:「後方より木馬が追ってきます!」
デラミン:「あわてるな、上方攻撃せよ!」
セイラ:「捉まえたわ」
デラミン:「た、たった1機で攻撃を仕掛けるのか?」
ブライト:「メガ粒子砲、主砲、ミサイル、発射!」
ジオン兵B:「大量にミサイル接近!」
デラミン:「アンチミサイルはどうした!?」
ジオン兵B:「あっ、ま、間に合いません!」
セイラ:「やったわ。・・・あっけないものね」
ブライト:「そうか」
ミライ:「でも恐ろしいものね。均衡が破れるということは」
バロム:「うっ、・・・駄目か」
ワッケイン:「よーし、180度回頭。ホワイトベースと接近する」
マーカー:「未確認戦闘域から1隻こちらに向かってきます」
ブライト:「ジオンか?」
マーカー:「あ、ちょっと待てください。わかりました、マゼランタイプのようです」
ブライト:「マゼラン?」
ワッケイン:「ブライト君、中には敵の生き残りがいるかもしれん、気をつけてな。私は外で待つ」
「ホワイトベースか。たくましくなったものだ」

ブライト:「マーカー、爆発があったのはどこだ?」
マーカー:「はい、CブロックのポイントN5付近です」
ミライ:「N5に直行します」
ブライト:「オムル、セイラ、ジョブ、バギースタンバイ」
ミライ:「これより降下します」

アイキャッチ

ミライ:「着地、完了」
ブライト:「よし」
「オムル、セイラ、ジョブ、捜査に出てくれ」
「アムロを発見できるまで第2戦闘配置。カイはガンキャノンでスタンバらせろ」
「フラウ、無線の状態はどうだ?」
「フラウ!無線の状態はどうか?」

フラウ:「え?あ、はい、使えそうです」
ブライト:「・・・」

ジョブ:「あれは?」
「こちらジョブ・ジョン、こちらジョブ・ジョン、ホワイトベース」
フラウ:「・・・あ、は、はい!こちらホワイトベース、どうぞ」
ジョブ:「まだガンダムは発見できません」
フラウ:「了解」
「ブライトさん!」
ブライト:「了解した。フラウ、ハヤトの様態を見てきてくれないか?ハヤト、寂しがってるだろう」
フラウ:「でも」
ブライト:「フラウ、バンマスをすぐに上がらせろ」
フラウ:「はい、わかりました」
ブライト:「はぁ・・・みんな疲れているんだ」

シャア:「ん?」
セイラ:「こちらセイラ、こちらセイラ、ホワイトベースどうぞ」
ブライト:「セイラか」
セイラ:「あら、フラウ・ボゥじゃないのね」
ブライト:「ああ、今休ませた。どうだ、まだ見つからんのか?」
セイラ:「ええ、もう少し。あっ・・・」
「に、兄さん」

ブライト:「ん?」

シャア:「軍を抜けろと言ったはずだ。そ、それが軍曹とはな」
セイラ:「兄さんこそ、ジオン軍にまで入ってザビ家に復讐しようなんてやることが筋違いじゃなくて?」
シャア:「お前の兄がその程度の男だと思っているのか?アルテイシア」
セイラ:「え?」

ブライト:(あ、相手はだ、誰なのだ?こ、声が)

シャア:「ジンバ・ラルの教えてくれた事は本当の事かもしれない。あのじいやの口癖だったからな」

(ジンバ):(お父様のジオン様がなぜジオン共和国をお造りになったのか。それは、ニュータイプとして再生する人類全体の未来を考えてのことでございました。ところが急の病に倒れ、その御臨終のきわにお父上はデギン公を御指名になったのです)
(デギン):(・・・私ごときを次期首相にと?)
(ジンバ):(私はジオン様の御気性をよく存じております。デギン公を御指名になったのは御自分の暗殺者がデギン公だと教えたかったのです。そうでなければ、御父上のお味方が次々と倒されたり、キャスバル様とアルテイシア様に嘘の名前まで付けて地球でお育てするような事を、このじいはいたしません)

シャア:「ジオンに入国してハイスクールから士官学校へ進んだのも、ザビ家に近づきたかったからだ。しかしな、アルテイシア、私だってそれから少しは大人になった・・・」
「ザビ家を連邦が倒すだけでは人類の真の平和は得られないと悟ったのだ」

セイラ:「なぜ?」
シャア:「ニュータイプの発生だ」
セイラ:「アムロがニュータイプだから?」

ブライト:(ニュータイプ?)

シャア:「うん、そのニュータイプを敵にするのは面白くない。今後は手段を選べぬ、ということだ」
セイラ:「ジンバ・ラルは、ニュータイプは、人類全体が変わるべき理想のタイプだ、と教えてくれたわ。だったら、ニュータイプを敵にする必要はないはずよ」
「キャスバル兄さん!兄さん何を考えてるの?」
シャア:「もう手段を選べぬと言った。アルテイシアはあの木馬から降りるのだ」
セイラ:「木馬?あのホワイトベース?」
シャア:「ああ。ここから地球に脱出するくらいの金塊を残していく。地球に行って一生をまっとうしろ。私はもう、お前の知っている兄さんではない」
セイラ:「に、兄さん!」
シャア:「マスクをしている訳がわかるな?私は過去を捨てたのだよ」
セイラ:「兄さん!」
シャア:「アルテイシア、その素顔をもう一度見せてくれないか?」
セイラ:「思い直してください、兄さん」
シャア:「きれいだよ、アルテイシア」
「お前に戦争は似合わん。木馬を降りろよ!」

セイラ:「兄さん、キャスバル兄さん!」
「キャスバル兄さん!!」

ブライト:「・・・」
ミライ:「ブライト?ブライトどうしたの?アムロが?」
ブライト:「・・・い、いや、なんでもない。雑音がひどくてな」
ミライ:「そうなの・・・」
ブライト:「あ、ああ・・・心配だな、アムロ・・・」

セイラ:「キャスバル兄さん。に、兄さん・・・」

アムロ:「駄目だ、みんな焼き切られている。こいつも。あれ?」
「なんだ?み、見たことのない機体だけど」
「ん?ホワイトベースのバギーだ」
「おーい、ここだーっ!!」

セイラ:「ん?ア、アムロ」

マーカー:「ブライトさん、セイラさんがアムロを発見したそうです。自力では動けないのでガンペリーで」
ブライト:「よし、すぐに発進させろ」
バンマス:「ああ?」
ブライト:「どうした?」
バンマス:「ワッケイン隊からです。テキサスの反対側の港からザンジバルタイプの戦艦が出港すると」
ブライト:「なんだと?ガンペリーの発進は中止だ。ホワイトベース直進してガンダムとオムル達を収容する」

シャア:「マゼランタイプ1隻だ。一気に突破するぞ!」
ララァ:「大佐、テキサスで何があったのです」
シャア:「ララァ、私にも悲しいことがあるのだよ。聞かないでくれるか」
ララァ:「わかります」
シャア:「ララァのおかげでゲルググも回収できた。すまんな」
ララァ:「・・・」

ワッケイン:「敵は1隻だ、よーく狙え」
「すぐにホワイトベースも応援に来てくれる。それまで持たせるんだ」

ブライト:「よしミライ、発進だ。ザンジバルの使った港から出て追撃戦に移る」
マーカー:「第3シャッター付近に発信物体をキャッチしました」
ブライト:「爆発物か?」
マーカー:「・・・わかりません。ただ、非常に小さな物です」
ブライト:「ええい、この緊急の時に。オムルに調べさせろ」

カイ:「ブライト!爆発物じゃないらしいぜ。ただのゴミだ、ゴミ!」
オムル:「おっとっとっとっとっと」

ブライト:「・・・ワッケイン司令」
ミライ:「あっ」

カイ:「シ、シャ、シャアの野郎!」

アムロ:「お、遅かったのか・・・」
フラウ:「あっ」
ブライト:「ワッケイン司令・・・」

ブライト:「トランクに貼り付けてあった手紙がセイラ宛てだということしか私は知らん。オムルもだ。心当たりはあるのかね?」
セイラ:「あります」
ブライト:「私には検閲する権利もあるが、教えてもらえんか?トランクの中身と差出人のことを」
セイラ:「トランクの中身はきっと金塊だと思います」
ブライト:「間違いないのだな?」
セイラ:「おそらく」
ブライト:「差出人は?」
セイラ:「シャア・アズナブル、赤い彗星です」
ブライト:「・・・そんな馬鹿な!」

シャア:「先の約束を果たされんことを切に願う。あのやさしき、アルテイシア・ソム・ダイクンへ。キャスバル・レム・ダイクンより愛をこめて」
セイラ:「・・・兄さん・・・」

ナレーター:「キャスバル兄さん、キャスバル兄さん。セイラは、いや、アルテイシアは物心ついた頃からいつもいつも兄の背中に向かってこう叫んでいたような気がする。兄の姿のあった時も、なかった時も。もう呼べないのか?キャスバル兄さん、と」

次回予告:「人々の知らぬ間に戦いは新しい段階に入っていった。たった1機のモビルアーマーの幻覚にも似た戦いがアムロを混乱させ、ガンダムの機能は落ちていく。機動戦士ガンダム、次回、『ニュータイプ、シャリア・ブル』。君は、生き延びることができるか?」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gundamserifu.blog.fc2.com/tb.php/43-285f1344
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック