機動戦士ガンダム 第25話 オデッサの激戦

ここでは、「機動戦士ガンダム 第25話 オデッサの激戦」 に関する記事を紹介しています。
ナレーター:「マ・クベ隊の守る特殊鉱物資源の基地に対して地球連邦軍の攻撃が決定された。オデッサ作戦の開始である。レビル将軍は全軍をマ・クベ隊に向けて発進させるのだった。ホワイトベースはマチルダ隊の協力を得て戦線に復帰をしたものの、マチルダを始めとして、多くの犠牲を強いられたのだった」

タイトルコール:「オデッサの激戦」


アムロ:「最小限度の修理だけでいいんです、作戦は始まってるんですから!とにかく出撃できるようにしてください!」
クルーA:「わかってるよ!怒鳴るな!」
クルーB:「やめとけ。マチルダ中尉がやられて荒れてんだからさ・・・」
クルーA:「こっちだって同じさ!」
アムロ:(マチルダさん)
セイラ:「アムロ」
アムロ:「は、はい」
セイラ:「いけないわよ、アムロ。出撃命令が出ているわ。行きましょ」
アムロ:「はい」
フラウ:「大丈夫?」

セイラ:「ホワイトベースの進路の偵察。それと私がこれに慣れる為に付き合ってくれるわね?」
アムロ:「了解です」
クルーA:「Gアーマー発進するぞ。フラウ・ボゥ、下がって」
フラウ:「きゃあ!!」
セイラ:「うっ!」

セイラ:「・・・アムロ、マチルダさんの運んでくれたガンダムのパワーアップパーツ、少し慣らし運転させてもらうわよ」
アムロ:「ど、どうぞ、セイラさん。そうしてください。うっ」

フラウ:「すいません、ブライトさん!」
ブライト:「ああ。気をつけてくれよ」
フラウ:「はい」
ブライト:「何もしなくていい。外からのSOSが入ったらしらせてくれ」
フラウ:「はい、わかりました」

ジオン兵A:「フライドチキン、展開終了!」
ジオン兵B:「空軍の出足が遅いぞ、なんとかしてくれ!」
ジオン兵C:「ダブデがもう一台来てくれてもいいんじゃないのか!?」
ジオン兵D:「マ・クベ本隊のボルシチ隊は前へ出過ぎだぞ!」
ガイア:「マッシュの魂よ、宇宙に飛んで永遠によろこびの中に漂いたまえ」

マ:「キシリア様の推薦があった兵士とはいえ、いつまで無駄な時間を潰しておるのか」
「ガイア、オルテガ、作戦は開始されているんだぞ」

ガイア:「わかっておるわい。言われずとも仇討ちはさせてもらう」
マ:「仇討ちではない。我が軍のうしろを乱そうとする木馬を叩く、これは作戦だ!」
ガイア:「わかっておる!!オルテガ、出撃するぞ!」

セイラ:「うぅ・・・」
アムロ:「セイラさん、そろそろ敵と接触する頃です。気をつけてください」
セイラ:「了解。もう一度だけタッチ・アンド・ゴーを」

フラウ:「暗号変調回路アルファゲイン、受信します。レビル将軍です」
ブライト:「なに?レビル将軍から?」
「ホワイトベースは6時30分、マ・クベの基地のうしろから突入せよ、か。フラウ・ボゥ、Gアーマーに連絡して戻るように伝えろ。クロスサイクルWFでな」

フラウ:「はい。WFですね」
ブライト:「うむ」
カツ:「できるの?ちゃんと」
フラウ:「できるわよ。静かにしてなさい」

アムロ:「ん?敵の前線がこんなに近くに?」
「見つかったのか?セイラさん、高度を下げてください。見つかったかもしれません!」

セイラ:「了解」
「プロペラ機のようね。よくわからないけどジオンにはない飛行機じゃないかしら?」
アムロ:「調べてみます!キャッチしました!」
「ドラゴンフライ?連邦軍の小型連絡機です。どうしてジオンの基地から出てきたんでしょう?撃ち落されもしないで」

セイラ:「妙ね」
「ホワイトベースからだわ。至急戻られたし、か。アムロ、どうする?」
アムロ:「気になりませんか?セイラさん」
セイラ:「なるわ。行きましょうか?」
アムロ:「ええ」
「そういえばマチルダさんが言ってたな。ミデアの動きがジオンに筒抜けのようだって」


ミライ:「スパイ?ありえるわね」
ブライト:「確かにな。しかし、スパイの為にミデアがやられたとすれば、その実態は作戦開始前までには掴みたいものだ」
オスカ:「ブライトさん、1時の方向、敵機接近です」
ブライト:「なんだと?まっすぐ来ている?」
オスカ:「はい。この高度でキャッチされるはずがないのに」
ミライ:「やはり、スパイがいるという証拠ね」
ブライト:「対空戦闘用意。ガンタンク、ガンキャノン、出撃用意」
カイ:「ちょっと、ちょっと、作戦予定時間より早いじゃないかよ、えっ?」
ブライト:「敵がこっちの都合を考えてくれるものか。無駄弾を撃つなよ」
カイ:「へいへい」

セイラ:「アムロ、見て。連邦軍のビッグ・トレーに着艦したわ」
連邦兵A:「おっ」
アムロ:「・・・セイラさん、待っていてください」
連邦兵B:「誰だ?所属部隊と名前は?」
アムロ:「ホワイトベースのガンダムです。僕はアムロ・レイ!」
連邦兵B:「ガンダム?これがか?」
アムロ:「そんなことより今ここに着艦したドラゴンフライ、連絡機のパイロットはどこにいるんですか?」
連邦兵B:「ジュダックの連絡機のことか?」

ジュダック:「作戦開始と同時に裏切れ、とのことです」
エルラン:「マ・クベもせわしい奴だな」
ジュダック:「エルラン将軍の攻撃はないものとして、マ・クベの主力はすべてレビル将軍の方へ向けております」
エルラン:「わかっておる」
「なんだ?」
連邦士官:「は、怪しい者を捕らえました」
エルラン:「怪しい者?」
「用は?」
アムロ:「人払いを願います」
エルラン:「いいだろう。諸君らは下がってよろしい」
連邦兵D:「は」
連邦兵E:「は」

連邦士官:「ジュダック、おまえも調べがある。中の話次第ではな」

アムロ:「軍の公式データー内臓のカメラで撮ったものです。証拠になるはずです」
エルラン:「なるほど。で、君はこのビッグ・トレーにスパイがいるとでも言いたいのか?」
アムロ:「はい。ネガを拡大すればパイロットが誰かわかるはずです」
エルラン:「ん・・・ジュダックがスパイだと言いたいのだな?」
アムロ:「そうです」
エルラン:「では処刑しよう。ジュダックと、そして君もだ」
アムロ:「は・・・」
エルラン:「ここは戦場だ。お前一人死んでも誰も咎めないだろう。それに、私は将軍だ。お前ごとき子供が何をわめこうと・・・」
アムロ:「ま、まさかと思ったが、あなたが」
「あなたは・・・」
「あなたみたいな人がいるから」

エルラン:「ネガを渡せば殺さんと言いたいところだがそうはいかん」
「うっ」
「か・・・か・・・」
連邦士官:「アムロ君、ご苦労だった。今の言葉、すべてビデオに撮っておいた。十分な証拠となる」
アムロ:「い、いえ」
連邦兵D:「お立ちください。作戦終了まで独房に入っていただきます」
エルラン:「うぅ・・・」
アムロ:「あなたにも事情があるとおっしゃりたいんでしょ。けれど違いますよ。あなたみたいな方のおかげで何十人となく無駄死にをしていった人がいるんです!わかりますか?あなたみたいな人のおかげで!!」
連邦士官:「君、あとは軍事裁判に任せよう」
アムロ:「は、はい」
連邦士官:「ホワイトベースが戦闘状態に入ったらしい。君、すぐに戻ってやりなさい」
アムロ:「は、はい!」
連邦士官:「頑張れよ!」

連邦士官:「我が隊はマ・クベ隊側面より攻撃を開始する。ビッグ・トレー、最大戦速。Gアーマー、発進用意」
セイラ:「アムロ、行くわよ。いいわね?」
アムロ:「了解」
セイラ:「ゴー!!」

アイキャッチ

ナレーター:「オデッサの戦いが始まった。マ・クベ軍もレビル軍も、持てる物量を最大限に投入しての激突であった。その中で、ホワイトベースもまた例外ではなかった」

カイ:「は、速い」
「ハヤト、こんなのが相手じゃガンタンクは歯がたたねえぞ、下がれ、下がれ!」

ハヤト:「こ、こいつ!」
オルテガ:「いいか、ドップは手を出すな。お前らは木馬をやってればいい」
ハヤト:「うわーっ!!」

フラウ:「きゃっ!」
ブライト:「ううっ!ガンタンクの収容を急ぐんだ。モビルスーツを近づけさせるな!」
ハヤト:「アムロ、早く戻ってきてくれよ!」
マーカー:「Gアーマー、帰ってきます。1時の方向」
ブライト:「よーし、ビームライフルの発射用意」
フラウ:「アムロ、見えるわ!」
アムロ:「戦いはどうなってるんだ?」
フラウ:「え?ガンタンクが戻ったわ。キャタピラをやられたって。それで、カイさんのガンキャノンが一人で危ないの」
アムロ:「よし、落ち着いて戦いの様子を教えてくれればいいんだ。頼むよ」
フラウ:「ええ」
キッカ:「あたしがついてるからだいじょーぶ!」

カイ:「ああっ!」
ガイア:「もらったぁ」
カイ:「やったあ!!」
「うわっ!」

ガイア:「ええい、弾が切れたわ。白い奴はどこだ?マッシュの仇は」
セイラ:「ゆうべのモビルスーツよ、アムロ」
アムロ:「あれはガンダムでなければ倒しにくい相手です」
セイラ:「代わる?」
アムロ:「ホワイトベース、あと20秒持ちますか?」

フラウ:「ブライトさん、アムロが20秒くださいって」
ブライト:「やむを得んな。カイには引き上げさせろ」

オルテガ:「マッシュの仇だ」
セイラ:「ああっ!」
アムロ:「山陰に逃げてください!」
セイラ:「り、了解」
ガイア:「あ?爆撃機め、どこへ行く?」
セイラ:「Gアーマーパーツ外します。パターンG」
アムロ:「パターンG、了解。どうぞ」
セイラ:「4、3、2、1、0」
ガイア:「マッシュの仇はあの爆撃機が出てきた時に現れたんだ。おそらく」
オルテガ:「うっ、モビルスーツ」
アムロ:「セ、セイラさん!こいつら!」
セイラ:「ホワイトベース、着艦します。よろし?」
マーカー:「OKです。被害は?」
セイラ:「前を少しやられただけ」
マーカー:「了解です。ハヤトのコアファイターと代わります、左甲板に着艦願います」
セイラ:「レーザー軸、合わせ」
クルーC:「格納庫に降りたら前のパーツを外してハヤトのコアファイターに変えます」
セイラ:「了解。ドッキング解除セット。急いでね」

クルーD:「ハヤト、壊したら承知しないぞ」
ハヤト:「わざわざ壊すつもりで出撃する奴がいるもんですか。行くぞ!」

ナレーター:「マ・クベ軍は、エルラン将軍の裏切りを予定して攻撃力を薄くしていた所を第一に突破された。次に、2機のモビルスーツ・ドムがガンダムに手間取って前線に参加しなかった為に、連邦軍の足を止めるべき大きな力を失っていた。だが、この土壇場にあってもマ・クベにはまだ残された手段があった」

マ:「オデッサ作戦の総司令官レビル将軍、聞こえるか?私はマ・クベだ。ここで手を引いてくれねば我が方は水素爆弾を使う用意がある。無論、核兵器を使わぬと約束をした南極条約に違反はするが、我々も負けたくないのでな」

ナレーター:「レビル将軍は一言も語らなかったという。ただ、前進を示す為の手を振っただけである、と」

オルテガ:「どやーっ!」
ガイア:「同じ戦法で来るのか。フフン、なめるなよ!」
オルテガ:「どやーっ!」
「う、うわーっ!」
ガイア:「オ、オルテガが!おのれーっ」
ブライト:「アムロ、聞こえるか?敵は水爆を使う」
アムロ:「水爆?だってあれは・・・」
ブライト:「そうだ。敵は使ってはならん武器を使うのだ。ミサイル発射まで30秒はかかる。モビルスーツはいい、水爆ミサイルを破壊する方が先だ」
アムロ:「そ、そんな。できる訳ないでしょう!」
ブライト:「データーを送る。赤い所が水爆を爆破させる所だ。点線の所で叩き切ればいい」
アムロ:「こ、こんな雑な分解図で役に立つんですか?」
ブライト:「わからんな。一応、南極条約の時の公開データーだ。あてにしていい」
ハヤト:「来たっ!」
ブライト:「水爆が本物ならここもやられるんだ。やるしかない、アムロ」
アムロ:「本物なら?」
ブライト:「そうだ」
アムロ:「本物なら、か。よーしハヤト、行け!」
ガイア:「ドムとて、こういう芸当はできる!」

マ:「なに?レビルの軍は前進をやめないというのか?」
ウラガン:「はい、最終の防衛線を突破されつつあります」
マ:「・・・おのれ・・・ん?」
ジオン兵A:「敵のモビルスーツです、ドムと交戦中のようです」
マ:「連邦軍は強硬手段にでたのか。ならば望み通り・・・」
ウラガン:「・・・しかし、今更」
マ:「これは駆け引きなのだよ。連邦側は我々の要求を無視したのだ、彼らはその報いを受けるのだよ。ミサイル発射!!!」

アムロ:「ハヤト、フルパワーだ!!」
ハヤト:「り、了解!」
「うわーっ!!」

アムロ:「ああっ!!」
「や、やれるか?」
「やあーっ!!!」

ハヤト:「ああっ!」
ガイア:「マッシュ、オルテガ、す、すまん」

ナレーター:「オデッサの作戦は連邦軍の勝利に終わった。しかし、マ・クベは黒い三連星を運んできた戦艦ザンジバルでいち早く脱出していた」

マ:「戦いはこの一戦で終わりではないのだよ。考えてみよ、我々が送り届けた鉱物資源の量を。ジオンはあと10年は戦える。フフフフフッ」

ナレーター:「ホワイトベースの少年達は、ここに親しくレビル将軍と会見した」

次回予告:「マッドアングラー隊から水陸両用モビルスーツ・ゴッグが発進する。木馬を討て、ガンダムを倒せと奇妙なくらい巧妙にホワイトベースに迫る。そう、マッドアングラー隊の指揮官、彼こそ。機動戦士ガンダム、次回、『復活のシャア』。君は、生き延びることができるか?」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gundamserifu.blog.fc2.com/tb.php/30-4865fb4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック