鉄血のオルフェンズ 第48話 約束

ここでは、「鉄血のオルフェンズ 第48話 約束」 に関する記事を紹介しています。
ザック:「おいおい・・・何なんだよこの大軍は!」
団員:「か・・・関係ねぇだろ、俺らは鉄華団を抜けたんだから。」
団員:「んなこと向こうが知るわけねぇだろ。見つかったら狩られっぞ!」
ザック:「くっ!どこまで行ってももう俺たちは鉄華団ってことなんかよ。」
団員:「ザック・・・。」

イオク:「鉄華団本部を包囲したまま待機せよとのご命令ですが、本当によろしいのですか?」
ラスタル:「失墜したギャラルホルンの権威を復活させるため全世界に我々の大義を示す必要がある。私が火星に着くまで現状を維持せよ。」
イオク:「はっ!」
ラスタル:「聞いたとおりだ。民間報道機関の統制はそちらに一任する。」
ノブリス:「お任せください。」

報道官:「我がアリアンロッド艦隊は地球圏の秩序を取り戻すべく、セブンスターズに反旗を翻した逆賊マクギリス・ファリドと彼に加担する武装組織、鉄華団への掃討作戦を行うことをここに宣言します。我々はすでに火星の鉄華団本部を包囲降伏勧告を行っておりますがいまだ返答はありません。よって予定どおり火星時間明日午後0時を待って作戦を開始する予定です。」

ククビータ:「社長・・・。」

ガエリオ:「これで退路は途絶えた。さあどう出る、マクギリス。」

マクギリス:「実に分かりやすい状況になったな。ここでヤツらを全滅させれば終了だ。慣れ親しんだ地での戦闘は君にとっても望むところだろう。」
三日月:「オルガに言われたら戦うよ。」
マクギリス:「君はどうしたい?」
三日月:「俺はオルガのやりたいことをやるだけだ。」
マクギリス:「オルガ・イツカは関係ない。君の意見を聞いている。」
三日月:「何度言わせんの。オルガのやりたいことが俺のやりたいことなんだよ。」

OP「Fighter」KANAーBOON
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Fighter (初回限定盤 CD+DVD) [ KANA-BOON ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/1/22時点)





チャド:「通信ケーブルは全て切断。LCSはドローンを上げる端から撃ち落とされる。」
ダンテ:「QCCSも使えねぇんじゃ蒔苗先生に連絡どころか外からの情報も一切入ってこねぇし。」
ユージン:「ギャラルホルンは今んとこ動いてねぇがいつ攻撃してきてもおかしくねぇ。八方塞がりだな。」
ダンテ:「ならこっちから打って出るか?」
ユージン:「バカ野郎!戦力差があり過ぎんだろうが。」
昭弘:「どうする?団長。」
オルガ:「どうもこうもねぇ。逃げるって決めたんだ。逃げるだけだ。」
ユージン:「話聞いてんのかよ。万が一逃げることができても、このままじゃどこまでも追われる身だぞ。」
オルガ:「逃げることさえできりゃこっちのもんだ。そのあとはここをぶっ壊して全滅に見せかけりゃいい。」
メリビット:「全滅?」
オルガ:「ああ。俺ら全員が死んだと思わせりゃいいんだ。蒔苗のじいさんとの連絡はそっからつけりゃいい。」
チャド:「そっかそれなら追われることはねぇ。さすが団長・・・。」
ユージン:「何感心してんだよ。まずその逃げるっつぅのがほぼ無理筋で・・・。」
雪之丞:「手ならあるかもしれねぇぞ。」
ユージン:「はっ?」
雪之丞:「確かここの地下には厄祭戦時代の古い送電ケーブルが通っていたはずだ。そのトンネルが生きてりゃクリュセ方面に出られっかもしれねぇ。」
メリビット:「そんな方法が?」
ユージン:「マジかよ。」
オルガ:「ユージン、おやっさんとそのトンネルをすぐに確認してくれ。」
ユージン:「お・・・おう分かった。」
オルガ:「いいかお前ら。今までみたいに誰かを殺しゃ終わりって戦いじゃねぇ。この戦いは俺ら全員が生き残ることそれが目的なんだ。生きて生き延びることであいつらにひと泡吹かせてやるんだ。いいな、絶対に引くんじゃねぇぞ!」
ダンテ:「おう・・・。」

ユージン:「あいつめちゃくちゃだな。」
ダンテ:「でもなんつぅか昔のオルガみてぇだったな。」
チャド:「あっ俺も思った。妙に自信満々で・・・。」
ユージン:「俺よぉ、オルガに言ったんだ。お前の言うこと聞いてりゃ確実だなんて誰も思っちゃいねぇって。でも半分うそだ。」
チャド:「えっ?」
ユージン:「あいつについてきゃなんとかなるんじゃねぇかってつい思っちまうんだよな。」
昭弘:「ああ、そうだな。」
ダンテ:「んじゃ俺らも行くか。」
3人:「おう。」

マクギリス:「なるほど。ここからの脱出を選択するか。私の知る鉄華団ならば当然戦いを選ぶものと思っていたが・・・。」
オルガ:「勝てねぇ勝負を挑むほどバカじゃねぇ。俺たちには別の戦いがある。」
マクギリス:「別の戦いか。君たちはその戦いの果てに何を求める?」
オルガ:「今求めてんのは全員で生き抜くことだけだ。目の前に見えてるもんにしがみつく。そっから先はそんときみんなで考える。俺らはそうやってきた。いつしか俺にゃそれが見えなくなってた。」
マクギリス:「随分とむなしい気付きだな。」
オルガ:「なんとでも言えよ。それにむなしくなんかねぇ。仲間がいればな。」
マクギリス:「仲間・・・。」
ユージン:「オルガ、トンネルを見つけたぞ!」
オルガ:「あっほんとか!?」
雪之丞:「ああ。ただ相当傷んでるなぁ。下手に爆破もできねぇし手で掘り進むしかねぇぞこりゃ。」
オルガ:「手すきの者を集めてすぐに取りかかってくれ。」
雪之丞:「分かった。ああ~それとなケーブルの一部が生きてるみてぇだ。クリュセにある出口側の端末が操作できりゃ、外と通信できるんだがなぁ・・・。」
オルガ:「そうか、分かった。まずはトンネルの復旧を急いでくれ。」
雪之丞:「了解だ。」
オルガ:「すぐに脱出できないとなりゃ、なんとか蒔苗のじいさんへの連絡だけでも先にできりゃあいいんだが・・・。」
マクギリス:「地球への通信か?」
オルガ:「ああ。クリュセまで行けりゃあクーデリアのアドモス商会もある。なんとでもなるんだが、こんだけ囲まれちまっちゃな・・・。」
マクギリス:「少人数ならば一時的に包囲網を突破することは可能かもしれない。」
オルガ:「はっ?」
マクギリス:「私は今からギャラルホルンの包囲網を単独で突破する。」
オルガ:「何!?」
マクギリス:「当然ギャラルホルンの目は私に引き付けられる。その隙をついて君たちが逃げ出すことも可能だろう。」
オルガ:「あんた俺たちのために・・・。」
マクギリス:「勘違いしないでほしい。私の目的のために必要な手段をとるだけだ。それを君たちが利用しようとしまいと一切関知はしない。」
オルガ:「だが・・・。」
マクギリス:「君たちの作戦は私にとっても利用価値がある。君たちがここに残ると見せかけることでラスタル・エリオンをおびき寄せることができる。私は君たちを利用してラスタルを討つのだ。」
オルガ:「チャドか。ライドに言って車を用意させろ。これからアドモス商会に向かう。」
チャド:「はっ?どうやって・・・。」
オルガ:「当てが出来た。クーデリアとアトラも連れていく。すぐに呼びに行ってくれ。時間がねぇ。大至急だ!」

アトラ:「私、行かない。」
クーデリア:「アトラさん・・・。」
チャド:「ここはもうすぐ戦場になる。クーデリアさんと一緒にここから出た方が安全なんだ。」
アトラ:「だって三日月を・・・みんなを置いていくのなんて嫌だよ。」
チャド:「時間がないんだアトラ。」
アトラ:「でもだって・・・。」
クーデリア:「アトラさん。行きましょう、一緒に。」
アトラ:「あっ・・・。」
クーデリア:「私はあなたとおなかの子を守ると三日月と約束しました。」
チャド:「はっ?」
メリビット:「お・・・おなかの子?」
クーデリア:「お願いしますアトラさん。私に三日月との約束を果たさせてください。好きな人との約束を。」
アトラ:「うん・・・。」
メリビット:「さあ、それじゃあ支度して。」
クーデリア:「えっメリビットさんは?」
メリビット:「私はまだ仕事が残っています。」
クーデリア:「ですが・・・。大丈夫よ。きっとまた会える。鉄の華はそう簡単に枯れたりしないわ。」

マクギリス:「バルバトスルプスレクス・・・狼の王か。勇ましい名だな。」
三日月:「何?その格好。どっか行くの?」
マクギリス:「ああ。三日月・オーガス、私のもとに来ないか?」
三日月:「なんで?」
マクギリス:「そうだな、分かっている。」
三日月:「ん?」
マクギリス:「君の戦いを美しいと思った。私の理想とする力。輝かしい未来を手にすることのできる力。君たちはその力の使い方を知らない。お互いの理想に向かい、私がその力を導けると思った。が・・・違ったようだ。君たちのその輝きは理想も目的もたどりつく場所もない。刹那的なものだからこそ・・・。」
三日月:「ごちゃごちゃとうるさいな。俺たちはたどりつく。」
マクギリス:「それは・・・。」
オルガ:「おい、勝手にうちの団員をスカウトしてんじゃねぇよ。」
マクギリス:「それはすまなかった。では私は行くとしよう。」

三日月:「オルガ、俺は出なくていいの?」
オルガ:「まだそのときじゃねぇ。ミカの使いどころはちゃんと考えてある。」
三日月:「そうか。」
オルガ:「なり損ねちまったな。火星の王様に。」
三日月:「そこにあったの?本当の居場所。」
オルガ:「だと思ったんだけどな。また探すさ。そのためにも俺はこれからクーデリアたちと一緒にクリュセに行って蒔苗のじいさんと話をつけてくる。」
三日月:「心配だな。」
オルガ:「ん?」
三日月:「俺がいないとオルガ何やらかすか分かんないし。」
オルガ:「あのなぁバルバトスで街なかに突っ込むわけにはいかねぇだろ。」
三日月:「でもな・・・。」
オルガ:「んじゃ代わりにお前の銃を貸してくれよ。」
三日月:「これ?」
オルガ:「ああ。思い出すなぁ。あんとき正直お前のことおっかねぇって思ったよ。けどこうも思った。こいつと一緒ならどんなヤツにだって負ける気がしねぇってな。」
三日月:「今も?」
オルガ:「ああ。もちろんだ。」
三日月:「オルガ。それちゃんと返してね。」
オルガ:「分かってるよミカ。心配すんなって。」

#48 約束

アトラ:「じゃあ行ってくるね三日月。」
三日月:「うん。」
クーデリア:「三日月もお気をつけて。」
ライド:「緊張感ねぇなぁ。」
ハッシュ:「あの・・・終わりました?」
オルガ:「そろそろバエルが出る。こっちも行くぞ!」

兵士:「敵本部よりエイハブ・ウェーブを確認。」
指揮官:「パターンは?」
兵士:「バエルです。」
イオク:「来たか、マクギリス。」
指揮官:「全軍現状を維持。動くなよ。」
イオク部下:「イオク様!」
イオク:「聞いたとおりだ。指揮官の命令に従え。」
イオク部下:「しかし・・・。」
イオク:「今は火星のマスコミも見ている。ラスタル様の命だ。相手が攻撃を仕掛けるまで待機せよと。」
イオク部下:「ではみすみす僚機がやられるのを見ていろと!?」
イオク:「そうだ。お前たちは動いてはならん!」
イオク部下:「イオク様?」
指揮官:「クジャン公!?何を!」
イオク:「すまん指揮官殿。しかし流さねばならぬ血があるのなら・・・。」
マクギリス:「武器を捨てた?なるほど。意地でもこちらに先手を打たせたい腹か。」
イオク部下:「むちゃですイオク様!」
イオク:「たとえむちゃでも私は今まで多くの部下たちに窮地を救ってもらった。部下たちの命で私の命をつないでもらってきたのだ。だからこそ今度は私の命で皆の命をつなぐ番だ!」
マクギリス:「殊勝な心掛けだなイオク・クジャン。しかしこちらは多少騒ぎを起こさねばならんのでな。その安い挑発・・・。」
イオク:「ぬぅ~~!」
マクギリス:「買わせてもらおう!」
イオク:「うぐっ!なっ何が・・・。はっ!マクギリスは!?」
イオク部下:「イオク様~!」
イオク:「ははっ・・・。指揮官殿号令を!」
指揮官:「クジャン公・・・。分かった。各隊反撃開始!」
マクギリス:「私は今機嫌が悪くてな。少々八つ当たりにつきあってもらおう。」

マクギリス:「ルプスレクス・・・狼の王か。そうだな・・・狼とは群れるもの。私にはできぬ生き方だ。ここまでのようだな。さらばだ鉄華団。」

ハッシュ:「えっ?」
デイン:「ザック?」
ハッシュ:「なんだよ戻ってきたのか?」
ザック:「しょうがねぇだろ。死なねぇためならなんだってやるんだよ。お前らも手ぇ動かせよ!」

ユージン:「いいか!下の連中と交代したらそのまま・・・。」
エルガー:「副団長!団長たちが包囲網の突破に成功しました。」
ユージン:「そうか。よ~し俺らも気合い入れるぞ!」
団員たち:「おう!」

ククビータ:「ああ~社長!」
クーデリア:「わっ!」
ククビータ:「ああ~よくご無事で!もう社長とは会えないとばかり。」
クーデリア:「そんな大げさな・・・。」
ククビータ:「だって!ギャラルホルンがニュースで鉄華団は降伏勧告に応じないから明日の正午に総攻撃するって。」
オルガ:「なんだって!?」

ラスタル:「さすがはマクギリス。こちらの準備が整う前に動いたか。」
ノブリス:「よろしかったので?」
ラスタル:「所詮モビルスーツ1機。お前は民間の情報統制を徹底しろ。」
ノブリス:「それはもちろん。今回のことも含めコントロールは万全です。ギャラルホルンの正義が揺らぐことなどございません。では火星にてお待ちしております。」
ガエリオ:「本当にいいのか?ヤツを逃したままで。」
ラスタル:「火星も広い。火星支部の怠慢は問題だがな。あいつがただ逃げるような男ならそもそも今回のような事態にはなっていない。来るさ、必ず向こうからな。当てにしているぞ。」
ガエリオ:「ああ。それだけが俺の生きる理由だ。」

ライド:「降伏勧告なんて俺たち一度も・・・。」
ククビータ:「でもニュースで何度も・・・。」
チャド:「本部の通信を遮断したのはこのためか。」
アトラ:「ためって?」
オルガ:「降伏させる気がねぇってことだ。本気で俺らを皆殺しにする気だな。」
クーデリア:「そんな・・・。」
オルガ:「だがまだ時間はある。やるべきことをやるぞ。」

蒔苗:「いきなりむちゃを言いよる。個人情報の意図的な改ざんは重罪じゃぞ。」
オルガ:「分かっています。しかし俺たちには他に方法がない。団員が助かるなら俺がどうなってもかまいません。ですから・・・。」
蒔苗:「まあ命の恩人からの頼みは断りづらいのう。」
チャド:「蒔苗先生・・・。」
クーデリア:「では・・・。」
蒔苗:「ただし正式な手続きはこちらに来てもらわんとできんぞ。」
クーデリア:「地球へ・・・。」
オルガ:「分かりました。なんとしても。」
蒔苗:「急いでくれよ。お前らのことが心配で仕事が手につかんヤツがおってな。わしの仕事も滞って困る・・・。」
タカキ:「ちょっと先生そんなことは・・・。」
ライド:「その声!まさかタカキ!?」
タカキ:「えっライド?」
ライド:「お前何やってんだよ!?」
タカキ:「今は蒔苗先生の事務所で働かせてもらってるんだ。」
チャド:「お前が!?」
タカキ:「全部団長のおかげです。今の俺とフウカがあるのも。今度は俺に恩返しをさせてください。」
オルガ:「タカキ・・・。」

アトラ:「それじゃ地球まで行ければみんな助かるんだ。」
クーデリア:「ええ。」
チャド:「けど地球までって簡単に言うけどイサリビはギャラルホルンにマークされてるだろうし・・・。」
ククビータ:「ああ~そういえば社長のお留守に鉄華団宛てにメールを預かったんですけど。」
オルガ:「俺らに?これは・・・アジーさんから?」

メッセージ
アジー:「鉄華団へ連絡が取れないのでクーデリア・藍那・バーンスタインにメッセージを送らせてもらう。状況はニュースで見た。もし私らが力になれることがあるなら火星のテイワズの事務所を訪ねてくれ。積み荷に交ぜてどこへだって運んでやる。これはマクマードさんも内諾済みだ。連絡を待っている。」
エーコ:「いい!?あんたたちは死んじゃダメなんだからね!ダーリンや姐さんラフタやみんなの分まで生きなきゃならないんだからね!待ってるから!」

ライド:「団長?」
チャド:「アジーさんなんて?」
オルガ:「行ける。」
2人:「えっ?」
オルガ:「なんとかなるぞ。」
アトラ:「ん?」
オルガ:「道は開けた。あとは進むだけだ。」
チャド:「えっ?」
オルガ:「まずはトンネルの出口の確認だ。そこのケーブルを使って皆に伝える。段取りがついたってな!」
2人:「あっ!」
オルガ:「チャド、ライド、裏に車回せ!」
チャド、ライド:「了解!」

オルガ:「ほんとにいいのか?アトラ。」
アトラ:「はい。私はクーデリアさんのところにかくまってもらいます。」
クーデリア:「任せてください。三日月にも頼まれましたから。」
オルガ:「ミカに?そうか。んじゃしばしの別れってやつだな。」
アトラ:「はい。三日月のことよろしくお願いします。」
オルガ:「ああ。」
クーデリア:「ん?」
オルガ:「思えば鉄華団はあんたを地球へ運ぶところから始まった。あんたが俺らを指名してくれたんだよな。」
クーデリア:「ええ。同年代の恵まれない立場の子供たちと行動を共にし、その痛みを分かち合いたいと。」
オルガ・クーデリア:「ふっ・・・ははははっははっ。」
クーデリア:「ほんとに傲慢な考えでした。」
オルガ:「いや感謝してるんだ。あんたの夢、かなえろよ。」
クーデリア:「はい。」
ライド:「団長!車の用意出来ました。」
オルガ:「おう。じゃあな。」
クーデリア:「はい、お気をつけて。」

ライド:「なんか静かですね。街の中にはギャラルホルンもいないし本部とはえらい違いだ。」
オルガ:「ああ。火星の戦力は軒並み向こうに回してんのかもな。」
ライド:「まっそんなのもう関係ないですけどね!」
オルガ:「上機嫌だな。」
ライド:「そりゃそうですよ!みんな助かるし、タカキも頑張ってたし、俺も頑張らないと!」
オルガ:「ああ。(そうだ。俺たちが今まで積み上げてきたもんは全部無駄じゃなかった。これからも俺たちが立ち止まらないかぎり道は続く)」
チャド:「ぐわっ!」
ライド:「団長?何やってんだよ?団長!」
オルガ:「ぐっ!うおぉ~~!」
暗殺者:「うおっ!あっ!」
オルガ:「はぁはぁはぁ・・・。なんだよ、結構当たんじゃねぇか。ふっ・・・。」
ライド:「だ・・・団長・・・。あっ・・・あぁ・・・。」
オルガ:「なんて声出してやがる・・・ライド。」
ライド:「だって・・・だって・・・。俺は鉄華団団長オルガ・イツカだぞ。こんくれぇなんてこたぁねぇ。」
ライド:「そんな・・・俺なんかのために・・・。」
オルガ:「団員を守んのは俺の仕事だ。」
ライド:「でも!」
オルガ:「いいから行くぞ。皆が待ってんだ。それに・・・。(ミカ、やっと分かったんだ。俺たちにはたどりつく場所なんていらねぇ。ただ進み続けるだけでいい。止まんねぇかぎり、道は続く)」

回想
三日月:「謝ったら許さない。」
オルガ:「ああ分かってる。」

オルガ:「俺は止まんねぇからよ、お前らが止まんねぇかぎり、その先に俺はいるぞ!だからよ、止まるんじゃねぇぞ・・・。」

三日月:「オルガ?」

ED「フリージア」Uru
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フリージア (初回限定盤 CD+DVD) [ Uru ]
価格:1547円(税込、送料無料) (2017/1/22時点)




次回予告なし


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する