鉄血のオルフェンズ 第23話 最後の嘘

ここでは、「鉄血のオルフェンズ 第23話 最後の嘘」 に関する記事を紹介しています。
カルタ:「申し訳ありませんイズナリオ様、セブンスターズの一員としてなんという失態を・・・」
イズナリオ:「詫びるなら私にではなく、偉大なる父上に対してだな。カルタ、君の行動はイシュー家の名に泥を塗ったのだ」
カルタ:「くっ・・・」
イズナリオ:「しかし病床の父上に代わり君の後見人となったからには黙って見ているわけにもいかぬだろう。名誉挽回のチャンスを与えようじゃないか」
カルタ:「はっそれは・・・」
イズナリオ:「蒔苗は鉄華団と名乗る輩とエドモントンへ向かっているとの情報が入っている。
ギャラルホルンとしてはなんとしても阻止せねばならぬ事態だ」
カルタ:「イズナリオ様やらせてください!鉄華団を討ち蒔苗の企てを阻止する役目、どうか私に!」
イズナリオ:「本来ならばカルタ、敗戦したばかりのお前には荷が重いと感じていたが、マクギリスがぜひお前にと言うのでな」
カルタ:「・・・!マクギリスが・・・」
イズナリオ:「彼奴らの足取りを追わせている。詳しいことはあれに直接聞いてくれ」
カルタ:「・・・」

カルタ:「あっ・・・」
マクギリス:「久しぶりだなカルタ」
カルタ:「惨めな私に手を差し伸べてくれるなんてね。感謝するわマクギリス」
マクギリス:「惨めだなどと・・・」
カルタ:「しらばっくれないで!失態を犯した私を笑いたいのでしょ?そのこちらをバカにしくさったニヤケ面、本当に変わらない・・・!」
マクギリス:「君も初めて出会ったときから変わらない。セブンスターズの第一席、イシュー家の美しく誇り高き一人娘」
カルタ:「貴様何を・・・」
マクギリス:「カルタ」
カルタ:「・・・?」
マクギリス:「君は私にとって手の届かない憧れのような存在だった」
カルタ:「・・・!マクギリス・・・」

(カルタ):「はぁはぁ・・・あっこんな所にいたのね!遊びに来てあげたわよ」
(ガエリオ):「来たよ~」
(カルタ):「この間は負けたけど今度はそうはいかない。どっちが木に登るのが速いか勝負・・・」
(男性):「カルタ様!もうそんな危ない遊びはおやめください!それにその・・・いくらファリドの名を持つとはいえそいつは・・・」
(カルタ):「何よ!?」
(男性):「いえ・・・」
(カルタ):「あっ逃げる気?」
(マクギリス):「俺・・・僕みたいなのと遊ばない方がいいですよ」
(カルタ):「なんで?堂々となさい」
(マクギリス):「はっ?」
(カルタ):「あなたは少なくとも木登りのうまさは私より上よ。文字だってあっという間に読めるようになったし」
(ガエリオ):「パン食べるのも速いしね」
(カルタ):「とにかくそんなあなたに下手に出られるのはそれこそ屈辱だわ!」

マクギリス:「君は哀れみでも情けでもなく私を平等に扱ってくれた」
カルタ:「感謝されるようなことじゃないわ」
マクギリス:「私の目に映る君はいつでも高潔だった。君に屈辱は似合わない。そのためにも私にできることがあればさせてほしいんだ。カルタ」
カルタ:「マクギリス・・・」

OP「Survivor」BLUE ENCOUNT
CD/BLUE ENCOUNT/Survivor (DVD付) (初回生産限定盤)/KSCL-…

シノ:「すげぇな、真っ白だ」
昭弘:「ああ、息も白くなる」
シノ:「けどよ、俺寒くねぇんだ。背骨がジンって熱くなってよぉ。早く来いよ・・・」

レポーター:「エドモントン市内の議事堂前です。あと1週間後に迫ったアーブラウ代表指名選挙を前に蒔苗氏の再出馬とのうわさが飛び交うようになって・・・」
蒔苗:「・・・やっておるようだな」
側近:「はい、さすがアレジ先生です。行動がお早い」

アンカレッジ 操車場
アレジ:「せっかくこうしてお元気な姿を拝見できたというのに私がこのまま先生を議事堂まで送り届けることができればよいのですが」
蒔苗:「何を言うアレジ、お前とわしが行動を共にしてはギャラルホルンの思うツボだ。お前には代表指名選挙までのロビー活動を任せてあるのだから」
アレジ:「お任せください。アンリ・フリュウは敵の多い女です。あとは先生に無事代表指名選挙に間に合っていただければ」
蒔苗:「安心せい。わしにはこいつらがいる」
アレジ:「いや驚きました。護衛に少年兵を使うと言うので心配していたのですが・・・皆それらしい目をしている」
トロウ:「弔い合戦だからな」
アレジ:「ん?弔い?」

蒔苗:「うまい言葉があるものだな、弔い合戦とは」
側近:「蒔苗先生?」
蒔苗:「人はな言い訳が欲しいものなのだ。あの子らが望んでいるのはただの破壊よ」
側近:「は・・・はあ」

オルガ:「おやっさんどうだ?」
雪之丞:「おう、上から持ってきた5台のメンテは終わったぞ。あとは・・・」
メリビット:「アンカレッジでテイワズを通して買い付けた20台ですね」
雪之丞:「こいつらは型は新しいがなんせ阿頼耶識が付いてねぇからなぁ。うちの戦力としちゃあ心もとねぇが・・・」
オルガ:「ああ。けどないよりはましだ。なんせ地球じゃエイハブ・リアクターの市街地への持ち込みが規制されてるらしいからな。モビルスーツが使えねぇとなるといざとなったらこいつでなんとかしのぐしかねぇ」
メリビット:「小さい子供たちもこれに乗って戦うんですか?」
オルガ:「丸腰のまま敵に突っ込むよりゃましだろ」
メリビット:「・・・」

メリビット:「団長さん!」
オルガ:「はぁ・・・何か?」
メリビット:「あなたたちはビスケットさんの死でおかしくなってる」
オルガ:「だから?」
メリビット:「鉄華団はみんないい子たちだわ。なのに・・・このままじゃ戻れなくなる」
オルガ:「戻る?どこに?」
メリビット:「それは・・・でもせめて小さな子たちはあなたの考えに巻き込まないであげて!」
タカキ:「メリビットさん」
メリビット:「・・・?あなたたち・・・ど・・・どうしたの?」
ライド:「あのさ余計なこと言うなよ」
メリビット:「えっ?」
タカキ:「俺たち別に巻き込まれてるわけじゃないです。ちゃんと自分の考えで動いてるつもりです」
メリビット:「分かるわ。でも・・・でもね、あなたたちにはほんとはもっと多くの選択肢があるはずなの。この状況で見えなくなってるだけで・・・」
ライド:「やり返せずに生きてたら、ずっと苦しいまんまじゃん」
メリビット:「はっ・・・あっ・・・、・・・」

ガエリオ:「アインの意識が戻ったというのは本当か?」
技師:「ええ。お待ちしておりました。こちらへ」
ガエリオ:「それでアインは一体・・・」
アイン:「ガエリオ特務三佐!」
ガエリオ:「・・・!?アイン?今の声はお前なのか?」
アイン:「はい!」
ガエリオ:「アイン・・・ああ・・・成功したんだな。よかった・・・よかった・・・ほんとに・・・」
技師:「特務三佐、こちらをご覧ください」
ガエリオ:「ん?」
技師:「三尉の現在の状況です」
ガエリオ:「なっ!?」
技師:「阿頼耶識の同調は順調ですよ!」
アイン:「本当にありがとうございます。これでクランク二尉の無念を晴らすこともできる!」
ガエリオ:「そうか・・・」
アイン:「心から尊敬できる方に人生の中で2人も出会えたなんて」
ガエリオ:「ぐ・・・!」
アイン:「これ以上の幸せはありません。この御恩、この命をもって必ずやお返しします」
ガエリオ:「そうか・・・そうか・・・」

マクギリス:「彼が望んだことだ。お前は上官として彼の望む最高の選択を与えることができたんだ。あとは雪辱を晴らすための最高の舞台へと彼をいざなってやるだけ。ガエリオ、堕落したギャラルホルンにおいて君の心の清らかさはいかに守られてきたのだろうな」
ガエリオ:「バカにしてるのか?」
マクギリス:「本気だ。お前だけじゃない。アインも。ギャラルホルンに変革をもたらすのは君たちの良心だと私は思う」
ガエリオ:「アインも?」
マクギリス:「ああ。今回の作戦が成功すれば彼がギャラルホルンに残す功績は計り知れないだろう。たとえどのような姿になっても、この戦いによって彼は英雄となれる」
ガエリオ:「ありがとう、我が友よ」
マクギリス:「ガエリオ、カルタ、君たちはよき友だった。その言葉に嘘はない。君たちこそがギャラルホルンを変える」

オルガ:「なあミカ。俺はマジでおかしくなってんのかもな」
三日月:「なんで?」
オルガ:「ビスケットの弔いなんて言ってよ、お前らを危ねぇ道に引きずり込んで・・・あいつはこういうのが嫌で鉄華団を降りるとまで言ってたのによ」
三日月:「あの日ビスケットが言ってたよ」
オルガ:「・・・!あの日・・・?」

(三日月):「ビスケット」
(ビスケット):「あっ三日月」
(三日月):「ギャラルホルンが来たみたい」
(ビスケット):「ギャラルホルンが!?」
(三日月):「いろいろ決めたいんでビスケットも来てくれってオルガが」
(ビスケット):「あっ・・・オルガが・・・?」
(三日月):「ん?そうだけど・・・何かあった?」
(ビスケット):「あっ・・・うんちょっと、これからのことで意見がぶつかって・・・」
(三日月):「ん?」
(ビスケット):「三日月、俺は降りないよ」
(三日月):「何?いきなり」
(ビスケット):「あっいや・・・」
(三日月):「ビスケットは降りたかったの?鉄華団を」
(ビスケット):「あっいや・・・そうだな僕は怖くなったんだ。オルガの強い力に引っ張られてこんな所まで来て。でもそれは僕が・・・みんなが望んだことだ。だから僕は降りないよ。降りるときは・・・帰るときはみんなで一緒に帰るんだ」

オルガ:「・・・!!」
三日月:「あっ俺見張り交代してくるね」
オルガ:「みんなで一緒に帰る・・・か。それだったら、もうどうやったって帰れねぇじゃねぇか、ビスケット」

タイトル:「#23 最後の嘘」
23.png

ラフタ:「三日月、そろそろ交代の時間だよ」
三日月:「分かった。あっあれは・・・」
ラフタ:「・・・!エイハブ・ウェーブの反応!?」

親衛隊:「来ました。ヤツらを乗せた貨物列車です」
カルタ:「いいこと?もはや私たちに退路はないと思いなさい」
親衛隊たち:「はっ!」
カルタ:「けどこの窮地が私を強くする。私はどんなときでも誇りを忘れない。そうでしょ?マクギリス」
親衛隊:「必ずや勝利を我らの手に!」
親衛隊:「この胸の誇りに懸けて!」
カルタ:「そう。真価を示すときよ!」

タカキ:「団長、モビルスーツが3機です」
ライド:「島でやったやつだ」

シノ:「・・・くっそ。せっかくいい夢見てたとこによぉ!」
昭弘:「お前この状況で夢なんてよく見れるな!」

オルガ:「くっそ!」
蒔苗:「おいおい、ギャラルホルンの監視網をすり抜けられる安全なルートじゃなかったのか?」
クーデリア:「こんなに早く敵に知られてしまうなんて・・・」
オルガ:「俺たちのルートを知ってるヤツといえば・・・」
クーデリア:「・・・!」
オルガ:(あの男が裏切ったのか)
蒔苗:「心当たりでもあるのか?」
オルガ:「いや話はあとだ。ヤマギ列車を止めろ!」
ヤマギ:「了解!」
オルガ:「ほんとに3機だけか?」
ヤマギ:「はい、今のところ」

雪之丞:「三日月!バルバトスはいつでも出せるようにしとけよ」
三日月:「うん。あっあれは・・・」
オルガ:「まさか・・・」
カルタ:「私はギャラルホルン地球本部所属地球外縁軌道統制統合艦隊、司令官カルタ・イシュー!鉄華団に対しモビルスーツ3機同士による決闘を申し込みに来た!」
シノ:「おいおい、これって確か・・・」
カルタ:「私たちが勝利を収めた暁には・・・」
昭弘:「決闘の?」
カルタ:「蒔苗東護ノ介およびクーデリア・藍那・バーンスタインの身柄を・・・」
アトラ:「はぁはぁ・・・な・・・なんかいきなりいっぱいしゃべってるよ?」
カルタ:「無論、鉄華団の諸君にはおとなしく投降していただく。我らが敗北した場合は好きなようにここを通るといい」
シノ:「へえ面白ぇ!やってやろうじゃねぇか。なあ昭弘!」
昭弘:「ああ」
アジー:「熱くなってんじゃないよ!決闘なんて無駄だ!」
ラフタ:「そうそう!数はこっちが上なんだしさ、みんなでボコ殴りにしちゃえばいいだけじゃん。えっ?」

カルタ:「30分!セッティングにかかる時間を考慮し我々は30分待とう。準備が整いしだい・・・なっ!?」
親衛隊:「貴様!カルタ様のお話を最後までお聞きに・・・うわっ!」
クーデリア:「そんな!」
オルガ:「ミカお前・・・」
親衛隊:「なんという・・・カルタ様一度態勢を・・・ぐわぁ!」
昭弘:「ひでぇ・・・」
シノ:「おいおい三日月、俺らの出番ねぇじゃねぇか」
親衛隊:「くそ・・・せめてレールを・・・何!?」
カルタ:「なんと・・・なんと卑劣な!誇り高き私の親衛隊を!」
三日月:「はぁ・・・」

ラフタ:「うわっグロっ・・・」
メリビット:「こんなのって・・・」
蒔苗:「結構結構。さすがにこの雪の中での足止めは老骨にこたえるわい。とっとと済ませて先を急いでもらわんことにはのう」

カルタ:「くっ!こんな戦い私は認めない!」
クーデリア:「団長さん三日月は・・・」
オルガ:「言ったはずだぜ。立ち塞がるヤツは全部ぶっ潰す。そうだろ?ミカ」

カルタ:「ぐぅ!」
アトラ:「きゃあ!」
団員たち:「すげぇ!」
団員たち:「おお」
団員たち:「さすが三日月さん」
メリビット:「ダメ・・・ダメよこんな・・・!」

カルタ:「ぐぅ!私は戦いたかった!うっ!正々堂々と戦いたかった!そうでなければ私らしくない!私はカルタ・イシューだ」
三日月:「あんたが誰だってどうだっていい」
カルタ:「・・・!」
三日月:「あんたが敵だってことに変わりはないんだろ?」

メリビット:「はぁはぁ・・・あなたたちここにいたら危ない。早く中へ!」

カルタ:「私は勝利するしかないの!立場を失い家の名に傷を付け・・・ううっ!こんな惨めな私はあいつの憧れていた私じゃないのよ!ああっ!」

メリビット:「みんな早く中へ!危ないから早く!」
タカキ:「やめてください」
メリビット:「あっ・・・」
タカキ:「俺たちは見なくちゃいけないんだ」
ライド:「ああ」
メリビット:「えっ!?」
ライド:「俺たちの敵を!」
タカキ:「三日月さんの戦いを」
メリビット:「何を・・・」
エンビ:「そうだ」
エルガー:「俺たちも見るんだ、三日月さんを」
トロウ:「ビスケットさんの・・・みんなの敵討ちなんだから」
メリビット:「ああっ・・・」

カルタ:「ここで・・・負けるわけには・・・いかない。あの人の思いを裏切ることなど・・・こんなところで終わるなど!うっ!」
三日月:「逃がすわけないだろ」
カルタ:「うっ!ぐぅ!こんなの違う・・・。私は恐れない!」
三日月:「殺さないとあんたはまた俺たちを邪魔しに来るんだろ?」
カルタ:「私に屈辱は似合わない・・・」
三日月:「だから・・・いやそうでなくても・・・」
カルタ:「こんな・・・。はっ!助・・・けて・・・マクギリス・・・」

ラフタ:「これ別のエイハブ・ウェーブの反応?はっ三日月!」
ガエリオ:「・・・」
三日月:「新手か?あっ。逃がすか」
オルガ:「待てミカ!ここまでだ。オルガ?わざわざ深追いする必要はねぇ。今のうちにとっとと進むぞ。俺たちにはもう戻る場所はねぇ。けどなたどりつく場所ならある。たどりつくぞ、俺たちみんなで!」
ライド:「・・・」
アトラ:「・・・」
蒔苗:「ふぅ・・・」
メリビット:「・・・」

カルタ:「あぁ・・・マクギリス・・・助けに来て・・・くれた・・・のね。マクギリス・・・」
ガエリオ:「・・・ああそうだ」
カルタ:「私は・・・ぶざまだった・・・わね」
ガエリオ:「そんなことはない。お前は立派に戦ったよカルタ」
カルタ:「あぁ・・・」
ガエリオ:「だからもう安心しろ。まずは傷を・・・」
カルタ:「ありが・・・とう・・マク・・・ギリ・・・」
ガエリオ:「はっ!ぐっ・・・くっカルタ・・・ゆっくり休むといい・・・あとは俺たちが」

クーデリア:「あれが・・・」
オルガ:「とうとう来たぜ。いよいよ敵陣だ」

ED「STEEL-鉄血の絆-」TRUE
【予約】TRUE/TVアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」ED主題歌

次回予告(三日月):「第24話『未来の報酬』」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する