鉄血のオルフェンズ 第10話 明日への手紙

ここでは、「鉄血のオルフェンズ 第10話 明日への手紙」 に関する記事を紹介しています。
雪之丞:「行っちまったな」
三日月:「うん・・・」
雪之丞:「なんだ?仲間と離れちまって寂しいってか?」
三日月:「うん、寂しいよ」
雪之丞:「・・・、バルバトスの整備が終わりゃあ、すぐに追っつけるじゃねぇか」
三日月:「まあね」
雪之丞:(バカ強ぇつってもまだまだガキんちょなんだよな)
整備長:「お~い三日月君!」
雪之丞:「ん?」
整備長:「阿頼耶識のシステムチェック始めるよ!」
三日月:「う~っす」
雪之丞:「ははっ」

タカキ:「オーライオーライオーラ・・・こらライド!あんまり乱暴に扱うなよ。工業コロニーへの届け物なんだからさ」
ライド:「どうせ鉱物原料だろ?平気、平気!」
タカキ:「ダメだよ!テイワズから預かった貨物に何かあったら、鉄華団の信用問題になるだろ!」
ライド:「わかった、わかった。
タカキ:「ったく・・・さっ、頑張って昼飯までに作業終わらしちゃおうぜ~!」
団員たち:「う~っす!」
タカキ:「おいそこ!クレーンに近づき過ぎだぞ~!」
ライド:「なんだよあいつ、妙に張り切っちゃって」

アトラ:「三日月とクーデリアさん・・・お似合いだったな」
ビスケット:「はぁはぁ・・・アトラ?」
アトラ:「あ・・・」
ビスケット:「どうしたの?こんな所で」
アトラ:「いえあの・・・そっちこそどうしたんです?」
ビスケット:「あっ、実は火星からメールが届いたんだ」
アトラ:「へえ~!」

OP 「Raise your flag」 MAN WITH A MISSION


デクスター:「こちらはおおむね順調ですね。テイワズからの支援は無事に届きました。あ、これで当面の運営資金の目処も付きました・・・あっ」
団員A:「団長にメールすっか?」
団員B:「ライド兄ちゃんもいる?」
団員A・B:「いえ~い!団長いえ~い!!」
デクスター:「ギャラルホルンは今のところこちらには姿を見せていません。業務への干渉などもないようです。こら、いい加減に・・・」
シノ:「火星の連中うまくやってるみてぇじゃねぇか」
ユージン:「ああ。テイワズがバックに付いたおかげでギャラルホルンも迂闊に手出しできねぇようだな」
シノ:「ああほんとテイワズ様様だな。なあビスケット!」
ビスケット:「えっ?あっ・・・うん、そうだね」
オルガ:「ここはいいから行ってこいよ。無理すんな」
ビスケット:「あっ・・・悪い。じゃあちょっと」
ユージン:「なんだ?あいつ妹たちからのメールが来てたんだ」
シノ:「はあ?ならここで見りゃあいいのに」
オルガ:「俺たちに気を遣ったんだよ。鉄華団には身寄りのないヤツが多いから、家族からのメールは個別で渡そうって言いだしたのもあいつだしな」
シノ:「へえ~ビスケットらしいぜ」
ユージン:「俺は家族からのメールより女からのメールが欲しいぜ。愛してるわユージン、
あんたに会いたいの、とかさ」

シノ:「俺は遠くにいて会えない女よか、目の前のおっぱいの方がずっといいけどな!」
ユージン:「んなことねぇ!女はやっぱり優しいとか愛情とかがなきゃよ!」
シノ:「おお~おお~語るねぇ!最近女を知ったばかりのユージン君」
ユージン:「なってめぇ!オルガだってそう思うだろ!」
オルガ:「えっ?いや俺は女なんて別に・・・」
ユージン:「はあ~ん・・・わかってねぇなぁオルガ。女の1人や2人知ってなきゃ、一人前の男とは言えねぇぜ」
シノ:「そうそう。最近女を知ったユージンの言うとおり!」
ユージン:「なっ!殴るぞてめぇ!」
シノ:「ああ~ん、やめて、ユージンさ~ん!」
オルガ:「うるせぇな、いいんだよ!俺には鉄華団っていう家族があるんだから」
ユージン:「・・・」
シノ:「・・・」

クラッカ:「ふぇ!?もうこれ映ってんの?」
クッキー:「そうだよ。ほらお兄ちゃんクッキーだよ!」
クラッカ:「クラッカだよ!元気?」
クッキー:「見てほら!収穫全部終わったんだよ。今年は砂嵐が多くて去年よりちょっとだけ不作だったんだって」
クラッカ:「でも私たちもいっぱい手伝ったよ!褒めていいよ!」
クッキー:「お兄ちゃんは今どこにいるの?体壊さないでね」
クラッカ:「あとお土産いっぱい買ってきてね!」
クッキー:「えっとあと何言おうか。あー・・・あっ!おばあちゃんの入れ歯が壊れた話!」
クラッカ:「そんなの面白くないよ!」
クッキー:「え~!面白いよ!」
クラッカ:「面白くないよ!」
クッキー:「面白い!」
クラッカ:「面白くない!」
ビスケット:「えへ・・・あっ、タカキどうしたの?」
タカキ:「あっいやその~俺も・・・」
ビスケット:「ああ~タカキもメール来たんだ?」
タカキ:「はい、妹から」
フウカ:「タカキお兄ちゃん元気ですか?私はすごく元気です。次はいつお兄ちゃんに会えるのかな?さみしいけどお兄ちゃんはお仕事頑張ってるから私も頑張って勉強したり、施設で先生のお手伝いするね~!」
ビスケット:「しっかりしてるね。いくつなの?」
タカキ:「俺の6個下だから7歳です」
ビスケット:「うちのチビたちと近いね」
子ども:「おねえちゃん遊ぼう~」
フウカ:「あっ、ちょっと待ってね。それじゃあお兄ちゃんまたね!」
ビスケット:「施設にいるんだ?」
タカキ:「はい。フウカは・・・妹はすっごく頭が良いんです。俺なんかよりずっと。俺鉄華団の給料をもらえるようになって、こいつを施設に入れてやれたけど、いつか学校にも入れてやりたいと思ってて、夢みたいな話ですけどね」
ビスケット:「夢じゃないよ」
タカキ:「えっ?」
ビスケット:「テイワズと提携できたことでみんなの給料も上がると思うし、この仕事が成功すれば鉄華団の名前ももっと大きくなる」
タカキ:「ほ・・・ほんとに?」
ビスケット:「実は俺も一緒なんだ。双子のチビたちを学校へ入れてやるのが当面の目標」
タカキ:「ビスケットさんも。そっか。じゃあ俺も今以上にもっともっと頑張らないとですね」
ビスケット:「うん、そうだね」
タカキ:「よ~し、やるぞ~!」

朋巳:「いろいろ良くない噂を聞きました。あなたは何か危ないことをしているのでしょ?お父様もとても心配なさっています。とにかく一度こちらへ帰ってらっしゃい。バーンスタイン家の名に恥じない・・・」
クーデリア:「私の存在がお父様は不安でたまらないようね。テイワズと手を結んだと知ったら震え上がってしまうのではないかしら。今更だけど、ごめんなさいね、フミタン。あなたをこんなことに巻き込んでしまって」
フミタン:「それが私の役目ですから」
クーデリア:「ありがとう」

名瀬:「エイハブ・リアクターを動力に使用する以上、無線の類いは一切使えねぇ。唯一の目印はこのアリアドネだけだ。とはいえこいつはギャラルホルンの管理下にある。道しるべとして利用しつつ、いかに監視の目をかいくぐって航路を組み立てるかが腕の見せどころってわけだ。まっこっちはそいつが本業だからな。お前らは俺が指示するとおりに舵を切ってりゃあそれでいい」
ユージン:「ん・・・」
オルガ:「よろしく頼んます」
アミダ:「むしろ問題は同業者の方だね」
名瀬:「まあな・・・」
ビスケット:「同業者?」
アミダ:「アリアドネを回避する航路はギャラルホルンには有効だけど、そこを通る船を専門に狙う海賊まがいの連中がいるのさ」
名瀬:「まっ、武闘派で名の通ったタービンズにケンカを仕掛けてくる命知らずがいるとも思えねぇがな」

タカキ:「よし完了っと」
ライド:「おいどこ行くんだ?」
タカキ:「シミュレーターで訓練しとこうと思ってさ。そのうち外回りの仕事が来るかもしれないし」
ライド:「はぁ・・・元気だなぁ」

名瀬:「ああそうだ。出航がバタバタして挨拶が遅くなったが、今後イサリビに1人、テイワズの人間を乗せてもらうことになった」
オルガ:「イサリビに?」
名瀬:「ああ。おやじからのお目付け役ってことでな」
オルガ:「お目付け役?それは俺たちをまだ信用できないってことですか?」
名瀬:「そう構えるなよ。お互いうまくやるためにも窓口は必要だ。それにいろいろと役に立つ女だぜ」
オルガ:「女?」
アミダ:「入っといで」
ユージン:「あ・・・」
メリビット:「はじめまして。メリビット・ステープルトンです」
名瀬:「テイワズの銀行部門で働いていた女でな。商売のことは一通りわかっている。あんたたち商売に関しちゃまだまだ素人だろ?いろいろ教えてもらうといいよ」
ユージン:「い・・・いろいろ・・・?」
ビスケット:「・・・?」
オルガ:「うちは男所帯だし、いきなり言われても・・・」
メリビット:「この間はどうも」
オルガ:「えっ?」
名瀬:「あっ?こいつを知ってるのか?」
メリビット:「ええ何日か前に歳星で」
名瀬:「なんだ知り合いなのか」
オルガ:「いや俺は・・・」
メリビット:「ふふっ・・・」
オルガ:「ん?あっ・・・!・・・!」
名瀬:「ん?」
オルガ:「よく覚えてません・・・」
名瀬:「まあなんでもいいや。とにかくこいつはおやじの命令だ。わかったな?」
オルガ:「そりゃあ・・・」
メリビット:「よろしくお願いしますね」
オルガ:「・・・なっ・・・!よ・・・よろしく・・・」

タイトル:「#10 明日への手紙」
10.png

団員A:「わっ・・・ほ、ほらあそこ!メリビットさんだ!」
団員B:「大人の女って感じだよなぁ」
ユージン:「おらおら!」
団員A・B:「あ・・・」
ユージン:「ガキが色気づいてんじゃねぇよ。仕事しろ仕事!」
メリビット:「あっ」
ユージン:「あっ?」
メリビット:「ユージンさんちょうどよかった」
ユージン:「あっ・・・なんでしょう?」
団員A・B:「・・・」
ユージン:「困ってることがあったらなんでも僕に言ってくれれ・・・」
メリビット:「団長さん見かけませんでした?」
ユージン:「オルガならたぶんブリッジの方に・・・」
メリビット:「そう。ありがとう」
ユージン:「い・・・いえ・・・、・・・」
団員A:「んん~?」
団員:「ふふふ~」
ユージン:「・・・!仕事しろ仕事!」
団員A・B:「ふふふっ!」

メリビット:「団長さん!あっ!」
オルガ:「お・・・」
メリビット:「ごめんなさい」
オルガ:「いえ」
メリビット:「食糧や備蓄品のリストを見せていただけます?」
オルガ:「えっ?」
メリビット:「今後の収支計算に必要なので」
オルガ:「わかりました。ビスケットに用意させます」
メリビット:「ありがとう。良い船ですね。子供たちで動かしてるなんてなんだか嘘みたい」
オルガ:「あんまり子供扱いしないでもらえませんかね」
メリビット:「えっ?あっ・・・ごめんなさい。そんなつもりじゃ・・・」
オルガ:「ああ~それと借りてたハンカチ」
メリビット:「ふふっやっぱり覚えてたんですね」
オルガ:「すんません。どっかへ行っちまって・・・あん時は俺もフラフラで」
メリビット:「良いんですよ。あれは差し上げたつもりでしたから」
オルガ:「あの時から俺らのこと見張ってたんですか?」
メリビット:「違います!あそこにいたのはただの偶然で・・・」
オルガ:「良いんですけどね。鉄華団を見張るのがあんたの仕事だ。ただし俺たちの家に
土足で上がり込むような真似はさせませんけど」

メリビット:「・・・私のことが嫌いですか?」
オルガ:「好きも嫌いも・・・上の命令には従う」
メリビット:「・・・」

エンビ:「やっぱさぁフミタンも良いけど、メリビットさんの方が色っぽいよな」
エルガー:「やっぱ大人は違うぜ!」
アトラ:「どうせ子供ですよ~」
クーデリア:「あの~・・・」
アトラ:「・・・!?」
クーデリア:「アトラさん」
アトラ:「あっ。はい・・・」
クーデリア:「私もお仕事お手伝いしてもいいかしら?」
アトラ:「えっ?あっ・・・はい」
クーデリア:「体を動かすっていいですね。嫌なことも忘れられる気がして」
アトラ:「嫌なこと?」
クーデリア:「・・・大したことじゃないんだけど・・・」
アトラ:「あ・・・。ふぅ~ふぅ~ふぅ~」
クーデリア:「アトラさんご両親は?」
アトラ:「いません」
クーデリア:「あっ・・・ごめんなさい」
アトラ:「いえ。三日月とかみんながいてくれたし」
クーデリア:「鉄華団の人たちとはずっと前から?」
アトラ:「んん~初めて会ったのは10歳の時です。私が最初にいたのは女の子ばっかりの
お店だったんですけど。稼ぎのあるお姉さんたちと違って小さかった私は雑用ばっかりで。それもあんまりうまくできなくって・・・」


(アトラ):「あっうっ!あぁ・・・」

アトラ:「毎日毎日失敗してその度に怒られていじめられたり殴られたり、何か失敗すると何日も食事を抜かれて・・・どうしてもお腹が空いて眠れなくて私はお店を抜け出したんだけど・・・」

(アトラ):「うわっ!」
(浮浪者):「ん?わあ~・・・」
(アトラ):「うっ・・・うわあぁ~!」
(男A):「お前今日が初めてか?」
(男B):「あっ・・・はい」
(男A):「じゃあ終わったら祝い酒だな」
(アトラ):「はぁ~・・・」
(三日月):「・・・。見ててもやらないよ」
(アトラ):「いらないもん」
(三日月):「これ俺が働いて買ったんだ」
(アトラ):「私だって働くから」
(三日月):「子供はどこも雇ってくれないよ。CGSも女はダメだし」
(アトラ):「働けるもん。年だって同じくらいじゃない。(腹鳴)うぅ・・・」
(三日月):「・・・」
(ハバ):「ん?」
(三日月):「これしかないや」
(ハバ):「うん?」
(三日月):「なんでもいいからこれで食い物売って」
(ハバ):「どうしたの?」
(三日月):「あいつ、腹減り過ぎて立てないみたいなんだ」
(ハバ):「・・・」

アトラ:「それで事情を聞いた女将さんが私を雇ってくれることになって。それから手伝いでCGSにも配達に行くようになって、だから三日月のおかげなんです。私がこうしていられるの」
クーデリア:「そう・・・。大変な思いをなさったのね」
アトラ:「いえそんなこと!三日月たちと会ってからはみんな優しくしてくれるし」
クーデリア:「少し羨ましいわ。アトラさんが・・・」
アトラ:「えっ?」
クーデリア:「親や兄弟はいなくても、本当に心から信頼できる仲間という家族がいつもそばにいるんですもの。私には両親がいるけど信頼どころか・・・父は私の存在を疎んじて命まで奪おうと・・・私は・・・」
アトラ:「あっ、あの!」
クーデリア:「えっ?」
アトラ:「ご・・・誤解とかじゃないんですか!?うん、きっとそうですよ!」
クーデリア:「あの・・・」
アトラ:「だってお父さんって普通、娘のことってすっごくかわいいって思ってるはずで!あっうちの店の隣に住んでたイワンさんもですね、生まれたばかりの娘さんに・・・」
クーデリア:「・・・」
アトラ:「あっ、あの・・・ごめんなさい、私何もわかってないのに・・・」
クーデリア:「・・・いいえ・・・いいえ・・・」
アトラ:「でもクーデリアさんは私たちの仲間の・・・家族の1人ですから!」
クーデリア:「私が・・・家族?」
アトラ:「うん!・・・あっ・・・」
クーデリア:「ありがとう。うれしいわ、とっても」
アトラ:「えへへへっ。ん?」
(あれ?私とクーデリアさんが同じ家族ってことは・・・ことは・・・ことは・・・ことは!そうだよ、タービンズさんとこみたいに・・・うん・・・うんそう!そしたらみんな幸せだし)

クーデリア:「えっと・・・あのアトラさん?」
アトラ:「頑張りましょうね!クーデリアさん!」
クーデリア:「は・・・はい・・・」

昭弘:「はぁはぁはぁ。ぐっ・・・んんっ!ぐっ!はぁ~・・・」
ラフタ:「あっ、あれ?昭弘もう終わり?もう一戦しようよ~」
昭弘:「あっそろそろ哨戒任務の時間なんで」
ラフタ:「ちぇ~!あっ、ねえそういえばなんかあった?」
昭弘:「・・・?」
ラフタ:「今日のあんた、いつもとちょっと違ってたよ自分から命投げ出すみたいな無茶な戦い方しなくなった。しつこいのは相変わらずだけどさっ」
昭弘:「はあ・・・」

昭弘:(俺が変わった?)
フミタン:「カーゴハッチから進入お願いします。哨戒任務は15分後からの予定です」
昭弘:「了解」
タカキ:「昭弘さん!今から哨戒ですか?」
昭弘:「ああっ?」
タカキ:「あの、俺も一緒に行っていいですか?シミュレーションは十分やったし絶対迷惑かけませんから!」
昭弘:「まあ見張りの目は多い方がいいだろうが・・・」
タカキ:「あぁ・・・」

タカキ:「すいません。無理言ってついてきちゃって」
昭弘:「どうしたんだ?急に」
タカキ:「妹からメールが来たんです。俺妹を絶対学校に入れてやるって目標が出来て・・・。だからもっといろんな仕事覚えたいんです。いっぱい仕事覚えていっぱい稼いで妹のために頑張ろうって。あっ、す・・・すいません」
昭弘:「ふっ、ヒューマン・デブリに家族の話は禁物か?」
タカキ:「あっいや・・・」
昭弘:「気にすんな。お前が妹のために頑張ってんのは見ててわかったよ。それに・・・誰にも話したことねぇんだけどな。俺にも弟がいたんだ」
タカキ:「弟?」
昭弘:「名前は昌弘。俺たちは商船団を経営する家族と一緒にあちこちを渡り歩いてた」

(男C):「ほらよっ」
(昭弘):「ういっす。んっ」
(男C):「お前もか?」
(昌弘):「うん!」
(男C):じゃあこれならいけるかな」
(昌弘):「うっくっ!ううっ・・・ぐわっ!うっ!」
(昭弘):「昌弘?ぶっ・・・ぶはははっ!」
(昌弘):「う・・・」
(昭弘):「む・・・無理すんなよ昌弘、はっはっは!」
(昌弘):「くそっ!笑うな兄貴!」
(昭弘):「ははははっ!ははははっ!」
(昌弘):「負けねぇからな!」
昭弘:「けどあるとき・・・海賊だった。大人たちは皆殺し。俺たちの親もそのときに」
(昭弘):「くっ・・・」
(昌弘):「ううぅ・・・」
昭弘:「それから俺たちはヒューマン・デブリとして各地の人買い業者にゴミみてぇな値段でバラ売りされた」
(昭弘):「返せ!昌弘を返せ~!!」
(昌弘):「兄ちゃん!兄ちゃん!」
(昭弘):「絶対迎えに行くからな!待ってろよ~!!」
(海賊):「うるせぇ!」
(昌弘):「兄ちゃ~ん!!」
(昭弘):「くっ!ううっ・・・」

(昭弘):「それっきり昌弘とは会ってねぇ。正直ちょっと前までは自分のことで精いっぱいで昌弘のことを思い出すこともなかった。鉄華団に入れてもらって家族みてぇな仲間ができて考えるんだ・・・俺にも本当の家族がいたんだってな。もし生きてりゃタカキと同じくらいだな」
タカキ:「俺と・・・」
昭弘:「まっもう生きちゃいないだろうがな」
タカキ:「そ・・・そんなことないですよ!こうやって仕事していればいつかきっと会えますって!」
昭弘:「だといいんだが・・・っと・・・船から離れ過ぎたな。そろそろ戻るか」
タカキ:「ですね。あっ、あれ・・・?」
昭弘:「なんだ?」
タカキ:「あの星動いてる。2時の方向」
昭弘:「なんだと?エイハブ・リアクターの反応?敵か?モビルスーツ?一旦戻るぞ!」
タカキ:「はい!ぐあっ!」
昭弘:「タカキ!しっかりつかまってろよ!」
タカキ:「はい!」

フミタン:「グレイズより緊急通信。所属不明機と交戦中。数は3です」
オルガ:「所属不明だと!?距離は?」
ビスケット:「約1600!」

昭弘:「ぐっ!くっそ~!」
タカキ:「うっぐっ!」
昭弘:「タカキ!ぐっ!?何っ!?・・・はっ!」
タカキ:「えっ?」
昭弘:「み・・・」
三日月:「はぁ・・・」
昭弘:「三日月・・・!」


ED 「オルフェンズの涙」 MISIA


次回予告:「ああ本当だ。袖んとこほつれてるな。いやこのままでいい。ここ来るまで服なんて、はなっから破けた中古しか支給されてなかったからな。汚ぇぐらいのがしっくりするんだ。えっ?お・・・俺?チャドだよ。チャド・チャダーンだよ!いつもブリッジにいるだろ!次回機動戦士ガンダム、鉄血のオルフェンズ第11話『ヒューマン・デブリ』」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する