鉄血のオルフェンズ 第12話 暗礁

ここでは、「鉄血のオルフェンズ 第12話 暗礁」 に関する記事を紹介しています。
名瀬:「悪いな。偉そうなこと言っといて結局海賊なんぞに絡まれてこのザマだ」
オルガ:「よしてくれ兄貴。道理の分からねぇチンピラが売ってきた安いケンカだ」
名瀬:「で・・・どうする兄弟」
オルガ:「安いケンカだが、なめられっぱなしってのも面白くねぇ」
名瀬:「同感だ。じゃあいっちょ俺たちの道理ってやつを教えてやろうじゃねぇか」

タカキ:「くっそ~。こんなときに俺ってヤツは・・・」
メリビット:「何を言ってるんです。命が危ないところだったんですよ」
ライド:「そうそう。いいから休んどけって」
タカキ:「けど・・・」
ライド:「団長たちがやるっつってんだから大丈夫だよ」
メリビット:「そうですよ。今はしっかり休まないと」
ライド:「ほらな、メリビットさんもそう言ってんじゃねぇか」
タカキ:「でもさぁ・・・」
ライド:「いいから寝てろっての!」

名瀬:「ブルワーズの船はまだ見つからねぇのか?」
アミダ:「うちでいちばん足の長い百里で何度も哨戒してるけど影も形も見えないね」
ビスケット:「一方的に捕捉されているってことですか?」
ビルト:「どうやってそんなことを・・・」
エーコ:「エイハブ・リアクターを積んだ船をアリアドネの情報なしでそんな距離から捕捉し続けるなんて無理じゃない?」
アミダ:「クーデリアを渡せなんて言ったきた連中だ。こちらの情報はつかんでると見て間違いないね。おそらく航路についても」
オルガ:「航路の情報を持ってんのは兄貴のとこだけなんすか?」
名瀬:「だよな?」
アミダ:「うちの航海士が独自に作ったもんだからね。もちろん出港前にテイワズには届けてあるけど」
名瀬:「情報が抜かれたとしたら歳星でってことか・・・」
ビスケット:「そんなことありうるんですか?」
名瀬:「組織がでかくなりゃあな・・・目が届かないところも出てくるさ」
ビスケット:「ということはどこかで待ち伏せしてる可能性もありますね」
オルガ:「んじゃあ航路を変えちまえば・・・」
名瀬:「それじゃあこっちも相手を見つけられなくなっちまう」
ビスケット:「じゃあどうすれば・・・」
アミダ:「向こうが待っててくれるんならこっちもやりようはあるさ」

雪之丞:「分かった。んじゃあ見といてやるよ」
三日月:「頼むね」

昌弘:「なんで今更・・・」

OP 「Raise your flag」 MAN WITH A MISSION


ビスケット:「アミダさんによるとブルワーズが奇襲をかけてくると予想されるポイントはここ」
フミタン:「デブリ帯・・・ですか?」
ビスケット:「はい。厄祭戦のときに放棄されたモビルスーツや船の残骸が密集している一帯でこの中に回廊状の抜け道があるんです」
チャド:「なんでこんな不自然にデブリが固まってんだ?」
ビスケット:「このデブリの中には稼働中のエイハブ・リアクターがいくつも残っているんだ」
チャド:「つまりリアクターから発生した重力がデブリを捕まえてるってわけか」
クーデリア:「リアクターが重力を発生させてるんですか?」
ユージン:「はあ?」
ビスケット:「今艦内の重力を作っているのもエイハブ・リアクターですよ?」
クーデリア:「えっ?そっそうだったんですか・・・」
ユージン:「マジか・・・」
フミタン:「すみませんお嬢様。私がもっとしっかり説明しておくべきでした」
クーデリア:「い・・・いえ・・・フミタンのせいでは・・・
フミタン:「そんな・・・」

クーデリア:「すみません・・・」
ビスケット:「そういうわけだから普通の船は不安定な重力に支配されたこの回廊は通らない」
オルガ:「当然エイハブ・ウェーブの干渉もでかい。その中で敵の位置を特定するのは無理だってよ」
チャド:「どうしてそんな危険な所を航路に組み込んだんだ?」
ビスケット:「テイワズが独自に調査して発見した航路で単純に近道なのと今回みたいな隠密性の高い仕事のときは何かと重宝するらしいよ」
ユージン:「とにかく敵の居場所が分かってんならさっさと乗り込もうぜ」
チャド:「正面からかよ?思うツボじゃねぇのか?」
オルガ:「正面からじゃ無理だろうな。並のヤツじゃ越えられねぇデブリ帯。ほとんど目隠し状態の中での曲芸航行」
ユージン:「あっ・・・でも宇宙ネズミならやってやれねぇこともねぇ」
チャド:「そういうことか」
クーデリア:「しかしほんとにブルワーズという海賊はそこにいるのでしょうか?」
ビスケット:「確かに敵も僕らがここを通らない可能性を考えるかもしれません。そこで航続距離の長いラフタさんの百里とブースターを付けた三日月のバルバトスに斥候として出撃してもらいます。敵は斥候の背後からイサリビとハンマーヘッドが来ると考えるはずです」
オルガ:「航続距離の長い機体を使うことでその距離感を狂わせる」
ビスケット:「敵の注意が三日月たちの背後に向いている間にこちらが逆に奇襲をかけます」

昭弘:「先に行くんだってな」
三日月:「うん」
昭弘:「ヤツらが出てきて、そん中にもし弟が・・・昌弘がいたら、そのときは・・・」
三日月:「分かってる。昭弘が来るまで適当に相手して時間稼いでみる」
昭弘:「三日・・・」
三日月:「ただこっちがやられそうになったら約束はできない。その・・・悪いけど」
昭弘:「ああ、分かってる」

アトラ:「あっ三日月!」
三日月:「ん?」
アトラ:「よかった」
クーデリア:「間に合いました」
アトラ:「これ」
三日月:「何?」
アトラ:「お弁当。クーデリアさんと作ったの」
クーデリア:「あっ、私はその・・・簡単なお手伝いだけですが・・・」
アトラ:「もっとおいしいもの用意して待ってるから、絶対帰って来てね」
クーデリア:「お気をつけて」
三日月:「うん」
雪之丞:「ふ・・・」

三日月:「ブースターとのドッキング完了」
ラフタ:「しばらく二人旅だね。よろしく三日月!」
三日月:「悪いね、面倒なことに巻き込んじゃって」
ラフタ:「いいっていいって!昭弘の弟助けに行くんでしょ?んな話聞いちゃあこっちも黙ってらんないっての!」
フミタン:「バルバトス、百里、第二加速スタートしました」
オルガ:「よし俺たちも行くぞ!」
一同:「了解!」

昌弘:「ん?それどうしたんだ?」
アストン:「ん?なんだ余ってんのか?」
ビトー:「ペドロの分。係のヤツが間違って置いてった」
アストン:「ああ・・・そっか」
デルマ:「ペドロのヤツ今頃どっかで生まれ変わってるかもしれねぇな」
アストン:「なんだそりゃ」
デルマ:「昔さまだここに来る前聞いたことがあるんだ。人間は死んだら生まれ変わるって」
アストン:「生まれ変わる?」
デルマ:「もう一度赤ん坊になって母ちゃんの腹から生まれてくるんだと」
昌弘:「・・・」
デルマ:「今までのこと全部忘れて人生やり直せるって」
昌弘:「そいつは人間の話だろ。俺たちはデブリだ。死んだってなんにも変わらないさ」
アストン:「そ・・・そんなの分からないぜ。生まれ変わったらよ、金持ちになって・・・」
クダル:「生まれ変わったらなんだって!?」
アストン:「・・・!」
クダル:「なんなら今ここで試してみるか?ああっ!?」
アストン:「痛っ・・・」
クダル:「クソ生意気にいつまでもくだらねぇ話してねぇでさっさと仕事に戻りな!」
アストン:「・・・」
クダル:「おい」
昌弘:「はい」
クダル:「次はしくじるんじゃねぇぞ。またヘマやったら今度はお前だけじゃねぇ。お前らまとめて生身で船から放り出してやるからな。覚悟しときな」
昌弘:「・・・はい」

ラフタ:「もうじき回廊に入るよ」
三日月:「トンネルみたいになってるわけじゃないんだ?トンネル」
ラフタ:「そりゃあ肉眼で確認できるわけ・・・ってか何やってんの?」
三日月:「勉強」
ラフタ:「へ・・・へえ~・・・。あっ、そろそろ船との通信が取れなくなるよ」

シノ:「おお~早いな昭弘」
昭弘:「ん?」
シノ:「出撃までまだ時間があるんだろ?休んでた方がいいんじゃねぇか?」
昭弘:「いやここでいい」
シノ:「ふっ・・・そっか」

フミタン:「バルバトス、百里、データリンク切れました」
オルガ:「いよいよだな」
ビスケット:「こっちもデブリが増えてきたね」
オルガ:「ユージン、舵を頼む」
ユージン:「あっ?」
オルガ:「やっぱりここ一番ってときはお前じゃねぇとな」
ユージン:「あっ・・・ったくしょうがねぇなぁ・・・!こんなときだけよぉ・・・!」
ビスケット:「ふ・・・」
チャド:「ふ・・・」

エーコ:「イサリビとのナビゲーションシステム、リンクスタート」
名瀬:「だってよ。これでこっちはお前らにおんぶに抱っこだ」
アミダ:「目ぇ閉じとくから優しくするんだよ」
オルガ:「了解!」
フミタン:「これよりデブリの密集宙域に入ります。艦が大きく揺れる危険があるので各員十分注意してください」
メリビット:「いよいよですね」
クーデリア:「・・・。えっ・・・」
アトラ:「三日月は大丈夫だよ。きっと」
クーデリア:「はい」
メリビット:「ふふっ」
オルガ:「さ~て・・・ふっ・・・行くか!」

タイトル:「#12 暗礁」
12.png

ラフタ:「さてそろそろポイントのはずだけど」
三日月:「何も見えない」
ラフタ:「気をつけて。もういつ見つかってもおかしくないよ」

オペレーター:「哨戒中のマン・ロディより報告。接近する敵モビルスーツを発見しました」
クダル:「ネズミが掛かった」
ブルック:「ふっ、モビルスーツ隊を出せ!

三日月:「来た」
ビトー:「あの白いの・・・ペドロの敵!」
クダル:「どうせここじゃあ長距離通信は使えねぇ。今のうちに数を減らしな。けど本命は後ろから来る船の方だからね。囲んで絶対母船へ戻すんじゃねぇぞ」
ブルワーズ兵たち:「はい!」
クダル:「俺も出るよ」
ビトー:「ペドロ!ぐっ・・・」
アストン:「焦るな!」
デルマ:「先に退路を塞げ。船の方へ追い込むんだ!」
ラフタ:「もう~!こう狭くっちゃやりにくい!」
三日月:「確かにこっちもブースターが邪魔でまともに動けな・・・あっ・・・このエイハブ・ウェーブの反応、あいつか」

オペレーター:「敵機2機こちらに近づいています」
ブルック:「向こうの船はまだ見えねぇのか?」
オペレーター:「はい」
ブルック:「ちっ!まあいい。斥候が来たってことはどのみちあとからやってくる。それまでせいぜいかわいがってやれ!」
ラフタ:「まだなの!?ダーリンは!」
三日月:「くっ!」
ブルック:「ったく・・・たかが2機に。まだ敵影は見えんのか!」
オペレーター:「あっ・・・はい。こちらの斥候からはまだ何も」
ブルック:「・・・!?なんだ!?」
オペレーター:「左舷よりエイハブ・ウェーブ!」
ブルック:「なっ!まさかこのデブリ帯を突っ切ってきただと~!?」
ユージン:「へっ」
三日月:「オルガ」
オルガ:「待たせたな、ミカ!」
ラフタ:「遅い~!」
ビルト:「敵艦正面!」
名瀬:「うちの船がなんでハンマーヘッドって名前なのか教えてやれ!」
エーコ:「あいさ!総員対ショック用意!」
ビルト:「リアクター出力最大!艦内慣性制御いっぱい!」
名瀬:「吶喊!」
昌弘:「なっ!」
オルガ:「こっちも負けてらんねぇぞ!」
ユージン:「はあ~!!」
ブルック:「なんだ!?」
シノ:「てめぇら行くぞ!」

クダル:「かあ~!逆に奇襲されちまったじゃねぇか。どうすんだよ!」
ブルック:「ギャラルホルンからの仕事だぞ。うまくいきゃあどでかい後ろ盾が出来るかもしれねぇんだ。こんなところで引き下がれるかよ!」
クダル:「んなこたぁ分かってんだよ。だからどうするっつってんじゃない!」
ブルック:「とにかくクーデリアって女を手に入れりゃあ勝ちなんだ!こっちは船に取りついたヤツらの相手をする。お前は外からヤツらの船を潰せ!」
クダル:「しかたねぇ。こっちは任せたよ。クダル・カデル、グシオン出るぞ!」

シノ:「行け行け~!んんっ!」

オペレーター:「アッパーエリアに敵が侵入!」
ブルック:「くっそ~。とっとと始末しろ・・・ぐわっ!」

オルガ:「待たせたな昭弘」
昭弘:「すまないオルガ。ヒューマン・デブリの俺らなんかのために」
オルガ:「まだ言ってんのかよそれ。いいかげん聞き飽きたぜ」
昭弘:「・・・」
オルガ:「今までどうだったかは変えられねぇよ。俺らだって宇宙ネズミだ。ただこれから先は変えられる。俺らの手でいくらでもな。それをまずお前が証明してみせろよ。今ここでな」
昭弘:「ああ・・・!昭弘・アルトランド、グレイズ改!出る!来たか。ん?あれは・・・」
アミダ:「あんたたちの相手は私らだ。昭弘に近づけさせやしないよ!」
アジー:「急げ昭弘!」
昭弘:「・・・ああ!」
三日月:「よしこっちも行こう」
ラフタ:「了解!さあどっからでもかかってらっしゃい!」

ビトー:「なんだ!?どうなってるんだ!?」
アストン:「敵!?どこから!?」
デルマ:「船が・・・船がやられてる!」
昌弘:「敵の援軍?」
クダル:「ガキどもが~!何ぼさっとしてんのよ!1番から5番俺と一緒に来い。他のヤツらはモビルスーツを足止めしろ」

アジー:「あいつら船に!」
三日月:「俺が行く」
アミダ:「私はハンマーヘッドの直援に就く。ラフタ、アジー、昭弘を頼んだよ!」
アジー:「ラジャー」
ラフタ:「任せて!」
クダル:「うらぁ~!」
オルガ:「うっ!なんだ!?」
フミタン:「モビルスーツからの攻撃です」
オルガ:「なっ!この威力でモビルスーツ!?」
ブルワーズ兵:「えっ?ぐわっ!」
クダル:「あれはこの間の・・・」
オルガ:「ミカか。よし今のうちに立て直すぞ!」

ブルワーズ兵:「ぐわっ!」
シノ:「へっ、武闘派のブルワーズ?」
ブルワーズ兵たち:「ぐわぁ~!」
シノ:「笑えるぜ。守りはガラガラじゃねぇか」

アストン:「待て!」
ラフタ:「掛かった!」
アストン:「くそっ!逃がすか!」
昌弘:「おい単独じゃ・・・えっ?」
昭弘:「すまんみんな。行くぞ昌弘!」
昌弘:「くっ!はっ!あの機体は・・・くぅ~!何を今更・・・」
昭弘:「ぐっ!」
昌弘:「なっ!何を・・・」
アストン:「昌弘?何やってんだ!」
ラフタ:「だから、行かせないって!」
昌弘:「なっ、なんのつもりだ?」
昭弘:「待たせたな昌弘。迎えに来たぞ」
昌弘:「迎、えに・・・?」
昭弘:「そうだ。約束しただろ」
昌弘:「兄、貴・・・」
ビトー:「ペドロの敵~!何!?うぐっ!」
ブルワーズ兵たち:「はっ・・・ビトーが!」
「なんだよあいつは!」
クダル:「お前らもっと気合い入れて突っ込むんだよ!」
昌弘:「今更何言ってんだよ」
昭弘:「何!?」
昌弘:「俺・・・ずっと待ってたよ兄貴を。だけど分かったんだ。期待するだけ無駄だって。期待しただけつらくなって・・・」
昭弘:「だからこうして迎えに・・・」
昌弘:「それが無駄なんだよ!」
昭弘:「なっ・・・」
昌弘:「こうしてさ、兄貴が迎えに来て兄貴についていって、それで何が変わるっていうんだ・・・」
昭弘:「昌弘・・・」
昌弘:「遅かれ早かれどうせ死ぬんだ。だってそうだろ。俺たちはヒューマン・デブリなんだ。地面でなんて死ねない」

シノ:「おい!勝手に出るんじゃ・・・」
団員:「ぐわぁ~!」
ダンテ:「こんの・・・ちくしょう!」
シノ:「くそっ!勝手に行きやがって!」
ダンテ:「あの世で会ったら説教してやる!」
シノ:「行くぞ!」

昌弘:「デブリは宇宙でゴミみたいに死んでいくんだ」
昭弘:「そうだな。俺もそう思ってた」
昌弘:「はあ?」
昭弘:「俺もデブリだ。何をやったってどうしようもねぇこのまま一生何も変わらねぇって。正直お前のことも諦めちまってた。けどなこんな俺を人間扱いしてくれるヤツらが・・・あっ・・・いや家族って言ってくれるヤツらができたんだ」
昌弘:「えっ・・・家族?
昭弘:「ああ。みんながお前を待っててくれる。だから・・・」
昌弘:「なんだよ・・・」
昭弘:「・・・!?」
昌弘:「家族ってなんだよ?」
昭弘:「なっ・・・」
昌弘:「ぐっ・・・ぐぐっ・・・兄貴、あんたと父さんと母さんとそれだけだったよ。俺の家族は」
昭弘:「昌弘・・・」
昌弘:「俺があんたのことを待ってる間、1人だけいい目にあってたのかよ!」
昭弘:「・・・!」
昌弘:「やっぱあんたは俺を捨てた」
昭弘:「違う昌弘!俺は・・・」
昌弘:「あんただってさ、今に分かるよ」
昭弘:「お前・・・」

クダル:「しつこい!しつこいしつこいしつこい!うぜぇ~!!なんだってのよ、このネズミはよぉ!誰か援護しなさい!おい!ああ~もうどいつもこいつも使えねぇ!」
三日月:「はっ!?」
クダル:「ちっ、ダメか。ん?はっ!あいつを人質に後ろの白いヤツを・・・」

昌弘:「あんたは勘違いしてるんだ。人間だなんて・・・へへへっ。笑えるよ。どうせすぐ分かるんだ。ヒューマン・デブリがどうやって死んでいくか。すぐにね」
クダル:「昌弘~!」
昭弘:「・・・!」
クダル:「そのまま!押さえてろ~!」
昭弘:「しまっ・・・」
昌弘:「へへへっ」
昭弘:「はっ!・・・昌弘!」
昌弘:「ははは・・・」
昭弘:「昌弘~!!」

ED 「オルフェンズの涙」 MISIA


次回予告(名瀬):「いいか、お前らに商売の基本ってやつを教えてやるぜ。まず迅速丁寧に。こりゃ当然だな。んでもってこっからが重要。たとえ何があってもよ、個人の情は仕事に持ち込んじゃならねぇ。ふっ・・・分かったら仕上げだ。派手にぶちかませよ!次回、機動戦士ガンダム、鉄血のオルフェンズ第13話『葬送』愛してるぜ」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する