機動戦士ガンダム 第23話 マチルダ救出作戦

ここでは、「機動戦士ガンダム 第23話 マチルダ救出作戦」 に関する記事を紹介しています。
ナレーター:「オデッサ作戦を前にホワイトベースは善戦むなしく大破、不時着した。一度は引き上げたジオン軍の攻撃隊ではあったが、またいつ襲撃してくるかわからなかった」

タイトルコール:「マチルダ救出作戦」


ハヤト:「その右のやつがそうのはずだけど」
アムロ:「・・・駄目だなー」
ハヤト:「第2エンジンのコードを使えないかな?」
アムロ:「スケールが違うと思うけど」
カイ:「早くしてくれよなー。もう紙がなくなっちまうぜー」
ハヤト:「カイさん、また誰かさんに軟弱者って言われますよ」
カイ:「ハハハハッ!ハハ・・・えーと、圧力はどうかな?」
ミライ:「どう?ほかの部品で間に合いそう?」
アムロ:「・・・駄目ですね。いろいろやってみましたが無理です」
ミライ:「そう。こんな時、敵に襲われたら」
ハヤト:「補給は来てくれるんでしょ?」
ミライ:「・・・ええ、レビル将軍に頼んではあります」
マーカー:「ミライさん、ブライトさんがお呼びです。ミライさん、ブライトさんがお呼びです」

ミライ:「ブライト、何か?」
ブライト:「うん、君に僕の代理をやってもらいたいんでね。その引継ぎだ」
ミライ:「指揮官のいない船なんてひどいものだけど、あたしには無理よ」
ブライト:「無理はみんな同じだ。僕など、自分の意気地のなさが病気の原因かと思うと情けなくなってくる」
ミライ:「そんな」
ブライト:「ここに艦長指揮のABCを書いといた。これを見れば・・・」
ミライ:「でも、それだけでは」
ブライト:「君ならできるよ」
ミライ:「・・・ブライト!」
ブライト:「やってくれるね?」
ミライ:「・・・」
ブライト:「僕もすぐによくなる」
ミライ:「ええ、やってみるわ」

ナレーター:「同じ頃、ホワイトベースから補給の要請を受けていた地球連邦軍のレビル将軍は、ヨーロッパ前線基地に到着していた。キシリア将軍が本格的に援軍をマ・クベの基地に送る前にオデッサ作戦を行う為であった。そして、その作戦の前に」

レビル:「たとえ戦艦一隻の攻撃といえども、後ろから掛かられればマ・クベとて慌てはしよう」
エルラン:「しかし、既にマ・クベ隊の攻撃を受けて大破していると」
レビル:「いや、そう思われていてこの作戦もうまく行くのではないのかな?エルラン中将。なあ、マチルダ君。あとは君の隊がホワイトベースのエンジンを直せるかどうかにかかっている訳だ」
マチルダ:「はい、レビル将軍。たとえどれほどの傷であろうと」
レビル:「うむ。それともうひとつホワイトベースに届けて欲しい物がある。連中はまたモルモットにされるのかと怒るだろうがな。ガンダムのパワーアップのメカのテストを連中にやらせる」
マチルダ:「ガンダムの?」
レビル:「これがその目録だ」
マチルダ:「はい」
エルラン:「レビル大将、部隊編成の決まっていない部隊になぜそんなにまで肩入れをなさるんです?」
レビル:「正規軍をテスト台に使えるかね?それにこれは参謀本部の決定でもある」

マ:「よく知らせてくれた。で、ガンダムのパワーアップは具体的にはわからんのか?」
ジュダック:「残念ながら、エルラン中将もチェックする間もなくホワイトベースに」
マ:「わかった。エルランに言っておけ、オデッサ作戦の攻撃は程々にな、と」
ジュダック:「は」
マ:「フフ、連邦軍め、しびれを切らしたな。この戦い、先に動いた方が負ける」
「クリンク、グフ3機、ドダイYS3機でミデア輸送隊を叩け」
クリンク:「はっ!」
マ:「護衛戦闘機もつけてな」
クリンク:「はっ!」

セイラ:「ミライ」
ミライ:「なに?」
セイラ:「レビル将軍から今、暗号通信が入ったわ。コンピューターで解析したの。映すわよ」
ミライ:「ど、どうぞ」
レビル:「レビルだ。連絡が遅くなってすまなかった。補給物資はマチルダ中尉に送らせた。修理が済み次第オデッサ作戦に参加しなければならん」
ミライ:「は、はい」
レビル:「なお、ガンダムの新しい部品も届ける。新戦力として十分使えると思う。パイロットの諸君にも健闘を望む次第だ」
ミライ:「これだけ?オデッサ作戦がいつ始まるのかわかんないし」
セイラ:「具体的な事はマチルダさん、あ、いえ、マチルダ中尉がしらせてくれるでしょ」
ミライ:「そうね・・・ガンダムの新しい部品って何かしら。少しでもアムロ達が楽になる物ならばいいんだけれど」

連邦兵A:「11時の方向に編隊キャッチしました」
マチルダ:「あと一息というところで。ジオンか?」
連邦兵A:「は」
マチルダ:「しかし妙ですね。我々の行動を知る者がそんなにいるとは思えないが。各機、対空戦闘用意。このままの戦闘隊形を崩すな」
「一応、レビル将軍にはSOS信号を」
連邦兵A:「はっ」

クリンク:「よーし、捕まえたぞ。荷物で足の遅くなった輸送機なぞいちころだぜ」
オスカ:「ミデア輸送隊からのSOSをキャッチしました」
ミライ:「ミデアから?距離は?」
オスカ:「北西180キロ」
ミライ 「どうするか?補給が受けられないとホワイトベースは動けない。ミデアが来てくれなければ」
「セイラ、ミデア輸送隊を助けましょう」
セイラ:「了解。アムロ、カイ、ハヤト、発進してください。マチルダ隊の救出に向かいます」

アムロ:「・・・マ、マチルダさんが?」

ミライ:「・・・ね、セイラ、待って、発進は取りやめてちょうだい」
セイラ:「なぜです?」
ミライ:「ほら、コアファイターもなくなったら動けないホワイトベースは裸同然よ。その隙に敵に襲われたら」
セイラ:「アムロ、コアファイターへ。ジョブ・ジョン、ハヤトはガンペリーへ。ガンダムパーツを搭載してください。ガンキャノンはカイ」
「腹が立つのなら罰してくださっても結構よ」
ミライ:「セイラ、あたしはブライトから引継ぎを。いいでしょう・・・」

アムロ:「行きます!!」
セイラ:「頑張ってね、カイ。マチルダ輸送隊は救援物資を持ってきてくれるんだから」
カイ:「へいへい、では、おだてのセイラさん、行きますよ」
ハヤト:「ガンペリー、行きます!」

ミライ:「こうなったら、ここに敵のこないのを祈るしかないわね」
セイラ:「ミライ、キャプテンシートに座ってらしたら?」
ミライ:「ここの方が落着くわ」
セイラ:「全員を対空警戒に立たせた方がいいんじゃないかしら」
ミライ:「そう、そうね」

アムロ:「マチルダさん、僕が行くまでなんとか頑張ってください!」

連邦兵A:「マチルダ中尉、5番機が!」
マチルダ:「構うな、もっと低空で」
連邦兵A:「はっ!」

アムロ:「お前達にマチルダさんも補給物資もやらせるか」

連邦兵A:「コアファイターです」
マチルダ:「さすが早いわね。しかし、あのジオンのモビルスーツ・グフには」
アムロ:「ドップはいい。グフはどこに?グフは?あっ!しまった!!」
「ここでやられるかっ!」
「落ちろ、落ちろ落ちろ!」
「グフ、一つ。次は?」
「ミデアと敵の間に入らなければ、マチルダさん達を傷つけてしまう。カ、カイさん、早く来てくれ!弾がなくなる!」


アイキャッチ

ブライト:「・・・ミライ、待つだけじゃ駄目だ。修理、修理だ。・・・今のうちにできる所はさせとけ・・・」
「・・・今そんなものを読んでる暇ないだろう。みんなに・・・」

(ほ、ほんとだな、リュウ。お前のやり方は利口じゃあなかったかもしれんが、俺達に模範を示してくれた。何をやったかで人間の値打ちは決まる。お前は強い、だからだよ、負けまいと思うのだがな)
「・・・リ、リュウ」
「ミライ、自分で判断して行動するんだ」

ハヤト:「アムロ、聞こえるか?アムロ。ドッキングエリアに入るぞ。こちらに来られるか?」
アムロ:「き、聞こえるぞ、ハヤト!」

ジオン兵A:「5時の方向に敵機キャッチ。データーにない奴です」
クリンク:「馬鹿言え、木馬関係のデーターは入れてあるだろう」
ジオン兵A:「あ、わかりました、中割れです」
クリンク:「中割れだと?ガ、ガンダムとかいうモビルスーツを運ぶ奴だぞ、そりゃ。エイブ、ミデアの攻撃は中止だ、中割れを追う」
エイブ:「中割れ?なんだいそれ?モビルスーツでも出てくんのか?」
クリンク:「そういう事だ。残りのドップには戦闘機を追いかけさせろ!」

ハヤト:「アムロ、こんな所でガンダムに換装するのか?」
アムロ:「やるしかないな。コアファイターでグフは叩けない!」
ハヤト:「よーし、レーザーサーチャー始動するぞ」
アムロ:「了解だ!このっ!」
「レーザーサーチャー発射、シンクロさせるぞ。うっ、グ、グフが!」

クリンク:「今だ、戦闘機をやれ。うおおっ!」
アムロ:「ああっ!!」
カイ:「こいつ、足が遅いからねえ。よう、早いところガンダムになっちゃってよ!」
アムロ:「す、すいません、援護頼みます!ミデアの方にもグフがまわってるはずです!」
カイ:「わかってるって!」
アムロ:「ドッキングサーチャー、始動。10、9、ハヤト、いいぞ!」
ハヤト:「6、5、Bパーツ投下」
「いくぞ。サーチャーシンクロ、Aパーツ投下!」


エイブ:「モ、モビルスーツになろうってのかい!」
アムロ:「うわっ!グフめ、よくも!」
「し、しまった!あれはまさかマチルダさんのじゃ!」


連邦兵B:「1番機、4番機も、持ちません、先に行ってください」
マチルダ:「4番機にはガンダムのパワーアップメカが入っている。編隊を着陸させなさい」
連邦兵A:「し、しかし、2機だけでも敵を振り切って」
マチルダ:「ガンダムのパワーアップメカを捨てる訳にはいきません」

アムロ:「ち、着陸したのか?まずいぞ」
「うわっ!・・・しまった、さっきのグフか?」

エイブ:「このっ!」
マチルダ:「急いで。Gメカを降ろせ。もう爆発するぞ。対空砲火は気を抜くな。敵のモビルスーツはまだ一機残っているんだ」
カイ:「アムロ!!何をやってるんだい。早くこねえとマチルダさんまでやられちまうぞ。もっとも、俺が撃ち落せばいいんだろうがよ!」
マチルダ:「Gファイターのエンジンのパワーを上げておけ。ガンダムに使わせる」
連邦兵A:「し、しかし、いきなり使いこなせますか?」
マチルダ:「アムロなら大丈夫です」

ミライ:「ねえ、セイラ、指揮官ってこんな時・・・」
「いいえ、なんでもないわ」
マーカー:「ミライさん、こんな時指揮官役っていうのはどっしり構えてくれてた方が安心なんですよ」
ミライ:「え?あ、そ、そうね。敵は近づく気配ないわね?」
マーカー:「はい。ミデア輸送機も足が止まっているようですが」
ミライ:「あ、セイラ、メカマンに伝えて。第一戦闘配置は中止して修理を続けるようにって」
セイラ:「大丈夫かしら?」
ミライ:「ええ。敵も戦力が少ないからこんなに時間がかかるのよ。大丈夫、こちらには来ないわ」

アムロ:「うわっ。グ、グフめ、パワーが次々と上がっていく感じだ。や、やれるか?」
エイブ:「やったか?」
アムロ:「いけーっ!!!」
エイブ:「・・・やられた、エンジン、エンジンを!」
アムロ:「だ、駄目だ、足の回路がズタズタだ。早くマチルダさんの所へ!あっ!ま、まだいるのか?」

ブライト:「ミライ、マチルダ隊は着いたのか?」
ミライ:「起きたの?大丈夫です。あと5分ほどで到着予定ですって」
ブライト:「・・・そうか、ジオンの包囲網を突破してくれたか。さすが中尉さんになっただけのことはあるな。すまんな、もう少し寝かせてくれ」
ミライ:「どうぞ」

アムロ:「だ、駄目だ、自由に動くという訳にはいかない。どうする?」
「このままじゃパワー負けするぞ!どうする!?」
「・・・こ、ここらでやられるものか!ああっ!!」
「ま、また!わーっ!!」

ハヤト:「アムロ!!」
アムロ:「えっ?」
ハヤト:「マチルダさんの持ってきたパワーアップメカだ。ガンダムを乗せられる!」
アムロ:「よ、よし、やってみる」
ハヤト:「いくぞ、アムロ」
ジオン兵B:「く、くるぞ!」
ジオン兵C:「へっ、どのみちパワーは落ちてんだ。叩き落してやる」
ハヤト:「こいつぅ!」
アムロ:「ハヤト、ぶつけろ!ハヤト、ターンだ!ターン急げ!」
ハヤト:「きた!」
アムロ:「うわーっ!!」
「・・・Gファイター、あれが・・・」


マチルダ:「さすがねアムロ君。ハヤト君も」

レビル:「報告は聞いた。ミライ君、指揮官代理としてよくミデア輸送隊を守ってくれた。礼を言う。では、あとはミデア隊とよく連絡を取ってホワイトベースの修理を急いでくれたまえ」
ミライ:「はい、ありがとうございました。・・・つくづく自分が情けなくなるわ」
セイラ:「そんな事ないわ、ミライ。よく辛抱したと思う。それに、ブライトを安心させたりもできたじゃない」
ミライ:「セイラ、ありがとう。あなたにそう言ってもらえると嬉しいわ」
セイラ:「・・・」
レツ:「これだけ来てくれりゃすぐ直っちゃうよね、ホワイトベースなんかさ!」
キッカ:「あったりまえにゃん!」

マチルダ:「あなた達には二度も助けられたことになるわね、アムロ君、ハヤト君」
カイ:「ぐ・・・ぐふ、ぐふん・・・」
マチルダ:「フフ、カイ君もね。今日はあなたが一番つらかったわね」
カイ:「え、・・・いやあ、あれくらいおちゃのこさいさいってね」
マチルダ:「頼もしいわ、カイ君」
カイ:「いやあ、ニャハハハッ」
マチルダ:「さ、ガンダムのパワーアップパーツのすべてを見てもらいましょう」
アムロ:「はい」
ハヤト:「はい」
カイ:「や、ほんと、俺これからもものすごく頑張ってね、あ、あれ?」
「んともう、待ってくださいよう!」


次回予告:「マチルダがホワイトベースを守る為に死んだ、数多くの戦友と共に。黒い三連星とあだなされる重モビルスーツ・ドムの攻防は、ただ激烈であったのだ。機動戦士ガンダム、次回、『迫撃!トリプル・ドム』。君は、生き延びることができるか?」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gundamserifu.blog.fc2.com/tb.php/28-a6fad3ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック