機動戦士ガンダム 00 ダブルオー 第2話 ガンダムマイスター

ここでは、「機動戦士ガンダム 00 ダブルオー 第2話 ガンダムマイスター」 に関する記事を紹介しています。
ナレーション:「西暦2307年。地球の化石燃料は枯渇し、人類は、新たなる新たなるエネルギー資源を太陽光発電に委ねた。半世紀近い計画の末、全長約5万kmにもおよぶ3本の軌道エレベーターを中心とした太陽光発電システムが完成する。半永久的なエネルギーを生み出すその巨大構造物建造のため、世界は大きく3つの国家群に集約された。米国を中心とした世界経済連合、通称ユニオン。中国、ロシア、インドを中心とした人類革新連盟。そして、新ヨーロッパ共同体AEU。軌道エレベーターはその巨大さから、防衛が困難であり、構造上の観点から見てもひどくもろい建造物である。そんな危うい状況の中でも、各国家群は、おのれの威信と繁栄のため、大いなるゼロサムゲームを続けていた。そう、24世紀になっても人類はいまだ1つになりきれずにいたのだそんな世界に対して楔を打ち込む者たちが現れるモビルスーツガンダムを有する私設武装組織ソレスタルビーイング。彼らは、世界から紛争をなくすため、民族、国家、宗教を超越した作戦行動を展開していく。ソレスタルビーイングが、世界に変革を誘発する」

タイトル:「#02 ガンダムマイスター」

イオリア:「わたしたちはソレスタルビーイング。機動兵器ガンダムを所有する私設武装組織です」
ユニオン 経済特区 東京
イオリア:「わたしたちソレスタルビーイングの活動目的は、この世界から戦争行為を根絶することにあります」
ルイス:「またやってる・・・これで何回目?」
イオリア:「わたしたちは、自らの利益のために行動はしません」
沙慈・クロスロード:「・・・ルイス、ソレスタルビーイングなんているのかな?」
ルイス:「え?」
沙慈・クロスロード:「自分の利益にならないのに行動する人たちなんているのかな?」
ルイス:「きっとすごいボランティアなんじゃない?」
沙慈・クロスロード:「う、うーん・・・」
ルイス:「あ、ちょっと待ってよ!沙慈!」

イオリア:「・・・わたしたちは、すべての戦争行為に対して武力による介入を開始します」
国家主席:「天柱のテロ事件に介入してきた組織か」
側近:「可能性は極めて高いと思われます。この声明の中でソレスタルビーイングは、機動兵器ガンダムを有していると、ごらんください。わが宇宙軍が記録した未確認モビルスーツの映像です」
国家主席:「ガンダム・・・」

AEU首脳A:「我が方の最新鋭機がこうもあっさりと・・・」
AEU首脳B:「これは新兵器開発に対するけん制とみていいでしょうか」
AEU首脳C:「それだけでは済みません。条約以上の軍隊を軌道エレベーターに駐屯させていることを公にされてしまった。各方面から、情報開示を迫られています」
AEU首脳D:「人革連かユニオンの策略だという報告も受けていますが、極秘裏に最新鋭のモビルスーツを開発できるのは、先進国レベルの技術と予算が必要になります」
AEU首脳B:「確かに、武装組織には有力なバックがいるでしょうな」
AEU首脳D:「とはいえ、各国の諜報機関も組織に関する有力な情報をつかめていません」
AEU首脳E:「ただ1つ言える事は、ソレスタルビーイングと名乗る武装組織が、わが方のイナクトを凌駕するモビルスーツを保持しているという事実だ。モビルスーツガンダム・・・」

大統領:「武力による戦争の根絶・・・か。デービット、彼らは我が国の代わりを務めてくれるらしい」
デビッド補佐官:「大統領、彼らは本気なのでしょうか?何の見返りもなく・・・」
大統領:「われわれが他国の紛争に介入するのは、国民の安全と国益を確保するためだ。決して、慈善事業ではないよ」
デビッド補佐官:「すぐにでも化けの皮がはがれるでしょう。そのとき彼らを裁くのは、われわれの使命となります」
大統領:「そうだな」
「軌道エレベーターが作動して10年、経済が安定し始めた矢先にこれか・・・」

ロックオン:「どの国のニュースも、俺たちの話題で持ちきりだ。謎の武装集団、全世界に対して戦争根絶を宣言するってな。フ、もっともほとんどの奴らは、信じちゃいないようだがな」
ワン・リューミン:「ならば、信じさせましょう」
ロックオン:「お」
ワン・リューミン:「ソレスタルビーイングの理念は、行動によってのみ示されるのだから」
刹那:「ワン・リューミン・・・」
ロックオン:「お早いお着きで」
ワン・リューミン:「セカンドミッションよ」

ビリー:「軍に戻らなくていいのかい?今ごろ大わらわだよ」
グラハム:「ガンダムの性能が知りたいのだよ。あの機体は特殊すぎる」
「戦闘能力はもとより、あれが現れるとレーダーや通信、電子装置に障害が起こった。すべてはあの光が原因だ」
「カタギリ、あれは何なんだ?」

ビリー:「現段階では特殊な粒子としか言えないよ。おそらくあの光は、フォトンの崩壊現象によるものだね」
グラハム:「特殊な粒子・・・」
ビリー:「粒子だけじゃない。あの機体には、まだ秘密があると思うなぁ」
グラハム:「フ、好意を抱くよ」
ビリー:「え?」
グラハム:「興味以上の対象だということさ」
ユニオン軍関係者A:「グラハム中尉、ビリー技術顧問、MSWADへの帰投命令です」
グラハム:「その旨をよしとする!」

クリスティナ:「3300をもって、セカンドミッションを開始します。繰り返します。3300をもって、セカンドミッションを開始します」
アレルヤ:「機体テスト込みの実戦か、まったく嫌になる」
ティエリア:「これからのためにも、ガンダムを見極めておく必要がある」
アレルヤ:「それは、そうだけど」
スメラギ:「ごめんね、無理させちゃって」
アレルヤ:「スメラギさん」
ティエリア:「問題ありません。覚悟の上で参加しているんですから」
スメラギ:「強いんだ」
ティエリア:「弱くはないつもりです」
アレルヤ:「行きます」
スメラギ:「それは若さよ」

フェルト:「プトレマイオス、コンテナ固定位置で静止。キュリオス、C装備でカタパルトデッキへ」
クリスティナ:「トレミーをカタパルトモードに移行します」

ハロ(オレンジ):「ジカンドオリ!ケイカクドオリ」
刹那:「GN、リポーズ解除。プライオリティを刹那・F・セイエイへ」

ハロ(オレンジ):「アン」
ロックオン:「さてと、行こうか相棒」

クリスティナ:「キュリオスをリニアフィールドに固定しました」
フェルト:「射出準備完了。タイミングをキュリオスに譲渡」
アレルヤ:「アイハブコントロール。キュリオス、アレルヤ。介入行動に入る」

ハロ(オレンジ):「ハッチオープン、ハッチオープン。エクシア、デュナメス。シュツゲキジュンビ、シュツゲキジュンビ」

クリスティナ:「ヴァーチェ、カタパルトデッキに入りました」
フェルト:「リニアフィールドに固定。射出準備完了」
クリスティナ:「射出タイミングをヴァーチェに渡します」
ティエリア:「了解。ヴァーチェ、ティエリア。行きます」

ハロ(オレンジ):「ジーエヌリュウシ、サンプカイシ、サンプカイシ」
刹那:「エクシア、刹那・F・セイエイ。セカンドミッションを遂行する」
ロックオン:「デュナメス、ロックオン・ストラトス、出撃する!」
紅龍:「ガンダム・・・」
ワン・リューミン:「そう、あれこそが、ソレスタルビーイングの理念を発現する機体よ」

ティエリア:「GN粒子、最大散布。機体前方に展開」
アレルヤ:「シミュレーションは何度もやってきたけど・・・」
ティエリア:「降下ポイントへ到着」
アレルヤ:「ん?」
ティエリア:「大気圏突入を開始する」
アレルヤ:「ティエリア・・・まったく、度胸がいいっていうか・・・」

管制室オペレーター:「大尉、Eセンサーに反応。大気圏に突入する物体があります」
人革連士官A:「何?そんな報告は受けてないぞ!」
管制室オペレーター:「最大望遠映像、出ます」
人革連士官A:「ん?あ、あれは・・・」
セルゲイ:「ガンダムだ」
人革連士官A:「中佐!」
セルゲイ:「あの機体は単独で大気圏突入が可能だというのか?」
「機体の進行ルートは?」

管制室オペレーター:「お待ちください。現行のままですと、降下予測ポイントは・・・インド南部セイロン島」
人革連士官A:「われらの領土内です。中佐!」
セルゲイ:「奴ら、本気で武力介入をするつもりか」

ティエリア:「ヴァーチェ、GN粒子最大散布から通常モードへ」
アレルヤ:「はぁっ・・・さすがキュリオス。・・・ああ、わかってる。ミッションはこれからさ」

ロックオン:「来たぞ、刹那。アレルヤとティエリアだ」
刹那:「確認した。予定ポイントで合流後、ファーストフェイズに入る」

大統領:「ソレスタルビーイングが動いた?場所はどこかね?」
デビッド補佐官:「インド南部、旧スリランカへ向かうものかと」

AEU首脳E:「セイロン島?人革連が展開しているあそこか」

国家主席:「予定通りに対応させよ」
側近:「はっ」
国家主席:(それならそれでいい。あの機体が手に入るかもしれん)

スメラギ:「セイロン島は現在、無政府状態。多数派のシンハラ人と少数派のタミル人との民族紛争が原因よ。この紛争は、20世紀から断続的に行われているわ。この民族紛争に、ソレスタルビーイングは、武力介入します」
刹那:「民族紛争・・・」

ビリー:「旧スリランカ・・・か。確か人革連が10年前から少数派のタミル人に肩入れしてたよね」
グラハム:「ああ、紛争の平和解決という名目だが、実は違う。人革連の目的は、セイロン島東部の海底を通っている太陽エネルギーの安全確保だ。あの周辺はタミル人勢力が強いからな。だが、人革連の介入により紛争は悪化、無政府状態にまで陥ってしまった」
ユニオン軍関係者B:「何のご用でしょうか?」
グラハム:「君、キャプテンに言って進路を変えてもらってくれ」
ビリー:「ん?」
グラハム:「それと、フラッグの整備を頼む」
ユニオン軍関係者B:「はっ!」
ビリー:「ま、まさか、それは無茶だよ」
グラハム:「熟知している」

人革連士官A:「敵部隊の30%をたたいた。このまま一気に殲滅させるぞ!」
人革連兵A:「大尉、本部から緊急連絡です!」
人革連士官A:「何だ、どうした?」
人革連兵A:「ソレスタルビーイングが来るそうです!」
人革連士官A:「そうか、ここに来るか!各部隊に通達しろ!」

ロックオン:「スメラギ・李・ノリエガの戦況予測通りに各自対応する。それなりの戦果を期待しているのでよろしく」
アレルヤ:「それなりにね」
ティエリア:「俺は徹底的にやらせてもらう」
ロックオン:「お好きに」
「おい、聞いてるか刹那?返事しろ。刹那、刹那!」
「刹那、応答しろ刹那」

刹那:「ガンダムだ」
ロックオン:「な、何だって?」
刹那:「俺がガンダムだ」
ロックオン:「何言ってんだ?お、おお、おおい、刹那!」
アレルヤ:「子どものお守りをよろしく」
ロックオン:「は!?」
ティエリア:「作戦行動に移る」
ロックオン:「お、おおい!お前ら!」
ハロ(オレンジ):「ビンボークジ!ビンボークジ!」
ロックオン:「チッ!わかってるよ。砲撃に集中する。回避運動は任せたぞハロ!」

人革連士官A:「くっ!・・・来たのか。ソレスタルビーイング!」
刹那:「エクシア、紛争を確認。根絶する」
人革連兵B:「やったか?はっ?む、無傷!なんて装甲!?うっ!うわあっ!」
ロックオン:「デュナメス、目標を狙い撃つ!」
ハロ(オレンジ):「ゼンメツ、ゼンメツ」
ロックオン:「・・・?」
「気合の入れ過ぎだ!刹那」


人革連兵C:「急げ!」
アレルヤ:「キュリオス、目標を爆撃する」
人革連兵達:「うわぁぁ!」
アレルヤ:「これで稀代の殺人者・・・けどね!」
人革連兵D:「変形しただと!?」
人革連兵達:「うわぁっ」
アレルヤ:「それがソレスタルビーイングだ!」

ティエリア:「ヴァーチェ、目標捕捉。排除行動に移る」
人革連兵E:「撤退!撤退だ!」

ロックオン:「ここまでだ。ここまでだよ刹那。」
「はぁっ」

シンハラ人兵A:「協力を感謝する!」
ロックオン:「なっ」
シンハラ人兵A:「敵は崩れた!今までの借りを返してやる!」
ロックオン:「この馬鹿野郎!」
「くっ!」

「刹那・・・」
刹那:「これが、ガンダムマイスターだ」

絹江・クロスロード:「どう?見つかった?」
スタッフA:「ビンゴですよ、絹江さん!」
絹江・クロスロード:「やっぱり、イオリア・シュヘンベルグ!」
スタッフA:「でもこの人、200年前に死んでますけど・・・」
スタッフB:「ソレスタルビーイングが出た!?」
絹江・クロスロード:「・・・?」
スタッフB:「旧スリランカの内紛に武力干渉、双方に攻撃!?」
スタッフA:「双方に攻撃って・・・?」
絹江・クロスロード:「そんなことをしたら、どちらの感情も悪化させるだけなのに」
スタッフA:「うーん」
絹江・クロスロード:「ソレスタルビーイング、いったい何を考えているの?」

セルゲイ:「馬鹿な。1度の軍事介入で300年以上続いている紛争が終わると本気で思っているのか?」
ワン・リューミン:「1度だけじゃない。何度でも介入するわ」
アレハンドロ:「紛争が終わるまで。憎しみが私達に向けられるまで」
スメラギ:「それが、ソレスタルビーイング、私達は、物事を変えるときに付きまとう痛み」

アレルヤ:「エクシアはどうした?まさかやられたのか?」
ロックオン:「先に帰投した。初めての紛争介入だ。思うところがあるのさ」
ティエリア:「わからないな。なぜ彼がガンダムマイスターなのか」

刹那:「ん?ユニオンの輸送機?この空域で?」
「フラッグか!」
「・・・!?」

グラハム:「はじめましてだなぁ!ガンダム!」
刹那:「何者だ!」
グラハム:「グラハム・エーカー。君の存在に心奪われた男だ!」

次回予告:「対話すら拒絶する行為を受け止めるすべはあるのか?突きつけられた刃に、少年は時代の変革を感じる。次回『変わる世界』これぞ否定できぬ現実」


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する