鉄血のオルフェンズ 第49話 マクギリス・ファリド

ここでは、「鉄血のオルフェンズ 第49話 マクギリス・ファリド」 に関する記事を紹介しています。
ノブリス:「何?オルガ・イツカを?」
ノブリス部下:「はい。アドモス商会に付けていた見張りから報告を受け、逃がすよりはと・・・。」
ノブリス:「死体は?」
ノブリス部下:「こちらにも損害がありまして・・・。」
ノブリス:「ふん・・・。クーデリアに被害はないのだろうな?」
ノブリス部下:「それはもちろん。」
ノブリス:「ならいい。確かに逃げおおせられでもしたら面倒だしな。エリオン公にも恩を売れるかもしれん。」

団員:「副団長!トンネルの出口側から通信です。」
ユージン:「・・・!」

ハッシュ:「三日月さん。団長が・・・。」

オルガ:「だからよ・・・止まるんじゃねぇぞ・・・」

OP「Fighter」KANAーBOON
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Fighter (初回限定盤 CD+DVD) [ KANA-BOON ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/1/22時点)




ダンテ:「ざけんなよ!どうして・・・。ここが正念場だろうがよ。勝手に死ぬんじゃねぇよ!」
昭弘:「やめろダンテ。」
ダンテ:「けどよ!」
ユージン:「アーブラウの蒔苗との取り引き、地球までの移動手段まで、オルガは団長としての仕事をきっちり果たしたんだ。」
ダンテ:「くっ!」
昭弘:「ああ。次は俺らの番だ。」
雪之丞:「にしても、昼には総攻撃か・・・。」
ユージン:「トンネルは今の調子なら余裕で間に合うだろ。」
雪之丞:「ああ。ただなぁ・・・。」
メリビット:「団員の中に団長の敵を取りたい、最後まで戦いたいという声が・・・。」
ユージン:「はあ?最後ってなんだよ!だいたい敵を取るっつってもオルガをやったのがギャラルホルンかどうかもまだ分かんねぇんだぞ!」
昭弘:「だが気持ちは分かる。」
ユージン:「おい、あいつの最後の言葉お前も聞いただろ。」
昭弘:「分かってる!だが・・・。」
ハッシュ:「失礼し・・・。」
ユージン:「なんだ?」
ハッシュ:「あっ三日月さんがみんなを集めろって・・・。」
ユージン:「あっ。」

団員:「今更なんだよ。」
団員:「団長・・・。」
団員:「ぜってぇ許さねぇ。」
団員:「全員で打って出るんだろ?」
団員:「もう容赦しねぇ。」
団員:「皆殺しだ。」
団員:「団長・・・。」
団員:「殺してやりてぇ。」
三日月:「前にオルガが言ってた。たどりついた場所でみんなでバカ笑いしたいって。オルガはもういなくなった。けど俺の中にオルガの言葉がまだ生きている。オルガの命令が生きてる。なら俺は全力でそれをやる。俺の・・・オルガの命令の邪魔をするヤツはどこの誰でも全力で潰す。どこの誰でもだ。分かった?なら・・・。死ぬまで生きて命令を果たせ。」
一同:「はい!」
ユージン:「(そうだよな三日月。止まるな・・・か)」

ノブリス:「報道陣の現地からの退去は完了しております。それと・・・。」
ラスタル:「ほう。オルガ・イツカが。まあいい。ご苦労だった。」
ノブリス:「いえいえ。それでは今後とも・・・。」
ラスタル:「ああ、分かっている。ギャラルホルンが開発した兵器をお前のところへ卸す手筈は整っている。」
ノブリス:「しがない武器商人にはラスタル様のお慈悲だけが頼りです。では。」
ジュリエッタ:「私は幸せだったのかもしれません。」
ラスタル:「幸せ?」
ジュリエッタ:「私の周囲にはラスタル様やヒゲのおじ様をはじめ、信用できる大人たちばかりでした。あのようなうさんくさい大人たちに囲まれ、利用され、それでもなお戦い続けねばならないなんて・・・。」
ラスタル:「話を聞いていなかったのか?私もお前の嫌う、うさんくさい大人の一人だ。」
ジュリエッタ:「はい、分かっています。人にはそれぞれの大義がある。たとえそれが他者には理解できぬものであろうと。」
ラスタル:「傷はもういいようだな。ならばお前の大義示してみせろ。」
ジュリエッタ:「はっ。」

ユージン:「地下トンネルからクリュセの出口に到達するまで早くて2時間。三日月とハッシュ、昭弘とダンテを中心に迎え撃つ。トンネル組が脱出するまで耐えるのが俺らの仕事だ。」

デルマ:「昭弘さん。俺も出させてください。片手一本でも戦えます。」
昭弘:「お前は出さん。」
デルマ:「でも・・・。」
昭弘:「勘違いすんな。俺たちはもうどこで終わってもかまわねぇデブリじゃねぇんだ。お前の仕事はこの先にある。お互い団長命令を果たそうぜ。」

ユージン:「エンビ、エルガー、ヒルメ、トロウは俺と一緒に獅電で後方支援だ。」
エンビ・ヒルメ:「はい。」
エルガー:「副団長ってモビルスーツ乗れるんだっけ?」
トロウ:「ほら前に三日月さんと模擬戦してボコボコにされてたじゃん。」
ユージン:「(オルガ、お前の獅電使わせてもらうぜ)」
ヒルメ:「俺見たときチャドさんにボコられてたけど・・・。」
ユージン:「ってお前らうるせぇな!」

雪之丞:「じゃああいつらを頼んだぞ。」
メリビット:「ええ。」
雪之丞:「ん?」
メリビット:「私結構モテるんだから。あんまり遅いとすぐに他人のものになっちゃうわよ。」
雪之丞:「あっお・・・おう・・・。」
メリビット:「私を他の人のものにしないで。」
雪之丞:「えっ・・・。そんなに待たせるつもりはねぇよ。」

三日月:「オルガ、次はどうすればいい?いや分かってるよ。ただ聞きたかっただけだ。」

ラスタル:「さて時間だ。」
指揮官:「反応は?」
士官:「反撃認められません。」
士官:「エイハブ・ウェーブ反応増大!来ます!」
指揮官:「モビルスーツ隊前進!」
ユージン:「いいか!気合いで突っ込め!そもそも数が違うんだ。まともにやってもすり潰されて終わっちまうぞ!」
トロウ:「んなこと・・・。」
ヒルメ:「言ってもなぁ。」
兵士:「うっ!」
ダンテ:「まあこの物量じゃどっちみちすり潰されそうだけどな!」
昭弘:「だが俺たちの目的はあくまで時間稼ぎだ。なるべくゆっくりすり潰されてみせる!」
兵士:「何なんだよこいつら、この状況で・・・。イカれてやがる。」

マクギリス:「もう下も始まった頃だな。ここまでよく私についてきてくれた。」
マクギリス部下たち:「はっ!」
マクギリス:「ラスタル・エリオンを討ち取りギャラルホルンを掌握した暁には栄誉栄達は思いのままだぞ。」
マクギリス部下:「はあ・・・。」
マクギリス:「ふっ。では船を降りてくれ。」
マクギリス部下:「はっ?ですが・・・。」
マクギリス:「ここから先は私一人で十分だ。」

マクギリス:「貴様にも世話になったな。」
トド:「な~に勝手知ったる火星ですからね、シャトルを手配して旦那をここまで送るなんざお手の物ですよ。でも・・・よかったんすか?」
マクギリス:「ふっ。王者とは孤独なものだ。そして孤独とは自由。見せてやるさ、自由を手に入れた私の持つ全てをねじ伏せる力を。」
トド:「では旦那、ご武運を。」

ラスタル艦オペレーター:「前方よりファリド家のハーフビーク級が接近!」
ラスタル:「待っていたぞマクギリス。」
マクギリス:「ラスタル・エリオン・・・ギャラルホルンの覇権争いは貴様に軍配が上がった。」
ラスタル艦オペレーター:「なおも接近!」
マクギリス:「しかしこの状況下でこそ私が・・・俺が本当に望んでいた世界を手に入れられるかもしれない!」
ラスタル艦オペレーター:「特攻!?」
ラスタル艦オペレーター:「バカな!」
ラスタル部下:「いやあれは・・・バエルだ!モビルスーツ隊を出せ!」
マクギリス:「見せてやろう。ラスタル。純粋な力のみが成立させる真実の世界を。」

#49 マクギリス・ファリド

ガルス:「アルミリア。アルミリア!いつまでこんな所にいるつもりだ。さっさとボードウィンの屋敷に戻るぞ!」
アルミリア:「戻りません。」
ガルス:「ん!?あの男は我々を裏切ったのだぞ!それを許したというのか!」
アルミリア:「許してはいません。」
ガルス:「ならばなぜ?あっ。」
アルミリア:「ですが私はマクギリス・ファリドの妻です!」
ガルス:「ア・・・アルミリア。」
アルミリア:「マクギリスの罪は私の罪。私は夫をここで待ち続けます。夫の罪を一緒に償うために。」
ガルス:「アルミリア・・・。」
アルミリア:「(だからマッキー・・・生きて戻って)」

マクギリス:「ギャラルホルンを追われた俺がアリアンロッド艦隊の司令を一人で葬る!その行為が世界を変える。」
兵士:「うっうわっ!」
マクギリス:「生まれや所属など関係なく己が力を研ぎ澄ますことでこの退屈な世界に嵐を起こすことができるのだと!己が持つ牙の使い方を知らず、ただうずくまるだけの獣が一斉に野に放たれる。そうなれば・・・」
ラスタル:「愚かな。」
マクギリス:「俺の勝ちだ!邪魔だガエリオ。」
ガエリオ:「やはり俺を見てはいないのだな。マクギリス。行くぞアイン!」

ユージン:「しっかしキリがねぇな。」
ハッシュ:「くっそ、前に出過ぎた。この機体、地上戦のデータが少なすぎてセッティングが・・・。あっ。くっ!だからって引けっかよ!はっ!うっ・・・がはっ!」
三日月:「ハッシュ?ハッシュ!?」
ハッシュ:「まだ・・・まだだ。俺は決めたんだ。ビルスの代わりになるって・・・あの人に追いつくって。なのにこんなところで終われねぇ!(くっそ・・・やっぱかっけぇな)」
三日月:「ハッシュ!」
ハッシュ:「三日月さん・・・。」
三日月:「あっ。」
ハッシュ:「行ってください・・・。ここは俺の持ち場です。いつか・・・ぜってぇ追いつくんで、止まんないで・・・先行って・・・。」
三日月:「分かった。ここはお前に任す。頼んだぞハッシュ。俺は止まらないから。」

兵士:「うわぁ~!」
マクギリス:「俺の行く手を阻むのならば今度こそ殺してやろう!」
ガエリオ:「お前の目には俺は見えない。お前には俺の言葉は届かない!俺を見ろ~!ぐわっ!」
ラスタル部下:「なっ何をやっている!ありったけのモビルスーツを・・・。」
ラスタル:「やめろ!」
ラスタル部下:「はっ?」
ラスタル:「この戦いを見届けたい。」

ガエリオ:「ぐっ!うおぉ~~!」

ラスタル:「結論が出るまで加勢は不要だ。」

ガエリオ:「ぐっ!アイン!俺の全てを使ってマクギリスの全てを奪ってくれ!」
マクギリス:「そうだガエリオ、もっとお前の力を見せろ!見ろ!純粋な力だけが輝きを放つ舞台にヤツらは圧倒されている。お前が力を見せることで俺の正しさは更に証明される!」
ガエリオ:「違う!これはお前の信じる力とは違うものだ!アイン!頼む、届けさせてくれ!一人ではないこの戦い!んんっ!」
マクギリス:「ぐっ!俺がガエリオに負ける?くっ!」

兵士一同:「うわぁ~!」
兵士:「工兵急げ!」
兵士:「衛生兵は左舷デッキに集合!」
兵士:「ノーマルスーツを忘れるな!」
マクギリス:「まだだ・・・はぁはぁはぁ・・・。あと少しで、俺の目指した世界・・・。その世界の扉がもうすぐ・・・もうすぐ開かれるのだ。うっ・・・はぁはぁはぁはぁ・・・。・・・!ガエリオ~!」

アルミリア:「マッキー?」

マクギリス:「ぐっ・・・。」
ガエリオ:「まだ死ぬな。俺を見ろマクギリス。」
マクギリス:「ガ・・・エリオ・・・。」
ガエリオ:「見ろ!お前が殺した男だ。そしてお前を殺した男だ!ちゃんと俺を見ろ。お前を友と信じ、その思いを裏切られ、信頼する仲間たちを奪われた!」
マクギリス:「言われずとも見えているさ。いや、見えていながら見えないふりを・・・していた。」
ガエリオ:「マクギリス・・・。」
マクギリス:「お前たちを否定しなければ俺は前へ進めなかった。お前たちと共にいるとずっと抱いていた思いが揺らいでいくようで目をそらした。アルミリアも幸せにすると約束したが・・・。」
ガエリオ:「そんなもの偽りの幸せだ。」
マクギリス:「幸せに本物と偽物があるのか・・・。」
ガエリオ:「そんなことも分からないのか!」
マクギリス:「なぜ泣く?」
ガエリオ:「えっ?」
マクギリス:「ガエリオ・・・お前は俺にとっ・・・。」
ガエリオ:「言うな!お前が言おうとしている言葉が俺の想像どおりなら、言えば俺は・・・許してしまうかもしれない。頼む、言わないでくれ。カルタのために、アインのために、俺は・・・。俺は!お前を・・・。・・・さらばだ、マクギリス。」

ラスタル:「(マクギリス・ファリド・・・お前の死はこれからの歴史において大きな意味を持つだろう。力に固執した人間の愚かな末路として・・・)」
ラスタル:「ジュリエッタは?」
ヤマジン:「現在降下中。例の部隊も全部出したよ。」
ラスタル:「そうか。ではそろそろ幕を下ろすとするか。」

ユージン:「ちっくしょう!オルガのヤツこんな面倒な仕事押しつけやがって!昔っからそうだ。いつもリーダー面しやがって。ぜってぇ見返してやるって思ってたのによ・・・。しかたねぇから最後の命令!きっちり果たして!あの世のあいつに文句の一つも言ってやろうぜ!」
一同:「おう!」
三日月:「絶対にたどりつく。オルガの目指した場所へ。」

クーデリア:「三日月・・・。」
アトラ:「三日月・・・。」

ED「フリージア」Uru
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フリージア (初回限定盤 CD+DVD) [ Uru ]
価格:1547円(税込、送料無料) (2017/1/22時点)




次回予告なし


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する