機動戦士ガンダム 第32話 強行突破作戦

ここでは、「機動戦士ガンダム 第32話 強行突破作戦」 に関する記事を紹介しています。
ナレーター:「シャアの指揮するザンジバルと接触をしたホワイトベースではあったが、これを討ち取ることはできなかった。ガンダムがモビルアーマー・ビグロを殲滅するにとどまったのである」

タイトルコール:「強行突破作戦」


マーカー:「援軍ですかね?また1機接触するモビルスーツあります」
ブライト:「シャワー室に行った連中はどうした?」
マーカー:「各デッキでメカの整備中です」
ブライト:「フラウ・ボゥ、1機か2機発進させろ」
フラウ:「誰にします?」
ブライト:「体の調子の1番いい者でいい」
フラウ:「ハヤトですか?」
ブライト:「急がせろ」
フラウ:「ハヤト、ガンタンク発進願います。各機は待機してください」

オムル:「ガンタンク、発進用意させます」
ハヤト:「敵は1機なんですね?」
オムル:「頼むよ、ハヤト」
ハヤト:「はい」
アムロ:「ガンタンクだけを出すのか?」
フラウ:「カイさんはまだシャワールームだっていうし」
アムロ:「わかった。こちらでも考えてることがある、ハヤトには先に出てもらってくれ」

フラウ:「ガンダムも発進すると言っていますけど、いいんですか?」
ブライト:「構わん、やらせろ」
「セイラ、少し横になったらどうだ?重力ブロックの部屋を使え」

セイラ:「でも、敵が」
ブライト:「スレッガー中尉も加わっている、少し休め。命令だ」
セイラ:「は、はい、そうします」
ブライト:「セイラの身体検査の結果は?」
ミライ:「別に異常はないわ。いたって健康」
ブライト:「そうか・・・」

ハヤト:「このまま直進する。110秒後に敵と接触。以後、無線封鎖!」
「あれか」
「な、なんだ!?あのモビルアーマーは。さっきのとは違うけど」


シャア:「デミトリーが出たのか、あれほど止めておいたのに」
「なぜやらせたか?私の許可もなく」

マリガン:「お言葉ではありますが、シャア大佐はトクワン少尉の仇討ちを止められました。それに、デミトリーは以前からモビルアーマー・ザクレロのテストパイロットをやっておりましたので」
シャア:「聞いてはおらん!そんなモビルアーマーは」
マリガン:「実用テスト前に放棄された奴です。しかしデミトリーは、ザクレロの拡散ビーム砲は・・・」
シャア:「ここは我々の庭だと言った。ドレンのパトロール隊との接触も可能だという時に。わかった。お前達がトクワンを慕う気持ちはわかるが、気がすんだらデミトリーにはすぐ戻らせろ」
マリガン:「は、ありがとうございます」
シャア:「ただし、今後同じ事をしたら軍法会議ものだぞ、中尉」

アムロ:「速いな、さっきのと違うというのか?」
ハヤト:「うわっ!ミ、ミサイルもあるのか」
デミトリー:「こんなモビルアーマーのできそこないなんぞ、あと一撃で」
ハヤト:「うわあっ!」
「うわっ!」

アムロ:「はずれたのか?」
「当たらなかった?ハヤト、もってくれよ」

デミトリー:「別のモビルスーツか、それにしちゃ速すぎる、このスピードいったいなんだ?」
「き、来た!」
アムロ:「うわあああっ!!」
デミトリー:「ええい、うるさい奴だ!ん?よし、まずはあのできそこないから。いただき!」
「馬鹿め、同じことをやる」
アムロ:「間違いない、エンジンを直撃できたはずだ」
「こちらのコンピューターで簡単に動きが読めた。いったいどういうつもりで?」

フラウ:「アムロ、聞こえて?モビルアーマーの撃破確認、急いで引き上げてください。現在、敵の動きはないようです」
アムロ:「了解。こちらも2ヶ所やられた、急いで引き上げる」

スレッガー:「どうした?立て続けの出撃で疲れたのか?」
アムロ:「いえ、ガンダムの右腕がやられました」
スレッガー:「しかし、当面の敵は片付けたんだ。あせる必要はなかろうて」
アムロ:「中尉はシャアという人を知らないからそんなこと言うんです。あの人、すぐに次の手を打ってきます」
スレッガー:「うん、ブリッジでも二言目にはシャアだな。そんなにすごいのかよ?」
アムロ:「変わり身が早いんです。自分からモビルスーツに乗っても来る、すごい人です」
スレッガー:「会ってみたいもんだな、そのシャアにさ」
「もっと休んでなくていいのかい?」
セイラ:「え、ええ・・・アムロ、休みなさい。私がここにいるわ」
アムロ:「・・・すいません。ブリッジに上がってきます」
スレッガー:「ヘヘ、セイラさん」
アムロ:「中尉、主砲の方いいんですか?」
スレッガー:「チッ、いいじゃねえか・・・」
アムロ:「ブライトさんに怒られますよ、戦闘中です」
スレッガー:「生意気だね、お前!」
アムロ:「はい」
スレッガー:「じゃ、今度静かな時にね」
セイラ:「ええ」
「・・・ことごとに兄さんか」

シャア:「キャメル艦隊と交信できるのか?」
ジオン兵A:「はい!航路をコンピュータートレースしていますから、できます」
シャア:「レーザー交信回線開け」
ジオン兵A:「は」
マリガン:「た、大佐・・・」
シャア:「ん?」
マリガン:「デミトリーの件、申し訳ありませんでした・・・」
シャア:「構わん、私の知らなかった戦力のことなどな」
マリガン:「・・・はい」
シャア:「マリガン、この埋め合わせはいつかしてもらう」
マリガン:「は、はい」
ジオン兵A:「キャメル艦隊のドレン大尉、出ました」
ドレン:「お久しぶりです、シャア少佐。あ、いや、今は大佐でいらっしゃいましたな」
シャア:「相変わらずだな、ドレン」
ドレン:「は」
シャア:「木馬を追っている。ちょうどお前の艦隊の位置なら木馬の頭を押さえられる」
ドレン:「ご縁がありますな、木馬とは。わかりました。追いつけますか?」
シャア:「ドレン、私を誰だと思っているのだ?」
ドレン:「申し訳ありません、大佐」
「軌道変更!マイナス110!木馬を追撃するぞ!」

セイラ:「・・・」

(シャア):(アルテイシア、私はザビ家を許せないのだ。私の邪魔をしないでくれ)

セイラ:「ぅ・・・ぁ・・・はぁ・・・」
「私は認められない、兄さんのやり方」

アムロ:「まだ切断されてる部分があるという訳か。TC17のブロックも取り替えてください、やられてます」
クルーA:「おう!」
アムロ:「なんですか?」
セイラ:「ちょっといいかしら?」
アムロ:「ええ、いいですよ」
セイラ:「私ね、どうしたら早くいいパイロットになれるかしら?」
アムロ:「セイラさんは今でもいいパイロットですよ」
セイラ:「お世辞はやめてよ、アムロ。私はどうしても生き延びたいんだから」
アムロ:「おかしいですよ、急に」
セイラ:「・・・私だって、シャアぐらいと」
アムロ:「無理です。そりゃザクタイプの時には僕でも戦えました。でも今は・・・」
セイラ:「たとえ話よ、アムロ・・・」
「私があなたみたいならね・・・」
アムロ:「フラウ・ボゥ!」
フラウ:「待って、今情報を確認しています」

オスカ:「1時の方向、30度上方に敵戦艦3隻、えーと、ムサイタイプです」
フラウ:「ムサイタイプ3隻キャッチ、戦闘体制に入ってください」
ブライト:「うしろにザンジバル、前にムサイか。強行突破しかないな。全員、第1戦闘配置だ」
ミライ:「第1戦闘速度に入ります。各機関、防御確認」
マーカー:「ECM、レーザーサーチャー、最大発信。ミノフスキー粒子、戦闘値散布」
スレッガー:「やれやれ、またかい」
カツ、レツ、キッカ:「第1戦闘配置だー。いけいけー!」
ブライト:「各機銃座、主砲、メガ粒子砲、開け」

ドレン:「いいか、シャア大佐と同じ戦法をとる。リック・ドム6機とキャメル、トクメルは木馬に攻撃を掛けるぞ!」
(因縁浅からぬ木馬とガンダムか)
「各機、最大戦速!」

アイキャッチ

マーカー:「目標、Fライン通過。モビルスーツ・ドムタイプです。あのスカート付きの奴です」
ブライト:「フラウ・ボゥ、予備のGファイターにスレッガー中尉を」
フラウ:「はい!スレッガー中尉、第2デッキ、Gファイターへ搭乗してください」

スレッガー:「やれやれ、主砲じゃないのかよ」

ハヤト:「こちらハヤト、ガンタンク行きます!」
カイ:「おお?頑張ってくれるね、ハヤト軍曹。では小生も」
アムロ:「よろしいですか?このコンピューターはあてにしないでください。Gアーマーの時にしか使えないんですから」
スレッガー:「要するに、Gファイターってのは手で動かすんだろ?」
アムロ:「はい」
スレッガー:「俺向きでいいじゃねえか」
アムロ:「お気をつけて!」
スレッガー:「あいよ」

ミライ:「ブライト、スレッガー中尉、大丈夫かしら?」
ブライト:「ガンタンクもガンキャノンも高速戦闘向きではない。この際1機でも多い方がいい」
マーカー:「90秒後に接触します。ムサイも最大戦闘速度でついて来ます」
ブライト:「セイラ、そろそろ起きてくれ」
フラウ:「セイラさんは第2デッキにいます。出撃するそうです」
ブライト:「そうか。大丈夫なのかな?」

アムロ:「気分はいいんですか?」
セイラ:「大丈夫よ、アムロ。ザンジバルから発進したモビルスーツじゃないでしょ?気分がクサクサしてるから暴れてさっぱりしてくる」
アムロ:「セイラさん、おかしいですよ?」
セイラ:「そう?さっきより元気よ、大丈夫」
アムロ:「・・・じゃあ、慎重に」
セイラ:「生意気ね」

シャア:「木馬の動きは?」
ジオン兵A:「ムサイをキャッチしたようです。スピードを上げてます、コースは変えません」
シャア:「やるな、ムサイを突破しようという訳か。キャメル艦に指令、木馬に攻撃を集めろ、とな」
ジオン兵A:「伝えます」
シャア:「ザンジバル、10パーセント加速。コースはこのまま木馬を追い込む」

ナレーター:「その頃、南米のジャブローを発したティアンム提督指揮する地球連邦第2連合艦隊の一群が大気圏を突破、ルナ2に向けての進路を取りつつあった」

スレッガー:「くるな」
(さあて、ここでパイロットとしてもいいところを見せてやらにゃあな)
「よっと。やってみるか」
カイ:「スレッガーさんかい?早い、早いよ!」
ハヤト:「こういう時慌てた方が負けなのよね」
「二手に分かれたのか。やむを得ない」

カイ:「よーし、ハヤトが左なら俺は・・・」
セイラ:「カイ、それにスレッガー中尉までガンタンクから離れるなんて。敵と同じように分かれては勝ち目はなくなるわ」
ハヤト:「ん?セイラさん」
セイラ:「ハヤト、聞こえて?カイ達と共同であたらなければ無理よ。あの2人、自分達だけで勝てると思っているわ」
ハヤト:「了解です。僕とセイラさんでカイ、スレッガー機のうしろにつきましょう」
セイラ:「了解」
カイ:「野郎!」
「もっと引き付けるんだ!」
「ここか!いけっ!」
「やったあ!!」

スレッガー:「ほう、見かけによらず、やることは冷静だな。見直したぜ。ん?待て」
カイ:「し、しまった!」
スレッガー:「やつら」
「おおーっ!」
ハヤト:「うっ!」
セイラ:「うまい」
ハヤト:「うわあっ!!」
セイラ:「あと1機は?」
ドレン:「ドムがやられた空域を狙い撃ちだ。木馬まで一気に突撃を敢行する」
セイラ:「ホワイトベース、聞こえますか?こちらセイラ。ホワイトベースの防御にまわります」
ブライト:「頼む。スカート付きを叩かん限りムサイに攻撃もできない。急いでくれ」
オスカ:「第6ブロック被弾!4発目です!」
ブライト:「弾幕が薄いぞ。相手は動いてくれるんだ、なまじ狙わずに撃てと言え」
「フラウ、ガンダムは?」

フラウ:「あと少しです、待ってください」
マーカー:「ムサイ、Fラインを越えました。ビーム来ます」
ブライト:「回避運動任せる」
ミライ:「はい」
「面舵!」
ブライト:「主砲、メガ粒子砲はムサイのブリッジ、あるいはエンジンを狙え。撃て!」
ドレン:「数を撃てばいいというものではない!よく狙え!」
マーカー:「直撃、左翼のムサイです!」
ブライト:「誰が砲塔を狙えと言ったか?機関を破壊すればビーム砲は使えなくなる、砲撃は集中して行え」
「ええい、左翼のムサイにのみ集中攻撃だ。ほかには目をくれるな」

アムロ:「待たせました、ガンダム発進します」
ブライト:「急いでくれ、目標はムサイだ。スカート付きのモビルスーツは構うんじゃないぞ!」
アムロ:「了解です!」
「行きまーす!!」
「スカート付きめ・・・」
「チィ!」

ドレン:「ああっ、ト、トクメルが。リック・ドム2機、後退させろ、こちらからの砲撃の邪魔だ!」
「キャメル!スワメル2艦で木馬を仕留めるぞ!」
「シャア大佐が来る前になんとしてもとどめを」
ミライ:「ムサイ2隻、来ます」
ブライト:「各砲撃手へ、狙いは左のムサイだけだ、右は忘れろ」

ドレン:「なに!?聞こえない!」
ジオン兵B:「ガンダムがいないそうです」
ドレン:「あのリック・ドムは?」
ジオン兵B:「フラシィのです。奴はガンダムを見てないと言ってます」
ドレン:「馬鹿な、・・・ではどこにいるんだ?ガンダムは。うわっ!」

マーカー:「やったか?」
ブライト:「いや、モビルスーツにあたったんだ」
「あと一息だ、息を抜くなよ。うっ!」


ドレン :(そんなはずはない、ガンダムはいるはずだ。どこなんだ?)
ジオン兵C:「ドレン大尉!」
ドレン:「何か!?」
ジオン兵C:「ゼロ方向から接近する物あります」
ドレン:「なんだ?」
ジオン兵C:「モ、モビルスーツらしき物、高熱源体接近」
ドレン:「ミサイルか?」
ジオン兵C:「本艦にではありません!」
ドレン:「スワメルか!スワメル!よけるんだ!」
「うっ、ガンダムだ。あの白い奴だ。うっ」
「うおっ」
ジオン兵C:「うおおっ」
ドレン:「ガ、ガンダムが、ぐ・・・あああっ」
ジオン兵C:「あああっ」

アムロ:(上か?下か?)
(下か!)
「かあっ!!」
「あとはムサイのみ」


シャア:「あのドレンが私の到着まで持ちこたえられんとはな・・・」
「木馬のコースは?」


ブライト:「それは確実なのか?」
マーカー:「はい。ここからルナ2へ進路を取れば98パーセントの確率でザンジバルと接触します」
ブライト:「うん。よし、サイド6に向かう」
スレッガー:「賛成だな、少尉。Gファイターを傷つけてすまん。アムロ曹長にしかられたよ」
ブライト:「手柄を急ぎすぎましたかね」
スレッガー:「はははは、そんなところだな」
ミライ:「でもブライト、サイド6に向かったってどうなるというものでもないし」
ブライト:「このままザンジバルと戦ったとしても、勝つ見込みはほとんどないぞ」
スレッガー:「そうだな。外から見てもホワイトベースのやられ方はひどいもんだ」
ブライト:「気になる事でもあるのか?ミライ」
ミライ:「い、いえ、別に・・・」
スレッガー:「サイド6は中立サイドだ。戦闘行為は南極条約で禁じられているし、うまくいけばホワイトベースの修理もできる」
ブライト:「その代わり、ジオンに取り囲まれる可能性もありますがね」
スレッガー:「やむを得んさ。その時はその時さ」
ミライ:「・・・まさかね・・・針路変更。ホワイトベース、サイド6へ向かいます」

ナレーター:「サイド6。いくつかあったサイドのうち、ジオン公国にも地球連邦にも属さず、戦争には参加していない。また、このサイド6の支配下の空域では一切の戦いは禁止されていた」

次回予告:「サイド6に人の出会いが待っていた。ミライにはカムラン、アムロには父が。戦火の中人は涙するしかないのだろうか?そして、コンスコンは笑う。シャア無能なり、と。機動戦士ガンダム、次回、『コンスコン強襲』。君は、生き延びることができるか?」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gundamserifu.blog.fc2.com/tb.php/37-7e2a2b28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック