鉄血のオルフェンズ 第3話 散華

ここでは、「鉄血のオルフェンズ 第3話 散華」 に関する記事を紹介しています。
オルガ:「また食ってんのか?」
三日月:「うん」
オルガ:「うまいかぁ?それ」
三日月:「ん」
オルガ:「いや、いいや。さて・・・」

OP 「Raise your flag」 MAN WITH A MISSION


ビスケット:「ぃよっし、次はこれを皆に運んで」
クッキー・クラッカー:「は~い!」
ビスケット:「気をつけるんだよ」
クッキー:「うん!」
クラッカー:「もう、お兄心配しすぎ!」
ビスケット:「・・・。ありがとうアトラ、皆喜んでるよ。冷たいレーションより暖かいご飯の方がずっと良いから」
アトラ:「えへへっ」
ビスケット:「それにしても」
アトラ:「・・・?」
ビスケット:「クーデリアさんも一緒だったなんて・・・」
アトラ:「うん、クーデリアさん私たちがご飯作るって言ったら、ぜひ手伝わせてくれって」

(クラッカー):「ああ!違う違う~!」
(クッキー):「お野菜切る時は猫の手だよ?
(クーデリア):「こ、こうですか?」
(クラッカー):「違うよ~!それじゃ犬の手じゃん!」
(クッキー・クラッカー):「こう!」
(クーデリア):「こう?」

ビスケット:「そっか。まあありがたいね」
ユージン:「ビスケット」
ビスケット:「お?」
アトラ:「・・・?」
ビスケット:「うん、今行く」
ユージン:「急げよー」
ビスケット:「わかってるって」

ビスケット:「どうぞ」
ハエダ:「・・・、おい!具が少ねえぞ!!てめえのダボついたケツの肉でも入れろや!!」

ビスケット:「うわぁっ!うおぉ。・・・」

クーデリア:「ど、どうぞ」
少年兵A:「わ、お嬢様から手渡し!」
少年兵B:「お嬢様!俺も俺も!はははっ!美味そー!」
クーデリア:「・・・」
クッキー:「あ、三日月!どこ行くの?」
三日月:「あぁー、ちょっと」
クラッカー:「はい!ご飯まだでしょ?」
三日月:「でっかいね」
クラッカー:「これクーデリアが切ったんだよー?」
クーデリア:「はっ・・・!」
三日月:「へぇ~。じゃあまあ・・・」
クーデリア:「そ、それはダメー!」
クラッカー:「なんでー?」
クーデリア:「これは後で私が責任を持って頂くと言ったではないですか!」
クラッカー:「そうだっけ?」
クーデリア:「そうです!とても人様にお出し出来るようなものではないので、私が自分で・・・わああぁーっ!!」
三日月:「・・・うん・・・これくらいデカい方が食ってる感じがして美味い」
クーデリア:「んはぁっ・・・!そ、それは大変よろしかったですね・・・」
クラッカー:「どうしたの?クーデリア」
クッキー:「なんか顔赤い・・・」
クーデリア:「へ?そ、そんなことありません!」
クラッカー:「なに?お熱あるの!?」
クッキー:「寝てなきゃダメだよー?」
クラッカー:「そうだよ-」

雪之丞:「どうした?」
アトラ:「あっ!あ、別に・・・」
雪之丞:「あぁ・・・三日月か・・・行かねえのか?」
アトラ:「今日はもう帰ります。女将さんにも無理言って来てるし・・・それに三日月、なんかピリピリしてるから」
雪之丞:「そうかー?変わんねえだろー」
アトラ:「えへへっ、でもなんか違うってわかっちゃうんです」
雪之丞:「フン・・・」
アトラ:「あ・・・」
雪之丞:「ん?なんだ?」
アトラ:「あの、雪之丞さんにちょっとお願いしたい事が、えっとー」
雪之丞:「ん?」

ハエダ:「う、うぅ・・・ん?・・・う!・・・」
一軍兵たち:「うわっ」
「くそっ!」
「あ~・・・」
「ったくっ!」
ハエダ:「な、なんだ・・・ん?」
オルガ:「おはようございます。薬入りの飯の味はいかがでしたか?」
ササイ:「薬だぁーっ!?」
ハエダ:「ガキがっ!何のマネだ!!」
オルガ:「まあ、はっきりさせたいんですよ。誰がここの一番かってっことを」
ササイ:「あぁ!?」
ハエダ:「ガキども!!貴様ら!!一体誰を相手にしてると思っ・・・」
オルガ:「ろくな指揮もせず、これだけの被害を出した無能をですよ」
ハエダ:「ふざけんな!!ペッ!・・・うおっ!」
一軍兵たち:「うぉぉぉ・・・」
ハエダ:「わ、わかったから・・・とりあえずこいつを取れ。そうしたら命だけは助けてやる・・・」
オルガ:「あ?お前状況わかってんのか?そのセリフを言えるのはお前か俺かどっちだ?」
ハエダ:「く・・・」
オルガ:「無能な指揮のせいで死ななくても良いはずの仲間が死んだ。その落とし前はきっちりつけてもらう」
ハエダ:「は・・・待て!何を・・・」
オルガ:「さて・・・」
ササイ:「・・・」
オルガ:「これからCGSは俺たちのものだ。さあ選べ。俺たち宇宙ネズミの下で働き続けるか、それともここから出て行くか」
ササイ:「こいつー!」
デクスター:「ひぃぃぃ!」
オルガ:「どっちも嫌ならこいつみたいにここで終わらせてやっても良いぞ」
デクスター:「あの・・・俺は出て行く方で・・・」
ビスケット:「あ!」
デクスター:「・・・!」
ビスケット:「確か会計を担当しているデクスター・キュラスターさんですよね?あなたにはちょっと残ってもらいます」
デクスター:「えぇぇー!!」

ユージン:「おい!オルガッ!お前辞めてく一軍に退職金くれてやったんだって!?なんで・・・って・・・」
少年兵たち:「・・・」
ユージン:「おいおいおいおい!まさか!お前らも辞める気か!?」
少年兵たち:「うぅ・・・」
オルガ:「やめろ」
ユージン:「だってよ~」
オルガ:「仕事には正当な報酬ってやつが必要だ。こいつらはよくやってくれた」
ユージン:「・・・じゃあ一軍は!」
オルガ:「あいつらがここを辞めてどんな動きをするかはわからねぇ。信用に傷を付けられないようにな。俺たちがやるのは真っ当な仕事だからよ」
ユージン:「信用?真っ当?ざけんな!今更どの口がそんな・・・」
トド:「いやいやいや喧嘩は良くないぜぇ~!ん~?」
ユージン:「あぁ!?」
トド:「色んな考えはあるだろうけどよっ、皆でこれから盛り上げていこうや!なぁ~!」
ビスケット:「え・・・それって・・・」
トド:「おう!俺は残る事にした~!これからよろしく頼むぜぇ!同志!ムフフフフ!」
ユージン:「マジかよ・・・」

雪之丞:「ふぅ~・・・」
タカキ:「おやっさんは残ってくれるんだ!」
雪之丞:「まあな!俺も歳食っちまった。ガキのお守りぐらいの仕事がちょうど良いのさ」
ヤマギ:「おやっさん友達いなさそうだしねー」
クーデリア:「・・・」
タカキ:「外でやっていけなさそうだしねー」
雪之丞:「よくわかってるじゃねえか」
タカキ:「えっへへへへ」
オルガ:「おーい!こっちに三日月はいるか?」
雪之丞:「おぉう、こっちにはいねぇぞー」
オルガ:「そっかー・・・ん?何やってるんです?こんな所で」
クーデリア:「あ、いえ・・・すごいですね、三日月は」
オルガ:「は?」
クーデリア:「あんなに大きな物を手足のように操って・・・さぞ鍛錬を積まれたのでしょうね」
オルガ:「いや、この前が初めてのはずだ」
クーデリア:「・・・え!?それであんなに激しい戦いを!?」
オルガ:「まあそもそも阿頼耶識システムってのはモビルスーツ用に開発されたっていう話だからな・・・モビルワーカーより感覚的に動かしやすいんだろうが・・・まあ、んな事よりあんたこれからどうすんだ?」
クーデリア:「・・・父の元へは帰れません」
オルガ:「だったらどうする?」
クーデリア:「・・・、わかりません。私には出来る事があると思っていました」
オルガ:「過去形か・・・?」
クーデリア:「・・・!いえ!今でもその気持ちは変わりません!でも・・・それを成し遂げるためには罪の無い人たちを犠牲にしてしまう可能性があります・・・」
オルガ:「俺たちの仲間が死んだのはあんたの責任だと?」
クーデリア:「は・・・!」

(三日月):「たかがあんた1人のせいで」

クーデリア:「は・・・!く・・・私はただ自分が悔しいのです。こんなにも無力な自分が」

タイトル:「#03 散華」
03.png


デクスター:「残された資産の内、現金のほとんどはマルバが持ち出したようですね。先日の戦闘での取得物とこれから入金予定の分を予算として計上すると・・・」
シノ:「ぬぅわぁー!!そんな大金見たことねぇー!」
ユージン:「アホ!会社つったら普通こんくらいはないと・・・」
デクスター:「いえ」
ユージン:「お?」
シノ:「お?」
デクスター:「そこから退職金、モビルワーカーの修理費に施設維持費、それらをすべて計上すると・・・こうなります」
シノ:「う・・・」
ユージン:「あ・・・こんなんでどうすんだよ!」
ビスケット:「これじゃなんとかやりくりしても・・・」
デクスター:「3ヶ月維持するのが限度でしょうね」
ビスケット:「ふぅ・・・」
オルガ:「とりあえず目先の仕事が決まらないことには話にならねぇか・・・」
ビスケット:「仕事っていったって今の俺たちの状態じゃ足元を見られるだけだよ」
トド:「ようおめぇら、忘れちゃあいねぇか?」
シノ:「あ?」
トド:「お前らはギャラルホルンをメタクソにしちまった。もうここは奴らに狙われちまってる」
ユージン:「た、確かに派手にやっちまったからな・・・」
シノ:「仕事以前の問題じゃねえか」
トド:「ま、そこで俺に1つ考えがある」
ユージン:「はぁ?」
トド:「あいつらがここを襲ってきたのは積荷であるクーデリアがいるから、そうだろー?」
オルガ:「だったらなんだ?」
トド:「こちらからギャラルホルンに呼びかけて金と引き換えにお嬢さんを引き渡す」
ユージン:「・・・!」
シノ:「は?」
トド:「ぜーんぶマルバのせいに罪にしてしまえばなんとでもなるだろうよ!」
ユージン:「確かにそもそも」
シノ:「何?どういうこと?」
ユージン:「俺たち命令に従っただけだし・・・」
トド:「なぁ大将もわかってるはずだよな?クーデリアを抱えたままじゃ仕事が立ち行かないって事ぐらいさ」
ユージン:「オルガ、何迷ってんだよ。もうこれしか道はねえじゃねえか・・・、・・・!」
シノ:「・・・!」
オルガ:「・・・!」
トド:「・・・!」
デクスター:「・・・!」
ビスケット:「またギャラルホルンか!」
アナウンス:「監視班から報告!ギャラルホルンのモビルスーツが1機、えー・・・赤い布を持ってこっちに向かってる!」

タカキ:「それで・・・何なんすか、あれ?」
雪之丞:「ありゃあ、決闘の合図だな・・・」
ライド:「決闘!?」

クランク:「私はギャラルホルン実働部隊所属、クランク・ゼント!そちらの代表との1対1の勝負を望む!」
シノ:「勝負ってマジかよ・・・」
雪之丞:「厄祭戦の前は大概のもめごとは決闘で白黒つけてたらしいが、まさか本気でやってくるやつがいたとはな・・・」
クランク:「私が勝利したなら、そちらに鹵獲されたグレイズと、そしてクーデリア・藍那・バーンスタインの身柄を引き渡してもらう!」
ビスケット:「お嬢さんを?」
トド:「ほら見ろ!やっぱりだ!あっちはお嬢さんが目当てなんだ!」
クランク:「勝負がつき」
トド:「・・・!」
クランク:「グレイズとクーデリアの引渡しが無事済めば、そこから先はすべて私が預かる。ギャラルホルンとCGSの因縁は、この場で断ち切ると約束しよう!」
雪之丞:「はぁ?なんだその条件は」
ユージン:「俺らが負けてもお嬢さん渡すだけで、全部あのおっさんが良いようにしてくれるってか?」
ビスケット:「でもそうしたらクーデリアさんは・・・」
クーデリア:「行きます!勝負などする事はありません。私が行けばすべてが済むのでしょう?無意味な戦いは避けるべきです」
トド:「おぉ、そうそうそう!ついでによ、交渉もしてお金の方もガッツリと・・・」
オルガ:「どうなるかわかんねえんだぞ?」
ビスケット:「そ、そうですよ。あいつらはあなたを殺そうと・・・」
クーデリア:「すでに、多くの人が死にました。それに私はただ死ぬつもりはありません。何とか話を聞いてもらえるよう頑張ってみます」
オルガ:「フ・・・」
ビスケット:「無理だよ、そんなの」
トド:「まあまあ本人もそう言ってんだからよ!お嬢さんはねーあの口が達者だしねーあの・・・」
オルガ:「そのつもりはねぇ」
ビスケット:「え?」
トド:「あぁー!?」
オルガ:「あのおっさんの話がどこまで本当かわからねえしな。簡単には乗れねえよ。ミカーッ!」
三日月:「ん?」
オルガ:「やってくれるか?」
三日月:「良いよー」
ユージン:「おい!やるって何を?」
オルガ:「言葉通りだよ。あのおっさんをやっちまうのさ」

オルガ:「あーあー、待たせたな!この勝負慎んで受けさせてもらう」
クランク:「感謝・・・!」

雪之丞:「良いか?システムの最適化で前ほどの衝撃はねぇと思うが、無茶はすんなよ」

クーデリア:「私もその阿頼耶識システムというのを使えば、あれを思うがままに操れるのでしょうか・・・そうすれば私も少しは皆さんの力に・・・」
オルガ:「やめとけ。俺たちは運が良かっただけだよ」
クーデリア:「え?」
オルガ:「俺とミカと、そん時一緒に手術を受けたのは10人。その内4人は失敗してそのまま病院送り」
クーデリア:「・・・!」
オルガ:「多分今でもベッドから起き上がれないだろう。生きてれば、だけどな・・・」
クーデリア:「・・・」
オルガ:「ミカはそれを3回も受けている。そのリスクしか無いような手術を、もちろん自分の意志でな」

三日月:「・・・」

オルガ:「頼んだぜ!ミカ!!」

クランク:「ギャラルホルン火星支部実働部隊!クランク・ゼント!」
三日月:「え?あー、えーと、CGS参番組、三日月・オーガス」
クランク:「参る!!」
三日月:「ねえ、決着ってどうやってつけるの?どっちかが死ねば良いの?」
クランク:「その必要は無い!コーラル、いや元々こちらが欲していたのはクーデリアの命だけ。大人の争いのために子どもが犠牲になることは無いんだ!」
三日月:「散々殺しておいて・・・」
クランク:「ぬぅ・・・」
三日月:「まぁもう良いよ」
クランク:「う・・・」
三日月:「俺はオルガに言われたんだ。あんたをやっちまえってさ!」

オルガ:「ミカはな、強くなくちゃ生きていけない事を知っているんだ」
クーデリア:「だからってそんな危険な手術を・・・」
オルガ:「意地汚くてだけど潔い。あいつは矛盾の塊なんだ。だけど、だからこそ強い」
クーデリア:「すごいのですね、三日月は・・・私も彼のように戦えるでしょうか」
オルガ:「あんた・・・!」
クーデリア:「もう、手術を受けたいなどとは考えていません。私の戦う場所は別にある事を知っています」
オルガ:「フ・・・」

クランク:「く・・・これが子どもか・・・!」
三日月:「言っとくけど、俺は犠牲になんてなってないよ」
クランク:「ぐ・・・」
三日月:「俺と俺の仲間のために出来る事をやっているだけだ。で、今はとりあえずあんたが邪魔だ!」

少年兵たち:「うわぁ~!」

クランク:「うおおおぉぉぉー!!!」
三日月:「ふんっ!」
クランク:「ぐあっ!」

オルガ:「鉄華団」
クーデリア:「え?」
オルガ:「俺たちの新しい名前・・・CGSなんてカビ臭い名前を名乗るのは癪に障るからな」
クーデリア:「テッカ・・・鉄の火ですか?」
オルガ:「いや、鉄の華だ。決して散らない鉄の華」

三日月:「・・・。あ・・・」
クランク:「う、うぅ・・・、く・・・、・・・本当に子どもなんだな・・・」
三日月:「なあ、俺が勝った場合はどうなんの?あんたそれ言ってなかっただろ。気に食わなかったんだ」
クランク:「フ・・・すまない・・・馬鹿にした、わけじゃないんだ。その選択を俺が持たなかった・・・それだけだ・・・俺は、上官の命令に背いた・・・何の土産も無く帰れば俺の行動は、部隊全体の問題になってしまう・・・だが、ここで俺が終われば、責任はすべて俺が抱えたまま・・・うっ!がはっ!」
三日月:「もういいよ、しゃべらなくて」
クランク:「すまんが、手を貸してくれないか・・・」
三日月:「あ?」
クランク:「俺はもう・・・自分で終わる事すら出来ない・・・」
三日月:「・・・」
クランク:「ありが・・・」
三日月:「・・・」

トド:「やらかしてくれたなぁ~三日月よぉ!」
三日月:「ん?」
ユージン:「そ、そうだよ、どうすんだよ!完全にギャラルホルンを敵に回しちまって!」
シノ:「・・・良いじゃん!勝ったんだからさー」
ユージン:「そういうんじゃねえだろ!」
トド:「けっ、上手く交渉すりゃお前、金にだってなったかもしれねえのに・・・!」
クーデリア:「あの!」
オルガ:「・・・!」
ビスケット:「・・・!」
トド:「あぁ!?おぉ~っとっとっと」
オルガ:「何の用です?」
クーデリア:「私の、私の護衛任務を続けてください」
オルガ:「はい?」
クーデリア:「そうすれば、当面の活動資金はなんとかなるのでは?」
フミタン:「お嬢様?」
クーデリア:「お父様の許可は必要ありません。資金を出してくれる人物には当てがあります」
オルガ:「当て?」
クーデリア:「独立運動のスポンサーとして私を支えてくれていた人物、ノブリス・ゴルドン」
ビスケット:「ノ、ノブリス!?」
ユージン:「誰?」
トド:「名前は聞いた事あるぜ。なんでもすげえ大金持ちだって」
ビスケット:「だったら資金的には一息つける・・・」
タカキ:「そうですよ!それに俺らには三日月さんとモビルスーツがある!ギャラルホルンなんて怖くないですよ!」
ライド:「だよなー!」
トド:「おいおい、そんな楽観的な・・・!」
クーデリア:「・・・!」
オルガ:「フッ・・・、引き続きのご利用ありがとうございます。俺たち鉄華団は必ずあなたを無事地球まで送り届けてみせましょう」
クーデリア:「・・・、よろしくお願いします」
ユージン:「ちょ!待てよオルガ!」
タカキ:「てか、鉄華団ってなんすか?」
オルガ:「俺たちの名前だ。さっき決めた」
ユージン:「はあ?」
シノ:「うわ、かっけえ!!」
ユージン:「待て!何勝手に決めてんだよ!」
タカキ:「ね、良いっすよね、三日月さん!」
三日月:「ん?良いね・・・」
ユージン:「はぁ~!?こういうのはもっと慎重にだな・・・」
シノ:「細けぇな、てめえハゲるぞ?」
ユージン:「な・・・!」
ビスケット:「まあまあ・・・」
ライド:「新しい名前っつーのは良いっすね!」

ED 「オルフェンズの涙」 MISIA
【楽天ブックスならいつでも送料無料】オルフェンズの涙 (初回限定盤) [ MISIA ]

次回予告:「鉄華団なんてありえねぇ!俺だったらもっとかっけえ名前付けんのによぉ・・・ハイパーなんたらとか、エクスタシー・・・エクスタシー?あ、ジャスティス?おおう?ジャスティス!!ビシっと来るぜ!これだろ!なぁオルガ!!次回、機動戦士ガンダム、鉄血のオルフェンズ第4話『命の値段』」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する