機動戦士ガンダム 00 ダブルオー 第3話 変わる世界

ここでは、「機動戦士ガンダム 00 ダブルオー 第3話 変わる世界」 に関する記事を紹介しています。
グラハム:「まさかな、よもや君に出会えようとは。おとめ座の私には、センチメンタリズムな運命を感じられずにはいられない。それとも、光の粒子を出していなかったから見つけられたのか・・・おそらくは後者だ!」
刹那:「くっ!」
グラハム:「圧倒された!?しかし!その大きな得物では当たらんよ!」
刹那:「避けた?」
グラハム:「手土産に・・・破片の1つもいただいていく!」
刹那:「俺に・・・触れるな!!」
グラハム:「くっ、うっ!」
「ビームサーベルだと!?」
「くっ!」


ナレーション:「西暦2307年、私設武装組織ソレスタルビーイングは、全世界で起こる紛争の根絶を宣言。武力による介入を開始した。インド南部セイロン島への民族紛争に介入し、世界を震撼させたガンダムマイスターに新たなミッションが下される。それは人類に対する神の裁きか?それとも、変革への誘発か・・・?」

タイトル:「#03 変わる世界」

ビリー:「いやはや本当に予測不能な人だよ、君は」
グラハム:「ライフルを失った。始末書ものだな」
ビリー:「その心配はないよ。今回の戦闘で得られたガンダムのデータは、フラッグ1機を失ったとしてもお釣りがくる。接触時に付着した塗料から足取りをつかめるかもしれないしね」
グラハム:「それにしても若かったな、ソレスタルビーイングのパイロットは」
ビリー:「話したのかい?」
グラハム:「まさか、モビルスーツの動きに感情が乗っていたのさ」
ビリー:「フフ・・・」
ユニオン兵:「ガンダム、ロストしました」
グラハム:「ふられたな」

刹那:「単独出撃・・・あのフラッグ、何者だ?」

JNNスタッフA:「現地の特派員との連絡は?」
JNNスタッフB:「まだです」
部長:「ガンダムだ!小さくてもいい!ガンダムの画を入れろと言え!」
JNNスタッフC:「ソレスタルビーイングからの声明ありません!」
部長:「うむ、10分以内に速報配信!次のニュースは現地からの中継だ!」
絹江の部下:「部長、あの・・・」
部長:「3時間以内に人革主席の公式声明が出るぞ!枠を空けとけ!」
JNNスタッフD:「原稿できました!」
部長:「おう」
絹江の部下:「あの、絹・・・」
部長:「あとにしろ!」

絹江・クロスロード:「イオリア・シュヘンベルグ・・・21世紀の後期に出現した稀代の発明王。太陽光発電の基礎理論の提唱者・・・」
(公に姿を見せず、その名前だけが後世に語り継がれている存在・・・この人物がソレスタルビーイングを創設したならうなづける。才能的にも、資金的にも。でも、なぜ200年以上たった今、彼らのは動き出したの?)

AEU諜報員:「イオリア・シュヘンベルグの血縁は、彼の代で完全に途絶えています」
長官:「彼の資産の行方は?」
AEU諜報員:「当時の記録には何も」
長官:「おそらく、手を加えたんだろう。21世紀のセキュリティはあってないようなものだからな」
AEU諜報員:「はあ・・・」
長官:「周到じゃないか、ソレスタルビーイング」
AEU諜報員:「長官は、彼らの武力介入が続くと思いますか?」
長官:「わたしならそうするね。議会の報告用に資料を作成しておいてくれ。言い訳もな」

アナウンス:「天柱交通公社E237便にご搭乗されるお客様は、A12番ゲートにお集まりくださるようお願い申し上げます」
ロックオン:「お、よう、遅かったじゃないか、この聞かん坊め」
ティエリア:「死んだかと思った・・・」
アレルヤ:「何かあった?」
刹那:「ヴェーダに報告書を提出した」
ティエリア:「あとで閲覧させてもらうよ」
刹那:「ああ・・・」
ロックオン:「・・・まあ、全員無事で何よりってことで、ティエリア、宇宙の方はよろしくな。俺たちは次のミッションに入る」
ティエリア:「命令には従う。不安要素はあるけど」
ロックオン:「はは・・・」
ウエイター:「お待たせしました。ごゆっくりどうぞ」
刹那:「ミルク・・・?」
ロックオン:「俺のおごりだ」

アレルヤ:「しかし、本当にできるのかい?機体を軌道エレベーターで宇宙へ戻すなんて」
ロックオン:「心配ない。予定通り、コロニー開発用の資材に紛れ込ませた。重量が同じで搬入さえクリアしてしまえば、以後のチェックは無いに等しい。特にここではな」
アレルヤ:「まさしく盲点だね。僕たちに弱点があるとすれば、ガンダムがないとプトレマイオスの活動時間が極端に限定されてしまうところかな。4つしかない太陽炉が・・・」
刹那:「秘密事項を口にするな」
アレルヤ:「悪かったよ」
ロックオン:「ティエリアのトレインが出るぞ」
アナウンス:「天柱交通公社E277便は、予定時刻通り14時18分、グリニッジ標準時5時差32分の発車です」
刹那:「宇宙に続くリニア・・・」

ティエリア:「やっと戻れる。地上は嫌いだ」

ロックオン:「さぁて帰るか」
アレルヤ:「少しは休暇が欲しいけどね」
ロックオン:「鉄は熱いうちに打つのさ。1度や2度じゃ、世界は俺たちを認めたりはしない」

人革連兵A:「お待ちしておりました中佐。宇宙はいかがでしたか?」
セルゲイ:「心地良いな、重力というものは」
人革連兵A:「お察しいたします。では、司令がお待ちです。どうぞ」
セルゲイ:「その前にセイロンへ立ち寄りたい」
人革連兵A:「しかし、それでは・・・」
セルゲイ:「わたしは自分の目で見たものしか信じない男だ。司令も了承される」
人革連兵A:「はっ!お供いたします!」

MSWAD幹部:「AEU新鋭機視察のはずが、とんでもないことになってしまったな」
グラハム:「あのような機体が存在しているとは、想像もしていませんでした」
ビリー:「研究する価値があると思いますが」
MSWAD幹部:「上もそう思っているようだ。ガンダムを目撃した君たち2人に転属命令が下りた」
グラハム:「対ガンダム調査隊・・・ですか?」
MSWAD幹部:「新設の部隊だ。正式名は追って司令部が付けてくれるだろう」
ビリー:「レイフ・エイフマン教授・・・技術主任を担当するんですか?」
MSWAD幹部:「上はそれだけ事態を重く見ているということだ。早急に対応しろ」
グラハム:「グラハム・エーカー中尉、ビリー・カタギリ技術顧問、対ガンダム調査隊への転属、受領いたしました!」

グラハム:「驚いたな」
ビリー:「君はこうなると予見していたのかい?」
グラハム:「わたしもそこまで万能ではないよ。因縁めいたものを感じてはいるがね」

教師:「アイルランドのアルスター地方では散発的ではありますが、テロ行為が4世紀近くにわたって続いています。カトリックとプロテスタントというキリスト教の宗派同士の対立が発端といわれていますが、両者の溝はそれだけではありません。今回のレポートは、北アイルランドの対立図式を取り上げて・・・」

沙慈・クロスロード:「あ~あ、またレポートかぁ、工学部なのにどうして歴史の単位が必要なんだろう・・・」
ルイス:「これからの技術革新は、軌道エレベーター保持とスペースコロニーの開発が中心となる。各国との技術者との交流のためにも、歴史観を養う必要がある・・・って最初に言ってなかった?」
沙慈・クロスロード:「理解はできるけど・・・」
ルイス:「あら、そのおかげでわたしは留学できてるんだけどぉ?」
沙慈・クロスロード:「それについては感謝してる」
ルイス:「ホントに?」
沙慈・クロスロード:「ん?」
ルイス:「・・・2年後には留学もお終いなのよね」
沙慈・クロスロード:「どうしたの?急に」
ルイス:「ね、沙慈は将来の事考えてる?」
沙慈・クロスロード:「漠然とね」
ルイス:「その中に私の事は入ってる?」
沙慈・クロスロード:「漠然とね・・・」
ルイス:「・・・!」
沙慈・クロスロード:「何!?ああっ、ちょっと・・・。ルイス!女の子って・・・」
ルイス:「こういうとき、追いかけるの!」
沙慈・クロスロード:「あ・・・はい!」

アレハンドロ:「ソフトドリンクかい?ここのお勧めはオリジナルカクテルだよ」
ワン・リューミン:「私は未成年でしてよ」
アレハンドロ:「おお、これは失礼」
「いつもの」
ウエイター:「かしこまりました」
ワン・リューミン:「まもなくサードミッションが開始されます。ご覧になるならモニターを3つ用意することをお勧めしますわ」
アレハンドロ:「ほぉお、それは楽しみだ。刮目させてもらうよ」

リボンズ:「のぞきかい?」
紅龍:「・・・!」

人革連兵B:「こちらです、中佐」
セルゲイ:「ほお、これか。それで、何かわかったのかね?」
人革連兵B:「はい。君!」
「セルゲイ中佐だ。ご説明を」
調査員:「はっ!あれは、モビルスーツの爆撃用オプションパーツです。材質はEカーボン。最新素材ではありますが、構造上、目新しい技術は確認されていません」
セルゲイ:「搭載されていたミサイルは?」
調査員:「はっ!残留物を調査したところ、ミサイルは300kg程度の誘導タイプ。ちなみに、このタイプを開発している国やメーカーはありません」
セルゲイ:「やはり、独自開発か」

ビリー:「期待の受けた衝撃度からみて、ガンダムの出力はフラッグの6倍はあると思うよ。どんなモーター積んでるんだか・・・」
グラハム:「出力もそうだが、あの機動性だ」
ビリー:「戦闘データで確認したよ。やはりあの機動性を実現させているのは・・・」

セルゲイ:「光?」
人革連兵B:「はい。ガンダムの機体から光る粒子のようなものが放出されていたと」
セルゲイ:「納得できる証言だな。レーダーやセンサーに引っかからなかったのはそのせいか」

グラハム:「あの特殊粒子は、ステルス性のほかに機体制御にも使われている」
エイフマン:「おそらくは、火器にも転用されているじゃろうて」
ビリー:「レイフ・エイフマン教授!」
エイフマン:「恐ろしい男じゃ、わしらより何十年も先の技術を持っておる」

セルゲイ:「イオリア・シュヘンベルグ・・・」
人革連兵B:「ソレスタルビーイングの犯行声明に登場していた歴史上の人物です」
セルゲイ:「名前は知っている。太陽光発電の提唱者だったな」
人革連兵B:「諜報部はその線からガンダムを追いかけているそうです」
セルゲイ:「たたいて出るほこりはあるまい。このパーツもそうだ。見せていい技術は使い捨てている」

エイフマン:「できることなら捕獲したいものじゃ、ガンダムという機体を」
グラハム:「同感です。そのためにも、この機体をチューンしていただきたい」
エイフマン:「パイロットへの負担は?」
グラハム:「無視していただいて結構、ただし、期限は1週間でお願いしたい」
エイフマン:「ほお、無茶を言う男じゃ」
グラハム:「多少強引でなければガンダムは口説けません」
ビリー:「彼、メロメロなんですよ」
グラハム:「わたしだ。何?ガンダムが出た!?」

セルゲイ:「場所は?」
人革連兵C:「はっ、それが2カ所ありまして」
人革連兵B:「2カ所!?」
セルゲイ:「同時行動か」

ユニオン大統領:「南アフリカ?」
デビッド補佐官:「おそらく、鉱物資源の採掘権を発端とした内戦への武力干渉かと」

ロックオン:「ああ、嫌だ、嫌だ。こういう弱いものいじめみたいなの、早く武装解除しろって」
「狙い撃つぜ?」

ハロ(オレンジ):「ニゲタ!ニゲタ!」
ロックオン:「お利口さん」
ハロ(オレンジ):「ヨカッタ!ヨカッタ!」

エイフマン:「止めておけ」
グラハム:「なぜです!?1機はタリビアです。ここからなら行ける」
エイフマン:「わしは麻薬などというものが心底嫌いでな!焼き払ってくれるというなら、ガンダムを支持したい」
グラハム:「麻薬?」
エイフマン:「奴らは、紛争の原因を断ち切る気じゃ!」

アレルヤ:「旋回行動開始から30分経過。警告終了。キュリオス、これより作戦行動を開始する」
村人達:「ああ・・・」
アレルヤ:「目標達成率97%。ミッションコンプリート。こういうのならいつでも・・・やるんだけどね」

セルゲイ:「3機目がこのセイロン島に現れただと?」
人革連兵D:「はっ!第7駐屯地です」
セルゲイ:「使えるティエレンはあるか?わたしが出る」
人革連兵B:「中佐ご自身がですか!?」
セルゲイ:「言ったはずだ。わたしは自分の目で見たものしか信じぬとな」

人革連パイロット:「3番機やられました!」
隊長:「化け物かよ!?ガンダム!」
刹那:「エクシア、紛争介入継続。目標を駆逐する」
隊長:「撃てぇ!撃てぇ!」
「は、速い!」
刹那:「ファーストフェイズ終了・・・ん?援軍か?」
セルゲイ:「あれが、ガンダムか」
刹那:「火器を捨てた?・・・試すつもりかこの俺を」
セルゲイ:「戦争根絶とやらの覚悟を見せてもらうぞ」

セルゲイ:「肉ならくれてやる!!」
刹那:「く!」
「ぬぅ!」

セルゲイ:「ふん!その首・・・もらったぁ!!」
刹那:「・・・やるかよ!!」
セルゲイ:「ぬわぁあ!」
刹那:「うわああああっ!」
「俺に触れるな」


ティエリア:「合流ポイントに到着」
クリスティナ:「ヴァーチェ、視認しました」
フェルト:「着艦準備開始。相対誘導システム作動。コンテナ、オープン」
ティエリア:「連動システム良好。ヴァーチェ、着艦します」

フェルト:「着艦完了。ヴァーチェのGNドライブ、プトレマイオスとの連結作業開始」
クリスティナ:「エネルギー、ヴァーチェからトレミーへの転送準備完了、転送開始します」
ティエリア:「やはり宇宙はいい・・・」
スメラギ:「ご苦労様!」
ティエリア:「ミッションは?」
スメラギ:「無事終了したわ、早く来て、祝杯を挙げましょ」
ティエリア:「謹んで辞退します」
スメラギ:「・・・、いけず・・・」

沙慈・クロスロード:「あの、お隣さんですか?」
「僕、沙慈・クロスロードっていいます。この部屋で姉と2人で暮らしています」

刹那:「刹那・F・セイエイ」
沙慈・クロスロード:「セイエイ?変わった名前ですね。これからもよろしく・・・愛想ないなぁ」

沙慈・クロスロード:「ただいま!・・・何?仕事?」
絹江・クロスロード:「呼び出しでね、ここんとこ忙しいの、ソレスタルビーイングのせいで」
沙慈・クロスロード:「またそれ?」
絹江・クロスロード:「夕飯適当に食べて。じゃあね」
沙慈・クロスロード:「はあ・・・」

ルイス:「もしもし、沙慈?」
沙慈・クロスロード:「ルイス?どうしたの?」
ルイス:「ニュースつけてみて!」
沙慈・クロスロード:「何?」
ルイス:「いいからつけて!」
女性アナウンサー:「きょう未明、北アイルランドのテロ組織リアルIRAは、武力によるテロ行為の完全凍結を公式に発表しました」
レポーター:「これによって、400年にわたって続いていた北アイルランド紛争が事実上なくなり、新たな平和への道が開かれることになります」
沙慈・クロスロード:「ああっ、これって・・・」
レポーター:「関係者によりますと、私設武装組織ソレスタルビーイングの軍事介入を考慮しての声明であることから、今後・・・」
ルイス:「ね、すごいでしょう?今日習ったところ、レポートどうなっちゃうんだろう?」
沙慈・クロスロード:「世界が・・・世界が変わってる・・・」

次回予告:「ソレスタルビーイングを利用する国。その国すら利用する国、陰謀渦巻く戦場に、ガンダムマイスターが赴く。次回『対外折衝』政治とは彩り変わる万華鏡・・・」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する