機動戦士ガンダム 00 ダブルオー 第9話 大国の威信

ここでは、「機動戦士ガンダム 00 ダブルオー 第9話 大国の威信」 に関する記事を紹介しています。
ライル:「いったい誰が・・・もしかして、あの人が・・・」

ナレーション:「西暦2307年、ソレスタルビーイングが武力介入を開始してから4ヶ月の時が過ぎようとしていた。彼らの介入行動回数は60を越え、人々は好むと好まざるとに関わらず、彼らの存在を受け入れていく。ソレスタルビーイングを否定する者、肯定する者、どちらの気持ちも戦争を否定するという意味では一致していた。誰も争いを求めたりはしないのだ。地球にある3つの国家群のうちユニオンとAEUは同盟国領内の紛争事変のみソレスタルビーイングに対して防衛行動を行うと発表。しかし、モラリア紛争以来大規模戦闘は一度も行われていない。それを可能にしたのは、モビルスーツガンダムの卓越した戦闘能力にある。世界中で行われている紛争は縮小を続けていたが武力による抑圧に対する反発は消えることはない。そして今、唯一彼らに対決姿勢を示した人類革新連盟で、ある匿秘作戦が開始されようとしていた」

タイトル:「#09 大国の威信」

セルゲイ:「特務部隊頂武隊員諸君。諸君らは母国の代表であり、人類革新連盟軍の精鋭である。諸君らの任務は世界中で武力介入を続ける武装組織の壊滅、及びモビルスーツの鹵獲にある。この任務を全うすることで我ら人類革新連盟は世界をリードし、人類の発展に大きく貢献することになるだろう。諸君らの奮起に期待する!」

クリスティナ:「デュナメス、着艦終了。引き続きエクシアの着艦作業に入ります」
フェルト:「コンテナオープン相対誘導システム作動」
刹那:「誘導システム同調、エクシア、着艦する」
クリスティナ:「エクシア、着艦しました」

イアン:「いい着艦だったぞ刹那」
刹那:「整備を手伝う」
イアン:「部屋に戻って休んでいろ。人の仕事をとるんじゃない」

ハロ達:「ニイチャン」
「ニイサン」
「オニイサマ」
ロックオン:「感動の対面だな」
ハロ(オレンジ):「セイビカイシ、セイビカイシ」
ハロ達:「リョウカイ、リョウカイ」
ロックオン:「頼んだぜ!」

アレルヤ:「スメラギさんオーバーホール中にもし敵に襲われたら?」
スメラギ:「神を恨むわ」
アレルヤ:「戦術予報士のセリフですか?それ」

パイロット:「姿勢制御完了。ハッチオープン」
オペレーターA:「リニアカタパルト電圧上昇。双方向通信システム射出準備完了」
オペレーターB:「射出」
オペレーターA:「通信子機全体分離」

オペレーターB:「通信子機全体分離開始。予定位置に移動中。双方向通信正常です」
ミン副官:「これで我が軍の静止軌道衛星領域を80%網羅した事になります」
セルゲイ:「うむ」
ミン副官:「ガンダムが放射する特殊粒子は効果範囲内の通信機器を妨害する特性を有しています。それを逆手にとり双方向通信を行う数十万もの小型探査装置を放出。通信不能エリアがあれば、それはすなわちガンダムがいるということ。中佐、魚はうまく網に掛かるでしょうか?」
セルゲイ:「そうでなくては困るよ、ミン副官。これほどの物量作戦、そう何度も出来はしない」

沙慈・クロスロード:「ソレスタルビーイングの動向における世界紛争の今後。なんて面倒なレポートなんだ」
ルイス:「そんなの適当に書けばいいじゃん」
沙慈・クロスロード:「そういう訳には・・・」

ルイス母:「ルイスー!」
ルイス:「マ、ママ?」
沙慈・クロスロード:「ママ?」
ルイス:「・・・」
ルイス母:「・・・会いたかったわールイス!」
ルイス:「今は渡航規制が掛かっているのにどうして?」
ルイス母:「代議士の先生にお願いしてね。ルイス、こちらの方は?」
ルイス:「・・・前に言ったでしょ。私のボーイフレンド」
沙慈・クロスロード:「沙慈です。沙慈・クロスロードです」
ルイス母:「そうー。娘がお世話になっております」
沙慈・クロスロード:「あ、いえ」
ルイス母:「でも、もう結構ですので。さ、帰るわよ、ルイス」
ルイス:「何言ってるのママ?」
ルイス母:「世界がこんな状況なのに、一人娘を留学させておけないでしょ。さ」
ルイス:「やだ帰らない!なんとか言ってよ沙慈!」
ルイス母:「あ・・・」
沙慈・クロスロード:「と、言われても・・・」
ルイス:「恋人が連れていかれちゃうのよ!」
ルイス母:「恋人!?」
沙慈・クロスロード:「いつの間に!」
ルイス母:「あ、あなた!」
沙慈・クロスロード:「誤解です、お母さん!」
ルイス母:「お母さん!?」
沙慈・クロスロード:「あ、いやそういう意味ではなくて、その・・・」
ルイス:「男の子ならハッキリして!」
沙慈・クロスロード:「えー?」
ルイス:「沙慈!」

絹江上司:「イオリア・シュヘンベルグの調査報道?」
絹江・クロスロード:「ソレスタルビーイングの創設者を調べれば、彼らの本当の目的がわかると思うんです。ぜひともやらせて下さい」
絹江上司:「どの国の諜報機関もお手上げの状況だと聞いている。お前1人で何が・・・」
絹江・クロスロード:「それでもやりたいんです!お願いします。デスク!」
絹江上司:「はぁ、1ヶ月以内に報道特集1時間分のネタ、集められるか?」
絹江・クロスロード:「はい!」

アナウンサー:「次のニュースです。エネルギーの枯渇状況が深刻な中東のアザディスタン王国に国連による援助が行われる模様です。既に国連の視察団が現地に到着しており・・・」

マリナ:(国連大使との会談がまとまればこの国にも太陽光発電システムが・・・)
側近:「姫様、いらしたようです」
マリナ:「ぁ・・・」
(この方がアザディスタンを救ってくれる)

アレハンドロ:「お初にお目にかかります。国連大使のアレハンドロ・コーナーです」
マリナ:「アザディスタン王国第一皇女マリナ・イスマイールです。私達の援助要請を受けていただき、この国を代表してお礼を申し上げます」
アレハンドロ:「国連とは本来こういうことを行うための組織です。とは言え加盟国からの分担金が滞っている今やれる事は限られてしまいますが」
マリナ:「それでも感謝いたします」
シーリン:(この時期での国連の援助。見返りは何もないと言うのに。あの男何を考えているの)

リヒティ:「あれ?フェルトは?」
クリスティナ:「気分が悪いからってモレナさんのとこに行ったわ」
リヒティ:「当直連チャンすか?」
クリスティナ:「そーなのよねー」
リヒティ:「ここ俺見てますから、食事してきて良いっすよ」
クリスティナ:「え?ホント!やさしー!」
リヒティ:「それほどでも」
クリスティナ:「でも好みじゃないのよねー」
リヒティ:「悲しい・・・」

ロックオン:「よう!何してる?」
フェルト:「ロックオン・・・」
ロックオン:「・・・どうした?」

クリスティナ:(・・・、気まずい・・・)

リヒティ:「GNドライブチャージ、100%到達っと」

オペレーターA:「AE3288の双方向通信が途絶えました」
オペレーターB:「中佐に報告」
オペレーターC:「AR9763もです。位置はエアン07」
ミン副官:「まさかこれほど近くにいたとは」
セルゲイ:「特務部隊、頂武の総員に通達。モビルスーツ隊緊急発進!」

オペレーターD:「緊急出撃準備。0655より一番艦から順次出撃する。全搭乗員は加速に備えよ。140秒後に緊急加速を開始する!」

セルゲイ:「ピーリス少尉。全感覚投影システムの具合はどうか?」
ソーマ:「問題ありません中佐。オールグリーンです」
セルゲイ:「少尉にとってこれが初めての実戦になる。この前のようなことはご免被る」
ソーマ:「承知しています。中佐」
オペレーターD:「全艦、加速可能領域に到達。加速開始します」

ロックオン:「へぇー、フェルトの両親はソレスタルビーイングにいたのか」
フェルト:「2人とも第2世代のガンダムマイスターだって」
ロックオン:「そうかい。俺は君の両親のお陰で戦えているんだな。そんでもってフェルトはホームシックにでも掛かったか?」
フェルト:「今日は命日。2人の」
ロックオン:「何があった?」
フェルト:「わからない。ただ死んだとしか」
ロックオン:「ソレスタルビーイングのメンバーには守秘義務がある。俺も今のメンバーの過去を知っちゃいないが・・・そうか、両親の情報もか。両親の遺志を継いだんだな」
「君は強い。強い女の子だ」
「ニールだ」

フェルト:「え?」
ロックオン:「俺の本名。ニール・ディランディ」
フェルト:「あなたの名前?」
ロックオン:「ああそうだ。出身はアイルランド。両親はテロで殺された」
フェルト:「どうして?」
ロックオン:「教えてもらってばかりじゃ不公平だと思ってね」
フェルト:「優しいね」
ロックオン:「女性限定でな」
アレルヤ:「ロックオン・・・あ、し、失礼」
ロックオン:「ご、誤解をするな」

クリスティナ:「はぁ、もうあんな状態じゃ味なんかわかんないって」
リヒティ:「何?」
クリスティナ:「なんでも・・・あ・・・、Eセンサーに反応これって・・・通信装置!」
リヒティ:「なんすか?」
クリスティナ:「バカ!」
リヒティ:「なんで?」
クリスティナ:「敵にこっちの位置が探知されてるのよ!」

スメラギ:「トレミーを軌道変更。最短距離でオービタルリングへ向かって」
リヒティ:「了解です」
スメラギ:「各マイスターはガンダムで待機。イアン、ガンダムの整備状況は?」
イアン:「エクシアは終わってる。だがデュナメスは脚部のジェネレーターが使えん。装甲も外したままだ」
スメラギ:「欲しい機体が・・・」

スメラギ:「キュリオス、ヴァーチェを先行発進させて」
クリスティナ:「わかりました」

ロックオン:「フェルト、生き残れよ」
フェルト:「うん」

クリスティナ:「トレミー、カタパルトモードに移行します」

スメラギ:「数十万もの通信装置をばら撒いてGN粒子の通信遮断領域を特定してくるなんて。こんな物量作戦が行えるのは、おそらく人革」

スメラギ:「状況は?」
クリスティナ:「ダメです。敵通信エリアから抜け出せません」
スメラギ:「オービタルリングの発電衛星へ向かって。あそこは電磁波の影響で通信空白地帯になる。状況を五分に持ち込めるわ」
リヒティ:「了解です」
クリスティナ:「キュリオス発進しました。ヴァーチェをカタパルトデッキへ移行させます」
ラッセ:「ガンダム2機で陽動作戦か」
スメラギ:「それもあるけど」

フェルト:「遅れました」
クリスティナ:「フェルト、発進シークエンスお願い」
フェルト:「了解」

イアン:「左足は応急処置で固定用軸をつけた。だが火器管制の調節が」
ロックオン:「撃てればいいさ」
イアン:「あっ」
ハロ達:「ガンバレ、ガンバレ」

ティエリア:「ヴァーチェ、ティエリア・アーデ、行きます」

オペレーターD:「中佐、オービタルリングへと向かっている通信遮断ポイントがさらに2箇所増えました」
セルゲイ:「ガンダムが分散したのか。いや、これはガンダム2機を発進させての陽動だ。となれば第一通信遮断ポイントになるのはソレスタルビーイングの宇宙輸送艦である可能性が高い。ふ、ならばその陽動に乗り、陽動をさせてもらう。一番から三番艦、モビルスーツ全機発進。二番、三番の操舵士は自動操舵に切り替えブリッジ分離の後、基地へ帰投せよ。三番艦、第三通信遮断ポイントをトレースするのを忘れるな」

オペレーターA:「一番艦から三番艦、モビルスーツ全機発進。予定通り一番艦後方で縦列隊形に入ります」
オペレーターB:「二番、三番艦ブリッジ離脱。三番艦第三通信遮断ポイントへのトレース開始。二番艦第二通信遮断ポイントをトレース。軌道変更に入る」

セルゲイ:「本隊は一番艦を主軸として第一通信遮断ポイントをトレースする。目標は敵輸送艦と推測。補足次第作戦行動に入れ」

クリスティナ:「トレミー、オービタルリングの電波干渉領域に入りました」
フェルト:「光学カメラが敵部隊を補足」

刹那:「来たか」

クリスティナ:「最大望遠、モニターに出ます」
フェルト:「接近する艦船は人類革新連盟軍、多目的輸送艦EDI402ラオホゥ4隻と断定」
クリスティナ:「2隻がそれぞれ左右に展開してます。おそらくキュリオスとヴァーチェの攻撃に向かったかと」
スメラギ:「やられた。アレルヤ達への通信は?」
クリスティナ:「電磁波干渉領域です。無理ですよ」
スメラギ:「リヒティ、軌道を急速変更。オービタルリングを盾にして敵艦との距離を取って」
リヒティ:「りょ、了解」

オペレーターA:「敵艦軌道変更。オービタルリングの影に隠れました」
セルゲイ:「なかなかやる。敵艦の船影は出せるか?」
オペレーターA:「AIによる補正が入りますが」
セルゲイ:「かまわん。出せ」

セルゲイ:「これがソレスタルビーイングのスペースシップ。このような物まで所有する規模があの組織にはあるというのか」

スメラギ:「全乗組員に戦術予報士の状況予測を伝えるわ。接近する艦船は輸送艦ラオホゥ2隻。おそらくそこに敵戦力の全てが集中しているはずよ」
クリスティナ:「どういう事です?」
ラッセ:「敵艦2隻がキュリオスとヴァーチェの迎撃に向かったはずだ」
スメラギ:「本来はそうして欲しくなかったの。最初のプランではこっちの作戦を見抜いた敵艦隊がアレルヤ達を無視、直接本艦へ向かう。そうなれば予定通り敵軍の後方へ回り込んで挟み撃ち出来たんだけど。敵はこっちの陽動を陽動で応えたのよ。おそらく攻撃に向かった敵輸送艦に搭載されたモビルスーツは既に発進済み。逆にアレルヤとティエリアは今頃輸送艦の迎撃に時間をとられているはず」

ティエリア:「手間をかけてくれる」

アレルヤ:「モビルスーツが搭載されていない?まさか」

スメラギ:「敵の陽動を受けたアレルヤ達が戻ってくるのは私の予測だと6分。その間、敵モビルスーツ部隊の波状攻撃を受けることになる」

ロックオン:「ミススメラギがそう予測する根拠は?」
スメラギ:「18年前、第4時太陽光紛争時にこれと同じ作戦が使われたわ。人革連の作戦指揮官はロシアの荒熊の異名をとるセルゲイ・スミルノフ」

セルゲイ:「本隊の作戦開始時間だ。命を無駄にするなよ!」

フェルト:「エクシア、デュナメス、コンテナハッチオープン、エクシアはプトレマイオス前面で迎撃体制で待機。デュナメス脚部をコンテナに固定。GNライフルによる迎撃射撃状態で待機」

ラッセ:「トレミーのプライオリティを防御にシフト。通常電源をカットする」
クリスティナ:「ホ、ホントに戦うの?この船武装ないのに!」
リヒティ:「ガンダムが、いますよ!」
クリスティナ:「2機だけじゃない!」
スメラギ:「さぁそろそろ敵さんのお出ましよ!360秒耐えてみせて」
フェルト:「リングの影から敵輸送艦出現」
スメラギ:「デュナメス、砲狙撃戦開始」

ロックオン:「いけよ!」
「く・・・機体重量の変化で照準がずれてやがる」
ハロ(オレンジ):「ハロシュウセイ、ハロシュウセイ」
ロックオン:「時間がねぇ!手動でやる!」
フェルト:「ミサイル接近、数24」
ロックオン:「狙い撃つぜ!」
刹那:「しまった!」
スメラギ:「GNフィールド展開!」
クリスティナ:「りょ、了解!」
スメラギ:「この速度、無人艦による特攻だわ!」
クリスティナ:「と、特攻って!そんな・・・いやー!!」
ロックオン:「やらせるか!」
スメラギ:「GNフィールド再展開!」
クリスティナ:「いや・・・いや・・・」
スメラギ:「クリス!?」
クリスティナ:「速く来てアレルヤ・・・私死にたくない」
スメラギ:「クリスティナ・シエラ!」
フェルト:「生き残る!」
「全員生き残るの」

クリスティナ:「フェルト・・・」
スメラギ:「フェルトの言う通りよ。私たちは生き残る。凌ぐのよなんとしても」

ロックオン:「敵モビルスーツ部隊を確認した」
スメラギ:「・・・!」

ロックオン:「輸送艦の後ろに隠れてやがったのか」
刹那:「敵総数、36機」
ロックオン:「洒落た真似を!」
ロックオン:「死角に入られた。ブリッジ!コンテナを回してくれ!」

刹那:「誘っているのか?」
「前に出れば防御が薄くなる」

ロックオン:「捉えた!またかよ!」

ラッセ「敵さん及び腰だ。この程度の攻撃ならGNフィールドで対応できる」
フェルト:「クリスティナ」
クリスティナ:「わかってるフェルト、もう少しもう少し・・・」
スメラギ:(モビルスーツの艦船攻撃のセオリーから外れた遠距離攻撃。そう、そういうことだったの?人革連、いえ、セルゲイ・スミルノフの今回の作戦目的はトレミーじゃない。ガンダムの鹵獲。く・・・あたしの予測が外れたというの?そんな、もう間違わないと決めたのに」

アレルヤ:「捉えたぞ。・・・?なんだこれは?」
「あ・・・機雷群、誘われた!」
「この程度でキュリオスが・・・う・・・なんだこの頭を刺すような痛みは・・・お、同じだ。あの時と同じ痛み・・・な、何が・・・いったい何が・・・」
「あの機体は・・・知っている・・・知っているぞ!」


次回予告:「罠に嵌ったソレスタルビーイング。キュリオスはその中で覚醒を促され、ヴァーチェが隠された能力を晒けだす。
次回『ガンダム鹵獲作戦』天使の羽が、空を舞う。」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する