鉄血のオルフェンズ 第37話 クリュセ防衛戦

ここでは、「鉄血のオルフェンズ 第37話 クリュセ防衛戦」 に関する記事を紹介しています。
メリビット:「昨日の敵も明日の敵も、ヤツを前には分別不要。混迷極まる堕天使相手の戦い、渓谷に響き渡る断末魔は俺たちのものかヤツのものか」

ライド:「三日月さん、俺余計なことしちまった。俺・・・。」
三日月:「ライド、動けそう?」
ライド:「えっ?あっ・・・はい、俺は全然。けど獅電がもう・・・。」
三日月:「分かった。ん?なんだ?これ。」
ライド:「三日月さん?」
三日月:「バルバトス?」
ライド:「三日月さんあれ!」
三日月:「はっ!・・・」
ハッシュ:「三日月さん!プラントに生存者はいませんでした。次どうします?三日月さん?」
三日月:「おかしいな。」
ハッシュ:「はっ?なんすか?」

マクギリス:「ガンダム・フレーム。」
石動:「ギャラルホルンのマッチングリストに該当する機体はありません。」
マクギリス:「しかしこの固有周波数はギャラルホルン製のリアクターに非常に近い。ラスタルの手の者か?」
石動:「お下がりください、准将。そこのモビルスーツ!所属と階級を答えよ。」
ヴィダール:「火星で再会するとはな。お前の裏切りの全てが始まったこの土地で。しかし・・・。」
ジュリエッタ:「ヴィダール何をしているんですか?こちらはイオク様と合流したのですが・・・。ええい!とっとと合流してください!」
ヴィダール:「・・・分かった、そちらへ向かう。」
石動:「応答なきようなら実力行使に出る!」
ヴィダール:「俺には分からない。」
マクギリス:「・・・!」
ヴィダール:「自らへの愛を叫び散っていったカルタ・イシューと同じ機体に乗るその気持ちが。」
マクギリス:「はぁ・・・。」
石動:「答えろ!ならばこちらから・・・。待て!」
マクギリス:「いい。捨て置け。」
石動:「准将?しかし・・・。」


OP「RAGE OF DUST」SPYAIR
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

RAGE OF DUST (初回生産限定盤) [ SPYAIR ]
価格:2199円(税込、送料無料) (2016/10/16時点)




昭弘:「ライドはどうなった!?」
チャド:「三日月たちが向かったって連絡は来たが、どうもトラブってるみたいだ。」
昭弘:「何!?」
チャド:「援護に行きたいがあいつの進路をこっちに向けねぇと。」
昭弘:「くそっ。しかたがねぇ。俺が囮になる!」
チャド:「昭弘!」
昭弘:「うおぉ~~!ぐはっ!はっ!」
チャド:「くっ・・・。昭弘!おいどうした!?返事しろよ昭弘!」
団員:「チャドさん!」
チャド:「団長に報告を入れろ。急げ!」
団員:「了解!」
チャド:「お前らは昭弘を頼む。」
団員:「分かりました!」
団員:「チャドさんは?」
チャド:「俺はモビルアーマーを引き付ける!」
団員:「そんな!一人でなんて・・・。」
チャド:「お前らも急げ!行っけ~!そうだ!こっちに来やがれ!熱ぃ!これがビームってやつか。けどやっと化け物に振り向いてもらえた!」

メリビット:「二番隊から報告が来ました。モビルアーマーの作戦ルートへの誘導に成功したそうです。」
オルガ:「そうか。これでなんとか間に合いそうだな。」
メリビット:「ただグシオンが機能停止。バルバトスも不調のため現在待機状態だそうです。オルガ:「なっ!?」
雪之丞:「昭弘と三日月が!?」
メリビット:「はい。何があったかまでは把握できていないようですが・・・。」
オルガ:「まずはモビルアーマーだ。昭弘とミカがいねぇんじゃさすがに戦力が足りねぇ。一番隊を出すぞ。ラフタさんとアジーさんにも出てもらう。それとマクギリスにも連絡を取ってくれ。」
メリビット:「分かりました。」
オルガ:「ユージンにも爆破準備を急ぐように伝えてくれ。」
メリビット:「はい。」
オルガ:「悪ぃがミカたちを見てきてくれねぇか。」
雪之丞:「任せろ。詳しいことが分かったら連絡する。」

ユージン:「いいか!急げよお前ら。じきにモビルアーマーが来る。この作戦の成否は俺らに懸かってんだからよ!」
ジュリエッタ:「よろしいですね?イオク様。ヴィダールと合流しだい移動します。そちらの機体はまだ動けますか?」

イオク:「恩に着るぞジュリエッタ。そこまでこの身を案じてくれるとは・・・。」
ジュリエッタ:「はい?」
イオク:「しかし!やはり私は行かねばならぬ。そうでなくては部下たちに合わせる顔がないのだ。」
ジュリエッタ:「バ・・・バカ言わないでください!私はあなたを逃がすために・・・。あっやばっ!」
イオク:「部下たちの流した涙はもはや私の血肉となっている。命の尊さを人の心を知らぬモビルアーマーに分からせてやらねば!さらば!」
ジュリエッタ:「あっ。くっ!ああ~もう!お守りをしている場合ではないのに!早く来てください!ヴィダール!」

雪之丞:「どうだザック!昭弘の様子は?」
ザック:「ダメっす。まだ意識が戻りません。」
雪之丞:「運び出そうにもこれじゃあ『阿頼耶識』も外せねぇな。」
三日月:「おやっさんライドは?」
雪之丞:「おう、ケガしてたからな、先に本部に戻した。三日月おめぇは大丈夫か?」
三日月:「俺は平気。でもあの鳥を見てからバルバトスが言うこと聞かなくなった。」
雪之丞:「モビルアーマーか?一体なんだって・・・。」
ザック:「ちょっといいっすか。」
雪之丞:「ああ?」
ザック:「たぶん原因はこの二つのリミッターじゃないっすかねぇ。」
雪之丞:「どういう意味だ?」
ザック:「こいつを見てください。バルバトスとグシオンのシステムログです。」
雪之丞:「ん?」
ザック:「阿頼耶識からパイロットにフィードバックされる情報量に過度の制限が掛かったみたいなんすよ。逆に機体自体の出力制限は解放されてます。分かりやすく言うと出力全開にしたい機体側とパイロットを保護するシステムがぶつかり合ってる状態なんす。それでどっちの機体も動きが悪くなってるんだと思います。」
雪之丞:「おめぇどこでそんな知識を・・・。鉄華団入る前学校でこの手の勉強してたんすよ。こう見えても俺割と優秀な子で。」
ハッシュ:「んじゃなんとかしろよ!これからモビルアーマーとやんなきゃなんねぇんだからよ。」
ザック:「ああ~そこが問題なんだよな~。」
雪之丞:「ん・・・?」

雪之丞:「オルガモビルアーマーをやるのにバルバトスとグシオンは出せねぇぞ。」
オルガ:「えっ・・・どういうことだ!?」
雪之丞:「ガンダム・フレームにはモビルアーマーに反応しちまうシステムが組み込まれているらしい。ヤツに敵対するかぎりこの症状は治まらねぇってよ。」
オルガ:「システム?」
雪之丞:「ああ。無理に出してたとえ動けたとしてもよぉ下手すりゃエドモントンの二の舞だ。」
オルガ:「ミカと昭弘はモビルアーマーとの戦闘には出せねぇな。」
雪之丞:「ああ、残念ながらな。」
メリビット:「団長、ラフタさんから通信です。」
オルガ:「なっ!?」

ラフタ:「ユージンたちの準備はまだ!?」
アジー:「予定よりもずっと進行が速くてこれ以上は抑えられない!」
オルガ:「ユージン!やれるか!?」
ユージン:「もうかよ!くっそ!やるしかねぇだろ。巻け巻け!ガンガン巻いていけ!奴さんが来やがるぞ!」
チャド:「耐えろ!お前ら!」
ラフタ:「あとちょっと!なんとかなる!する!」
アジー:「ああこの調子なら・・・。・・・なっ!?」
チャド:「バカな!」
ラフタ:「モビルアーマーが!」
ダンテ:「モビルアーマーが細けぇのと一緒に加速した!」
ユージン:「はあ!?なんでだよ!?」
ラフタ:「ごめんユージン、抜かれた!」
ユージン:「くっ!準備は!?」
団員:「まだですよ!」
団員:「なんだ?あいつ。あいつが撃ったのか?」
ユージン:「あれはギャラルホルン?」
イオク:「バレルが逝ったか・・・。限界を超えた最後の一撃。感じたか?それが私を信じ散っていった者たちの痛みだ!もはやここまで。だが悔いはない!クジャン家の誇りを抱いて華々しく散ろう。」
ジュリエッタ:「いえ、バカは死んでも治らないのであれば・・・。無駄なので生きててください。」
イオク:「あっ!」

団員:「目標・・・ポイントを通過しました。」
ユージン:「くっ・・・ざけんな!悪ぃオルガ。やられた。」
オルガ:「お前は無事なんだな?」
ユージン:「あ・・・ああ。それにしてもあのギャラルホルンのアホが・・・どうなってんだあいつら!」
オルガ:「次の手を考える。お前らは本部に戻って補給をしてくれ。マクギリスとの連絡はまだ取れねぇのか?」
メリビット:「はい。」
オルガ:「急いでくれ。」
メリビット:「分かりました。」
オルガ:「ここで終わるような鉄華団ならギャラルホルンと対等には並べねぇ。」

アトラ:「クーデリアさん。大丈夫だよ。三日月ならきっとクリュセを守ってくれる。」
クーデリア:「私が頼んだんですよね。自分でお願いしたのに・・・お願いしたからこそ不安で・・・。」
アトラ:「クーデリアさんってほんと三日月のことが好きなんだね。」
クーデリア:「えっ!あっそれは・・・はい、好きです。」
アトラ:「あっ・・・。そ・・・そっかうん。」
クーデリア:「もちろん、アトラさんのことも。」
アトラ:「うん、私もクーデリアさんが好き。三日月のことも好き。」
クーデリア:「はい。」
アトラ:「大丈夫だよ、三日月は。いつもちゃんと戻ってきてくれる私たちのところに。」

37.png

メリビット:「モビルアーマー本体とプルーマの分断は失敗。足止めの戦闘でモビルスーツ隊の消耗も激しく半数は戦力になりません。」
オルガ:「だが諦めるわけにはいかねぇ。もう一度仕掛けるぞ。」
メリビット:「でもどうやって?もう一度渓谷を爆破するにしても準備に使える時間はありません。モビルアーマーは速度を上げたまま依然としてクリュセに向けて渓谷内を進行中です。」
オルガ:「くっ!」
三日月:「どうすんの?」
オルガ:「あっ。」
メリビット:「三日月君。」
三日月:「俺出ようか?」
雪之丞:「おい、だから・・・。」
オルガ:「たまには横でおとなしく見てろ。シノに連絡を取ってくれ。」
メリビット:「えっ?」
雪之丞:「シノってぇと・・・。」
オルガ:「ああ。フラウロスを使う。」
メリビット:「えっ!?」
雪之丞:「なるほどな。」
メリビット:「でもガンダム・フレームをモビルアーマーに近づけるのは危険だと・・・。」
雪之丞:「いや、ありゃあこういうときにゃうってつけの機体だ。」
メリビット:「それって・・・。」
三日月:「分断したあとは?」
オルガ:「今ある総力でモビルアーマーをたたく。」
三日月:「それであいつをやれるの?」
オルガ:「それは・・・。」
(通信音)
メリビット:「あっ。」
オルガ:「あっ。」
メリビット:「ファリド公からの通信です。」
オルガ:「来たか!」

マクギリス:「なるほど、了解した。君たちのエースが抜けた穴は我々でなんとかしよう。」
オルガ:「すまねぇ。」
石動:「期待外れでしたね。」
マクギリス:「いやこれでいい。彼らは私にとって必要な存在だ。期待もしている。しかし適切な関係性を保つために立場をはっきりさせておく必要がある。」
石動:「最終的な名誉と功績は全て我々が手にするということですか。」
マクギリス:「・・・作戦ポイントへ急ぐぞ。」
オルガ:「これでなんとかなる。あいつらがいれば戦力的には十分・・・。」
雪之丞:「それでいいのか?今回の仕事は鉄華団にとっちゃあちらさんに力を見せつけとく場だったんじゃねぇのか?火星の王ってのは聞こえはいいが一歩間違えば厄介な称号だ。こっからの出方しだいで対等に渡り合えるか、あちらさんの都合のいい持ち物になるかお互いの力関係にも影響が出るぜ。」
オルガ:「しかたねぇだろ。クリュセを見捨てるわけにはいかねぇ。」
三日月:「俺が出るよ。」
オルガ:「なっ!?横で見てろっつったろ。本体と細けぇのを分断できりゃあ、今回の作戦は十分成功なんだ。メンツの問題だけでわざわざ危険な目に遭うことはねぇ。それにな、テイワズからもらった俺の獅電を本部から運んでる。いざとなりゃあ・・・。」
三日月:「ダメだ。」
オルガ:「何が・・・。あっ。」
三日月:「それはダメだ。」

ヴィダール:「すまなかった。途中で足止めを・・・。」
ジュリエッタ:「もういいです。それよりイオク様をお願いします。」
イオク:「ジュリエッタ・・・。」
ジュリエッタ:「私はモビルアーマーを。」
イオク:「そうか!敵を取ってくれるというのか!お前は・・・お前というヤツは・・・。」
ヴィダール:「行くなら早くした方がいい。鉄華団とファリド公に先を越される。」
イオク:「私の誇りを預けるぞ!」
ジュリエッタ:「イオク様うるさい!」

シノ:「ったく団長もむちゃ言ってくれるぜ。」
ヤマギ:「ほんとだよ。俺までコクピットに引きずり込むなんて。」
シノ:「新しい装備の操作がいまいち分かんねぇんだからしかたねぇだろ。時間もねぇし説明書代わりだ。」
ヤマギ:「もう・・・。」
シノ:「にしてもほんとにこいつでできんのかよ?」
ヤマギ:「うん。モビルアーマーとプルーマの分断はフラウロスのキャノンなら可能だよ。」
シノ:「だったらモビルアーマーを直接やっちまえば・・・。おっと。」
ヤマギ:「残念だけど近づくことができない状態でナノラミネートアーマーに対して致命傷を与えるのは難しいね。」
オルガ:「シノ、モビルアーマーが迫ってきてる。急いでくれ!」
シノ:「おうよ!」
団員:「来たぞ~!」
団員:「こちら第二監視ポイント。モビルアーマーの通過を確認!」
メリビット:「了解。速やかに離脱してください。」
ラフタ:「ほんとに今度こそ大丈夫なんだよね?」
アジー:「ああ信じるしかない。あいつらの力を借りるのもしゃくだけど、しかたないね。」
メリビット:「モビルアーマーの到着まであと10。」
オルガ:「全員聞こえたな?ここでヤツをしとめるぞ。なんとしてもだ!」
メリビット:「あっ来ました!」
ラフタ:「あいつあんな固まって!これじゃ分断できないよ!」
アジー:「幅が狭くなった分、プルーマが密集したんだ。」
メリビット:「なんとか分断してください!」
ラフタ:「やるだけやるけどさ!」
アジー:「数が多すぎる!」
シノ:「おいおいどうすんだ団長!ポイントには着いたがよぉ!こっからじゃ目標は見えねぇんだぞ!」
オルガ:「くっ・・・」
ライド:「俺が行きます!」
オルガ:「あっ。」
シノ:「んん~?ありゃあ・・・俺の三代目流星号じゃねぇか!」
ライド:「うおぉ~~!ぐっ!があっ!ついてこいや鳥野郎!」
ラフタ:「やるじゃないライド!」
アジー:「今のうちに数を減らすよ!」
ヤマギ:「こっちも行くよシノ!」
シノ:「おう!」
ヤマギ:「これがバルバトスやグシオンにはない変形機構。2基のリアクター出力を集中させた・・・電磁投射砲の威力ならいつでも行けるよ!」
オルガ:「シノ~!」
シノ:「うなれ!ギャラクシーキャノン!発射!!」
アジー:「うわぁ~!」
ラフタ:「うわぁ~!」
シノ:「見たかおめぇら!これが四代目流星号だ!あとは頼んだぜ!」

マクギリス:「新たなガンダム・フレームか。しかしあの威力・・・。」
石動:「来ます!」
ライド:「くっ!うわっ!」
ジュリエッタ:「七星勲章は私の手でラスタル様のもとに!」
石動:「あれはアリアンロッドの!」
マクギリス:「やらせるわけにはいかんな。」
石動:「はっ!」
ジュリエッタ:「ラスタル様のために!はあ~!うっ!」
マクギリス:「くっ!これほどとは・・・。」

メリビット:「モビルアーマーに防衛線を突破されました!」
オルガ:「チャド!」
チャド:「こっちもいっぱいいっぱいですよ!」
オルガ:「くっ!」
メリビット:「団長!?」
雪之丞:「おいオルガ!」

マクギリス:「くっ・・・うっ。これが厄祭戦で人類を絶滅の窮地に追いやったモビルアーマーの本性か!」
ライド:「ぐぐっ・・・。く・・・くそっ。うっぐっ・・・。」
オルガ:「うわっぐっ!」

ジュリエッタ:「あっあれは・・・。」
マクギリス:「なぜ彼が・・・。」
オルガ:「はっ!」

(回想)
三日月:「それはダメだ。オルガを出すくらいなら俺が出る。」
オルガ:「いいかげんにしろよ・・・おやっさんから説明受けたろ!バルバトスには乗せられねぇ!今度そのリミッターってのに異常があれば、お前は・・・!」
三日月:「大丈夫だよ」
オルガ:「あっ」
三日月:「バルバトスが使えるんなら今とそんなに変わんないでしょ」
オルガ:「ミカ・・・」
三日月:「オルガ、俺に言ったよね最短で行くって」
オルガ:「それとこれとじゃ話が違う。第一そのためにお前が犠牲になるんじゃ・・・」
三日月:「何言ってるの?」
オルガ:「あっ?」
三日月:「俺の命はもともとオルガにもらったものなんだから、俺の全部はオルガのために使わなくちゃいけないんだ。」

三日月:「おい、バルバトス、あれはお前の獲物なんだろ?余計な鎖は外してやるから見せてみろよ、お前の力。」

ED「少年の果て」GRANRODEO



マクマード:「機動戦士ガンダム、鉄血のオルフェンズ『天使を狩る者』。三日月よぉあんまり菓子で腹いっぱいにするんじゃねぇぞ。今うんめぇ飯用意するからよぉ。誰だ?ただのじいさんって。」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する