機動戦士ガンダム 00 ダブルオー 第19話 絆

ここでは、「機動戦士ガンダム 00 ダブルオー 第19話 絆」 に関する記事を紹介しています。
ネーナ:「何!?」
ミハエル:「この粒子ビームは!」
ヨハン:「くっ、ガンダム・・・ガンダムエクシア!」
刹那:「エクシア、目標を捕捉。3機のガンダムスローネを紛争幇助対象と断定し、武力介入を開始する」
「エクシア、目標を駆逐する!」

ミハエル:「てめえ!・・・何しやがる!」
ネーナ:「あたしら味方よ!」
刹那:「違う!」
ネーナ:「えっ?」
刹那:「お前達が、その機体が、ガンダムで・・・あるものかー!」

タイトル:「#19 絆」

ネーナ:「ちょ、ちょっとー、どうするのヨハン兄!」
ヨハン:「聞こえるか?エクシアのパイロット。何故行動を邪魔する?我々は戦争根絶の為に・・・」
刹那:「違う!貴様はガンダムではない!」
ヨハン:「錯乱したか、エクシア・・・ミハエル、応戦しろ」
ミハエル:「了解だぜ兄貴!」
「ファングー!」
「まだあんだよぉ!!」

刹那:「くっ・・・」
ミハエル:「何っ!?」
ヨハン:「援軍!?」
ネーナ:「何よ!」
刹那:「ティエリア・アーデ!?」
ティエリア:「ヴァーチェ、目標を破壊する!」

スメラギ:「エクシアがスローネと戦っている!?」
フェルト:「たった今、ヴァーチェも交戦に加わった模様」
スメラギ:「ティエリアまで・・・」
イアン:「ガンダム同士で戦うだなんて・・・下手すりゃ共倒れだぞ」
ラッセ:「いいじゃねーか。おやっさん」
リヒティ:「トリニティのやり方、ムカつきますよ!」
クリス:「良い男なのに・・・」
アレルヤ:「しかし、彼らの行動が計画の一部である可能性も・・・」
スメラギ:「私達がこうして動く事も計画に入ってるかもしれないわ」
アレルヤ:「スメラギさん・・・」
フェルト:「ロックオン・ストラトスから緊急暗号通信。指示を求めています」
スメラギ:「出来る事なら戦いを止めてと伝えて。ただし、現場の状況によっては自身の判断を尊重すると・・・」
フェルト:「はい」
リヒティ:「実質、好きにしろって事じゃないですか」
ラッセ:「戦術予報士の名が泣くぜ?」
スメラギ:「ほんと・・・そうよね・・・」
クリス:「アレルヤは?出撃する?」
アレルヤ:「ここでプトレマイオスを守るよ。こうなった以上、ここも安全じゃない。出て行きたい気持ちは燻ってるけどね」

ロックオン:「まったくとんでもない事すんなぁ、あの利かん坊は」
ハロ(オレンジ):「ロックオン、トメナカッタ、トメナカッタ」
ロックオン:「あら、見てた?けど、そのお陰でミススメラギの腹も据わった。それにな、刹那の気持ちもわかるのさ。あいつはガンダムそのものになろうとしている。紛争根絶を体現する者にな」
ハロ(オレンジ):「ドウスル、ドウスル」
ロックオン:「ぶっちゃけ撃つ気満々だ。行くぞ、ハロ!デュナメス、ロックオン・ストラトス、出撃する!」

ワン・リューミン:「そう、エクシアが新型のガンダムに・・・」
紅龍:「こんな事をして良いのでしょうか?」
ワン・リューミン:「さあ、どうかしら」
「紅龍、私はね、この世界が変わりさえすれば良いの。どんな手段を使ってでも」

リボンズ:「ガンダム同士の戦い・・・」
アレハンドロ:「思ったより早かったな」
(第三段階への移行・・・もう後戻りは出来んか・・・)

ティエリア:「フォーメーション、S32」
刹那:「了解」

ヨハン:「GNフィールドか・・・」
ネーナ:「ヨハン兄!」
ヨハン:「・・・!?」
ミハエル:「テメー!」
ティエリア:「ふ・・・まさか君と共にフォーメーションを使う日が来ようとは思ってもみなかった」
刹那:「俺もだ」

フェルト:「エクシア、ヴァーチェ、スローネとの交戦を継続中」
クリス:「戦術フォーメーションを使っているみたいですよ」
スメラギ:「えっ?」
クリス:「S32、D07、F52まで」
スメラギ:「ティエリアと刹那が・・・」

ヨハン:「ネーナ、ドッキングだ」
ネーナ:「OK!」
ティエリア:「そんな時間が与えて貰えると思っているのか!!」
ヨハン:「その機動性では!」
ネーナ:「いっただき~!」
ティエリア:「ナドレ!!」
ヨハン:「何だ?機体の制御が・・・」
ネーナ:「システムダウン!?」
ハロ(パープル):「クルシイゼ、クルシイゼ」
ネーナ:「キャァーー!!」
ヨハン:「うっ・・・何が・・・」
ティエリア:「ヴェーダとリンクする機体を全て制御下に置く・・・これが、ガンダムナドレの真の能力。ティエリア・アーデにのみ与えられた、ガンダムマイスターへのトライアルシステム!」
ミハエル:「兄貴!ネーナ!ぐっ・・・」
ティエリア:「君達はガンダムマイスターに相応しくない」
(そうとも!)
「万死に値する!!」


アレハンドロ:「ふっ・・・」

ティエリア:「何っ!?」
ヨハン:「・・・!」
ティエリア:「トライアルシステムが強制解除された・・・!?一体・・・何が・・・!」

(ティエリア):(レベル7の領域にあるデータが一部改竄されている。このデータ領域は一体?)
「・・・!?拒否された!?この僕がアクセス出来ないなんて」


ティエリア:「やはりヴェーダは・・・!く・・・!」
ネーナ:「またガンダム!?」
ヨハン:「デュナメスか」
ロックオン:「これで3対3だ。フェアプレイの精神でいこうぜ!」
ミハエル:「やってやんよぉ!!」
ヨハン:「ミハエル、ネーナ、後退するぞ」
ミハエル:「そりゃねぇぜ兄貴ー!」
ネーナ:「どうしてー!?」
ヨハン:「ガンダム同士で潰し合えば、計画に支障が出る」
ミハエル:「ちっ!わかったよっ!」
ロックオン:「逃げんのかい?」
ヨハン:「君は私達よりも先に戦うべき相手がいる。そうだろう?ロックオン・ストラトス、いや、ニール・ディランディ」
ロックオン:「なっ・・・」
刹那:「ニール、ディランディ・・・?」
ロックオン:「貴様!俺のデータを!」
ヨハン:「ヴェーダを通じて、閲覧させて貰った」
ティエリア:(・・・!レベル7の情報を!)
ヨハン:「ロックオン、君がガンダムマイスターになってまで復讐を遂げたい者の1人は君のすぐ傍にいるぞ」
ロックオン:「何だと!?」
ヨハン:「クルジス共和国の反政府ゲリラ組織、KPSA。その構成員の中にソラン・イブラヒムがいた」
刹那:「・・・!」
ロックオン:「あぁん!?誰だよ!?そいつは!」
ヨハン:「ソラン・イブラヒム・・・コードネーム、刹那・F・セイエイ」
ロックオン:「・・・!刹那だとぉ!?」
ヨハン:「そうだ。彼は君の両親と妹を殺した組織の一員。君の仇と言うべき存在だ」
ロックオン:「刹那・・・」

大統領:「7機のガンダムか」
補佐官:「大統領・・・」
大統領:「もはや打つ手はないというのか・・・」

フランス議員:「悪戯に戦って軍を疲弊させれば、我が陣営の経済が破綻します」
ドイツ議員:「こうなったら彼らの要求を受け入れ、武装解除を行うしか・・・」
スペイン議員:「馬鹿な事を。そんな事をすれば各国のアイデンティティーは崩壊する!・・・?」
イギリス議員:「・・・私だ」

国家主席:「どうした?」
秘書:「ソレスタルビーイングの関係者と名乗る者が、ネットワークを通じてこちらに接触して来ました」
国家主席:「ん・・・?」

大統領:「それは本当かね?」
補佐官:「組織に関するデータが添えられていました。恐らく事実かと・・・」
大統領:「なるほど。内部分裂という訳か」

イギリス議員:「神は私達を見捨てなかったようだ」

池田特派員:「攻撃を受けたアイリス社工場跡には多くの遺族が駆け付け、深い悲しみに包まれています。攻撃をした3機のモビルスーツは新型のガンダムと見られ、この過激な行動に・・・」
沙慈・クロスロード:「ガンダム・・・!」

沙慈・クロスロード:「ルイス、お花」
「こっちに置くね」

ルイス:「沙慈、日本に帰って」
沙慈・クロスロード:「えっ・・・」
ルイス:「学校を休んじゃ駄目だよ。一緒に居てくれるのは嬉しいけど。でも、いつまでもいたらいけないよ」
沙慈・クロスロード:「そんな事、出来ないよ、ルイスを1人にして帰るなんて!」
ルイス:「沙慈の夢は宇宙で働く事でしょ?私のせいで沙慈の夢が叶わないのは、いや」
沙慈・クロスロード:「でも・・・!」
ルイス:「今一緒にいても、後で辛くなるよ。私はずっと引け目を感じて、沙慈は後悔し続ける・・・」
沙慈・クロスロード:「そんな事!・・・」
ルイス:「ねえ、私の夢を沙慈に託しても良い?」
沙慈・クロスロード:「えっ?」
ルイス:「夢を叶えて。それが私の夢なの。だから、私の夢を叶えて。沙慈」
沙慈・クロスロード:「ルイス・・・、・・・」
ルイス:「約束よ」

(沙慈・クロスロード):「・・・ん・・・?」
(ルイス):「こんな所で寝てると、風邪ひいちゃうよ?」
(沙慈・クロスロード):「えっ?あ・・・君は?」
(ルイス):「自己紹介は男の子からでしょ!」
(沙慈・クロスロード):「えっ・・・あ・・・えーと、沙慈・クロスロード、です」
(ルイス):「ルイス・ハレヴィ。よろしくね!沙慈!」
(沙慈・クロスロード):「いきなり呼び捨て!?」
(ルイス):「ダメ?」
(沙慈・クロスロード):「え・・・いやそういう訳じゃ・・・ないけど・・・」
(ルイス):「よかった!」

絹江・クロスロード:「ごめんね。面倒な事頼んで」
部下:「慣れっこですよ」
絹江・クロスロード:「やっぱりラグナ・ハーヴェイよね」
部下:「そりゃあそうでしょ。リニアトレイン事業の総裁、国際経済団のトップなんですから。この男ならモビルスーツを建造する財力もありますし、軌道エレベーターも自在に扱えます。という事で、取材はここまでで止めときましょう」
絹江・クロスロード:「どうして?」
部下:「何言ってんすか!相手はうちの大株主ですよ!?ちょっかい出したら潰されちゃいますよ」
絹江・クロスロード:「だから裏で調べるんでしょ」
部下:「けど!」
絹江・クロスロード:「やめないわよ、私。ようやく手掛かりを見付けたんだもの」
部下:「先輩・・・」

ロックオン:「本当なのか、刹那。お前はKPSAに所属していたのか?」
刹那:「ああ」
ロックオン:「クルジス出身か?」
刹那:「あぁ」
ティエリア:(ゲリラの少年兵・・・)
刹那:「ロックオン、トリニティが言っていた事・・・」
ロックオン:「事実だよ。俺の両親と妹はKPSAの自爆テロに巻き込まれて死亡した」
「全ての始まりは、太陽光発電計画に伴う、世界規模での石油輸出規制が始まってからだ。化石燃料に頼って生きるのはもうやめにしようってな。だが、一番割を食うのは中東諸国だ。輸出規制で国の経済が傾き、国民は貧困に喘ぐ。貧しき者は神にすがり、神の代弁者の声に耳を傾ける。富や権力を求める浅ましい人間の声をな。そんでもって、20年以上にも及ぶ太陽光発電紛争の出来上がりって訳だ。神の土地に住む者達の聖戦、自分勝手な理屈だ。勿論一方的に輸出規制を決議した国連もそうだ。だが、神や宗教が悪い訳じゃない。太陽光発電システムだってそうだ。けどな、どうしてもその中で世界は歪む。それくらいわかってる。お前がKPSAに利用されていた事も、望まない戦いを続けていた事もな。だがその歪みに巻き込まれ、俺は家族を失った!失ったんだよ・・・!」

ティエリア:「だからマイスターになる事を受け入れたのか・・・」
ロックオン:「あぁ、そうだ。矛盾してる事もわかっている。俺がしている事はテロと同じだ。暴力の連鎖を断ち切らず、戦う方を選んだ。だがそれはあんな悲劇を2度と起こさない為にも、この世界を根本的に変える必要があるからだ。世界の抑止力となりえる圧倒的な力があれば・・・」
ティエリア:「ガンダム・・・」
ロックオン:「人を殺め続けた罰は世界を変えてから受ける。だが、その前にやる事がある」
ティエリア:「ロックオン!」
ロックオン:「刹那、俺は今無性にお前を狙い撃ちたい。家族の仇を討たせろ。恨みを晴らさせろ」

刹那:「俺は、神を信じていた、信じ込まされていた」
ロックオン:「だから俺は悪くないってか?」
刹那:「この世界に、神はいない」

(刹那母):「どうして、どうしてなの、ソラ・・・!」

刹那:「この世界に、神はいない」
ロックオン:「答えになってねぇぞ!」
刹那:「神を信じ、神がいない事を知った。あの男がそうした・・・」
ロックオン:「あの男?」
刹那:「KPSAのリーダー、・・・アリー・アル・サーシェス」
ティエリア:「アリー・アル・・・」
ロックオン:「サーシェス?」
刹那:「奴はモラリアでPMCに所属していた」
ティエリア:「民間軍事会社に?」
ロックオン:「ゲリラの次は傭兵か。ただの戦争中毒じゃねぇか!」
刹那:「モラリアの戦場で、俺は奴と出会った」
ティエリア:「・・・そうか!あの時コクピットから降りたのは・・・」
刹那:「奴の存在を確かめたかった。奴の神は何処にいるのか知りたかった。もし、奴の中に神がいないとしたら・・・俺は・・・今まで・・・」
ティエリア:「刹那・・・」
ロックオン:「刹那、これだけは聞かせろ。お前はエクシアで何をする?」
刹那:「戦争の根絶」
ロックオン:「俺が撃てば出来なくなる」
刹那:「構わない、代わりにお前がやってくれれば。この歪んだ世界を変えてくれ。だが生きているのなら俺は戦う。ソラン・イブラヒムとしてではなく、ソレスタルビーイングのガンダムマイスター、刹那・F・セイエイとして」
ロックオン:「ガンダムに乗ってか?」
刹那:「そうだ、俺がガンダムだ」
ロックオン:「ははっ!アホらしくて撃つ気にもなんねぇ。まったくお前はとんでもねぇガンダム馬鹿だ」
刹那:「ありがとう」
ロックオン:「あ?」
刹那:「最高の褒め言葉だ」
ロックオン:「・・・は!ははははっ!あはははははっ!あっはっはっははは!あーっははは・・・」
ティエリア:「・・・これが人間か・・・」

ヨハン:「まさかな。ガンダムの襲撃を受けるとは・・・」
ミハエル:「あいつらトチ狂いやがって!」
ネーナ:「チューまでしてあげたのに!」
ヨハン:「ラグナに指示を仰ごう。状況次第では、再びガンダムと戦う事になる」
ネーナ:「了解!」
ミハエル:「望むところよ!」

軍関係者達:「おお~!!」

次回予告:「大いなる計画の改変が世界のバランスを劇的に変えた。その中で人は涙し、戦い、そして死するしかないのか?次回『変革の刃』この苦悩、誰に届く」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する