鉄血のオルフェンズ 第13話 葬送

ここでは、「鉄血のオルフェンズ 第13話 葬送」 に関する記事を紹介しています。
昭弘:「昌弘~!!」
クダル:「ちぃっ!」
昭弘:「あぁ・・・うわぁ~!!」

ブルワーズ兵たち:「ううっ・・・うぅ・・・」
シノ:「・・・!ここもガキばっかりかよ・・・大丈夫、俺たちは敵じゃねぇ。行くぞ。ったく・・・なっ!」
団員たち:「あっ!おいネリヤ!」
ブルワーズ兵:「はぁはぁはぁ・・・」
ダンテ:「くっそ!」
シノ:「ダンテ!」
ブルワーズ兵たち:「ぐわっ!うっ!」
シノ:「ちっ・・・」

昭弘:「くっ・・・ぐっんんっ!ぐっ昌弘!はぁ・・・昌弘!」
昌弘:「兄貴・・・」
昭弘:「動くな。どうして・・・どうして俺をかばった!?」
昌弘:「なんだろう・・・不思議なんだ・・・痛いはずなのに・・・すごく・・・でも頭ん中すぅ~ってして・・・」
昭弘:(阿頼耶識か)
昌弘:「なんかほんと変だ・・・。俺ってやっぱ人間じゃないんだ・・・」
昭弘:「くっ!もうしゃべらなくていい」
昌弘:「面白い話聞いたんだ」
昭弘:「・・・!」
昌弘:「知ってる?人間は死んでもね、魂が生まれ変わるって、うそみたいな話」

クダル:「んげぇ~!胸くそ悪い!命を懸けてもただの囮にすらなれない!煮ても焼いても揚げても食えないゴミクズだよ!」
ラフタ:「邪魔はさせないよ!」
アジー:「兄弟の・・・別れのね」

昌弘:「どっちにしてもデブリの俺には関係ないか・・・ねえ兄貴分かった?ヒューマン・デブリはこうやって死んで・・・」
昭弘:「分からねぇ!」
昌弘:「えっ?」
昭弘:「分かってたまるかよ!そう、お前がここで死んじまっても!きっと生まれ変わって・・・生まれ変わって戻ってくるんだよ!俺たちの家に!!」
昌弘:「ふふっ・・・生まれ変わりが本当か嘘か、それももうすぐ分かるよ。先に確かめてくるね兄貴・・・兄ちゃん・・・」
昭弘:「ま・・・昌弘~!!」

シノ:「ちくしょう・・・ちくしょうちくしょうちくしょう!くそったれ!とっとと終われよこのやろう!」

クダル:「くっ・・・こいつ、装甲の隙間を狙ってんのか!?何なんだよこいつはよぉ!」
三日月:「これの使い方分かってきた。なんだ?変だな・・・なんでこんな気分に・・・」
クダル:「ああ~もう~!」
三日月:「これは・・・」
クダル:「ふざけんなよおい!お前楽しんでるだろう?」
三日月:「・・・?」
クダル:「人殺しをよぉ!」
三日月:「はあ?」
クダル:「もう~!死んで!死んでほしいよぉ~!」
三日月:「俺が楽しんでいる?」
クダル:「はっ!」
三日月:「まっいいか。こいつは死んでいいヤツだから」
クダル:「ぐわぁ~!!!」

OP 「Raise your flag」 MAN WITH A MISSION


女性客A:「おめでとうございます」
男性客A:「いやはや、久々のいいニュースだ。これでボードウィン卿も安心でしょうな」
ガルス:「今日はゆっくりしていきなさい」
マクギリス:「はい」
女性客B:「イズナリオ様は妾の子をうまく使ったものね」
男性客B:「ふっ、ボードウィン家の愛娘を迎え入れたとなれば、セブンスターズ内での立場もより強固となる」
マクギリス:「あ・・・」
ガエリオ:「まったく程度の低い客が集まったものだな」
マクギリス:「言わせておけばいい」
女性客C:「マクギリス様」
マクギリス:「ん?」
女性客C:「あの~よろしければ少しお話を・・・」
ガエリオ:「独身でいられるのもあと少しだ。ここは目をつむっておいてやるぞ。ふっ」

女性客たち:「わあ~なんてかわいらしい」
「まるでお人形さんのようね」
アルミリア:「んん・・・。あっ。マッキー。あっ・・・。ん・・・」
男性客D:「家のためとはいえ、さすがに焦り過ぎだろう。相手はまだオムツが取れたばかりの子供だ・・・
男性客E:「しぃ!」
アルミリア:「・・・!」
男性客D:「おお・・・」
メイド:「お嬢様!」

女性客C:「さあマクギリス様」
マクギリス:「ああ・・・。あっ」

アルミリア:「うぅ・・・ううっ・・・ううっ・・・」
マクギリス:「踊らないのかい?」
アルミリア:「踊れないわ・・・私はまだ子供だもの・・・。あんなふうにマッキーと頬を寄せては踊れない。あっ・・・えっ?マッ・・・ひゃっ!」
マクギリス:「さあ踊りましょう、レディー」
アルミリア:「ダメ・・・誰かに見られたら笑われちゃう」
マクギリス:「アルミリア、あなたを笑う者がいたら私が許さない」
アルミリア:「えっ?」
マクギリス:「あなたはここいる誰よりも素敵なレディーだ」
アルミリア:「マッキー!」
マクギリス:「今夜は特別な夜だ。全てを忘れ、これから起こる運命さえも忘れ・・・踊り明かそう」

団員A:「まだところどころクソじじいどもが隠れてるから気をつけろよ」
団員B:「ああ、分かった」
オルガ:「ダンテ、これで全部か」
ダンテ:「ああ。団長、こいつら・・・」
アストン:「くっ・・・」
ダンテ:「・・・」
オルガ:「火星は良い所でもないが、ここよりはマシだぜ。本部の経営も安定してきたしな。飯にもスープが付く」
アストン:「はっ?」
ダンテ:「団長?」
オルガ:「兄貴に話はつけてある」
ダンテ:「・・・!」
オルガ:「こいつらはうちで預かる」
ブルワーズ兵たち:「えっ・・・どういうこと?」
「預かる?」
ダンテ:「団長・・・」
オルガ:「ふっ」
アストン:「どうして・・・」
オルガ:「ん?」
アストン:「俺たちはさっきまであんたたちとやり合ってた。なのに・・・」
オルガ:「それが仕事だったんだろ?ならしかたねぇ」
アストン:「あっ・・・」
デルマ:「あっ・・・」
オルガ:「それとも、お前らやりたくてやってたのか?」
アストン:「違っ!あっ・・・俺は今までなんも考えてこなかった。自分じゃなんも・・・」
ダンテ:「・・・」
アストン:「だって俺たちは・・・」
オルガ:「ヒューマン・デブリ」
アストン:「・・・!」
オルガ:「宇宙で生まれて、宇宙で散ることを恐れない、誇り高き選ばれたヤツらだ」
ブルワーズ兵たち:「あぁ・・・」
オルガ:「鉄華団はお前たちを歓迎する」
デルマ:「あ・・・くっ・・・ううっ・・・」
ダンテ:「団長・・・恩に着るぜ」
オルガ:「ふ・・・」
ブルワーズ兵たち:「ううっ・・・ううっ・・・うぅ・・・」

シノ:「くっ・・・ぐっぐっ・・・ううっ・・・」
三日月:「シノ」
シノ:「指示を出した・・・俺が・・・ふがいねぇせいでよ!こいつら・・・くっ!こんな所で・・・。こんなの自分が死んだ方が、よっぽどマシだ・・・!」
三日月:「ダメだシノ。そういうのはこいつらに失礼だ」
シノ:「ぐっ!ううっぐっ・・・ううっ!」

名瀬:「さ~て、きっちり賠償金は払ってもらうぜ。ブルック・カバヤン」
ブルック:「名瀬・タービン!」
名瀬:「ふっ。何が所望だ?兄弟」
オルガ:「そうですねぇ・・・船1隻とモビルスーツを全部」
ブルック:「はあ~!?おい!そりゃ吹っかけ過ぎだろ・・・って、うっ!」
オルガ:「それが不満ならあんたの肉を切り売りしたっていい。脂肪が多すぎだろうが犬の餌ぐらいにゃなるだろ」
ブルック:「ひぃ~~!ああっ!」

名瀬:「予定通りこれからコロニーへ向かう」
メリビット:「ブルワーズが所有する資産は船2隻。修理可能なモビルスーツは10機、というところですね」
雪之丞:「あぁそろいもそろって異常なほど装甲が分厚いモビルスーツばっかだ。まっ中身は無事なのが多いがな。特にあのグシオンなんてのは出物だぜ」
メリビット:「どうしますか?その機体は鉄華団で維持を・・・」
オルガ:「いや全て売却する」
シノ・雪之丞・メリビット:「えっ?」
オルガ:「昭弘の弟を殺した因縁のあるモビルスーツをうちで使うわけにはいかねぇ」
ビスケット:「だね。昭弘は?」
ユージン:「さあな、部屋にこもってんじゃねぇか?弟が死んじまったんだからよ・・・」
メリビット:「お葬式・・・」
オルガ:「ん?」
メリビット:「お葬式を出したらどうですか?」
オルガ:「葬式?」
メリビット:「ええ、私が生まれたコロニーでは死者はお葬式で送り出すの。魂がきちんとあるべき場所へ戻れるように。そして無事に生まれ変われるように」
オルガ:「なんすかそれ。うさんくさっ」
名瀬:「いいじゃねぇか」
オルガ:「なっ・・・」
名瀬:「葬式ってのは昔は割と重要なもんだったらしいぜ。葬式を挙げることで死者の魂が生きてた頃の苦痛を忘れる・・・なんて話もある」
シノ:「苦痛を?」
オルガ:「でも・・・」
シノ:「俺やりてぇ」
オルガ:「シノ・・・」
シノ:「俺・・・だったらやりてぇ、葬式。少しでもあいつらが痛みを忘れられんなら」
昭弘:「俺からも頼みたい」
オルガ:「昭弘・・・」
名瀬:「そうと決まりゃあ俺らも手を貸すぜ」
ビスケット:「みんなにも知らせなきゃね」
雪之丞:「ああ。だな」
ユージン:「んじゃ俺イサリビ戻るわ」
シノ:「ああ、俺も」

メリビット:「気に入らないみたいですね」
オルガ:「正直ピンときませんね。魂が生まれ変わってうんぬんとか。先に逝った仲間にゃどうせ死んだら会えるんだ。葬式なんてする暇があったら、これからどう生きるかを考えるために時間を使った方がいい」
メリビット:「それは・・・あなたがそう思っているだけよね」
オルガ:「ちっ」
メリビット:「ここにいる誰もが仲間の死に納得できてるわけじゃない。お葬式ってね、生きてる人のためにもあるの。大切な人の死をちゃんと受け入れるためにもね」
オルガ:「ほんと上から目線だよな、おばさん・・・」
メリビット:「聞こえてますよ」
オルガ:「なっ!」
メリビット:「ガ・キ」
オルガ:「・・・く・・・」

クーデリア:「お葬式を?」
三日月:「うん。なんかよく分かんないけど、他のヤツにも伝えといて」
アトラ:「あっ、三日月」
三日月:「ん?」
アトラ:「あっ・・・ううん」
アトラ:「三日月戻ってきたけど、良かったって言えないね」
クーデリア:「はぁ・・・そうですね」
アトラ:「でも三日月戻ってきたね」
クーデリア:「ええ・・・!」

雪之丞:「ふぅ~。にしても葬式なぁ・・・花でもありゃあちっとは見栄えがいいんだろうがなぁ」
ヤマギ:「おやっさん」
雪之丞:「あ?」
ヤマギ:「ちょっと考えがあるんですけどいいですか?」
雪之丞:「あっ?なんだ?」

タイトル:「#13 葬送」
13.png

団員:「これも入れていい?」
名瀬:「いいぞ」
ユージン:「こうやってここに立つってのは妙な気分だな」
シノ:「ああ・・・」
名瀬:「よし。んじゃ始めっか。オルガ」
オルガ:「はい」
ライド:「タカキ、もう痛くないのか?」
タカキ:「うん、大丈夫」
オルガ:「よし。みんな祈ってくれ」
メリビット:「あっ・・・」
オルガ:「死んだ仲間の魂があるべき場所へ行って、そんでもってきっちり生まれ変われるようにな」
メリビット:「ふふっ」

オルガ:「弔砲用意。撃て」
昭弘:「これは・・・」
エンビ:「すっげぇきれい!」
エルガー:「花咲いた花!」
チャド:「おお~!」
ライド:「おお~!」
タカキ:「すごい」
ライド:「どうなってんだ!?こりゃ!」
ユージン:「おやっさんこの弾・・・」
雪之丞:「おう、推進剤に使ってる水素をよ、ちぃっとばかし細工したんだよ」
ヤマギ:「うあっ」
雪之丞:「こいつが言いだしっぺでな」
ユージン:「へえ~!」
シノ:「ヤマギが?」
三日月:「消える」
ユージン:「あぁ・・・」
エンビ:「ええ~?」
エルガー:「もう?」
ライド:「なんだよ~もっとずっと咲いてりゃいいのに」
タカキ:「うん」
昭弘:「はぁ・・・」
ユージン:「なんかあっけねぇな。生きてるときはぎゃあぎゃあやってよ、くだらねぇことで笑ってやり合って・・・消えるときは一瞬だ」
シノ:「ぐっ・・・」
名瀬:「泣けよ」
シノ:「あっ・・・」
名瀬:「葬式ってのはな生きてるヤツらに思いっ切り泣くことを許してくれる場でもあるんだ。だからよ今日ぐらいは・・・」
シノ:「嫌です」
名瀬:「ん?」
シノ:「格好よかった仲間を見送るってときに自分らがだせぇのは嫌です」
雪之丞:「ふっ」
アミダ:「ほんとバカな子たちだね」

クーデリア:「静かな夜ですね」
アトラ:「うん」
団員:「ううっううっ・・・」
ライド:「ったく・・・」
アトラ:「ライド、どうしたの?」
ライド:「こいつ泣きやまなくて、他のヤツらが眠れねぇからさぁ」
アトラ:「あ・・・」
団員:「母ちゃん・・・。ううっ・・・ううっ・・・」
クーデリア:「・・・」
アトラ:「おいで抱っこしてあげる」
団員:「いい。アトラおっぱいないし」
アトラ:「なっ!」
団員:「どうせならフミタンがいい!」
アトラ:「こっ、こら!」
クーデリア:「フミタン?」
フミタン:「お気になさらず」
アトラ:「あ・・・」
クーデリア:「あ・・・」
団員:「ううっ・・・ううっ・・・」

シノ:「あっ、いたいたヤマギ」
ヤマギ:「シノ。ちょっと待って」
シノ:「ありがとな。あの氷の花」
ヤマギ:「何?急に」
シノ:「本気できれいだったよ。俺が死んだときもあいつを派手に咲かせてくれや!」
ヤマギ:「・・・嫌だよ」
シノ:「えっ?」
ヤマギ:「あれ結構細工が面倒だし金もかかるし、そんなちょくちょく葬式出されたらたまらない」
シノ:「ははっ、違いねぇ。悪かったな。ちょっと礼が言いたくってよ!」
ヤマギ:「・・・」

メリビット:「ではこれで売買手続きは完了ですね」
名瀬:「おう、お疲れ」
オルガ:「ありがとうございました。その・・・鹵獲品のことだけじゃなく、葬式も」
名瀬:「気にすんなよ兄弟。じゃあな。アミダ」
アミダ:「ん?んんっ・・・」
ユージン:「ちょっ・・・何いきなりイチャついてんすか!」
名瀬:「ん?知ってるか?人死にが多い年にゃ出生率も上がるんだぜ」
ユージン:「はあ?」
名瀬:「子孫を残そうって判断すんだろ。そうすっと隣にいる女がめちゃくちゃかわいく見えてくる」
アミダ:「かわいいのはいつもだろ?」
名瀬:「そりゃもちろん、いつも以上にさ」
アミダ:「んんっ・・・」
ビスケット:「な・・・なるほど」

オルガ:「で、なんだよ?話ってのは」
昭弘:「こいつを俺にくれねぇか?」
オルガ:「こいつに・・・乗るってのか?」
昭弘:「葬式んとき、死んだヤツらのことを思い出してな。大して話したことねぇヤツらでも、どうでもいい思い出はある。なのに昌弘との思い出はガキの頃のものしかない。いちばん新しくていちばん強い思い出はあいつの死になっちまった。ならせめて俺はこれからあいつの思い出と一緒にいたい」
オルガ:「そうか」

(クダル):「お前楽しんでるだろう?人殺しをよぉ!」
三日月:「・・・」

クーデリア:「不思議ね、いつもあんなに明るくてお葬式のときも氷の花にはしゃいでいたのに・・・」
フミタン:「無理もありません。彼らはまだ子供。無意識のうちに多くの葛藤を胸に押し込めている。そのひずみが時に表れるのでしょう」
クーデリア:「無意識のうちに・・・」
フミタン:「お嬢様、そろそろお休みにならないと」
クーデリア:「私は・・・もう少しだけ」

クーデリア:(鉄華団・・・散らない華と名付けられた彼ら)

三日月:「あれ?」
クーデリア:「三日月。眠れないのですか?」
三日月:「いやなんか・・・いる?」
クーデリア:「えっ?ああ・・・では・・・あっ。三日月、震えているのですか?」
三日月:「えっ?ほんとだ。なんでだろう?今日はちょっと変だな」
クーデリア:(三日月にもあるのかもしれない。無意識のうちに押し込めている強い気持ちが)
三日月:「あ・・・。はっ?」
クーデリア:「あっ、あの・・・先ほどフミタンが小さな子たちをこうしていて・・・それでちょっと落ち着いていたので・・・あっその・・・ごっごめんなさい・・・」
三日月:「・・・」
クーデリア:「・・・なっ!なっ!何!?何!?何!?」
三日月:「かわいいと思ったから。ふぅっ。ごめん、嫌だったか?」
クーデリア:「い・・・嫌とかそういう問題ではなく、それ以前にこういうことは・・・あ・・・」

アトラ:「うん。くしゅん!うぅ~・・・」

ノブリス:「ギャラルホルンに虐げられている民衆たちは美しき革命家の登場を待ち焦がれている。うむ・・・決めた。クーデリア・藍那・バーンスタインの死を飾る舞台は、コロニーだ」

ED 「オルフェンズの涙」 MISIA


次回予告(ライド):「くそ~団長のヤツ、俺のことガキガキ言い過ぎなんだよな。俺別にあいつらみたいにさ母ちゃんに会いたくなったりしないし。そりゃ悲しいことだっていっぱいあるけど、でも絶対泣いたりしねぇし!でもフミタンさんのギュ~はなんかよさそうだったな。次回、機動戦士ガンダム、鉄血のオルフェンズ第14話『希望を運ぶ船』」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する