機動戦士ガンダム 第18話 灼熱のアッザム・リーダー

ここでは、「機動戦士ガンダム 第18話 灼熱のアッザム・リーダー」 に関する記事を紹介しています。
アムロ:「リュウさん、スタンバイOK」
リュウ:「おう。アムロ、ドッキングスタンバイ、いいか?」
アムロ:「いきます、リュウさん。5、4、3、2、1」
リュウ:「レーザーサーチャー同調。5、4、ガンダムBパーツ投下」
アムロ:「コアチェンジ、ドッキングゴー!」

ナレーター:「ホワイトベースを脱走したアムロには、こんな訓練をする事もないのかもしれぬ。一方、月にあるジオン公国の前進基地グラナダから戦艦グワジンが発進した。ザビ家の長女、すなわち、ジオン軍宇宙攻撃軍総司令キシリア・ザビ少将の旗艦である。キシリアは、地球連邦軍にとってもジオン軍にとっても最も重要である資源の発掘にあたっているマ・クベの下を訪れようとしていた。戦いはホワイトベースと関係なく進んでいた」

タイトルコール:「灼熱のアッザム・リーダー」

ハヤト:「もし、アムロが帰ってきたらどうするんです?」
カイ:「そりゃお前、脱走者は死刑に決まってらあな」
フラウ:「嘘!!嘘でしょ!」
ブライト:「軍規ではそうなっているがな」
フラウ:「今日まで一緒に戦ってきた仲間をどうしてそんな事ができるの!?」
セイラ:「必要ならばそうするってことよ」
ミライ:「およしなさい、セイラ・・・ね、フラウ・ボゥ」
フラウ:「アムロが出て行った訳がわかったわ。こんな所に呼び戻すもんですか」
リュウ:「まあ、まあまあフラウ・ボゥ、落ち着けよ。俺達は正規軍じゃないんだからそんな事はしやしないよ」
セイラ:「でもリュウ、このままアムロのわがままを通させる訳にはいかないわ」
リュウ:「・・・そ、そりゃあ勝手な行動をしたんだから・・・」
ミライ:「フラウ・ボゥだってそう思うでしょ?」
フラウ:「それはわかりますけど・・・」

キッカ:「ねえねえあたしも」
レツ:「ねえねえ姉ちゃん、おいらも乗せてってよ」
フラウ:「駄目よ、遊びに行くんじゃないんだから」
カツ:「あれ、じゃなんなのさ?」
フラウ:「アムロを捜しに行くの!」
ハヤト:「うまく説得できると思う?」
リュウ:「タイミングが問題だな」
カツ:「へーっ、アムロのあんちゃんってVSOPだったのかな?」
レツ:「VSOP?」
カツ:「あれ、知らないの?最重要人物の事だぜ」
レツ:「ふーん」
キッカ:「ふーん」
カツ:「違ったかな?」

ミライ:(みんなに馬鹿な真似はさせないわよ。あたしが責任を持つから)
リュウ:(俺も保証するって)
ミライ:(行ってくれるわね?)
フラウ:(アムロ・・・)

フラウ:「あ・・・はぁ!!」
「ぁ・・・ご、ごめんなさい、い、いきなり入ってきちゃって」
アムロ:「みんなが心配してるのはこいつだろ?」
フラウ:「違うわよ。今帰れば許してくれるって」
アムロ:「許す?なんの話だい?」
フラウ:「だって、カイさんは敵前逃亡罪は死刑だって・・・あ・・・」
アムロ:「それがみんなの本音かい。帰れ!」
フラウ:「ち、違うわ。ホワイトベースのみんなはアムロの力を必要としているのよ?また逃げる気?本当はみんなに自分を認めてもらうだけの自信がないんでしょ?だから帰れないのね」
アムロ:「僕の気持ちがわかるもんか」
フラウ:「アムロ!」
「アムロ!」

カイ:「いったいいつまでこんな事させるんだよ?」
ハヤト:「フラウ・ボゥが帰ってくるまでは動けませんよ」
カイ:「移動しても場所を教えてやりゃあいいじゃねえかよ」
リュウ:「ん、しかし中央アジアは中立地帯ちゅうてもジオンがうようよしとるんだ。奴らに傍受されたらどうするね?」
カイ:「ヘッ、アムロの奴、帰ってきたら。あっ」

アムロ:「ん?2時の方向に金属反応?」
フラウ:「きゃあっ!もう!なによ!いきなり止まって!危ないじゃない!」
アムロ:「帰りゃいいのに」
「あれは?」


マ:「トンあたり2グラム。予想通り良質のソリウム鉱床です。あと5つもこの程度の鉱床を掘り当てれば我が軍は」
キシリア:「ソリウムには限りません。連邦には貴重な資源を1グラムたりとも渡してはならないのです。それがこの戦いを勝利に導き、ひいてはその後の支配の確立にもつながるわけだ」
マ:「心得ております」

マ:「ここより北50キロ辺りにも同じような鉱床があります」
キシリア:「人員と機材は望み通り与えましょう」
アムロ:「やっぱりジオンの採掘基地だ。とうとう見つけたぞ!」
フラウ:「ねえ、どうしたっていうのよ。教えてくれたっていいじゃない!」
アムロ:「大声出さないでくれ、あそこにジオンの採掘基地があるんだ」
フラウ:「えっ?ほんとなの?」
アムロ:「こら、見つかったらどうするんだ」
フラウ:「失礼ね、そんな迂闊じゃないわよ」
「あぁ・・・すごい。ねえ、ホワイトベースに連絡しなくっちゃ」
アムロ:「待てよ、今、奴らに通信を聞かれたら不利になる」
フラウ:「じゃ、どうするの?」
アムロ:「フラウはホワイトベースに戻って連絡しろ」
フラウ:「アムロは?」
アムロ:「僕はここに残って偵察を続ける」
フラウ:「わかったわ」

ミライ:「3時間。マーカー、連絡は?」
マーカー:「まだ何もありません」
ミライ:「そう」
マーカー:「こんなところを敵に発見されたらいい的になりますよ」
ブライト:「わかっている。聴音サーチャーから目を離すな」
マーカー:「了解」

クルーA:「ジオンに寝返るって事はねえだろうな?」
ジョブ:「まさか」
クルーB:「いやあ、ありえるぜ。ガンダム手土産に持ってきゃ英雄扱いだ」
クルーA:「なにしろ脱走した奴だからな」
ジョブ:「ああ」
クルーA:「冗談じゃないぜ、まったく」

アムロ:「これだな、レビル将軍がオデッサ・デイで叩こうというジオン軍の鉱山って。ザクは一機も置いてないようだな。これならできる!」
「ガンダムでここを潰せば連邦軍の軍隊が動かなくってすむ。もうブライトさんにもミライさんにも口を出させるもんか」


キシリア:「・・・何事です?」
マ:「キシリア様、こちらへ!」

アイキャッチ

フラウ:「・・・早く知らせなくっちゃ。見つかったらその時のことよ」

マ:「アッザム、発進準備を急げ」
キシリア:「マ・クベ、モビルスーツを前もって発見できなかった失敗、許しがたい」
マ:「・・・キシリア様」
キシリア:「アッザムの性能テストにはよい機会です。お前がやってみせよ」
マ:「は、キシリア様、必ず」
キシリア:「直接連邦軍のモビルスーツを目にするのも、今後の作戦には役に立とう」

ジオン兵A:「うわあっ」
ジオン兵B:「おおっ」
アムロ:「うわあっ!!ああっ!!・・・こいつ!
「うしろか。うわあっ!」
「くっ・・・」
「うぅ・・・」
「あ・・・ああっ!」
「わああっ!!!」
「これで終わりか?あっ」
「ああっ!」
「こいつは?」

キシリア:「ガルマからのデーターより性能は遙かにいいらしいな。マ・クベ、用心して掛かれ」
マ:「は」
アムロ:「うわあっ!」
「ん・・・?」
「ん・・・ぐ・・・あっ、上か」

マ:「ハッハッハ、上を取ったぞ。リーダー発射!」
アムロ:「な、なんだ?」
「うわあああっ!!」
「表面温度4000度。さっきの砂みたいなやつのせいか」

ガンダム:「パイロット及び回路保護の為、全エネルギーの98パーセントを放出中」
アムロ:「98パーセント?それじゃあ動けない」

リュウ:「鉱山のような所の基地?ほんとか?」
フラウ:「ええ」
ブライト:「気に入らないな。レビル将軍から聞いた連邦の予想とはちょっと位置が違うな」
フラウ:「嘘じゃありません、あたしも見たんです。とっても広くって」
ミライ:「とにかく放っておけないわ。行きましょう」

マ:「キシリア様、成功です。なんといってもモビルスーツの研究に関してはこちらの方が長いですからな」
キシリア:「放熱磁場が弱ってきたようです、早くとどめを」
マ:「了解しました」
ガンダム:「攻撃エネルギー低下」
アムロ:「動けるな?」
キシリア:「避けられた?」
マ:「ザクならとっくに弱ってるはずですが。もう一度いきます」
アムロ:「行くぞっ」
マ:「こ、こいつ・・・」
アムロ:「うぅ・・・」
マ:「う・・・」
アムロ:「ええい!やあーっ!」
マ:「うおおっ!」
キシリア:「早く振り落としなさい!」
マ:「はっ!」
アムロ:「落とされてたまるか!」
マ:「あっ」
キシリア:「これまでのようですね。機密保持の為、基地を爆破しなさい!」
マ:「は、しかし、あそこにはまだ兵士どもがおりますが」
キシリア:「構いません。なによりも国家機密が優先します!」
マ:「は、承知いたしました」
アムロ:「あっ?き、基地が、爆破?あっ」
「基地を見捨てたのか?」


キシリア:「連邦軍のモビルスーツ、噂以上の性能と見た。我らもテスト中の各モビルスーツの実戦配備を急がねばならない」

アムロ:「やった、やったんだ。フフッ、連邦軍が全力で潰そうっていうジオンの基地をやったんだ・・・」

アムロ:「ここも駄目か。情報回路は見事なくらいみんな破壊してくれた」
「あちち!」
「第102採掘基地。第102採掘基地だって?僕がやったのはたくさんある採掘基地のひとつだったっていうことなのか。レビル将軍が叩こうとしてるのはこんな鉱山じゃないのか?もっとすごい鉱山の事なのか・・・ちくしょう!!」


ジオン兵C:「っぅ・・・」
「き、君は?」
アムロ:「と、通りかかった者です。もうじき連邦軍かジオンの救助隊が来るでしょう」
ジオン兵C:「・・・まさか・・・」
アムロ:「待っててください。血は止まったようです。これ発煙筒ですからね。助けが来たら使うといいですよ」
ジオン兵C:「す、すまんな。そんなに早く来るのかい?助けが」
アムロ:「来ますよ。希望はいつも持ってなくちゃ。では」
ジオン兵C:「よう」
アムロ:「え?」
ジオン兵C:「もし、お前さんがあのモビルスーツのパイロットなら、信じられんがね、パイロットなら敵に甘すぎると命がいくらあっても足らんぜ」
アムロ:「ありがとう」
(命がいくつあっても足りない、か)


リュウ:「発煙筒だ」
ブライト:「確認する、接近しろ。フラウ・ボゥ、間違いなくここか?」
フラウ:「は、はい」
カイ:「すげえ」
ハヤト:「ガンダム一機でやったんでしょうか?」
ブライト:「それしか考えようがあるまい」
ミライ:「でも、ここはメインベースではないわ」
セイラ:「そうね。でなかったらガンダムたった一機に潰されはしないわ」
リュウ:「うん、困った事をしてくれたな。ガンダムのおかげで敵は我々に対して完全にガードを固めちまったと判断していい」
セイラ:「アムロ、今ごろ英雄気取りでしょう」
ハヤト:「でも、どこにも姿が見えません」
カイ:「逃げたんだよ」
リュウ:「あっ、フラウ!」

フラウ:(なによ、なによアムロったら・・・人の気も知らないで!)

次回予告:「戦う相手を目の前に見るアムロ。それは、ホワイトベースに特攻を掛けるラル達であった。駆けつけるガンダムのビームライフルがグフを撃破した時、敵は笑った。機動戦士ガンダム、次回、『ランバ・ラル特攻!』。君は、生き延びることができるか?」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gundamserifu.blog.fc2.com/tb.php/23-f54fece9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック