鉄血のオルフェンズ 第11話 ヒューマン・デブリ

ここでは、「鉄血のオルフェンズ 第11話 ヒューマン・デブリ」 に関する記事を紹介しています。
フミタン:「グレイズより緊急通信。所属不明機と交戦中。数は3です」
オルガ:「所属不明だと!?距離は?」
ビスケット:「約1600!ユージン援護を!」
ユージン:「むちゃ言うなって昭弘に当たっちまう!」
オルガ:「ハンマーヘッドに応援頼め
フミタン:「了解」

チャド:「・・・!新たなエイハブ・ウェーブの反応!」
オルガ:「・・・!」
チャド:「後ろから!?」
オルガ:「何!?」
ビスケット:「また敵!?」
フミタン:「いえこれは・・・」
オルガ:「なんだ?」
フミタン:「固有周波数を特定、あっ・・・バルバトス?」
オルガ:「・・・ミカか!」

三日月:「おやっさんこのまま突っ込む」
雪之丞:「はあ!?おめぇ何言って・・・ぐ・・・ぐ・・・」
三日月:「これのコントロール、そっちに返すね」
雪之丞:「ちょっ・・・待ておい俺は操縦なんて・・・ぐわあっ!」
昭弘:「はっ!」
タカキ:「えっ?」
昭弘:「み・・・。三日月・・・」
三日月:「はぁ・・・」

OP 「Raise your flag」 MAN WITH A MISSION


アストン:「なっ、何なんだよあいつ!どこから出てきやがった!」
ビトー:「おい・・・うそだろ・・・ペドロ・・・ぐっ!」
アストン:「ま・・・待て!」
三日月:「ん?」
ビトー:「なっ!くそっ!」
アストン:「落ち着けよ!」
ビトー:「けどペドロが!」
アストン:「だからだろ!連携して俺らで敵を取るぞ!」
ビトー:「・・・!了解」

三日月:「昭弘、大丈夫?」
昭弘:「おう」
タカキ:「三日月さん!」
三日月:「えっ?なんでタカキが?」
タカキ:「昭弘さんと哨戒に出てたんです」
昭弘:「すまねぇ、助かった」
三日月:「昭弘とタカキは一度イサリビに戻ってしんがりは俺がやる」
昭弘:「あれはどうする?」
三日月:「あれ」
雪之丞:「うおおぉ~!たっ、助けろ~!やべぇ・・・やべぇぞ~!うおぉぉ~・・・」
三日月:「ああ・・・まあ敵からは離れていってるし、回収はあとでもいいでしょ」
昭弘:「鬼かよ・・・」
タカキ:「三日月さんまた来てる!」
三日月:「・・・!行ってくれ昭弘」
昭弘:「頼む」
三日月:「うん・・・お前も機嫌よさそうだな。んじゃ行こうか」
アストン:「来るぞ!」
ビトー:「俺から行く!援護頼む!」
アストン:「気をつけろよ!」
三日月:「こういうのもあるのか」
ビトー:「背中がガラ空きだぜ~!・・・なっ!」
(この反応まさかこいつも!?)
アストン:「ぐっ!あいつこの距離で!」
ビトー:「気をつけろ!あいつも俺たちと同じ阿頼耶識使いだ!」
三日月:「あ・・・」
タカキ:「三日月さん・・・」
昭弘:「あいつなら大丈夫だ。今のうちに・・・ぐっ!」
クダル:「残念、まだ終わりじゃないのよ~!」
昭弘:「くそっ新手か?しっかりつかまっとけよ!」
タカキ:「は・・・はい!」
クダル:「よ~しお前らはそのまま・・・ん?」
三日月:「くそっさっきのヤツといい、いやに硬いな。昭弘たちはやらせない」
クダル:「ったく!あっちのガキは何やってんだ!お前らはしっかり仕事しろよ」
ブルワーズ兵たち:「はい」
クダル:「こっちの相手は俺がしてやる!無駄~!」
三日月:「この距離でも?なら・・・意外と速い!」
クダル:「このクダル・カデル様とグシオンをなめるんじゃないよ~!」
三日月:「こいつ・・・邪魔だ」

タカキ:「昭弘さん俺のことはいいんで!」
昭弘:「いいわけあるか!ぐわっ!」
デルマ:「もらったぞ!」
昭弘:「しまっ・・・タカキ!」
デルマ:「よし、昌弘は人質を連れて下がれ!」
昌弘:「了解」
タカキ:「ううっうっ・・・昭弘・・・さん・・・逃げ・・・て」
昌弘:「アキヒロ・・・」
昭弘:「タカキ!」
デルマ:「お前の相手は俺だ!あっぐあっ!くそっ行ったぞ昌弘!」
昭弘:「タカキ~!!」
昌弘:「うっぐっ!」
昭弘:「そいつを返せ~!」
昌弘:「あっ・・・」

(昭弘):「返せ~!」

昌弘:「はっ!まさか・・・」
昭弘:「おいてめぇ聞こえてんだろ!さっさと・・・」
昌弘:「あんた・・・」
昭弘:「・・・?」
昌弘:「昭弘・・・兄貴?」
昭弘:「兄貴?お前・・・昌弘・・・」
ラフタ:「昭弘から、離れろ~!!」
アジー:「昭弘!」
昭弘:「アジーさんか!待ってくれ!まだっ・・・!」
昌弘:「新手?くっ!」
昭弘:「これは、置いてけ!」
昌弘:「ぐっ!」

クダル:「おらおらおら~!」
三日月:「ちっ使いにくい」
クダル:「はっは~!うっ!」
ラフタ:「三日月!」
クダル:「ちっタービンズか。あいつらの相手までするにはガスが足んねぇか。くそっ!」
昌弘:「撤退信号?」
アストン:「昌弘!」
アジー:「ちっ」
アストン:「大丈夫か?昌弘」
昌弘:「あ・・・ああ・・・俺は大丈夫・・・」

ラフタ:「三日月!」
三日月:「助かったよラフタ。飛ばしてきたから推進剤がもうやばかった。それで昭弘は?」
ラフタ:「あっ・・・それが・・・」
三日月:「あ・・・えっ?」

昭弘:「タカキ返事をしろ!もうすぐイサリビだぞ!タカキ。タカキ!タカキ!」
タカキ:「あぁ・・・」

シノ:「まだハッチは開かねぇのか!?」
ダンテ:「金属カッターは!?ジャッキ持ってこい!ジャッキ!」
シノ:「よし開い・・・」
ダンテ:「あっ・・・」
ライド:「タ・・・タカキ・・・」
シノ:「とりあえず降ろすぞ」
ライド:「タカキ!タカキ!」
シノ:「ライドうるせぇ!」
ダンテ:「なっ!こりゃ・・・」
ライド:「タカキ!タカキ~!」
シノ:「うるせぇ!とりあえず閉めろ!スーツが血ぃ止めてたんだ!」
オルガ:「兄貴の船から医者がやってくる!それまでもたせろ!」
ダンテ:「もたせろって言われてもよ!」
クーデリア:「あっあの~!言われたものを持って・・・はっ!」
シノ:「おい!誰かメディカルキットは!!」
団員:「この出血じゃ・・・」
メリビット:「貸しなさい」
団員:「内臓までいってるぞ」
メリビット:「輸血パックと消毒液あとはメディカルナノマシンの投与準備を。早く!」
一同:「は・・・はい!」
団員たち:「おらぁ早く!」
「輸血パックは・・・」
「医務室の電源入れてこい!」

メリビット:「もう大丈夫ですよ、団長さん」
オルガ:「あっ、あぁ・・・その、今日は助かりました・・・」
メリビット:「船医も乗せず惑星間航行をするなんて判断、団長さん失格じゃない?」

オルガ:「はぁ・・・」

雪之丞:「うぅ~・・・」
アトラ:「あ・・・、あっ・・・三日月、その・・・タカキは?」
三日月:「メリビットさんがもう大丈夫だって」
アトラ:「そっか・・・よかった!」
雪之丞:「で結局連中は何者だったんだ?」
三日月:「あぁ・・・」

ラフタ:「どう?アジーなんかわかった?」
アジー:「う~ん・・・エイハブ・リアクターの固有周波数はロディ・フレームだって言ってる」
ラフタ:「それってあんなに丸くてかわいいモビルスーツだったっけ?」
アジー:「これがかわいい?」
ラフタ:「こっちのひと回りおっきいやつは?」
アジー:「ああサンプルが少なくて、マッチングした機体はなかった。固有周波数が似てるのをあえて挙げるなら・・・バルバトス」
ラフタ:「ええ~?全然似てないじゃん」
アジー:「興味があるなら自分で調べて。今問題にすべきはうちらがケンカを売られたってことだよ」
ラフタ:「ふっ」

名瀬:「ほう~」
オルガ:「お・・・」
ビスケット:「お・・・」
名瀬:「んじゃお前らは本気で俺たちにケンカ売ろうってんだな?なあ
ブルック・カバヤンさんよぉ」

ブルック:「ケツがテイワズだからってでけぇツラしてんじゃねぇよ。何もテイワズだけが
力を持ってるわけじゃねぇんだぜ。タービンズの大将さんよ」
ブルック:「あとで吠えヅラかいても知らねぇぞ」
ブルック:「ふっ・・・」
オルガ:「あぁ・・・」
ビスケット:「あぁ・・・」
名瀬:「ったく、血の気の多いバカがいたもんだよ。なあ?」
オルガ:「はあ・・・」

アミダ:「でタカキの容体はどうだい?」
ビスケット:「安定しています。ステープルトンさんのおかげで助かりました」
名瀬:「役に立つ女だって言ったろ」
オルガ:「ええ・・・」
名瀬:「ん?なんか言われたか?」
オルガ:「船医も乗せずに惑星間航行をするなんて団長失格だそうです」
名瀬:「そりゃ正論だな」
オルガ:「んっ・・・。それで連中のことですが何者です?」
名瀬:「名はブルワーズ。主に火星から地球にかけての航路で活躍している海賊だ」
オルガ:「海賊?じゃあ狙いは船の積み荷ってわけですか?」
名瀬:「あとクーデリア・藍那・バーンスタインの身柄だとよ」
オルガ:「あっ・・・」
ビスケット:「あっ・・・」
名瀬:「おとなしく引き渡せば命までは取らねぇとえらく上から言ってきやがった」
ビスケット:「ブルワーズってそんなに力を持った海賊なんですか?」
アミダ:「武闘派で名の通った組織であることは確かだね。もちろんテイワズと渡り合えるほどじゃあないんだが」
名瀬:「だからこそ今回の件に関して妙に強気なのが気にかかる。でかいバックが付いたのかもしれねぇ」
ビスケット:「クーデリアさんのことを知っていたのも気になります」
名瀬:「やれやれ・・・どうにもめんどくせぇ裏がありそうだなぁ」

タイトル:「#11 ヒューマン・デブリ」
11.png

アイン:「これが・・・地球・・・」
士官A:「はははっ、よう新入りお前は地球への降下、許可が下りなかったのか?まあそうだよな、火星生まれの汚ぇサルがいたんじゃ地球が臭くなっちまう」
士官B:「やめた方がいいですって、こいつファリド特務三佐の船で来たんですからファリド家はギャラルホルンを束ねるセブンスターズのご家門じゃないですか」
士官A:「ふん!だから教育が必要なんだろ。お前のようなヤツがそばにいてはファリド特務三佐の名が汚れるんだよ」
アイン:「今私の上官はガエリオ・ボードウィン特務三佐ですのでその点はご心配いらないかと思います」
士官A:「ボードウィン家もセブンスターズの一家門じゃねぇか!バカにしてんのか?」
アイン:「いえ、田舎者へのご教示を賜り、ありがとうございます」
士官A:「ぐっ・・・ちっ!行くぞ!」
士官B:「あっ・・・はい」
アイン:「俺はあの少年たちを討てればそれでいい。その機会をくれるなら誰であろうとついていく」

イズナリオ:「此度の火星遠征、大儀であった」
マクギリス:「はっ」
イズナリオ:「ファリド家の名に恥じぬ働きであったと監査局局長および統制幕僚長から報告を受けた」
マクギリス:「はっ」
イズナリオ:「ガエリオも愚息の護衛任務ご苦労であったな」
ガエリオ:「いえイズナリオ様、私は護衛の立場にありながら助けられた身です。どうぞ笑ってやってください」
イズナリオ:「はははっ、その実直さはそなたの魅力だな。ボードウィン卿には礼を言っておこう」
ガエリオ:「恐縮ですイズナリオ様」
イズナリオ:「してマクギリス、しばらくは家に戻りゆっくりできるのか?」
マクギリス:「いえ、帰還に伴い新たな任務もありますゆえ」
イズナリオ:「ふむ・・・そうか」

ガエリオ:「実家には帰らなくてよかったのか?」
マクギリス:「義父上には会ったさ。そう何度も見たい顔ではない」
ガエリオ:「まあそうだな見なくて済むのならその方がいい」

執事:「おかえりなさいませガエリオ様」
ガエリオ:「この家に戻るのも3か月ぶりか。やはり火星は遠すぎるな」
マクギリス:「だが出向いた価値はあった」
アルミリア:「マッキー!」
マクギリス:「ん?」
アルミリア:「はぁはぁはぁ、ふふっ」
マクギリス:「あっ・・・あははっ」
アルミリア:「いらっしゃい!マッキー!」
マクギリス:「ふふっ、アルミリア、皆が見ているよ」
ガエリオ:「3か月たってもお前はお子様のままだったか・・・」
アルミリア:「おかえりなさいお兄様。私はもう立派なレディーです・紅茶のいれ方も覚えたんだから。あとでマッキーにも入れてあげるね」
マクギリス:「それは楽しみだな」
アルミリア:「・・・!」
ガエリオ:「俺は遠慮しとくよ」
アルミリア:「むぅ・・・」

アルミリア:「んん・・・あっ熱っ!」
メイド:「お嬢様!?」
アルミリア:「大丈夫!ちょっと温度を確かめたかったの!」
メイド:「ですが・・・」
アルミリア:「大丈夫よ!・・・」
ガエリオ:「それでちょびヒゲの野郎からは何か連絡はあったのか?」
マクギリス:「ああ、存外使える男のようだな。クーデリア・藍那・バーンスタインの所在を突き止めたそうだ」
ガエリオ:「ならばすぐに出る!この前の借りを必ず・・・」
マクギリス:「落ち着け」
ガエリオ:「ん?」
マクギリス:「今から船を出しても間に合わんよ。もう動いてる頃だろう。どこぞの海賊を使うからと金を無心してきたからな」
ガエリオ:「しかし・・・」
マクギリス:「それに鉄華団の船を捕捉したのはアリアドネの正規ルートを外れた薄暗い航路だ。角笛の音色も届かぬ宇宙、ドブをさらうのはドブネズミにでもやらせておけばいい」
ガエリオ:「んん・・・」
マクギリス:「我々はもっと大局を見る必要がある」
ガエリオ:「はぁ~」
マクギリス:「今回の火星への遠征ではっきりしただろう。ギャラルホルンの監視の目は辺境の隅々までは及ばない。何より内部にはコーラルのような腐敗の芽が育っている」
ガエリオ:「育てたのはギャラルホルンの現体制だろ?」
マクギリス:「ああ、そうだな」
ガエリオ:「だがその現体制の支配力こそがギャラルホルンそのものであるのもまた事実だ。誰も内部を変えようとしない」
マクギリス:「だからこそ駒がいる。現体制を揺るがす強力な駒が」
ガエリオ:「クーデリア・藍那・バーンスタインがその駒になりえると?」
マクギリス:「そうなればそれでもいい・・・」
ガエリオ:「ん?」
アルミリア:「お待たせ、マッキー!はい、どうぞ」
マクギリス:「ありがとう、アルミリア」
ガエリオ:「俺の分は?」
アルミリア:「お兄様はいらないと言いました」
ガエリオ:「お前・・・」
マクギリス:「うん、おいしいよ。アルミリア」
アルミリア:「ほんと!?」
マクギリス:「ああ」
アルミリア:「結婚したら毎日いれてあげるね」
ガエリオ:「考え直すなら今だぞ。婚約パーティーのあとでは手遅れだ」
アルミリア:「縁談が持ち上がる度に任務だなんだと家を空けるお子様のお兄様は口を挟まないでください!お父様もお困りなんだから」
ガエリオ:「っ・・・任務があるのは事実だ!」

クーデリア:(また何もできなかった私・・・)
エンビ:「あれ?クーデリア先生?」
クーデリア:「えっ?あっど・・・どうしたんですか?みんなそろって」
ライド:「タカキにって、みんなで集めてるんだ」
エルガー:「先生もなんかない?」
クーデリア:「お菓子ですか?」
エルガー:「うん」
エンビ:「ってか先生は何してたの?」
クーデリア:「あっ、私はその・・・私には何もできないから、だから・・・」
アトラ:「ありますよ。できること」
クーデリア:「ん・・・えっ?」
アトラ:「まずはお見舞いです」
クーデリア:「あぁ・・・」

宇宙海賊船団 ブルワーズ
クダル:「こんのクズ!」
昌弘:「うっ!」
クダル:「せっかく捕らえた人質を!」
昌弘:「うっ!」
クダル:「てめぇは!」
昌弘:「うあっ!」
クダル:「何!」
昌弘:「ぐっ!」
クダル:「逃がしてんだっよっ!」
昌弘:「あっ!ううっ!」
クダル:「もう~信じらんない!」
昌弘:「ううっ・・・」
クダル:「おまけにマン・ロディをこんなに壊しやがって!てめぇらも!モビルスーツはてめぇらなんかよりよっぽど価値があんのよ!わかってるでしょ!」
ビトー:「・・・!」
昌弘:「ううっ・・・」
クダル:「ほら言い訳をしろっての!ほらほら!」
昌弘:「すみ・・・ませんでした・・・」
クダル:「ああっ!?聞こえねぇ」
ブルック:「クダル、作戦会議だ。ブリッジまで来い」
クダル:「はいよ、船長。ふん!宇宙ネズミが!」
昌弘:「ああっ!」
クダル:「しっかり反省しとけよ!」

昌弘:「痛っ!あぁ・・・」
アストン:「大丈夫か?昌弘」
昌弘:「なんとか・・・」
アストン:「ごめんな、何もできなくて」
昌弘:「人質逃がしたのは俺だし、俺がやられんのは当然だよ」
デルマ:「あっそういやあんときお前、向こうのパイロットとなんか話してたか?」昌弘:「あれは・・・」
ビトー:「くそっ!なんもかんも全部あいつのせいだ!あいつらのせいでペドロは・・・ペドロは・・・ぶっ殺してやる!あいつら絶対にぶっ殺してやる!絶対だ!!」
昌弘:「・・・!」

昭弘:「罰が当たったのかもしれねぇな」
オルガ:「罰がどうしたって?」
昭弘:「お前ら・・・」

オルガ:「昭弘、お前がタカキのことを自分のせいだって思ってんなら、そりゃ違うぞ。ありゃあ俺が指示を出したんだ」
昭弘:「あっ・・・あっいや」
三日月:「なんからしくないな、昭弘」
昭弘:「そうだな。らしくねぇんだよ俺は、ヒューマン・デブリらしくねぇ」
オルガ:「なんだそりゃ」
昭弘:「弟がな・・・いたんだ」
三日月:「弟?」
昭弘:「昌弘っつってヒューマン・デブリとして俺とは別々に売り飛ばされた。迎えに行くって言ったのによ、いつの間にかどうせもう死んでると勝手に思い込んでた」
オルガ:「その弟が?」
昭弘:「タカキを襲ったモビルスーツに乗ってやがった・・・!俺よ、最近楽しかったんだ。お前らと鉄華団を立ち上げて一緒に戦って仲間のために・・・とか言ってよ。姐さんたちにしごかれんのも楽しかった。楽しかったから俺がゴミだってことを忘れてた。ヒューマン・デブリが楽しくっていいわけがねぇ。だから罰が当たったんだ」
三日月:「そっか。俺たちのせいで昭弘に罰が当たっちゃったんだ」
昭弘:「あっいや、そういうわけじゃなくて・・・」
オルガ:「鉄華団が楽しかったのが原因ってことは団長の俺に責任があるな」
昭弘:「あ、いや違う俺が言いてぇのは・・・!」
オルガ:「責任は全部俺が取ってやるよ・昌弘って弟のこともな」
昭弘:「何を言って・・・」
オルガ:「お前の弟は別に望んで俺たちの敵に回ったわけじゃねぇんだろ」
昭弘:「それは・・・わからねぇ」
オルガ:「どのみちお前の兄弟だってんなら俺たち鉄華団の兄弟も同然だ。なあそうだろ?お前ら」
シノ:「当ったりめぇだろ!」
雪之丞:「なんの話かと思えばよぉ」
ユージン:「水くせぇにも程があんだろ」
ヤマギ:「だね」
ビスケット:「んじゃ、責任の取り方をみんなで考えようか」
昭弘:「お前ら・・・」
シノ:「ったく何をごちゃごちゃ言ってるかと思えば!」
雪之丞:「若ぇなぁ・・・」
ユージン:「・・・わかりずれぇんだよ」
タカキ:「あ・・・あの~なんかうるさくて寝てらんないんですけど・・・」
昭弘:「タ・・・」
一同:「タカキ!」
「タカキさん!」
タカキ:「えっ?あれ?」
シノ:「おお~!気ぃ付いたか!」
ヤマギ:「よかった・・・」
ユージン:「心配かけやがって」
雪之丞:「なんにせよよかったぜ」
メリビット:「ちょっと一応医務室なんですから、ふふっ」
ライド:「びっくりさせやがって!おめぇ起きんの遅ぇんだよ!ほらみんなでお菓子持ってきた・・・」

名瀬:「悪いな。偉そうなこと言っといて結局海賊なんぞに絡まれてこのザマだ」
オルガ:「よしてくれ兄貴。道理の分からねぇチンピラが売ってきた安いケンカだ」
名瀬:「で・・・どうする兄弟」
オルガ:「安いケンカだが、なめられっぱなしってのも面白くねぇ」
名瀬:「同感だ。じゃあいっちょ俺たちの道理ってやつを教えてやろうじゃねぇか」

ED 「オルフェンズの涙」 MISIA


次回予告(クダル):「あぁ~たぎる・・・たぎるわ~!あの白いモビルスーツ早くぐっちょんぐっちょんにしたいよ~!おいゴミクズども!何見てんだよ!おうっ!?景気づけにまずてめぇらからプチッ・・・っといってやろうかぁ!?次回、機動戦士ガンダム、鉄血のオルフェンズ第12話『暗礁』」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する