鉄血のオルフェンズ 第25話 鉄華団

ここでは、「鉄血のオルフェンズ 第25話 鉄華団」 に関する記事を紹介しています。
クーデリア:「三日月」
アトラ:「三日月」
アイン:「また・・・またお前か!クランク二尉を手に掛けた罪深き子供!」
三日月:「誰?そいつ」
アイン:「貴様~!ぐっ!」
三日月:「ちょっと、じっとしてろ」

蒔苗:「おお~はよ出してくれ」
オルガ:「分かってるよ!」
タカキ:「団長!」
オルガ:「タカキか。急ぐぞ。俺らがここにいたんじゃミカが動けねぇ!」
タカキ:「はい!」
側近:「私・・・私もお願いします!」
アトラ:「クーデリアさん」
クーデリア:「・・・!はい!」
アイン:「なんてことだ・・・君の罪は止まらない。加速する」
三日月:「・・・?」
オルガ:「ミカ、待たせた。俺たちは議事堂へ向かう。そっちは任せたぞ」
三日月:「ああ、任され・・・た!」
アイン:「うっ!」
三日月:「ちっ」
アイン:「クランク二尉、このままではあなたの涙は止まらない。俺はこの戦いをもって彼を悔い改めさせてみせます!」
クーデリア:「三日月・・・」
蒔苗:「おい、もう時間がないぞ」
オルガ:「分かってる!ミカのおかげでこっちの警備は手薄だ。絶対にてめぇを送り届けてやる」
オルガ:(それで全部終わりにしてやる。なあ?ミカ)

OP「Survivor」BLUE ENCOUNT
CD/BLUE ENCOUNT/Survivor (DVD付) (初回生産限定盤)/KSCL-…

シノ:「あぁ・・・あれは・・・」
ガエリオ:「貴様!何者だ!?なぜヤツらの味方をする!?」
マクギリス:「なぜ?」
ガエリオ:「・・・!」
マクギリス:「簡単なことだよ、ガエリオ」
ガエリオ:「その声・・・貴様まさか!」
マクギリス:「彼らには我々の追い求める理想を具現化する手助けをしてもらわねばならない」
ガエリオ:「マクギリス・・・なぜ?意味が分からない。理想?お前は何を・・・」
マクギリス:「ギャラルホルンが提唱してきた人体改造は悪であるという思想を真っ向から否定する存在を、ギャラルホルン自らが生み出した」
ガエリオ:「何を・・・」
マクギリス:「アインは組織の混乱した内情を示す生きた証拠だ」
ガエリオ:「・・・」
マクギリス:「彼の姿は多くの人の目に忌むべき恐怖と映るだろう」

兵士:「どうするんだ?あんなの」
兵士:「片方はうちのモビルスーツなんだろ?」
兵士:「まるで悪魔だ・・・」

三日月:「ぐっ!」
アイン:「これが阿頼耶識の完全なる姿、貴様のような半端なものではない。文字どおり人とモビルスーツを一つにつなぐ力」
三日月:「完全な阿頼耶識?」
アイン:「所詮貴様など・・・ただの出来損ないにすぎない!」

マクギリス:「その唾棄すべき存在と戦うのは革命の乙女を守り、英雄として名を上げはじめた鉄華団。そして乗り込むのは伝説のガンダム・フレーム」
ガエリオ:「あっ・・・あぁ・・・」
マクギリス:「同時に行われる代表選で蒔苗が勝利すれば政敵であるアンリと我が義父イズナリオの癒着が明るみになる。世界を外側から監視するという建て前も崩れ去り、ギャラルホルンのゆがみは白日の下にさらされる。劇的な舞台に似つかわしい劇的な演出だろ?」
ガエリオ:「マクギリス・・・お前はギャラルホルンを陥れる手段としてアインを・・・アインの誇りを!なんてことを!たとえ親友でもそんな非道は許されるはずがない!」
マクギリス:「ではどうする?」
ガエリオ:「ぐっ!ぐぅ~!マクギリス!ぐあっ!」
マクギリス:「君という跡取りを失ったボードウィン家はいずれ娘婿である私が継ぐことになる」
ガエリオ:「何?」
マクギリス:「セブンスターズ第一席であるイシュー家の一人娘カルタも死んだ」
ガエリオ:「うっ!」
マクギリス:「ギャラルホルン内部の力関係は一気に乱れるだろう」
ガエリオ:「・・・!」
マクギリス:「そこからが私の出番だ」
ガエリオ:「う・・・嘘だ・・・お前はカルタの命も、俺の命も利用しようと・・・う・・・嘘だ~!マクギリス~!」

議員:「表の騒ぎはなんなのだ!?」
議員:「モビルワーカーまで出てきてるぞ」
議員:「外との連絡が取れん」
議員:「モビルスーツが暴れているというのは本当なのか!?」
アレジ:「やはり延期した方がよいのではないでしょうか。この騒ぎの中では・・・」
議員:「見苦しいぞとっとと始めろ」
議員:「最初から勝負は決まってるんだ!」
議員:「いつまで待つつもりだ!」
議員:「そうだそうだ!」
アンリ:「ふっ・・・」
アレジ:「くっ・・・」
議長:「やむをえんか」
アレジ:「待ってください!まだ・・・」
蒔苗:「騒がしいのう」
アレジ:「あっ」
蒔苗:「まるで動物園だ。ここはアーブラウ最高議会の場ではなかったのか?」
議員:「蒔苗先生!」
議員:「間に合った!」
アレジ:「あぁ・・・よかった」
アンリ:「バカな!どうやってここに!?」
蒔苗:「どうやって?わしはここの元代表だぞ。少々外が騒がしかろうと・・・」
兵士:「警備は完全だったはず」
兵士:「裏口の部隊は何をやっていた!」
蒔苗:「ここの造りは貴様よりよく知っておる」
議員:「アンリさん・・・」
アンリ:「くっ・・・」

アーブラウ中枢議会議事堂直結要人警護用臨時代表公邸
(エドモントン市内第三セーフハウス)

タカキ:「団長、アトラさんから連絡来ました!会議には無事間に合ったそうです」
オルガ:「そうか」
タカキ:「これで仕事は終わりなんですよね?」
オルガ:「ああ、終わる。終わらせる」
タカキ:「団長?」
オルガ:「タカキ、頼みがある」
タカキ:「頼みって・・・団長は?」
オルガ:「ミカを一人にさせとくわけにはいかねぇからな」
タカキ:「・・・!まさかモビルスーツの戦場に!?」
オルガ:「団長としての俺の仕事だ。見届ける責任があるんだよ。全部をな」

イズナリオ:「なぜだ?なぜ蒔苗が!一体マクギリスは何を・・・まさかこの絵を描いたのは・・・」

マクギリス:「ふっ」
ガエリオ:「マクギリス!カルタはお前に恋焦がれていたんだぞ!いまわの際もお前の名前を呼んで!お前を想って!死んでいった!妹だって!お前にならば信頼して任せられると!」
マクギリス:「アルミリアについては安心するといい」
ガエリオ:「え・・・」
マクギリス:「彼女の幸せは保証しよう」
ガエリオ:「あぁ・・・あぁ・・・ああぁ~~!!マクギリス~!!うおぉ~~!!」
マクギリス:「そうだ、ガエリオ。私への憎しみを、怒りをぶつけてくるといい。友情、愛情、信頼・・・そんななまぬるい感情は私には残念ながら届かない。怒りの中で生きていた私には。ガエリオ・・・お前に語った言葉に嘘はない。ギャラルホルンを正しい方向に導くためにはお前とアインが必要だった。そしてお前は私の生涯ただ一人の友人だったよ。後は頼んだぞ、鉄華団」

ヤマギ:「はぁはぁ・・・シノ!」
エーコ:「アジー・・・ラフタ・・・」
ヤマギ:「ぐっ・・・。シノ!」
シノ:「ごほっごほっ!ごほっ・・・」
ヤマギ:「はっ!」
シノ:「ごほっごほっ・・・ごほっ・・・」
ヤマギ:「よかった・・・」

アイン:「罪深き子供。クランク二尉はお前たちと戦うつもりなどなかった」
三日月:「スラスターのガスは残り僅か」
アイン:「お前たちを救うつもりでいたのに」
三日月:「ガトリングの残弾も・・・」
アイン:「その慈悲深き思いがなぜ伝わらない!?」
三日月:「どっちにしろこれじゃ殺しきれない。あのおっさんは自分で死にたがってたよ」
アイン:「やはり貴様は出来損ない!ネズミ!同じ手を何度も!ゼロ距離なら・・・清廉なる正しき人道を理解しようとしない野蛮な獣!」
三日月:「ぐっ!」
アイン:「なのに!あろうことか、その救いに手を掛け、冷たい墓標の下に引きずり込んだ」
三日月:「単純な速度・・・じゃなく反応速度か。これが阿頼耶識の差ってわけか」
アイン:「もう貴様は救えない。その身にこびりついた罪の穢れは決して救えはしない。貴様もあの女も・・・」
三日月:「・・・!」
アイン:「お前の仲間も!決して!貴様の・・・貴様らの死をもって罪を償う!」
三日月:「罪?救う?それを決めるのはお前じゃないんだよ。おいバルバトス、いいからよこせ、お前の全部」
アイン:「死んであがなえ!な・・・なんだ?今の反応は・・・」
三日月:「まだだ、もっと・・・もっと・・・もっとよこせバルバトス!」

アレジ:「蒔苗先生、お待ちしておりました!」
蒔苗:「心配をかけたな。なんせ外が騒がしくてな。ここも負けておらんようだが」
議長:「蒔苗先生、所信表明をお願いします。あとは先生だけで・・・」
蒔苗:「待ってくれ。その時間をもらえるなら今わしよりも話がしたい者がいるんだが」
クーデリア:「えっ?私ですか?」
蒔苗:「お前さんがため込んどるものを吐き出してこい」
クーデリア:「でも・・・」
アトラ:「クーデリアさん、クーデリアさんならできるよきっと」
クーデリア:「・・・」
議員:「どうするんだ一体!」
議員:「イズナリオさんはなんと?」
議員:「ん?誰だ?あれ」
アンリ:「ん?あれは・・・」
クーデリア:「私はクーデリア・藍那・バーンスタイン。火星から前代表である蒔苗氏との交渉のためにやってきました。その蒔苗氏に時間を頂き今この場にいます」
アンリ:「議会に関係のない者が何を・・・」
クーデリア:「ここに来るまでの間、私は幾度となくギャラルホルンからの妨害を受けました。そして今まさに私の仲間たちがその妨害と戦っています!」

タカキ:「団長聞こえますか?LCS用のドローンありったけ上げました!これでみんなに連絡できるはずです!」
オルガ:「よくやった。お前ら!聞こえるか!?蒔苗とクーデリアは議事堂へ送り届けた」
昭弘:「はぁはぁ・・・はっ!」
オルガ:「俺たちの仕事は成功したんだ!だから・・・こっから先は死ぬな!」
シノ:「へっ」
オルガ:「もう死ぬんじゃねぇぞ!こっから先に死んだヤツらは団長命令違反で俺がもっぺん殺す!だからいいか!なんとしてでも這ってでも!それこそ死んでも生きやがれ!」
雪之丞:「あいつはよぉ、指揮官としてこの命令を出したかったんだ。ず~っとな。死ぬな生きろ、なんて言葉にしちまえばあっさりしたもんだ。けどよあいつにゃ言えなかった」

オルガ:「・・・!ミカ」
アイン:「こいつ急に動きが・・・」

クーデリア:「火星と地球のゆがんだ関係を少しでも正そうと始めたこの旅で私は世界中に広がるより大きなゆがみを知りました。そしてゆがみを正そうと訪れたこの地もまたそのゆがみに飲まれようとしている。しかしここにいるあなた方は今まさにそのゆがみと対峙し、それを正す力を持っているはずです。選んでください誇れる選択を、希望となる未来を!」

アイン:「なめるな~!」
三日月:「ぐっ!がっ!」
アイン:「ネズミの悪あがきもこれで終わりだ~!」
オルガ:「何やってんだぁミカ~!!!」
三日月:「・・・!」
アイン:「何!?モビルスーツの装甲をフレームごと!?」
三日月:「こいつの使い方、やっと分かった」
アイン:「この・・・化け物がぁ~!」
三日月:「お前にだけは言われたくないよ」
アイン:「クランク二尉!ボードウィン特務三佐!私は、私の正し・・・」
三日月:「うるさいな。オルガの声が聞こえないだろ」
オルガ:「ふっ」

チャド:「おいユージン!」
ユージン:「あっ?忙しいんだからあとに・・・」
チャド:「上!上!」
ユージン:「あっ?」
ダンテ:「ありゃあ・・・」
ユージン:「停戦信号?」

アナウンサー:「ただいま代表選の結果が発表されました。新代表は下馬評を覆し蒔苗東護ノ介氏。蒔苗氏の再選となりました」
アンリ:「ふんっ!」
クーデリア:「これで終わったのでしょうか?」
アトラ:「うん、きっと。クーデリアさんかっこよかったよ」

オルガ:「ミカ」
三日月:「ねえオルガ」
オルガ:「ん?」
三日月:「ここがそうなの?俺たちの本当の居場所」
オルガ:「ああここもその一つだ」
三日月:「そっか、きれいだね・・・」

タイトル:「#25 鉄華団」
25.png

蒔苗:「ふむ、ハーフメタル資源についてざっくりした草案はこんなものだろう。あとは追々詰めていくとして」
クーデリア:「はい、問題ありません。いろいろとお取り計らいいただきありがとうございます。鉄華団のことも」
蒔苗:「正当な報酬だ。あれから4日か。ヤツらは明日にはここを発つのだろう?お前さんはどうするんだ?」
クーデリア:「私は・・・」

マクギリス:「亡命先の用意が整いました。義父上」
イズナリオ:「マクギリス、貴様・・・」
マクギリス:「ここで義父上が身を引かねば監査局も黙ってはいない。実刑はおろか家の断絶もありえます」
イズナリオ:「どの口がぬかすか!貴様のため・・・」
マクギリス:「今は忍耐のときです。ここで一度身を引かねば、再起も望めなくなります。後の始末は私にお任せを。必ずファリド家を守ってみせます」
イズナリオ:「・・・!分かっているのだろうなマクギリス。絶望から救い上げてやった恩義を忘れ、お前の先にもまた絶望しか待っていないぞ」
マクギリス:「ふ・・・」

マクマード:「アーブラウから鉄華団を軍事顧問として雇いたいと打診が来た」
ノブリス:「ギャラルホルンに対する不信感は他の経済圏にも広がっている。これからはギャラルホルンに頼らない独自の軍備拡張に舵を切るだろう」
マクマード:「圏外圏ではその流れは更に加速するだろうなぁ。あんたも商売のやりがいがあるだろう。鉄華団を手元に置いたあんたほどじゃないさ」
マクマード:「ハーフメタルの件もこれからだ。お互い忙しくなりそうだなぁ」
トド:「ああ~だから送迎だっつぅの」
執事:「失礼ですがファリド様とはどのようなご関係で?」
トド:「ああ?俺は旦那の・・・へっ、右腕だ」

アルミリア:「うぅ・・・マッキー・・・お兄様・・・お兄様は・・・」
マクギリス:「君の涙を、ガエリオは望んではいないはずだ」
アルミリア:「ねえ、マッキーはどこにも行かない?」
マクギリス:「ああ、もちろんだ」

雪之丞:「自走できねぇやつから積み込んじまえ!明日には出発だぞ!もたもたすんなよ!」
団員たち:「はい!」
ユージン:「俺ら本当に帰るんだな」
シノ:「死んじまったヤツらもやっと落ち着くだろうぜ」
昭弘:「ああ」
ユージン:「クッキーとクラッカにも話さねぇとな」
シノ:「泣くよなきっと・・・ちゃんと言うんだぞユージン」
ユージン:「ぶおっ!ざっけんなてめぇが言えよ!」
シノ:「やだよ!おめえが言え!」
昭弘:「アホ」
ユージン:「てめぇ・・・」
ライド:「んじゃ俺が言っちゃおっか?」
ユージン:「はあ?何言ってんだ」
シノ:「そうだよ!ユージンに任せとけ!」
ユージン:「な・・・!」
タカキ:「ライド何やってんの!ちゃんと休んでなきゃ!」
シノ:「そうだぞー、ちゃんと休め!」
ライド:「シノのほうが怪我ひでぇだろ?」
シノ:「俺は大丈夫なんだよ!!」
ライド:「俺だって大丈夫なんだよ!」
メリビット:「あの子たちもう戻れないんじゃないかって思ってました」
雪之丞:「なんにだ?」
メリビット:「子供に」
雪之丞:「ふっ、あいつらはまだまだガキんちょさ」

エーコ:「うわぁ~ん!」
ラフタ:「ダーリン!」
名瀬:「よしよし、よく頑張ってくれたな」
エーコ:「なんかそれちょっとおざなり!」
ラフタ:「もっとちゃんと褒めて!」
アミダ:「あんたはいいのかい?」
アジー:「私は・・・。あっ」
アミダ:「かわいいねぇあんたは」
アジー:「えっ?やめてください姐さん」

オルガ:「兄貴、いろいろ迷惑をおかけしました」
名瀬:「何言ってる。お前らはきっちり仕事をしたんだ。胸を張れよ」
オルガ:「けど・・・家族をたくさん亡くしちまった」
名瀬:「お前、いつか俺に言った言葉は嘘だったのか?」
オルガ:「あっ・・・」
名瀬:「訳の分からねぇ命令で仲間が無駄死にさせられんのは御免だ。あいつらの死に場所は鉄華団の団長として・・・」
オルガ:「俺が作る」
名瀬:「あいつらはお前の作った場所で散っていった。張れよ、胸を。今生きてるヤツのために、死んじまったヤツらのためにも、てめぇが口にしたことはてめぇが信じ抜かなきゃならねぇ。それが指揮官としての・・・団長としての覚悟ってもんだろ」
オルガ:「・・・はい」

アトラ:「あっ三日月!」
三日月:「ん?」
アトラ:「具合は?もう大丈夫なの?」
三日月:「うん。こっちの目があんまり見えないのとこっちの手がうまく動かないだけ」
アトラ:「だけって・・・」
三日月:「阿頼耶識でバルバトスにつながってるときは動くんだ。だからまだ働ける」
アトラ:「そっか・・・」
三日月:「でもこっちはこれが守ってくれた」
アトラ:「えへへっ、あっ今度作るときはもっとふっとい紐で作るね。ロープとか」
三日月:「それは邪魔かな・・・」
エンビ:「あっクーデリア先生!」
エルガー:「先生どうしたの?」
クーデリア:「皆さんにお渡しするものがあって」
トロウ:「えっ何?何?」
エンビ:「あっ俺にも俺にも!」
エルガー:「順番だぞ!」
クーデリア:「はい三日月も」
三日月:「何?」
クーデリア:「宿題です。帰りの船で勉強できるように」
アトラ:「そっか、クーデリアさん、一緒に帰れないんだよね・・・」
クーデリア:「私の仕事はこれからですから」
三日月:「ありがとう」
クーデリア:「いえ、あっその手・・・」
三日月:「ん?ああ~ちょっと動かなくなった」
クーデリア:「それは・・・」
三日月:「泣くなよ、この手じゃもう慰めたりできないから」
クーデリア:「・・・」
アトラ:「もう~違うでしょ!」
三日月:「はっ?」
アトラ:「クーデリアさん」
クーデリア:「えっ?」
三日月:「何?これ」
アトラ:「今いちばん大変なのは三日月なんだから、三日月が大変なときは私たちが慰めてあげるんだからね」
クーデリア:「ふっ・・・そうですね。私たちは家族なのですから」

オルガ:「みんなよく頑張ってくれた。鉄華団としての初仕事、お前らのおかげでやりきることができた。けどなここで終わりじゃねぇぞ。俺たちはもっともっとでかくなる!」
ふっ・・・けどまあ次の仕事までは間がある。お前ら成功祝いのボーナスは期待しとけよ!」
団員たち:「うお~!」
三日月:「オルガ」
オルガ:「ミカ。終わったな」
三日月:「うん」
オルガ:「なあミカ、次は何をすればいい?」
三日月:「そんなの決まってるでしょ」
オルガ:「ああそうだな。帰ろう」
三日月:「うん。火星へ」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する