鉄血のオルフェンズ 第9話 盃

ここでは、「鉄血のオルフェンズ 第9話 盃」 に関する記事を紹介しています。
大型惑星巡航船歳星

名瀬:「いいか?この先にいるのは圏外圏でいちばん恐ろしい男だ。くれぐれも失礼のねぇようにな」
ユージン:「・・・」
ビスケット:「・・・」
名瀬:「よう、久しぶりだな」
黒服:「お久しぶりです、タービン様。失礼ですが、本日のご用件は?」
名瀬:「ああ、オヤジに会いに来た。さ~て・・・んじゃ行くか」

OP 「Raise your flag」 MAN WITH A MISSION


マクマード:「ん?おう来たか名瀬」
ユージン:「ひっ!」
マクマード:「なるほど、お前らが・・・話は聞いてるぜ。良い面構えしてるじゃねぇか。おい、客人にカンノーリでも出してやれ。クリームたっぷりのな」
黒服:「へい」
マクマード:「ウチのカンノーリはうめぇぞ~、・・・たっぷりのクリームでな」
ビスケット:(これがテイワズの代表、マクマード・バリストン)
ユージン:(なんかイメージと違くね?)
マクマード:「で名瀬、お前はどうしたいんだ?」
名瀬:「こいつらは大きなヤマが張れるヤツだ。オヤジ俺はこいつに盃をやりたいと思っている」
オルガ:「・・・!?」
マクマード:「ほう~・・・お前が男をそこまで認めるか。珍しいこともあるもんだな」
名瀬:「ふっ・・・」
マクマード:「まあいいだろう。俺の下で義兄弟の盃を交わせばいい。タービンズと鉄華団は晴れて兄弟分だ」
オルガ:「タービンズと俺らが兄弟分?」
マクマード:「で、貫目は?」
名瀬:「五分でいい。どっちが上も下もない。ふっ、お前が良くてもな、周りが許さんだろう。こいつらには荷が重い。せめて四分六にしておけ」
オルガ:「・・・!」

ラフタ:「ったくなんなの~?あいつのしつこさ相当だよ~!夜の名瀬が手ぬるく感じちゃう」
タービンズ構成員A:「ええ~!?マジで~?
タービンズ構成員B:「そんなに~?」
昭弘:「もう一戦頼む!」
ラフタ:「げっ!勘弁して・・・」
アジー:「悪いね、手伝ってもらって」
アトラ:「良いんです。色んな料理覚えたいし」
エンビ:「アトラ、オルガたちにどうして付いていかなかったの?」
アトラ:「えっ?」
エルガー:「女だからだろー!女は弱ぇから連れてったら邪魔になるしな・・・って痛い痛い!痛たたたたたっ!」
アジー:「もっかい言ってみな」
エルガー:「ごめんなさい!ごめんなさい!」
エンビ:「でもクーデリアは女だけど一緒に行ったよ」
アトラ:「あっ・・・」
アジー:「エンビ・・・!」
エンビ:「だ、だってホントのことだもん!」

アトラ:「ふぅ~・・・」
アミダ:「男の度量ってのはね」
アトラ:「・・・?」
アミダ:「愛の量で決まるんだよ」
アトラ:「愛の量、ですか?」
アミダ:「ああ。男の中にゃね、持ってる愛がやたら多いヤツがいる。その愛はたとえ多くの女に分配されても、普通の男の愛なんかよりずっとでかくて、心も体も芯の芯から満足出来るのさ」
アトラ:「はあ・・・」
アミダ:「あんたはさ、ザラザラしたモロコシのパンを独占するのと、とびっきりの極上の肉をみんなで味わうのどっちがいい?」
アトラ:「パン?」
アミダ:「えっ?」
アトラ:「うっあっ・・・ごめんなさい。肉って本物のお肉ですよね・・・。食べたことないですし、なんだかかわいそうで。それに女将さんの焼くパンはとても美味しいので」
アミダ:「ふふっ、あんた良い奥さんになれるよ」
アトラ:「本当ですか!?ふ、ふふふっ・・・あ、アミダさんお菓子食べます!?持ってきますね!」
アミダ:「男選びさえ間違えなきゃね・・・」

マクギリス:「あと3つ、アリアドネをたどればもう地球だ」
ガエリオ:「まったく面倒な仕事だった。それにあの宇宙ネズミども!」
マクギリス:「クーデリアを連れた鉄華団も地球を目指しているだろうが、アリアドネ・ラインを使わなければ捕捉が難しい」
ガエリオ:「ふん。下賤な生き物ほど逃げ足は速い・・・か」
マクギリス:「逃がしはしない。そのために裏の情報に詳しい男に探らせている」
ガエリオ:「抜かり無しか。さすがはマクギリス特務三佐、いやもうこの名では呼べんな。地球に帰ったら昇進が待ってる」
マクギリス:「その前にアルミリアとの婚約パーティーもあるからな」
ガエリオ:「アルミリアか・・・自分の妹をこう言うのもなんだが、あんな子どもを許嫁にされるなんて・・・アイン、お前相手はいるのか?」
アイン:「いえ・・・自分はそういうのは・・・」
ガエリオ:「つまらん男だなぁ。せっかく部下にしてやったんだ。暇潰しの会話のネタぐらいいくつか仕込んでおけ」
(クランク):アイン、手前勝手な行動をしてすまない。俺は罪の無い子供を殺す事など、出来ないんだ」
アイン:(ここまで自分たちの事を考えてくれた人を情け容赦も無く殺すなんて・・・罪の無い子どもは殺せなくても・・・)
「罪のある子どもなら手に掛けてもいいですよね・・・クランク二尉・・・」


ユージン:「うっめぇ!なんじゃこりゃ!」
ビスケット:「なんだろうね?クーデリアさんだけに話って」
名瀬:「恐ろしい人ではあるが、道理の通らんことはしない。一応護衛役も付けたんだろ?」
オルガ:「あっはい・・・」
名瀬:「おっとそうだ。お前らから引き取ったもろもろの鹵獲品に値が付いたぞ」
オルガ:「・・・」
ユージン:「あ?」
名瀬:「この金額でよけりゃ請求をよこしてくれ」
ビスケット:「こ、こんなに!?」
ユージン:「マジか!」
名瀬:「玉石混交だったがな。中でもグレイズのリアクターは高く売れた。今エイハブ・リアクターを新規で製造出来るのはギャラルホルンだけだからな」
ユージン:「やったなオルガ!」
オルガ:「あ、ああ・・・。何から何までその・・・恩に着ます。えっと・・・あ・・・兄貴・・・」
名瀬:「まだその呼び名は早いぜ」
オルガ:「うっ・・・」
名瀬:「歳星は金さえありゃ楽しめる場所だ。ずっと戦闘と移動続きでガキらもストレスが溜まっているだろう。少しは息抜きさせてやれ」
オルガ:「そういうの、いつもかみさんたちにやってるんですか?」
名瀬:「ん?」
オルガ:「いやえっと・・・家族サービスってやつなのかと」
名瀬:「ああ~女ってのは適度にガスを抜かないと爆発すっからなぁ。家長としてはまっ、当然の務めってやつだ」
オルガ:「家長として・・・。よし!こいつの売り上げで今夜はパァ~っといくか!」
ユージン:「マジでか!」
ビスケット:「待ってよオルガ。これからのことを考えたら堅実に資金運営を・・・」
ユージン:「イッヤッホォゥ~!!」
オルガ:「他の連中にも早く伝えねぇとな!」
ユージン:「おう!パァ~っといこうぜ、パァ~っと!」
ビスケット:「まっいいか・・・」

マクマード:「あんたが火星独立運動家のお嬢さんか。時の人と会えて光栄だ」
クーデリア:「時の人って・・・」
マクマード:「ふぅ~。お嬢さんは火星経済の再生策として地球側が取りまとめていた火星のハーフメタル資源の規制解除を要求。火星での独自流通を実現するため地球くんだりまで出向く。そいつで間違いないな?」
クーデリア:「あっ、はい」
マクマード:「うちで仕入れた情報じゃあ現アーブラウ首長である蒔苗は本気でそいつを通そうとしているらしい」
クーデリア:「ほ、本当ですか!?」
マクマード:「下手すりゃ戦争になるな」
クーデリア:「あ・・・!戦争・・・?」
マクマード:「ああ、そうなりゃ新たな利権を得ようとさまざまな組織が暗躍する。それこそどんなあくどい手を使っても」
クーデリア:「・・・」
マクマード:「しかもこいつは長引く。利権を勝ち取ってもその後の各組織間で軋轢が残るからなぁ」
クーデリア:「どうして・・・私はただ・・・」
マクマード:「ふぅ~・・・お嬢さん、ここはテイワズを指名しちゃくれないか?」
クーデリア:「えっ?」
マクマード:「お嬢さんが直々に指名した業者ってぇ大義名分を得られれば当座の問題に関しちゃこっちでなんとかやれる。まっ、避けようもねぇこともあるかもしれねぇが・・・」クーデリア:「それは・・・もう少し考える時間を頂けますでしょうか」
マクマード:「考える必要が?」
クーデリア:「う・・・」
三日月:「・・・、これは」
クーデリア:「・・・」
三日月:「あんたが決めることだよ」
クーデリア:「・・・」
三日月:「どっちにしろこれからも人は死ぬんだ」
マクマード:「ふん・・・」
三日月:「今までのことでわかってるだろ」
クーデリア:「それは・・・」
三日月:「これは多分俺が最初に人を殺したときと同じ。クーデリアのこれからの全部を決めるような決断だ。だからこれはクーデリアが自分で決めなくちゃいけないんだ」
クーデリア:「・・・」
マクマード:「なるほど。確かにそいつは一大事だ。いいだろう。しかし俺はもう老いぼれだ。そうそう長くは待てないが」
クーデリア:「ありがとうございます。では今日はこれで」
マクマード:「若い衆!」
三日月:「・・・?」
マクマード:「名前は?」
三日月:「三日月・オーガス」
マクマード:「三日月・・・そうかお前モビルスーツ乗りのヤツか。よし、お前のモビルスーツうちで見てやろう」
三日月:「はっ?」
マクマード:「うちの職人は腕がいいぞ」
三日月:「・・・」
マクマード:「じじいの気まぐれだ。取り上げやしねぇよ」

オルガ:「ほら土産だぞ!」
少年兵たち:「うわ~すっげぇ!」
エルガー:「これもらっていいの?俺」
オルガ:「ああ、どれでも好きなの選べ」
少年兵たち:「やった~!」
「俺こっち!」
タカキ:「ダメだって!ちゃんと公平、ちゃんと順番!ってかライド・・・お前まで争ってどうすんだよ」
ライド:「う・・・うっせぇ!」
オルガ:「ほら、アトラも」
アトラ:「あっはい!これ自分でも作れるかな?」
少年兵たち:「初めてだぞ」
オルガ:「ほらケンカすんなよ」
少年兵たち:「ははっ、いいだろ~」
シノ:「団長!」
三日月:「・・・?」
シノ:「俺らにはなんもねぇの?」
オルガ:「ああっ?あるに決まってんだろ!」
オルガたち:「フゥ~フゥ~!イエ~イ!フゥ~!飲め~飲め~!飲めよ~!」
メリビット:「はぁ~・・・今日はにぎやかなのね」
店員:「悪いね、メリビット。火星からのお上りさんが」
メリビット:「火星から?」
オルガ:「みんな遠慮しねぇで思いっ切り楽しめよ!」
シノ:「飲んで食ってじゃ物足りねぇよ。やっぱここは女だろ女!」
ビスケット:「えっ!?」
シノ:「タービンズと一緒になってストレス溜まってんだよ。乳ブラブラさせてる女が目の前にいんのに手が出せないんだぜ?なあユージン!」
ユージン:「俺は女なんて別に・・・」
昭弘:「くだんねぇ・・・」
オルガ:「ほらほら何やってんだ。今日はとことんまでいくぞ!」
一同:「うおおぉぉぉ~!!」

オルガ:「ぶほっ!ごほっごほっごほっ!はぁ~あぁ・・・」
三日月:「オルガ大丈夫?」
オルガ:「うぅ・・・」
メリビット:「これ、良かったら使って?」
オルガ:「ん?」
メリビット:「大人になるなら色んな事との付き合い方覚えなくちゃダメよ」
三日月:「誰?」
オルガ:「さあ?・・・女臭ぇ」

シノ:「んじゃ、俺らはここで。えへへっ」
ユージン:「俺はあれだからな・・・シノがどうしてもっつぅから・・・」
ビスケット:「ああわかってるよ。いってらっしゃい」
オルガ:「う・・・」
三日月:「こんなオルガ、初めて見た」
オルガ:「やっとだ・・・やっと家族がつくってやれる・・・お前らにも、やっと胸を張って帰れる・・・場所・・・」
ビスケット:「オルガ・・・」
オルガ:「ん・・・」
昭弘:「家族・・・か」

タイトル:「#9 盃」
9.png

フミタン:「マクマード・バリストンがそのような条件を・・・」
クーデリア:「ええ。私が前へ進もうとすることでこれからも多くの血が流れる。どうしたらいいのか・・・」
フミタン:「ただのメイドである私にはわかりませんが・・・」
クーデリア:「フミタン!」
フミタン:「ですが、ギャラルホルンを敵に回してしまった今、火星に戻ることは叶わないでしょう。であれば・・・」
クーデリア:「答えは決まってる」
フミタン:「・・・」
クーデリア:「わかってたの。でも認める勇気が無かった。ごめんね、いつもありがとう、フミタン」
フミタン:「私は・・・」
クーデリア:「そうだ!」
フミタン:「これは?」
クーデリア:「団長さんたちとここのモールでお買い物したときにね、見つけたの。・・・おそろい!」
フミタン:「あ・・・」

フミタン:「・・・、はぁ・・・」

三日月:「ほら、こんなとこで寝たら風邪ひくよオルガ。ったく・・・」
オルガ:「んん~」
ビスケット:「そっかクーデリアさんは実質テイワズ預かりになるってことか。反対した方が良かったかな?」
ビスケット:「どうして?」
三日月:「テイワズが間に入ったら儲けも少なくなるだろうし、こんな大事なことオルガに聞かずに決めて・・・」
ビスケット:「組織間の戦争なんてことになったら、うちじゃ手に負えないってことはオルガにだってわかってるはずだよ。いや、本当は今までだって・・・上手くいったからいいけど、本当は俺たちの手には負えないことばかりだった」
三日月:「でもオルガの意地のおかげで俺たちも夢が見れてる」
ビスケット:「だね。まあオルガにはもう少し俺たちを頼ってほしいんだけどね」
三日月:「うん」
オルガ:「・・・」

オルガ:「んっんん・・・ん?」
ライド:「っ・・・」
オルガ:「ライド?うっ!あっ・・・」
オルガ:「何やってんだ?こんな時間に」
ライド:「あっ、いやいや!」
オルガ:「あっ?菓子?なんだお前食わなかったのか。どうすんだ?これ」
ライド:「・・・ガキどもがグズったとき用に取っておく」
オルガ:「ん?ガキ?もっとチビのヤツのことだよ!あいつら泣いたりしたときに甘いもんがあるといいから・・・だから・・・その・・・」
オルガ:「お・・・あはははっ」
ライド:「・・・ちょっ!だから俺はガキじゃねぇって!ん?」
オルガ:「ぶえぇ~!!」
ライド:「ええっ!?だっ、団長~!!」

タカキ:「おやっさんたちもう始めてるかなぁ?どうしたの?ヤマギ」
ヤマギ:「別に」
タカキ:「ふ~ん。あぁ~やっぱり俺も式行きたかったな~」

整備長:「ああっ!まさかバルバトスをこの手でいじれる日が来るなんて!この美しいフレームデザイン!幻のツインリアクターシステム!・・・OSの阿頼耶識が生きてるなんて!」
タカキ:「うわ~もうバラされてる」
雪之丞:「俺が着いたときにゃもうこの有様だ」
ヤマギ:「あの~これってそんなにすごいんですか?」
整備長:「すごいも何もこいつは厄祭戦を終わらせたともいわれる72体のガンダム・フレームのうちの1体なんだよぉ!?ただ資料が少なくて今じゃ幻の機体なんて呼ばれてる!そんな機体を予算上限無しで整備出来る~!」
ヤマギ:「そうなんですか?」
雪之丞:「なんでも三日月がテイワズのボスに気に入られたらしい」
整備長:「見ててください!消耗品全交換はもちろんフレーム、リアクターの再調整!集められるだけの資料を集めて完全なバルバトスをご覧に入れますよ~!」
雪之丞:「そりゃありがてぇ」
整備長:「よし!作業再開するぞ!・・・!」
シノ:「よう皆の衆!俺も手伝うぜ!」
雪之丞:「ん・・・?ああっ!?おめぇ式は?」
シノ:「いやちょっと寝過ごしちまってよ。それにこっち人手少ねぇだろ?」
雪之丞:「つぅかおめぇ、なんかツヤッツヤのテッカテカだな」
シノ:「まあ、久々に、いい汗かいたっつぅかさ!」
ヤマギ:「・・・!」
タカキ:「・・・」
雪之丞:「なんだそりゃ」
シノ:「ぐはははっ!」

アミダ:「ちょっとあんた太り過ぎだよ」
ビスケット:「あぁ・・・」
ユージン:「なっ・・・どうすんだ?これ」
ラフタ:「ほ~らほら貸して」
ユージン:「あ・・・」
ラフタ:「はい。良い出来じゃない。馬子にも衣装」
ユージン:「あっ・・・俺も大人になりましたんで」
ラフタ:「はっ?」

ビスケット:「昭弘はこういうの性に合わないから出ないって言うかと思った」
昭弘:「家族の・・・」
ビスケット:「・・・?」
昭弘:「晴れ舞台だからな」
ビスケット:「うん」

クーデリア:「ごめんなさい、アトラさん、手伝ってもらっちゃって」
アトラ:「ううん。それよりクーデリアさん、顔色悪いみたいですけど大丈夫?」
クーデリア:「三日月はずっとこんな気持ちを味わっていたのですね」
アトラ:「クーデリアさん?」

三日月:「変わった絵だね」
名瀬:「字だよ。これで御留我威都華(オルガイツカ)って読む」
三日月:「字?」
名瀬:「式に使うんだ」
三日月:「へえ~。この字って俺のにもあるの?」
名瀬:「お前の?ふむ・・・あっ」
三日月:「これが俺?ああどうだ?俺クーデリアから教わったのよりこっちのが好きだな。なんかきれいだ・・・お?」
オルガ:「失礼します。お待たせしました」
名瀬:「おお~似合ってるじゃねぇか」
オルガ:「どうも。あっ。これって式で使う・・・」
名瀬:「ああ」
三日月:「ほら同じ字が入ってる」
オルガ:「えっ?」
名瀬:「そりゃ御留我の我と王我主(オーガス)の我だ。我(われ)とも読む」
三日月:「われ?」
名瀬:「自分って意味さ。これからどんどん立場だって変わる。自分を見失うなよオルガ。でねぇと家族を守れねぇぞ」
オルガ:「・・・」

クーデリア:「団長さん」
オルガ:「ん?」
名瀬:「おお~、いいねぇ!」
三日月:「どうしたの?」
クーデリア:「ありがとう、三日月。私決めたわ」
三日月:「えっ?」
クーデリア:「団長さん」
オルガ:「・・・!」
クーデリア:「いえ、オルガ・イツカ。お話があります」
オルガ:「・・・」

マクマード:「そうか心を決めてくれたか。クーデリア・藍那・バーンスタイン」
クーデリア:「私の手は既に血にまみれています」
マクマード:「ほう・・・」
クーデリア:「この血は鉄華団の血です。今私が立ち止まることは、彼らに対する裏切りになる。
マクマード:「ふむ・・・それでいいのか?鉄華団は?」

オルガ:「護送の仕事自体はテイワズの下で引き続き任せてもらえるんですよね?」
マクマード:「ああ。だがお前の頭としてのメンツは潰れちまうんじゃねぇのか?」
オルガ:「鉄華団は俺が・・・いえ、俺ら皆で作る家です」
クーデリア:「あ・・・オルガ・・・」
マクマード:「ふむ・・・」
オルガ:「俺のメンツなんて関係ないです。これから何があっても俺らが変わることはない。俺ら一人一人が鉄華団のことを考えていく。守っていく」

ユージン:「あぁあ~!疲れた~」
アトラ:「ああ~ダメだよ、シワになっちゃう」
ユージン:「うるせぇな」

三日月:「かっこよかったよ、オルガ」
オルガ:「ああ。似合わねぇ気苦労かけたな」
三日月:「ん?」
オルガ:「よし!面倒な段取りは全部終わった。行くぞ、地球だ」

ED 「オルフェンズの涙」 MISIA


次回予告:「んんっふんっ!はぁ・・・。ああっ?なんでそんなに鍛えてんのかって?愚問だろ。いざってときに大切なものを守れなかったら・・・あっいや筋肉に意識を集中させてりゃ余計なこと考えねぇで済むからな。ふんっ!次回機動戦士ガンダム、鉄血のオルフェンズ第10話『明日からの手紙』」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する