鉄血のオルフェンズ 第14話 希望を運ぶ船

ここでは、「鉄血のオルフェンズ 第14話 希望を運ぶ船」 に関する記事を紹介しています。
シノ:「ぐはっ!」
ヤマギ:「大丈夫!?」
シノ:「ああ・・・しかしこりゃきついな」
ヤマギ:「やっぱり無理なのかな・・・ブルワーズが使ってた阿頼耶識システムをこいつに組み込むなんて」
シノ:「諦めんなよヤマギ」
ヤマギ:「でも・・・」
シノ:「テストだったら何度でもつきあってやる」
ヤマギ:「あ・・・」
シノ:「俺だって欲しいんだよ。守れる力ってやつがよ」
ヤマギ:「シノ・・・」

クーデリア:「結局眠れなかった・・・というか・・・というか、眠れるわけが・・・」
三日月:「ん?」
クーデリア:「はっ!」
三日月:「おはよ」
クーデリア:「お・・・おはよう」

OP「Survivor」BLUE ENCOUNT
CD/BLUE ENCOUNT/Survivor (DVD付) (初回生産限定盤)/KSCL-…

フミタン:「手筈は予定どおり。クーデリアを伴いドルト2へ入港せよ。はぁ・・・」
(幼少期クーデリア):「知りたいの。火星の人々のことをもっともっと。フミタン、あなたの知っていることを全部教えてほしいの」
フミタン:「お嬢様?」
クーデリア:「ちょっといいかしら」
フミタン:「あの・・・どうかしたのです・・・」
クーデリア:「フミタン!フミタンはお・・・男の人と交際したことはありますか?」
フミタン:「はあ?」
クーデリア:「男の人は恋愛感情がなくても女性を誘うものだと聞くけれど本当なのかしら?例えばキ・・・キス・・・されたときなどは本気だと考えて差し支えないのかしら?」
フミタン:「誰かにキスされたのですか?」
クーデリア:「いっい、いえ!例え話よ!例え話だけど・・・。そういう場合やはり真剣に結婚を考えるべきなのかしら・・・」
フミタン:「あ・・・くっくっ・・・」
クーデリア:「どうして笑うの?私何かおかしなこと言った?」
フミタン:「んんっ。申し訳ありません。そうですね、気になるなら素直に相手の男性に尋ねてみてはどうでしょうか」
クーデリア:「そう・・・そうよね。ふぅ。ごめんなさい、急にこんなこと。フミタンにはどんなことでも相談してきたから、つい・・・。ん?」
アトラ:「あっ、すみません。クーデリアさんどこかなぁと思って」
クーデリア:「アトラさん?」
アトラ:「あっクーデリアさん。ブリッジ一緒に行きませんか?」
クーデリア:「ブリッジ?」
アトラ:「コロニーが見えてきたんですって!」

アトラ:「わあ・・・あれがそうなんですか?」
チャド:「だってさ」
アトラ:「へえー」
ユージン:「ドルト2ってのは正面のあれか?」
オルガ:「ああ」
シノ:「おんなじようなのがいくつもあるじゃねぇか」
オルガ:「ドルトってのはアフリカンユニオンの公営企業だ。あれ全部がドルトって会社の持ち物なんだと」
ユージン:「そん中で俺たちが行くのがドルト2ってことか」
シノ:「んじゃああっちのは?」
ユージン:「だから・・・」
ビスケット:「ドルト3」
シノ:「あ・・・?」
ユージン:「あ・・・?」
ビスケット:「地球から来た工場経営者たちが住む高級住宅街とその人たち向けの商業施設があるんだ」
シノ:「へえ!よく知ってんなビスケット」
クーデリア:「商業施設・・・」
アトラ:「ねえ三日月。ん?んん?あっ!あれって、もしかして、地球!?」
オルガ:「ああ。だな」
三日月:「そうか。地球ってきれいなんだな」
アトラ:「ほんと。宝石みたい・・・」
シノ:「そうか?なんかうまそうじゃね?」
ユージン:「なんでも食い物にすんじゃねぇよ」
オルガ:「あと少しってとこで寄り道して悪いな。テイワズに依頼された荷物を届けたらすぐに向かうからよ」
クーデリア:「いいえ。それも大事なお仕事ですから。それよりあの、お願いがあるのですが」
オルガ:「ん?」
クーデリア:「皆さんがドルト2でお仕事をしている間フミタンと2人でドルト3へ行ってきてもよろしいでしょうか」
ビスケット:「お・・・」
フミタン:「お嬢様?」
オルガ:「ドルト3へ?」
クーデリア:「ええ。商業施設があるなら少し買い物がしたいと思って」
フミタン:「お嬢様それは・・・」
クーデリア:「いいでしょ?フミタン。いろいろ買っておきたいものもあるし。何より買い物なんて久しぶりなんだもの」
フミタン:「それは・・・わかりました。ではご一緒に」
アトラ:「えっ!買い物・・・いいなー・・・」
クーデリア:「ならアトラさんもご一緒に」
アトラ:「あっ!ほんとですか!?」
オルガ:「さすがに女だけってわけにはいかねぇな。ミカついてってくれるか?」
三日月:「うんいいよ」
クーデリア:「み・・・三日月が?でも・・・」
オルガ:「何があるかわかんねぇし、あんたは大事なお客だ。まっ、あんたがついてりゃめったなことはねぇと思うがな」
ビスケット:「あのオルガ」
オルガ:「ん?」
ビスケット:「俺もそっちについていっていいかな?」
オルガ:「えっ、別にかまわねぇが・・・」
ビスケット:「ありがとう」
アトラ:「いっぱい買っちゃいましょうね、クーデリアさん」
クーデリア:「えっ?ええ・・・」
アトラ:「わあ!楽しみ!そうだ!この前歳星で買った服着ていこう!」
クーデリア:「い・・・いいんじゃないでしょうか」

アジー:「本格的な整備はコロニーに着いてからか。あんたも当分こっちに泊まり込みだね」
ラフタ:「ねえ、ほんとにあれに乗るって決めたの?弟の敵なのにさ」
アジー:「ラフタ!」
昭弘:「いいんだ。もう決めたんだ」

名瀬:「積み荷に問題はねぇだろうな?」
オルガ:「はい。コンテナの数も確認したし異常ありません」
名瀬:「よし。初仕事だし本当なら同行してやりてぇとこだが、ブルワーズの後始末があるから俺らはテイワズの支部のあるドルト6へ直行する。うまくやるんだぜ?」
オルガ:「任せてください」
名瀬:「くれぐれもギャラルホルンとだけは揉めるなよ。ここいらの支部の連中は火星や木星の圏外圏で怠けてるヤツらとは士気も練度も違うんだ」
ユージン:「へえ・・・」
シノ:「けど、んなもんやってみなきゃわからねぇんじゃ・・・」
アミダ:「わかってないね、あんたたち」
シノ:「ん?」
アミダ:「ここはもう地球圏なんだよ?あんたたちがいた圏外圏は言っちまえばただの無法地帯。でもここには秩序と法ってもんがある。人を殺せば普通に罪に問われるんだ」
名瀬:「圏外圏じゃあ泣く子も黙るテイワズも地球まで来りゃ単なる一企業の力しかねぇ。ひねり潰されたくなかったらお行儀よくするんだ。いいな、絶対に騒ぎは起こすな」
オルガ:「・・・」

ギャラルホルン ハーフビーク級 戦艦 ボードウィン家専用艦 スレイプニル
アイン:「ヤツらがドルトコロニー群へ?」
ガエリオ:「ああ。見張り役のちょびヒゲ野郎から連絡があったそうだ。ガキどもと今度こそ決着をつけてやる」
アイン:「しかし命令もなしに船を動かしてもよろしいのですか?」
ガエリオ:「演習のために船を出すだけだ。なんの問題がある?どうせマクギリスの休暇中はこちらもお役御免だ。上官の敵を討つチャンスだぞ。覚悟を決めろ」
アイン:「・・・はっ!」

アトラ:「わあっ!すごく楽しみ!」
クーデリア:「ええ」
アトラ:「あっ!でもお金って下ろせるのかな?」
ビスケット:「テイワズ系の銀行があるから大丈夫のはずだよ」
アトラ:「そっかぁ」
フミタン:(なぜ私は・・・)

メリビット:「ランチ、無事に軌道に乗ったみたいです」
オルガ:「すんません、その・・・手伝ってもらって」
メリビット:「いいえ」
オルガ:「・・・、じゃあこっちも行くぞ。ドルト2の管制に連絡を取れ」
ユージン:「な・・・」
オルガ:「な・・・。なんだ?」
メリビット:「えっと・・・船です」
オルガ:「船?」
メリビット:「近づいてる・・・」
組合員:「鉄華団だな」
オルガ:「・・・!?」
メリビット:「・・・!?」
組合員:「ドルト2へようこそ。歓迎するぜ。こっちの誘導に従ってくれ」
オルガ:「俺たちのことを知ってるのか?」
組合員:「もちろんだ。あんたたちの到着をずっと待ってたんだ。若き英雄たちの顔を見せてくれ」
ユージン:「英雄?」
チャド:「なんだそりゃ」
オルガ:「わかった。誘導を頼む」

組合員A:「あんたらが鉄華団かぁ」
オルガ:「そうだが・・・」
組合員A:「驚いた。本当に若いんだなぁ」
組合員B:「子供じゃねぇか」
ユージン:「なんだ?ガキだからってなめてんのか?」
組合員A:「いや誤解しないでくれ。俺たちはみんな、あんたたちが来るのを楽しみに待ってたんだよ」
組合員B:「あんたがクーデリア・藍那・バーンスタインさんか?」
メリビット:「えっ?あっ・・・いえ違います。私は・・・」
オルガ:「クーデリアは用事で別のコロニーに行っている。ここへは来ない」
組合員B:「なんだそうなのか・・・」
組合員C:「10代にしちゃあ老けてると思ったぜ」
メリビット:「老け・・・」
シノ:「お嬢さんのことまで知ってんのかよ」
組合員A:「そりゃあ知ってるさ。クーデリアさんといえば火星独立運動の女神なんだろ?俺たち労働者の希望の星だからな」
組合員B:「それとクーデリアさんを守って地球へ旅する若き騎士団」
シノ:「きしだんってなんだ?」
ユージン:「知らねぇ」
ヤマギ:「なんか変な雰囲気だね」
組合員A:「よく来てくれた。あんたたちを歓迎するぜ」
オルガ:「ご丁寧にどうも」
メリビット:「早速ですが荷物はこちらに降ろしてよろしいですか?」
組合員A:「ああ、頼むよ」
オルガ:「よしお前ら!テイワズの一員としての記念すべき初仕事だ。気合い入れていくぞ!」
一同:「おう!」

タイトル:「#14 希望を運ぶ船」
14.png

ドルト3
ビスケット:「えっ?買い物って・・・」
クーデリア:「伺いますがお2人とも、最後に体を洗ったのはいつですか?」
三日月:「いつだっけ?」
ビスケット:「確か4日・・・あっいや5日前?」
アトラ:「ええ!?」
クーデリア:「以前から気になっていたんです。艦内に漂っているその・・・臭いが」
アトラ:「そういえば確かに臭いかも。みんなが集まってると、うっ!ってなるときあるもん」
三日月:「へえ」
ビスケット:「そんなに臭いかなぁ?」
アトラ:「うん臭い!雪之丞さんなんて近くに行くと目がツンって痛くなるし」
クーデリア:「衛生環境は大切です。皆さんの着替えと洗剤や掃除用具も買ってこの機会に艦内をきれいにしてはどうかと」
アトラ:「うん、賛成!私も手伝います!」
三日月:「何見てんの?」
ビスケット:「えっ?ああ、憧れだったんだ。小さい頃ここへ来るのが」
三日月:「小さい頃?」
ビスケット:「話したことなかったけど俺このコロニー群の出身なんだ」
三日月:「へえ」
ビスケット:「住んでたのはドルト2のスラム街だけどね。父さんと母さんは朝から晩まで工場で働いてて・・・貧しかったよ。地球圏っていっても暮らしは火星の人たちと変わらなかった」

組合員C:「金持ちなのは地球から赴任してくる一部の連中だけさ。コロニーで生まれ育った俺たちは使い捨ての道具みたいなもんでな」
組合員B:「クソみたいな賃金で働かされて体がダメになりゃお払い箱だ。病気や事故で死んだって保険金も出やしねぇ」
組合員A:「地球のヤツらは遊んで暮らしながら稼ぎだけを吸い上げてる。俺たちは何十年も耐えてきたんだ」
オルガ:「使い捨ての道具・・・か」
シノ:「CGSにいた頃の俺たちと一緒だなぁ」
ユージン:「偉そうにしてるヤツらがクズってのはどこの星でも変わんねぇってか」
組合員A:「けどそんな俺たちに突然希望の光がさしたんだ。聞いたんだよ。クーデリア・藍那・バーンスタインさんの話をな」
オルガ:「えっ?」
組合員A:「若い娘が火星の独立運動の先頭に立って地球経済圏の大物を動かした!こんな痛快な話があるか?立ち上がれば世界は変えられるって俺たちはようやく気付いたんだ」組合員C:「しかもその護衛をしながら地球まで送り届けるのがまだ10代の若者たちだっていうじゃねぇか」
ユージン:「それって・・・」
シノ:「俺たちのことか?」
組合員C:「ああ。革命の乙女クーデリアさんとそれを守り戦う鉄華団。あんたたちは俺たちみんなの希望なんだ」
ユージン:「ふん。そんでこの歓迎ムードか」
シノ:「希望ね・・・へへっ悪くねぇなぁ」
オルガ:「にしても結成したばかりの鉄華団の名前が地球圏まで知れ渡ってるのは妙だな。誰から俺たちのことを聞いたんだ?」
組合員A:「俺たちの支援者さ」
オルガ:「支援者?」
ライド:「団長、荷降ろし終わりました」
オルガ:「おう。お前らは船に戻っとけ」
ライド:「はーい!」
メリビット:「荷物の確認をしていただけますか?」
組合員A:「ああ、わかった。ビスケットに兄さんが?」

クーデリア:「ん?」
アトラ:「ん?」
ビスケット:「うん。随分長いこと会ってないんだけどね。事故で父さんと母さんが亡くなって俺とクッキークラッカは火星のばあちゃんに引き取られることになったんだけど、学校に行ってた兄さんは勉強ができて会社の偉い人の家に引き取ってもらえたんだ。あれから連絡も取ってないけど、まだドルト3に住んでるのかな?」
三日月:「連絡取ってみたら?」
ビスケット:「えっ?あっいや・・・でも急に連絡なんかしたら困るかもしれないし・・・」
アトラ:「困るわけないじゃない!」
ビスケット:「えっ?」
アトラ:「なんで連絡してあげないの?兄弟なんだからお兄さんだって会いたいに決まってるよ!」
ビスケット:「アトラ・・・」
クーデリア:「私もそう思います」
ビスケット:「あ・・・」
クーデリア:「このまま会わずにここを去ってしまったら後悔が残るのでは?」
ビスケット:「うん・・・」
アトラ:「昭弘さんだってもっと早く弟さんと会えてたら・・・」
三日月:「・・・」
アトラ:「連絡してあげて。ねっ?」
ビスケット:「・・・」

アフリカンユニオン 公営企業 ドルトカンパニー本社
サヴァラン:「なんだ?」
部下:「弟と名乗る方から外線が来ているのですが」
サヴァラン:「弟?つないでくれ」
ビスケット:「あの・・・サヴァラン兄さん?俺ビスケットだけど・・・」
サヴァラン:「あ・・・ビスケット!本当にお前なのか!?」
ビスケット:「う・・・うん。俺・・・あっ僕今鉄華団っていうところで働いていて・・・」
サヴァラン:「・・・!鉄華団・・・」
ビスケット:「あっ、うん。そこの仕事で今ドルト3に来てるんだ。それで・・・もしよかったらちょっとだけでも会えないかなって・・・」
サヴァラン:「・・・」
ビスケット:「あの・・・兄さん?」
サヴァラン:「あっ・・・ああ。すまん突然のことで驚いてな。それじゃあ・・・」
ビスケット:「うん。うん。わかった。じゃああとで」

ビスケット:「会ってくれるって」
クーデリア:「あ・・・」
アトラ:「よかった!」
ビスケット:「うん・・・」
三日月:「あんまりうれしそうじゃないね」
ビスケット:「あっ、いやうれしいけど・・・ただ、あまりにも住んでる世界が違い過ぎて、どんな顔して会えばいいのか・・・」
アトラ:「私余計なことした?」
ビスケット:「そんなことないよ!俺が意識し過ぎてるだけで」
アトラ:「あっ。一緒に行こうか?」
ビスケット:「えっ?」
アトラ:「2人きりよりその方が話しやすいんじゃない?」
ビスケット:「あ・・・あっいやでも・・・」
アトラ:「うん、そうしようよ!それで気持ちがほぐれるんだったら・・・あっ」
クーデリア:「ん?」
アトラ:「ごめんなさい、クーデリアさん。あとの買い物任せちゃっていいですか?」
クーデリア:「えっ?ええ・・・もちろん」

組合員たち:「おお・・・」
組合員D:「いよいよ始まるんだな」
組合員E:「ああ。長い間の我慢もこれで終わりだ」
ユージン:「おいおい、こりゃ・・・」
オルガ:「モビルワーカー!?」
ヤマギ:「戦闘用の・・・」
シノ:「積み荷ってこれだったのかよ!」
オルガ:「・・・!」
シノ:「・・・!」
メリビット:「あっ、リストには工業用の物資としか・・・」
組合員F:「おお!すげぇ!これだけあれば十分だぜ!」
シノ:「おいおいおい!」
ユージン:「なんだよ物騒だな」
メリビット:「依頼表を確認してみます!」
オルガ:「おい、あんたたちは何をやろうとしてるんだ?」
組合員A:「ん?聞いてないのか?あんたら俺たちの支援者に頼まれてこいつを届けてくれたんだろ?」
ユージン:「支援者?俺らはただ仕事で・・・」
オルガ:「あんたたちの支援者ってのは一体誰なんだ?」
組合員A:「名前は知らん。クーデリアさんの代理を名乗っていたが」
オルガ:「代理?」
組合員A:「火星に続いて他の場所でも地球への反抗ののろしを上げようとクーデリアさんが呼びかけてるってな」
組合員B:「そのために必要な武器弾薬を鉄華団の手を通してクーデリアさんが俺たちに提供してくれるって」
オルガ:「なんだそりゃ」
ユージン:「そんな話知らねぇぞ」
組合員たち:「なんだ!?やべぇ!どうなってんだ!うわっ!」
オルガ:「ギャラルホルン!?」
組合員A:「なっ!」
兵士:「全員動くな!武器を捨て両手が見えるように高く上げろ!」
組合員F:「ひっ!」
兵士:「戦闘用のモビルワーカーに武器弾薬かぁ。通報は本当だったようだな」
組合員A:「通報?」
兵士:「ここで違法な取り引きがあるってな!」
組合員A:「待ってくれ。俺たちは・・・」
兵士:「言い訳は収容所で聞く。コンテナから離れろ!」
シノ:「おいどうすんだよ、オルガ」
オルガ:「あ・・・」
兵士:「何してる!?早くしろ!」
オルガ:「やべぇなあいつら」
兵士:「貴様もだ!」
オルガ:「ちっ」
兵士:「ほらささっと行け!」
組合員G:「ええい!」
兵士:「ぐっ!」
兵士:「貴様ら!」
組合員A:「こうなりゃやるしかねぇ!」
ユージン:「くそっ!始まっちまったぞ!」
シノ:「こりゃあ・・・」
オルガ:「くそっ・・・行くぞっ!」
ヤマギ:「えっ?行くって・・・」
シノ:「おらっ頭下げろ!」
組合員H:「おらおらぁ!」
オルガ:「・・・!」
ユージン:「野郎!」
オルガ:「撃つな!兄貴に言われただろうが!」
シノ:「けどよ、このままじゃ・・・」
オルガ:「・・・」

メリビット:「団長さん?そっちは一体何が・・・」
オルガ:「今すぐ船を出せ!」
メリビット:「えっ?」
オルガ:「ギャラルホルンとの小競り合いに巻き込まれた。この場に鉄華団の船があるのはまずい」
チャド:「団長か?どうしたんだ?」
オルガ:「「そこをすぐに離れろ!」
メリビット:「あっ・・・はい。あの1つだけ報告が・・・荷物の依頼主ですがGNトレーディングという会社のようです」
オルガ:「GNトレーディング?わかった。とりあえずそっちは任せたからな」
メリビット:「はい」

三日月:「まだ買うの?」
クーデリア:「そっ、そうですね。もう少し・・・。・・・み・・・三日月!」
三日月:「ん?何?」
クーデリア:「そのき・・・」
三日月:「き?」
クーデリア:「き・・・着替え・・・着替えを買わなくては」
三日月:「ふーん。んじゃあとっとと行こう」
クーデリア:「・・・」

(フミタン):(クーデリアはコロニー内の暴動の中心となりギャラルホルンの凶弾によって死すべし。火種はこちらで用意する)

フミタン:(なぜ私は命令を無視して・・・クーデリア・・・私にとって彼女は・・・)

メリビット:「ハンマーヘッド!応答願います。こちらイサリビ。こちらイサリビ!」

ドルト6宇宙港
名瀬:「はぁ・・・」
アミダ:「どうしたんだい?」
名瀬:「あのバカども、いきなり騒ぎを起こしやがった」

兵士:「一時撤退!」
兵士:「撤退!」
組合員たち:「やった!逃げてったぞ!俺たちの勝利だ!うおー!!」
オルガ:「喜んでる場合じゃねぇだろ!」
組合員A:「ん?」
オルガ:「あいつらすぐ戻ってくるぞ。今度は大部隊を引き連れてな」
組合員A:「ああそうだな。今更後戻りはできない。戦って勝つしかないんだ!」
組合員B:「ああそうとも!」
組合員C:「やってやろうや!」
組合員たち:「俺たちはやれるんだ!」
ユージン:「本気かよ、こいつら・・・」
シノ:「オルガ、どうすんだ?」
オルガ:「さて・・・どうするかな」

ED「STEEL-鉄血の絆-」TRUE
【予約】TRUE/TVアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」ED主題歌「

仮面の男:「次回、機動戦士ガンダム、鉄血のオルフェンズ第15話『足跡のゆくえ』」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する