機動戦士ガンダム 00 ダブルオー 第23話 世界を止めて

ここでは、「機動戦士ガンダム 00 ダブルオー 第23話 世界を止めて」 に関する記事を紹介しています。
サーシェス:「この俺がぁ・・・!」
刹那:「うおおおおお!!!」
サーシェス:「何だ・・・何なんだ!?ありゃあ!!」
刹那:「トランザムシステム・・・俺は、託された・・・!」
ネーナ:「ヨハン兄・・・ミハ兄・・・私・・・私・・・!」

タイトル:「#23 世界を止めて」

アレハンドロ:「ガンダムに搭載されているこの機能は・・・」
リボンズ:「データに該当するものはありません」
アレハンドロ:「・・・!」
リボンズ:「GNドライブのブラックボックスに予め組み込まれていたものでしょう。それと、ヴェーダ内にあったマイスター達のデータが完全に消去されたようです」
アレハンドロ:「くっ!イオリア・シュヘンベルグは私の計画変更すら予測していたというのか・・・神を気取る不遜な理想主義者に、これ以上踊らされてたまるものか!」

クリス:「強襲用コンテナ、トレミーへの接続を開始します」
フェルト:「テールブースター、収納完了」
イアン:「敵さんが来る前に整備を終えるぞ!急げよ!」
ハロ達:「リョウカイ、リョウカイ」

スメラギ:「機体に蓄積した高濃度圧縮粒子を全面解放し、一定時間、スペックの3倍に相当する出力を得る」
アレルヤ:「オリジナルの太陽炉のみに与えられた機能・・・」
ティエリア:「トランザムシステム・・・」
ロックオン:「ははっ、イオリアのじいさんも大層な置き土産を残してくれたもんだ」
スメラギ:「でも、トランザムを使用した後は機体性能が極端に落ちる。まさに諸刃の・・・、あっ・・・」
アレルヤ:「刹那からの暗号通信」
スメラギ:「開いて」
刹那:「エクシア、トレミーへの帰投命令を受領。報告要件あり。地上にいた疑似太陽炉搭載型モビルスーツが全機宇宙に上がった」
スメラギ:「やはり・・・」
刹那:「また、ガンダムスローネの1機が敵に鹵獲」
ティエリア:「鹵獲!?」
アレルヤ:「国連軍か?」
刹那:「スローネを奪取したパイロットはアリー・アル・サーシェス。以上」
ロックオン:「アリー・アル・サーシェス・・・野郎がここに・・・。どこまでコケにするつもりだ!」
アレルヤ:「何者だい?」
ティエリア:「傭兵だと聞いているが・・・」
スメラギ:(補給が終わるのが早いか、国連軍が来るのが早いか、どちらにしてもラグランジュ1での戦闘になる・・・)

サーシェス:「へへっ。ご丁寧に予備パーツまで揃えてくれるたぁ気が利くねぇ」
セルゲイ:「貴官か?このガンダムを鹵獲したのは。頂武特務部隊のセルゲイ・スミルノフ中佐だ」
サーシェス:「あっ・・・ロシアの荒熊から直々に挨拶して頂けるとは・・・。フランス第4独立外人騎兵連隊ゲイリー・ビアッジ少尉です。ガンダム掃討作戦に参加させて頂きます」
セルゲイ:「聞かせて欲しいものだな。どうやってガンダムを鹵獲したのかね?」
サーシェス:「へへっ、そいつは企業秘密という事で・・・」

アナウンス:「有視界戦闘宙域への到達まで距離2000。総員第一種戦闘配備。モビルスーツ
部隊、出撃準備、繰り返す・・・」
ダリル:「遂にこの時が来たぞ。ハワード」

ラッセ:「答えは出たのか?刹那」
刹那:「わからない。だが、俺は・・・俺達は、イオリア・シュヘンベルグに託された。なら、俺は俺の意思で紛争根絶の為に戦う。ガンダムと共に」
ラッセ:「正直、俺は紛争根絶が出来るなんて思っちゃいねぇ。だがな、俺達の馬鹿げた行いは善きにしろ悪しきにしろ人々の心に刻まれた。今になって思う。ソレスタルビーイングは、俺達は、存在する事に意義があるんじゃねぇかってな」
刹那:「存在する事・・・」
ラッセ:「人間は経験した事でしか本当の意味で理解しないという事さ」
刹那:「・・・、・・・!トレミーが国連軍の艦隊を捕捉!?」

クリス:「接近する敵輸送艦はユニオンのバージニア級3隻と推定」
フェルト:「有視界戦闘領域まで後、4200」
スメラギ:「資源衛星を利用しながらトレミーは後退。キュリオス、ヴァーチェ、防衛戦用意。デュナメスはトレミーで待機」
ロックオン:「おいおい、そりゃねぇだろ。おっ・・・、くっ・・・ロックが掛かってやがる!」

アレルヤ:「少し強引じゃないか?」
ティエリア:「口で言って聞くタイプじゃない。私は前回の戦闘で彼に救われた。だから、今度は私が彼を守る」

クリス:「キュリオスをリニアフィールドに固定しました」
アレルヤ:「キュリオス、アレルヤ・ハプティズム、迎撃行動に入る!」

フェルト:「敵輸送艦からモビルスーツが発進」
ティエリア:「ヴァーチェ、ティエリア・アーデ、行きます!」
フェルト:「敵モビルスーツ、疑似GNドライブ搭載型26機」
クリス:「敵モビルスーツ部隊の中にスローネがいます!」
ロックオン:「・・・!くっ!」

セルゲイ:「全パイロットに通達。出撃したガンダムは2機だけだ。フォーメーション245で対応。包囲して殲滅するぞ」
ソーマ:「了解」
コーラサワー:「大佐、戦果を期待して下さい!」
ダリル:「やってやる。やってやるさ!」
サーシェス:「おうおう、皆さんお元気なこって、ん?来たか・・・」

アレルヤ:「先制攻撃を仕掛ける!いけぇー!!」
セルゲイ:「何っ!?」
ダリル:「新装備か!」
コーラサワー:「洒落臭ェ~~!!」
アレルヤ:「テールブースターで機動性は上がっている!」
セルゲイ:「各機フォーメーションを崩すな!プランEで各個撃破を行う!」
ティエリア:「くっ・・・」
ダリル:「攻撃が効かねぇ!」
サーシェス:「任せろや!」
ダリル:「何っ!?」
ティエリア:「・・・スローネか!」
サーシェス:「行けよ!ファング!!」
ティエリア:「うっ!ぐああああ!!」
サーシェス:「後は好きにしな!」
ティエリア:「ぐわあああああああ!」
アレルヤ:「・・・ティエリア!!うっ!直撃・・・!?」
「あ・・・頭が・・・ああああ!」

ソーマ:「被験体E-57!」
アレルヤ:「ソーマ・ピーリスか!?」
「ぐわあああああ!」


クリス:「キュリオス、テールブースター破損!超兵と思われるモビルスーツと交戦中!」
フェルト:「ヴァーチェ、敵モビルスーツの集中攻撃を受けています」
スメラギ:「ガンダムに後退命令を・・・」
イアン:「ブリッジ、聞こえるか!?デュナメスが!!」
一同:「・・・!」
ロックオン:「デュナメス、出撃する!」
フェルト:「・・・!」
スメラギ:「ロックオン!」
ロックオン:「GNアーマーで対艦攻撃を仕掛ける。あんたの戦術通りにやるって事だ」
スメラギ:「でもその体で・・・」
ロックオン:「・・・ハロ!悪いが付き合ってもらうぜ」
ハロ(オレンジ):「リョウカイ、リョウカイ」
ロックオン:「アリー・アル・サーシェス・・・!」

アレルヤ:「ぐわああああっ!」
セルゲイ:「今だ!少尉!」
ソーマ:「墜ちろ!ガンダムーー!!」
「あっ・・・」

セルゲイ:「何だ!?」
ソーマ:「あれは・・・」
アレルヤ:「トランザム・・・あぁ・・・ず、頭痛が・・・」
ハレルヤ:(脳量子波は俺が遮断してやったぜ)
アレルヤ:「ハレルヤ・・・くっ・・・」
ハレルヤ:「ブチ殺せよ!アレルヤァア!!」

ティエリア:「うっ・・・く・・・ト・・・トランザム!」
ダリル:「な、何だ!?」
コーラサワー:「あの光は?」
「新兵器か?・・・へ!?おわっ!た、大佐ぁぁぁ~!!」

ティエリア:「粒子残量が・・・ぐっ!」
ダリル:「よくもやってくれたなー!ガンダムー!!」
パイロット:「敵機、急速接近!」
ダリル:「何っ!?」
ティエリア:「はっ・・・GNアーマー!ロックオン・ストラトス!」
パイロット:「新手に攻撃を集中しろ!」
ロックオン:「悪いが今は狙い撃てないんでね。圧倒させてもらうぜ!」
ハロ(オレンジ):「ホウゲキカイシ、ホウゲキカイシ」
ダリル:「ガ・・・ガンダム・・・!」
ロックオン:「このまま対艦攻撃に移行する」
ティエリア:「ロックオン・・・そんな体で・・・」
ロックオン:「ふっ・・・気遣い感謝するよ。だがな、今は戦う!」
ソーマ:「あ・・・速過ぎる!うあっ!」
セルゲイ:「少尉!ぐわあああ!」
アレルヤ:「くっ!うぅ・・・くそっ!トランザムの限界時間が!・・・撤退した・・・!?」
ハレルヤ:(詰めが甘ぇなぁ)
アレルヤ:「・・・」

クリス:「キュリオス、ヴァーチェ、トランザム終了。粒子の再チャージまで機体性能が低下」
スメラギ:「ロックオンは?」
フェルト:「敵モビルスーツ部隊を突破、対艦攻撃に突入しました」
スメラギ:(急いで刹那・・・彼を、助けて・・・)

オペレーター:「敵モビルアーマー接近!」
マネキン:「リニアキャノンで応戦しろ!」
ロックオン:「一気に本丸を狙い撃つ!」
オペレーター:「ノーフォーク、撃沈!」
マネキン:「モビルスーツ隊はまだか!?」
オペレーター:「到着まで180セコンド!」
マネキン:「くっ・・・」
ロックオン:「これで終わりだ!何!?しまった!ぐっ・・・くそっ!」
「くっ・・・あれはスローネ・・・アリー・アル・サーシェスか!?」
「くっ!利き目のせいで・・・!」
「KPSAのサーシェスだな!?」

サーシェス:「ふっ!クルジスのガキに聞いたか!!」
ロックオン:「くっ・・・アイルランドで自爆テロを指示したのはお前か!!何故あんな事を!」
サーシェス:「俺は傭兵だぜ。それになぁ!AEUの軌道エレベーター建設に、中東が反発すんのは当たりめーじゃねぇかぁ!!」
ロックオン:「関係ない人間まで巻き込んで!」
サーシェス:「テメーだって同類じゃねーか、紛争根絶を掲げたテロリストさんよぉ!!」
ロックオン:「咎は受けるさ・・・お前を倒した後でなぁ!!」

ラッセ:「刹那、ポイントを確認した」
刹那:「ドッキングを解除。トランザムで戦闘宙域へ向かう!」

ロックオン:「絶対許さねぇ!テメーは・・・戦いを生み出す権化だ!!」
サーシェス:「喚いてろ!同じ穴の狢がぁ!!」
ロックオン:「テメーと一緒にすんじゃねぇ!!俺はこの世界を・・・」
ハロ(オレンジ):「テッキセッキン、テッキセッキン」
ロックオン:「・・・!?」
ダリル:「そこにいたかガンダム!ハワードの仇ー!」
ロックオン:「邪魔すんじゃねぇ!!」
ダリル:「俺はユニオンの・・・フラッグファイターだー!!」
ロックオン:「・・・しまった!」
サーシェス:「・・・右側が見えてねぇじゃねーかぁ!!」
ハロ(オレンジ):「ロックオン、ロックオン」
ロックオン:「見えねぇ!」
「うあっ!ぐああああああああ!」


ハロ(オレンジ):「ソンショウジンダイ、ソンショウジンダイ、ソンショウジンダイ、セントウフノウ、セントウフノウ、セントウフノウ、」
ロックオン:「はぁ・・・はぁ・・・ん?」

サーシェス:「仕留め損なったか・・・しぶてぇ野郎だ!」
ロックオン:「はぁ・・・、・・・はぁ・・・」
「ハロ・・・デュナメスを、トレミーに戻せ」

ハロ(オレンジ):「ロックオン!ロックオン!」
ロックオン:「命令だ」
ハロ(オレンジ):「ロックオン!ロックオン!」
ロックオン:「心配すんな。生きて帰るさ。・・・」
ハロ(オレンジ):「ロックオン!ロックオン!ロックオン!ロックオン!ロックオン!ロックオン!」
ロックオン:「太陽炉を頼むぜ。あばよ・・・相棒・・・。くっ・・・」

刹那:「トランザムの限界時間が・・・」

サーシェス:「くそっ。野郎は何処行った!?」
ロックオン:「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・、・・・はぁ・・・何やってんだろうな・・・俺は・・・はぁ・・・けどな・・・こいつを殺らなきゃ・・・仇を取らなきゃ・・・俺は前に進めねぇ・・・。世界とも、向き合えねぇ・・・」
サーシェス:「生体反応!?」

ロックオン:「・・・だからさ・・・、・・・」

ロックオン:「狙い撃つぜ!!!!!」

ロックオン:「父さん・・・母さん・・・エイミー・・・」
「わかってるさ・・・。こんな事をしても変えられないかもしれないって・・・元には戻らないって・・・それでも・・・これからは・・・明日は・・・ライルの生きる未来は・・・、・・・刹那・・・答えは出たのかよ?」

刹那:「・・・?・・・!GNアームズが・・・ロ・・・ロックオン!くっ!」
ロックオン:「・・・、よう・・・お前ら・・・満足か?こんな世界で・・・」

ロックオン:「俺は、嫌だね・・・」

刹那:「・・・!!ロックオォーーーン!!」

クリス:「キュリオス、ヴァーチェ、共に健在!」
フェルト:「あっ・・・デュナメスを確認!トレミーへの帰艦ルートに入りました」
リヒティ:「全員無事っすね!」
クリス:「うん!良かった!」
ハロ(オレンジ):「ロックオン!ロックオン!」
一同:「・・・!」
ハロ(オレンジ):「ロックオン!ロックオン!」
フェルト:「・・・どうしたの!?ハロ」
ハロ(オレンジ):「ロックオン!ロックオン!ロックオン!ロックオン!」
フェルト:「・・・」
ハロ(オレンジ):「ロックオン!ロックオン!」
スメラギ:「ま・・・まさか・・・」
ハロ(オレンジ):「ロックオン!ロックオン!」

ハロ(オレンジ):「ロックオン!ロックオン!」
アレルヤ:「そんな・・・」
ハロ(オレンジ):「ロックオン!ロックオン!」
ティエリア:「あぁ・・・嘘だ・・・!」
ハロ(オレンジ):「ロックオン!ロックオン!」

ハロ(オレンジ):「ロックオン!ロックオン!」
リヒティ:「くっ・・・」
ハロ(オレンジ):「ロックオン!ロックオン!」
クリス:「・・・あぁ・・・」
ハロ(オレンジ):「ロックオン!ロックオン!」
フェルト:「うっ・・・くっ・・・うぅ!」
ハロ(オレンジ):「ロックオン!ロックオン!」
スメラギ:「・・・!」
ハロ(オレンジ):「ロックオン!ロックオン!・・・」

刹那:「ロックオン・・・ストラトス・・・、・・・うっ・・・うう・・・」
「うわあああああああああ!!」


次回予告:「無謀な望みを求める者は風車に挑む愚かな騎士か。たとえそうでも、彼らはここにいるのだ。次回『終わりなき詩』無垢なる望み、その代償は命か」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する