機動戦士ガンダム 00 ダブルオー 第10話 ガンダム鹵獲作戦

ここでは、「機動戦士ガンダム 00 ダブルオー 第10話 ガンダム鹵獲作戦」 に関する記事を紹介しています。
仲居:「失礼致します」
ルイス母:「どーぞー」
仲居:「お連れ様がご到着です」
ルイス:「じゃーん!」
ルイス母:「まぁールイスとっても似合ってるわー」
ルイス:「えへへへ」
ルイス母:「やっぱりママの見立ては正しかったようね・・・あら?」
沙慈・クロスロード:「ど、ど、どうも」
ルイス母:「あなたを招待した覚えはありませんけど」
ルイス:「私がしたの!ねぇ沙慈?」
沙慈・クロスロード:「僕は断ったんですけど」
ルイス母:「意志が弱いのね」
ルイス:「はぁ・・・」
沙慈・クロスロード:「よく言われます」
ルイス母:「ならハッキリと言って差し上げましょう。お帰りなさい!」
沙慈・クロスロード:「は、はい」
ルイス:「ダメ!」
沙慈・クロスロード:「でも」
ルイス母:「お帰りなさい!」
ルイス:「ダメったらダメー!」

刹那:「・・・間違いない。この敵は時間稼ぎをしている」
ロックオン:「ちくしょー。持久戦かよ」
スメラギ:「いえ、敵の目的は私たちじゃない。ガンダムを鹵獲する気だわ」
アレルヤ:「・・・知っている。知っているぞ。僕はあの機体を・・・知っている!」

ナレーション:「西暦2307年、永続的なエネルギーを手に入れた今でも、人類は争いをやめる事は出来なかった。そんな世界に対して戦争根絶を目的とする私設武装組織ソレスタルビーイングが行動を開始する。だがそれに反発する世界は人類革新連盟軍特務部隊頂武による特秘作戦を敢行。司令官セルゲイ・スミルノフの戦術に4機のガンダムは翻弄され、反撃の糸口を掴めずにいた。その戦渦の中、アレルヤ・ハプティズムの前にティエレンタオツーを操る超兵1号、ソーマ・ピーリスが現れる。2人の出会いは宇宙に何をもたらすのか?」

タイトル:「#10 ガンダム鹵獲作戦」

パイロットA:「中佐、羽付の動きが妙です。特殊粒子も出ていません」
セルゲイ:「機体の変調か?それとも罠か?」
ソーマ:「中佐、私が先行します」
セルゲイ:「カーボンネットを使ってからだ」
「ミン中尉!」

ミン中尉:「了解」
アレルヤ:「く・・・、うあっ!」
「来るな。来るな。・・・来ないでくれー!」

ソーマ:「相対速度同調。接触します」
アレルヤ:「ぐぁーーー!がぁーーー!・・・」
ソーマ:「何?」
セルゲイ:「ん?この声は・・・」

(アレルヤ):「聞こえるか?全員中央ブロックに集まれ。死にたくなければ真ん中に集まるんだ!」

アレルヤ:「ぐぁぁぁー!ぐ・・・ぐああぁぁ!・・・!」
セルゲイ:「あの時と同じ若いパイロットの声。だが何故苦しむ?ピーリス少尉を拒んでいるのか?・・・!もしや?」

(研究員):「タオツーのミッションレコーダーを分析したところ、少尉の脳量子波に異常が検知されました。通常ではあり得ない現象です。外部からの影響を受けた可能性も・・・」
(セルゲイ):「外部からの?」
(研究員):「もしそうであるとすると、影響を与えた人物は少尉と同じグリア細胞を強化され、脳量子波を使う者に限定されます」

セルゲイ:「ピーリス少尉と同類」
ソーマ:「中佐、パイロットの意識が途絶えました」
セルゲイ:「了解した。各機羽付を4番艦に収容後、安全領域まで離脱。ユアン軍曹は本隊に合流し、撤退信号を送れ」

刹那:「・・・!」
ロックオン:「こっちの死角に回り込んで!くそぉ!アレルヤは無事なのか?ティエリアは?」
スメラギ:「なんて迂闊なの・・・私は」

オペレーター:「羽付の収納完了」
セルゲイ:「作業兵はパイロットを機体から離し拘束せよ」
作業班班長:「作業班了解!」

作業兵:「班長、どの方式の断層撮影でもエラーが出ます」
作業班班長:「なんだと?例の特殊粒子の影響か?」

オペレーター:「4番艦発進準備完了!」

セルゲイ:「ピーリス少尉としては物足りぬ初陣となったな」
ソーマ:「私にそのような気持ちはありません。作戦を完遂させる事が私の全てです」
「・・・?中佐、熱源が、来ます!」

セルゲイ:「なに!?」
「全機散開!4番艦は現宙域より緊急離脱せよ!この攻撃はデカブツか?」

ソーマ:「ガンダム!」

ティエリア:「別動隊がいたとは・・・何?敵輸送艦からキュリオスの反応。敵に鹵獲された?何という失態だ。万死に値する!」

ソーマ:「中佐、敵が射撃体勢に入りました。4番艦を狙っています」
セルゲイ:「味方がいるのがわかっているはずだ。それでも撃つというのか?」

ティエリア:「アレルヤ・ハプティズム、君もガンダムマイスターにふさわしい存在ではなかった」
「・・・?は、速い!?ティエレンとは違う。新型か?」

ティエリア:「2度も避けた!」

ソーマ:「中佐、ここは私に任せて羽付を」
セルゲイ:「ビーリス少尉!」
「4番艦は指定宙域で待機。羽付からパイロットを引きずり出すのを忘れるな。場合によってはカッターの使用も許可する」

オペレーター:「了解」

ティエリア:「輸送艦が・・・く・・・」
「たかが1機でヴァーチェに対抗するつもりか!」

ソーマ:「邪魔はさせない!」
ティエリア:「なに?」
ソーマ:「至近距離なら弾を弾かれても!」
ティエリア:「・・・、調子に乗るな!」
ソーマ:「・・・よくも、私のタオツーを!」
ティエリア:「こいつ!」

パイロットB:「中佐、少尉の機体が!」
セルゲイ:「わかっている。モビルスーツ隊はピーリス少尉を援護しつつ、デカブツの鹵獲作戦に入る」

作業班班長:「ブリッジ、機体外部にスイッチ類が見当たらん。カッターを使用する」

アレルヤ:(聞こえる・・・声が・・・)

(ソーマ):「邪魔はさせない!」

アレルヤ:(そうだ、この声は・・・あぁ・・・)
ハレルヤ:「あぁ・・・、そうだ。あの時の、女の声だ!」
作業班班長:「お、おお!お、おおぉ、うわあぁ!」

オペレーター:「コンテナ内に異常発生!中佐に連絡を!うわあ!中佐!船体が内部から破壊されて・・・!」

セルゲイ:「4番艦、何があった!状況を報告しろ!」
オペレーター:「・・・うわあぁぁ!」

セルゲイ:「4番艦の反応が消えた。何ということだ・・・全ては私の判断ミス。しかし手ぶらで帰るわけにはいかん!是が非でもあのデカブツを鹵獲する!」

ティエリア:「あの機体から特別なものを感じる。ヴェーダ、これは、・・・?新手か?」
ソーマ:「中佐!」
セルゲイ:「敵の砲撃後、作戦を開始する。死ぬなよ!」
ティエリア:「なめられたものだ!」
「何!?」

セルゲイ:「発射までのタイムラグは承知している!」

セルゲイ:「ジェルを撃て!」

ティエリア:「これしきのことで!」
ソーマ:「やらせるか!」
ティエリア:「く・・・それでも!」
「だとしても!」
パイロットC:「ちゅ、中佐、機体が!」
セルゲイ:「このデカブツはティエレン6機の推進力を上回るというのか。少尉!首でも腕でも構わん奪い取れ!」
ソーマ:「了解!」
ティエリア:「GNフィールド!」
「な・・・展開が!・・・くる!」

ソーマ:「あー!!」
ティエリア:「く・・・やられる!」

ソーマ:「そんな・・・」
パイロットC:「な、何?」
セルゲイ:「装甲をパージしただと?」

ティエリア:「ガンダムナドレ・・・目標を消滅させる!」

パイロット達:「うわぁー!」
「中佐ー!」
「うああぁぁぁ!」

ソーマ:「・・・」
セルゲイ:「作戦中止!現宙域から離脱!」
パイロットD:「了解!」
ソーマ:「中佐!」
セルゲイ:「撤退だ!」

ティエリア:「うぁー!!・・・なんという失態だ!こんな早期にナドレの機体を晒してしまうなんて!計画を歪めてしまった・・・はぁ・・・ヴェーダ・・・俺は・・・僕は・・・、・・・私は・・・」

ロックオン:「ようやく7機」
刹那:「これで9機・・・?」
ロックオン:「撤退信号が?」
ハロ(オレンジ):「ニゲタ、ニゲタ」
ロックオン:「ふぅーやっとこか・・・」

フェルト:「敵モビルスーツ隊、撤退を開始」
クリスティナ:「た、助かったの・・・私達?」
リヒティ:「みたいっすね」
ラッセ:「やれやれだ」
スメラギ:「気を抜かないで!作戦は続行中よ。急いでキュリオスとヴァーチェの回収に向かって」
リヒティ:「・・・、了解!」
スメラギ:「アレルヤ・・・ティエリア・・・」

セルゲイ:「少尉、機体の状況はどうか?」
ソーマ:「長距離加速は無理ですが、航行に支障はありません」
セルゲイ:「そうか。これほどの規模と人員を駆使して1機すら鹵獲できんとは」
ミン中尉:「中佐、前方より接近する物体があります」
セルゲイ:「何?」
ソーマ:「・・・」
セルゲイ:「羽付か!?」

ハレルヤ:「見つけたぜ!ティエレンの高機動超兵仕様。あぁー間違いねぇ!散々ぱら俺の脳量子波に干渉してきやがって!てめえは同類なんだろ!そうさ、俺と同じ!体をあちこち強化されて、脳をいじくりまわされて出来た化物なんだよー!」
ソーマ:「行きます」
セルゲイ:「少尉!その機体状況では!」
ハレルヤ:「いい度胸だな、おんなー!!」
ソーマ:「・・・」
「なに?遊んでるの?」

ハレルヤ:「ほらさ!同類だからさ!わかるんだよ!」
セルゲイ:「少尉!」
ミン中尉:「中佐、少尉とともに離脱して下さい!」
セルゲイ:「何!?」
ミン中尉:「中佐と少尉の能力は超部に必要なものです。敵討ち願います!」
セルゲイ:「ミン中尉!!」

ミン中尉:「少尉はやらせん!」
ハレルヤ:「邪魔すんなよ一般兵!命あっての物種だろーが!!」

セルゲイ:「ミン中尉!」
ソーマ:「・・・!」
ミン中尉:「中佐!離脱して下さい!」
ソーマ:「ミン中尉!」
セルゲイ:「離脱するぞ!少尉!」
ソーマ:「しかし!」
セルゲイ:「男の覚悟に水を差すな」

ハレルヤ:「なんだ?仲間見捨てていっちまうのか?やる事が変わらねぇよな!人革さんはよー!」
ミン中尉:「いつか・・・」
ハレルヤ:「あぁ?」
ミン中尉:「いつかお前たちは報いを受ける時が来る。我々が築き上げてきた国を、秩序を乱した罰を」
ハレルヤ:「そんな大層なもんじゃねぇだろ?人を改造して兵士にするような社会にどんな秩序があるっていうんだ?そんでもって俺は女に逃げられて少々ご立腹だ。だからさー、楽には殺さねーぞ!」
ミン中尉:「・・・、・・・!うわ!うわぁ!うわぁぁ!・・・」
ハレルヤ:「どうよ。一方的な暴力に為す術も無く命を擦り減らしていく気分は?」
ミン中尉:「・・・!うわぁー!やめてくれ!!やめてくれー!!・・・!」
ハレルヤ:「こいつは命乞いってやつだなー、最後はなんだ?ママか?恋人か?今頃走馬灯で子供の頃からやり直している最中か!?」
アレルヤ:(やめろ、ハレルヤ)
ハレルヤ:「あ?待てよアレルヤ、今良いところなんだから」
アレルヤ:(やめてくれ!)
ハレルヤ:「なに言ってんだよ。お前が出来ないから俺がやってやってんだろ」
アレルヤ:(やめるんだ!!)
ハレルヤ:「あーそうかい。わかったよアレルヤ。全くお前にはかなわねぇよ・・・なんてな!はっはっはっはっ!楽しいよな!!アレルヤ!!アレルヤァァ!!!」

ソーマ:「・・・!中佐、ミン中尉が!」
セルゲイ:「何も言うな少尉」
ソーマ:「しかし!」
セルゲイ:「言うな!」
(・・・ガンダム)


アレルヤ:「あぁ・・・、・・・何故だ。何故なんだハレルヤ。どうしてそんなに人を殺したがる。それが僕の本質だとでもいうのか。もしそうなら、僕は人でなしだ!」

クリスティナ:「ヴァーチェを発見しました。モニターに出します」
ラッセ:「こ、こいつは」
フェルト:「ナドレ・・・」
スメラギ:「そう、ナドレを使ってしまったのね。ティエリア・・・」

ロックオン:「あれが、ナドレ」
刹那:「・・・」

クリスティナ:「キュリオス発見、アレルヤ聞こえる?アレルヤ!あ・・・」
ラッセ:「どうした?」
クリスティナ:「ううん、なんでもない」
「泣いてる・・・」

スメラギ:「たまらないのよ。こういうの!また、間違えてしまった。ホント、どうしようもないわね・・・私・・・」

ワン・リューミン:「なんという失態。イオリア・シュヘンベルグが求めた理想をガンダムは体現している。なのに、どうしてマイスター達はこうも不完全なの?」

リボンズ:「良いのですか?このままにしておいて」
アレハンドロ:「私は監視者であって、実行者ではないよ。私に出来ることは彼らを見つめ続けるのみ。例えそれが滅びの道だとしても」

次回予告:「ソーマ・ピーリスの存在が、アレルヤにあるミッションを決断させた。それは過去への贖罪か。次回『アレルヤ』血の洗礼、それは神に背きし者の祝福」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する