機動戦士ガンダムさん 第11話 モビルスーツの気持ち

ここでは、「機動戦士ガンダムさん 第11話 モビルスーツの気持ち」 に関する記事を紹介しています。
ガンキャノンさん:「あー後ろ失礼しますー」
ガンダムさん:「なんやワレェ?見ぃひん顔やのう」
ガンキャノンさん:「あ、今日からお世話になる新人ですー。僕10Qキャノン言いますねん。どうぞよろしぅお願いします」
「いやーにしてもあのガンダム兄さんと同じ部隊なんてめっちゃ光栄ですわ!うちの周りでもめっちゃ噂になってましたもん。なんやデビュー戦から、ザクをザックザクーってそらもうエラい騒ぎでしたでー!」

ガンダムさん:「は、調子ええ奴やっちゃなー、まあまあがんばりやー。お、わからんことあったら何でも聞きやー」
ガンキャノンさん:「ホンマでっか?・・・」

アムロさん:「あは、なんだかモビルスーツ同士でお話してるみたい」
セイラさん:「そう?」

タイトルコール:「モビルスーツの気持ち」

ガンダムさん:「あーなんやめっちゃダルいわー」
ガンキャノンさん:「兄さん、大丈夫でっかー?」
ガンダムさん:「ホンマな~アムロのガキ、最近無茶ばっかりしくさりよる。・・がーって、がががーって無理矢理動きよるし、おかげで関節ガッタガタやっちゅうねん。おい!人のパーツどこ持ってくん!」
ガンキャノン:「あー確かに彼なんや神がかってますからなー」
ガンダムさん:「えー!?ちょっと待って!」
ガンキャノンさん:「あ、そうや、最近開発されたマグネット・コーティングっちゅうのがええって聞きますで」
ガンダムさん:「マグネット・コーテングが?」
ガンキャノンさん:「兄さん、めっちゃバラされてますやん!」
ガンダムさん:「そうけ?」

アムロさん:「ほら、セイラさん。やっぱりモビルスーツ同士でお喋りしてるよ。聞こえるでしょ~」
セイラさん:「いけないわ!アムロ!」

アイキャッチガンダムさん:「ガンダムさん」

ガンダムさん:「あー・・・ダルっ」
ガンキャノンさん:「兄さん、聞きましたで、めっちゃすごいですやーん!」
ガンダムさん:「あぁ?」
ガンキャノンさん:「リック・ドム7機に戦艦1隻って、いやーもうマジ尊敬ですわー!」
ガンダムさん:「はっ、あんなもん、コンスコンのちょびひげがボケやっただけで~、ええかもう、ワシのおかげやぞ、モビルスーツの性能で勝ったんじゃい!勘違いすんなよ、ボケェ!!」
アムロさん:「ああ、わかってるぅ、うち、わかってるでーガンダムはん」
セイラさん:「とうとう会話に参加し始めてる・・・」
アムロさん:「わかってるー、わかってるー・・・」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する