鉄血のオルフェンズ 第19話 願いの重力

ここでは、「鉄血のオルフェンズ 第19話 願いの重力」 に関する記事を紹介しています。
雪之丞:「いっぱいになったランチはすぐに移動させろ!積み込み順の確認忘れんなよ!」
団員:「はい!」
団員:「よいしょ」
団員:「行ったよ」
アトラ:「うっうわっ!」
雪之丞:「おっと。大丈夫か?」
ライド:「よいしょっと」
アトラ:「ありがとう雪之丞さん」
タカキ:「無理しないでアトラさん。重いでしょ?」
アトラ:「大丈夫!女将さんのとこではもっと重い荷物も」
運んでたんだから」
ライド:「なんだよ?張り切ってんなぁ」
アトラ:「当たり前だよ!私だって・・・」
アトラ:(クーデリアさんと一緒に・・・)
アトラ:「革命なんだから!」
ライド・タカキ・雪之丞:「はあ?」

団員:「私物はどうすんの?」
団員:「最低限だって」
団員:「マジかよ~」
クーデリア:「あっ」
三日月:「あ・・・」
クーデリア:「あっ、ああっ。すみません」
三日月:「何?急いでんの?」
クーデリア:「あっ・・・ええ、もうすぐ地球ですのでいろいろと」
三日月:「ちゃんとたどりつけるかまだ分かんないのに?」
クーデリア:「たどりつけます。鉄華団なら。そこは心配していません」
三日月:「そっか。そうだな」
クーデリア:「あの・・・あっ・・・。・・・握手を・・・しましょ」
三日月:「・・・俺の手また汚れてるよ?」
クーデリア:「あっ・・・私の手ももう汚れています。みんなの血とみんなの思いと・・・この手に私は誇りを持っています」
三日月:「・・・」

オルガ:「こっちはあらかた整ったぜ」
仮面の男:「結構。では打ち合わせのとおり」
オルガ:「ところでモンターク商会さんよ。あんたの本当の名前はなんていうんだったか」
仮面の男:「モンタークで結構。それが真実の名ですので」
オルガ:「はっ?」
モンターク:「ではご武運を」
クーデリア:「団長さん」
オルガ:「お、おうどうした?」
クーデリア:「これまでの道のり、鉄華団でなければ到底たどりつけませんでした。本当にありがとうございました」
オルガ:「ふっ・・・おいおい、まだここからが正念場だぜ」
クーデリア:(大きな手だった。あんなに小さな体なのに、あんなに大きな手・・・)
クーデリア:「はい。今まで以上の苦難が待ち受けていると思いますが、どうか地球に私を送り届けてください。そこから先は私が皆さんを幸せにしてみせます。約束します」
オルガ:「ああ、そんときゃ頼むぜ。お嬢さん」
クーデリア:(約束・・・します)

OP「Survivor」BLUE ENCOUNT
CD/BLUE ENCOUNT/Survivor (DVD付) (初回生産限定盤)/KSCL-…

オペレーター:「アリアドネに反応!エイハブ・ウェーブ確認。報告にあった船と一致しました!」
カルタ:「まさか本当に来るとは、いえそれでこそよ!」
ガエリオ:「カルタ」
カルタ:「ん?カルタ司令!」
ガエリオ:「んっ・・・」
カルタ:「ガエリオ、あなた参加させてあげたのだから我々の足を引っ張らぬようそれなりの働きをしなさい」
ガエリオ:「んんっ・・・分かって・・・います」
カルタ:「それより」
ガエリオ:「ん?」
カルタ:「あの男はどうしたの?」
ガエリオ:「あの男?」
カルタ:「・・・!そっそんな鈍いことで今回の作戦が務まるの!?あの金髪の高慢ちきな・・・地位のためにしょんべん臭い子供なんぞと婚約した、いっつも前髪イジイジしてる男のことよ!」
ガエリオ:「相変わらずの物言いだ。マクギリスなら休暇中ですよ。地球でその子供と過ごしている」
カルタ:「地球に?それで私になんの報告もなかったと?」
ガエリオ:「あっ?直属の上司でもないあなたに報告する義務が?」
カルタ:「ガエリオ!あなたも我ら地球外縁軌道統制統合艦隊をバカにするつもり!?」
ガエリオ:「はっ?いやそんなつもりは・・・」
カルタ:「いい!?成果を上げられなかったら承知しない。折檻が待ってるわよ!」
ガエリオ:「せっ折檻!?折檻って何・・・」
カルタ:「統制局の連中にお飾りだなんだと言われてきた私たち、その真の実力をここで証明してあげる。我ら地球外縁軌道統制統合艦隊!」
親衛隊たち:「面壁九年!堅牢堅固!」
カルタ:「右から2番目遅れてる!」
親衛隊:「申し訳ありません!」
カルタ:「さあひねり潰してあげるわ!」

チャド:「予定どおりアリアドネに捕捉されたぞ」
ダンテ:「順調順調」
ユージン:「おう!お前ら準備はいいな!!」
ダンテ:「なんだよ?ユージン」
チャド:「張り切ってんなぁ」
ユージン:「当たりめぇよ!」

(シノ):「♪~」
(ユージン):「はぁ~」
(シノ):「♪~」
(ユージン):「はぁ~」
(シノ):「おい!なんだよお前!こんな所でため息とか辛気くせぇんだよ!」
(ユージン):「だってよぉ、俺がしくじったら鉄華団全員お陀仏になんだぞ」
(シノ):「おっ?なんだ?緊張してんのか」
(ユージン):「ぐっ・・・。当たりめぇだろ!俺をなんだと思ってんだ」
(シノ):「お前時々抜けてっからよぉ、最悪失敗したって、ああ~ユージンじゃしゃあねぇ、ってこっちも納得して死んでやんよ。うわっ!」
(ユージン):「ざっけんじゃねぇぞ!」
(シノ):「怒んなよ。やたら気負ってるみてぇだからよ」
(ユージン):「あっ・・・こっちこそ悪ぃ。俺ずっと思ってたからよぉ。チャラついた自分捨てて、ガツッと男になりてぇって。それが今なんだよ」
(シノ):「ああ?」
(ユージン):「鉄華団全員の命を預かる・・・俺そういう存在に憧れていたからよぉ、失敗は絶対にできねぇんだ。だから・・・」
(シノ):「ぶはっ!ははっ」
(ユージン):「なんで笑う!?」
(シノ):「ははっ悪ぃ!オルガにそんなに憧れてたとはつゆ知らず・・・ぷふっ!ふははははは!」
(ユージン):「はあ!?今のがどうしてそこに結び付くんだよ!ったくてめぇは・・・」
(シノ):「どりゃ!」
(ユージン):「いてっ!何すんだよ!」
(シノ):「いいんじゃねぇの?かっこつけようぜ!お互いによ」

ユージン:「んなもん言われるまでもねぇ、いっちょかましてやろうぜ!」
ダンテ・チャド:「おう!」

ガエリオ:「行けるのか?アイン」
アイン:「整備長が頑張ってくれました」
ガエリオ:「そうか。こちらもなんとか間に合ったようだな。ネズミの相手もこれで最後だ」アイン:「はい」
ガエリオ:「それにしてもあの女はちっとも変わらん。地球外縁軌道統制統合艦隊などという名ばかりの閑職に回され少しはおとなしくなったかと思ったが・・・」
アイン:「イシュー一佐とはどのような?」
ガエリオ:「幼い頃からの腐れ縁でな。マクギリスもそうだ」

ファリド家邸宅
(カルタ):「ガエリオ、あんたも来なさい」
(ガエリオ):「カルタ、早く戻らないとお父様に怒られちゃうよ」
(カルタ):「パーティーなんてどうでもいいじゃない、どうせ怖いんでしょ?このおしめったらし!」
(ガエリオ):「あっ!おしめなんてもうしてないってば!カルタこそこの前またお寝しょしたくせに!」
(カルタ):「なっ!乙女になんてこと言うの!?あんたこそこの前学校で・・・あっ」
(ガエリオ):「ん?なんだ?あいつ。ばっちいの。ん?カルタ?」
(カルタ):「あ・・・」
(ガエリオ):「ん?」

ガエリオ:「そうだな・・・あのときから・・・」
アイン:「特務三佐?」
ガエリオ:「ん?ああ・・・いや」
艦長:「目標艦のエイハブ・ウェーブを捉えたと報告が入りました」
ガエリオ:「出るぞアイン!」
アイン:「はっ!」

モンターク:「他者の心を掌握しその先の行動を操るのは容易だ。過去をひもとく・・・ただそれだけで対象者がつかむ選択肢の予想は簡単につく。嫉妬、憎悪、汚辱に恥辱。消えない過去に縛られて輝かしいはずの未来はすべて愚かしい過去の清算のみに消費される。それは私とて同じこと。鉄華団・・・君たちの踏み出す足は前に進んでると思うか?もし本気でそう信じているのなら・・・。見せてくれ私に」

タイトル:「#19 願いの重力」

19.png

オペレーター:「遊撃艦から連絡。ユトランド1封鎖完了。ユトランド2の警備も完了しました」
カルタ:「ふん。さすがにこの歓迎は突撃艦1隻には大人気なかったかしら?」
オペレーター:「来ました。ヤツらです。停船信号打て!停船信号に応答ありません」
カルタ:「鉄槌を下してやりなさい」
オペレーター:「全艦隊に通達。砲撃用意!」
カルタ:「撃てぇい!んん・・・手応えのない・・・」
オペレーター:「エイハブ・ウェーブ増大!近づいてきます!」
カルタ:「なんですって?」
オペレーター:「これは!エイハブ・ウェーブの反応が2つに!?」
カルタ:「そんな!あいつら正気の沙汰か!?」
ユージン:「うっらぁ~!」
カルタ:「ふ、ふ・・・船を盾にだと!?なんと野蛮な、両翼の艦隊を前に出しなさい!鶴翼に構え撃沈する!撃てぇい!」

チャド:「ぐあっ!このままじゃブルワーズの船だってもたねぇぞ。そしたら次は俺たちだ!」
ダンテ:「もう仕掛けるしかねぇ!」
ユージン:「まだだ!もっと突っ込ませんだよ!あいつに頼まれた仕事だぞ!」
ダンテ:「お前こんなところでかっこつけてどうすんだよ!」
ユージン:「チャド!前の船のコントロールもよこせ!」
チャド:「バカ言うなって。阿頼耶識で船を2隻も制御するなんてできるわけが・・・」
ユージン:「ここでかっこつけねぇでどうすんだよ!」
チャド:「どうなっても知らねぇぞ!」
ユージン:「ぐあっ!」
チャド:「ユージン!」
ユージン:「ぐはっ!見とけよ。お前ら~!」

カルタ:「くっ!・・・砲撃を集中!集中!」
オペレーター:「敵艦なおも接近!」
カルタ:「ぐっ・・・我ら地球外縁軌道統制統合・・・」
オペレーター:「後方の船が針路変更!」
カルタ:「・・・!?」
オペレーター:「どちらへ砲撃を!?」
カルタ:「ああ・・・撃沈なさい。とにかく撃沈!撃沈撃沈!撃沈~!」
オペレーター:「なっなんだ?モニターロスト!僚艦とのデータリンク消失!」
カルタ:「ええい!何をぼさっとしているの?撃ちなさい!」
オペレーター:「光学照準が目標を完全にロスト!」
オペレーター:「LCS途絶。通信できません!」
オペレーター:「これは・・・ナノミラーチャフです!あれは実戦で使えるような代物ではなかったはずでは?」
カルタ:「うろたえるな。全艦に光信号で通達。LCSを最大出力で全周囲に照射。同時に時限信管でミサイル発射。古くさいチャフなど焼き払いなさい!」
オペレーター:「LCS回復しました」
カルタ:「まったく・・・さっさと位置の再特定急げ!」
オペレーター:「光学照準が目標を再捕捉」
カルタ:「よし、素早いのが取り柄のネズミでもこの短時間では何もできまい。どこだ?」
オペレーター:「そっそれが・・・」

ユージン:「これだけ稼げりゃ十分なんだよ~!」

オペレーター:「グラズヘイムです!」
カルタ:「・・・!」

ユージン:「おら行けや~!総員対ショック姿勢!」
一同:「ぐわっ!」
ユージン:「うわっ!」

オペレーター:「グラズヘイム1より救難信号を受信!軌道マイナス2!このままでは地球に落下します!」
カルタ:「くっ!・・・モビルスーツ隊の出撃後、救援に向かいなさい」

ユージン:「はぁ~・・・後は任せるぞお前ら」
ダンテ:「ユージン!」
チャド:「やったな!」
ユージン:「なあ一つだけ・・・」
ダンテ:「ああ?」
ユージン:「俺、かっこいいか?」
チャド・ダンテ:「ユ・・・ユージン~!」

オルガ:「最高にイカしてたぜユージン。ありがとな」
ビスケット:「おっと」
クーデリア:「ああっ」
アトラ:「クーデリアさん大丈夫?」
クーデリア:「あっはい。すみません」
ビスケット:「ここまでは作戦どおりだね」
オルガ:「ああ、次は・・・ぐっ!」
クーデリア:「きゃあ~!」
アトラ:「きゃあ~!」
ビスケット:「攻撃!?」
オルガ:「どこからだ!?」

ガエリオ:「よく見つけた、アイン」
アイン:「ネズミのやり方は火星から見てきましたので、それもここで終わらせる!」

シノ:「うおぉ~!!」
三日月:「あいつは任せて」
ガエリオ:「ふっ」
シノ:「こいつには借りがあっからな!うおっ!ぐわっぐっ!」
昭弘:「シノ!・・・!?くっそまた来た」
オルガ:「昭弘行けるか!?」
昭弘:「行けるかだと?行くしかねぇだろ!ちょこまかと!くっそ数が・・・。なっ!?」

昭弘:「あぁ・・・あんたらは?」
ラフタ:「ごっめんごめん。装甲の換装に時間かかってさぁ」
アジー:「遅れた分の仕事はするよ」
昭弘:「なっなんで二人が!?」
ラフタ:「ダーリンにあんたらのこと頼まれたの」
オルガ:「兄貴が?」
昭弘:「ならその機体は・・・」
アジー:「百錬を持ち出せばテイワズだとこっちから名乗ってるようなものだ」
ラフタ:「これは百錬改め漏影ってことでうちらともどもよろしく!」
昭弘:「すっすげぇ・・・」

三日月:「ちっ前よりも速いな」
ガエリオ:「お前に引導を渡すためわざわざ用意してやったんだ。ありがたく思いながら逝け!」
三日月:「俺もあんたのために用意したものならあるよ」
ガエリオ:「なっ!まさかリアクティブアーマーだと!?」
三日月:「パターンが分かれば対策くらいするよ。おやっさんが」
ガエリオ:「くそっネズミが!」

アトラ:「よいしょっと」
クーデリア:「ありがとう、アトラさん」
オルガ:「よ~し。ミカたちはうまくやってくれてるな。このまま降下軌道に乗せるぞ!」
ビスケット:「待ってシノが!」
オルガ:「なっ!」

シノ:「ぐわっ、うおぉ~!」
アイン:「これなら阿頼耶識とやらも関係あるまい!」
シノ:「くっそなめやがって!」
アイン:「クランク二尉はお前たちに手を差し伸べてくれたはずだ。それをお前らは振り払って」
シノ:「くっそ~!ぐはっ!」
アイン:「お前らが~!・・・はっ!」

ガエリオ:「俺にも誇りがある!」
三日月:「あっそう」
ガエリオ:「ぐっ!はぁ・・・。あっ!」
アイン:「うっ!ぐあぁ~!」
三日月:「ちっガリガリが」
オルガ:「ミカ悪ぃ。敵の増援だ」
三日月:「・・・」
ガエリオ:「アイン!アインなぜ俺を!」
アイン:「あなたは・・・誇りを失った俺にもう一度立ち上がる足をくれた」
ガエリオ:「・・・!」
アイン:「あなたを見殺しには・・・。うっ・・・」
ガエリオ:「あっ!ああっ・・・アイン~!」

オペレーター:「三番艦遅れてるぞ!」
オペレーター:「推力方向再計算急げ!」
カルタ:「私をコケにした報いは必ず受けさせる。教えてあげるわ宇宙ネズミ。ここが誰の空か!」

三日月:「あれか」
親衛隊:「長蛇の陣!」
親衛隊たち:「疾風怒濤!」
親衛隊:「ぐわっ!」
三日月:「あ・・・!俺に合わせてくれるのか。すごいなチョコレートの人は。ん?」
モンターク:「ふっ」
三日月:「あれ?あんたチョコレートなの?」
モンターク:「ははははっ、今ので気付いたのか。すさまじいなその感覚」
三日月:「別に。普通でしょ」

シノ:「どわぁ~!機体が重てぇ~!」
ビスケット:「なんだあの機体!なんでもいい!チャンスは今しかねぇ!シノたちを回収する!もう重力に捕まってんだ!離脱できなくなるぞ!」
親衛隊:「これ以上の追撃は危険だ!地球に殺されるぞ!」
親衛隊:「手ぶらでは帰れぬここはカルタ様の空、勝手は許さん!」

三日月:「あっ。あんたはもういいよ。まだやってもらいたいことがあるし」
モンターク:「そうか。ではお言葉に甘えさせてもらおうか」
雪之丞:「昭弘!機体の固定急げ!放り出されんぞ!」
昭弘:「けどよ三日月がまだ・・・」
アトラ:「三日月!」
オルガ:「ミカ!戻ってこい!」
三日月:「ぐ・・・!」
親衛隊:「うおぉ~!ぐあっ!地球に・・・我らの地球に火星のネズミを入れてたま・・・ああぁ~!」
クーデリア:「なんとかならないんですか!?」
ビスケット:「ダメだ!通信がつながらない」
オルガ:「ミカ!返事をしろミカ!」
アトラ:「三日月~!!」

モンターク:「見せてくれるのだろう?君たちの可能性を」

三日月:「地球の重力ってすごいんだな」

(オルガ):「行くんだよ」
(三日月):「どこに?」
(オルガ):「ここじゃないどっか・・・俺たちの本当の居場所に」
(三日月):「ほんとの?」
(オルガ):「ん?」
(三日月):「それってどんなとこ?」
(オルガ):「えっ?う~ん分かんねぇけど・・・すげぇとこだよ、飯がいっぱいあってよ、寝床もちゃんとあってよ、あとは・・・えっとあとは・・・行ってみなけりゃ分っかんねぇ。見てみなけりゃ分かんねぇよ」
(三日月):「見てみなけりゃ?」
(オルガ):「そうだよ。どうせこっから行くんだからよ」
(三日月):「そっか。オルガについていったら見たことないものいっぱい見れるね」
(オルガ):「ああ。だから行くぞ!」

三日月:「・・・!そうだ俺はその場所を見たい。お前はどうだ?バルバトス!あっ・・・えっ?」
アトラ:「ううっ・・・うぅ・・・」
クーデリア:(三日月・・・ここで終わりにしないで。あなたの大きな手はきっと大切な何かをつかめるはず)

ビスケット:「出たよ、地球だ!」
クーデリア:「三日月は!?」
オルガ:「く・・・はっ!」
アトラ:「はっ!うぅ・・・ううっ・・・三日月~!」
昭弘:「三日月!」
ラフタ:「はははっ!やるじゃない」
クーデリア:「・・・!」
ビスケット:「ははははっ、よかった・・・」
オルガ:「ひやひやさせるぜお前はよ」

三日月:「ここが地球・・・あれが・・・三日月」

ED「STEEL-鉄血の絆-」TRUE
【予約】TRUE/TVアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」ED主題歌

次回予告(アジー):「次回、機動戦士ガンダム、鉄血のオルフェンズ、第20話『相棒』」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する