機動戦士ガンダムUC RE:0096 第3話 それはガンダムと呼ばれた

ここでは、「機動戦士ガンダムUC RE:0096 第3話 それはガンダムと呼ばれた」 に関する記事を紹介しています。
ナレーター:「宇宙世紀0096・・・工業コロニー・インダストリアル7、アナハイム工専に通うバナージ・リンクスは空から落ちてきた青い瞳の少女に出会う」
バナージ:「止めるって何を?」
オードリー:「戦争」
ナレーター:「オードリー・バーンと名乗るその少女を送り届ける途中『袖付き』と呼ばれるネオ・ジオンの一団から追われるも逃れた2人はメガラニカにあるビスト邸にたどりついた」
バナージ:「俺ここを知ってる。この絵を見たことがある」
ナレーター:「そこで2人を待っていたのはバナージの通う学校の理事長、カーディアス・ビストであった。しかしオードリーから『必要ない』と言われ失意のまま館をあとにするバナージ。ビスト邸には袖付きの一団が迫りつつあった」
カーディアス:「あれは使い方を誤れば世界を滅ぼしてしまうものだ」
ジンネマン:「だからまず鍵を渡して試そうと?」
ナレーター:「宇宙世紀を震撼させる『ラプラスの箱』とは・・・」

OP「Into the Sky」SawanoHiroyuki[nZk]:Tielle


バンクロフト:「避難させろ!」
マリーダ:「まとわりつくな!・・・重いんだ!・・・黙らせる!・・・あっ!」
バンクロフト:「グッ・・・早く!」

マルコ:「コロニーに穴が開いた」
トム:「あれ学校がある辺りですよ」
タクヤ:「戦争だ・・・戦争やってんだよあれ」
バナージ:「戦争・・・オードリー・・・」
ミコット:「待ってよバナージ!」
タクヤ:「あっおい!」

ガエル:「ご当主!」
カーディアス:「残念だ。100年の盟約といってももろいもの。連邦はこの機に全てを持ち去るつもりだ。もっとも・・・先に反故にしようとしたのはこちらだが・・・ガエル!あれを連邦の手に渡してはならん」

トム:「ダメなんですか!?」
タクヤ:「おい!開けてくれ!」
バナージ:「あっ!」
ミコット:「アッ!」
バナージ:「ンンッ!あっ・・・」
タクヤ:「お・・・おいバナージ」
バナージ:「ハァ・・・あっ!」
タクヤ:「ミコットは?ケガしてないか?みんなは・・・」
バナージ:「タクヤ!」
タクヤ:「あっ・・・ああっ・・・」
ミコット:「エスタ・・・マルコ、デニス、トム・・・みんな・・・」
バナージ:「ミコット!」
ミコット:「どこに行ったのよー!」
バナージ:「タクヤ、ミコットを頼む」
タクヤ:「お前は?」
バナージ:「助けたい人がいるんだ」
タクヤ:「えっ?」
バナージ:「今ここを突き破ったモビルスーツどこの機体だ?」
タクヤ:「ゼータ系の可変機だったような・・・連邦だと思う」
バナージ:「ならカタツムリにその母艦がいるはずだ。保護してもらえ」
タクヤ:「ああっ!あっ・・・」
ミコット:「バナージ!置いていかないで!」
タクヤ:「ミコット!」
ミコット:「離れ離れはイヤ!バナージ!」

部下:「ウワッ!」
ガエル:「特殊部隊のようです!コマンドモジュールも恐らく」
カーディアス:「ならば直接プログラムを消去しよう。そしてユニコーンを・・・」
ガエル:「ご当主先に!」

オードリー:「・・・」

カーディアス:「なぜこんな・・・、・・・お前か・・・アルベルト!」

バナージ:「うん?あっ・・・ああっ!」
ジンネマン:「子どもはいい」
バナージ:「ああっ・・・」
ジンネマン:「マリーダと連絡はつかんのか?」

カーディアス:「マーサの差し金か。軍を利用したつもりだろうが・・・利用されているのは・・・」
アルベルトの部下:「ウッ!」
アルベルトの部下:「ウッ!」
カーディアス:「ウッ!ウウッ・・・アルベルト・・・」

マリーダ:「・・・姫様・・・」
オードリー:「うん?マリーダ!」
マリーダ:「あっ・・・」
ハロ:「ハローオードリー」
オードリー:「ああっ・・・」
タクヤ:「ハロ!」
オードリー:「あっ・・・バナージ?」
タクヤ:「民間人か・・・こっちはダメだ!」
ミコット:「あなた!」
タクヤ:「知ってんの?」
ミコット:「あっ・・・ううん!」
オードリー:「あっ・・・うん?」
マリーダ:「チッ!」
タクヤ:「すげえ・・・ああっ・・・」
オードリー:「ああっ!」
タクヤ:「あっ・・・助かった連邦の機体だ。RGZ-95リゼルだぜ、ミコット俺たち工専の学生です!コロニーに穴が開いて逃げてきたんです。保護を願います」
オードリー:「あっ・・・」

バナージ:「ハァ・・・ハァ・・・ンンッ・・・オードリー・・・あっ!これ・・・あっ!」
カーディアス:「ガエル無事だったか。ハッ・・・」
バナージ:「ああっ・・・」
カーディアス:「君か」

バナージ:「彼女は・・・オードリーはどこです?」
カーディアス:「生きてはいよう。幾度も死地を乗り越えている方だ」
バナージ:「あっ・・・まさか置き去りに!?このモビルスーツで自分だけ逃げるつもりだったんですか!」
カーディアス:「逃げても長くはもたん」
バナージ:「何なんだよ!あんた!偉そうなことばかり言って何もできないんじゃないか!オードリーは戦争を止めるためにあなたに会いに行った。あなたにはその力があったんじゃないんですか!?みんなあしたの予定だって・・・来週の予定だってあったんだ。あんなの・・・」
人の死に方じゃありませんよ!少なくとも母さんは・・・僕の母は違いました!もっと厳かだった少なくとも・・・」
カーディアス:「人は動物とは違う。人の死はむげであってはならん。なのに我々大人は」
無益な血を流し過ぎた。そればかりか地球を食いつぶし宇宙にはけ口を求めてきた。今こそ人は自らを律し尊厳を取り戻さねば・・・100年前に紡がれた希望を生かすために」
バナージ:「『内なる可能性をもって人の人たる力と優しさを世界に示す』」
カーディアス:「人間だけが神を持つ、今を越える力・・・可能性という内なる神を、ここまで来たその気持ちが揺らがぬ自信はあるか?」
バナージ:「えっ?」
カーディアス:「彼女が背負っているものは重いぞ。共に行くにはこの世界の重みを受ける覚悟が要る。それでも・・・」
バナージ:「自信とか覚悟なんてない。俺は彼女に必要とされたいだけなんです」
カーディアス:「ならばこれを持っていけ」
バナージ:「あっ・・・」
カーディアス:「これでもうこいつはお前の言うことしか聞かん。お前をふさわしい乗り手と判断すればユニコーンは無二の力を与える。ラプラスの箱への道も開くだろう」
バナージ:「ラプラスの箱?」
カーディアス:「我らがビスト一族を100年にわたり縛り続けてきた呪縛。だが使いようによってはこの宇宙世紀に光明をもたらす」
バナージ:「それは・・・」
カーディアス:「アンナは『この呪縛にお前を取り込ませたくない』と私の前から・・・恨むだろうアンナ、そしてお前も・・・だが行け」
バナージ:「・・・!」
カーディアス:「恐れるな、自分の中の可能性を信じて力を尽くせば道はおのずと開ける」
バナージ:「そんな・・・今更勝手ですよ」
カーディアス:「許してほしい・・・お前とはもっと・・・もっと・・・」
カーディアス:(バナージ・・・私の望みはかなったよ・・・アンナ・・・)
バナージ:「父さん!ウウッ・・・『父さん』って・・・俺今・・・俺の・・・」

バナージ:「私のたったひとつの望み・・・可能性の獣・・・希望の象徴・・・父さん・・・母さんごめん、俺は・・・行くよ」
バナージ:(オードリー)
オードリー:「あっ・・・バナージ?」
マリーダ:「姫様!?ンンッ・・・!ファンネル!ウッ・・・ウウッ!」
バナージ:「ここから・・・ここから出ていけー!」
マリーダ:「落とせる!」
バナージ:「あっ!ウワッ!アアッ・・・アッ!」
オードリー:「ガンダム・・・」

バナージ:「ウワッ!アアッ・・・アッ!」
オードリー:「ガンダム・・・」
マリーダ:「クッ・・・あいつ全身がサイコフレームでできているのか!?」

パイロット:「間違いない。一本角の所属不明機が変形・・・いや変身した!あれはガンダムだ!」
リディ:「ガンダム・・・」
タクヤ:「本当だ、本当にガンダムだ」
ミコット:「ガンダム?」
タクヤ:「連邦が最初に開発したモビルスーツ、ジオンに『白い悪魔』って呼ばれていた・・・」
ノーム:「ブリッジ!現在袖付きの四枚羽根と交戦中の機体は確かにガンダムタイプと思われる」
オットー:「ガンダムだと!?」

マリーダ:「ガンダムガンダム・・・ガンダムは・・・敵!クッ・・・ハーッ!あっ!ンッ・・・ハッ!」

ノーム:「所属不明機、聞こえるか?応答せよ。搭乗者および機体の所属と戦闘目的を明らかにされたい。繰り返す・・・」

アンジェロ:「失態だなスベロア・ジンネマン。ラプラスの箱を手に入れられず姫様の身もお助けできなかったとは」
ジンネマン:「全ては不慮の事態でした。このうえは静観し姫様からの連絡を待つほかないかと」
アンジェロ:「何もせずにいるというのか!?」
フロンタル:「アンジェロ大尉、マリーダを退けたという敵、ガンダムだと聞いた。興味深いな。私が出るしかないかもしれん。ガランシェールは連邦の艦の動向を探れ」
ジンネマン:「はっ!この失態一命に懸けて償う所存であります」
フロンタル:「過ちを気に病むことはない。ただ認めて次の糧にすればいい。それが大人の特権だ」

(バナージ):「アッ!ウッ・・・アッ・・・ウッ・・・母さん・・・」

ED「Next 2 U -eUC-」by SawanoHiroyuki[nZk]:naNami


次回予告:「次回、機動戦士ガンダムユニコーン『フル・フロンタル追撃』君の中の可能性が目を覚ます!」

バナージ・リンクス
内山昂輝
オードリー・バーン
藤村 歩
フル・フロンタル
池田秀一
リディ・マーセナス
浪川大輔
マリーダ・クルス
甲斐田裕子
アンジェロ・ザウパー
柿原徹也
スベロア・ジンネマン
手塚秀彰
ミコット・バーチ
戸松 遥
タクヤ・イレイ
下野 紘
カーディアス・ビスト
菅生隆之
アルベルト
高木 渉
サイアム・ビスト
永井一郎

脚本:むとうやすゆき
絵コンテ:古橋一浩
演出:古橋一浩、佐藤照雄
キャラクター作画監督:高橋久美子
メカ作画監督:玄馬宣彦


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する