機動戦士ガンダム 第21話 激闘は憎しみ深く

ここでは、「機動戦士ガンダム 第21話 激闘は憎しみ深く」 に関する記事を紹介しています。
ナレーター:「ここは、地球で最大の鉱物資源をおさえているマ・クベ大佐の本拠地である。地球連邦軍は、この基地を叩くオデッサ作戦の準備を着々と進めていた。ホワイトベースはこの作戦に参加すべく西へと進んでいたが、ランバ・ラル隊の攻撃はまだ終わってはいない」

タイトルコール:「激闘は憎しみ深く」

ハモン:「使い古したザクが1機とマゼラアタックの砲塔が4門だけとは」
タチ:「明らかにマ・クベ大佐は協力的ではありませんでした」
ハモン:「あてにしますよ、タチ中尉。なんとしてでもラルの仇を討ちたいのです」
タチ:「我々とて同じ思いです、ハモン様」

ハモン:「誰か?」
タチ:「タチ中尉であります。偵察に出た者が帰ってまいりました」
ハモン:「入れ」
タチ:「失礼します」
ジオン兵A:「木馬は山を背中にしております」
タチ:「そこに付け入る隙があるな」
ジオン兵A:「は」
ハモン:「木馬の損害は?」
ジオン兵A:「必死で修理をしておりますが、人数が極端に少ないようです」
ハモン:「急ぎましょう、準備を」
タチ:「は、ハモン様」

カイ:「かなりひでえな!この調子であちこちやられ続けたらたまんないぜ」
ハヤト:「・・・部品も底をついてきた。武器も乏しいし、どっかで補給を考えませんとね!」
ブライト:「ぼやくなハヤト。前線では何が起きるかわからんのだ。知恵と工夫で切りぬけてくれ」
ハヤト:「知恵と工夫ですか。それよりアムロを」
ブライト:「それを言うな」

フラウ:「具合、どう?」
リュウ:「ああ、まあね」
ハロ:「リュウ、ダイジョウブ、カ?」
リュウ:「お?」
ハロ:「リュウ、タイチョウ、フカ、リュウ、タイチョウ、フカ」
フラウ:「ハロ」
リュウ:「ああ、いいんだ。フフフッ、あっ・・・」
フラウ:「あっ、リュウ」
リュウ:「・・・しかし、ハロは良くできている。正直だよ」
ハロ:「ハロ、ゲンキ。リュウ、ハヤク、ゲンキニ、ナレ」
リュウ:「フフフ、あ、ありがとう、ハロ。お世辞を言う回路も入っているとはね」
フラウ:「何かして欲しいことない?リュウ」
リュウ:「い、いや、ないよ。俺は順調だってみんなには言っといてくれよ・・・」
フラウ:「ええ」
リュウ:「ブライトの奴、アムロをまた独房に入れたんだって?」
フラウ:「ええ・・・」
リュウ:「アムロが突っ張ってんのか?」
フラウ:「・・・」
リュウ:「ブライトだな・・・」

タチ:「カーゴにはマゼラトップを装備しました。ギャロップの予備のエンジンでかなり高速移動ができます。ザクにはマゼラトップの主砲を持たせます。それとサムソンの2機です。兵は16名、すべてランバ・ラル様の息のかかった者です」
ハモン:「よく準備をしてくれました。ガルマ様の仇討ち部隊として地球に降り立ったものの、我々はまだ任務を終わっておりません。一見小さな作戦ではありますが、敵は連邦軍の最新鋭戦艦とモビルスーツです。ジオンの国民は我々の戦果に期待しております。ランバ・ラルは私にもったいないくらい実直な男性だった。あんな心を寄せてくれた人の為によしんば、砂漠で散るのも後悔はない。この作戦に不服がある者は参加しなくとも、ランバ・ラルは怒りはしません、私もです」
タチ:「その心配はございません、ハモン様。全員引かぬ覚悟であります」
ハモン:「ありがとう」
「トルガン、頼みます」
トルガン:「はっ、ハモン様」
ハモン:「ミサキも頼みます」
ミサキ:「はい、ハモン様」
ハモン:「イリューシ、頑張ってください」
イリューシ:「はい、必ず仇を」

ブライト:「うーん・・・」
リュウ:「・・・ブライト」
ブライト:「リュウ、動いたらまた傷口が開くぞ!」
リュウ:「・・・リハビリテーションさ。少しは体を動かさんと治りがな・・・ううっ」
ブライト:「大丈夫か?」
リュウ:「ああ。アムロの事だがな・・・」
ブライト:「出す訳にはいかんよ。俺達が期待する態度を見せれば、あいつはまだまだ自惚れる」
リュウ:「そ、そうでもないぜ。ね、ミライさん」
ミライ:「ええ、でも規則は」
ブライト:「野生の虎でも檻に入れておけば自分の立場がわかってくる」
リュウ:「アムロが自分でわかるのを待つ訳か。言い逃れに聞こえるが」
ブライト:「俺の言い逃れ?なぜだ?」
リュウ:「人間にはな言葉があるんだ。俺の元気な内に・・・」
ミライ:「リュウ、何を言うの?」
リュウ:「ブライトはアムロとゆっくり話し合った事ないんだろ?それじゃあ虎はおとなしくにはならん、あっ・・・あっ・・・」
ブライト:「サンマロかセイラを呼び出してくれ、リュウをベッドへ」
ミライ:「はい」

ハモン:(あの坊やが邪魔するような事がありましたら、あなた、護ってくださいましね)

ハヤト:「よし、あとは磁気圧の調整だけだ」

(ブライト):(お前はパイロットだ。寝るのも仕事のうちなんだぞ)

アムロ:「・・・誰がいるんです?」
リュウ:「お、起きてたか」
アムロ:「リュウさん!」
リュウ:「・・・起こしてすまんな」
アムロ:「体、大丈夫なんですか?」
リュウ:「・・・俺の事はいい。な、お、お前ブライトがまた独房に入れたのを腹を立てて、いないのか?」
アムロ:「僕が?ブライトさんの処置わかります。怒ってなんかいません」
リュウ:「ならいいんだ。・・・ブ、ブライトがな、お前は野生の虎だっておっかながっているんだよ・・・お、おかしいだろ?」
アムロ:「野生の虎ですか?」
リュウ:「アムロ、期待しとるぞ」
アムロ:「大丈夫ですか?」
リュウ:「なあに、大丈夫!う・・・く・・・」
セイラ:「リュウさん、なんで動きまわるんです?」
「フラウ・ボゥ、こっちよ。アムロの所に来ていたんだわ」
リュウ:「うおっ・・・」
フラウ:「あっ!リュウさん!」
アムロ:「セイラさん!リュウさん大丈夫ですか!?」
リュウ:「ぁぁ・・・」
セイラ:「大丈夫よ。アムロ、心配しないで」

タチ:「錐の戦法です。昔から伝えられております最高の突撃攻撃法であります。第一波の攻撃を敵の最も弱いと思われる所に掛けます。ほかには一切目を向けずただ一点を抜く。我々の生還は不確実でありますが、間違いなく木馬を撃破する事ができます」

タチ:「絶好だ、木馬め」
カイ:「うっ、て、敵か?うわっ!しまった!うしろからか!」

オスカ:「敵襲だ!」
ブライト:「どっからだ?て、敵は」

カイ:「好きにさせるかよ!」
「ちぇっ、ザク1機でホワイトベースをやろうってのか、生意気言っちゃってー!」

ハヤト:「ジョブ・ジョンさん、もっとスピードを上げられませんか?」
ジョブ:「調子良くないんだ。この間の直撃食らったのがまだ直りきってないんだ」
ハヤト:「カイさん!」
カイ:「ザ、ザクだけじゃねえのか!」
ジョブ:「だ、駄目だ、シャフトが折れてるらしい。エンジンはかかってるんだけど、ハヤト、どうする?」
ハヤト:「ど、どうするって、ここからじゃ十分な援護ができない。あっ?」

リュウ:「ぉ・・・」
セイラ:「リュウ、大丈夫?しっかりして」
リュウ:「そ、それよりもア、アムロを独房から出すんだ。責任は俺がとる!」
セイラ:「わかったわ・・・」
「その代わり、リュウはベッドにいるのよ」
リュウ:「わかっている、セイラさん」

セイラ:「ブライト」
ブライト:「セイラ、どこにいるんだ?早くブリッジに上がれ」
セイラ:「アムロの独房のドアナンバーを教えてください」

ブライト:「なんだと?」
セイラ:「今までリュウがここにいたのよ。彼が責任をとるからアムロの出動を」
ブライト:「おせっかいな」
セイラ:「私も責任をとるわ、教えてください」
ブライト:「F36タイプだ」

セイラ:「リュウが開けてくれたのよ。リュウの分も頑張ってね」
アムロ:「はい。行きます!」
「ああっ・・・ジオンめ、叩き落してやる!」


カイ:「ううっ、ま、まだ新手がいるのか?」
ハモン:「フフ、木馬め。案の定自由には動けまい。ランバ・ラル隊のしぶとさ、見せてあげよう」

アイキャッチ

クルーA:「1、2、3番はまったく出力が上がりません!」
ブライト:「構わん!ミライ、離陸しろ」
ミライ:「了解。セイラ、ガンダムの発進は大丈夫ね?」
セイラ:「は、はい、大丈夫のはずです。うっ、ガンダム発進どうですか?」
オムル:「メカマンがみんな怪我をしていて修理が・・・」
アムロ:「動けばいいんだ!」
セイラ:「アムロ!」
アムロ:「ともかく、コアファイターで出ます。修理中でガンダムにドッキングしていないんです」
セイラ:「了解したわ、アムロ。ホワイトベースが発進するかもしれないけれど、いいわね?アムロ」
アムロ:「大丈夫です!」
セイラ:「ブライト、ミライ、コアファイター出ます。よろし?」
ブライト:「やらせたくなくてもやるんだろ、セイラ」
セイラ:「ブライトさん」
ブライト:「ガンダムがなければ立ち向かえんというのに」

キッカ:「ああっ、お兄ちゃん達のお墓置いてっちゃうの?」

カイ:「ザクの野郎!俺だって、俺だって前の俺とは違うんだ!引かねえぞ、引かねえぞ!」

アムロ:「ベッドを倒してガンダムパーツを発射する事ぐらいできるだろう?」
オムル:「手引書には書いてあるようだけど、やったことないんだ」
アムロ:「誰だってそうだよ、ホワイトベースでは。あとはなんとかする!」
オムル:「わかった、やってみる!」
アムロ:「あいつの方が軍人の本職だろうにさ」
「アムロ、行きまーす!」


アムロ:「これ以上ホワイトベースに触らせるものか!」

フラウ:「ああっ!」
リュウ:「・・・フラウ、手伝ってやれ。右の機銃に行って引き金ぐらい引けるだろう?」
フラウ:「はい!」
リュウ:「ヘルメットだけはするんだ。耳をやられる」
フラウ:「はい!」
リュウ:「・・・」
ブライト:「ガンタンクが故障だと?ミライ、ホワイトベースはこのまま動けんのか?」
ミライ:「浮力がつきません、ハイパーマグネットが」
ブライト:「ガンダムパーツを発射しろだと?アムロが言ったのか?」
リュウ:「く・・・くそ」
クルーB:「リュウさん、あなたは動いちゃ駄目です。一番の重症なんですよ」
リュウ:「・・・ホワイトベースがやられちまえば、病気だ怪我だって言えるかよ」
クルーB:「そ、そうですが。あっ・・・」
「リ、リュウさん、どうするつもりなんですか?」
リュウ:「ガ、ガンタンクを動かさにゃならん・・・」

リュウ:「ホワイトベースが引っ掛かってくれなけりゃ、こ、こんな事もできなかったところだ・・・」

アムロ:「ようやく1機か。まったく出遅れた」
オムル:「アムロ、ガンダムパーツの発射ができそうだ、いいか?」
アムロ:「やってください、コアファイターの弾は撃ち尽くしました!」
オムル:「ガンダムBパーツ、発射するぞ!」

アムロ:「レーザーサーチャー始動、コアファイター、チェンジ」
「レーザーセンサーキャッチ。180度ロール!姿勢OK。いけるか?」
「ようし。オムルさん、Aパーツの発射急いでください」

オムル:「了解、発射位置セット。行くぞアムロ」
アムロ:「よーし、いいぞ!」
「ぐ・・・」
「し、しまった、狙い撃ちはできても、ここからじゃホワイトベースまで傷つけてしまう。格闘戦に持ちこむしかないのか!」
「うわあーっ!!」
「ん?待てよ、これは特攻するつもりじゃないのか?」
「とすれば、あの中は爆薬で一杯のはずだ」
「だ、駄目だーっ!!」

ハモン:「・・・特攻させぬつもりか?小癪な!」
アムロ:「あっ」
ハモン:「フフ、ガンダム一機でそれが止められるものか。木馬にぶつかればその中の爆薬・・・タチ、ガンダムをうしろから倒しておしまい!」
タチ:「はっ、ハモン様!」
アムロ:「うわあーっ!!」
「上から?できるか?」
「ええーい!!」

ハモン:「ガ、ガンダム、二人のパイロットを同時に討ち取るとは。さすが、私が見込んだ坊やだけのことはある。しかし・・・」
アムロ:「し、しまった!」

ブライト:「おおっ」
フラウ:「撃ちましょうか?」
ブライト:「マゼラトップだけを狙える訳がないだろう」
ハモン:「いくら装甲の厚いガンダムといっても、これだけ近ければ持ちはすまい。そしてガンダムとカーゴの爆発力は木馬をも・・・」
アムロ:「ハ、ハモンさんか?」
ハモン:「ほんと、好きだったよ、坊や・・・」
アムロ:「うわっ!」
ハモン:「これでおしまい、・・・ああっ!」
リュウ:「うああーっ!!!」

フラウ:「あっ?」

ジョブ:「リュウさん・・・」

ブライト:「ああっ」

セイラ:「リュウ・・・」

ミライ:「えっ、なに?」

カイ:「早くしろ!」
アムロ:「コ、コアファイターが、だ、誰だ?あっ」
「そうか、エンジンの片方をやれば。ホバークラフトなんだから。・・・このっ!」

ジオン兵B:「ああーっ!!」
アムロ:「そこだ!あとは・・・」
「も、もう敵はいませんか?」

セイラ:「戦いは終わったわ、アムロ。ガンダムは、アムロは大丈夫?」
アムロ:「大丈夫です。コアファイターに乗ってたの、誰だったんです?」
セイラ:「驚かないでね、アムロ・・・」
アムロ:「え?ええ」
セイラ:「リュウよ・・・リュウが、体当たりをして・・・」
アムロ:「リュウさんが?う、嘘ですよ、リュウさん、怪我してて戦いに出られる訳ないでしょう。・・・い、いやだなあ、セイラさん」

カツ、レツ、キッカ:「(嗚咽)」
ジョブ:「・・・ぼ、僕が殺したも同じです。僕が代わらなければリュウさんだって、リュウさんだって死なないで・・・」

(リュウ):(か、代われ。お前より俺の方がずっと慣れているんだ)
(ジョブ):(動かないんですよ!)
(リュウ):(ば、馬鹿野郎。その時その時に合わせて使い方を考えろ。コアファイターだけでも使えるだろ、えっ!?ど、どけよ、素人め!)
ハヤト:「僕がリュウさんの発進を認めなければよ、よかったんです・・・」

(ハヤト):(リュウさん、体は大丈夫なんですか?)
(リュウ):(戦力は無駄にできんのだ、うっ)

ブライト:「アムロの事で、俺は奴に心配をかけ過ぎたのかもしれん」

(リュウ):(いや、そうでもないぜ)
(ね、ミライさん。奴は変わってきましたよね)

ミライ:「(嗚咽)」
カツ、レツ、キッカ:「(嗚咽)」

(セイラ):(ああっ)
(リュウ):(そ、それよりもアムロを独房から出すんだ。せ、責任は俺がとる)

アムロ:「・・・リュウさん、リュウさん」

(リュウ):(ブライトがな、お前は野生の虎だっておっかながっていたよ。おかしいだろ?)

アムロ:「(嗚咽)」
ジョブ:「ぼ、僕が殺しちゃったんです、ぼ、僕が、僕が・・・」
アムロ:「違いますよ、やめてくださいジョブ・ジョンさん。僕だってそうです、ハヤトだってそうかもしれない。み、みんな、みんな、みんなが!みんなが!」
ブライト:「アムロの言う通りだ。・・・我々が・・・我々が未熟だった為にリュウを殺し、何人もの仲間を・・・」
カツ、レツ、キッカ:「(嗚咽)」
ブライト:「か、勘弁してくれ、リュウ、勘弁してくれよ。な、お、俺達こ、これからどうすりゃいいんだ?え?リュウ、教えてくれ。教えてくれんのだな・・・もう・・・」
セイラ:「・・・ブライトさん、やめましょう。ジオンを倒すしかない。戦争が終わるしか」
アムロ:「そ、そうさ、そうですよ・・・。それしかないんですよーっ!!!」
「それしかないんですよーっ!!」


次回予告:「リュウの亡きあとブライトが倒れる。その隙を突くかのようにマ・クベの包囲作戦が行われた。静かに、そして激しく。戦闘中の空中ドッキングはついにアムロを危機へと陥れてゆく。機動戦士ガンダム、次回、『マ・クベ包囲網を破れ!』。君は、生き延びることができるか?」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gundamserifu.blog.fc2.com/tb.php/26-f7e0f00e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック