機動戦士ガンダム 00 ダブルオー 第6話 セブンソード

ここでは、「機動戦士ガンダム 00 ダブルオー 第6話 セブンソード」 に関する記事を紹介しています。
サーシェス:「ったく、ひでえもんだなぁ・・・ソレスタルなんたらってのはよう、ここにある石ころが取れなきゃこの国の経済は破綻。その影響を受ける国や企業がどんだけあるか。戦争を止められりゃあ下々のものはどうなってもいいらしいや」
PMC兵A:「隊長!PMCトラストから入電っす!」
サーシェス:「アリー・アル・サーシェスだ。おい、現地まで派遣しておいてキャンセルってのはどういうこった。戦争屋は戦ってなんぼなんだよ!このままじゃモラリアは崩壊すっぞ!・・・わかった、本部に戻る」
PMC兵B:「何か?」
サーシェス:「ふふ・・・ようやく重い腰を上げやがった。AEUのお偉いさん方がな」

議員A:「どうしてもモラリアに軍隊を派遣なさるというのですか」
フランス議員:「宇宙開発計画にモラリアのPMCが必要なのは、先日の欧州首脳会議でも確認されたはずです」
議員A:「しかしいくら経済が破綻しかかっているといってもモラリアを擁護すればソレスタルビーイングが」
フランス議員:「だからこそ軍隊を派遣するのです」
議員A:「ですが、我が国の兵士を国外に派遣すると世論の反発が・・・」
フランス議員:「3世紀以上前の事を憂慮するよりも、今はAEUの利益を追求すべきです」
議員B:「コロニー開発はユニオンや人革に任せておけば良いでしょう。我が方の資金力が無ければ彼らも立ち行かないのですから」
スペイン議員:「資金力の豊富な貴国はそれで良いかもしれませんが、わが国にも事情というものがありましてな」
議員B:「あなた方の国はそうまでして自国の兵器を売りたいのですか?」
スペイン議員:「軍備の増強なくして宇宙進出などありえん話だ。ユニオンや人革に空の上を抑えられたら最後のフロンティアさえ失われる」
イギリス議員:「その通り。宇宙開発競争にこれ以上乗り遅れるわけにはいかん。モラリアへの軍隊派遣は賛成国のみで行う事とする」
議員B:「そういう事でしたら・・・」
イギリス議員:「ただし・・・この軍隊派遣はAEUの総意である事は容認してもらう。我々はモラリアを救う白馬の騎士になるのだ」

タイトル:「#06 セブンソード」

フェルト:「GNドライブ接続良好。GN粒子のチャージ状況、現在75%。散布状況40%に固定。有視界領域にアンノウン無し」
クリスティナ:「ねぇもう1週間以上経っちゃてるんだけど」
ラッセ:「何がだ」
クリスティナ:「アレルヤの事。良いじゃない、人助けぐらいしたって」

(アレルヤ):「う・・・何なんだ、この頭痛は・・・」

アレルヤ:(何者なんだいったい)

アレルヤ:「やあ、独房入りは終わりかい?」
ティエリア:「その様子だと、とても反省をしているとは思えないな」
アレルヤ:「そうだね」
ティエリア:「アレルヤ・ハプティズム。君はガンダムマイスターにふさわしくない」
アレルヤ:「キュリオスから降ろす気かい?」
ティエリア:「そうだ、と言いたいところだが、そういう訳にもいかなくなった」
スメラギ:「またあなたの力が必要なの」
アレルヤ:「スメラギさん」
スメラギ:「モラリア共和国大統領がAEU主要3カ国の外相と極秘裏に会談を行っているっていう情報が入ったわ」
アレルヤ:「モラリア・・・PMCですね」
ティエリア:「これは我々に対する挑戦と受け取っていい」
スメラギ:「ハードなミッションになるわ。私たちも地上に降りてバックアップに回ります。アレルヤの営倉入りは解除。二人とも直ちに出撃準備に取り掛かって」
アレルヤ:「了解」
ティエリア:「了解」

技術者:「少尉の体を徹底的に検査しましたが、問題はありませんでした。脳内シノプスの神経インパルス、グリア細胞も正常な数値を示しています」
セルゲイ:「ではなぜ少尉はあのような行動を取ったのだ?」
技術者:「タオツーのミッションレコーダーを分析したところ、少尉の脳量子波に異常が検知されました。通常ではありえない現象です。外部からの影響を受けた可能性も」
セルゲイ:「外部からの?」
技術者:「もしそうであるとすると、影響を与えた人物は少尉と同じグリア細胞を強化され、脳量子波を使うものに限定されます」
セルゲイ:「同類だとでも言うのか?」
技術者:「可能性の問題を示唆したまでです」
セルゲイ:「対応策は?」
技術者:「少尉のスーツに脳量子波を遮断する処置をしました。同じ轍は踏みません」
セルゲイ:「それほどまでして少尉を戦場に出させたいのか?」
研究員:「ソレスタルビーイングなどという組織が現れなければ我々の研究も公にはならなかったでしょう」
セルゲイ:「なにかにつけてそれか」

外務大臣:「太陽光発電の技術支援ですか」
マリナ:「ぜひともお願いしたいのです」
外務大臣:「ふむ・・・我が国としても協力したいところではありますが、貴国の情勢は極めて不安定。派遣する技術者達の安全が保障されなければ議会の承認は得られないでしょう。そうでなくてもAEUの軌道エレベーターは完全稼動に至っていません。技術者を他にまわす余裕があるかどうか・・・」
マリナ:「そうですか・・・」
外務大臣:「アザディスタンへの食糧支援は続行させるよう尽力しますよ」
マリナ:「感謝します」

外務大臣:「うら若き王女が慣れぬ外交をして国を守るか・・・哀れではあるが我々としても施しをする余裕はない。それもモラリア次第か」

沙慈・クロスロード:「ああちょうど良かった。筑前炊き、姉さんが作りすぎちゃって。良かったらいかがかな?なんて」
刹那:「今から出かける」
沙慈・クロスロード:「あぁ、そう・・・」
刹那:「災難だったな」
沙慈・クロスロード:「え?あぁステーションでの。ホントにね。まさかソレスタルビーイングに助けられるなんて、思ってもみなかったよ」
刹那:「俺もだ」
沙慈・クロスロード:「え?」

フェルト:「モラリア共和国。23年前の2284年に建国したヨーロッパ南部に位置する小国。人口は18万と少ないが、300万を越える外国人労働者が国内に在住。約4000社ある民間企業の2割がPMC。PMCとは傭兵の派遣、兵士の育成、兵器輸送及び兵器開発、軍隊維持それらをビジネスで請け負う民間軍事会社」
スメラギ:「熱心ね、フェルト」
フェルト:「任務ですから」
クリスティナ:「スメラギさん。モラリアって誘地した民間軍事会社を優遇して発展してきた国でしたよね?どうして今までうちの攻撃対象にならなかったんですか?」
スメラギ:「世界の戦争が縮小していけば彼らのビジネスは成り立たなくなる。このまま自滅してれれれば良かったんだけどね」

グラハム:「モラリアはソレスタルビーイングと事を構えるつもりのようだな」
ビリー:「AEUが後ろ盾になったんだよ。太陽光発電システムを完成させてコロニー開発に乗り出すためには民間軍事会社の人材と技術が不可欠だからねぇ。モラリアとしても縮小した経済を立て直したいという思惑がある。例え自国が戦場になったとしてもAEUの援助が必要なのさ。それに、あわよくば手に入れようと考えているんじゃないかな。ガンダムを」
グラハム:「ふん、なら今回は譲るしかないようだな。AEUのエースとやらに」

コーラサワー:「イィーヤッホー!!」

管制官A:「こちらモラリア空軍基地。着陸を許可します。7番滑走路を使用して下さい」
管制官B:「何事だ!」
コーラサワー:「よー!AEUのエース、コーラサワーだ。助太刀するぜ。モラリア空軍の諸君」
モラリア空軍兵士:「な、なんて奴だ」
コーラサワー:「早く来いよガンダム。ギッタギッタにしてやっからよ」

ワン・リューミン:「モラリアとAEUの合同軍事演習?」
紅龍:「連帯規模の派遣です。しかもモラリアの民間軍事会社の軍事共闘組織PMCトラストも演習に加わっています。それらのモビルスーツを合計すると130機は越えるものかと」
ワン・リューミン:「最大規模のミッション。世界はソレスタルビーイングを注視せざるをえなくなる」

クリスティナ:「スメラギさん!モラリアへの直行便は明日ですから、それまでは自由行動で良いですよね?」
スメラギ:「そうしたい?」
クリスティナ:「はい!」
スメラギ:「ならオッケー」
クリスティナ:「やった!フェルト買い物いこう!」
フェルト:「ミッションプランの検討がまだ・・・」
クリスティナ:「いいから行こう。あたしらが活躍すればするほど物価が上がるんだから今のうちに欲しいもの買っておかなきゃ」
フェルト:「データの解析が・・・」
クリスティナ:「それじゃあスメラギさん!行ってきます!」
フェルト:「検証が・・・」
クリスティナ:「いいからいいから!」
スメラギ:「さ、飲もう飲もう」

イアン・バスティン:「おぉ、久しぶりだな刹那」
刹那:「イアン・バスティン」
イアン・バスティン:「一刻も早くお前に届けたい物があってな」
ロックオン:「見てのお楽しみってやつ」
ハロ(オレンジ):「プレゼント、プレゼント」
イアン・バスティン:「デュナメスの追加武装は一足先に実装させてもらった。で、お前さんのはこいつだ」
「エクシア専用GNブレード。GNソードと同じ高圧縮した粒子を放出。厚さ3メートルのEカーボンを難なく切断できる。どうだ感動したか?」
刹那:「GNブレード・・・」
ロックオン:「ガンダムセブンソード、ようやくエクシアの開発コードらしくなったんじゃないか」
イアン・バスティン:「う、なんだあいつは。大急ぎでこんな島くんだりまで運んできたんだぞ。少しは感謝ってもんをだなぁ~」
ロックオン:「十分感謝してるよ。おやっさん」
イアン・バスティン:「えぇ?」
ロックオン:「刹那はエクシアにどっぷりだからな・・・」
刹那:「エクシア・・・俺のガンダム・・・」
「来たか」


アナウンサー:「正午になりました。JNNニューストゥデイ。本日の特集はモラリア共和国で行われたAEUとの合同軍事演習オペレーションドーンについて検証していきます。双方合わせてモビルスーツが100機以上も投入されて行われた演習ですが、なぜこの時期に大規模な軍事演習を行う必要があるのでしょうか?」

ビリー:「やはり気になるかい?」
スメラギ:「あ・・・」
ビリー:「やあ」
スメラギ:「あぁ・・・」
バーテンダー:「いらっしゃいませ」
ビリー:「あぁ・・・ユーヌ・ピュレを」
バーテンダー:「かしこまりました」
ビリー:「君ならどうみる?モラリアの動向を」
スメラギ:「そういうのやめましょ。久しぶりに会ったんだから」
ビリー:「大学院以来だよね。何年ぶりかな」
スメラギ:「言わないで。年がばれるから」
ビリー:「あはは。もう知っているけど」
バーテンダー:「お待たせしました」
スメラギ:「女はね、実年齢を言われると、その分だけ若さが減るの」
ビリー:「そんな実証データがあるなんて」
スメラギ:「ふふっ・・・変わってないのね、ビリー」
ビリー:「誘ってくれて嬉しかったよ」

クリスティナ:「あぁ~!堪能した~!」
フェルト:「疲れた・・・」

スメラギ:「対ガンダム調査隊・・・何そのネーミング」
ビリー:「新設されたばかりで正式名称がまだ決まってないんだよ」
スメラギ:「その部隊にあなたが所属しているの?」
ビリー:「僕だけじゃないよ。なんと技術主任はエイフマン教授さ」
スメラギ:「教授が?」
ビリー:「教授はすでにガンダムが放出する特殊粒子の概念に気づいている」
スメラギ:「ふ~ん。興味あるわね。それってどんな粒子なの?」
ビリー:「それがどんなに聞き出そうとしても、答えてくれなくてね」
スメラギ:「そう。残念だわ」
ビリー:「その事はともかく、君は今何をしてるんだい?」
スメラギ:「まあいろいろとね」
ビリー:「あの事は・・・」
スメラギ:「もう忘れたわ」
ビリー:「そう、ならいいんだ。こうしてまた会えてうれしいよ」
スメラギ:「うん」

クリスティナ:「あぁー!あぁー!これも良いわね!あ!これもいいかも、やーん可愛い!」
フェルト:「寝かせて・・・」

シーリン:「予想通り食糧支援しか得られなかったわね」
マリナ:「そんな当然のように言わないで。どうにかして技術支援を確保しないと」
シーリン:「ニュースで知っていると思うけど、モラリアはソレスタルビーイングと紛争状況に突入するわ。戦況が長引けば一度戻ってもらうことになるわね」
マリナ:「ここでもソレスタルビーイング・・・」

サーシェス:「合同演習ねぇ~まさかAEUが参加するとは思わなかったぜ」
PMC高官:「外交努力の賜物だ。我々ばかりがはずれを引くわけにはいかんよ。AEUも骨をおってもらわなければな」
サーシェス:「はっ、違いねぇ」

PMC高官:「この機体をお前に預けたい」
サーシェス:「AEUの新型か」
PMC高官:「開発実験用の機体だが我が社の技術部門でチューンを施した」
サーシェス:「こいつでガンダムを倒せと?」
PMC高官:「鹵獲しろ」
サーシェス:「ふん。言うに事欠いて」
PMC高官:「一生遊んで暮らせる額を用意してやる」
サーシェス:「ヒュ~、そいつは大いに魅力的だな」

ワン・リューミン:「お待ちしていましたわ」
スメラギ:「よろしく」
ワン・リューミン:「ではご案内します」

スメラギ:「さすがワン・リューミン。見事な手配ね」
ワン・リューミン:「恐れ入ります」
紅龍:「これはモラリアとAEU軍の配備状況ですね」
スメラギ:「PMCトラストもね。しかもリアルタイム」
フェルト:「いつの間にハックを」
クリスティナ:「朝食の前に」
スメラギ:「予定通り00時をもってミッションを開始。目標は私たちに敵対するもの全てよ」
クリスティナ:「了解」
フェルト:「了解」

エイフマン:「そうか九条君と。元気だったかね?」
ビリー:「ええ」
エイフマン:「あの事件の事は?」
ビリー:「忘れた、と言っていました」
エイフマン:「そうか」
グラハム:(九条。もしやあの事件の戦況予報士か?)
「・・・?」

オペレーター:「現場からの映像届きました、モニター出ます」
ハワード:「なんだ?あの装備は?」
ダリル・ダックス:「資料にねぇぞ」
グラハム:(ソレスタルビーイング、本気と見た)

パイロットA:「ガンダムを視認しました。ポイントA4576」
ロックオン:「敵さんが気づいたみたいだ。各機ミッションプランに従って行動しろ。暗号回線は常時開けておけよ。ミス・スメラギからの変更プランが来る」
ティエリア:「了解」
アレルヤ:「了解」
刹那:「了解」

JNNスタッフA:「モラリアが非常事態宣言を発令しました!」
JNNスタッフB:「速報!テロップの用意!緊急特別番組の編成!いそげ!」
JNNスタッフA:「はい」
JNNスタッフB:「やはり動いた!」

コメンテーター:「モラリア共和国が非常事態宣言を発令したということは、すでにソレスタルビーイングの武力介入が始まり、交戦状態に入ったとみていいでしょう。問題なのは合同演習を行っているAEU軍の動向・・・」

学生達:「戦争してんの?」
「みたいよ」
「ガンダム出てる?」
沙慈・クロスロード:「どうしてだよ」
ルイス:「え?」
沙慈・クロスロード:「おかしいよルイス。ソレスタルビーイングは僕たちを救ってくれたのに。戦争なんかしちゃって。そんな事をしても世界は変わらない。憎しみを生むだけだよ。彼らは世界を混乱させるだけだ」

アレハンドロ:「リボンズ、聞こえるようだよ。世界中の悪意が」

アレルヤ:「E332より敵飛行部隊を捕捉。まったくスメラギさんの予測は」
パイロットB:「何!?避けきれない!」

フェルト:「敵機編隊を撃破。キュリオス、ミッションプランに変更なし」
アレルヤ:「了解。介入行動を続ける」
クリスティナ:「デュナメス、ヴァーチェ、D883にて武力介入に移行」

ロックオン:「ハロ、シールド制御頼むぜ!」
ハロ(オレンジ):「マカサレテ、マカサレテ」
ロックオン:「へ、狙い打つまでもねぇ」
パイロットC:「く・・・このままでは」
ハロ(オレンジ):「コウホウチュウイ、コウホウチュウイ」
ロックオン:「ヒュウ!不意打ち上等!」

ティエリア:「ヴァーチェ、ヘリオン部隊を一掃する」
コーラサワー:「見つけたぜぇ!前のと違うタイプだが、お前もガンダムなんだろ?なら俺の敵に決まってるだろうがー!」

フェルト:「G653から敵モビルスーツ急速接近」
ティエリア:「了解。目標を殲滅する」
コーラサワー:「ぬう!なんだこりゃー!」
ティエリア:「ミッション、続行する」

クリスティナ:「ヴァーチェ、フェイズ1クリア。フェイズ2に入りました」
フェルト:「キュリオス敵航空勢力を制圧。フェイズ2に突入」
スメラギ:「デュナメスのミッションプランをC5に変更して」
フェルト:「了解」
ワン・リューミン:「これがガンダムマイスターの力」
スメラギ:「まだまだ始まったばかりよ。エクシアの状況は?」
クリスティナ:「予定通りT554で敵部隊と交戦中です」

刹那:「エクシア、フェイズ1終了。フェイズ2へ・・・」
「新型か?」
「なに!?」
(・・・動きが読まれている?)

サーシェス:「はははは、機体は良くともパイロットはいまいちのようだな。えー?ガンダムさんよ!」
刹那:「く・・・、あの声?」
サーシェス:「商売の邪魔ばっかしやがって!」
刹那:「・・・!まさか?」
サーシェス:「こちとらボーナスがかかってんだ!」
刹那:「・・・!・・・そんな・・・」
サーシェス:「いただくぜぇ、ガンダム!」

次回予告:「義によって動くのが人間であるなら、利によって動くのもまた人間である。つかの間の勝利、その果てにある絶望。次回『報われぬ魂』ガンダムの真価が問われる」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する