鉄血のオルフェンズ 第16話 フミタン・アドモス

ここでは、「鉄血のオルフェンズ 第16話 フミタン・アドモス」 に関する記事を紹介しています。
クーデリア:「フミタンはすごいわ、いろんなことを知っていて。知りたいの。火星の人々のことをもっともっと。フミタン、あなたの知っていることを教えてくれる?」
フミタン:「それはもちろん。ですが、あの・・・くれぐれも奥様にはご内密に」
クーデリア:「言うもんですか。ねえ見せたいものがあるの」
フミタン:「これは・・・紙の本?初めて見ました。とてもきれいなものですね」
クーデリア:「遠慮しないで開いてみて。大昔の歴史が記されているの」
フミタン:「あっこの絵・・・」

クーデリア:「フミタン!はぁはぁ・・・フミタンどこにいるの!?フミタン!」
フミタン:「はぁ・・・」
クーデリア:「フミタン?フミタン、どこ!?フミタ~ン!」
フミタン:(嫌いだった。何も知らないただまっすぐな彼女の瞳が)

OP「Survivor」BLUE ENCOUNT
CD/BLUE ENCOUNT/Survivor (DVD付) (初回生産限定盤)/KSCL-…

ビスケット:「チェックアウトはしてないらしいけど、別々に出ていくのを見たってホテルの人が・・・」
ユージン:「勘弁しろよ・・・早いとこイサリビに戻んなきゃいけねぇってのに」
オルガ:「んっ・・・」
三日月:「俺、やっぱり捜してくる」
オルガ:「ミカ!」
ユージン:「おい!」
アトラ:「私ついていきます!」
ユージン:「はあ?」
オルガ:「ああ悪ぃ。頼む」
ユージン:「おいいいのかよ?オルガ」
オルガ:「・・・」

クーデリア:(フミタン・・・どうして・・・)

(フミタン):「その男の言葉は本当です」


クーデリア:(もし・・・もしフミタンがノブリスとつながっていたのなら・・・だとしてもあなたから聞きたいの。本当のことを)

ユージン:「ほんとにいいのかよ?勝手に行かせてよぉ」
オルガ:「どっちにしろ捜さなきゃいけねぇんだ」
ビスケット:「だね。こっちも手分けして・・・」
ユージン:「ん?」
組合員たち:「存在ではな~い!」

ユージン:「なんだ?」
組合員A:「我々の子供から未来を奪うな~!」
組合員たち:「我々の子供から未来を奪うな~!」
オルガ:「始めちまったか」
シノ:「組合の連中の言ってたやつか」
ビスケット:「オルガ」
オルガ:「ああ、急がねぇと」
組合員B:「いい滑り出しですよ。思った以上に集まりもいい」
組合員A:「けど不満の声を上げてるヤツも少なくない。ギャラルホルンが出てくる前に実力行使に移るべきじゃないかって」
ナボナ:「それは絶対ダメです。こちらからは決して仕掛けることのないよう指示を徹底させてください」
組合員A:「しかし・・・」
ナボナ:「武力ではギャラルホルンにかなわない。過激に走ろうとする人たちを抑えるためにも交渉で事を進める姿を見せることが重要なんです」

ガエリオ:「なるほど。こいつらのせいで足止めされるはめになったというわけか」
艦長:「これはまだきっかけにすぎません。こうした行動が呼び水となり、コロニー全体に拡大していく。アリアンロッド艦隊もそこまで織り込み済みのはずです」
ガエリオ:「さすがは地球圏を守る精鋭部隊様というわけか。忌々しい」

アナウンス:「このエレベーターは宇宙港直通です。次は宇宙港、宇宙港です」
フミタン:「はぁ・・・」

(クーデリア):「お願いフミタン。もう少し」
(フミタン):「もう十分じゃありませんか?もしこんな所に連れてきたなんてご主人様に知られたら・・・」
(クーデリア):「お願い!私の狭い世界にいるだけでは何も見えないの。だから・・・」
(フミタン):「・・・」
(クーデリア):「あっ・・・、・・・?キャンディーがあるの」
(フミタン):「その場かぎりの施しと彼女らを救うことは違います」
(クーデリア):「分かっています。でも・・・。はい、どうぞ。ほら、どう?おいしい?」
(子供たち):「あっ・・・」
「ああ~・・・」
(クーデリア):「あっ待って。まだあるから」
(浮浪者):「あぁ・・・俺にも・・・!」
(クーデリア):「きゃあ!」
(浮浪者):「うぅ・・・」
(クーデリア):「ごめん・・・なさい・・・。・・・?フミタン?フミタン、どこ!?フミタ~ン!・・・うぅ・・・助けて・・・フミタン、私・・・」
(フミタン):「お嬢様」
(クーデリア):「あっ・・・?うっ・・・ううっ・・・」
(フミタン):「お嬢様」
(クーデリア):「私・・・私、最低だ!うっ・・・ううっ・・・」
(フミタン):「なんてバカな子。バカで・・・」

フミタン:(だから・・・)
「・・・!?」
アナウンス:「ええ~、コロニー内で発生した騒乱に伴い、ギャラルホルンの要請により宇宙港は一時閉鎖となりました。このエレベーターも地上に戻り、一旦運行を停止します」

メリビット:「迎えに行けない!?どうしてですか?」
名瀬:「ドルト3の宇宙港が閉鎖された。デモの鎮圧のためって名目らしいが、L7の駐留部隊だけじゃなくアリアンロッドの本隊まで集まってきてる」
メリビット:「それって・・・」
名瀬:「ああ、きな臭すぎるぜ。この騒動、どんな裏があるんだか・・・ったく」

アミダ:「アジー!ラフタ!いつでも出られるように用意しな!昭弘!あんたもだよ!」
昭弘:「んんっ・・・ああ・・・いつでも行ける」
整備士A:「にしても、あのずんぐりモビルスーツの中身がこんなんだったとは」
整備士B:「おかげでバルバトスのパーツが流用できて助かったじゃない。じゃなきゃこんなに早くロールアウトできなかったよ」
整備士A:「確かに」

ライド:「ふっふ~ふふふ~♪」
タカキ:「こらライド!」
ライド:「ん?」
タカキ:「ダメだろーそんな所に落書きしちゃあ」
ライド:「落書きじゃねぇよ!シノのにいちゃんに頼まれたんだよ。なんかお守りだ~とか言ってさ」
タカキ:「ほんとに~?」
雪之丞:「お~い!」
タカキ:「ん?」
雪之丞:「そっちも立ち上げの準備始めとけ~!」
タカキ:「パイロットもいないのに?」
ライド:「団長たち戻ってきたんすか?」
雪之丞:「まだだよ。なんかよく分かんねぇが、思った以上に厄介な状況になってんのかもな」

アトラ:「はぁはぁはぁ・・・。こっちにもいないね」
三日月:「行こう」
アトラ:「うん」

オルガ:「おい、そっちはどうだった?」
ユージン:「ダメだ。いねぇよ」
ビスケット:「捜す範囲が広すぎるよ」
シノ:「く・・・、しっかしあいつら、あんな物騒なもん持ってどこ行くんだ?」
ヤマギ:「偉い人のところでしょ」
ユージン:「その前にギャラルホルンとぶつかっちまうだろ」
オルガ:「いや」
ユージン:「ん?」
オルガ:「ただ抑えるだけならもうやってるだろ」
ユージン:「どういうことだ?
オルガ:「油売ってる場合じゃねぇってことだ」

アナウンス:「地表階終点でございます。お忘れ物などないようくれぐれも・・・」

フミタン:「くっ・・・」

フミタン:「ぐっ!」
ノブリス部下:「なぜ一人でいる?ターゲットはどうした?」
フミタン:「ぐっ・・・」
ノブリス部下:「貴様が何を考えてるか知らんが、ボスがそれほど気の長い性格じゃないことは知っているはずだ」
フミタン:「・・・」
ノブリス部下:「こっちの準備は整っている。お前はお前の仕事を果たせ。逃げられるなんて思うなよ」

ニナ:「現在隊列はコロニーを管理するドルト本社ビルを目指しているようです。保安隊も出動していますが、今のところ大きな動きはありません」
ソウ:「確かに今のところはな」
組合員B:「様子見ですかね?向こうも」
組合員A:「こっちは武装してるんだ。そう簡単に手出しはできないさ」
ナボナ:「・・・」

ガエリオ:「随分と余裕だな、ギャラルホルンも」
艦長:「ここまではシナリオどおりということでしょう」
アイン:「どういう意味です?」
艦長:「組合の連中は交渉に一縷の望みを抱いているのでしょうが、無論それはありえぬ話。とはいえモビルワーカーまで持ち出しこれだけの騒動を起こせば、組合側ももう後には引けません」
ガエリオ:「つまりなんだ?」
艦長:「追い詰めて暴発させるつもりでしょう。そして彼らはまだ氷山の一角にすぎない。ひと悶着あれば必ず他の反乱分子も後に続くはずです」
アイン:「かえって面倒なことになるのでは?」
艦長:「いいえむしろ望んでいるのです。そうした状況を」

組合員たち:「ギャラルホルン・・・」
「とうとう出てきたな」
「ああ」
ナボナ:「サヴァランからは何も?」
組合員A:「ええ、しかしもう今更期待できる相手でもないでしょう」
ナボナ:「いえ、動いてくれているはずです。会社との交渉の機会を作るため、今も必ず・・・」
ナボナ:(頼むサヴァラン・・・!)

サヴァラン:「お願いです!もう一度・・・もう一度交渉のチャンスを頂けませんか!?」
上司:「くどいぞ君も!もう終わった話だ!止まらないんだよこの騒ぎは!」
サヴァラン:「うっ・・・くっ!ううっ・・・うぅ・・・」

ニナ:「本社前にて警備に当たるギャラルホルンと武装デモ隊とが対峙したまま、緊張が高まっています。一体これからどうなってしまうのでしょうか」
組合員:「もう待てませんよナボナさん!」
ナボナ:「く・・・」

CEO:「本当に大丈夫か?間違っても我々に危害が及ぶようなことがないようくれぐれも頼むぞ!」
隊長:「責任者たるもの、少しは落ち着いてはいかがですかな」
CEO:「なんだと!?」
隊長:「ご安心を。迅速に済ませますよ」

ナボナ:「虐げられた者の代表として我々は次のことを要求する!一つ!労働者の出自ならびに・・・」
(ノブリス部下):「間もなく衝突が起こる。ターゲットをその混乱の中に送り込め。あとは俺たちがなんとかする」
フミタン:「くっ・・・!」
フミタン:(私は何をしている・・・一体何を・・・)
クーデリア:「フミタン!?」
フミタン:「はっ!」
クーデリア:「あ・・・フミタン!」

タイトル:「#16フミタン・アドモス」
16.png

クーデリア:「フミタン!」
ナボナ:「一つ!CEOならびに上層部はこれまでの差別的な応対行動・・・」
フミタン:「・・・」
組合員女:「下がってください、危ないですよー」
クーデリア:「すみません。あの・・・人を捜してて」
組合員女:「とにかく下がって」
組合員金髪:「クーデリアさん?クーデリアさんじゃないっすか!」
クーデリア:「えっ?」
組合員女:「クーデリアって・・・この子があの?」
クーデリア:「えっと・・・あの・・・」
組合員金髪:「間違いないっすよ!」
クーデリア:「私今急いでて・・・」
組合員金髪:「俺ニュースで見ました!クーデリアさんが来てくれた!」
クーデリア:「えっ・・・ちょっと!」

部下:「どうやらうまくやったようだな。こっちも急ごう」

組合員B:「なんの返答もありませんね」
組合員A:「どうします?コロニー全ての労働者の目がこの行動に注がれてますよ」
ナボナ:「だからこそ毅然とした態度が必要なんです」
組合員金髪:「ナボナさん!」
ナボナ:「ん?」
クーデリア:「ちょ・・・ちょっと・・・」
組合員女:「クーデリアさんですよ」
クーデリア:「なんなのですか!?これは」
組合員金髪:「来てくれたんす!俺たちのために!」
ナボナ:「クーデリアさんが!?」
組合員たち:「おお~!」
クーデリア:「あ・・・?」

ソウ:「誰だ?これ・・・」
ニナ:「どうします?ディレクター。なんか盛り上がってますけど。局からの指示は?」
ソウ:「いや、いいじゃねぇか。誰か知らんが面白い。組合のおっさんどもより絵になるしな。
しばらく押さえておけ」
ハジメ:「了解っす」

アトラ:「ちょ・・・ちょっと待って三日月」
三日月:「あ・・・いた」
アトラ:「えっ?クーデリアさん!どうしてあんな所に!」
三日月:「大通りの方か。アトラ」
アトラ:「私は大丈夫だよ。このことみんなに伝えてくるから三日月は早く行ってあげて。あ・・・」
三日月:「本当に大丈夫?」
アトラ:「うん。だからクーデリアさんのことお願い」
三日月:「うん。じゃあ行ってくる」
アトラ:「気をつけてね!」

ナボナ:「クーデリアさん、よかった。直接お礼が言いたかったんです」
クーデリア:「あの~ですから・・・」
組合員B:「みんな感謝しています。武器や弾薬を送っていただいて」
クーデリア:「えっ?」
組合員B:「クーデリアさんからって代理人の方が」
クーデリア:「代理人?」
ナボナ:「鉄華団の皆さんは大丈夫でしたか?」
クーデリア:「・・・?」
ナボナ:「お仲間が何かに巻き込まれたとか」
クーデリア:「彼らに何が・・・!」
組合員金髪:「クーデリアさん、なんかひと言お願いしますよ」
組合員女:「ええ、お願いします。みんなの力になるようなことを」
クーデリア:「いえ・・・いえちょっと待ってください・・・きゃっ!」
ニナ:「ご覧ください!今ドルト本社から爆発とともに炎が上がりました。組合側からの攻撃でしょうか」
ナボナ:「攻撃は待てと言ったはずです!」
組合員B:「いえこっちでは・・・」

アイン:「これは・・・」
ガエリオ:「随分ずさんなシナリオだな」
艦長:「大義名分としては十分でしょう。情報操作はあとでいくらでもできる。我々は
ギャラルホルンなのですから」
ガエリオ:「・・・」

組合員:「待て!俺たちじゃない!」
兵士:「事態急迫につき危害射撃を開始する!」
組合員:「俺たちは爆弾なんて持ってない!」
兵士:「撃ち方用意!撃て~!」
組合員:「くっそ~!」
組合員:「撃ってきた!撃ってきたぞ!」
クーデリア:「なっ、何なんですか!?」
組合員女:「下がります!こっちへ!」
クーデリア:「ちょっ・・・」
組合員A:「もうダメだ、ナボナさんといえど・・・」
ナボナ:「ダメです!撃つのをやめてください!これでは相手の思うツボです!お願いです!!」
組合員:「うっ!ガスか!?」
組合員:「いやこれは・・・」
ナボナ:「ただの煙?」
兵士:「よし、掃討開始」
組合員たち:「うわぁ~!」
組合員:「ぐわっ!」
組合員:「痛い!」
組合員:「助けて~!」
組合員:「死にたくないよ~!」

フミタン:「お嬢様・・・、・・・!?」

シノ:「おいおいなんだよ!?ありゃ」
オルガ:「くっそ・・・始まっちまったか」
アトラ:「オルガさん!クーデリアさんが・・・クーデリアさんがあの中に!」
オルガ:「なんだと!?」

兵士:「砲撃やめ。警戒を維持し、待機状態へ移行」
ニナ:「今銃声がやみました。デモ隊の暴発により始まった一連の銃撃戦はギャラルホルンの
果敢な応戦により今、一応の終息を迎えたようです」

クーデリア:「うっ・・・くっ。何が・・・はっ!何、これ・・・」
組合員女:「クーデリア・・・さん・・・」
クーデリア:「だ・・・大丈夫ですか!?しっかり!」
組合員女:「よかった・・・あなたが無事で・・・」
クーデリア:「何を・・・」
組合員女:「うれ・・・しい。私・・・革命の乙女の・・・手の中で・・・まるで・・・物語・・・みた・・・」
クーデリア:「しっかり!あっ・・・。私・・・私は・・・そんな・・・そんな・・・!」

ソウ:「おい、もういいよ死体は。そろそろ引き揚げ・・・ん?ちょっと待てそのまま。あれって・・・」

クーデリア:「どうして・・・どうしてこんなことになるんですか!なんで・・・!」

アトラ:「はっ・・・クーデリアさん!」

フミタン:(何をやっているの!早く逃げなさい!あなたは、また・・・)
フミタン:「・・・はっ・・・!」

ノブリス部下A:「しぶといな。まだ生きてる」
ノブリス部下B:「ボスにとっては好都合だろ。注目を集めてる今こそ革命の乙女が散るのに
絶好の舞台だろ」
クーデリア:「フミ、タン・・・」
ノブリス部下B:「なっ!?バカな!くそっ!あの女何考えてやがる!」
ノブリス部下A:「おいここはもういい」
ノブリス部下B:「何!?」
ノブリス部下A:「予定より進行が早い。あの女がデモに参加した記録は残ったんだ。これ以上は俺たちも脱出が難しくなる」
ノブリス部下B:「ちっ」

フミタン:「はぁ・・・はぁ・・・」
クーデリア:「フミタン?・・・!フミ・・・」
フミタン:「動かないで」
クーデリア:「あ・・・」
フミタン:「まだ・・・あの連中が狙っているかもしれない」
クーデリア:「連中?連中って・・・。あっ・・・これ・・・」
フミタン:「私にこれは・・・ふさわしくない」
クーデリア:「えっ?」
フミタン:「覚えて・・・いますか?あの火星のスラムで、私は・・・わざと、あなたを置き去りに・・・」
クーデリア:「フミタン?」
フミタン:「だって、あの子はまるで昔の私だったから」
クーデリア:「フミ・・・」
フミタン:「嫌いだった・・・何も知らない・・・まっすぐなだけの・・・あなたのまなざし・・・」
クーデリア:「・・・」
フミタン:「現実が見えたら、すぐ曇ってしまうものと・・・。でもあなたは、輝きを失わずここまで・・・あの・・・本の・・・」
クーデリア:「本?」
フミタン:「少女の・・・ように・・・」
クーデリア:「フミ・・・タン?ああっ・・・。フミタン?ねえフミタン、返事をして・・・フミタン、フミタン、フミタン」

ハジメ:「なんだ?」
ニナ:「爆発?」
ソウ:「おい行くぞ。爆破テロだ!」
ニナ:「テロ!?暴動ってここだけじゃなかったの?」
ソウ:「ああ、ドルト3だけじゃない。ドルト1とドルト4でも
ドルト全体に広がってるぞ!」
ニナ:「あぁ・・・」

三日月:「クーデリア、もう行かなきゃ」
クーデリア:「三日月。フミタンが返事をしないの。ねえフミタン」
三日月:「行くよ」
クーデリア:「ダメよ、フミタンがここにいるのに、私行けないわ三日月」
三日月:「もう・・・フミタンじゃない」
クーデリア:「っ・・・。あっ・・・フミタン、フミタン、フミタン!」

ノブリス:「まったく女というのは・・・土壇場で裏切りおって」
受付:「マクマード様よりQCCSで連絡が入っております」
ノブリス:「マクマード?何用だ?まあいい、つなげ」
受付:「かしこまりました」
ノブリス:「お久しぶりですな。テイワズの代表がじきじきに何用で?」
マクマード:「GNトレーディングからのあれは無事に届けさせたぜ。そっちの狙いは分かっている。うちの身内である鉄華団とクーデリア、反体制派のシンボルとなったあの娘を殺すことで火種を作る」
ノブリス:「何が言いたい?金のなる木を無駄に切るのは惜しいだろう。あの娘は小さな火種で終わるタマじゃねぇってことさ。あの娘がこの騒ぎからうまく抜け出すことができたなら・・・どうだ、そのときはひとつ手を組んでみるってのはよ」

サヴァラン:「ぐっ・・・うぅ・・・すみませんナボナさん・・・俺は俺は・・・。ぐっ・・・ううっ・・・」

オルガ:「まだイサリビとは連絡は取れねぇのか?」
ビスケット:「民間の回線は制限がかかってるね」
シノ:「外はギャラルホルンでいっぱいだしよぉ」
ユージン:「くっそ。早くずらかんねぇとやべぇってのに」
ヤマギ:「とにかく宇宙港まで出ないとだね」
クーデリア:「あの本の・・・少女の・・・」

(フミタン):「この絵・・・」
(クーデリア):「ああ、これはね、革命の絵なの。絶望のなかでそれでも輝いたまなざしで
前を見つめて・・・ん?どうしたの?フミタン」

フミタン:「申し訳ありません。何かこの少女がまるで・・・まるで、希望のように私には見えて・・・」

ED「STEEL-鉄血の絆-」TRUE
【予約】TRUE/TVアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」ED主題歌

次回予告(アイン):「ボードウィン特務三佐殿は信頼できるお方だ。早寝早起き。出された食事は残さない。きちんとした生活態度に清き心が垣間見える。そして乗り込むのは汚れなき伝統のモビルスーツ。俺はその下で薄汚れた輩を一掃する!次回、機動戦士ガンダム、鉄血のオルフェンズ、第17話『クーデリアの決意』」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する