鉄血のオルフェンズ 第21話 還るべき場所へ

ここでは、「鉄血のオルフェンズ 第21話 還るべき場所へ」 に関する記事を紹介しています。
クラッカ:「お兄乗ってるかなぁ?」
クッキー:「乗ってないよ。まだお仕事で地球だもん」
クラッカ:「早く帰って来ないかな~」
クッキー:「早く帰って来たらいいね」
クラッカ:「地球にもトウモロコシあるかなぁ?」
クッキー:「地球トウモロコシ!」
クラッカ:「地球~モロコシ~!ははははっ!」
クッキー:「何?それ。変なの」
クラッカ:「変じゃないよ~」

OP「Survivor」BLUE ENCOUNT
CD/BLUE ENCOUNT/Survivor (DVD付) (初回生産限定盤)/KSCL-…

(ビスケット):「だったら!だったら僕は・・・僕は鉄華団を降りる」
ビスケット:「オルガと話をしよう。・・・火星はもう種まきの時期かな。クッキーもクラッカもばあちゃんに迷惑かけてないといいけど」
三日月:「ビスケット」
ビスケット:「あっ、三日月」
三日月:「ギャラルホルンが来たみたい」
ビスケット:「ギャラルホルンが!?」
三日月:「いろいろ決めたいんでビスケットも来てくれってオルガが」
ビスケット:「あっ・・・オルガが?」
三日月:「ん?そうだけど・・・何かあった?」
ビスケット:「あっ・・・うんちょっと・・・これからのことで意見がぶつかって・・・」
三日月:「ん?」
ビスケット:「三日月俺は・・・」

団員:「おいこっち!」
団員:「こっちもオーライ!」
雪之丞:「大急ぎで立ち上げるぞ!手ぇ空いたヤツはモビルワーカーの組み立てだ!」
ヤマギ:「グシオンのチェックは誰が?」
エーコ:「それ私の方でやります。漏影は終わったんで」
雪之丞:「おう助かるわ頼むぜ」
エーコ:「は~い!」

三日月:「1、2・・・」
ライド:「なんだよ。もう目と鼻の先じゃん」

オルガ:「島から見える距離にギャラルホルンの船を確認した」
蒔苗:「ふむ」
クーデリア:「いくら指揮系統が違うとはいえギャラルホルンの一部隊が独断でやってくるなんて・・・」
蒔苗:「いやはや・・・やはりお前たちはただ者ではなさそうだわい。セブンスターズの第一席、イシュー家の娘に目を付けられるとは・・・プライドの高い女だからのう。軌道上でお前たちを取り逃した汚名をすすぐため、さぞたぎっていることであろうな」
クーデリア:「やはりオセアニア連邦政府でも彼らを止められないと?」
蒔苗:「ここは絶海の孤島、エイハブ・リアクターの使用が禁じられている都市部ならともかく、情報統制も楽だろうしな」
クーデリア:「く・・・」
蒔苗:「で、どうするんだ?鉄華団は」
オルガ:「クーデリアの身柄を引き渡したところで、俺たちが無事じゃ済まされないって話をしたのはあんただろ」
蒔苗:「はて、そうだったかのう?」
オルガ:「・・・俺たちに残された道は一つだ」
ビスケット:「・・・」
オルガ:「決めたよ。俺たちはあんたとクーデリアを連れて島を脱出する」
クーデリア:「それは・・・」
オルガ:「気にすんな。俺たちが選んだことだ」
クーデリア:「はい・・・」
ビスケット:「・・・」
オルガ:「けどなじいさん、この仕事高くつくぜ」
蒔苗:「結構!エドモントンのアーブラウ議会までよろしく頼むぞい。で、まずはこの状況をどうするかな?」
クーデリア:「移動の船は私が手配します」
オルガ:「なっ・・・」
ビスケット:「なっ・・・」
蒔苗:「ほほう~当てがあるのか。だがうかつに島へと船を寄せればギャラルホルンが黙っておらんぞ」
オルガ:「そっちは俺たちに任せてもらおう」
蒔苗:「頼もしいのう」
ビスケット:「この状況だ、やるしかないね」
オルガ:「船の方は頼んだぜ」
クーデリア:「はい、必ず」
オルガ:「ふっ、こっからは仕事のパートナーってことになりそうだな」
クーデリア:「ええ、よろしくお願いします」

アトラ:「はい」
団員:「ありがとう」
団員:「うめぇー」
アトラ:「まだおかわりいっぱいあるからね」
シノ:「ん?おめぇも食っとけもたねぇぞ」
ヤマギ:「あっ、うんありがとう」
シノ:「なんか見えんのか?」
ヤマギ:「俺たち火星に帰れるのかな?」
シノ:「んなもん決まってんだろう。そのためにまず島から出ようってんじゃねぇか」
ヤマギ:「そのあとは?」
シノ:「ん、んん?」
ヤマギ:「島を出てもギャラルホルンは俺たちを追いかけてくるんだよね?」
シノ:「そんときゃ宇宙に逃げりゃあいい」
ヤマギ:「宇宙に出ても火星に帰っても逃げなきゃなんないのは変わんない気がする」

ライド:「よしっと」

ヤマギ:「これからずっとこんな夜が続くんじゃないかってそう思えて・・・」
シノ:「心配すんなって!ギャラルホルンだろうがなんだろうが俺らがぶっ飛ばしてやっから!なっ三日月!」
三日月:「うん。邪魔な連中は全部潰す。先のことはこの島を出てからでいいよ。ここにいたんじゃ俺たちもクーデリアも何もできない」

蒔苗:「船の手配は済んだのかな?」
クーデリア:「はい、安心してください」
蒔苗:「それはそれは、一体どんな男を飼っているのやら。ふふっ。革命の乙女はすっかりその気のようだな」

トド:「一体あの小娘はなんと言ってきたんでぇ?」
モンターク:「お嬢様は地球での足をご所望だ。それも早急にな」
トド:「な~んてまあずうずうしい女だ」
モンターク:「ふっ」
トド:「まさか引き受けたわけじゃないですよね?」
モンターク:「私を顎で使うとは、思った以上に楽しませてくれる」
トド:「かぁ~!物好きですねぇ旦那も」
モンターク:「私もそろそろ降りるか。後は任せるぞ」
トド:「あぁ~あ俺も地球に降りてぇな~」

オルガ:「鉄華団を降りる・・・か」
ビスケット:「オルガ」
オルガ:「あ・・・ビスケット」
ビスケット:「気になることでもあった?」
オルガ:「いやそうじゃねぇ」
ビスケット:「ん?」
オルガ:「これから鉄華団をどうするか考えてた」
ビスケット:「そのことでオルガに話があるんだ。俺は・・・」
オルガ:「待ってくれ。俺もお前とはゆっくり話したいと思ってた。だが今はこの状況だ。島を出てからにしてくれねぇか」
ビスケット:「うん」
オルガ:「ガキの頃からだよな」
ビスケット:「・・・?」
オルガ:「お前は俺の無茶に文句も言わねぇでつきあってくれて」
ビスケット:「文句は言ってたよ。オルガが聞いてなかっただけだ」
オルガ:「ふっ。つまり俺は成長してねぇってことか。それが原因でお前が降りるなんて言いだしたんじゃ笑い話にもなんねぇな」
ビスケット:「・・・。島を出たら話をしよう。俺たちのこれからのことを」
オルガ:「ああ。約束だ」

団員:「6番のレンチ」
ビスケット:「おやっさん、準備は?」
雪之丞:「ん?おうとりあえず3台だ。それよりおめぇの方は大丈夫なのか?」
ビスケット:「モビルワーカーの操縦くらい俺だって!」
雪之丞:「じゃなくてよぉオルガとのことは・・・」
ビスケット:「もう平気です。島を出たら全部話そうって約束しましたから」
雪之丞:「ふっ、貸せよ、俺が付けてやる」

オルガ:「ん?」
メリビット:「資材の確認終わりましたよ」
オルガ:「結局ビスケットに言えなかったよ。鉄華団に残ってくれって」

ビスケット:「これからは少し先のことまで考えていかないといけないんです。俺たちは」
雪之丞:「俺たち・・・か。そいつを聞けりゃあ安心だ。オルガにゃあおめぇみてぇなのが必要だからな」

メリビット:「団長さんでも言えないことってあるのね」
オルガ:「・・・」
メリビット:「まだ言う機会ならいくらでもあるわ」
オルガ:「そうだな・・・」

地球外縁軌道統制統合艦隊所属
太平洋方面防衛部隊

オペレーター:「ステンジャ艦長、投降勧告の刻限を過ぎました」
コーリス:「ふん!そうでなくてはな。これで火星に散った我が弟、オーリス・ステンジャの敵が取れるというものだ」
オペレーター:「全艦に通達、掃討作戦を開始する。カルタ様の戦場に花を添えよ!」

三日月:「始まった」
シノ:「急げよ三日月」
三日月:「うん。残ってるのはこれだけか。これ使いづらいんだよな・・・ん?いいのあるじゃん」
シノ:「来たか。あっ?なんだ?そりゃ」
三日月:「もらったコンテナに入ってた」
シノ:「はあ!?あっ好きだねぇ、お手本どおりの飽和攻撃」

ラフタ:「モビルスーツには意味ないってのに無駄撃ち大好きだよね、金持ちってさ」

オルガ:「昭弘そこから船は狙えるか?」
昭弘:「・・・やってみる」
コーリス:「なんだ?」
オペレーター:「モ・・・モビルスーツからの砲撃です!」
コーリス:「戦いのセオリーを知らん火星のネズミが・・・しかたがない。こちらもモビルスーツ隊を出せ!」
昭弘:「ちっ外した・・・」
ラフタ:「ちゃんと狙えバカ!」
昭弘:「う・・・」
ラフタ:「そんなんじゃ姐さんにどやされるよ!」
昭弘:「あっいやだって・・・」
アジー:「地上では大気の影響を強く受ける」
オルガ:「何やってんだか・・・ビスケット」
アジー:「データの修正急いで!」
昭弘:「んなこと言っても・・・」
三日月:「さっきの感覚」
昭弘:「・・・?」
三日月:「体に残ってるだろ?それに合わせて撃てばいいんだよ」
昭弘:「へっ・・・なるほどな!」
一同:「うっ!」
オペレーター:「右舷格納ブロックに被弾!被弾部より浸水を確認!」
コーリス:「上陸部隊を先に出せ!終わりしだい総員退避だ!」
アジー:「感覚だけで照準を補正するとはね」
ラフタ:「阿頼耶識ってやっぱずっこい!」
オルガ:「モビルスーツ出てきたぞ!」
ラフタ:「へへっ」
オルガ:「できるだけ海上でたたいてくれ」
ラフタ:「了解」
アジー:「了解」
シノ:「こりゃ俺たちの出番はねぇかもな!っんだ!?こりゃ」
三日月:「上か?あれは・・・」
オルガ:「ラフタさんとアジーさんは海から来る敵を頼んます」
ラフタ:「了解」
アジー:「了解」
オルガ:「お前らはあれを撃ち落とせ!」
シノ:「もうやってんよ!おらおらぁ~!」
三日月:「・・・!」
昭弘:「ヒラヒラとうっとうしい!」
シノ:「おっと!」
三日月:「あ・・・あっ?」
カルタ:「宇宙での借りは必ず返してあげるわ」
オルガ:「ちっ、予定よりも早く島に入られちまったな」
カルタ:「我ら地球外縁軌道統制統合艦隊!」
親衛隊たち:「面壁九年!堅牢堅固!うっ!」
昭弘:「撃っていいんだよな?」
三日月:「当たり前じゃん」
カルタ:「なんと・・・不作法な!」

タイトル:「#21 還るべき場所へ」
20 aibou

カルタ:「圏外圏の野蛮人に鉄の裁きを下す!」
親衛隊たち:「鉄拳制裁!」
カルタ:「鋒矢の陣!吶喊!」
親衛隊たち:「一点突破!」
シノ:「いい的だろそりゃあ!」
カルタ:「無駄!」
シノ:「なっ!?あっ!三日月!」
カルタ:「ふふっ!踏み潰してあげるわ!」
三日月:「ん?へっ・・・」
カルタ:「なっ!?」
親衛隊:「カルタ様!我らの陣が!」
カルタ:「おのれ!」
親衛隊:「ぐわっ!」
カルタ:「はっ!」
シノ:「おらおら~!足が止まってんぞ!」
親衛隊:「あいつ!ぐわっ!」
三日月:「ふっ!」
シノ:「こっちにゃ阿頼耶識があんだぜ?乱戦になりゃ・・・」
親衛隊:「もらった~!」
シノ:「地球のギャラルホルンだろうがなんだろうが楽勝だぜ!」
親衛隊:「カルタ様!」
カルタ:「ええい何をしているの!散開して各個撃破なさい!」
親衛隊たち:「りょ・・・了解!」
カルタ:「海上部隊はどうした!?」
親衛隊:「所属不明機と交戦中のもよう!」

アジー:「ちょこまかと・・・くっ・・・。あっ」
ラフタ:「くっ、抜かれた!昭弘そっちに2つ行ったよ!」

昭弘:「どのみち残弾は少なかったんだ。それに・・・こっちの方が・・・」
親衛隊:「くっ!なんてパワーだ」
昭弘:「性に合ってる!」

タカキ:「どう?」
ライド:「ああ、団長の言ってたとおり敵の上陸部隊だ」
タカキ:「戦力の確認、急ごう」
ライド:「おう」

オルガ:「ミカたちはうまくやってるみてぇだな。あっタカキか?」
タカキ:「団長、北東の海岸で敵の上陸部隊を確認。屋敷に向かってます」
オルガ:「やっぱりか。数は?」
タカキ:「モビルワーカーが6、兵士が20人くらいです」
オルガ:「ご苦労さん。そこはもういい。手筈どおりクーデリアたちと合流しろ」
タカキ:「了解」
ライド:「了解」
オルガ:「お前の読みどおりだったな」
ビスケット:「ギャラルホルンはクーデリアさんと蒔苗さんの身柄を無視できないだろうからね。島の裏手を手薄に見せれば食いつくと思ったよ。まあ空から降ってきた部隊には驚いたけどね」
オルガ:「ここまでは順調ってこった」
ビスケット:「ここまでは・・・ね。・・・お?」
オルガ:「よし、じゃあ次いってみようか!」
ビスケット:「了解」

ガット:「団長からの連絡まだか!?予想より数が多いじゃねぇか!」
ディオス:「文句言ってないで撃ちまくれ!」
オルガ:「よく我慢したお前ら」
ディオス:「あ・・・」
オルガ:「敵の誘い込みは成功だ。退くぞ」
ディオス:「了解!」
ガット:「了解!」

カルタ:「このような無様、イシュー家の戦歴に必要ない。このままでは・・・」
親衛隊:「カルタ様!」
カルタ:「・・・!?」
親衛隊:「上陸部隊が目的の拠点を制圧したと報告が・・・」
カルタ:「そうか!それでクーデリアとかいう小娘は?」
親衛隊:「たっ、ただいま捜索中とのことです」
カルタ:「見つけてから報告なさい!・・・!何!?何が起こった!?」
親衛隊:「じょ・・・上陸部隊との連絡が途絶えました」

ガット:「来たぞ!」
ディオス:「団長!」
オルガ:「・・・!」
ガット・ディオス:「よっしゃ!」
オルガ:「お前らはタカキたちと合流しろ」
ガット・ディオス:「了解!」
オルガ:「あとは揚陸艇だけだな」
ビスケット:「ああ。でも油断は禁物だ」

ライド:「みんな大丈夫かな?」
タカキ:「今は護衛の仕事中だぞ」
ライド:「分かってるよ!」
蒔苗:「しかし、子供ばかりだというのに大した手際だなぁ。結構結構」
クーデリア:「あれで沖に出れば私の手配した船が待っています。行きましょう」

オルガ:「上陸した敵はあといくつだ?」
ビスケット:「エイハブ・ウェーブの反応は三日月たちの滑走路側に5つと海岸のアジーさんとラフタさんのところに3つ」
オルガ:「あの2人なら大丈夫だろう。モビルスーツ戦は俺たちより慣れてるんだからな」

アジー:「そういえばエーコには海水で濡らすなって言われてたんだっけ。まっこの状況じゃしかたないか」
ラフタ:「姐さんの機体に傷付けんなっての!絶対私が怒られんじゃん!」

オルガ:「とにかくそいつらを片づけりゃ俺たちは安全に島を出られるってわけだ」
ビスケット:「ああ。あっオルガ!シノの足元って・・・」
オルガ:「・・・!あのバカ!」
シノ:「こんの~!いいかげんやられろっての!」
オルガ:「シノ!足元!!」
シノ:「ああっ!?うわっ!どわったい!」
親衛隊:「おじけづいたな!もらった・・・うおっ!なっなんだ!?はっ!カ・・・カルタ様~!ぐおっ・・・おお・・・」
カルタ:「く・・・!」
シノ:「危ねぇ~。自分らで仕掛けた罠にはまるとこだったぜ」
オルガ:「シノ、次は昭弘の援護だ」
シノ:「了解!」

カルタ:「おのれ・・・おのれ・・・また私のかわいい部下が!」
三日月:「うるさいなぁ」
オルガ:「ミカ、船は押さえた。あとはそいつらだけだ」
カルタ:「この声・・・。はっ、あれは!あいつが賊の頭目か!」
三日月:「無駄な。えっ・・・しまっ・・・。オルガ!」
オルガ:「ビスケット!」
ビスケット:「分かってる!」
カルタ:「よくも私のかわいい部下を!」
ビスケット:(ダメだこのままじゃ。くっ!)
ビスケット:「オルガ!手を放して!」
オルガ:「ぐ・・・何言って・・・うわっ!」
三日月:「ぁぁ・・・!」
オルガ:「あっ・・・あぁ・・・ぐっ・・・痛ぇ・・・。あっビスケット!」
カルタ:「まだ動くか」
オルガ:「あ・・・!」
カルタ:「しぶとい虫けらが・・・うっ!ああっ・・・」
三日月:「何を・・・やっている・・・!」
カルタ:「なっ!?はっ!うあっ!」
三日月:「お前が・・・あっ?」
オルガ:「おい・・・ビスケット!返事をしろ!ビスケット!ビスケット!!」
ビスケット:(うっ・・・聞こえないよ・・・オルガ・・・行かないと・・・まだこんなところで俺は・・・)
ビスケット:「ぐっ!」
ビスケット:(死ねない・・・!全部終わったら火星に帰って・・・クッキーとクラッカを・・・学校に入れて・・・またみんな一緒に・・・だから死ねない!死にたく・・・ない!俺にはまだ・・・オルガとの・・・約束が・・・!)
オルガ:「ビスケット!」
ビスケット:「オルガ・・・俺たちで・・・鉄華団を・・・」
オルガ:「ビスケット・・・」

アトラ:「音が聞こえなくなった」
クーデリア:(どうかみんな無事で)

オルガ:「くっ・・・うっ・・・ああぁ~!!」

ED 「オルフェンズの涙」 MISIA


次回予告(ガエリオ):「次回、機動戦士ガンダム、鉄血のオルフェンズ、第22話『まだ還れない』」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する