機動戦士ガンダムさん 第6話 女医セイラのお悩み相談室

ここでは、「機動戦士ガンダムさん 第6話 女医セイラのお悩み相談室」 に関する記事を紹介しています。
セイラさん:「次の方、どうぞ」

セイラさん:「女医セイラのお悩み相談室」

セイラさん:「お名前は?仮名でよろしいですよ」
ブライトさん:「白い三角木馬、でお願いします」
セイラさん:「はっ、ごめんなさい、失笑してしまいました。ところでそのポーズの意味は?」
ブライトさん:「特に無いです!」
セイラさん:「うっとうしいので、座ってください」
ブライトさん:「・・・はい」
セイラさん:「で、なんのカウンセリングをご希望ですか?」
ブライトさん:「はい、実は先日、部下を殴ってしまいまして、最初は職務上の怒りでつい手が出たんですけど」
(アムロさん):「うっ、あっ!」
(ブライトさん):「殴ってなぜ悪い!」
ブライトさん:「そしたら、なんていうかこう、稲妻が走りまして、得も言われぬ快感が脊髄を駆け巡り、気が付くともう1発・・・」
(アムロさん):「うあっ!」
ブライトさん:「殴ってしまっていたんです。・・・く、人を殴って気持ち良くなるなんて、僕はおかしいんでしょうか!先生!!先生ぇぇ!!!」
セイラさん:(は!人を殴って・・・)
(セイラさん):「軟弱者!」
(カイさん):「うっ!」
セイラさん:(気持ち良く・・・?)
(セイラさん):「軟弱者!」
(カイさん):「はっ!」
セイラさん:(・・・)
(セイラさん):「軟弱者!!」
(カイさん):「いい!すごくいいっ!!」
セイラさん:(うぅ・・・、はあああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!)
(は!いけないわ、私ったら)
「・・・、とりあえず精神安定剤出しときますね、ブライト艦長」

ブライトさん:「バレてんのかよ!!プライバシー薄いよっ!弾幕何やっての!?」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する