機動戦士ガンダム 00 ダブルオー 第11話 アレルヤ

ここでは、「機動戦士ガンダム 00 ダブルオー 第11話 アレルヤ」 に関する記事を紹介しています。
ダリル:「中尉、人革さんが宇宙でガンダムとやりあったっての本当ですか?」
グラハム:「ああ。四散しているデブリの状況からして、20機以上のティエレンが大破したらしい」
ハワード:「ひゅー、やれやれガンダムとやり合うのが空恐ろしくなってきましたよ」
ダリル:「全くだ」
グラハム:「モビルスーツの性能差が勝敗を分かつ絶対条件ではないさ。あてにしてるぞ。フラッグファイター」

ビリー:「やはりこの特殊粒子は多様変異性フォトンでしたか」
レイフ:「それだけではないぞ。ガンダムは特殊粒子そのものを機関部で作り出しておる。でなければあの航続距離と作戦行動時間の長さが説明できん」
ビリー:「現在ガンダムが4機しか現れない事と関連がありそうですね」
レイフ:「げに恐ろしきはイオリア・シュヘンベルグよ。2世紀以上も前にこの特殊粒子を発見し基礎理論を固めていたのだからな」
ビリー:「そのような人物が戦争根絶なんていう夢みたいな事を何故始めたのでしょうか?」
レイフ:「紛争の火種を抱えたまま宇宙に進出する人類への警告。そうわしは見ておるがな」

タイトル:「#11 アレルヤ」

ティエリア:「今回の人革連による軍事作戦、キュリオスを鹵獲寸前まで追い込まれ、ナドレの姿を敵に露呈してしまった。スメラギ・李・ノリエガ、全ては作戦の指揮者であるあなたの責任です」
スメラギ:「ごめんね。でもね、私も人間なの。時には失敗もあるわよ」
ティエリア:「そんな問題では済まされない。計画にどれだけの支障が出た・・・」
ロックオン:「ナドレを敵に晒したのはお前だろ」
ティエリア:「そうしなければやられていた」
ロックオン:「そうだとしてもお前にも責任はある。ミススメラギばっか責めるなよ。命があっただけでもめっけもんだ」
ティエリア:「今後はヴェーダからの作戦指示を優先する。失礼」

リヒティ:「はぁー緊張したー」
クリスティナ:「あんなこと。みんなの前で言わなくたって良いのに」
ロックオン:「かわいいよなー生真面目で。他人に八つ当たりなんかしてさ」

アレルヤ:(あの機体・・・ティエレンの高機動超兵仕様。間違いない。あれに乗っていたパイロットは僕と同じ存在。まさか、続いて・・・あの忌まわしい研究が)

キム司令:「鹵獲中に収集した羽付ガンダムのデータ。ティエレンのミッションレコーダーに残されていたソレスタルビーイングの移動母艦と、デカブツが外部装甲を外した映像。数十万機の探査装置と20機以上のティエレンを失った代償にしては少なすぎる」
セルゲイ:「弁明のしようもありません。いかなる処分も受ける覚悟です」
キム司令:「君を外すつもりはない。辞表も受け付けん」
セルゲイ:「・・・?」
キム司令:「確かに本作戦は失敗した。だが君に対する評価は変わってはおらんよ。ガンダムの性能が我々の予想を越えていたのだ」
セルゲイ:「お言葉ですが、ガンダムの性能は底が知れません。鹵獲作戦を続けることは我が軍にとって・・・」
キム司令:「それもわかっている。主席は極秘裏にユニオンとの接触を図っておられる」
セルゲイ:「ユニオンと」
キム司令:「ソレスタルビーイングへの対応が次の段階に入ったという事だ」

女性兵士:「ピーリス少尉。次の作戦でミン中尉の・・・いえ、同志達の仇を」
ソーマ:「作戦完遂に全力を尽くします。私はそのためだけに存在を許されているのですから」

ミッションレコーダー(アレルヤ):「ぐぁーーー!がぁーーー!・・・」
超兵機関研究員:「少尉のタオツーが近づけば近づくほどガンダムのパイロットが受ける苦痛が増加している。やはりガンダムのパイロットは脳量子波の影響を・・・、いる、被験者E57。E57脳量子波処置後、新たな人格が形成。凶暴性あり。データ収集後、処分・・・いかんな。この事実が上層部に知れれば」
セルゲイ:「タオツーのミッションレコーダーから何かわかった事は?」
超兵機関研究員:「は、今のところは何も」
セルゲイ:「私はガンダムのパイロットをピーリス少尉と同類と見ている」
超兵機関研究員:「我々以外にも脳量子波処置を研究している国がある可能性を否定できません」
セルゲイ:「もしそうだとすればこの世界は歪んでいるな」
超兵機関研究員:「その意見に賛同させて頂きます。中佐」

アレルヤ:(どうする。この事実を報告するか?それとも・・・)
ハレルヤ:「やる事は一つだろ」
アレルヤ:「・・・!ハレルヤ」
ハレルヤ:「あの忌々しい機関が存続していて俺らのような存在が次々と生み出されている。そいつは戦争を幇助する行為だ」
アレルヤ:「叩けというのか・・・仲間を。同類を?」
ハレルヤ:「お優しいアレルヤ様には出来ない相談か?なら体を俺に渡せよ。速攻で片付けてやっからさー。あの時みたいに」

(アレルヤ):「俺たちは死ぬのか?」
(少年):「死にたくないアレルヤ!アレルヤ!」
(アレルヤ):「ダメだ!お前は死ぬんだ!」
(少年):「アレルヤ・・・」
(アレルヤ):「違う、俺の名は・・・」

アレルヤ:「・・・!やめてくれ、ハレルヤ!何も殺す事はない。彼らを保護することだって・・・」
ハレルヤ:「戦闘用に改造された人間にどんな未来がある。そんな事自分が良くわかっているだろ。え?ソレスタルビーイングのガンダムマイスターさんよ」
アレルヤ:「違う!僕がここに来たのは・・・」
ハレルヤ:「戦う事しかできないからだ」
アレルヤ:「違う!」
ハレルヤ:「それが俺らの運命だ」
アレルヤ:「違う!僕は!」

アレルヤ:「あ・・・刹那」
刹那:「どうした?」
アレルヤ:「いや、なんでもないさ」

アレハンドロ:「受信アンテナの建設作業が予定より遅れているようですが」
マリナ:「作業の妨害が幾度か行われたようです。国民の中には太陽光発電に反対する者たちもいますから」
国連大使:「我々が派遣した技術者の安全を最優先にお考え下さい。もしもの場合、私たちはこの国から退去する事になります」
マリナ:「軍にはそのように進言しています」
アレハンドロ:「姫さま。一度建設作業現場へ表敬訪問をなさっては如何ですか?兵や技術者たちの士気も上がりましょう」
シーリン:「わざわざ暗殺されるために?」
マリナ:「シーリン!」
シーリン:「コーナー大使。国連がアザディスタンへの技術支援を決めたのは何故です?中東には技術が立ち遅れている国が沢山あります。なのに何故」
アレハンドロ:「あなた方の要請があったからではないですか。国連としてはアザディスタン王国をモデルケースにして中東全土に支援の輪を広げていきたいと考えています。それにソレスタルビーイングの存在も気がかりだ」
マリナ:「ソレスタルビーイング」
アレハンドロ:「戦争根絶を唱える彼らが小規模とはいえ紛争の絶えない中東へと介入してくるのは時間の問題。紛争後の復興支援よりも争いを無くしていくための支援が重要だと私は考えます」
シーリン:「ご立派なお考えですこと」
マリナ:「コーナー大使。あなた方のそのお気持ちをあなた方の神に誓えますか?」
アレハンドロ:「誓えます。アザディスタンの未来を、あなたの神にも」

スメラギ:「どうしたの?アレルヤ。もしかして君も怒っているの?そうね。散々な目に遭わされたんだもの。ごめんなさいね。ダメな戦術予報士で」
アレルヤ:「酔ってるんですか?」
スメラギ:「いけない?」
アレルヤ:「少し控えた方がいい」
スメラギ:「嫌よ。私はこれがないと生きていけないの。ねぇ用が無いなら・・・」
アレルヤ:「スメラギさんとヴェーダに進言したい作戦プランがあります」
スメラギ:「作戦プラン?」
アレルヤ:「紛争を幇助するある機関に対しての武力介入作戦。その機関は僕の過去に関わっています。詳しいことはデータにまとめました。酔いが醒めた時にでも見ておいてください。失礼します」

スメラギ:「・・・!人類革新連盟軍超兵特務機関。これって・・・」

アレルヤ:(この悪夢のような連鎖を僕が断ち切る。今度こそ・・・僕の意思で)

ルイス母:「まー凄いじゃないルイス!こんなに日本料理が上手だなんて、ママ感激だわ~!」
ルイス:「食べてみて。とっても美味しいんだから」
ルイス母:「・・・あ」
ルイス:「美味しい?」
ルイス母:「ええとっても」
ルイス:「ママがとっても美味しいって言ってるよ。沙慈!」
ルイス母:「へ?」
沙慈・クロスロード:「ど、どうも・・・」
ルイス母:「いくら料理ができてもルイスとの交際を認めるわけではありませんから。でも、料理が美味しい事は認めてあげるわ」
沙慈・クロスロード:「お口にあって良かったです」

部下:「ダメだ。先輩はどうやってイオリア・シュヘンベルグの足取りを追うつもりですか?彼の血縁者は途絶えているし、資金面から追おうとしても200年前の情報セキュリティーは穴だらけ。いくらでも改竄できます。無理ですよ」
絹江・クロスロード:「だからここに来たのよ」
部下:「それってどういう?」
絹江・クロスロード:「来た!」
部下:「誰です?」
絹江・クロスロード:「ユニオンの安全保障局」
部下:「あ、安全保障局?」
絹江・クロスロード:「イオリアを追っている彼らが今月に入って3回もここを訪れているっていう情報が入ったの」
部下:「ま、まずいですよ先輩!もしこんなことしてるのが彼らに知れたら・・・」
「ま、待って下さいよ先輩!」

スメラギ:「作戦プラン、見させてもらったわ。あなたの過去も。確かに武力介入する理由があるし、ヴェーダもこの作戦を推奨している。でも、いいの?あなたは自分の同類を・・・」
アレルヤ:「構いません!」
スメラギ:「もう1人のあなたは何て?」
アレルヤ:「聞くまでもありません」
スメラギ:「本当に良いのね?」
アレルヤ:「自分の過去ぐらい、自分で向き合います」
スメラギ:「わかったわ・・・」

スメラギ:「エクシア、デュナメスはプラン通り南アフリカ国境紛争地域への武力介入を開始。両機発信後トレミーの進路をラグランジュ4に変更。スペースコロニー、チュエンチュウにある人革連の特務機関に武力介入を行います」

フェルト:「射出準備完了。タイミングをエクシアに譲渡」
スメラギ:「私がいないからって勝手しないでね」
刹那:「了解。エクシア、刹那・F・セイエイ、出る」

クリスティナ:「引き続きデュナメスの発進準備に入ります」
フェルト:「コンテナローディング開始。デュナメス、カタパルトデッキへ」

(スメラギ):「作戦プラン、見させてもらったわ。あなたの過去も。でも、いいの?あなたは自分の同類を・・・」
(アレルヤ):「構いません!」

ティエリア:(アレルヤ・ハプティズム。そうか、彼は、人類というものは、人間というものは、ここまで愚かになれるのか)

絹江・クロスロード:「ひいおじいさまの行方を捜している?」
松原:「はい。口止めされているんですが、保障局の人は200年前に行方不明になった私の曽祖父の事を調べていました」
絹江・クロスロード:「どういう方だったのですか?」
松原:「材料工学の権威だったと聞いていますが、詳しい事は」

部下:「結局手がかり無しですね」
絹江・クロスロード:「そうでもないわ。おそらくイオリア・シュヘンベルグは、この計画のために当時の科学者たちをスカウトしていたのよ。資材の流れはデータを改竄できても、人は違う。少しだけ見えてきたわ。2世紀も前に亡くなった男の影が」

ロックオン:「こっちは楽勝。問題はアレルヤ達の方だな」

フェルト:「キュリオス、ヴァーチェ射出完了」
クリスティナ:「ミッション開始時間まで0042です」
ラッセ:「あれが人革のスペースコロニーかよ」

アレルヤ:「まさか、ここに戻る事になろうとは」

ティエリア:「ミッション通りここは引き受ける。目標を叩け」
アレルヤ:「感謝するよ」
ティエリア:「過去というものがあの男を歪ませているのなら、それは自らの手で払拭する必要がある。それでこそガンダムマイスターだ」

ティエリア:「セキュリティシステム、制圧完了。ここから先は出たとこ勝負!」

作業員:「な、なんだガンダム?」

オペレーター:「ソレスタルビーイング?」
上官:「防衛隊は何をしている!?」
オペレーター:「外で他のガンダムと交戦中です!」
上官:「ハッチの緊急封鎖を!」
オペレーター:「ダメです!データが書き換えられました!」
「ガンダムコロニー内に侵攻します!」

アレルヤ:「・・・、気流に流される。コロニーの回転にキュリオスを同期!」

幹部達:「ソレスタルビーイングが現れただと?」
「奴らはコロニー内の戦闘行為禁止の条約を知らんのか!」
「テロリストにそんな理屈は通用しない!しかし何が目的だ」

アレルヤ:「スメラギさんの予想通り、コロニー内での反撃はない。うぅ・・・」
子供達:「・・・うわぁ!・・・やめてー!・・・痛いよー!・・・!」
アレルヤ:「いる、僕の同類が・・・あの忌まわしい場所に!」

研究員達:「・・・!」

アレルヤ:「ためらわないさ。僕はガンダムマイスターだ!」

子供達:「ぐっ!頭が痛いー!・・・!」

アレルヤ:「こ・・・殺す必要があるのか?そうだ、彼らを保護して・・・」
ハレルヤ:(甘いな)
アレルヤ:「ハレルヤ!」
ハレルヤ:(どうやって保護する?どうやって育てる?施設から逃げたお前が、まともに生きてこられたか?へ!できもしねぇ事考えてんじゃねぇーよ)
アレルヤ:「しかし、このままでは彼らがあまりにも不幸だ」
ハレルヤ:(不幸?不幸だって?施設にいる奴らは自分が不幸だって思ってねぇーよ)
アレルヤ:「いつかはそう思うようになる!」
ハレルヤ:(ならティエレンに乗っていた女は自分が不幸だって感じているのか?そうじゃないだろ?独りよがりな考えを相手に押し付けんな。どんな小奇麗な言葉を並べ立てても、お前の優しさは偽善だ。優しいふりして自分が満足したいだけなんだよ)
アレルヤ:「彼らは生きてる」
ハレルヤ:(改造されてな!そしていつか俺らを殺しにくる!敵に情けをかけるな!それとも何か?また俺に頼るのか?自分がやりたくない事に蓋をして自分は悪くなかったとでも言うのか?俺はやるぜ。他人なんざどうでもいい。俺は俺という存在を守るために戦う!!)
アレルヤ:「そんな事」
ハレルヤ:(なら何故お前はここに来た!?))
アレルヤ:「僕はソレスタルビーイングとして」
ハレルヤ:(殺しに来たんだろ?)
アレルヤ:(違う!ガンダムマイスターとして!)
ハレルヤ:(立場で人を殺すのかよー?引き金くらい感情で引け!己のエゴで引け!無慈悲なまでに!)
アレルヤ:(撃ちたくない・・・)
ハレルヤ:(アレルヤ!)
アレルヤ:(撃ちたくないんだーー!)

アレルヤ:「うああああ!おおぉぉぉぉ!あああ!ああああ!」

ハレルヤ:「ハハハハハ!良くやったぁ!それでこそ俺の分身。面白くなりそうだぜ」

クリスティナ:「センサーがキュリオスとヴァーチェを捕捉しました」
フェルト:「ミッション終了」
スメラギ:「クリスティナ、手筈通りに超兵機関の情報をマスコミにリークさせて」
クリスティナ:「了解しました」
ラッセ:「人革連による兵士の人体改造か」
リヒティ:「大スキャンダルっすよねー」
スメラギ:「やめなさい!アレルヤ・・・」

セルゲイ:「ソレスタルビーイングがチチェンチュウを襲撃した。目標は貴官が所属する超兵機関だ」
超兵機関研究員:「うぁ・・・、そ、そんな・・・」
セルゲイ:「私も知らされていない研究施設への攻撃。やはりガンダムのパイロットの中に超兵機関出身者がいる。そして貴官はそれを知っていた。違うか?」
超兵機関研究員:「いえ、知りませんでした」
セルゲイ:「私の権限でこの研究施設を封鎖。貴官には取調べを受けてもらう」
超兵機関研究員:「・・・!な、なんですと!待ってください!」
セルゲイ:「この事件はすでに世界に流れている。報告を怠り、我が陣営を不利な状況に追い込んだ。貴官の罪は重いぞ。連れて行け」
超兵機関研究員:「・・・」
セルゲイ:(ソレスタルビーイングに華を持たせるなど・・・)
ソーマ:「中佐」
セルゲイ:「ん?待機中だ少尉、持ち場に戻れ」
ソーマ:「はっ!」

アレルヤ:「・・・」

スメラギ:「どうしたのアレルヤ?新しい作戦でも立案した?」
アレルヤ:「スメラギさん。僕にも一杯もらえませんか?」
スメラギ:「なんで?」
アレルヤ:「ひどくそういう気分なんです」
スメラギ:「未成年はダメよ。犯罪者になっちゃうもの」
アレルヤ:「僕らは稀代のテロリストですよ」
スメラギ:「それでもダメなものはダメ」
アレルヤ:「それがもう良いんです」
スメラギ:「え?」
アレルヤ:「グリニッジ標準時間でつい先程20歳になりましたから」
スメラギ:「そうなの・・・」

スメラギ:「こんな時に言うのも変だけど・・・おめでとう」
アレルヤ:「・・・ありがとうございます」
「・・・う・・・なぜこんな苦いものを・・・」
スメラギ:「・・・そのうちわかるわ・・・きっとね」

次回予告:「アザディスタンで起きた内紛により、故郷へと向かう刹那。彼がそこでうける断罪とはなにか?次回『教義の果てに』希望の背後から、絶望が忍び寄る」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する