鉄血のオルフェンズ 第39話 助言

ここでは、「鉄血のオルフェンズ 第39話 助言」 に関する記事を紹介しています。
オルガ:「長い間世話になったな。兄貴にもよろしく伝えてくれ。」
アジー:「こっちこそ。ここでの生活は悪くなかったよ。」
ダンテ:「結局一本も取れないままだったが、次に会うときには必ず取れるようになってるからよ。」
エーコ:「ええ~?そんなの寂しすぎる~。あんたがうちのエースにかなうようになるまであと何年かかると思ってんの?下手すりゃ永遠に会えないよ。」
ダンテ:「ひでぇ・・・。」
エーコ:「あれ?そういえばラフタは?」
アジー:「ん?ああ~あの子なら・・・。」

ラフタ:「ほ~んとさあのときはどうなるかと思ったよ。昭弘ボロボロなのに後先考えずに突っ込んでくし。」
昭弘:「しかし実際なんとかなった。」
ラフタ:「あっ・・・そういう問題じゃないの!もう部下もいるんだしむちゃし過ぎないでよね。」
昭弘:「まあお前もいなくなるしな。」
ラフタ:「えっ・・・。」
昭弘:「今まで本気で俺の背中を任せられると思えたのは三日月とお前だけだった。確かに少し考えないとだな。」
ラフタ:「そっか・・・。じゃあそれでいいや。」
昭弘:「ん?なんだ?」
ラフタ:「ううん。ねえ握手しよ。」
昭弘:「・・・!・・・ありがとよ。元気でな。」
ラフタ:「うん。昭弘もね。」

OP「Fighter」KANAーBOON
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Fighter (初回限定盤 CD+DVD) [ KANA-BOON ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/1/22時点)




イオク:「無理・・・だと?」
ジャスレイ:「クジャン家のご子息じきじきに私どもを頼っていただけたのは光栄の至りですがね。今鉄華団と正面からぶつかるのは得策ではないと・・・。」
イオク:「もういい!頼りにした私がバカだった!私はなんとしてでも鉄華団に復讐せねばならんのだ。倒れた部下たちの忠義に報いるためにも。」
ジャスレイ:「勘違いなさらないでください。私はより効果的な方法があると申し上げたいだけですよ。」
イオク:「はっ・・・。」
ジャスレイ:「鉄華団は所詮実行部隊。本当の敵は彼らではなくその背後にいるヤツなのです。」
イオク:「誰だそいつは!?」
ジャスレイ:「タービンズですよ。」
イオク:「タービンズ?」
ジャスレイ:「鉄華団の兄貴分、名瀬・タービンが率いるテイワズの下部組織の一つです。鉄華団が曲がりなりにも立場を維持していられるのは、こいつらの擁護があるからなのですよ。」
イオク:「タービンズ・・・そうかタービンズか!」

イオク部下:「イオク様、あんなものをどうなさるのですか?禁止条約で使用は制限されているのですよ?」
イオク:「無論分かっている。だからこそ我が作戦の要となるのだ。」
イオク部下:「ですがせめてラスタル様に一度ご裁可を仰いだ方が・・・。」
イオク:「問題はない。これはラスタル様のご利益にもかなうことなのだ。一石二鳥・・・いや三鳥とはまさにこのこと。」
イオク部下:「は・・・果たしてそうなのでしょうか?」
イオク:「はっ!お前らには分からないだろうな。だがそれが政治というものだ。」
イオク部下:「は・・・はあ・・・。」
ジュリエッタ:「イオク様。」
イオク:「あっ!止めてくれるなジュリエッタ。私は・・・。」
ジュリエッタ:「私も参ります。」
イオク:「なっ・・・。」
ジュリエッタ:「今テストしている試作機はベンチテストも終わり、あとは実戦を試すのみ。是非ともその力を試す機会が欲しいのです。」
イオク:「だが・・・。」
ジュリエッタ:「どうかチャンスを。私は早く強くならねばならぬのです。」
イオク:「あっ・・・分かった。ジュリエッタ、共にタービンズを倒そう。全ての責任は私が取る!お前たちは黙って私の言葉に従ってほしい!」
部下:「あぁ・・・。」

ラスタル:「イオクにも困ったものだ。人には適材適所というものがある。ヤツには力など求めていないのだが・・・。」
ヴィダール:「では何を求めると?」
ラスタル:「クジャン家の人間たちは彼のためなら命を投げ出す。それは当主への忠誠というだけではない。ヤツの率直さと熱意には人を動かす力があるのだ。君が仮面さえ脱いでくれればイオクもこのようなまねをせずとも済むのだが。」
ヴィダール:「あなたには救ってもらった恩義がある。しかし真意を確かめるまでは・・・。」
ラスタル:「ああ、それは承知のうえだ。しかし人が人を理解することはそう簡単ではない。まして相手が相手だ。」
ヴィダール:「彼を理解する権利が私にはあると思っている。私は彼に殺されたのだから。」

マクギリス:「イオク・クジャンがタービンズの一斉取締りを?」
石動:「はい。タービンズが使用するクレーテ回廊などの裏道も全て押さえたようです。」
マクギリス:「テイワズ内に情報をリークした者がいる・・・か。他に動きは?」
石動:「出発にあたり本部四番倉庫から何やら持ち出したようですが・・・。」
マクギリス:「四番?覚えているか?石動。火星でモビルアーマーを足止めした鉄華団の攻撃を。」
石動:「はっ?」
マクギリス:「あれはダインスレイヴ。ナノラミネートアーマーすら貫く過剰な破壊力から使用・保有の禁止がギャラルホルンの下で条約として結ばれている大型レールガンだ。まあ使用したのは通常弾頭のようだから条約的にはグレーゾーンではあるが。」
石動:「なっ!まさかクジャン公は・・・。」
マクギリス:「厄祭戦の遺産たるモビルアーマーが現れ三日月・オーガスの操るガンダム・フレームは昔日の悪魔の力を世に示した。その熱狂と恐怖は人々を揺り動かし、やがて時代そのものを大きな渦に巻き込んでゆく。今こうして禁じられた旧兵器が持ち出されるのもそういった一つの時代の流れなのかもしれない。」
石動:「では・・・。」
マクギリス:「全ての同志たちに連絡を。ついに立ち上がるべき刻が来たと。」
石動:「はっ!」
マクギリス:「あの仮面が本当にあの男だとするならば、私はすでにラスタル・エリオンに襟首をつかまれていることになる。しかし私の魂まではつかめはしない」

アトラ:「そうしてるのって楽ちん?」
三日月:「ん?」
アトラ:「ご飯持ってきたよ。」
三日月:「あっ。」
アトラ:「あっうわっ。」
アトラ:「はい。」
三日月:「んっ。はむっ。」
アトラ:「なんだかへその緒みたい。」
三日月:「えっ?」
アトラ:「ううん。あっそろそろアジーさんたちタービンズに戻って落ち着いた頃だよね。」
三日月:「うん。」
アトラ:「鉄華団はちょっと寂しくなっちゃったけど、タービンズのみんな喜んでるだろうね。ちっちゃい子や赤ちゃんも・・・。」

回想
アトラ:「三日月と子供つくってほしいんです!」
クーデリア:「えっ?はあ?ええっ!?」
アトラ:「ぷはっ!はぁ~」
クーデリア:「落ち着きました?」
アトラ:「はい」
クーデリア:「でもどうして急にあんなこと・・・」
アトラ:「あっ・・・」
クーデリア:「ん?」
アトラ:「女将さんがずっと前に話してたことがあるんです。子はかすがいだって」
クーデリア:「かすがい?」
アトラ:「旦那さんがフラフラしてたときおなかに赤ちゃんがいたからつなぎ止めることができたんだって」
クーデリア:「はあ・・・。えっ?それで・・・」
アトラ:「うん。どっか行っちゃいそうな三日月をつなぎ止めてほしくって」
クーデリア:「それはアトラさんではダメなのですか?」
アトラ:「えっ!?む・・・無理だよ絶対。無理です・・・。だって三日月はすごい人なんだもん。私なんかじゃ絶対釣り合わないよ」
クーデリア:「アトラさんはすてきな人です。あっ・・・」
クーデリア:「アトラさんの作ってくれたブレスレットアトラさんとつながっているようでなんだか勇気が出るんです」
アトラ:「クーデリアさん?」
クーデリア:「三日月もずっとこれを着けてる。きっと同じ気持ちなんだと思います。だから・・・」
アトラ:「そっかそうだよね。じゃあ私も頑張ってみます」
クーデリア:「はい?えっ!」
アトラ:「お互いに三日月をつなぎ止めましょう!」
クーデリア:「えっ?」
アトラ:「どちらが三日月をつなぎ止めても恨みっこなしってことで!」
クーデリア:「えっ?ええ・・・。えっ!?ええ~?」

アトラ:「あ・・・赤ちゃんってなんかその・・・いいよね!」
三日月:「うん。手首んとこが段になってて・・・。」
アトラ:「そう!かわいいよね赤ちゃん!」
三日月:「うん。ハムみたいでうまそう。ん?」
アトラ:「お預けです。」
三日月:「届かない。」
アトラ:「お預け。」
三日月:「と~ど~か~な~い~。」
ハッシュ:「何遊んでるんすか。」

#39 助言

エーコ:「よ~しきたきたきた!ようやくセッティングの当たりが出たっぽいよ。」
アジー:「やっとか。思ったより手のかかる機体だね。この辟邪は。」
エーコ:「だね。癖がないのが癖っていうか。」
ラフタ:「でも鉄華団みたいにパイロットも任務内容も雑多な組織だと結構使いやすい機体に仕上がるかも。」
アジー:「ふ~ん。」
ラフタ:「んっ何?」
アジー:「いえいえ別に。」
アミダ:「手間をかけさせるね。」
2人:「あっ。」
ラフタ:「姐さん!」
アミダ:「帰って来たばかりで悪いね。もう少しゆっくりしてからでも・・・。」
ラフタ:「いいんです。動いてた方がモヤモヤ考えなくて済むし。」
アミダ:「ん?」
エーコ:「ラフタ~。さっき言ってたセッティング出来たよ。どうする?」
ラフタ:「分かった。もう一回出る。」
アミダ:「いろいろあったみたいだね。」
アジー:「えっ?」
アミダ:「鉄華団での生活さ。」
アジー:「ああ~まあどうなんでしょう・・・。」
アミダ:「分かりやすいね。素直ないい子だよ。あんたたちはみんな私の自慢だ。」
アジー:「姐さん・・・。」

名瀬:「そうか。ラフタも他の男に取られるときが来ちまったか。」
アミダ:「その割にうれしそうじゃないか。」
名瀬:「ラフタも他の女たちも俺にとっちゃ妻ってだけじゃなく娘みたいなもんでもあるからな。それが鉄華団のヤツらを選んだなら、自分の娘が男を見る目がある女に育ったってことだ。そりゃうれしいさ。」
アミダ:「まったく最近のあんたは何かあっちゃ『鉄華団鉄華団』って。あっ相変わらずこの安酒?」
名瀬:「好きなんだよ。お前と出会った思い出の酒だしな。」
アミダ:「思い出すねぇ。確か火星のちっぽけな宇宙港の酒場だった。」

回想
アミダ:「私を護衛に?」
名瀬:「頼みたい。ちょっとでかくてやばいヤマがあってな」
アミダ:「いいのかい?私が女だって分かった途端引くヤツも多いんだけどね」
名瀬:「変わったことを言うなぁ。女と男ならそりゃあ女を選ぶだろ?」
アミダ:「あっ・・・。ふふっ。あんたの方が変わってるよ」

アミダ:「一匹狼の運び屋だったあんたが傭兵だった私に仕事を依頼してきた。それが全ての始まり。」

名瀬:「はっ!最高だ」

名瀬:「俺は公私ともにお前に骨抜きになった。今後ともコンビを組めねぇかと迫ったが・・・。」
アミダ:「これ以上は無理だ。次はペインナッツ商会の護衛任務がある」
名瀬:「ああ~あの女だけの輸送会社か」
アミダ:「長期航路の輸送業務はいろんな事情から逃げ出した女たちの行き着く場所。しかも最悪な終着点の一つだった。」
名瀬:「安値で買いたたかれ男でもはだしで逃げ出すような危険な仕事ばかりを受けるはめになる。お前はそんな女たちの船を進んで護衛していた。」

アミダ:「あっ・・・この仕事してるとどうしてもね」
名瀬:「いやきれいだ。なあ俺にできることはねぇか?」
アミダ:「そして生まれたのがタービンズ。裏社会に搾取される女たちを名義上妻にすることで救い出し、乗組員にすることで職も与える。まあしっかり手も出すんだけどね。」
名瀬:「『来るものは拒まず』が俺の基本姿勢だ。」
アミダ:「女たちの安全を守るため後ろ盾を作るためにあんたはテイワズの傘下に入る道を選んだ。」
アミダ:「それからあんたはこれまで私と関わりがあった女の輸送業者たちをまとめ上げてネットワーク化し、地球と木星の間を網羅する大輸送網を作り上げ、タービンズは構成員5万の巨大組織に成長した。その働きはマクマードさんにも認められてあんたはテイワズで上り詰めていった。」

ジャスレイ部下:「女使って成り上がりやがって恥ずかしくないんすかねぇ」
ジャスレイ:「はっ!まったくだなぁ」
アミダ:「なっ!何を・・・」
名瀬:「言わせておけよ」
アミダ:「名瀬」

名瀬:「まだむくれてんのか?」
アミダ:「なんであのとき止めたんだよ?」
名瀬:「あいつらの言ってたことはなんも間違ってねぇ俺はお前らのおかげで成り上がれたんだ」
アミダ:「名瀬」
名瀬:「女は太陽なのさ。太陽がいつも輝いていなくちゃ男はしなびちまう」
アミダ:「あんた・・・臭い・・・」
名瀬:「あっ?うわっ!こいつ漏らしてる!」
赤子:「う・・・うわぁ~ん!」

名瀬:「まあ女のおかげっていうのは今思えばちょっとだけニュアンスが違うかもしれねぇな。」
アミダ:「えっ?」
名瀬:「前にオルガによ、言ったことがある。」

回想
名瀬:「まあでも血が混ざってつながって・・・か。そういうのは仲間っていうんじゃないぜ、家族だ」
オルガ:「あぁ・・・」

名瀬:「あいつ家族って言葉聞いたら豆鉄砲くらったみてぇにきょとんとしてよ。」
アミダ:「知らなかったんだね家族ってもんを。私らも昔はそうだった。」
名瀬:「ああ俺も同じさ。だからこそ重ねちまうんだよな。あいつらをあのころの俺たちに。俺がここまで来られたのもお前やタービンズのみんなが家族ってもんを教えてくれたからだ。だからこそ家族ってもんをやっと見つけたあいつらにはそいつをみすみす手放すようなまねをしてほしくないんだ。」
警報
タービンズ:「緊急連絡です!」
名瀬:「どうした?」
タービンズ:「うちの輸送班と各地の事務所にギャラルホルンの強制捜査が入りました!」
2人:「あっ!」

マクマード:「いや~よく顔を出してくれたな三日月よ。モビルアーマーとやらの一件聞いたぞ。厄祭戦時代の化け物を潰すたぁおめぇやっぱり面白ぇなぁ。」
三日月:「別に面白くないよ。」
マクマード:「いいから食ってろ。今メシの用意させるからよ・・・あんまり菓子で腹一杯にするんじゃねぞ。」
ハッシュ:「もっと怖ぇんかと思ってましたけどただのじいさんですね。」
アトラ:「三日月気に入られてるみたい。」
マクマード部下:「おやじ。」
マクマード:「どうした?」
マクマード部下:「その・・・ギャラルホルンの手入れの件で。」
マクマード:「ああ~タービンズの件か。いつもの嫌がらせだろう。名瀬に任せときゃ・・・。」
マクマード部下:「それがその名瀬が雲隠れしちまったって。」
マクマード:「なんだと?連中やばいブツは扱ってなかったはずだろう?」
マクマード部下:「はい。ですが手入れを受けたタービンズの貨物艇で特殊な禁止兵器が見つかったって話で・・・。」
マクマード:「禁止兵器?」
マクマード部下:「なんでもダインスレイヴとかいう厄祭戦時代の兵器らしいんですが、火星で鉄華団が使ったのをタービンズが手配したとかで・・・。」
ハッシュ:「そんな!うちってそんな危ないもん使ってんすか?」
アトラ:「分かんないよそんなの。」
マクマード部下:「今回の一斉手入れもそれがきっかけらしいです。」
マクマード:「幹部連中を集めろ。」
マクマード部下:「はい。」

マクギリス:「君たちの使ったフラウロスのことを言っているのだろう。あれはダインスレイヴと同様の兵器だ。」
オルガ:「なっ!?じゃあ俺たちのせいで兄貴が?あんたから手を回してなんとかならねぇのかよ?」
マクギリス:「できることはもちろんする。しかしこれはアリアンロッド艦隊の通常業務の範疇だ。地球外縁軌道統制統合艦隊としてはどこまで動けるか・・・。」

ジャスレイ:「なかなかいい仕事をしてくれるじゃないのあの坊ちゃんはよぉ。タービンズもギャラルホルンを前にしちゃひとたまりもねぇだろ。ふぅ~。」
ジャスレイ部下:「おやじはどう出ますかね?もしいろいろとバレたら・・・。」
ジャスレイ:「そこまでおやじもバカじゃねぇ。死んだ息子にゃ老人介護はしてもらえねぇからな。かわいい息子が誰か分かっていても結局はそこに頼るしかねぇのよ。」

アミダ:「今回の相手はギャラルホルンだけじゃない。うちの秘密航路や看板も出てない事務所にまで手が入ってるってことは・・・。」
名瀬:「ああ。見事に内側から刺されたな。」
アミダ:「やっぱりジャスレイかい?」
名瀬:「考えたくはないがおやじって線もある。なんにせよ腹くくんなきゃならねぇときが来たみたいだな。」
クロエ:「QCCS通信?あっ鉄華団です!」
名瀬:「つなげ。」
クロエ:「は・・・はい。」
オルガ:「兄貴!ハンマーヘッドの予定航路をくれ。今から俺らで・・・。」
名瀬:「お前は来るな。」
オルガ:「なっ!?兄貴!」
名瀬:「今や俺たちは違法組織だ。俺たちとのつながりが取り沙汰されりゃ鉄華団はどうなる?」
オルガ:「くっ・・・。けど今回のことは俺らがフラウロスを使ったせいで・・・。」
名瀬:「そいつは関係ねぇ。俺らをハメるための策にたまたまそいつが選ばれたってだけの話だ。」
オルガ:「なっ!」
名瀬:「この絵を描いたヤツはお前たちが手を出してくることまで見越してるはずだ。だとすりゃ突っ走れば連中の思うツボ。とにかくこいつはテイワズの内輪もめの結果だ。お前らにゃ関係のねぇ話なんだよ。」
オルガ:「俺たちだってテイワズの一員だ!関係ないことはねぇでしょう。いやだいたいあってもなくてもかまわねぇ。兄貴を救うためなら俺は・・・。」
名瀬:「じゃあ言わせてもらう。」
オルガ:「えっ?」
名瀬:「お前とは兄弟の盃を交わした。だがな俺はお前の家族じゃねぇ。」
オルガ:「何を・・・。ふっ・・・。見失うなよオルガ。お前がいの一番に守らなきゃならねぇものを。それ以外は全部後回しにしろ。」
オルガ:「でも・・・。」
名瀬:「家族を幸せにするってのは並大抵の覚悟じゃできねぇことなんだ。他の些末事に足を取られてる暇はねぇ。火星の王になるってのも鉄華団のヤツらに楽させるため。お前がそう言ったんだろ。」
オルガ:「くっ・・・。」
名瀬:「分かったら前を向け。鉄華団を・・・家族を守る。それだけを考えろ。いいな?オルガ・イツカ。」
オルガ:「兄貴。」

ED「フリージア」Uru
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フリージア (初回限定盤 CD+DVD) [ Uru ]
価格:1547円(税込、送料無料) (2017/1/22時点)




名瀬:「次回、機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ『燃ゆる太陽に照らされて』。問題です。花を咲かすのに必要なものは?『水』?間違っちゃいねぇが正解は『太陽』だ。愛してるぜ。」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する