機動戦士ガンダム 00 ダブルオー 第8話 無差別報復

ここでは、「機動戦士ガンダム 00 ダブルオー 第8話 無差別報復」 に関する記事を紹介しています。
アレルヤ:「私設武装組織ソレスタルビーイングによる武力介入の即時中止、及び武装解除が行われるまで、我々は報復活動を続けることとなる。これは悪ではない。我々は人々の代弁者であり、武力で世界を抑えつける者達に反抗する正義の使徒である。か・・・」
「やってくれるよ全く・・・」

刹那:「無差別爆破テロ」

ティエリア:「国際テロネットワーク」
ロックオン:「くそったれが・・・」

ハロ(オレンジ):「ロックオン、ロックオン、オコッテル、オコッテル」
ロックオン:「悪いなハロ。少し1人にさせてくれ」
(狙い撃つ・・・狙い撃つぜ!)


タイトル:「#08 無差別報復」

リヒティ:「無差別テロってありえるとは思ってたけど、うちらの風当たりまーた強くなっちゃうっすね」
ラッセ:「嫌われもんはいまさらだろ。どっちみち宇宙にいる俺らにゃ、なーんにも出来ねぇー。地上のやつらに任せるさ」

執事:「お帰りなさいませ。お嬢様」
ワン・リューミン:「用事があるのでお世話の必要はなくてよ」
紅龍:「失礼」

アレルヤ:「なぜそんな格好を?」
スメラギ:「カムフラージュよ、カムフラージュ」
クリスティナ:「ちょっと趣味が入ってるかも」
アレルヤ:「今がどうゆう状況かわかっているんですか」
スメラギ:「わかっているけど、今はワン・リューミンが放ったエージェントからの情報を待つしかないもの。あー・・・それにしても暑いわねぇ~。冷えたビールとかないのー?」
アレルヤ:「・・・神経が太いというか何というか」
ロックオン:「強がってんだよ」

クリスティナ:「こっちからエージェントに連絡できればいいのに」
ティエリア:「実行部隊である我々が組織の全貌を知る必要は無い」
アレルヤ:「ヴェーダの采配に期待するさ」

ハロ(オレンジ):「ヒサシブリ、フェルト、ヒサシブリ」
フェルト:「ハロ」

紅龍:「特定領域の暗号文で全エージェントへ通達を完了しました」
ワン・リューミン:「各国の状況は?」
紅龍:「主だった国の諜報機関は国際テロネットワークの拠点を探すべく、既に行動を開始している模様です」
「テロ発生。人革領です。これで、ユニオン・AEU・人革連、全ての国家群が攻撃対象になりました。やはり国際テロネットワークの犯行である公算が大きいようです」
ワン・リューミン:「支援国家の存在も否定できない。嫌なものね、待つしかないという事は」

スメラギ:「国際テロネットワークは、複数の活動拠点があると推測されるわ。相手が拠点を移す前に攻撃するためにもガンダム各機は所定のポイントで待機してもらいます」

ロックオン:「悪いな、お別れだ」
ハロ(オレンジ):「フェルト、マタナ、フェルト、マタナ」
フェルト:「ハロ・・・」

刹那:「GNシステムリポーズ解除、プライオリティを刹那・F・セイエイへ」

アレルヤ:「GN粒子の散布濃度正常値へ。キュリオス、目標ポイントへ飛翔する」

ティエリア:「ヴァーチェ、ティエリア・アーデ行きます」

ハロ(オレンジ):「エクシア、デュナメス、シュツゲキジュンビ、シュツゲキジュンビ」

刹那:「エクシア、刹那・F・セイエイ、目標へ向かう」

ロックオン:「デュナメス、ロックオン・ストラトス、出撃する!」

セルゲイ:「我が方にも爆破テロだとー?」
兵士:「死者が24名、重軽傷者67名です。諜報部が捜査に乗り出したようですが」
セルゲイ:「わかった。何かあったら報告してくれ」
兵士:「了解しました。中佐」

セルゲイ:「どうした?」
ソーマ:「今回の件は中佐が関わるような事では無いと思いますが」
セルゲイ:「多発テロの原因はソレスタルビーイングだ。と、なれば奴らがこの事件に絡んでくる可能性もある。そういう事だ」

ハワード:「中尉、こんな事をしても敵さんは見つかりませんぜ」
グラハム:「わかっている。私は我慢弱く落ち着きの無い男なのさ。しかも姑息な真似をする輩が大の嫌いと来ている。ナンセンスだが動かずにはいられない」
ハワード:「お供しますよ、中尉」
グラハム:「その忠義に感謝する」

シーリン:「モラリア戦争に同時多発テロ。姫様の外交にはケチが付きっぱなしね」
マリナ:「テロの影響でイギリス外務相との会談も延期されたわ。全てソレスタルビーイングのせいよ」
シーリン:「ふふっ・・・休暇だと思って楽しみなさいな」
マリナ:「・・・よく言えるわね、そんなこと」
シーリン:「先日議会が紛糾してね。保守派の重鎮が改革派の暴行を受けて怪我を負ったわ」
マリナ:「そんなことが・・・」
シーリン:「市民の衝突まで発展するのは時間の問題。あなたの旅はこれが最初で最後かもしれないわねぇ」

沙慈・クロスロード:「ああ、ルイス、僕だけどどう?平気かい?」
ルイス:「あたしは大丈夫。けどママがスペインに戻って来いってしつこくて」
沙慈・クロスロード:「一度戻って安心させてあげたら?」
ルイス:「だめよー、もともと留学には反対だったんだから。あれこれ理由つけて引き止められちゃうもの」
沙慈・クロスロード:「お・・・」
絹江・クロスロード:「ただいまー」
沙慈・クロスロード:「姉さんが帰ってきた。またねルイス。何かあったら連絡して」
ルイス:「うん。それじゃあ」
沙慈・クロスロード:「お帰り姉さん。って疲れてる?」
絹江・クロスロード:「そりゃ疲れるわよー」
「モラリア大規模戦闘に同時多発テロ。各国首脳陣の公式声明。世界中で起こっているソレスタルビーイングの排斥デモ。社員総出で取材しても仕切れないって」
沙慈・クロスロード:「正直、今まで他人事のように考えてたよ」
絹江・クロスロード:「何が?」
沙慈・クロスロード:「なんというか、世界の状況みたいなこと。はい」
絹江・クロスロード:「あ、ありがとう」
沙慈・クロスロード:「ソレスタルビーイングが現れても、ここは戦争なんかしていないし、自分には関係ない事だって、でも・・・バスが爆破されて、大勢の人が巻き込まれて、それを見たとき関係無くないんだって。わかってなかっただけで。何も知らなかっただけで・・・」
絹江・クロスロード:「あたしもよ」
沙慈・クロスロード:「・・・?」
絹江・クロスロード:「さっき被害者の遺族を取材してきたけど、正直きつかったわ。何もしていないのに、ただその場所に居合わせたというだけで、その人の一生が消えたのよ。遺族達がソレスタルビーイングを恨む気持ち、わかるわ」
沙慈・クロスロード:「土台無理なんだよ。世界から戦争を無くすだなんて」
絹江・クロスロード:「彼らもそう思ってるんじゃないかしら」
沙慈・クロスロード:「・・・どういう意味?」
絹江・クロスロード:「戦争根絶なんていう無茶な目的の裏には何かがある。ソレスタルビーイングが成し遂げたいと思う本当の目的が。ただの憶測だけどね」
沙慈・クロスロード:「でも人は死んだよ。大勢死んだ。悲しんでる人たちもいっぱいいる」
絹江・クロスロード:「そうね。ホントそう思うわ」
沙慈・クロスロード:「父さん達生きてたら、どう思うだろ」
絹江・クロスロード:「きっと悲しむわ。沙慈のように」

ティエリア:「ヴァーチェ、目標ポイント到達。待機行動に入る」

アレルヤ:「キュリオス、待機行動を続ける。いつまでかかるんだか」

ロックオン:「じれるぜ・・・」

(刹那):「行っちゃうのか?」
(少年兵):「当たり前だ。俺は神の変わりに務めを果たしに行くんだ」
(刹那):「ダメだよ。死んじゃうよ」
(少年兵):「何だお前、死ぬのが怖いのか。それは神を冒涜する行為だぞ」

(サーシェス):「彼は神のために生き、神のために死んだ。これで彼の魂は神の御許へと誘われる事だろう」

刹那:「死の果てに神はいない」
「・・・?熱源反応?テロ襲撃予測地点に近い・・・やはりテロか」
「・・・刹那だ」


ワン・リューミン:「監視カメラを経由して爆発現場から立ち去る不審者を発見しました。現場から一番近いのはあなたです。任されてもらえる?」
刹那:「了解、現場に向かう」
ワン・リューミン:「今エクシアを使うわけにはいかなくてよ」
刹那:「わかっている」

マリナ:「テロが起こったというのは本当なのですか?」
黒服:「確定情報です。郊外のホテルを手配しました」
マリナ:「・・・」

ワン・リューミン:「不審者は車に乗って逃走。茶色のクーペです」

刹那:「・・・!」

マリナ:「・・・!」

刹那:「目標を確保する」
「く・・・」
「・・・ちっ・・・」


警官:「おい、何をしている!」
刹那:「・・・」
警官:「貴様、何をしようとしていた?」
刹那:「別に」
警官:「IDを確認する。どうした早くIDを出せ!」

黒服:「失礼、この少年は我々の連れなんですが」
警官:「あなたは?」
黒服:「こういうものです」
警官:「し、失礼しました!」
マリナ:「・・・」

マリナ:「余計な事をしたかしら?」
刹那:「いや」
マリナ:「こんな場所で同郷の人と出会うとは思わなかった。あなたアザディスタンの出身でしょ?」
刹那:「違う、クルジスだ」
マリナ:「クルジス、・・・!そ、そうなの。私なんて言ったらいいか・・・自己紹介してなかったわよね。私、マリナ・イスマイール」
刹那:「カマル・マジリフ」
マリナ:「この国には観光で来たの?」
「・・・ま、待って!もう少しだけお話させて。お願いだから」


エージェント:「実行犯の1人を確保しました。はい、バイオメトリクスをそちらに転送します」

紅龍:「お嬢様、確定情報です。国際テロネットワークは欧州を中心に活動する自然回顧主義組織ラ・イデンラと断定」
ワン・リューミン:「各活動拠点の割り出しを急がせなさい」

刹那:「外交・・・?」
マリナ:「そうなの。カマル君も知っていると思うけど、アザディスタンは改革派と保守派に別れ、国内は乱れているわ。石油の輸出規制を受けているアザディスタンの経済を立て直すためには、太陽光発電システムが必要。でも、私たちの生活が悪くなったのも太陽光発電システムが出来たから。保守派の人たちはそれを快く思ってないの。両者の対立も止めないと彼らがやってくるわ」
刹那:「ソレスタルビーイング」
マリナ:「・・・狂信者の集団よ。武力で戦争を止めるだなんて。確かに戦争はいけないことよ。でも一方的に武力介入を受けた人達が現実に命を落としているわ。経済の傾いた国もある。彼らは自分達のことを神だとでも思っているのかしら」
刹那:「戦争が起これば人は死ぬ」
マリナ:「・・・介入の仕方が一方的過ぎるって言っているの。話し合いもせず平和的な解決も模索しないで、暴力という圧力で人を縛っている。それはおかしなことよ」
刹那:「話してる間に人は死ぬ」
マリナ:「でも!」
刹那:「クルジスを滅ぼしたのはアザディスタンだ!」
マリナ:「・・・!確かにそうよ。でも2つの国は最後まで平和的解決を・・・」
刹那:「その間に人は死んだ」
マリナ:「・・・!カマル君まさか・・・戦いが終わったのは6年も前よ。あなたはまだ若くて・・・戦っていたの?」
刹那:「今でも戦っている」
マリナ:「・・・!」
刹那:「戦っている」
マリナ:「・・・!あなた保守派の?・・・もしかして私を殺しに?」
刹那:「あんたを殺しても何も変わらない、世界も変わらない」
マリナ:「カマル君・・・」
刹那:「違う、俺のコードネームは刹那・F・セイエイ。ソレスタルビーイングのガンダムマイスターだ」
マリナ:「ソレスタルビーイング?」
刹那:「紛争が続くようなら、いずれアザディスタンにも向かう」
マリナ:「・・・そ、そんな・・・笑えない冗談だわ」
黒服:「姫様!」

紅龍:「各エージェントより報告です。ラ・イデンラの主だった活動拠点は既に引き払われているようです」
ワン・リューミン:「周到ね。これでまた振り出し」
紅龍:「待って下さい。テロメンバーと思われる者のバイオメトリクス抽出情報がネットワークに流出しています。NROの主要暗号文、BND、DGSEのものまで。お嬢様」
ワン・リューミン:「世界が動けと言っているんだわ。私達に」

部下:「宜しかったのですか長官?情報を流出させて」
AEU長官:「我々の権限では他国にいるテロ組織への軍事介入を行う事は容易ではない。しかし彼らなら別だ。今回だけは利害が一致したということだ」

スメラギ:「ラ・イデンダの活動拠点は3ヵ所。グリニッジ標準時1400に同時攻撃を開始します」

ティエリア:「了解。ヴァーチェ、テロ組織の活動拠点への攻撃を開始する」

アレルヤ:「キュリオス、バックアップにまわる」

クリスティナ:「敵戦力は不明です。モビルスーツを所有する可能性もあります」

ロックオン:「そんなもん、狙い撃つだけだ」

刹那:「了解、エクシア、ミッションを開始する。GNシステムリポーズ解除、プライオリティを刹那・F・セイエイへ。外壁部迷彩皮膜解凍。GN粒子散布状況のままグローリングモードへ」

刹那:「エクシア、介入行動に移る」
「く・・・!」


フェルト:「ガンダム各機発進」
クリスティナ:「スメラギさん!他に指示あります?」
スメラギ:「ん?ないない。後はマイスターズに任せてビーチに行きましょう」
クリスティナ:「良いんですかー?」
スメラギ:「作戦終了後に私ら宇宙に戻るんだけどー」
クリスティナ:「は!行きます行きます!フェルト行こう!」
フェルト:「・・・でも・・・」
クリスティナ:「いいから!」
フェルト:「・・・」

クリスティナ:「あははっ、それっ!あはは、フェルトこっち向いて・・・やだもう!」
イアン:「まさか各国の諜報機関が協力してくれるとは、良かったじゃないか」
スメラギ:「いいように使われただけです」
イアン:「だが大いなる一歩でもある」
スメラギ:「ですね」

ティエリア:「ヴァーチェ、目標を完全破壊、ミッションコンプリート」

ラ・イデンラ兵達:「・・・」
ロックオン:「容赦しねぇ、お前らに慈悲なんかくれてやるか」
ラ・イデンラ兵達:「う・・・うわぁ!」
ハロ(オレンジ):「モビルスーツセッキン、モビルスーツセッキン」
ロックオン:「・・・」
「今日の俺は」
「容赦ねぇぞ」


刹那:「エクシア、目標を駆逐する」
「なに?」
「モビルアーマー?旧式とはいえこんなものまで」
「・・・!」

パイロット:「やったか?う!?」
「うわぁーー」
刹那:「エクシア、目標を破壊」

紅龍:「ガンダム各機、目標を破壊しました」
ワン・リューミン:「引き続き、ラ・イデンラの活動を監視。支援国家の割り出しを続けるよう指示して下さい」
紅龍:「わかりました」
ワン・リューミン:「ふー、全く世界というのは」

シーリン:「姫様、フィンランド外務大臣との連絡が取れましたわ。といってもたいした支援は期待できませんけど・・・」

(刹那):「俺のコードネームは刹那・F・セイエイ。ソレスタルビーイングのガンダムマイスターだ」

マリナ:「・・・まさかね」
乗客:「おい見ろモビルスーツだ」
マリナ:「・・・?」
乗客達:「どこの国のだ?」
「あの白いのはガンダムじゃないか?」
「おぉー!」
こども:「かっこいー!」
マリナ:「ガンダム・・・」

次回予告:「ソレスタルビーイングはやりすぎた。圧倒的物量で行われる殲滅作戦。そこに隠された真の目的とは。次回「大国の威信」万能など、ありえない」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する