鉄血のオルフェンズ 第50話 彼等の居場所

ここでは、「鉄血のオルフェンズ 第50話 彼等の居場所」 に関する記事を紹介しています。
団員たち:「せぇ~の!」
ザック:「やった。・・・!ハッシュ・・・。待ってるかんな。」

OP「Fighter」KANAーBOON
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Fighter (初回限定盤 CD+DVD) [ KANA-BOON ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/1/22時点)




エルガー:「くっそ!あっ!」
エンビ:「エルガー!ちくしょう!」
ユージン:「うっらぁ~!ヒルメ!エンビのフォローに入れ。トロウは一度下がって・・・。」
三日月:「ユージンも下がって。」
ユージン:「・・・!三日月?何言ってやがる。まだ俺は・・・。」
三日月:「おやっさんから伝言。トンネルの作業が終わってみんな移動を始めたって。そろそろ先頭がクリュセに着く頃らしいよ。」
ユージン:「そうか!んじゃ最後のひとふんばり・・・。」
三日月:「そうじゃない。みんながクリュセに着いたって終わりじゃない。仕事を果たせ。副団長。」

ダンテ:「くっそ~!」
昭弘:「ダンテ、お前も下がれ!」
ダンテ:「ふざけんな!誰に物言って・・・。」
昭弘:「両腕のねぇモビルスーツでどうすんだ。ここは筋肉隊が引き受ける。行けよ流星隊!」
ダンテ:「昭弘・・・。」
昭弘:「さあまだ仕事は終わりじゃねぇぞ。行ってオルガの命令を果たせ!」
ダンテ:「くっ・・・!」

ユージン:「おやっさん!」
雪之丞:「ん?おおユージン!よく戻った。」
ユージン:「状況は?」
雪之丞:「おう俺たち以外はトンネルの中だ。ここの爆破準備も・・・。」
デイン:「今終わりました。」
ユージン:「よし。んじゃ俺たちも行くぞ。」
ヤマギ:「行くってまだ三日月たちが・・・。」
ダンテ:「あいつらならあとで合流する。三日月たちにはまだ仕事が残ってる。」
ユージン:「ああそうだ。そんで俺たちにもな。オルガの命令を果たすまで止まるわけにはいかねぇんだ。(だよな?三日月・・・)」

三日月:「昭弘ももういいよ。」
昭弘:「ふざけんな。お前が残ってんのに俺が退けるか。」
三日月:「んじゃ足引っ張んないでね。」
昭弘:「お前・・・。これ終わっても担いで逃げてやんねぇからな。昭弘・アルトランド、ガンダム・グシオン、リベイクフルシティ。」
三日月:「三日月・オーガス、ガンダム・バルバトスルプスレクス。」
三日月・昭弘:「行くぞ。」
兵士:「ひぃ~!」
昭弘:「ぬぅ~!」
兵士:「なんだよ・・・こいつら化け物じゃねぇか!」
三日月:「なんか当たりが弱くなったな。」
昭弘:「そりゃ向こうからしたら残ってんのが俺たちしかいねぇ時点でもう勝ちは決まってんだ。勝ち戦で死にてぇヤツはいねぇだろうよ。」
三日月:「そういうもんか。」

イオク部下:「何をなさる気ですかイオク様!そのようなお体で!」
イオク:「味方の士気が下がっている今私が手本を示さねばならんのだ。」
イオク部下:「しかし!」
ジュリエッタ:「お下がりくださいイオク様。まだあなたが出る幕ではありません。」
イオク:「ジュリエッタ?だが・・・。」
ジュリエッタ:「我々にはどんなに非情であっても通さねばならない大義があるのです。」

メリビット:「はぁはぁ・・・。はっ!ライド!」
ライド:「よかった。メリビットさん、俺・・・。」
メリビット:「よく頑張ったわね。」
ライド:「けど俺は団長を・・・。」
メリビット:「あなたが情報を届けてくれなかったら私たちはここにいなかった。あなたは立派に仕事を果たしたわ。」
ライド:「うっ・・・うぅ・・・。」

ザック:「向こうどうなってんすか?」
チャド:「今ユージンが残ってた整備班のみんなとトンネルに入ったところだ。じゃあ戦闘は終わったんすか?」
チャド:「いや全員がこっちにたどりつくまで、まだ三日月と昭弘が戦ってる。」

三日月:「ん?」
昭弘:「なんだ?」

ユージン:「なんだ?」
ヤマギ:「デインどうかした?」
デイン:「音が・・・戦闘の音が聞こえない。」

ラスタル:「モビルアーマーを単騎でしとめるような化け物はもはや人ではない。獣をしとめるにはふさわしい作法というものがある。ダインスレイヴ隊放て。」

一同:「あっ!」

団員:「なんの音だ?」
団員:「ギャラルホルンか?」

ザック:「これ本部の自爆ってやつですか?」
メリビット:「そんな連絡来てないわ。それにこんな規模の爆発・・・。」
チャド:「まさか今日になって現場からの報道がなくなってたのは・・・あれを使ったってのか?」

三日月:「(暗い・・・これ死んだのかな?でも俺はこの場所を知ってる。そうだ、これはあのときの・・・俺が生まれたときの記憶、俺の命はオルガにもらった。なら・・・そうだ、決まってる)」

兵士:「ん?なんの音だ?生きて・・・いるのか?」
三日月:「ふぅ~・・・!」
兵士:「バカな・・・。」
兵士:「何なんだよこいつら。ほ・・・本物の悪魔かよ。」
イオク:「うろたえるな!所詮死に損ない。私が引導を渡してくれる!」
イオク部下:「イオク様!」
ジュリエッタ:「イオク様め。」

三日月:「生きてる?」
昭弘:「あ・・・ああ。どうにかな。しょうがねぇ・・・死ぬまで生きて命令を果たしてやろうじゃねぇか!ぬぅ~~!」
三日月:「そうだな。まだ止まれない・・・おい、バルバトス、お前だって止まりたくないだろ?ふっ。んじゃ行くか~!」
兵士:「なっ!?」
兵士:「うわぁ~!」
三日月:「(来い・・・)」
ジュリエッタ:「下がれ!こいつの相手は私がする!」

昭弘:「くぅ~!」
イオク:「ふんっ!」
昭弘:「ぐはっ!」
イオク:「おのれ死に損ない!このイオク・クジャンの裁きを受けろ!」
昭弘:「・・・!その名前・・・ぐっ!ぬぅ~~!お前か~~!!」
イオク:「なんだと!?うっ・・・うわぁ~!」
昭弘:「お前が~~!!」
イオク:「あっ・・・あっあっ私はこんなところで・・・あっ!」
イオク部下:「イオク様!」
昭弘:「生きてりゃいいことあるもんだな。てめぇをこの手でやれるとは・・・。」
イオク:「ああ~!」
昭弘:「あぁ・・・いい土産話が出来た・・・。」

ジュリエッタ:「なぜだ!?なぜまだあらがう!?無駄なあがきだ。こんな無意味な戦いにどんな大義があるというのだ!」
三日月:「大義?何それ?無意味?そうだな、俺には意味なんてない。けど・・・。」
ジュリエッタ:「よせ!こいつに近づいては!(悪魔め・・・。)」
三日月:「けど今は・・・。俺にはオルガがくれた意味がある。なんにも持っていなかった俺のこの手の中に・・・こんなにも多くのものがあふれてる。そうだ、俺たちはもうたどりついてた・・・」
ジュリエッタ:「なんなのですあなたは。果たすべき大義もなく、なぜ!もう意識が・・・。」
三日月:「(俺たちの本当の居場所・・・だろ?オルガ)」
オルガ:「(ああそうだなミカ)」
三日月:「(あぁ・・・また汚れた。アトラに怒られる。クーデリア一緒に謝ってくれるかな)」
ジュリエッタ:「今ここにアリアンロッド艦隊司令ラスタル・エリオンの威光のもとに悪魔は討ち取られた!」
兵士たち:「うおぉ~~!!」

#50 彼等の居場所

アトラ:「マクギリス・ファリド事件と呼ばれた一連の騒動はマクギリス・ファリド本人の死によって幕を下ろした。一時は社会的信用を失いかけたギャラルホルンだが、その抗争を早期に解決したことで改めてその力を世界に示した。またイシュー家、クジャン家、ファリド家を失ったギャラルホルンはセブンスターズによる合議制を廃止。より民主的な組織として再編されその初代代表にラスタル・エリオンが就任した。エリオンは事件を契機にギャラルホルン火星支部を縮小。これを受け実質的に間接統治を任せていた各地球経済圏は火星の経営を断念。経済圏の支配から脱した火星の各都市は火星連合を設立。連合議長としてクーデリア・藍那・バーンスタインが就任した。これには彼女自身の知名度の他にタービンズの一件でラスタル・エリオンと密約を交わし、更に勢力を拡大したテイワズの後押しが大きかったといわれる。誰にも等しく権利を与えられる世界、マクギリス・ファリドの目指した理想の一端はくしくもラスタル・エリオンの手によって成し遂げられようとしている。そして人々は忘れていく。マクギリス・ファリドの起こした事件の1ページには鉄華団という戦いしか知らぬ子供たちが存在していたことを・・・路肩に咲く野花に誰も気付かぬように通り過ぎていく」

キャスター:「ええ~現在ここ蒔苗記念講堂ではギャラルホルン代表ラスタル・エリオン氏と火星連合議長クーデリア・藍那・バーンスタイン氏によるヒューマンデブリ廃止条約の調印式が行われています。両氏は人権を無視され、不当に搾取される子供たちを救うため手を取り合って戦うことを誓いました。この条約はアーブラウ前代表、蒔苗東護ノ介氏がその晩年最も力を入れて取り組んだ仕事であり、今回ここが調印式の会場に選ばれたのも・・・。」

クーデリア:「今日は本当にありがとうございました。」
ラスタル:「いや私も革命の乙女に直接お会いできて大変有意義でした。」
クーデリア:「乙女はよしてください。」
ラスタル:「ヒューマンデブリ問題には我々も心を痛めていました。これからはギャラルホルンの総力を挙げてあなたの夢の実現に取り組むつもりです。」
クーデリア:「夢・・・ですか。」
ラスタル:「ん?」
クーデリア:「実は私にはかつてヒューマンデブリだった家族がいました。」
ラスタル:「ほう。」
クーデリア:「彼・・・いや彼等はその境遇と真っ正面から戦いそして散っていきました。私はただ彼等に恥じないように生きていたいだけなのです。」
ラスタル:「なるほど。」
ユージン:「お嬢、車の用意が出来ました。そろそろ。」
クーデリア:「ありがとう。では。」
ラスタル:「ふっ。あれでこそだな。」

ジュリエッタ:「クーデリア・藍那・バーンスタインが火星連合の議長に就任することをなぜ見過ごしたのか・・・。テイワズが裏で手を回したということはラスタル様へなんらかの相談もあったはずですが・・・。」
ガエリオ:「それぞれの皮算用があるんだろう。あの女もそれを理解して立場を受け入れた。」
ジュリエッタ:「清濁併せのむ・・・ですね。ラスタル様の提唱する新しいギャラルホルンを実現するためには。」
ガエリオ:「その新しいギャラルホルンの担い手は君だと皆がうわさしている。悪魔の首を取った凛々しき女騎士。」
ジュリエッタ:「いつかのあなたの言葉・・・真実の強さを手に入れるためには人間らしくあれ・・・と。」
ガエリオ:「そんなこと言ったか?」
ジュリエッタ:「彼等は・・・鉄華団は悪魔ではない。誰よりも人間らしかった。彼等の居場所は戦場にしかなかったのです。野望や目的のための手段ではなく人としてただひたすらに生きるために戦う。」
ガエリオ:「そうだな。だからこそ我々は彼等に恐怖した。相手の野望や目的を計れれば限界はおのずと見える。俺ももっと早くあいつを理解できていれば・・・。ジュリエッタ、このあとの仕事は?食事をする時間くらいはあるんだろ?」
ジュリエッタ:「随分と軽薄になられたものですね。仮面をかぶっていた頃は・・・。」
ガエリオ:「いつの話をしているんだ。俺はもともとこんな人間だよ。それともあのころの方が好みだったか?」
ジュリエッタ:「肉を所望します。」
ガエリオ:「いいね。もう少し肉が付いた方が俺の好みだ。って・・・ちょっ・・・速っ!おい、乱暴だって!」

アレジ:「蒔苗先生も今日のクーデリアさんの姿をお喜びだったと思います。」
クーデリア:「先生には最後までお世話になりました。アレジさん・・・あっいえ現アーブラウ代表にも変わらぬお心遣いを頂いて。タカキも本当にありがとう。」
タカキ:「そんな・・・。俺なんて・・・。」
ユージン:「タカキ~、アレジさんに迷惑かけてねぇだろうな?」
タカキ:「なっ!?副団長こそクーデリアさんに迷惑かけてないでしょうね?」
ユージン:「だからその呼び方やめろって!誰が聞いてんのか分かんねぇんだからよ。」
アレジ:「タカキは私の秘書として頑張ってくれていますよ。いずれは私の地盤を継いでもらいたいと考えています。」
ユージン:「はあ?こいつが議員さんに?」
タカキ:「クーデリアさんがいつか言ってくれた。多くの世界を見て知識を深めることで自分の選択肢を広げられるって。俺分かってきた気がするんです。」
クーデリア:「タカキ・・・。」
タカキ:「俺も火星の・・・世界中の子供たちのためにできることを見つけていきます。いつかクーデリアさんと一緒に仕事ができるように。」
クーデリア:「ええ、待っています。」

チャド:「おかえりなさいお嬢。調印式の中継見てましたよ。」
クーデリア:「ありがとう。会社の方は?変わりない?」
チャド:「商会の方はククビータさんとデクスターさんがうまくやってくれてます。採掘場の方も問題ありません。」
クーデリア:「学校の方は?」
チャド:「順調です。ただ孤児院の方から人手が足りないと催促が・・・。」
ユージン:「ダンテのヤツまたかよ。」
クーデリア:「彼はよくやっているわ。今回の条約で行き場のない子供たちはまだまだ増えるでしょうし・・・。なんとか手を打ちましょう。」
ユージン:「はぁ・・・。」
チャド:「それとライドたちのことなんですが・・・。」
クーデリア:「見つかったの?」
チャド:「いえ、ノブリス・ゴルドンが火星に戻ってるって情報が入って以来、完全にこっちを避けてるみたいで・・・。」
ユージン:「あいつまだあのときのことを・・・。」
クーデリア:「とりあえず捜索は続けて。今は信じましょう。私たちは家族なのだから。」

ノブリス:「ふぅ~まったくギャラルホルン様様だな。忙しくて便所に行く暇もない。お前らは車を回しておけ。」

ノブリス:「ふぅ~。(ノック音)ん?なんだ?入っとるぞ。」
ライド:「オルガ・イツカを覚えてますか?」
ノブリス:「あっ?誰だそれは?というか・・・。(発砲音)」
元団員:「ライド、こっちは片づいたぞ。」
ライド:「ああこっちも終わった。」

クーデリア:「どんなに離れていても、たとえもう会えなくとも、私たちの誰もが光を目指して歩いている。歩き続けること・・・それが私たちの務めだと思うのです。私たちの幸せを願って散っていった家族のためにも。」
ユージン:「だな。」
チャド:「そうだ家族といえば・・・。」
クーデリア:「ん?」
チャド:「おやっさんとメリビットさんのところの2人目そろそろ予定日なんですよ。」
クーデリア:「まあ~!」
チャド:「それで今晩ヤマギとお祝いの打ち合わせをしようって。」
ユージン:「何が打ち合わせだよ。ただの飲み会だろ?」
チャド:「い・・・いいだろ別に。」
クーデリア:「あの~今晩はちょっと・・・。」
チャド:「あっなんか予定ありました?」
ユージン:「ったりめぇだろ。連合の議長様だぞ。」
クーデリア:「あっいえしばらく留守にしてたので家に帰っておきたいんです。」
チャド:「ああ~。」
ユージン:「そりゃそうだ。愛する男が待ってるもんな。」

アトラ:「♪♪~(鼻歌)・・・あっこら暁!」
クーデリア:「ふふっよいしょ。」
暁:「クーデリア。」
クーデリア:「はい。」
アトラ:「おかえりクーデリア。今回は早かったんだね。」
クーデリア:「ええ。暁はいい子にしてた?」
暁:「うん。」
アトラ:「う~そだ。いい子は洗濯物で遊んだりしないんだよ。」
暁:「してた。」
クーデリア:「そ・・・そうですか。」
アトラ:「もうクーデリアは暁に甘いんだから。」
クーデリア:「暁の手、随分大きくなりましたね。」
アトラ:「うん。三日月譲りだね。」
クーデリア:「未来をつかむ手です。」
暁:「ん?」
アトラ:「お茶いれるね。クッキーとクラッカもちょうど戻ってきてるの。」
クーデリア:「ええ。」

クーデリア:「(私は愛しています。たとえ歴史の流れに忘れられようとも鉄華団のみんなが作ってくれたこの世界を・・・あなたが残してくれたこの世界を・・・)」

ED「フリージア」Uru
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フリージア (初回限定盤 CD+DVD) [ Uru ]
価格:1547円(税込、送料無料) (2017/1/22時点)




アトラ:「暁~。」
クーデリア:「お茶が入りましたよ。」
アトラ:「あっほら走らないの!」
暁:「どこ行くの?」
アトラ:「ほんとやんちゃなんだから。」
クーデリア:「元気なのはいいことですよ。」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する