鉄血のオルフェンズ 第46話 誰が為

ここでは、「鉄血のオルフェンズ 第46話 誰が為」 に関する記事を紹介しています。
シノ:「へっ。」
昭弘:「撃て!」
ライド:「撃って!」
シノ:「くぅ~!」
ジュリエッタ:「させるか!ぐっ!」
三日月:「ちっ!」
オルガ:「シノ~~~!!」
シノ:「ぐっ!くっそ~!ぐぅ~。くそが~~!!ぐぐっ!あっちぃ!ちくしょう~~!!」

ヤマギ:「はっ!シノ。・・・」

ジュリエッタ:「あなたを行かせるわけにはいきません!ぐっ!」
三日月:「お前・・・消えろよ。」

OP「Fighter」KANAーBOON
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Fighter (初回限定盤 CD+DVD) [ KANA-BOON ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/1/22時点)




イーサン:「あっそんな・・・。」
ウタ:「シノさんが・・・。」
オルガ:「誰かシノを回収に行かせろ!」
ウタ:「は・・・はい!」
ユージン:「そんな暇はねぇ!」
2人:「あっ。」
ユージン:「すぐにホタルビの仕掛けが作動すんだ。モビルスーツ隊に戻るように連絡急げ!」
オルガ:「シノはどうすんだ!」
ユージン:「あいつが命張って作ったチャンスだろうが!無駄にできっかよ。シノの野郎は鉄華団のために・・・お前のために逝ったんだ!」

ジュリエッタ:「やはり・・・強い。あっ。くっ!あなたは確かに強い。私はあなたを倒すことはできないかもしれない。くっ!だけど・・・。それでも私は勝ちます!ラスタル様の剣になれなくとも!ラスタル様の盾になり!ラスタル様を守ることができれば!たとえ命尽きようと私の勝利にな・・・ぐっ!」
三日月:「だからさ・・・ごちゃごちゃうるさいよ。」
ジュリエッタ:「うっ・・・がはっ!(違う・・・この人の強さは私の知っているどんな人間とも。いえもはや人間では・・・)ダメ・・・。行かせ・・・ない・・・。」
三日月:「へえ~まだ生きてる。」
ユージン:「三日月!早く戻れ。」
三日月:「ダメだ。シノが失敗したんなら俺がやらなきゃ。」
ユージン:「ホタルビの仕掛けが展開したらもう合流できなくなる。戻ってこれなくなるんだぞ!」
ジュリエッタ:「ああっ!」

一同:「うわっ!」

ラスタル艦オペレーター:「LCS途絶!」
ラスタル艦オペレーター:「艦隊およびモビルスーツ隊とのデータリンク途切れました。」
ラスタル艦オペレーター:「ナノミラーチャフか。演習どおり焼き払え!」
ラスタル:「ジュリエッタは?」
ラスタル艦オペレーター:「チャフの影響で座標見失いました。」
イオク:「ジュリエッタ・・・お前は・・・。」
ラスタル:「捜索と回収、急がせろ。」
ラスタル艦オペレーター:「はっ!」

マクギリス:「ぐっ!」
ガエリオ:「ぐぅ~!」
石動:「速い。これでは援護すら・・・あれは鉄華団のチャフ。これまでか・・・。モビルスーツ隊は艦隊の後退を援護しろ。鉄華団の動きに合わせる。」
マクギリス兵たち:「了解!」
石動:「准将、我々も撤退を。」

マクギリス:「くっ・・・。」
ガエリオ:「どうした?マクギリス。お前の信じたバエルの理想はその程度のものだったのか。」
マクギリス:「言ってくれるなぁガエリオ!あっ!ふっ。」
ガエリオ:「何がおかしい?」
マクギリス:「私の理想を否定するお前も結局は禁忌の力に手を染めているではないか。」
ガエリオ:「これがお前の心を救ってやれなかった俺自身のけじめだ!」
マクギリス:「つっ・・・」
ガエリオ:「お前の信じる力でお前を殺したとき俺たちはようやく分かり合えるだろう。」
マクギリス:「イカれているなガエリオ!」
ガエリオ:「正気ゆえだ!マクギリス!なっ!?」
マクギリス:「ぐっ!(アルミリアまったく・・・困った女だ)」
ガエリオ:「さらばだ。」
石動:「准将~!!」
ガエリオ:「あっ!」
マクギリス:「石動!」
石動:「准将は・・・残った部隊をまとめ、鉄華団と・・・。ここは私が・・・。」
マクギリス:「すまない。」
ガエリオ:「何!?待てマクギリス!まだ分からないのか!?ヤツの語る理想の犠牲になっていることが!」
石動:「たとえ流血の先だとしても・・・。」
ガエリオ:「ん?」
石動:「准将のもとでなら夢を見ることができた。ギャラルホルンに所属していても私のような後ろ盾のないコロニー出身者は明日の夢も見られない。ここはそういう世界だ。生まれながらボードウィンの名を持つあなたには分かるまい。私は・・・准将の・・・。」
ガエリオ:「そうだな。以前の俺は確かに理解しきれていなかった。だが俺にそれを教えてくれた存在がある。だからこそ言える。ヤツが君に見せた夢はまやかしだと・・・。」

デルマ:「うっぐわっ!」

ガエリオ:「俺も一度はヤツの理想に夢を見た。もう覚めてしまった過去の夢だ。」

#46 誰が為

ヤマジン:「あんたも頑張ったね。」

ラスタル:「ジュリエッタはなんとか一命を取り留めた。君がジュリアを回収してくれたおかげだ。礼を言う。」
ガエリオ:「船に戻る途中偶然見つけただけだ。それに・・・。」
ラスタル:「ん?」
ガエリオ:「俺はマクギリスの命を奪うことができなかった。しかもヤツらはアリアドネの監視網から離脱したと・・・。」
ラスタル:「状況は聞いている。君が案ずることはない。」
ガエリオ:「ん?それは・・・。」
ラスタル:「ふっ。」

ユージン:「索敵徹底しろよ!」
ウタ:「は・・・はい!」
ユージン:「タービンズが使ってた航路っつっても追っ手が来ねぇとはかぎらねぇんだ。」
イーサン:「うっす!」
エルガー:「ハーフビーク級からの通信です。」
ユージン:「なんだって?」
エルガー:「向こうの大将が今後の話をしたいらしいです。」
ユージン:「だってよ。」
オルガ:「今後・・・か。」

雪之丞:「ヤマギ。はぁ・・・あいつはよ・・・シノは鉄華団の命を次の場所につなげてくれたんだ。だからよ、おめぇは・・・。」
ヤマギ:「そんなのいらなかった。」
雪之丞:「ヤマギ・・・。」
ヤマギ:「シノのいない場所になんて。」
ザック:「あと一回戦えば終わりって話だったよな。だったら結果どうなったってもうここで終了じゃねぇの?なあ。」
ハッシュ:「まだ敵が残ってんのに何が終了だよ。頭わいてんのか。」
ザック:「頭わいてんのはそっちだろ!モビルスーツだって半分以上やられちまったし残りもボロボロで。なあここが潮時じゃね?鉄華団辞めた方がいいんじゃね?」
ハッシュ:「辞めてどこ行くんだよ?」
ザック:「どこってそりゃ家に決まってんだろ。火星戻って・・・。」
デイン:「お前とは違う。」
ザック:「あっ?」
デイン:「ここにいる全員がお前のように帰る家があるわけじゃない。学校で学んできたわけでもない。」
ザック:「それでもなんとか仕事見つけてよぉ・・・。」
ハッシュ:「火星に俺らが就ける仕事があるとは思えねぇ。」
ザック:「でもよこのままいったら俺らマジで・・・しかも相当マイナスな方向で終わりじゃねぇか!」
ユージン:「まだ終わってねぇ!」
ザック:「はいす・・・すいません!」
ユージン:「おやっさん!ランチ出せるか?」
雪之丞:「おう!いつでも出せるぞ!」
ユージン:「助かる。じゃあエアロックに運んでくれ。」
雪之丞:「おう!」

アトラ:「ねえ痛み止めちゃんと効いてる?」
デルマ:「はい・・・大丈夫です。」
アトラ:「ごめんね、ベッドが埋まってて・・・。」
デルマ:「いいです。みんな俺より全然やばい傷負ってるんだし。それに俺が回復したところで・・・。」
アトラ:「そんな・・・。あっあれ?みんな・・・」
昭弘:「デルマ。」
ダンテ:「運がよかったな。あの状況で腕だけで済むなんて。」
デルマ:「あそこで終わったってよかった。」
チャド:「デルマ、お前・・・。」
デルマ:「こんな半端な状態で生き残ってもみんなの役には立てないのに。なのに・・・。」
昭弘:「ありがとう。」
デルマ:「あっ・・・。」
昭弘:「お前とこうして話ができることがうれしい。ふっ。生き残ってくれてありがとな、デルマ・アルトランド。」
デルマ:「くっ・・・うっうぅ・・・はい・・・」

マクギリス:「我々にはまだ火星支部の戦力がある。ハーフビーク級が10隻、モビルスーツは40機余り。」
ユージン:「おいそれじゃ話にならねぇだろ。その倍の数で戦って負けてきたとこだぞ!」
マクギリス:「鉄華団らしくないな。君たちは常に圧倒的に数で差をつけられた戦場をその力でくぐり抜けてきたじゃないか。」
ユージン:「だからってよ・・・。」
マクギリス:「次の舞台はいわば君たちのホームだ。火星支部の艦隊と合流しヤツらを迎え撃つならいくらでもやりようはある。」
ユージン:「火星圏での戦いになれば連中の補給線も伸びるか・・・。」
マクギリス:「少々遠回りをすることになったが火星の空で君たちが力を示すことに意味はあるはずだ。」
オルガ:「仲間の命より大事な意味なんてどこにあんだよ。」
ユージン:「オルガ。」
マクギリス:「我々は立ち止まるわけにはいかないのだ。散っていった同胞たちの思いを背負い前へと進む。彼らの死を無駄にしないためにも。」
オルガ:「・・・!」
マクギリス艦オペレーター:「准将破損していた第二推進部の修復が完了しました。」
マクギリス:「ではすぐに加速だ。」
マクギリス艦オペレーター:「はっ。」
マクギリス:「火星まで時間がある。この話は日を改めよう。」

ハッシュ:「三日月さん、ここにいたんですね。ん?三日月さん?・・・アトラさん。」
アトラ:「ごめんね。今はそっとしといてあげてくれる?」
ハッシュ:「はあ・・・。アトラさん。」
アトラ:「ん?」
ハッシュ:「なんか変わりました?」
アトラ:「えっ?」
ハッシュ:「えっ?あっいえ・・・。」
アトラ:「ん?」

ガエリオ:「目を覚ましたと聞いてな。」
ジュリエッタ:「それは半日以上前の話です。随分と見舞いに来るのが遅かったですね。」
ガエリオ:「すまない。待ち焦がれているとは思わなかった。」
ジュリエッタ:「正直怖かったです。今までも命の危険を感じたことはありました。けれどそれとは違う。悪魔に魂を握り潰されるような冷たさを感じた。もし命と引き換えにあの強さを手に入れることができたとしたら・・・。」
ガエリオ:「ジュリエッタ。」
ジュリエッタ:「あなたの言葉の意味が分かった気がします。」
ガエリオ:「ん?」
ジュリエッタ:「強くあればどのような強さでもいい・・・もうそうは思いません。私は人として私のままで強くなります。」
ガエリオ:「それがいい。」

オルガ:「これで回収できたのは半分か。」
ユージン:「ああ。」
オルガ:「俺はこいつらに居場所を作りたかった。」
ユージン:「オルガ。」
オルガ:「血生臭ぇ仕事なんてしないでも金が手に入って、あったけぇ家があって・・・。なのにそれを手に入れるために戦わせて、結局こんな冷てぇ場所で・・・。」
ヤマギ:「泣き言ですか?」
オルガ:「あっ。ヤマギ。」
ヤマギ:「みんなあんたの言葉を信じて死んでったんだ。なのにあんたがそんなふぬけててどうするんですか!」
2人:「あっ。」
ユージン:「ヤマギ。」

ユージン:「ヤマギ。」
ヤマギ:「ごめん。俺なんかおかしい。」
ユージン:「いやありがとな。」
ヤマギ:「えっ?」
ユージン:「俺じゃ言いだせなかった。オルガの気持ちも分かるからよ。」
ヤマギ:「俺は分からないよ。団長の気持ちもシノの気持ちも俺にはよく分からない。」
ユージン:「シノが言ってたな。」
ヤマギ:「えっ?」

回想
シノ:「なあやっぱヤマギってよぉ俺のこと好きなんかな?」
ユージン:「はあ?何言ってんだよお前。今更か」
シノ:「あっやっぱ?いやそうかな~とは思ってたけど俺ら家族だろ?身内でどうとかピンとこなくてよぉ」
ユージン:「えっそういう?」
シノ:「ほんといろんなヤツがいるよなここは」
ユージン:「はあ?」
シノ:「気負い過ぎてガチガチの団長にヘタレが抜けきれねぇ副団長」
ユージン:「なっ!?」
シノ:「何考えてっか分かんねぇ狂犬みたいなヤツや筋肉バカや。俺みてぇなのを好きになってくれる物好きもいてよぉ」
ユージン:「あっ」
シノ:「いろんなヤツがいるここが俺は好きだ。守りてぇよ鉄華団を」

ヤマギ:「シノ・・・。シノがいない場所で生きてくぐらいなら一緒に終わりたかった。」
ユージン:「あっ・・・。」
ヤマギ:「そんなこと言ったらシノはきっと怒るね。」
ユージン:「ヤマギ。」
ヤマギ:「俺にも守れるかな?鉄華団。」
ユージン:「おう、頼りにしてるぜ。」

ラスタル:「逃げ回ってみろマクギリス。宇宙ネズミと共に。お前はもはや袋のネズミだ。」

オルガ:「俺は今までさんざん吹いてきた。『この戦いしだいでいい目にあえる。金も立場も全部手に入る』。」
三日月:「金は手に入ったよ。立場はよく分かんないけど。」
オルガ:「あんだけ吹いたのによ・・・。でっけぇウソついちまった。」
三日月:「オルガにうそをつかせたのは俺だ。」
オルガ:「ミカ。」
三日月:「俺が邪魔するヤツらを全部片づけてれば、オルガの言ったことはうそにならなかった。俺が最後にできなかった。」
オルガ:「そうか。」
三日月:「ん?」
オルガ:「お前はそうだったんだ最初っから。」
三日月:「オルガ?」
オルガ:「ずっとそうなんだよな。(仲間を間違った場所に連れてきちまったんじゃないか、そんな迷いは思い上がりだ。お前が連れてきてくれた。みんなが連れてきてくれた。俺の言葉を実現するために支えるために。お前らが。だったら俺にできることは・・・)迷わねぇことだ。お前の全部を俺にくれ。」
三日月:「ん?とっくに渡してるよ。」
オルガ:「ああ、そうだな。」

ED「フリージア」Uru
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フリージア (初回限定盤 CD+DVD) [ Uru ]
価格:1547円(税込、送料無料) (2017/1/22時点)




マクギリス:「どういうことだ?我々のアーレスへの入港を許可しないとは。君は自分の立場が分かっているのか?新江本部長。」
新江:「あなたこそご自身の立場がお分かりになっていない。ギャラルホルン内におけるあなたの地位は全て剥奪されているのです。マクギリス・ファリド・・・元准将。」

次回予告なし


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する